メスGK川島がリーグデビューも王者PSGがマテュイディの劇的弾で辛勝!《リーグ・アン》2017.04.19 03:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽パリ・サンジェルマン(PSG)は18日、リーグ・アン第31節の延期分でメスとスタッド・サン・サンフォリアンで対戦し、3-2で勝利した。メスの日本代表GK川島永嗣はフル出場し、リーグ戦初出場を飾った。

▽1日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝にPSGが出場したため、順延となっていた一戦。現在、リーグ戦6連勝中と好調の2位PSG(勝ち点74)は、14日に行われた直近のアンジェ戦(2-0)からスタメンを3人変更。パストーレやラビオ、オーリエに代えてルーカス・モウラやモッタ、トマス・ムニエがスタメンに名を連ねた。

▽一方、リーグ戦3戦未勝利のメスは、15日に行われたカーン戦(2-2)からスタメン8人を変更。過密日程の影響で守護神GKディディロンやコアド、ファレットらを温存し、エルディングやミラン、ビシェバツがスタメンに並んだ。また、日本代表GK川島がリーグ戦初先発を飾っている。

▽首位モナコ追走のためにもポイントロスを避けたいPSGは、立ち上がりから相手陣内でのパスにミスが散見され、フィニッシュに持ち込む場面がなかなか作れない。14分には、ルーカス・モウラの左CKから最初の決定機を迎えたが、カバーニが落としを受けたマテュイディのシュートは枠を外れた。

▽圧倒的なボール支配で試合をコントロールするPSGは33分、左サイドをオーバーラップしたマクスウェルのクロスをゴール前フリーのカバーニが頭で叩き込み、先制に成功する。さらに36分には、マクスウェルのスルーパスに反応したマテュイディが縦への突破でゴール左まで持ち上がると、シュートをニアサイドに突き刺した。

▽PSGの2点リードで迎えた後半、ホームチームが最初のチャンスを迎える。47分、メスはFKのこぼれ球を相手陣内で再び奪うと、ディアニェのパスを受けたドゥクレがボックス右からシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。

▽その後、PSGは週末の試合を考慮し61分にディ・マリアを下げてパストーレを投入。さらに76分にはルーカス・モウラに代えてグエデスをピッチに送り出した。しかし、この交代の直後にPSGはセットプレーから失点を許す。78分にペナルティアーク手前でキンベンベが途中出場のディアバテを倒してFKを与えると、こちらも途中出場のジュフルが直接FKをゴール右隅に突き刺した。

▽1点を返されたPSGは82分、ヴェッラッティのロングフィードに抜け出したカバーニが絶妙なトラップからループシュートを狙うが、飛び出したGK川島のプレッシャーに負け、シュートを枠の上に外してしまう。

▽試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたがPSGは一瞬の隙から同点弾を許す。88分、右サイドを持ち上がったサールのアーリークロスをゴール前に走り込んだディアバテがスライディングシュートで合わせると、これがゴール左隅に吸い込まれた。

▽痛恨の同点を許したPSGは、その後猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイム3分にパストーレの右クロスを中央のマテュイディがヘディングシュート。このシュートにGK川島は一歩も動けず、右隅を捉えたボールがゴールネットを揺らした。結局、マテュイディの劇的弾を含む2ゴールなどでメスを下したPSGが、首位モナコにプレッシャーをかけることに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール欠場のPSGが不調リールに完勝で公式戦連敗をストップ!《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は9日、リーグ・アン第17節でリールと対戦し、3-1で勝利した。 ▽前節、昇格組のストラスブールに今季初黒星を喫した首位のPSGが、ホームのパルク・デ・プランスに17位に低迷するリールを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ・グループB最終節のバイエルン戦(1-3)を行ったPSGは、その試合から先発を4人変更。累積で出場停止のネイマールやドラクスラー、チアゴ・シウバ、クルザワに代えてディ・マリアやパストーレ、キンペンベ、ユーリを先発で起用した。 ▽試合はPSGが立ち上がりからポゼッションでリールを圧倒し主導権を掌握したが、アタッキングサードでのプレーの質を欠いて決定機をつくるには至らない。膠着状態のまま前半半ばに差し掛かると28分に試合が動く。 ▽パストーレのスルーパスをボックス右付近で受けたダニエウ・アウベスがクロスを供給するとゴール前に走り込んだディ・マリアがヘディングシュートで流し込み、PSGが先制に成功した。 ▽迎えた後半、1点をリードするPSGはラビオを下げてロ・セルソを投入。するとPSGは49分、中盤でヴェッラッティのパスカットからカウンターを発動。最前線でボールを受けたカバーニの横パスをペナルティアーク付近のディ・マリアがワンタッチで繋ぐと、最後はボックス中央に走り込んだパストーレがシュートをゴール左に突き刺した。 ▽追加点を奪ったPSGは、72分にもヴェッラッティのパスをボックス左で受けたムバッペが決定機を迎えるも、シュートはGKメニャンの好セーブに阻まれた。 ▽その後、87分に途中出場のエル・ガジに1点を返されたPSGだが、93分に自陣での相手CKからロングカウンターを発動。マルキーニョスのクリアで相手DFの裏に抜け出したムバッペがドリブルで独走すると、無人のゴールにボールを流し込み、勝負を決める3点目を奪取。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。エースFWネイマールを欠きながら、下位相手にホームでしっかりと勝ち点3を奪ったPSGが連敗をストップすると共に公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。 2017.12.10 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド「PSG? “可能なら”残りたい」

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が“可能なら”との条件付きでクラブ残留を希望した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並び、史上最多5度目のバロンドール受賞を果たしたC・ロナウド。歴代でも指折りの名プレーヤーは受賞後、噂として浮上しているPSG行きについて、次のように語ったという。 「PSG移籍の可能性? 僕はレアル・マドリーで幸せだ。可能なら、これから先も残りたい」 ▽C・ロナウドは、レアル・マドリーで公式戦通算412試合に出場して418ゴールをマーク。しかし、近年はスペイン税務局による脱税容疑を引き金に退団をほのめかすなど、去就が慌ただしくなりつつある。 2017.12.09 16:35 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、ルイス・エンリケを新たにリストアップか

▽フランス『レキップ』は、パリ・サンジェルマン(PSG)がウナイ・エメリ監督の後任として、新たにルイス・エンリケ氏(47)の招へいを検討していると報じた。 ▽PSGは昨シーズンからエメリ体制を発足。だが、以前から解任説が取り沙汰され、将来が不透明な状況が続いている。そうした中、PSGは5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのバイエルン戦を黒星(1-3)。これにより、ナセル・アル・ケライフィ会長は、不適任とみなして、エメリ監督の解任を決心したという。 ▽そのケライフィ会長は後任として、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督、チェルシーのアントニオ・コンテ監督、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督をリストアップ。さらに、エンリケ氏の動向も追っているようだ。 ▽ルイス・エンリケ監督は、ローマ、セルタでの指揮を経て、2014年夏から古巣バルセロナの監督に就任。計9つのタイトルをもたらしたほか、2014-15シーズンにリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、CLのトレブルを達成した。 2017.12.09 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バロンドールが欲しいなら来い! レアル・マドリー会長がネイマールを口説く

▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がパリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールを手招きした。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽今夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロでバルセロナからPSGに移籍したネイマール。今シーズンもここまで公式戦16試合で15得点11アシストと結果を残し続けており、新天地でも出色ぶりが際立っている。 ▽しかし、ブラジル人スタッカーが夢見るとされるバロンドールは、今年もレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが受賞。レアル・マドリー会長は、関心が囁かれるネイマールを次のように口説いた。 「レアル・マドリーにいれば、バロンドールを勝ち取ることがより容易くなるものだ」 「レアル・マドリーは、偉大な選手に必要なものを全て提供するクラブ。私が彼とサインしたがっていることは承知の事実だ」 2017.12.09 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

CLベスト16進出チームが決定! 2連覇王者Rマドリーら順当突破も昨季4強アトレティコ&モナコに香川ドルトら敗退…《CL》

▽6日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの全日程が終了し、決勝トーナメントに進出する16チームと、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド32に進む8チームが決定した。 ▽今シーズンも錚々たるビッグクラブ32チームが出揃ったグループステージ。8つの困難なグループを首位で制したのは、グループBでバイエルンとの一騎打ちを制したパリ・サンジェルマン(PSG)、グループDで昨季ファイナリストのユベントスを退けたバルセロナ、開幕唯一の5連勝を飾ったマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドら優勝候補4チーム。 ▽また、今シーズンの“死の組”と評されたグループCとグループHを勝ち抜いたローマとトッテナム、最終節までもつれ込んだセビージャ、スパルタク・モスクワとの三つ巴のグループEを制したリバプール、クラブ史上初の決勝トーナメント行きを決めたベシクタシュの4チームだった。 ▽2位通過組ではトッテナムの後塵を拝したものの、ドルトムントを蹴落とした2連覇中の王者レアル・マドリー、同じくPSGとユベントス、ローマに僅差で競り負けたバイエルン、ユベントス、チェルシーのメガクラブに加え、セビージャ、シャフタール、バーゼル、ポルトが見事に混戦を勝ち抜いた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽惜しくも3位敗退でELラウンド32に進むことになったのは、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントや昨季ベスト4のアトレティコ・マドリー、優勝候補の一角にも挙がっていたナポリ、初出場で健闘を見せたRBライプツィヒら8チームとなった。 ▽また、今グループステージでは昨季ベスト4のモナコ、昨季ベスト16のベンフィカがいずれも最下位で敗退する波乱もあった。 ▽なお、決勝トーナメント1回戦の対戦カードを決める組み合わせ抽選会は12月11日にスイスのニヨンで行われる。また、2位通過チームのホームで行われる1stレグは来年2月の13・14日か、同20・21日に。首位通過チームのホームで行われる2ndレグは来年3月の6・7日か、同13・14日に開催される。 ▽決勝トーナメント1回戦では首位通過のシードチームと、2位通過のノンシードチームが必ず対戦することになるが、同じグループに同居したチーム、同一リーグ協会(同国)に所属するチーム同士が対戦することはない。CLグループステージ各グループ最終順位は以下のとおり。 ▽CLグループステージ各グループ最終順位 ◆グループA 1.マンチェスター・ユナイテッド 2.バーゼル 3.CSKAモスクワ 4.ベンフィカ ◆グループB 1.パリ・サンジェルマン 2.バイエルン 3.セルティック 4.アンデルレヒト ◆グループC 1.ローマ 2.チェルシー 3.アトレティコ・マドリー 4.カラバフ ◆グループD 1.バルセロナ 2.ユベントス 3.スポルティング・リスボン 4.オリンピアコス ◆グループE 1.リバプール 2.セビージャ 3.スパルタク・モスクワ 4.マリボル ◆グループF 1.マンチェスター・シティ 2.シャフタール 3.ナポリ 4.フェイエノールト ◆グループG 1.ベシクタシュ 2.ポルト 3.RBライプツィヒ 4.モナコ ◆グループH 1.トッテナム 2.レアル・マドリー 3.ドルトムント 4.アポエル 2017.12.07 07:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース