レスターがヴァーディ弾で一矢報いるも1stレグのアドバンテージを生かしたアトレティコが2年連続のベスト4進出!!《CL》2017.04.19 05:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのレスター・シティvsアトレティコ・マドリーが18日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計1-2でアトレティコが準決勝進出を決めた。レスターのFW岡崎慎司は、前半のみプレーした。

▽12日に行われた1stレグを0-1で落としたレスター・シティだが、直近のクリスタル・パレス戦(2-2)では岡崎とドリンクウォーターを起用しなかった以外はほぼベストメンバーを送り込んだ。逆転での準決勝進出を目指すこの2ndレグに向けては、そのクリスタル・パレス戦から先発3人を変更。ウジョアとアンディ・キングに代えて1stレグ同様に岡崎とドリンクウォーターが先発入り。出場停止のフートの代わりには腰痛から復帰のモーガンが起用された。

▽一方、ホームで行われた1stレグで先勝したアトレティコは、現在公式戦10試合負けなし(7勝3分け)と絶好調。そのアトレティコは、グリーズマンやコケ、サウールなど主力温存で臨んだ直近のオサスナ戦(3-0)から先発を5人変更。トーレス、コレア、トーマス、ガイタン、リュカに代わってグリーズマン、コケ、サウール、ガビ、サビッチが先発入りした。

▽速攻を持ち味とする両チームの一戦は、落ち着いた立ち上がりで試合が推移する中、先に決定機を創出したのはレスター・シティだった。21分、マフレズのスルーパスをボックス左深くで受けたヴァーディがマイナスに折り返すと、走り込んだ岡崎が右アウトサイドで合わせたが、ボールは枠の左上に外れる。

▽対するアトレティコは26分に決定機。スルーパスのこぼれ球をボックス左付近でコケが収めると、コケの落としを受けたフェリペ・ルイスのクロスをファーサイドのサウールがヘディングシュート。これにGKシュマイケルが横っ跳びで反応するも僅かに届かず、ボールはゴール左隅に吸い込まれた。

▽アウェイゴールを許し、逆転突破には3点が必要となったレスターは34分、左CKのこぼれ球からボックス右に走り込んだマフレズがダイレクトボレーシュート。しかし、これはGKオブラクが正面でキャッチした。

▽アトレティコのリードで迎えた後半、レスターは岡崎とベナルアンを下げてウジョアとチルウェルを投入する2枚替えを敢行。ウジョアを最前線に配置し、ヴァーディとマフレズを2シャドーに置いた[3-6-1]の布陣に変更した。

▽しかし、後半最初のチャンスはアトレティコに生まれる。49分、センターライン付近でボールを受けたグリーズマンがドリブルでボックス右深くまで侵入しクロスを供給。これに反応したカラスコがボックス内でオルブライトンと交錯し倒れたが、主審はノーファウルの判定を下した。

▽布陣を変えたことによりレスターが徐々にボールを持てるようになると、61分に待望のゴールが生まれる。右サイドでボールを受けたオルブライトンのクロスをファーサイドで受けたチルウェルがシュート。これが相手DFにディフレクトすると、こぼれ球をヴァーディがゴール右に流し込んだ。

▽1点を返して勢いづくレスターは立て続けにチャンスを迎える。65分、ロングスローのセカンドボールに反応したウジョアがゴール左からダイレクトシュート。さらに68分には、ボックス右まで侵入したマフレズの折り返しからヴァーディが決定機を迎えるも、シュートは相手DFにブロックに阻まれた。

▽レスターの勢いを止めたいアトレティコは、69分にカラスコを下げてトーレスを投入。さらに74分には、フィリペ・ルイスに代えてコレアをピッチに送り出し、流れを引き戻しにかかった。

▽ホームサポーターの大声援を背に逆転を目指すレスターは75分、ペナルティアーク手前でヴァーディが倒されFKを獲得。このFKをマフレズが直接狙ったが、これはわずかにゴール左上に外れる。すると83分、レスターにアクシデント。スライディングブロックを試みたモーガンが左もも裏を痛め、アマルテイとの負傷交代を余儀なくされた。

▽その後も追加点を狙ったレスターだったが、アトレティコ守備陣の集中した守りを最後まで崩し切れず。アトレティコが1-1で試合を終わらせ、2戦合計スコア2-1で逃げ切り。2年連続の準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

2戦連発のレスター岡崎慎司にイギリス紙も高評価「抜け目ないポーチャー」

レスター・シティを今シーズン初勝利に導くゴールを挙げた日本代表FW岡崎慎司に、イギリスメディアからは高評価が与えられている。<br><br>レスターは19日、プレミアリーグ第2節で昇格組のブライトンと対戦。2試合連続で先発出場した岡崎は、開始からわずか50秒で結果を残す。右サイドからFWリヤド・マフレズが切れ込んでシュート。するとGKが弾いたボールを岡崎が押し込んで、先制点をマークした。<br><br>54分にもレスターは追加点を挙げて2-0で勝利。今季初の白星を手にした。地元紙『レスター・マーキュリー』は岡崎にチーム2位タイとなる「8」の採点。「ポーチャーとしての働きで今季2点目を挙げた」と評価している。ポーチャーとは英語で&ldquo;密猟者&rdquo;という意味となるが、フットボールではエリア内で強さを発揮するルート・ファン・ニステルローイやフィリッポ・インザーギのような選手を指すことが多く、ゴール付近で仕事ができる選手を評価する単語だ。<br><br>また、イギリス紙『デイリー・メール』でも「7.5」と高採点を与えられた。なお、両紙ともに最高評価はマフレズとなっている。<br><br>開幕から2試合連続でゴールをマークし、好調をキープする岡崎。次節のシェフィールド戦でもゴールは生まれるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.08.20 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎の開幕2戦連発弾でレスターがホーム開幕戦で今季初白星!《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは19日、プレミアリーグ第2節でブライトンをホームに迎え、2-0で勝利した。日本代表FW岡崎慎司は76分までプレーし、1分に今季2ゴール目を記録した。 ▽11日に行われた開幕戦でアーセナルに3-4と敗れ、黒星スタートとなったレスターは、そのアーセナル戦と同様のスタメンを送り出した。アーセナル戦で今季初ゴールを記録した岡崎は、今節もスタメンに名を連ねた。 ▽試合は開始早々に動く。1分、右サイドを持ち上がったマフレズがボックス右からカットインしシュート。これはGKライアンに弾かれるも、こぼれ球に素早く反応した岡崎が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽先制点で主導権を握ったレスターは16分、最終ラインのパスミスをカットした岡崎がボックス右深くまで持ち込みクロス。これを中央のヴァーディがダイレクトで合わせたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽レスターは、40分にも右サイドライン際まで持ち上がったヴァーディの折り返しからニアに走り込んだ岡崎がゴールを脅かしたが、これはゴール右に外れた。 ▽後半に入っても主導権を握るレスターは、54分にセットプレーから追加点を奪う。マフレズの右CKをファーサイドのマグワイアが頭で叩き込んだ。 ▽リードを広げたレスターは、76分に岡崎を下げてスリマニをピッチに送り出す。すると、直後のプレーでマフレズのミドルシュートが枠を捉えるも、これはGKライアンに防がれた。 ▽結局、その後も危なげない試合運びを見せたレスターが、岡崎の開幕2戦連発弾などでホーム開幕戦を勝利で飾っている。 2017.08.20 01:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマとマフレズは相思相愛も、レスターは移籍金の引き下げに応じず…最終期限は15日か

▽レスター・シティは、今夏の移籍市場で退団が噂されるアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)の移籍金を引き下げる考えはないようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2015-16シーズンにPFA年間最優秀選手賞を受賞するなど、レスターのプレミアリーグ初優勝に大きく貢献したマフレズ。しかし今夏にはレスター退団が噂されており、同選手に対してはローマが興味を示している。 ▽マフレズ自身もローマへの移籍に興味を持っているとされているが、クラブ間での交渉が難航しており、現時点で正式な発表はされていない。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ローマ側はボーナス込みで3500万ユーロ(約45億4000万円)のオファーをレスターに提示した模様。しかしレスターは、マフレズの移籍金を4400万ユーロ(約57億円)に設定しており、この金額を引き下げる考えはないようだ。 ▽また、同メディアはマフレズの代理人がローマに出向いていると伝えた。同クラブのディレクターを務めるモンチ氏と会談し、オファーの金額を引き上げてもらえるように交渉を行っているという。なお、この移籍の最終期限は8月15日に設定されているようで、本日中に何かしらの動きがある可能性が高い。 2017.08.15 09:39 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 4-3 レスター・シティ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ開幕戦アーセナルvsレスター・シティが11日に行われ、4-3でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は5分にゴールを決め、72分までプレーしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170812_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 33 チェフ 5.5 1失点目の対応はまずかったが、それ以外の失点は防げない。ヴァーディとの一対一を止める DF 16 ホールディング 5.0 軽率なボールロストが散見 (→ジルー 6.5) 値千金の決勝弾。勝負強さを発揮した 18 モンレアル 5.5 高さがないながらも無難に3バックの中央をこなす 31 コラシナツ 6.0 持ち前の思い切りの良さを活かして2点目に絡む MF 24 ベジェリン 5.5 途中から左サイドバックでプレー。両サイドを無難にこなす 35 エルネニー 5.5 1点目をアシストも攻守にどっち付かずだった (→ラムジー 6.0) 乱戦を制すキッカケとなる3点目を奪った 29 ジャカ 5.5 ミスパスから2失点目に関与もラムジーのゴールをらしいパスでアシスト 15 チェンバレン 6.0 途中から右サイドバックでプレー。攻撃に厚みをもたらす FW 11 エジル 5.0 昨季の不調を引きずっている様子。消えている時間が長い 9 ラカゼット 7.0 早くも移籍後初ゴール。3点に絡む 23 ウェルベック 6.0 2点目を挙げたが、消えている時間も多かった (→ ウォルコット -) 監督 ヴェンゲル 6.0 3失点は頂けないが、選手交代で流れを変えた ▽レスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170812_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュマイケル 5.5 4失点も防げるシュートは止めていた DF 2 シンプソン 5.5 守備に徹していた 5 モーガン 5.5 1失点目はラカゼットに寄せきれず 15 マグワイア 6.0 持ち味のパワーは発揮できていた。岡崎のゴールをアシスト 28 フックス 6.0 タイミング良く攻撃に絡んだ MF 26 マフレズ 5.5 3点目をアシストしたが、消えている時間も多かった 22 M・ジェームズ 5.0 攻守に凡庸 (→イヘアナチョ -) 25 エンディディ 5.0 3失点目の場面では寄せが甘かった 11 オルブライトン 6.5 2点に絡む。決定的な仕事を果たした (→グレイ -) FW 9 ヴァーディ 7.0 頭で2点をゲット。岡崎との関係も良好 20 岡崎慎司 6.5 開幕ゴールを奪取。相変らずのハードワークも目立った (→アマルテイ 5.0) 試合を締められず 監督 シェイクスピア 5.5 何とか勝ち点を持ち帰りたかったが、アーセナルの勢いを抑えられず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ラカゼット(アーセナル) ▽クラブ史上最高額の移籍金を叩いて獲得しただけの能力を開幕戦から見せる。シュートへの意識が高く、レスターの脅威となっていた。 アーセナル 4-3 レスター・シティ 【アーセナル】 ラカゼット(前2) ウェルベック(前47) ラムジー(後38) ジルー(後40) 【レスター・シティ】 岡崎慎司(前5) ヴァーディ(前29、後11) 2017.08.12 06:23 Sat
twitterfacebook
thumb

岡崎開幕ゴールもアーセナルがド派手な打ち合いを制して白星スタート《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ開幕戦アーセナルvsレスター・シティが11日に行われ、4-3でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は5分にゴールを決め、72分までプレーしている。 ▽昨季5位に終わって19年連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場記録が途絶えたアーセナルは、6日に行われたチェルシーとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に勝利した。その試合のスタメンから3選手を変更。負傷したメルテザッカーの代わりをモンレアルが務め、3バックの中央に入った。そしてエジルとベジェリンがスタメンとなった。 ▽一方、一昨シーズンの王者であるレスターは昨季、12位まで順位を落とした。そのレスターは新戦力のマグワイアを起用。モーガンとセンターバックでコンビを組んだ。そして岡崎がイヘアナチョを抑えて開幕スタメンとなった。 ▽試合は開始2分、早々に動きを見せる。ボックス手前右のエルネニーがダイレクトで上げたクロスをファーサイドのラカゼットが頭で押し込み、アーセナルがあっさり先制する。 ▽新戦力の移籍後初ゴールで先手を取ったアーセナルだったが、レスターが5分にすかさず同点とした。左CKのショートコーナーから、オルブライトンが上げたクロスをファーサイドのマグワイアがヘッドで折り返す。これを岡崎が頭でねじ込んだ。 ▽岡崎の開幕ゴールで試合を振り出しに戻したレスターは、アーセナルにポゼッションを譲るものの、ボールホルダーへの鋭い寄せで自由を与えずにいると、29分に逆転する。ジャカのミスパスを誘ってショートカウンターに転じると、オルブライトンの左クロスをヴァーディが右足で合わせた。 ▽そして、ハーフタイムにかけてはレスターがペースを握る。33分にはホールディングからボールを奪ったフックスの左クロスから、岡崎がヘディングシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。 ▽しかし追加タイム2分、アーセナルはボックス中央でラカゼットのシュートがルーズとなると、コラシツナツが拾って抜け出す。GKと二対一となったところをコラシツナツは冷静にフリーのウェルベックにパスを出し、ウェルベックが難なく押し込んだ。 ▽派手な打ち合いとなった前半を2-2で終え、迎えた後半、最初のチャンスはレスターに訪れる。52分、ロングフィードに反応したヴァーディがディフェンスライン裏を取る。しかし、飛び出していたGKチェフにカットされてしまった。それでも、マフレズのミドルシュートでゴールに近づくと、直後の56分に勝ち越す。マフレズの右CKからフリーとなっていたヴァーディがヘディングで押し込んだ。 ▽再び追う展開となったアーセナルは62分、ウェルベックのスルーパスに抜け出したベジェリンがボックス右に侵入。シュートを狙ったが、GKシュマイケルのファインセーブに阻まれた。 ▽その後、ホールディングとエルネニーに代えてラムジーとジルーを投入し、チェンバレンを右サイドバックに配す攻撃的な4バックとしたアーセナルは68分、ラカゼットの左クロスにラムジーがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れてしまった。 ▽逃げ切りたいレスターが岡崎に代えてアマルテイを投入したのに対し、攻勢に出るアーセナルは83分、ジャカの浮き球パスをボックス右で受けたラムジーが絶妙なトラップからシュートを蹴り込んだ。さらに85分、ラカゼットのシュートで得た右CKからジルーのヘディングシュートがバーの下を叩いてゴールラインを割り、4-3と勝ち越し。ド派手な打ち合いとなった開幕戦をアーセナルが制し、白星発進としている。 2017.08.12 05:52 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース