メスGK川島がリーグデビューも王者PSGがマテュイディの劇的弾で辛勝!《リーグ・アン》2017.04.19 03:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽パリ・サンジェルマン(PSG)は18日、リーグ・アン第31節の延期分でメスとスタッド・サン・サンフォリアンで対戦し、3-2で勝利した。メスの日本代表GK川島永嗣はフル出場し、リーグ戦初出場を飾った。

▽1日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝にPSGが出場したため、順延となっていた一戦。現在、リーグ戦6連勝中と好調の2位PSG(勝ち点74)は、14日に行われた直近のアンジェ戦(2-0)からスタメンを3人変更。パストーレやラビオ、オーリエに代えてルーカス・モウラやモッタ、トマス・ムニエがスタメンに名を連ねた。

▽一方、リーグ戦3戦未勝利のメスは、15日に行われたカーン戦(2-2)からスタメン8人を変更。過密日程の影響で守護神GKディディロンやコアド、ファレットらを温存し、エルディングやミラン、ビシェバツがスタメンに並んだ。また、日本代表GK川島がリーグ戦初先発を飾っている。

▽首位モナコ追走のためにもポイントロスを避けたいPSGは、立ち上がりから相手陣内でのパスにミスが散見され、フィニッシュに持ち込む場面がなかなか作れない。14分には、ルーカス・モウラの左CKから最初の決定機を迎えたが、カバーニが落としを受けたマテュイディのシュートは枠を外れた。

▽圧倒的なボール支配で試合をコントロールするPSGは33分、左サイドをオーバーラップしたマクスウェルのクロスをゴール前フリーのカバーニが頭で叩き込み、先制に成功する。さらに36分には、マクスウェルのスルーパスに反応したマテュイディが縦への突破でゴール左まで持ち上がると、シュートをニアサイドに突き刺した。

▽PSGの2点リードで迎えた後半、ホームチームが最初のチャンスを迎える。47分、メスはFKのこぼれ球を相手陣内で再び奪うと、ディアニェのパスを受けたドゥクレがボックス右からシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。

▽その後、PSGは週末の試合を考慮し61分にディ・マリアを下げてパストーレを投入。さらに76分にはルーカス・モウラに代えてグエデスをピッチに送り出した。しかし、この交代の直後にPSGはセットプレーから失点を許す。78分にペナルティアーク手前でキンベンベが途中出場のディアバテを倒してFKを与えると、こちらも途中出場のジュフルが直接FKをゴール右隅に突き刺した。

▽1点を返されたPSGは82分、ヴェッラッティのロングフィードに抜け出したカバーニが絶妙なトラップからループシュートを狙うが、飛び出したGK川島のプレッシャーに負け、シュートを枠の上に外してしまう。

▽試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたがPSGは一瞬の隙から同点弾を許す。88分、右サイドを持ち上がったサールのアーリークロスをゴール前に走り込んだディアバテがスライディングシュートで合わせると、これがゴール左隅に吸い込まれた。

▽痛恨の同点を許したPSGは、その後猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイム3分にパストーレの右クロスを中央のマテュイディがヘディングシュート。このシュートにGK川島は一歩も動けず、右隅を捉えたボールがゴールネットを揺らした。結局、マテュイディの劇的弾を含む2ゴールなどでメスを下したPSGが、首位モナコにプレッシャーをかけることに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

攻撃陣そろい踏みで5発大勝のPSGがCLショックを払拭!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第26節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsストラスブールが17日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが5-2で勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦で痛恨の1-3の逆転負けを喫した首位のPSG。その敗戦からのバウンスバックが求められる今節は、前回対戦で今季公式戦初黒星を喫した13位のストラスブールと対戦した。マドリー戦からは先発5人を変更。ムバッペやヴェッラッティがベンチ外となったほか、マルキーニョスとラビオが先発を外れ、チアゴ・シウバやディ・マリア、クルザワが先発に復帰した。 ▽開始直後に高い位置でのボール奪取からネイマールにいきなり決定機が生まれるなど、押し込む立ち上がりとなったPSG。しかし、開始6分に相手に与えた最初の決定機をゴールに結びつけられる。左サイドで相手DFに囲まれたネイマールが中央に出した横パスを奪われカウンターを許すと、右サイドでララが入れた折り返しをゴール前に走り込んだアフルにダイレクトボレーで決められた。 ▽マドリー戦の敗戦に続き格下相手に先制を許す厳しい入りとなったが、スター軍団はこの苦境にも全く動じない。10分にはネイマールの縦パスが相手に引っかかるも、ボックス内でこぼれ球を回収したドラクスラーが左足のシュートをゴール右隅に流し込み、早くも同点に追いつく。 ▽さらに21分にはボックス左に抜け出したネイマールが一度は相手GKにシュートを防がれるが、こぼれ球を回収するとゴール前で冷静にGKとDFを外して2試合連続となる逆転ゴールを挙げた。さらに直後には相手のキックオフで最終ラインまでボールが下がると、もたついたDFからボールを奪ったディ・マリアが電光石火の3点目を決めた。 ▽その後、ややペースを落としながらもネイマールを起点に攻勢を続けるPSGはカバーニに幾度か決定機が訪れるなど、きっちり試合をコントロールして前半を終えた。 ▽後半も主導権を握るPSGは58分、ラサナ・ディアラとロ・セルソを下げてモッタとパストーレを投入する2枚替えを敢行。だが、再三の決定機を逸するホームチームは67分、バオケンのミドルシュートであっさりと失点し、点差を1点に縮められる。 ▽それでも、この失点で目を覚ましたPSGは73分、パストーレからの絶妙なスルーパスに抜け出したカバーニが飛び出したGKをあざ笑うかのようなチップキックでゴールネットを揺らす。続く79分にはネイマールの浮き球に抜け出したカバーニが今度はミドルループで流し込み、一気に点差を3点に広げた。 ▽そして、試合運びに課題を見せたものの、攻撃陣そろい踏みの活躍でストラスブールにリベンジを果たしたPSGが一先ずマドリー戦のショックを払拭した。 2018.02.18 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG、ラツィオのセルビア代表MFに1億ユ―ロ用意か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)に関心を寄せているようだ。『カルチョ・メルカート』が伝えている。 ▽2015年夏に、ベルギーのヘントから加入して以来、出色の活躍を見せているミリンコビッチ=サビッチ。セントラルMFやアタッキングMFを本職としながら、今シーズンはここまでリーグ戦22試合に出場して7ゴール3アシストを記録。現在5位のラツィオのダイナモとして輝きを放っている。 ▽『カルチョ・メルカート』によれば、ミリンコビッチ=サビッチには、これまでにマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナといったビッグクラブが興味。最新の報道では、ここにPSGも加わるようで、中盤の補強に向けて、来夏に1億ユ―ロ(約132億円)の移籍金で獲得に動くと推測されている。 2018.02.16 21:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール父、息子への批判に激怒「ハゲワシのように死肉を貪り…」

パリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールの父親が、息子への批判に激怒している。<br><br>14日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で、レアル・マドリーと対戦したPSG。1点を先行するも、クリスティアーノ・ロナウドの2ゴールなどを許し、敵地で1-3と敗れている。<br><br>この試合でも先発したネイマールは、33分の先制点をアシストしたものの、自身は不発に終わった。一部のジャーナリストやファンからは、選手のパフォーマンスへ批判の声が上がっている。<br><br>これに対し、ネイマールの代理人も務める父親が激怒。自身のSNSで批評家を「ハゲワシ」と形容し、選手を貶めようとする批評家に長い間悩まされていると投稿した。<br><br>「戦争では、勝者を利用する者がいて、敗者の死肉をハゲワシのように貪る者がいる。何もせず、何も生み出さず、脚光を浴びたがり、さらに何の&ldquo;犠牲&rdquo;も払わない」<br><br>「サッカー界では、こういう人たちが&ldquo;大混乱&rdquo;生み出している。敗者を利用し、狩りを始め、ハゲワシのように戦争で飢えていくのを待っているんだ」<br><br>そして、ネイマールは「不死鳥」のように立ち上がると綴っている。<br><br>「忘れてはならない。息子は今回の対戦では敗れたが、&ldquo;戦争&rdquo;は子供のころ続いており、常に戦ってきた。そしてこれは覚えておいて欲しい&hellip;&hellip;彼は不死鳥のように蘇る、待ち受けるどんな戦いでも立ち向かうんだ!」<br><br>注目のセカンドレグは、3月6日にPSGの本拠地「パルク・デ・プランス」で行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 13:12 Fri
twitterfacebook
thumb

男前! モドリッチ、大一番で審判に「相手のファウルじゃない」と伝える

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチは大一番でもフェアプレー精神を忘れることはないようだ。 ▽レアル・マドリーは、14日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、1stレグを3-1で先勝した。モドリッチはこの試合の後半、64分にペナルティアーク手前で仕掛けると、倒れたところでFKを獲得した。 ▽モドリッチにアプローチしていたMFアドリアン・ラビオは、この場面でイエローカードを提示された。スローで見るとラビオはモドリッチに触れていなかったことで、PSGにとっては不運な場面ともみられた。 ▽ただ、『rmcsport』によればモドリッチは試合中にラビオを擁護していたようだ。MFマルコ・ヴェッラッティは試合後、「モドリッチは主審に対してファウルはなかったと伝えていた」と話したことが伝えられている。 ▽なお、折り返しの2ndレグは、3月6日にパルク・デ・プランスで開催される。 2018.02.16 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマールを無得点に抑えたナチョ、「SBとして一番難しい試合だった」

レアル・マドリーDFナチョ・フェルナンデスは、パリ・サンジェルマンFWネイマールを抑えることが重労働だったと認めている。<br><br>マドリーは14日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦でパリ・サンジェルマンと対戦。この試合ではDFダニエル・カルバハルが累積警告で出場停止だったため、その代役としてナチョが右SBに入った。<br><br>ナチョはネイマールをノーゴールに終わらせ、マドリーは3-1で勝利した。スペイン代表DFは試合後、以下のように語っている。<br><br>「ネイマールは素晴らしい選手だ。SBとして(キャリアで)一番難しい試合だったよ。だけど、すべてうまくいった」<br><br>「僕たちはファンと一緒に真っ向から戦った。重要な一歩を踏めたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 02:23 Fri
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース