レスターがヴァーディ弾で一矢報いるも1stレグのアドバンテージを生かしたアトレティコが2年連続のベスト4進出!!《CL》2017.04.19 05:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのレスター・シティvsアトレティコ・マドリーが18日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計1-2でアトレティコが準決勝進出を決めた。レスターのFW岡崎慎司は、前半のみプレーした。

▽12日に行われた1stレグを0-1で落としたレスター・シティだが、直近のクリスタル・パレス戦(2-2)では岡崎とドリンクウォーターを起用しなかった以外はほぼベストメンバーを送り込んだ。逆転での準決勝進出を目指すこの2ndレグに向けては、そのクリスタル・パレス戦から先発3人を変更。ウジョアとアンディ・キングに代えて1stレグ同様に岡崎とドリンクウォーターが先発入り。出場停止のフートの代わりには腰痛から復帰のモーガンが起用された。

▽一方、ホームで行われた1stレグで先勝したアトレティコは、現在公式戦10試合負けなし(7勝3分け)と絶好調。そのアトレティコは、グリーズマンやコケ、サウールなど主力温存で臨んだ直近のオサスナ戦(3-0)から先発を5人変更。トーレス、コレア、トーマス、ガイタン、リュカに代わってグリーズマン、コケ、サウール、ガビ、サビッチが先発入りした。

▽速攻を持ち味とする両チームの一戦は、落ち着いた立ち上がりで試合が推移する中、先に決定機を創出したのはレスター・シティだった。21分、マフレズのスルーパスをボックス左深くで受けたヴァーディがマイナスに折り返すと、走り込んだ岡崎が右アウトサイドで合わせたが、ボールは枠の左上に外れる。

▽対するアトレティコは26分に決定機。スルーパスのこぼれ球をボックス左付近でコケが収めると、コケの落としを受けたフェリペ・ルイスのクロスをファーサイドのサウールがヘディングシュート。これにGKシュマイケルが横っ跳びで反応するも僅かに届かず、ボールはゴール左隅に吸い込まれた。

▽アウェイゴールを許し、逆転突破には3点が必要となったレスターは34分、左CKのこぼれ球からボックス右に走り込んだマフレズがダイレクトボレーシュート。しかし、これはGKオブラクが正面でキャッチした。

▽アトレティコのリードで迎えた後半、レスターは岡崎とベナルアンを下げてウジョアとチルウェルを投入する2枚替えを敢行。ウジョアを最前線に配置し、ヴァーディとマフレズを2シャドーに置いた[3-6-1]の布陣に変更した。

▽しかし、後半最初のチャンスはアトレティコに生まれる。49分、センターライン付近でボールを受けたグリーズマンがドリブルでボックス右深くまで侵入しクロスを供給。これに反応したカラスコがボックス内でオルブライトンと交錯し倒れたが、主審はノーファウルの判定を下した。

▽布陣を変えたことによりレスターが徐々にボールを持てるようになると、61分に待望のゴールが生まれる。右サイドでボールを受けたオルブライトンのクロスをファーサイドで受けたチルウェルがシュート。これが相手DFにディフレクトすると、こぼれ球をヴァーディがゴール右に流し込んだ。

▽1点を返して勢いづくレスターは立て続けにチャンスを迎える。65分、ロングスローのセカンドボールに反応したウジョアがゴール左からダイレクトシュート。さらに68分には、ボックス右まで侵入したマフレズの折り返しからヴァーディが決定機を迎えるも、シュートは相手DFにブロックに阻まれた。

▽レスターの勢いを止めたいアトレティコは、69分にカラスコを下げてトーレスを投入。さらに74分には、フィリペ・ルイスに代えてコレアをピッチに送り出し、流れを引き戻しにかかった。

▽ホームサポーターの大声援を背に逆転を目指すレスターは75分、ペナルティアーク手前でヴァーディが倒されFKを獲得。このFKをマフレズが直接狙ったが、これはわずかにゴール左上に外れる。すると83分、レスターにアクシデント。スライディングブロックを試みたモーガンが左もも裏を痛め、アマルテイとの負傷交代を余儀なくされた。

▽その後も追加点を狙ったレスターだったが、アトレティコ守備陣の集中した守りを最後まで崩し切れず。アトレティコが1-1で試合を終わらせ、2戦合計スコア2-1で逃げ切り。2年連続の準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

シティ、マフレズ獲得諦めず! 90億オファー決裂も今夏再交渉へ

▽マンチェスター・シティは、レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(27)への興味を失っていない。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽マフレズに関しては1月、マンチェスター・シティからの関心を受けて選手側がクラブに退団希望を伝えたものの、移籍は実現せず。今回の報道によると今冬にマンチェスター・シティは6000万ポンド(現在のレートで約90億6000万円)を用意していたが、レスター側の要求額8000万ポンド(現在のレートで約120億8000万円)と折り合いがつかずに交渉決裂となっていた。 ▽しかし、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は現在もマフレズを高く評価しており、他のウインガーとの契約には消極的だという。 ▽マフレズとレスターの契約は2020年6月30日までとなっているが、当人がシティ移籍を望んでいる可能性は高い。したがって、焦点となるのは移籍金額の擦り合わせに関する事項だ。レスター側が残している契約2年という段階で8000万ポンドの要求額を引き下げるか否か、その動向に注目が集まる。 2018.04.20 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のセインツ、岡崎欠場レスターの猛攻を凌ぎ敵地で貴重な勝ち点1を獲得《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第35節のレスター・シティvsサウサンプトンが19日に行われ、0-0の引き分けに終わった。レスターFW岡崎慎司は足首のケガで欠場。一方、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たした。 ▽8位レスター(勝ち点43)が、降格圏の18位に沈むサウサンプトン(勝ち点28)を本拠地キング・パワー・スタジアムに迎えた一戦。14日に行われたバーンリー戦で惜敗し、リーグ戦連敗中のレスターは、その試合から先発を5人変更。バーンリー戦で負傷のGKシュマイケルや岡崎らに代わりGKハマーやイヘアナチョらを先発で起用。 ▽一方、リーグ戦7試合未勝利のサウサンプトンは、痛恨の逆転負けを喫したチェルシー戦と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽共に中4日で迎えた一戦は、立ち上がりからレスターが高いボール支配率で攻撃を組み立てる。すると7分、マフレズのパスをバイタルエリア中央左でイヘアナチョが受けると、反転からパス供給。これをボックス中央のヴァーディがワンタッチではたくと、ペナルティアーク右に走り込んだマフレズがダイレクトシュート。しかし、これはGKマッカーシーが正面でキャッチ。 ▽レスターは15分にも、ボックス右から侵攻したマフレズの折り返しを中央で受けたイヘアナチョがシュート。相手DFのブロックに阻まれたこぼれ球を再び拾ったイヘアナチョが、ゴール左隅を狙ったコントロールシュートを放つも、これはゴール左に逸れた。 ▽対するサウサンプトンの反撃は18分、左クロスのセカンドボールをボックス手前のタディッチが左足のダイレクトボレーであわせたが、シュートはゴール左に外れた。40分には、ボックス左でボールを受けたロングのクロスから逆サイドから駆け上がってきたセドリックがボレーシュート。しかし、これもゴール右に外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはサウサンプトン。57分、タディッチのシュートのこぼれ球をゴール前で拾ったロングが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKハマーのファインセーブに阻まれた。 ▽レスターは70分、マフレズからのロングパスをゴール前に抜け出したヴァーディが左足であわせたが、これは好反応を見せたGKマッカーシーが右手一本でセーブした。 ▽ゴールの遠い両チームは、積極的に攻撃的な選手を投入する。73分、サウサンプトンはロングを下げてオースティンを投入。対するレスターは、76分にイヘアナチョを下げてディアバテをピッチに送り出した。 ▽試合終盤にかけて猛攻を見せたのはレスター。しかし、最後まで集中したサウサンプトン守備陣とGKマッカーシーの牙城を崩すことはできず。結局、試合はゴールレスで終了。レスターはホームで下位相手に痛恨のドロー。一方、終盤の猛攻を集中した守りで耐えたサウサンプトンは、敵地から貴重な勝ち点1を持ち帰った。 2018.04.20 05:55 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが岡崎同僚ウインガーに興味か

▽トッテナムが、レスター・シティのU-21イングランド代表FWデマレイ・グレイ(21)獲得に興味を持っているようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽2016年1月にバーミンガムからレスターに加入したグレイ。加入当初からコンスタントに出場機会を得ると、今季はリーグ戦30試合に出場し、3ゴール1アシストを記録している。 ▽また、各世代の代表にも選ばれており、U-21イングランド代表では18試合で6ゴールを奪うなど、今後が期待されている若手選手だ。 ▽昨夏にもグレイ獲得に動いていたとされるトッテナム。若手の育成に定評があるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が攻撃オプションを増やすために、ウインガーを得意とする同選手に白羽の矢を立てているようだ。 2018.04.19 16:05 Thu
twitterfacebook
thumb

レスター岡崎慎司、足首を痛める…セインツ戦欠場か

▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司に再び戦線離脱の可能性が浮上した。 ▽イギリスの地元紙『Leicester Mercury』によれば、3月中旬の試合でヒザの負傷から復帰した岡崎だが、14日に行われたプレミアリーグ第34節のバーンリー戦で足首を痛めたという。 ▽レスターのクロード・ピュエル監督は「足首に問題がある。明日、起用できるかを見極める」と述べ、19日に行われる次節のサウサンプトン戦を欠場する可能性を示唆している。 ▽また、バーンリー戦で負傷交代を余儀なくされたデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルもサウサンプトン戦欠場の疑いがあるとみられている。 2018.04.18 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月16日は、ミラクル・レスターの“影のヒーロー”!

◆岡崎慎司 【Profile】 出身:兵庫県 誕生日:1986/4/16 クラブ:レスター・シティ ポジション:FW 身長:174㎝ 体重:76kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月16日はレスター・シティの日本代表FW岡崎慎司だ。 ▽高卒後、清水エスパルスに入団した岡崎は当初フォワードの序列の最下位に置かれていたが、豊富な運動量と献身的な動きが評価され、次第に存在感を高めた。2010年には、日本代表として南アフリカワールドカップに参加。グループリーグ第3戦のデンマーク戦では途中出場からネットを揺らして評価を高めると、大会の半年後にシュツットガルトに移籍して欧州デビューを果たした。 ▽シュツットガルトでは守備面での貢献が高かった岡崎は、2013年夏にマインツに活躍の場を移して得点能力が開花。初年度にブンデスリーガで15ゴール(日本人最多)を記録すると、翌シーズンも12ゴールを決め、2015-16シーズンからプレミアリーグに羽ばたくこととなった。 ▽レスター・シティに加入した岡崎は、初年度から得点能力に優れたFWジェイミー・ヴァーディとコンビを組み、“奇跡のプレミアリーグ優勝”に大きく貢献。イギリス『スカイ・スポーツ』には“影のヒーロー”と賞賛された。 ▽岡崎はこれまで日本代表として111試合に出場しており、釜本邦茂氏、三浦知良(横浜FC)らレジェンドに続き、通算50ゴールを記録した史上3人目の選手だ。“一生ダイビングヘッド”という言葉を座右の銘にしていることは有名であり、どれだけ泥臭くとも最後の一瞬までゴールを諦めない姿勢は、その言葉の表れだろう。 ※誕生日が同じ主な著名人 ピエール・リトバルスキー(元サッカー選手) ヘルマン・ブルゴス(元サッカー選手) ラファエル・ベニテス(サッカー監督/ニューカッスル) ダニ・パレホ(サッカー選手/バレンシア) ルイス・ムリエル(サッカー選手/セビージャ) アーロン・レノン(サッカー選手/バーンリー) 趙東建(サッカー選手/サガン鳥栖) 三竿雄斗(サッカー選手/鹿島アントラーズ) 三竿健斗(サッカー選手/鹿島アントラーズ) ウィルバー・ライト(ライト兄弟の兄) チャールズ・チャップリン(喜劇俳優) なぎら健壱(俳優) BONNIE PINK(歌手) 湯浅将平(ギタリスト) 笹崎里菜(アナウンサー) 夏目花実(タレント) 徳井義実(お笑い芸人/チュートリアル) 2018.04.16 07:00 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース