ストーク、元イングランド代表DFグレン・ジョンソンと2018年まで契約延長2017.04.19 02:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ストーク・シティは18日、元イングランド代表DFグレン・ジョンソン(32)との契約を2018年まで延長したことを発表した。

▽新たな契約にサインしたジョンソンは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「クラブから契約延長の打診を受けた時、答えを決めるのは簡単なことだった。僕はストークに加入してから、いい時間を過ごせている。2年前に加入した時からクラブやサポーターは僕を歓迎してくれた。ここは最高のクラブだよ」

▽2015年の夏にリバプールからストークに加入したジョンソンは、これまで公式戦50試合にチームの主力としてプレー。この活躍を受け、クラブは加入時に付随していた1年間の契約延長オプションの行使を打診。これにジョンソンが合意したため、今回の契約延長に至った。

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場のコウチーニョ&フィルミノ弾のリバプールがストークに逆転勝利《プレミアリーグ》

▽リバプールは8日、プレミアリーグ第32節でストーク・シティとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節ボーンマス戦を2-2の引き分けに持ち込まれた3位リバプール(勝ち点60)は、ボーンマス戦のスタメンから3選手を変更。コウチーニョとフィルミノの主力2選手をベンチスタートとし、ウッドバーンとアーノルドの両若手を起用してきた。 ▽3連敗中の12位ストーク・シティ(勝ち点36)に対し、[5-3-2]の守備的な布陣で臨んだリバプールはマティプを5バックの中央に据え、バックラインの右にアーノルド、左にクライン、中盤アンカーにカン、インサイドにワイナルドゥムとミルナーを配置し、2トップにオリジとウッドバーンを起用した。 ▽開始3分にディフェンスライン裏を取られたシャキリにネットを揺らされたものの、オフサイドで助かったリバプールだったが、出足の鋭いストークに押し込まれる展開を強いられる。 ▽何とか重心を下げて凌ぐリバプールだったが、守備に追われて攻撃の枚数が足りず、フィニッシュに持ち込む形を作れない状況が続いた。 ▽そんな中、27分に右足ハムストリングを痛めたジョー・アレンに代わりアダムを投入せざるを得なくなったストークに28分、アルナウトビッチに枠内シュートを浴びせられる。 ▽さらに32分にはロブレンのクリアが中途半端になったところをアルナウトビッチに決定的なボレーシュートを許すも、わずかに枠を外れて助かったリバプールだったが、44分についに失点する。シャキリが右サイドを突破してボックス右ゴールライン際から右足で上げたクロスをニアのウォルタースにヘディングで決められた。 ▽低調だったリバプールは後半からアーノルドとウッドバーンに代えてコウチーニョとフィルミノを投入する。そのリバプールが攻勢に出ていたが、52分にCKの流れからワイナルドゥムがクリアミスを犯してアダムにゴール至近距離からシュートを打たれるも、GKミニョレが好守で凌いだ。 ▽その後、徐々に勢いを失っていったリバプールはオリジに代えてスタリッジを投入。すると70分、カンのフィードはDFにカットされたものの、ルーズボールをボックス中央のコウチーニョがゴール左へ蹴り込み、試合を振り出しに戻した。さらに2分後、ワイナルドゥムのロングフィードに抜け出したフィルミノがペナルティアーク右から右足を一閃。強烈なドライブシュートがGKグラントの頭上を越えてネットを揺らし、リバプールが逆転に成功した。 ▽直後、ベラヒノのゴール至近距離からのシュートをGKミニョレがビッグセーブで防いだリバプールは終盤にかけて敵陣でプレーし、2-1で逃げ切り。途中出場2選手のゴールでリバプールが3位を堅守する逆転勝利を飾っている。 2017.04.09 01:05 Sun
twitterfacebook
thumb

滅多に見られない珍事?! CKのチャンスが相手FKに変更されたワケは?

▽4日に行われたプレミアリーグ第31節のバーンリーvsストーク・シティで、なかなかお目にかかれないハプニングが起きていた。 ▽サッカーの試合を観ている方ならば、月日が経っても記憶に残っている印象的なシーンがそれぞれあるものだ。そして、長年に渡って話題に挙がり、受け継がれていくものもある。そんなシーンを、ストークのMFチャーリー・アダムが起こしていた。 ▽0-0で迎えた48分、ストークは右CKを獲得する。正確なキックを武器とするアダムがキッカーを務めるためにボールをセット。ボックス内では選手たちが激しくポジションを争う中、突然副審がフラッグを振り、バーンリーにFKが与えられた。 ▽なかなか理解が難しい判定だったが、キッカーのアダムがクロスを上げようとした瞬間にスリッピーなピッチに足をとられ転倒。その際に、自身の足でボールに触れていたものの、アダムは位置がズレたボールを手で元の位置に戻し、再びクロスを上げようと助走をとった。 ▽何気ないアダムの行動に一瞬見逃しそうになった副審だったが、様子をうかがいながらも主審にアピール。アダムは蹴る素振りを見せたものの、苦笑いをしながらその場を去っていった。 ▽ストークもクラブ公式ツイッターで「クリスマスのDVDのためのもの」とアダムの珍事をイジったが、試合は0-1で敗れてしまい、なんとも言えないオチまでつく試合となってしまった。 2017.04.05 19:31 Wed
twitterfacebook
thumb

エンディディのプレミアリーグ初ゴールにヴァーディの豪快ボレーがさく裂!! レスターが快勝で公式戦5連勝!!《プレミアリーグ》

▽4月1日にプレミアリーグ第30節のレスター・シティvsストーク・シティが行われ、2-0で勝利した。日本代表FW岡崎慎司は先発で起用され、72分までプレーしている。 ▽ラニエリ前監督を解任後、公式戦で4連勝を飾るなど勢いを持っている15位のレスター(勝ち点30)が、キング・パワー・スタジアムに9位のストーク・シティ(勝ち点36)を迎えた。ホームのレスターは[4-4-2]のフォーメーションを採用し、岡崎はヴァーディと共に前線に配された。 ▽試合はレスターが前線から激しくプレッシングを仕掛けて主導権を握りにかかる。すると7分には左サイドからのクロスがボックス内のエンディディに当たってこぼれたところを攻め上がったベナルアンが右足で狙う。最初のチャンスを作り出したレスターだったが、ボールは枠を捉えきれずにチャンスを逸した。18分にはロングボールを岡崎がヘディングで落として、これにヴァーディが合わせるも決めきれない。 ▽しかし25分、中盤でボールを受けたエンディディがそのまま盛り上がると、ミドルレンジから放ったシュートがゴールネットに突き刺さる。エンディディのプレミアリーグ初ゴールで試合を優勢に進めていたレスターが先制に成功した。その後も主導権を握るレスターだったが、前半は1点リードのまま終えることとなった。 ▽後半もレスターが試合のペースを握ると、47分に追加点を奪う。右サイドのシンプソンが入れたクロスを、ボックス内のヴァーディがダイレクトボレーで叩き込んだ。 ▽2点差とされたストークは、54分にクラウチを送り込んで前線の起点を作る。しかし、そのクラウチにボールが入る回数は少なく、試合の流れを引き寄せられない。レスターも72分に岡崎を下げてアマーティを送り出すなど、重心を下げていく。焦りの見えるストークを尻目に、レスターが主導権を握ったままうまく時間を消化していった。 ▽結局最後まで危なげない試合運びを見せたレスターが、そのままタイムアップに持ち込み勝ち点3を獲得。一方のストークは2戦未勝利となった。 2017.04.02 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ストーク戦を振り返るコンテ監督「大きな勝利だ」

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、18日のストーク・シティ戦での勝利を「非常に大きな勝利」と振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽現在、プレミアリーグで首位を快走するチェルシー。18日にはプレミアリーグ第29節で9位のストークとのアウェイ戦に臨んだ。試合は13分にMFウィリアンの直接FKでチェルシーが先制するも、前半37分にDFギャリー・ケイヒルがPKを与えてしまい、同点に追いつかれてしまう。それでも、82分にDFダビド・ルイスのヘディングシュートのこぼれ球をケイヒルが押し込み、勝ち越しに成功。2-1で勝利したチェルシーが、リーグ3連勝を飾った。 ▽試合後、コンテ監督はこの時期にアウェイ戦を制したことに満足感を示した。以下のようにコメントしている。 「確かにこれは大きな勝利だ」 「ストークのような高いクオリティを持ち、組織的にも優れているチームに対して、この時期に勝利することは簡単ではない。我々は、試合開始から終了まで勝利を目指す姿勢を見せることができたと思っている。選手たちがそれも見せてくれたので、非常に嬉しいね。でも、彼らがこの試合に勝つための準備はしっかりとできていた」 「我々はリーグ戦2試合をアウェイで戦った。そして、シーズンのこの時期に両方の試合を勝利できたことは、非常に重要なことだ。それは簡単なことではない」 「(今節のストーク戦を含めて)残り10試合、リーグ優勝のために我々は、勝ち点21を確実に取る必要がある。けど、この勝利は非常に大きい」 2017.03.19 13:26 Sun
twitterfacebook
thumb

PK献上のケイヒルが土壇場で意地の決勝弾! 首位チェルシーがストーク撃破で3連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第29節、ストーク・シティvsチェルシーが18日にBet365スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。 ▽ジエゴ・コスタの2試合連続ゴールなどで2連勝の首位チェルシー(勝ち点66)は、2位トッテナム(勝ち点56)、3位マンチェスター・シティ(勝ち点56)と10ポイント差を付けて首位を快走中。また、13日に行われたFAカップ準々決勝ではマンチェスター・ユナイテッドを撃破し、ベスト4進出を果たしている。 ▽そして、絶好調の首位チームは、直近のリーグ戦でシティと引き分けている9位ストークとのアウェイゲームに臨んだ。コンテ監督はこの一戦に向けてユナイテッド戦から先発1人を変更。負傷のアザールに代わって、ペドロを先発に復帰させ、3トップはペドロ、ジエゴ・コスタ、ウィリアンの並びとなった。 ▽互いにやや慎重な入りを見せた中、攻め切れない時間が続くチェルシーだったが、13分にセットプレーから先制点を奪う。マルコス・アロンソの仕掛けで得た相手陣内左サイド深くの位置で得たFK。この場面でキッカーのウィリアンは、完全にクロスを予想した相手GKリー・グラントの隙を突き、空いていたニアポストに低くて速いシュート。GKグラントの手を弾いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽この試合最初のチャンスをゴールに結び付けたチェルシーは、その後も危なげなく試合をコントロール。20分過ぎにはカウンターからモーゼス、カンテと続けてシュートを浴びせる。さらに30分には左CKのサインプレーの流れからモーゼスの浮き球スルーパスに抜け出したマルコス・アロンソがゴール前でGKと一対一になるが、ここはGKグラントのビッグセーブに阻まれ、追加点には至らなかった。 ▽ここまで相手にシュートを一本も打たせない余裕の展開が続くチェルシーが、アンソニー・テイラー主審の続け様の不可解な判定から同点に追いつかれる。 ▽まずは33分、ストークのCKの流れから完全にオンサイドのマルティンス・インディがゴールネットを揺らすが、副審がオフサイドの判定。この場面ではオフサイドポジションに居たベラヒノがDFアスピリクエタをプッシングした場面もあり、うやむやな判定でゴールが取り消しに。だが、直後の37分、ストークのFKの場面でウォルタースを後方から軽く押したDFケイヒルがファウルを取られ、ストークに帳尻合わせのようなPKが与えられる。これをキッカーのウォルタースが冷静に蹴り込んだ。結局、前半は1-1のイーブンで終了した。 ▽迎えた後半もボールを保持するチェルシーが押し込む展開が続くが、粘り強く守るストークを崩し切れない。アザール不在で遅攻の精度を欠く中、背後を狙うジエゴ・コスタに縦パスを狙う、やや単調な攻撃に終始。66分にはボックス手前で得たFKの場面で、意表を突いてマルコス・アロンソが直接左足を振り抜くが、このシュートはクロスバーを叩く。 ▽何とか勝ち切りたいチェルシーは70分、モーゼスを下げてセスクを投入。この交代でシステムを[4-3-3]に変更し、攻勢を強める。76分にはショートカウンターからウィリアンのラストパスを受けたペドロがボックス左からシュートを放つが、GKグラントの好守に阻まれる。 ▽試合終盤にかけて相手の反撃に晒されるなど、苦しい状況が続くチェルシーは、82分にマティッチを下げてロフタス=チークを投入。すると、土壇場の87分に勝ち越しゴールが生まれる。CKの場面でダビド・ルイスがヘディングシュート。これをゴール前のDFピータースがクリアし損ねてゴール前にこぼれると、ケイヒルが冷静に蹴り込んだ。 ▽その後、ウィリアンに代えてズマを投入し、再び[3-4-3]に戻して逃げ切りを図るチェルシーが、相手の反撃をきっちり凌ぎ切って2-1の勝利。アザール不在で苦しみながらも勝ち切ったチェルシーがリーグ戦3連勝でまた一歩プレミア制覇に近づいた。 2017.03.19 02:14 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース