レスターがヴァーディ弾で一矢報いるも1stレグのアドバンテージを生かしたアトレティコが2年連続のベスト4進出!!《CL》2017.04.19 05:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのレスター・シティvsアトレティコ・マドリーが18日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計1-2でアトレティコが準決勝進出を決めた。レスターのFW岡崎慎司は、前半のみプレーした。

▽12日に行われた1stレグを0-1で落としたレスター・シティだが、直近のクリスタル・パレス戦(2-2)では岡崎とドリンクウォーターを起用しなかった以外はほぼベストメンバーを送り込んだ。逆転での準決勝進出を目指すこの2ndレグに向けては、そのクリスタル・パレス戦から先発3人を変更。ウジョアとアンディ・キングに代えて1stレグ同様に岡崎とドリンクウォーターが先発入り。出場停止のフートの代わりには腰痛から復帰のモーガンが起用された。

▽一方、ホームで行われた1stレグで先勝したアトレティコは、現在公式戦10試合負けなし(7勝3分け)と絶好調。そのアトレティコは、グリーズマンやコケ、サウールなど主力温存で臨んだ直近のオサスナ戦(3-0)から先発を5人変更。トーレス、コレア、トーマス、ガイタン、リュカに代わってグリーズマン、コケ、サウール、ガビ、サビッチが先発入りした。

▽速攻を持ち味とする両チームの一戦は、落ち着いた立ち上がりで試合が推移する中、先に決定機を創出したのはレスター・シティだった。21分、マフレズのスルーパスをボックス左深くで受けたヴァーディがマイナスに折り返すと、走り込んだ岡崎が右アウトサイドで合わせたが、ボールは枠の左上に外れる。

▽対するアトレティコは26分に決定機。スルーパスのこぼれ球をボックス左付近でコケが収めると、コケの落としを受けたフェリペ・ルイスのクロスをファーサイドのサウールがヘディングシュート。これにGKシュマイケルが横っ跳びで反応するも僅かに届かず、ボールはゴール左隅に吸い込まれた。

▽アウェイゴールを許し、逆転突破には3点が必要となったレスターは34分、左CKのこぼれ球からボックス右に走り込んだマフレズがダイレクトボレーシュート。しかし、これはGKオブラクが正面でキャッチした。

▽アトレティコのリードで迎えた後半、レスターは岡崎とベナルアンを下げてウジョアとチルウェルを投入する2枚替えを敢行。ウジョアを最前線に配置し、ヴァーディとマフレズを2シャドーに置いた[3-6-1]の布陣に変更した。

▽しかし、後半最初のチャンスはアトレティコに生まれる。49分、センターライン付近でボールを受けたグリーズマンがドリブルでボックス右深くまで侵入しクロスを供給。これに反応したカラスコがボックス内でオルブライトンと交錯し倒れたが、主審はノーファウルの判定を下した。

▽布陣を変えたことによりレスターが徐々にボールを持てるようになると、61分に待望のゴールが生まれる。右サイドでボールを受けたオルブライトンのクロスをファーサイドで受けたチルウェルがシュート。これが相手DFにディフレクトすると、こぼれ球をヴァーディがゴール右に流し込んだ。

▽1点を返して勢いづくレスターは立て続けにチャンスを迎える。65分、ロングスローのセカンドボールに反応したウジョアがゴール左からダイレクトシュート。さらに68分には、ボックス右まで侵入したマフレズの折り返しからヴァーディが決定機を迎えるも、シュートは相手DFにブロックに阻まれた。

▽レスターの勢いを止めたいアトレティコは、69分にカラスコを下げてトーレスを投入。さらに74分には、フィリペ・ルイスに代えてコレアをピッチに送り出し、流れを引き戻しにかかった。

▽ホームサポーターの大声援を背に逆転を目指すレスターは75分、ペナルティアーク手前でヴァーディが倒されFKを獲得。このFKをマフレズが直接狙ったが、これはわずかにゴール左上に外れる。すると83分、レスターにアクシデント。スライディングブロックを試みたモーガンが左もも裏を痛め、アマルテイとの負傷交代を余儀なくされた。

▽その後も追加点を狙ったレスターだったが、アトレティコ守備陣の集中した守りを最後まで崩し切れず。アトレティコが1-1で試合を終わらせ、2戦合計スコア2-1で逃げ切り。2年連続の準決勝進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

スーパー・シンジ! 「岡崎は傑出していた」

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは21日、プレミアリーグ第9節でスウォンジーとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。岡崎は68分までプレー、49分に今季4ゴール目を記録した。 ▽FWジェイミー・ヴァーディの相棒として先発した岡崎は、レスターが1点リードで迎えた後半、49分にボックス右のマフレズが折り返したボールを押し込んでチーム2点目を記録。そのほかにも決定機やチャンスメーク、持ち前のハードワーカーぶりで守備にも貢献した。 ▽レスターの地元紙『レスター・マーキュリー』は試合後、この試合を論評。電子版のマッチレポートでは「スーパー・シンジが敵地での大きな勝利の立役者に」と見出しを取り、「岡崎が先発に戻って決勝点を記録し、最高のチームパフォーマンスを引き出した」とした。 ▽レーティングでも、MFビセンテ・イボーラと並ぶチーム最高の「9」を与えており。「傑出していた。このシステムで仕事をさせれば誰よりも優れているということを改めて証明した」と評価した。 ▽暫定指揮官のマイケル・アップルトン監督からも称賛されていた岡崎。チームは24日の国内カップ4回戦でリーズと対戦した後、29日の次節でエバートンをホームに迎えるが、引き続きの岡崎の活躍に期待したいところだ。 2017.10.22 09:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「シンジはグレート」レスター暫定指揮官、岡崎をベタ褒め

▽レスター・シティは21日、プレミアリーグ第9節でスウォンジーとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。試合後、レスターの暫定指揮官であるマイケル・アップルトン監督が、今季4得点目を奪った日本代表FW岡崎慎司を絶賛した。 ▽この試合、レスターは24分にマフレズのクロスがオウンゴールを誘って先制。リードして迎えた後半、49分にはマフレズの折り返しを岡崎が押し込み、点差を広げた。その後、56分に1点を返されたが、そのまま逃げきって今季アウェイ初勝利を挙げた。 ▽アップルトン監督は試合後、2点目を奪った岡崎を称賛。レスター公式サイトがコメントを伝えている。 「シンジはグレートだった。彼が先発したのはフェアなことだ。彼はいつも“やってくれる”。ポゼッションしていないときにもね」 「我々は2-0となった試合をコントロールしにいったが失点した。でも、要所でカウンターも繰り出していたし満足だよ」 2017.10.22 09:09 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎の決勝弾でレスターがリーグ戦7試合ぶりの白星! アップルトン暫定監督の初陣飾る!!《プレミアリーグ》

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは21日、プレミアリーグ第9節でスウォンジーとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。岡崎は68分までプレー、49分に今季4ゴール目を記録した。 ▽前節終了時点で1勝4敗3分けと開幕から低迷が続くレスターは、17日にシェイクスピア監督を解任。アップルトン暫定監督の初陣となる今節は、WBA戦からスタメンを1人変更。イヘアナチョに代えて岡崎をヴァーディの相棒に起用した。 ▽試合は開始早々レスターにチャンス。1分、ヴァーディのサイドチェンジを左サイドで受けたオルブライトンのクロスを岡崎がバックヘッドで合わせたが、これはGKファビアンスキのセーブに阻まれた。 ▽さらに10分、スローインをボックス右で受けた岡崎が、胸トラップからマイナスの折り返しを供給。ボックス中央のオルブライトンがダイレクトシュートで合わせたが、これもGKファビアンスキの好セーブに防がれた。 ▽すると25分、遂にレスターがスコアを動かす。岡崎のサイドチェンジをマフレズが左サイドゴールライン際で残すと、ボックス左から侵入しゴール前に高速クロスを供給。これがニアでクリアを試みたF・フェルナンデスのオウンゴールを誘い、レスターが先制に成功した。 ▽前半終盤、ホームの声援を受けるスウォンジーが反撃に出るも、レスターの集中した守りを前に決定的なチャンスは作れず。前半はレスターの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、スウォンジーはブリトゥンを下げてキ・ソンヨンを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはレスター。49分、左サイドを持ち上がったオルブライトンのクロスを相手ディフェンスラインの裏に抜け出したマフレズがゴール右からダイレクトで折り返す。これをゴール前に走り込んだ岡崎が流し込み、レスターが追加点を奪った。 ▽第9節にして昨季のゴール数を更新した岡崎の今季4ゴール目でリードを広げたレスターだったが、セットプレーからスウォンジーに1点を返される。56分、レナト・サンチェスがグラウンダーのCKを供給すると、ニアで相手DFにディフレクトしたこぼれ球をゴール前のモーソンがワントラップから反転シュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 ▽1点を返されたレスターは68分、岡崎に下げてアンディ・キングを投入。すると76分、マフレズのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したヴァーディが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKファビアンスキのファインセーブに阻まれた。 ▽レスターは87分、マフレズを下げてグレイをピッチに送り出す。その後も危なげない試合運びを見せたレスターが、スウォンジーの攻撃を凌ぎ切った。岡崎の決勝弾で逃げ切ったレスターは、リーグ戦7試合ぶりの白星でアップルトン暫定監督の初陣を飾った。 2017.10.22 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎レスター、シェイクスピア監督解任を公式発表! 副会長「クラブが前に進み続けるために変化が必要」

▽レスター・シティは17日、クレイグ・シェイクスピア監督(53)の解任を発表した。なお、次節のスウォンジー戦はアシスタントコーチを務めるマイケル・アップルトン氏(41)が暫定指揮官として指揮を執る。 ▽レスターのアイヤワット・スリヴァッダナプラバ副会長は、クラブ公式サイトでシェイクスピア監督の解任理由について以下のように説明している。 「クレイグはレスター・シティにとって、偉大な奉仕者だった。アシスタントマネージャー時代、そして今年2月に厳しい状況の中で指揮官を務めてくれた。彼のクラブに対する献身、クラブが最も成功を収めた時期に偉大な貢献をもたらしてくれたことに心から感謝したい」 「しかし、クレイグのマネジメントの下、ここ数カ月のチームの戦いぶりにはやや一貫性を欠いており、クラブの取締役会はクラブが前に進み続けるために変化が必要であることを感じた」 「クレイグはレスター・シティにおいて、非常に人気があり尊敬を集める存在のままだ。将来的にはプロフェッショナルとして、また友人としてキングパワー・スタジアムに戻ってくることを心から歓迎したい」 ▽昨シーズン、成績不振で解任されたクラウディオ・ラニエリ前監督の後任としてアシスタントコーチから昇格したシェイクスピア監督は、後任人事が決定するまでの暫定指揮官として就任した。 ▽その後、見事にチームを好転させた同監督は、今年3月にシーズン終了までの契約でトップチームの正式な指揮官に就任すると、公式戦6連勝を達成。降格圏内の17位でバトンを受けたチームを最終的に12位でフィニッシュさせた。そして、今年6月には2020年までの新契約にサインしていた。 ▽だが、今シーズンは第8節終了時点で1勝4敗3分けと開幕から低迷が続き、チームは降格圏の18位に転落。この成績不振を受けて、クラブ幹部はプレミアリーグ第8節のWBA戦(1-1のドロー)の翌日にシェイクスピア監督との会談を開き、その場で解任の意向を伝えた。 ▽なお、レスターは今後後任監督選定に向けたプロセスを開始し、その選定が終わるまで後任人事に関するこれ以上のアナウンスを行わない意向であると伝えている。 2017.10.18 02:23 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎レスター、シェイクスピア監督を解任! 現地主要メディアが解任決定と報道

▽レスター・シティがクレイグ・シェイクスピア監督(53)を解任を決断した。イギリス『インデペンデント』など複数メディアは17日、同監督がクラブ幹部との会談の中で解任を言い渡されたと報じた。 ▽昨シーズン、成績不振で解任されたクラウディオ・ラニエリ前監督の後任としてアシスタントコーチから昇格したシェイクスピア監督は、後任人事が決定するまでの暫定指揮官として就任した。 ▽その後、見事にチームを好転させた同監督は、今年3月にシーズン終了までの契約でトップチームの正式な指揮官に就任すると、公式戦6連勝を達成。降格圏内の17位でバトンを受けたチームを最終的に12位でフィニッシュさせた。そして、今年6月には2020年までの新契約にサインしていた。 ▽だが、今シーズンは第8節終了時点で1勝4敗3分けと開幕から低迷が続き、チームは降格圏の18位に転落。この成績不振を受けて、クラブ幹部はプレミアリーグ第8節のWBA戦(1-1のドロー)の翌日にシェイクスピア監督との会談を開き、その場で解任の意向を伝えたようだ。 ▽なお、現時点で今回の一件に関するレスターからの公式なアナウンスはなされていない。 2017.10.17 23:49 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース