メスGK川島がリーグデビューも王者PSGがマテュイディの劇的弾で辛勝!《リーグ・アン》2017.04.19 03:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽パリ・サンジェルマン(PSG)は18日、リーグ・アン第31節の延期分でメスとスタッド・サン・サンフォリアンで対戦し、3-2で勝利した。メスの日本代表GK川島永嗣はフル出場し、リーグ戦初出場を飾った。

▽1日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝にPSGが出場したため、順延となっていた一戦。現在、リーグ戦6連勝中と好調の2位PSG(勝ち点74)は、14日に行われた直近のアンジェ戦(2-0)からスタメンを3人変更。パストーレやラビオ、オーリエに代えてルーカス・モウラやモッタ、トマス・ムニエがスタメンに名を連ねた。

▽一方、リーグ戦3戦未勝利のメスは、15日に行われたカーン戦(2-2)からスタメン8人を変更。過密日程の影響で守護神GKディディロンやコアド、ファレットらを温存し、エルディングやミラン、ビシェバツがスタメンに並んだ。また、日本代表GK川島がリーグ戦初先発を飾っている。

▽首位モナコ追走のためにもポイントロスを避けたいPSGは、立ち上がりから相手陣内でのパスにミスが散見され、フィニッシュに持ち込む場面がなかなか作れない。14分には、ルーカス・モウラの左CKから最初の決定機を迎えたが、カバーニが落としを受けたマテュイディのシュートは枠を外れた。

▽圧倒的なボール支配で試合をコントロールするPSGは33分、左サイドをオーバーラップしたマクスウェルのクロスをゴール前フリーのカバーニが頭で叩き込み、先制に成功する。さらに36分には、マクスウェルのスルーパスに反応したマテュイディが縦への突破でゴール左まで持ち上がると、シュートをニアサイドに突き刺した。

▽PSGの2点リードで迎えた後半、ホームチームが最初のチャンスを迎える。47分、メスはFKのこぼれ球を相手陣内で再び奪うと、ディアニェのパスを受けたドゥクレがボックス右からシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。

▽その後、PSGは週末の試合を考慮し61分にディ・マリアを下げてパストーレを投入。さらに76分にはルーカス・モウラに代えてグエデスをピッチに送り出した。しかし、この交代の直後にPSGはセットプレーから失点を許す。78分にペナルティアーク手前でキンベンベが途中出場のディアバテを倒してFKを与えると、こちらも途中出場のジュフルが直接FKをゴール右隅に突き刺した。

▽1点を返されたPSGは82分、ヴェッラッティのロングフィードに抜け出したカバーニが絶妙なトラップからループシュートを狙うが、飛び出したGK川島のプレッシャーに負け、シュートを枠の上に外してしまう。

▽試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたがPSGは一瞬の隙から同点弾を許す。88分、右サイドを持ち上がったサールのアーリークロスをゴール前に走り込んだディアバテがスライディングシュートで合わせると、これがゴール左隅に吸い込まれた。

▽痛恨の同点を許したPSGは、その後猛攻を仕掛けると、後半アディショナルタイム3分にパストーレの右クロスを中央のマテュイディがヘディングシュート。このシュートにGK川島は一歩も動けず、右隅を捉えたボールがゴールネットを揺らした。結局、マテュイディの劇的弾を含む2ゴールなどでメスを下したPSGが、首位モナコにプレッシャーをかけることに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスが26億+ボーナスでマテュイディ獲得へ

▽ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(30)の獲得したようだ。フランス『レキップ』がイタリアメディアをもとに伝えている。 ▽中盤の補強を目指しているユベントスは、今夏マンチェスター・ユナイテッドに移籍したセルビア代表MFネマニャ・マティッチや、PSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、ライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタなどの獲得が噂されてきたが、『レキップ』によると、移籍金2000万ユーロ(約26億円)+ボーナスでマテュイディ獲得に合意に至ったようだ。 ▽伝えられるところによると、PSG側もマテュイディ放出は容認しているようだ。アドリアン・ラビオ、マルコ・ヴェッラッティ、チアゴ・モッタからなる中盤にマテュイディの入る隙間はなく、ウナイ・エメリ監督はU-20フランス代表のクリストファー・エンクンクやU-23アルゼンチン代表のジオバニ・ロ・セルソを重宝しているようだ。 ▽2011年夏にサンテチェンヌから加入したマテュイディは公式戦295試合を数え、33ゴール30アシストを記録。これまで4度のリーグ・アン制覇を含む15ものタイトルを獲得し、2015年にはフランスの最優秀選手に選ばれている。 2017.08.16 21:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ストークがPSGのFWヘセ・ロドリゲスをレンタルで獲得

▽ストーク・シティは16日、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスペイン人FWヘセ・ロドリゲス(24)をレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は1年間。 ▽レアル・マドリーのカンテラ出身であるヘセ・ロドリゲスは、2013-14シーズンに正式にトップチームへ昇格を果たした。昨シーズンにはPSGに加入するも、リーグ戦で先発回数がわずか1試合とウナイ・エメリ監督の信頼を得られず、2017年1月にラス・パルマスにレンタル移籍。リーガエスパニョーラで16試合に出場し、3ゴール1アシストを記録していた。 ▽ストークの最高責任者(CEO)を務めるトニー・スコールズ氏は、クラブ公式サイトでヘセ・ロドリゲスの獲得について以下のようにコメントしている。 「PSGがレンタル移籍を許し、ヘセ・ロドリゲスが我々のクラブへの加入を決断してくれたことに嬉しく思う」 「彼はPSGで幸せな時間を過ごすことはできなかったが、まだ若い選手だ。プレミアリーグで強烈なインパクトを与えることに飢えている」 「間違いなく我々の助けとなる。彼のキャリアがそれを物語っているよ」 2017.08.16 18:44 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、サンチェス獲得に86億円投下か

▽マンチェスター・シティが、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の獲得に向けて、6000万ポンド(約85億7000万円)の移籍金を用意しているという。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、シティはサンチェス獲得に6000万ポンド(約85億7000万円)を用意。加えて40万ポンド(5700万円)の週給にボーナスと肖像権を含めた契約を準備しているという。 ▽アーセナルとの契約が残り1年を切っていることから、サンチェスとの契約延長を急いでいたアーセナルだが、同選手が週給30万ポンド(約4200万円)を要求していることから、交渉は難航しているとみられてきた。しかし、今回シティが用意した週給40万ポンドは、そのサンチェスの要求額を軽く超えるものとなっており、同選手がこのオファーを前向きに検討するのではないかと予測される。 ▽なお、サンチェスに対してはパリ・サンジェルマンも獲得に興味を示しており、フランス『RTL』は、同選手がフランスで目撃されたと報道。こちらは8000万ポンド(約113億8900万円)のオファーを準備し、選手に対してはシティと同額の週給40万ポンド(約5700万円)を用意しているという。 2017.08.15 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

去就決まらぬサンチェスがパリに出現!! PSGと契約交渉か!?

▽アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍に向かっているのかもしれない。スペイン『アス』がフランス『RTL』の報道を引用して伝えている。 ▽アーセナルとの契約が残り1年となっているサンチェス。以前からアーセン・ヴェンゲル監督は、サンチェスとの契約延長を強調してきたが、現在までに合意の発表は行われていない。 ▽イギリスメディアによれば、これまでに数回にわたって契約延長の交渉が行われてきた模様。さらに先日、アーセナルはサンチェス側が求める週給30万ポンド(約4300万円)の条件をのんで、3度目のオファーを提示したと報じられている。 ▽ところがフランス『RLT』によると、サンチェスがパリに現れたようで、移籍交渉を行っているのではないかと報じている。また同メディアは、アーセナルが頑なに放出を拒んできたが、PSGが巨額のオファーを出せば、アーセナルも容認することになるだろうとしている。 ▽なお、イギリス『インディペンデント』は先日、PSGがサンチェス獲得に向けて8000万ポンド(約113億8900万円)のオファーを準備していると報道。さらに、選手に対してはアーセナルが提示した金額よりも多い週給40万ポンド(約5700万円)でオファーを出すと報じている。 ▽今夏の移籍市場でバルセロナからブラジル代表FWネイマールをワールドレコードとなる2億2200万ユーロ(約287億1800万円)で引き抜いたPSGだけに、サンチェスへの関心が本当ならば、移籍金はさらに高額となるかもしれない。 2017.08.15 08:50 Tue
twitterfacebook
thumb

T・シウバが加入噂のムバッペを歓迎、ネイマールにはバロンドール受賞サポートを約束

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表のDFチアゴ・シウバはフランスメディア『キャナル・プリュス』のインタビューにおいて、モナコのFWキリアン・ムバッペの加入を希望している。<br><br>今夏、PSGは世界最高額とされる2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でバルセロナからブラジル代表FWネイマールを獲得。さらに移籍市場の閉幕する31日までに、新たなビッグディールとしてフランスの新星ムバッペ獲得を目指していると見られる。各国強豪クラブから熱視線を受ける18歳の逸材の加入をT・シウバは歓迎している。<br><br>「ムバッペはいつでもゴールを狙いに行くタイプだし、ドリブルも非常に上手い。PSGのようなクラブにおいて重要な選手になれると思う。テレビで見た感じからすると、賢い選手じゃないかな」<br><br>また今夏、バルセロナへの移籍が噂されたイタリア代表のMFマルコ・ヴェッラッティについては、「会長がカギをかけて部屋に閉じ込めて出られないようにした。僕らは選手を売るべきではない。良いチームを作り上げるためにもっと買うべきだ」と冗談ながらに話している。<br><br>そして最後にT・シウバはブラジル代表の後輩ネイマールのPSG加入の舞台裏についても明かしている。<br><br>「ネイマールには毎日電話していた。彼は正しい決断をしたと僕は思う。パリには幸せになるためのすべてが揃っている。彼はよく笑う選手か? 世界で1番高額な選手だし、世界最高峰のクラブでプレーするのだから、ずっと笑っているのが普通だろう。朝起きてから夜寝るまでね。ネイマールはバロンドールを受賞できると思う。そのためにここへ来たのだから、皆で彼を手助けしたい」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 21:53 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース