ミラン、モンテッラ監督と契約延長へ2017.04.19 01:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは同クラブを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督との契約延長に動くようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。

▽『スカイ・スポルト』によると、モンテッラ監督は18日の夕方からミランのオフィスでクラブ・ディレクターを務めるマルコ・ファッソーネ氏やマッシモ・ミラベリ氏と会談を行い、自身の新契約や来シーズンに向けたミーティングを行うという。

▽昨年6月にクリスティアン・ブロッキ前監督の後任として、ミランの指揮官に就任したモンテッラ監督は、GKジャンルイジ・ドンナルンマやFWスソら若手選手を中心としたチーム作りへシフトすると、ヨーロッパリーグ出場権が得られる5位のアタランタと、2ポイント差の6位(勝ち点58)につけている。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、カリニッチ獲得へ 「NK」イニシャル付きの歓迎ツイート

▽フィオレンティーナに所属するクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(29)のミラン加入が決定的になった。 ▽ミランは20日、ツイッターを更新。「NK」のイニシャルとクロアチア国旗の絵文字と共に、「WELCOME TO MILAN」とのつぶやきを投稿した。「NK」のイニシャルとクロアチア国旗から推測すると、かねてより加入が噂されるカリニッチに宛てたものとみられる。 ▽今夏の積極補強が際立つミランは、新たなターゲットとして、昨シーズンのセリエA15得点を記録したカリニッチ獲得に向けた動きが伝えられてきた。渦中のカリニッチはフィオレンティーナの練習を欠席。20日に行われたセリエA開幕節のインテル戦もメンバーから外れている。 ▽なお、19日付けの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、移籍金はレンタル料と買取金を合わせて2500万ユーロ(約32億1000万円)。21日にもミラン加入に向け、メディカルチェックを受けるとみられている。 2017.08.21 10:25 Mon
twitterfacebook
thumb

クトローネが全得点に絡む活躍でミランがVAR退場のクロトーネに快勝《セリエA》

▽ミランは20日、セリエA第1節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽昨季6位のミランは今夏、中国資本となって大型補強を敢行。ヨーロッパリーグ(EL)・プレーオフ1stレグのシュケンディヤ戦では早速その効果が表れ、6-0と大勝した。EL出場を確実とした中、シュケンディヤ戦のスタメンから4選手を変更。アンドレ・シウバやモントリーボらがベンチスタートとなってR・ロドリゲスやムサッキオ、クトローネらがスタメンとなった。 ▽3トップに右からスソ、クトローネ、ボリーニと並べる[4-3-3]で臨んだミランは、開始3分にPKを獲得する。クトローネがボックス中央に抜け出しところをチェッケリーニに引っ張られて倒された。主審はイエローカードを提示していたが、ミラン陣営の抗議によってビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が適用され、一発レッドカードに判定が変わった。 ▽このPKをケシエがゴール左隅に決めて先制したミランは10人となったクロトーネを一方的に攻め立てていく。そして18分に突き放した。スソがゴールライン右から上げた右足でのクロスをニアサイドのクトローネがヘディングで流し込んだ。 ▽その後、21分のピンチをGKドンナルンマの好守で防いだミランは、24分に3点目を奪いきる。クトローネが浮き球パスに抜け出してマイナスに折り返したパスをボックス左のスソがゴール右にシュートを突き刺した。 ▽ハーフタイムにかけてもミランが敵陣でのプレーを続け、3点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もハーフコートゲームを展開したミランは、61分にクトローネに代えてアンドレ・シウバを、68分にコンティに代えてアバーテを投入した。 ▽すると終盤の87分にはアンドレ・シウバの強烈なボレーシュートが枠を捉えたが、GKの正面を突いた。そして、試合終了間際の直接FKをドンナルンマが防いだミランが3-0で快勝。クトローネが全得点に絡む活躍を見せ、10人の相手を難なく下して快勝スタートとしている。 2017.08.21 05:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランがウィルシャー獲得に名乗り…本人はプレミアでのプレーを希望との報道も

イタリアメディア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じたところによると、ミランがアーセナルに所属するMFジャック・ウィルシャーに関心を示しているようだ。<br><br>昨シーズン、ボーンマスへの期限付き移籍を経て、アーセナルに戻ったウィルシャー。しかし、現時点でウィルシャーはアーセナルのトップチームで出場機会が得られず、プレミア開幕週にはBチームの一員として下部リーグの公式戦に出場していた。<br><br>ウィルシャーはロシア・ワールドカップを前にイングランド代表への返り咲きを狙っているが、アーセナルではアピールの場がないことから、今夏の再移籍が有力視されている。<br><br>しかし、ミランからの関心についてウィルシャー本人は乗り気ではなく、イギリス国内でプレーする道を希望しているとの報道もある。<br><br>同選手にはミランのほか、アストン・ビラ、ウェストハム、ユベントス、サンプドリア、アンタルヤシュポルなども関心を示しているとされる。アーセナルとの契約は2018年6月までとなっており、ウィルシャーがどのような道を選ぶのか。移籍市場が閉幕する8月31日まで、いつ再移籍が決定してもおかしくない状況となっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.08.20 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ、ミランで公式戦デビュー…ELプレーオフで大勝に「正しい方向へ進んでいる」

現地時間17日に行われた、ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグで、ミランはマケドニア1部のシュケンディヤと対戦し、6-0の大勝を収めた。DFレオナルド・ボヌッチがデビュー戦を振り返った。<br><br>今夏にユベントスから4200万ユーロ(約53億円)で加入したボヌッチもこの試合にフル出場。「素晴らしい気分だったよ。チームは本当にうまくやった。まだまだ改善が必要だけど、チームは正しい方向に進んでいると思う」と試合後に語り、ミランでの初戦を振り返った。<br><br>さらに、ボヌッチは新加入ながらヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のチームでキャプテンを任されている。古巣でもあり、王者でもあるユベントスとの差を縮めるために何が必要か、チームメイトに助言したという。<br><br>「毎回勝利するために調子を上げなければいけないし、簡単な試合がないということをチームに伝えたが、 彼らはすでに理解していたんだ。ただ、ユベントスのレベルに達するまでには、やるべきことがたくさんあるね」<br><br>ミランはこの日、新加入アンドレ・シウバの先制点を皮切りに前半だけで3ゴール。さらに後半に入っても攻撃の手を緩めず3ゴールを追加し、大勝を飾った。現地時間24日に、EL本戦出場を懸けてアウェイの2ndレグに臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.18 22:31 Fri
twitterfacebook
thumb

A・シウバ&モントリーボが共に2発! ミランが6発圧勝で本戦出場決定的に!《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグ、ミラン(イタリア)vsシュケンディヤ(マケドニア)が17日に行われ、ホームのミランが6-0で圧勝した。 ▽今夏、驚愕の大型補強を行い、移籍市場の話題をさらった新生ミランは、EL本戦出場を懸けたプレーオフ初戦でシュケンディヤと対戦した。モンテッラ監督はこの一戦に新キャプテンのボヌッチ、新10番のチャルハノール、A・・コンティ、ボリーニ、ケシエ、アンドレ・シウバと6人の新戦力を起用した。 ▽開始直後にケシエ、ボヌッチと相手ゴールに迫ったミランは13分、厚みのある攻めからコンティのシュートのこぼれ球に反応したゴール前のアンドレ・シウバが冷静にゴール右隅へシュートを流し込み、早々に先制点を奪う。 ▽勢い付くミランは25分、ボックス手前好位置で得たFKの場面でスソが左足で直接狙うと、枠の右隅を捉えたシュートは相手GKの好守に阻まれるが、こぼれ球にいち早く反応したモントリーボがきっちり押し込み、2点目を奪取。直後の28分にはボックス内でDF3人に寄せられながらも強靭なフィジカルで持ち堪えてゴール前に抜け出したアンドレ・シウバが2点目のゴールを奪い、前半を余裕の3点リードで終えた。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないミランは、立ち上がりから相手ゴールに迫るも、相手GKのファインセーブなどに遭い、開始早々のゴールとはならず。それでも、67分に右サイドからの低いクロスを中央のアンドレ・シウバがファーに流したボールをボリーニが冷静に蹴り込んで後半最初のゴールを奪うと、69分にはスソのシュートのこぼれを伏兵アントネッリが流し込み、本戦出場を大きく手繰り寄せる5点目を奪った。 ▽その後、今週末のセリエA開幕を睨んでチャルハノール、コンティ、スソを下げてボナヴェントゥーラ、アバーテ、クトローネをピッチに送り出したミランは、アンドレ・シウバにトリプレッタ、クトローネに公式戦初ゴールのチャンスが訪れるも、これを決めきれない。 ▽それでも、85分にはアバーテから縦パスを足元に受けたモントリーボが鮮やかな反転からアンドレ・シウバに続きドッピエッタを達成。試合終了間際には途中出場のボナヴェントゥーラが右大腿部を痛めて自らピッチを去るアクシデントも起きたが、10人のミランは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って6-0の圧勝。EL本戦出場を確実とすると共に、来週敵地で行われる2ndレグで主力を温存する余裕を得た。 2017.08.18 05:42 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース