超ワールドサッカー

メスGK川島がリーグデビューも王者PSGがマテュイディの劇的弾で辛勝!《リーグ・アン》2017.04.19 03:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽パリ・サンジェルマン(PSG)は18日、リーグ・アン第31節の延期分でメスとスタッド・サン・サンフォリアンで対戦し、3-2で勝利した。メスの日本代表GK川島永嗣はフル出場し、リーグ戦初出場を飾った。

▽1日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝にPSGが出場したため、順延となっていた一戦。現在、リーグ戦6連勝中と好調の2位PSG(勝ち点74)は、14日に行われた直近のアンジェ戦(2-0)からスタメンを3人変更。パストーレやラビオ、オーリエに代えてルーカス・モウラやモッタ、トマス・ムニエがスタメンに名を連ねた。

▽一方、リーグ戦3戦未勝利のメスは、15日に行われたカーン戦(2-2)からスタメン8人を変更。過密日程の影響で守護神GKディディロンやコアド、ファレットらを温存し、エルディングやミラン、ビシェバツがスタメンに並んだ。また、日本代表GK川島がリーグ戦初先発を飾っている。

▽首位モナコ追走のためにもポイントロスを避けたいPSGは、立ち上がりから相手陣内でのパスにミスが散見され、フィニッシュに持ち込む場面がなかなか作れない。14分には、ルーカス・モウラの左CKから最初の決定機を迎えたが、カバーニが落としを受けたマテュイディのシュートは枠を外れた。

▽圧倒的なボール支配で試合をコントロールするPSGは33分、左サイドをオーバーラップしたマクスウェルのクロスをゴール前フリーのカバーニが頭で叩き込み、先制に成功する。さらに36分には、マクスウェルのスルーパスに反応したマテュイディが縦への突破でゴール左まで持ち上がると、シュートをニアサイドに突き刺した。

▽PSGの2点リードで迎えた後半、ホームチームが最初のチャンスを迎える。47分、メスはFKのこぼれ球を相手陣内で再び奪うと、ディアニェのパスを受けたドゥクレがボックス右からシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。

▽その後、PSGは週末の試合を考慮し61分にディ・マリアを下げてパストーレを投入。さらに76分にはルーカス・モウラに代えてグエデスをピッチに送り出した。しかし、この交代の直後にPSGはセットプレーから失点を許す。78分にペナルティアーク手前でキンベンベが途中出場のディアバテを倒してFKを与えると、こちらも途中出場のジュフルが直接FKをゴール右隅に突き刺した。

▽1点を返されたPSGは82分、ヴェッラッティのロングフィードに抜け出したカバーニが絶妙なトラップからループシュートを狙うが、飛び出したGK川島のプレッシャーに負け、シュートを枠の上に外してしまう。

▽試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたがPSGは一瞬の隙から同点弾を許す。88分、右サイドを持ち上がったサールのアーリークロスをゴール前に走り込んだディアバテがスライディングシュートで合わせると、これがゴール左隅に吸い込まれた。

▽痛恨の同点を許したPSGは、その後猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイム3分にパストーレの右クロスを中央のマテュイディがヘディングシュート。このシュートにGK川島は一歩も動けず、右隅を捉えたボールがゴールネットを揺らした。結局、マテュイディの劇的弾を含む2ゴールなどでメスを下したPSGが、首位モナコにプレッシャーをかけることに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

パリ・サンジェルマンが主力温存のモナコを5発粉砕…仏杯決勝進出《クープ・ドゥ・フランス》

26日にクープ・ドゥ・フランス準決勝が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とモナコが対戦した。試合はホームのPSGが5-0と大勝している。<br><br>リーグ・アンではモナコに首位を譲るが、この日はPSGが前半から圧倒。7割近いポゼッションで試合を進め、26分に先制に成功する。アンヘル・ディ・マリアのミドルシュートをモナコGKモルガン・デ・サンクティスがファンブル。エディンソン・カバーニが詰めると、最後はユリアン・ドラクスラーが無人のゴールに押し込んだ。さらにその5分後、ディ・マリアの右足のクロスにカバーニがヒールで合わせ、今度はエースにゴールが生まれる。<br><br>前半を2点リードで終えたPSGは後半もゴールを重ねる。50分、52分に得点を挙げ、勝負を決めると、90分にマルキーニョスのゴールでさらにダメ押しした。<br><br>PSGはリーグ戦の鬱憤を晴らすようにモナコに快勝。モナコはラダメル・ファルカオ、キリアン・ムバッペ、ベルナルド・シルバらを温存して臨んだが、それで勝てるほど簡単な相手ではなかったようだ。なお、PSGは決勝でアンジェと対戦する予定。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

カバーニがPSGと2020年まで契約を延長!! 今季はリーグ戦32試合32ゴール

▽パリ・サンジェルマンは25日、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(30)との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽2013-14シーズンにナポリからパリ・サンジェルマンに加入したカバーニは、移籍初年度にリーグ戦30試合16ゴールをマーク。その後も主力として活躍すると、エースだった元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが退団した今シーズンはリーグ戦32試合32ゴールで得点ランキングのトップを独走するなどチームを牽引している。 ▽なお、今季で4シーズン目を迎えているカバーニは、公式戦192試合で125ゴールをマーク。クラブの歴代最多得点はイブラヒモビッチの156ゴールとなっており、このペースならば契約満了時に新記録を更新できそうだ。また、カバーニはこれまでにリーグ・アン3連覇を含む11個ものタイトルを獲得している。 ▽カバーニはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「契約を延長しPSGとの関係を続けられることを嬉しく思っているよ。今までも言っていたように、僕はパリでキャリアを続けたかった。このクラブのサポーターやスタッフは本当に素晴らしいからね」 「そしてこのクラブは目的を達成できるだけの力があると確信している。これからもお互いに野心を持って臨みたいね」 2017.04.26 08:41 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、メッシ希望のディ・マリア獲得に107億円オファー?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)にスペイン復帰の可能性が浮上した。スペイン『Don Balon』によれば、バルセロナが獲得を狙っているようだ。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナは今夏、元レアル・マドリーのアルゼンチン人アタッカー獲得に挑戦。移籍金9000万ユーロ(約107億5000万円)のオファーを用意し、ビッグディール成立を目指すという。 ▽どうやら、バルセロナ上層部は先のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでPSGと対戦した際、ディ・マリアのプレーぶりに感銘。9000万ユーロという高額な移籍金を支払ってでも獲得する価値があると評価しているようだ。 ▽また、この移籍を巡っては、代表でディ・マリアとチームメートであるFWリオネル・メッシの希望が絡んでいる模様。クラブ上層部もエースの要望に沿うべく、ディ・マリア獲得へ本腰を入れる意向を示しているとのことだ。 ▽ディ・マリアは、2014年夏にレアル・マドリーからマンチェスター・ユナイテッドに移籍。2015年夏からPSGでプレーしている。元レアル・マドリー選手がバルセロナ移籍となれば議論を呼びそうだが、メッシの願いは叶うのだろうか。 2017.04.25 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・U、パリSG若手DF獲得を目論む…移籍金は82億円?

マンチェスター・ユナイテッドは、今シーズン終了後にパリ・サンジェルマンのマルキーニョスを7000万ユーロ(約82億円)で獲得に動いていることが分かった。<br><br>リーグ・アン王者のパリ・サンジェルマンはキープレーヤーの一人であるマルキーニョスの売却に難色を示し、1億ユーロを積まれても今夏に移籍させる意思はないと考えられている。しかし、プレミアリーグのタイトル奪還を目指すマンチェスター・Uは、欧州屈指の若手ディフェンダーの獲得を熱望しており、年俸1000万ユーロのオファーを提示する準備を進めているとされている。<br><br>今夏守備陣の大刷新を敢行する可能性のあるジョゼ・モウリーニョ監督は、ケガがちのクリス・スモーリングとフィル・ジョーンズに疑問を抱いており、ダレイ・ブリントに至っては放出候補になっている。マルコス・ロホとエリック・バイリーはここ数週間安定したパフォーマンスを続けているため、そこにマルキーニョスを加え、強靭なディフェンスラインを構築したいと考えているようだ。<br><br>ユナイテッドは、まだ正式なオファーを提示しておらず、パリ・サンジェルマンも2013年にローマから獲得したマルキーニョスの放出を阻止するため徹底抗戦の構えを見せている。しかしパルク・デ・プランスで最高給取りの一人になるというブラジル代表DFの要求をクラブは渋っており、昨夏に契約延長の交渉を行った際、合意には達していなかった。<br><br>同選手の父親、マルコス・バロス氏は独占インタビューに対して「サラリーだけでの問題ではない。息子がチームのベストプレーヤーにどのようなるかが問題だ。PSGは彼がチームにとって最も重要な選手の一人であると証明する必要がある」と語っていた。<br><br>22歳にしてブラジル代表で17キャップを誇るマルキーニョスは、3月にパリ・サンジェルマンでプレーする喜びを語っていた。アドリアン・ラビオとマルコ・ヴェッラッティとともにクラブの将来を担うキープレーヤーと見なされているマルキーニョスは、来シーズンもパリの地でプレーを続けるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.04.22 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ムバッペに関心か…PSGとの争奪戦に?

▽レアル・マドリーが、モナコに所属する注目株のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)に関心を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ムバッペは、18歳ながら今シーズンのリーグ・アンで12ゴール、チャンピオンズリーグで5ゴールを挙げる彗星の如く現れたモナコの新鋭。その活躍により、欧州の錚々たるビッグクラブが動向を注視しているとの噂があとを絶えず、今後の去就に注目が集まっているところだ。 ▽しかし、この争奪戦において、パリ・サンジェルマン(PSG)がレアル・マドリー以上に熱心な関心を寄せている模様だ。チームの若返りを伴う国産ストライカーの獲得を目指すPSGは、8000〜9000万ユーロ(約93億6000万〜105億3000万円)で交渉を始めたい意向を示しているという。 2017.04.22 09:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース