ストーク、元イングランド代表DFグレン・ジョンソンと2018年まで契約延長2017.04.19 02:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ストーク・シティは18日、元イングランド代表DFグレン・ジョンソン(32)との契約を2018年まで延長したことを発表した。

▽新たな契約にサインしたジョンソンは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「クラブから契約延長の打診を受けた時、答えを決めるのは簡単なことだった。僕はストークに加入してから、いい時間を過ごせている。2年前に加入した時からクラブやサポーターは僕を歓迎してくれた。ここは最高のクラブだよ」

▽2015年の夏にリバプールからストークに加入したジョンソンは、これまで公式戦50試合にチームの主力としてプレー。この活躍を受け、クラブは加入時に付随していた1年間の契約延長オプションの行使を打診。これにジョンソンが合意したため、今回の契約延長に至った。

コメント

関連ニュース

thumb

ストークの演出家ジョー・アレン、4年間の新契約にサイン!

▽ストーク・シティは18日、ウェールズ代表MFジョー・アレン(28)との契約更新を発表した。期間は4年間となる。 ▽ウェールズ代表としても活躍するジョー・アレンは、2007年にスウォンジー・シティでプロデビュー。2012年8月にリバプール移籍を果たした後、2016年夏からストークに活躍の場を移した。今シーズンは公式戦38試合で4得点7アシスト。チームに欠かせないボールの繋ぎ手として、不動の地位を確立している。 ▽長期契約を勝ち取ったジョー・アレンは、クラブ公式サイトで「シーズンが終わって、トニー・スコールズ(最高経営責任者)と話をしたとき、クラブに売却の意思がなく、僕を必要としていることを明かしてくれた。クラブの姿勢や、僕の幸福度を考えても、簡単な決断だった」とコメントしている。 2018.06.18 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

2部降格ストーク、今夏ウルブスが買い取ったFWアフォベを半年間のレンタルで獲得!

▽来シーズンからチャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するストーク・シティは12日、ウォルバーハンプトンからDRコンゴ代表FWベニク・アフォベ(25)を買い取り義務付きの半年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽アーセナルのアカデミー出身のアフォベは、いくつかのクラブへのレンタル移籍を経て2015年にチャンピオンシップのウォルバーハンプトンに加入。その後、2016年にはボーンマスに完全移籍で加入したものの、今年1月に買い取りオプション付きのレンタルで再び古巣に復帰し、チャンピオンシップ16試合の出場で6ゴールを挙げる活躍をみせ、クラブのチャンピオンシップ優勝と共にプレミアリーグ昇格に貢献した。 ▽そして、今夏にウォルバーハンプトンは買い取りオプションを行使してボーンマスからアフォベを完全移籍で獲得したものの、すぐさま売りに出すことになった。 2018.06.13 04:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールド、ストークからエジプト代表FWソブヒを獲得!

▽ハダースフィールドは12日、ストーク・シティからエジプト代表FWラマダン・ソブヒ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年となる。 ▽2016年にエジプトのアル・アハリからストークに加入したソブヒは、利き足は異なるもののサラーと同様に個の打開力に優れた右利きのドリブラー。ストークでは左ウイングを主戦場に、今季は公式戦27試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。 ▽現在、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むエジプト代表に選出されているソブヒは今月3日に代表チームの許可を得てハダースフィールドのメディカルチェックを受診していた。 ▽ハダースフィールドを率いるデイビッド・ワーグナー監督はクラブ公式サイトでソブヒ獲得に関して以下のようなコメントを残している。 「ラマダン・ソブヒをハダースフィールドに迎え入れることができて嬉しいよ。彼は21歳の若さにも関わらず、代表チームで20試合以上に出場している多彩なタレントだ。そして、国を代表してワールドカップにも出場する」 2018.06.13 04:07 Wed
twitterfacebook
thumb

2部降格のストーク、リオ五輪で日本から4得点のナイジェリア代表MFエテボを獲得!

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したストーク・シティは11日、ポルトガルのフェイレンセからナイジェリア代表MFオゲネカロ・エテボ(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は5年間で、移籍金は720万ユーロ(9億3000万円)と明かしている。 ▽2013年に母国ナイジェリアのワリ・ウルブズでプロデビューしたエテボは、2016年1月にフェイレンセに移籍。フェイレンセでは主力として公式戦52試合に出場し9ゴールをマーク。今冬にはラス・パルマスにレンタル移籍で加入し、リーグ戦14試合に出場していた。 ▽また、17歳の頃に飛び級でナイジェリア代表に選出されたエテボは、2016年8月に行われたリオデジャネイロ・オリンピックにU-23ナイジェリア代表で出場。グループリーグ第1節のU-23日本代表戦では4ゴールを記録し、チームを勝利に導いた。 ▽なお、エテボは14日から行われるロシア・ワールドカップ(W杯)のナイジェリア代表にも選出されている。 2018.06.12 00:35 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、降格ストークからプレミア残留希望のシャキリ獲得か

▽リバプールがストーク・シティに所属するスイス代表MFジェルダン・シャキリ(26)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽シャキリは2015年夏にインテルからストークに加入。3年目となった今シーズンはプレミアリーグ36試合8ゴール7アシストを記録したが、クラブはリーグで19位に沈み、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格が決定した。 ▽伝えられるところによると、ストークとの現行契約を2020年まで残しているシャキリには降格した場合に有効となる1200万ポンド(約17億円)から1350万ポンド(約19億円)のリリース条項がある模様。シャキリ自身も最近「隠すまでもないが、クラブを去るつもりだ」と退団の意向を明かし、プレミアリーグ残留を希望していた。 ▽シャキリに関しては、現在トッテナム、サウサンプトンらも獲得に興味を抱いている模様。リバプールはリヨンのフランス代表FWナビル・フェキル(24)との獲得に迫っているとされているが、果たして移籍は実現するのだろうか…。 2018.06.07 20:00 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース