ストーク、元イングランド代表DFグレン・ジョンソンと2018年まで契約延長2017.04.19 02:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ストーク・シティは18日、元イングランド代表DFグレン・ジョンソン(32)との契約を2018年まで延長したことを発表した。

▽新たな契約にサインしたジョンソンは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「クラブから契約延長の打診を受けた時、答えを決めるのは簡単なことだった。僕はストークに加入してから、いい時間を過ごせている。2年前に加入した時からクラブやサポーターは僕を歓迎してくれた。ここは最高のクラブだよ」

▽2015年の夏にリバプールからストークに加入したジョンソンは、これまで公式戦50試合にチームの主力としてプレー。この活躍を受け、クラブは加入時に付随していた1年間の契約延長オプションの行使を打診。これにジョンソンが合意したため、今回の契約延長に至った。

コメント

関連ニュース

thumb

ヘセのプレミアデビュー弾に沈んだアーセナルが鬼門ブリタニアを攻略できず…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節のストーク・シティvsアーセナルが19日にBet365スタジアム(ブリタニア・スタジアム)で行われ、ホームのストークが1-0で勝利した。 ▽11日に行われた開幕戦でレスター・シティに4-3で勝利したアーセナルは、その試合からスタメンを2人変更。エルネニーとホールディングに代えてムスタフィとラムジーをスタメンで起用。[3-4-3]を採用し3トップは前節同様、エジル、ラカゼット、ウェルベックと並べた。 ▽一方、開幕節のエバートン戦を惜敗したストークは、その試合からベラヒノとボージャンに代えて共に新加入のヘセ・ロドリゲスとチュポ=モティングがスタメンに名を連ねた。 ▽立ち上がりはホームチームが押し込む展開となるが、アーセナルが落ち着いた対応でこれを凌ぐ。すると19分、セットプレーの流れからバイタルエリア左でボールを受けたチェンバレンが浮き球のパスを供給。これに反応したウェルベックがゴール左からダイレクトシュートで流し込んだが、GKバトランドの好セーブに防がれた。 ▽対するストークは21分、中盤からドリブルで持ち上がったヘセがボックス右深くまで持ち込みクロスを供給。これを中央に走り込んだチュポ=モティングがダイレクトで合わせたが、ジャストミートせずにボールはGKチェフがキャッチした。 ▽25分、ホームチームにアクシデント。左足を痛めたシャキリがプレー続行不可能となり、ベラヒノが投入された。すると27分、アーセナルはセットプレーから決定機。チェンバレンがボックス左手前で獲得したFKからクロスを供給。ファーサイドに走り込んだラムジーが右足で合わせたが、これはGKバトランドが体でブロック。 ▽その後も互いに相手ゴールに迫るも、ゴールを奪うには至らずゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半は、開始早々に試合が動く。47分、中盤でボールを受けたヘセがドリブルで持ち上がると、左のベラヒノへ展開。パスを受けたベラヒノが素早くボックス左へつなぐと、走り込んだヘセがダイレクトで流し込み、ストークが先制した。 ▽先制を許したアーセナルは、66分にコラシナツを下げてジルーを投入。すると直後の67分、エジルのパスをボックス手前のジルーがワンタッチでつなぐと、これに抜け出したウェルベックに決定機が生まれたが、滑り込みながらのシュートは飛び出したGKバトランドのブロックに阻まれた。 ▽猛攻を続けるアーセナルは72分にゴールネットを揺らす。チェンバレンのパスをボックス手前のジルーがヒールで流すと、相手DFにディフレクトしたボールをゴール前で受けたラカゼットが反転から左足のシュートをゴールへ突き刺した。しかし、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽同点弾が遠いアーセナルは、79分にラカゼットとジャカを下げてウォルコットとイウォビをピッチに送り出す。後半アディショナルタイム4分には、モンレアルの左クロスからジルーがヘディングシュートを放ったが、これも枠を外れ万事休す。 ▽ヘセのプレミアデビュー弾で鬼門攻略を逃がしたアーセナルが、今季初黒星を喫した。 2017.08.20 03:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ストークがPSGのFWヘセ・ロドリゲスをレンタルで獲得

▽ストーク・シティは16日、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスペイン人FWヘセ・ロドリゲス(24)をレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 ▽レアル・マドリーのカンテラ出身であるヘセ・ロドリゲスは、2013-14シーズンに正式にトップチームへ昇格を果たした。昨シーズンにはPSGに加入するも、リーグ戦で先発回数がわずか1試合とウナイ・エメリ監督の信頼を得られず、2017年1月にラス・パルマスにレンタル移籍。リーガエスパニョーラで16試合に出場し、3ゴール1アシストを記録していた。 ▽ストークの最高責任者(CEO)を務めるトニー・スコールズ氏は、クラブ公式サイトでヘセ・ロドリゲスの獲得について以下のようにコメントしている。 「PSGがレンタル移籍を許し、ヘセ・ロドリゲスが我々のクラブへの加入を決断してくれたことに嬉しく思う」 「彼はPSGで幸せな時間を過ごすことはできなかったが、まだ若い選手だ。プレミアリーグで強烈なインパクトを与えることに飢えている」 「間違いなく我々の助けとなる。彼のキャリアがそれを物語っているよ」 2017.08.16 18:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーニーの復帰弾で新生エバートンが白星スタート!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ開幕節、エバートンvsストーク・シティが12日にグディソン・パークで行われ、1-0でホームのエバートンが勝利した。 ▽今夏ルカクを放出もルーニーの復帰やクラーセン、サンドロ・ラミレス、マイケル・キーンなど、大型補強を敢行した昨季7位の新生エバートンは、ホームでの開幕戦で13位のストークと対戦した。注目の先発メンバーでは、GKピックフォードやキーン、クラーセン、ルーニー、サンドロと今夏獲得した5人を早速起用し、ルーニーとサンドロを2トップに配した[3-5-2]の布陣を採用した。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続くが、徐々にボールを保持して相手を押し込むエバートンは、ルーニーを起点にグイエやサンドロがフィニッシュに絡んでいく。 ▽互いに中盤での潰し合いが目立ち、なかなか決定機まで持ち込めない中、前半終了間際のアディショナルタイム1分、13年ぶりのグディソン・パーク凱旋を果たした新10番が先制点をもたらす。グイエとのパス交換でゴール前に走り込んだルーニーは、サンドロを経由して右サイド深くでボールを持ったカルバート=ルーウィンのクロスを冷静に頭で流し込んだ。 ▽ルーニーの復帰弾で先手を奪ったエバートンは、後半も冷静に試合をコントロールする。前がかりになり始めたストークの攻撃を冷静に受けつつ、ルーニーが背後を狙うサンドロやカルバート=ルーウィンに決定的なミドルレンジのパスを何本も通すが、名手バトランドが守るゴールをあと一歩で崩し切れない。 ▽その後、クラーセンやサンドロを下げてトム・デイビス、ミララスと昨季までの主力をピッチに送り出すエバートンに対して、ストークは長身FWクラウチと先日加入が決定したチュポ=モティングをピッチに送り出し、反撃に転じる。 ▽試合終盤にかけてはクラウチとチュポ=モティングを使ったシンプルな長いボールでペースを掴んだストークの時間が続くが、試合終了間際にシャキリが放った枠の右上隅を捉える強烈なミドルシュートを新守護神ピックフォードが圧巻のビッグセーブで防ぎ、試合はこのままタイムアップ。 ▽13年ぶりの復帰を果たしたルーニーの復帰弾で勝ち切った新生エバートンが、白星スタートを飾った。なお、エバートンは次節にルーニーのかつてのライバル、マンチェスター・シティとのビッグマッチに臨む。 2017.08.13 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ジローナがストークからムニエサをレンタルで獲得

▽ジローナは11日、ストーク・シティのスペイン人DFマルク・ムニエサ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。期間は1年間となっている。 ▽バルセロナのカンテラ出身であるセンターバック兼左サイドバックのムニエサは、2013年夏にストークへ移籍。これまで公式戦67試合に出場して3ゴールを記録し、2016-17シーズンはプレミアリーグ10試合の出場で1ゴールをマークしていた。 ▽新シーズン、リーガエスパニョーラ初昇格を果たしたジローナは、提携先のマンチェスター・シティからU-20ブラジル代表MFドウグラス・ルイス、スペイン人MFアレイクス・ガルシア、コロンビア代表FWマルロス・モレーノらを獲得している。 2017.08.11 23:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ストーク、蘭代表DFマルティンス・インディをポルトから獲得

▽ストーク・シティは11日、ポルトからオランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディ(25)を5年契約で獲得したことを発表した。移籍金は770万ユーロ(約9億9000万円)とのことだ。 ▽2005年にフェイエノールトのユースに入団したマルティンス・インディは、2014年夏にポルトに移籍するまで公式戦118試合に出場。各年代のオランダ代表でセンターバックを務めてきた逸材は、昨季にストークへレンタル加入すると、高さとパワーを持ち味に、加入以降全試合に出場しディフェンスの最終ラインに君臨した。 ▽クラブのトニー・スコールズCEOはマルティンス・インディの加入の喜びを次のように語った。 「ブルーノと契約できてうれしく思っている。ブルーノは レンタル期限が終わったとき、ここにとどまりたいという願望を隠さなかった。ポルトとの取引では辛抱強くしなければならなかったが、我々はこの結果に本当に満足しているよ」 2017.08.11 22:40 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース