超ワールドサッカー

メスGK川島がリーグデビューも王者PSGがマテュイディの劇的弾で辛勝!《リーグ・アン》2017.04.19 03:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽パリ・サンジェルマン(PSG)は18日、リーグ・アン第31節の延期分でメスとスタッド・サン・サンフォリアンで対戦し、3-2で勝利した。メスの日本代表GK川島永嗣はフル出場し、リーグ戦初出場を飾った。

▽1日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝にPSGが出場したため、順延となっていた一戦。現在、リーグ戦6連勝中と好調の2位PSG(勝ち点74)は、14日に行われた直近のアンジェ戦(2-0)からスタメンを3人変更。パストーレやラビオ、オーリエに代えてルーカス・モウラやモッタ、トマス・ムニエがスタメンに名を連ねた。

▽一方、リーグ戦3戦未勝利のメスは、15日に行われたカーン戦(2-2)からスタメン8人を変更。過密日程の影響で守護神GKディディロンやコアド、ファレットらを温存し、エルディングやミラン、ビシェバツがスタメンに並んだ。また、日本代表GK川島がリーグ戦初先発を飾っている。

▽首位モナコ追走のためにもポイントロスを避けたいPSGは、立ち上がりから相手陣内でのパスにミスが散見され、フィニッシュに持ち込む場面がなかなか作れない。14分には、ルーカス・モウラの左CKから最初の決定機を迎えたが、カバーニが落としを受けたマテュイディのシュートは枠を外れた。

▽圧倒的なボール支配で試合をコントロールするPSGは33分、左サイドをオーバーラップしたマクスウェルのクロスをゴール前フリーのカバーニが頭で叩き込み、先制に成功する。さらに36分には、マクスウェルのスルーパスに反応したマテュイディが縦への突破でゴール左まで持ち上がると、シュートをニアサイドに突き刺した。

▽PSGの2点リードで迎えた後半、ホームチームが最初のチャンスを迎える。47分、メスはFKのこぼれ球を相手陣内で再び奪うと、ディアニェのパスを受けたドゥクレがボックス右からシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。

▽その後、PSGは週末の試合を考慮し61分にディ・マリアを下げてパストーレを投入。さらに76分にはルーカス・モウラに代えてグエデスをピッチに送り出した。しかし、この交代の直後にPSGはセットプレーから失点を許す。78分にペナルティアーク手前でキンベンベが途中出場のディアバテを倒してFKを与えると、こちらも途中出場のジュフルが直接FKをゴール右隅に突き刺した。

▽1点を返されたPSGは82分、ヴェッラッティのロングフィードに抜け出したカバーニが絶妙なトラップからループシュートを狙うが、飛び出したGK川島のプレッシャーに負け、シュートを枠の上に外してしまう。

▽試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたがPSGは一瞬の隙から同点弾を許す。88分、右サイドを持ち上がったサールのアーリークロスをゴール前に走り込んだディアバテがスライディングシュートで合わせると、これがゴール左隅に吸い込まれた。

▽痛恨の同点を許したPSGは、その後猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイム3分にパストーレの右クロスを中央のマテュイディがヘディングシュート。このシュートにGK川島は一歩も動けず、右隅を捉えたボールがゴールネットを揺らした。結局、マテュイディの劇的弾を含む2ゴールなどでメスを下したPSGが、首位モナコにプレッシャーをかけることに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

トリノ、PSG退団のイタリア代表GKシリグをフリーで獲得!

▽トリノは27日、今季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団するイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(30)がフリートランスファーで加入したことを発表した。 ▽6年ぶりのセリエA復帰が決定したシリグは、クラブ公式サイトでトリノ加入に対する喜びを語っている。 「このクラブの一員になれたことを本当に嬉しく思っているよ。彼らは長い間、僕に関心を示してくれていたし、このクラブには今後に向けた確固たるプロジェクトがある。だから、僕はトリノを新天地に選んだんだ」 「クラブと会長は自分のことを重要な存在であると感じさせてくれた。そのことに感謝しているよ。とても特別な歴史を持つこのクラブの一員になれたことを誇りに思うよ」 ▽2011年にパレルモからPSGに加入したシリグは2015年まで正GKを務め、イタリア代表でも17キャップを誇る名手だ。しかし、ドイツ代表GKケビン・トラップ(26)の加入に加え、下部組織出身のフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(24)の台頭によりPSGで第3GKに転落すると、今季はセビージャ、オサスナへのレンタル移籍を強いられていた。 ▽トリノは今シーズンにマンチェスター・シティからレンタル移籍で加入していたイングランド代表GKジョー・ハート(30)が退団しており、シリグが新守護神を務めることになる。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、シリグは年俸130万ユーロ(約1億6000万円)の3年契約にサインしたという。 2017.06.27 23:57 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ドルトムントのゲレイロに関心…引退表明のマクスウェルの後釜に

パリ・サンジェルマン(PSG)はドルトムントでブレイクを果たしたポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロの獲得を狙っているようだ。フランス紙『ル・パリジャン』が伝えている。<br><br>PSGは以前、ドルトムントに所属するブンデスリーガ得点王のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得を狙っていると報じられたが、そのオペレーションはPSGでの人事異動で中止となった模様。しかし、ここに来て、新たに就任したポルトガル人のアンテロ・エンリケSD(スポーツディレクター)は左サイドのスペシャリスト、ゲレイロの獲得を目指し、すでに同選手の代理人とも接触したという。<br><br>PSGでは今シーズン、元ブラジル代表で、8月に36歳の誕生日を迎えるDFマクスウェルが公式戦33試合に出場。しかし、今季限りで現役から引退することを表明している。そのため、後釜として昨夏にロリアンからドルトムントに渡り、左サイドバック、左ウィング、インサイドハーフの左側の位置など複数のポジションで実力を発揮したゲレイロの獲得に動き出したと伝えられている。<br><br>また報道によれば、獲得の際にドルトムントがロリアンに支払ったとされる1200万ユーロの2倍以上となる2500万ユーロ(約31億円)の獲得オファーをPSGが提示するそうだ。しかしドイツ誌『キッカー』では、ドルトムントがゲレイロを手放すことはないとの見解が述べられ、現時点でのPSG移籍は現実味がないとされているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG退団のGKシリグがGKハート退団のトリノ加入へ!

▽今季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団するイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(30)がトリノ加入に向けて26日にメディカルチェックを受診するようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 ▽2011年にパレルモからPSGに加入したシリグは2015年まで正GKを務めてきたが、ドイツ代表GKケビン・トラップ(26)と下部組織出身のフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(24)の台頭により第3GKに転落し、今季はセビージャ、オサスナへのレンタル移籍を強いられていた。 ▽今季限りでPSGとの契約が終了するシリグは、イングランド代表GKジョー・ハート(30)が退団して守護神不在のトリノにフリートランスファーで加入することになる見込みだ。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、シリグは26日にメディカルチェックを受診した後、年俸130万ユーロ(約1億6000万円)の3年契約にサインするようだ。 2017.06.27 00:05 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、シティがサンチェス獲得ならアグエロに84億円のオファーか

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(29)の獲得を目論んでいるようだ。イギリス『メトロ』がイギリス『タイムズ』を引用して報じている。 ▽長きにわたりエースとしてチームを牽引してきたアグエロは今シーズン、リーグ戦で31試合20ゴールをマーク。しかし、今年1月のブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの加入により、チーム内での立ち位置が絶対的なものではなくなりかけている。 ▽さらに、シティは現在、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)に関して、合意に達したとの報道が過熱。アグエロ本人は今週、現行契約である2019年6月まで残留すること示唆したが、新たなライバル登場でさらに序列を落とす恐れがある。 ▽伝えられるところによると、PSGはそのアグエロの動向に注視。シティがサンチェスを獲得した場合に備えて、アグエロの引き入れに向けて6000万ポンド(約84億8000万円)のオファーを用意しているという。 ▽また、PSGは、アグエロに対する個人条件も準備している模様。アグエロに対して、シティで現在受け取っている週給22万ポンド(約3100万円)を越えるオファーと同選手を前線の主軸として起用することを条件として、交渉に臨むとのことだ。 2017.06.24 22:23 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、ユナイテッド、ユーベがマルキーニョスに関心

▽パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表DFマルキーニョス(23)の争奪戦が繰り広げられているようだ。ブラジル『GloboEsporte』が報じた。 ▽23歳ながらも世界有数のセンターバックとして評価されているマルキーニョス。『GloboEsporte』によれば、このセレソンに対してマンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バルセロナが獲得に関心を示しているとのことだ。 ▽マルキーニョス獲得に向けて最も高い移籍金を提示しているのがユナイテッドで、7000万ユーロ(約87億円)。最も低い提示額は4000万~4500万ユーロ(約50億~56億円)のバルセロナだとのことだ。 ▽2019年までPSGとの契約を残すマルキーニョス自身は、バルセロナ移籍の夢があると伝えられている。しかし、2018年にロシア・ワールドカップが行われることもあり、もう1シーズンはPSGに残留するとみられている。 2017.06.24 10:28 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース