【ELプレビュー】ベスト4進出のカギはアウェイゴール! 崖っぷちの内田シャルケは逆転なるか2017.04.20 09:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝2ndレグが20日の日本時間28:05から開催される。ヨーロッパ各国の強豪8チームが、ベスト4進出を懸けて戦う準々決勝第2戦の展望を紹介していく。

★チェルシー撃破で勢いづくユナイテッドは逃げ切れるか
Getty Images
▽先週に行われた優勝候補マンチェスター・ユナイテッドとベルギーの雄、アンデルレヒトの1stレグは、1-1のドローとなった。予想通り、試合の主導権を握ったユナイテッドは、36分にMFムヒタリャンのゴールで貴重なアウェイゴールを奪取。だが、ここから省エネモードに入ったアウェイチームは、再三の決定機を逸し、試合を殺せず。すると、86分にカウンターからMFデンドンカーが見事なヘディングシュートを決め、唯一の枠内シュートをゴールに結び付けたホームチームが土壇場でドローに持ち込んだ。

▽今シーズンの課題である試合を決める追加点を奪えず、先勝を逃したユナイテッドだが、アウェイゴールを奪うという、最低限のノルマをこなし、アドバンテージを持ってホームでの2ndレグに臨む。今季はオールド・トラフォードで勝ち切れないことが多いものの、直近のリーグ戦ではリーグ首位のチェルシー相手にモウリーニョ監督が採用したマンマーク戦術が完璧に機能し、FWイブラヒモビッチ、ムヒタリャンら一部主力を温存した中、2-0の見事な完勝を収めた。この重要な勝利で間違いなくチームに勢いが付くはずだが、その一方で非常にインテンシティの高い戦いを強いられたため、中3日で行われるこの一戦に向けてコンディション面が気がかり。恐らく、モウリーニョ監督はチェルシー戦を欠場したムヒタリャン、同じく途中出場のイブラヒモビッチを復帰させるなど、ターンオーバーを採用する見込みだが、その用兵がベスト4進出のカギを握るはずだ。

▽一方、粘り強い戦いでドローに持ち込み敵地での2ndレグに向けて望みを繋いだアンデルレヒトは、16日に行われたベルギーリーグ優勝プレーオフ第3節でオーステンデ相手に1-0の勝利を収め、好調を維持。ユナイテッドとの1stレグで戦列復帰のエースFWテオドルチクも先発でプレーしており、この2ndレグでも先発起用が濃厚だ。

▽両チームの勝ち抜け条件は、ユナイテッドが勝利で文句なし。ゴールレスドローでもアウェイゴール数の差で突破が決まる。一方、アンデルレヒトは勝利か、2点以上を奪ってのドローでも突破が決まる。1-1のドローとなった場合のみ延長戦に突入する。(延長戦でもアウェイゴールが適用)

★敵地で完敗の内田シャルケ逆転なるか
Getty Images
▽下馬評ではシャルケ優位の声もあった中で行われたアヤックスホームでの1stレグは、ヤングアヤックスがMFクラーセンの2ゴールでシャルケを一蹴し、ベスト4進出に大きく近づいた。

▽敵地で完敗したシャルケは、熱狂的なホームでの2ndレグで逆転突破を目指すことになる。しかし、直近のリーグ戦では最下位のダルムシュタット相手にFWブルクシュタラーのPK失敗などが響き、試合終了間際の失点でまさかの敗戦。公式戦連敗という厳しい状況で今回の一戦を迎えることになる。また、1stレグで負傷したDFコラシナク、累積警告のDFケフラーとサイドバックに離脱者が出ており、ダルムシュタット戦でリーグ戦約2年ぶりのベンチ入りを果たしたDF内田篤人に出場機会が訪れる可能性もあるかもしれない。

▽対して格上相手にスコア以上の内容で先勝したアヤックスは、直近のリーグ戦でもクラーセンやFWドルベアのゴールなどでヘーレンフェーンに5-1の大勝を収めており、若きチームは更なる勢いを持って敵地ヴェルティンス・アレーナに乗り込む。

▽両チームの勝ち抜け条件は、シャルケが3点差以上での勝利。一方、アヤックスは引き分け以上で文句なし。また、アウェイゴールを奪っての2点差以内での敗戦でも突破が決まる。なお、シャルケが2-0で勝利した場合のみ、延長戦に突入する。

★先勝セルタ優位もアウェイゴールの影響は?
Getty Images
▽スペイン勢最後の砦として準々決勝初戦に臨んだセルタは、ホームでいきなり先制される苦境を味わうが、MFシスト、FWアスパス、FWグイデッティの3ゴールで前半のうちに逆転。その後、後半に1点を返されたが、3-2で先勝した。

▽アウェイゴール2点献上もベスト4進出に王手をかけたセルタは、直近のグラナダ戦でエースのアスパスら多くの主力を温存した中、代役のFWボーヴュらの活躍で3-0の快勝を収め、好調を継続。敵地での2ndレグに向けて勢いを持って臨むことができるが、1stレグで負傷交代したグイデッティら一部主力のコンディションが懸念材料だ。それでも、ベリッソ仕込みのハードワークを軸とする守備はソリッドで、きっちりゲームプラン通りに進められれば、逃げ切りは十分可能だ。

▽一方、敵地で敗れるも貴重なアウェイゴールを持ち帰ったヘンクは、約1カ月ぶりの公式戦だったことを考えれば、上々の結果といえる。1stレグの戦いで試合勘が戻り、相手に比べてコンディション面で優位に立つ。1stレグでは攻撃が機能した一方、守備面では相手のハイインテンシティのスタイルに苦戦。とりわけ、アスパスらを起点としたカウンターへの対策は十分に行いたいところだ。

▽両チームの勝ち抜け条件は、セルタが引き分け以上で文句なし。また、アウェイゴール3点以上を奪っての1点差負けでも突破が決まる。一方、ヘンクは1-0か、2点差以上の勝利で逆転でのベスト4進出となる。なお、ヘンクが3-2で勝利した場合のみ、延長戦に突入する。

★リヨン優位もイスタンブール決戦は激戦必至
Getty Images
▽CL常連同士の強豪対決初戦となったリヨンホームでの1stレグは、試合前にスタンドで爆竹や発煙筒を投げ合った両サポーターの小競り合いの影響で、一部サポーターがピッチ内になだれ込むなど、警備上の問題を引き起こし、試合が45分遅れでスタートする波乱の幕開けとなった。立ち上がりからリヨンペースで進んだものの、機転を利かせたMFタリスカのリスタートからFWバベルのゴールでベシクタシュが先制に成功。だが、その後も猛攻を続けたリヨンが、セットプレーからMFトリッソ、相手GKのミスからDFモレルが試合終盤に続けてゴールネットを揺らし、ホームチームが鮮やかな逆転劇で先勝した。

▽アウェイゴールを許すも勢いが出る勝ち方でアドバンテージを手にしたリヨンだが、直近のバスティア戦では1stレグのベシクタシュ戦に続き、相手サポーターがピッチ内に侵入し、選手を攻撃する暴挙に出たことで、試合が中止されるまさかの事態となった。体力面では消耗を避けられた一方、公式戦2試合連続で混乱に見舞われた選手たちのメンタル面が気がかりなところ。とりわけ、アウェイチームにとって“地獄”と形容される熱狂のイスタンブールでの2ndレグでは、空港到着から試合開始まで多くのストレスに晒されるだけに、チーム全体のメンタルが試される一戦となるはずだ。2ndレグに向けてはDFラファエウが出場停止となる一方、出場停止明けの主将MFゴナロンの復帰は朗報だ。主砲FWラカゼット、司令塔MFヴァルブエナと共に経験豊富な同選手の復帰によって、経験の少ない若手センターバックコンビなど、若手プレーヤーが自信を持ってプレーできるはずだ。

▽一方、出場停止のFWアブバカル、負傷のFWクアレスマなど、一部主力不在の影響で守勢の1stレグを強いられたベシクタシュは、逆転負けを喫したものの、試合内容を考えれば、アウェイゴール1点を持ち帰っての1点差負けは上々の結果とも言える。先週末にリーグ戦がなかったため、休養十分で得意のホームゲームに臨めるベシクタシュだが、アブバカルに加えて、ディフェンスリーダーのDFマルセロが出場停止と1stレグに続きベストメンバーを組めない点が痛い。前回対戦で露呈したように中盤での主導権争いでは分が悪いだけに、1stレグで奪ったアウェイゴールのアドバンテージを生かしつつ、1-0で勝ち切るようなクローズな展開に持ち込みたい。基本的には守備的に戦いつつ、メリハリを付けたプレッシングからバベルらの個人技を生かしたカウンター、タリスカの黄金の左足から繰り出すプレースキックで何とかリヨンゴールをこじ開けたい。

▽両チームの勝ち抜け条件は、リヨンが引き分け以上で文句なし。また、アウェイゴール2点以上を奪っての1点差負けでも突破が決まる。一方、ベシクタシュは1-0か、2点差以上の勝利で逆転でのベスト4進出となる。なお、ベシクタシュが2-1で勝利した場合のみ、延長戦に突入する。

コメント

関連ニュース

thumb

【戦術分析】注目は主導権争い、ネイマール不在のバルサが採用すべきシステムは?《レアル・マドリー vs バルセロナ》

▽リーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーvsバルセロナの“エル・クラシコ”が日本時間23日27:45にサンティアゴ・ベルナベウでキックオフされる。5シーズンぶりのリーガ制覇を目指す首位のマドリー(勝ち点75)と、リーガ3連覇を狙う2位のバルセロナ(勝ち点72)がリーガ覇権争いを決定付ける今季2度目の伝統の一戦だ。ここでは注目の一戦のタクティカルプレビューを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆注目の主導権争い</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170422_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨年12月に行われた前回対戦(1-1のドロー)では、より勝ち点3が必須だったホームのバルセロナがボールの主導権を握った。とりわけ、1点リード後の後半半ばに負傷明けのMFイニエスタを投入したことで、後半に関してはボール、試合の双方でバルセロナが主導権を掴んだ。その一方で、マドリーも八面六臂の活躍を見せたMFモドリッチを軸に、前半に関しては守備的ながら試合の主導権を掴むことに成功していた。今回のクラシコも前回対戦同様に勝ち点など試合前の条件が似通っており、同じような展開が予想される。 <span style="font-weight:700;">◆攻守両面でバランスを保てるか</span></span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170422_43_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽1試合未消化ながら3ポイント差を付けて臨むマドリーにとって、最優先は負けないことだ。したがって、リスクを冒してボールを保持し、不用意なボールロストからFWメッシやFWスアレスに高速カウンターを浴びる形は避けたいところ。その一方で、2試合連続で“MSN”を零封したユベントスほどの堅守を持ち合わせないマドリーが、極端に守備的に戦うのもリスクが大きく、ジダン監督には堅守速攻を軸にバランスが取れた戦い方が求められる。 ▽基本的なゲームプランとしては、勢いを持って戦える前後半の立ち上がり10分を目途に、相手の後方からのビルドアップをけん制し、相手をリズムに乗らせない対応が求められる。そして、前回対戦同様に自陣でコンパクトな[4-4-2]のブロックを構築し、MFカゼミロを軸にきっちり中央を締めて、メッシやスアレスのプレーエリアを消したい。また、バルセロナの攻撃に高さがないため、サイドの守備ではピンポイントクロスを許さないぐらいの圧力を掛けつつ、スアレス以外に背後を狙う選手が少ないため、最終ラインはある程度の高さをキープしておきたい。 ▽攻撃に関しては、相手のシステムによって攻めどころが変わってくるが、基本は自陣で奪ったボールを相手サイドバック、ウイングバックの背後のスペースを狙うFWクリスティアーノ・ロナウド、FWベンゼマらのアタッカーをシンプルに使い、手数をかけずに攻め切りたい。また、どうしても相手が攻め込む時間が長くなる展開の中で速攻一辺倒になると、守備陣が休む時間が無くなってしまう。そこで、守備のためのボールポゼッションで試合を落ち着かせ、攻撃にもメリハリを付けたい。MFイスコやモドリッチ、MFクロース、DFマルセロなど、ボールスキルに長けた選手たちはバイエルン相手にも臆せず、相手のプレッシャーをいなせていただけに、対バルセロナでも不安はない。 ▽クラシコに向けての注目ポイントの1つが、ジダン監督の用兵だ。とりわけ、ふくらはぎのケガの影響でスタメンが微妙なMFベイルの代役に注目が集まる。現時点でベイルに加え、イスコ、MFアセンシオ、FWルーカス・バスケス、MFハメス・ロドリゲスの4選手に起用の可能性があるが、バイエルン戦を踏襲してイスコを起用しポゼッション重視の策を取るのか。献身的な守備を特長とするバスケスを起用して守備的に戦うのか、アセンシオ、ハメスを起用して攻め勝つ展開に持ち込むのか。 <span style="font-weight:700;">◆ネイマール不在を埋める指揮官の策は?</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170422_42_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、逆転でのリーガ3連覇に向けて敵地での勝利が最低条件のバルセロナだが、ここ最近の不調に加えて、後半戦のチームをけん引してきたFWネイマール不在という厳しい条件の中でクラシコに臨む。同じくベイルという看板選手不在の可能性もあるマドリーが、イスコやアセンシオなど、頼れるバックアッパーを擁している一方、バルセロナには世界屈指の突破力を誇るアタッカーの代役はおろか、ビッグクラブの守備陣相手に個で打開を図れるドリブラー自体が存在しない。したがって、ルイス・エンリケ監督にはシステム変更や選手の組み合わせなど、自身の戦術でブラジル代表FWの穴を埋めることになる。 ▽システムに関しては、通常の[4-3-3]、可変式の[3-4-3]が基本線となるはずだ。戦術的に熟成している[4-3-3]を採用する場合、ネイマール不在の左ウイングにFWパコ・アルカセル、MFデニス・スアレスのいずれかを当てはめることになるが、共にネイマールと全くプレースタイルが異なる。そのため、前者はメッシからの対角線上のクロスを仕留めるFWカジェホン、FWペドロが得意とするダイアゴナルな仕掛け、後者はMFイニエスタ、DFジョルディ・アルバと形成するトライアングルからのコンビネーションプレーという、それぞれの特長を生かすためにチーム全体での共通理解が重要となる。 ▽守備時に[4-4-2]に変化する可変式の[3-4-3]に関しては、豊富な運動量に加え優れた個の打開力を持つネイマール、ラフィーニャの存在あってこそのシステムという印象があり、右ウイングのポジションに関してはMFセルジ・ロベルトが代役を務められるが、ネイマールが入るはずの左ウイングに関しては適任者が不在だ。また、トップ下に入るメッシがカゼミロ、モドリッチの徹底監視に遭う可能性が高く、攻撃から守備への切り替えにも弱点がある同システムの採用はデメリットも多い。 ▽そこで[4-3-3]の布陣と共に有力な候補となるのが、[3-5-1-1]の布陣だ。現状のメンバーを軸に、左右のウイングバックにサイドバックのセルジ・ロベルトとジョルディ・アルバを配し、前線はメッシとスアレスが縦関係を築く2トップとなる。前線の枚数やサイドアタックの迫力という部分で前述の2つのシステムに比べ、守備的と言わざるを得ない。それでも、ネイマール不在の中で頼りない代役に賭けるよりも、思い切ったプラン変更が吉と出る可能性もある。 ▽このシステムでは各ポジションのプレーヤーが攻撃時と守備時で大きくポジションを変える必要がなく、ウイングバックに入る選手も上下動と幅を取る動きに専念できる。ただ、攻撃の厚みや意外性という部分を解決するうえでは、トップ下でフリーマンを担うメッシの運動量や2列目、3列目からの積極的な飛び出しなど、中央に入る選手たちのハードワークが求められる。 2017.04.23 09:01 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】マドリーの勢いか、バルサの意地か? リーガの覇権を決定付ける伝統の一戦《レアル・マドリー vs バルセロナ》

▽リーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーvsバルセロナの“エル・クラシコ”が日本時間23日27:45にサンティアゴ・ベルナベウでキックオフされる。5シーズンぶりのリーガ制覇を目指す首位のマドリー(勝ち点75)と、リーガ3連覇を狙う2位のバルセロナ(勝ち点72)がリーガ覇権争いを決定付ける今季2度目の伝統の一戦だ。 ▽1試合未消化ながら3ポイント差を付けて首位の座をキープするマドリーは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、バイエルン戦で120分間の激闘を2戦合計6-3で制し、見事に7年連続の準決勝進出を決めた。バイエルン戦の勝利で勢いづくホームチームは、今回のクラシコでもバルセロナを蹴散らしてシーズン2冠に前進したい。ホームゲーム2連戦に加え、中4日と相手よりも準備期間は1日多いものの、バイエルンと120分の激闘を戦った影響は大きく、一部主力のコンディションが懸念されるところだ。 ▽一方、ミッドウィークのCL準々決勝2ndレグではユベントスの堅守を前にカンプ・ノウで一矢報いることも叶わず、ショックが残るCL敗退となったバルセロナ。コパ・デル・レイと共にわずかながら可能性を残すリーガ3連覇に向けては、敵地での必勝が求められる。今季最大の大一番に向けては、前々節のマラガ戦での主審侮辱で3試合の出場停止を科されたFWネイマールの欠場が確定しており、後半戦の攻撃陣をけん引してきたブラジル代表FWなしで宿敵からゴールを奪い、勝利することが求められる。ユベントスとの2試合で沈黙したエースFWメッシ、スアレス、ネイマールの代役を担うFWアルカセルやMFデニス・スアレスらの奮起に加え、ルイス・エンリケ監督がいかなるシステムを採用するかが重要なポイントになりそうだ。 ▽なお、昨年12月に行われた前回対戦ではバルセロナがスアレスのゴールで先制するも、レアル・マドリーが試合終了間際のセットプレーからDFセルヒオ・ラモスが劇的同点ゴールを記録し、1-1のドローに終わっていた。 <div style="text-align:center;">◆レアル・マドリー◆ 【4-3-1-2】</div> ▽レアル・マドリー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170422_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ケイロル・ナバス DF:カルバハル、ナチョ、セルヒオ・ラモス、マルセロ MF:モドリッチ、イスコ、カゼミロ、クロース FW:ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド 負傷者:DFヴァラン、ペペ、MFベイル 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては、ヴァランとペペのセンターバックコンビが引き続き欠場となる。また、ふくらはぎのケガで直近のバイエルン戦を欠場したベイルについては練習復帰したものの、ベンチスタートが濃厚だ。 ▽システムに関しては、バイエルン戦で採用したイスコをトップ下に配した[4-3-1-2]か、通常の[4-3-3]のいずれかを採用することになる。 <div style="text-align:center;">◆バルセロナ◆ 【3-5-1-1】</div> ▽バルセロナ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170422_37_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:テア・シュテーゲン DF:ピケ、マスチェラーノ、ユムティティ MF:セルジ・ロベルト、ラキティッチ、ブスケッツ、イニエスタ、ジョルディ・アルバ FW:メッシ、スアレス 負傷者:DFビダル、マテュー、MFアルダ、FWラフィーニャ 出場停止者:FWネイマール(2/3) ▽前々節のマラガ戦でレフェリーへの侮辱発言を行ったネイマールが、3試合の出場停止処分の2試合目で欠場となる。負傷者に関しては今季絶望のビダル、ラフィーニャに加えて、マテューの欠場が決定。その一方で、内転筋を痛めていたアルダに関してはベンチ入りが可能なようだ。 ▽システムに関しては[4-3-3]か、可変式の[3-4-3]、[3-5-1-1]のいずれかを採用することになる。ただ、[3-4-3]に関しては、システムを機能させるキーマンであるネイマール、ラフィーニャの不在の影響が大きく、現状のメンバーでは[3-5-1-1]か、[4-3-3]の採用がベターな選択肢か。 ★注目選手 ◆レアル・マドリー:FWクリスティアーノ・ロナウド<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170422_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽マドリーの注目プレーヤーは、絶対的エースのC・ロナウドだ。今季はユーロ2016で負ったケガの影響で序盤戦は得点力不足に陥るも、ここまで公式戦31ゴール12アシストと、シーズン後半へと進むごとに調子を上げている。とりわけ、“マドリッド・ダービー”、FIFAクラブ・ワールドカップ決勝、直近のCL準々決勝バイエルン戦と、ビッグマッチでいずれもハットトリックを記録する、圧巻の勝負強さを見せている。 ▽また、今季に入って見逃せないのが、得点以外の貢献だ。卓越したスプリント能力を生かした裏への抜け出しからのラストパスや高精度のキックを生かしたピンポイントクロス、要所で見せる相手DFを引っ張るデコイの動きと、チャンスメーカーとしても一流の働きを披露。加えて、“ビッグマッチ限定”ではあるが、ジダン体制下で守備面の貢献も見せている。とはいえ、宿敵に引導を渡すことが求められるクラシコでは、試合を決めるフィニッシャーとしての活躍が最も期待されるところだ。 ◆バルセロナ:MFセルヒオ・ブスケッツ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170422_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、バルセロナの注目プレーヤーは、エースのメッシ、エースFWスアレスではなくブスケッツだ。今季は度重なるケガや、より縦への意識が強まるチーム戦術の影響でここ数年に比べ存在感が希薄となっているが、攻守のバランスを整えるうえで卓越した戦術眼とテクニックを兼ね備えた司令塔の存在感は絶大だ。 ▽直近のユベントスとの2ndレグでは相手の堅守をこじ開けられず、ゴールレスドローに終わったものの、攻守に抜群のポジショニングでチームのバランスを整えたブスケッツのプレーは秀逸だった。仮に、1stレグを累積警告で欠場せず、指揮官がDFマテューを抜擢する迷采配をしていなければ、違う結果もあったのではないかと、推察させる。今回の一戦ではユベントス戦同様にゴールが求められる展開の中で、攻撃面では的確なポジショニングと正確なパスで相手のプレッシャーをいなす働き、守備面では相手の強力なカウンターの起点を潰す重要な役割が求められる。 2017.04.23 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミア第34節プレビュー】FAカップウィーク、チェルシーは中2日でセインツ戦

▽前節は、マンチェスター・ユナイテッドが首位のチェルシーを2-0で撃破。ボーンマスに勝利した2位のスパーズがチェルシーとの勝ち点差を4ポイントに縮めた。そのほか、上位勢では、マンチェスター・シティ、リバプール、アーセナルが揃って勝利している。今節はFAカップ準決勝が開催されるため、チェルシーvsスパーズとアーセナルvsマン・シティにかかわる試合が延期となる。 ▽独走ムードから一転、スパーズのプレッシャーが強まるチェルシー(勝ち点75、1試合未消化)は、土曜日に行われるスパーズとのFAカップを終えた後の火曜日、9位のサウサンプトン(勝ち点40、2試合未消化)をホームに迎える。ユナイテッド戦では、GKクルトワに加えて、直前練習でマルコス・アロンソが負傷。同じ3バックシステムを採用してきたユナイテッドに完敗し、今季5敗目を喫した。中9日と休養十分の相手に対し、チェルシーは疲弊確実の強豪戦から中2日という厳しい日程。これまで比較的楽な日程で戦ってきたチームだが、ここにきてコンテ監督のマネジメント力が問われる。 ▽5位のユナイテッド(勝ち点60、2試合未消化)は、14位のバーンリー(勝ち点36)とアウェイで対戦。木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでは延長戦の末、ラッシュフォード弾でアンデルレヒトを退けてベスト4入りを決めた。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ、ELとリーグ戦の両にらみの状況だが、アンデルレヒト戦でロホとイブラヒモビッチが負傷。不動のレギュラーとしてチームをけん引してきたイブラヒモビッチはもちろん、フィル・ジョーンズ、スモーリングが離脱中でセンターバック不足な中でロホも離脱したのは非常に痛い。イブラヒモビッチの代わりにセンターフォワードで起用されるとみられるラッシュフォード、そしてロホの代役となりそうなブリントのパフォーマンスに注目だ。 ▽3位のリバプール(勝ち点66)は、15位に位置するクリスタル・パレス(勝ち点35)をアンフィールドに迎える。マンチェスター勢の上に位置しているものの、2ポイント差のシティは1試合、6ポイント差のユナイテッドは2試合未消化のため、まだまだCL出場権獲得は簡単ではない状況。ホームのここは、3ポイントを奪っておく必要があるだろう。2戦連続ゴール中のフィルミノに引き続き期待がかかる。 ◆プレミアリーグ第34節 ▽4/22(土) 《23:00》 ボーンマス vs ミドルズブラ ウェストハム vs エバートン スウォンジー vs ストーク・シティ ハル・シティ vs ワトフォード ▽4/23(日) 《22:15》 バーンリー vs マンチェスター・ユナイテッド 《24:30》 リバプール vs クリスタル・パレス ▽4/25(火) 《27:45》 チェルシー vs サウサンプトン ▽5/16(火) 《27:45》 アーセナル vs サンダーランド 《28:00》 マンチェスター・シティ vs WBA ▽5/18(木) 《27:45》 レスター・シティ vs トッテナム 2017.04.21 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第33節プレビュー】今季最大の大一番“エル・クラシコ”! 乾エイバルはビルバオとの自治州ダービー

▽先週に行われた第32節では、首位レアル・マドリー、2位バルセロナの2強が苦しみながらも共に勝利、暫定3ポイント差をキープして今季最大の大一番“エル・クラシコ”を迎えることになった。一方、2強以外の上位陣では3位アトレティコ・マドリーがオサスナ、6位ビルバオがラス・パルマスに快勝。だが、4位セビージャ、5位ビジャレアル、7位ソシエダ、8位エイバルがいずれも勝ち点を取りこぼす波乱があった。 ▽迎えた第33節、最大の注目カードは言わずもがな首位レアル・マドリー(勝ち点75)と、2位バルセロナ(勝ち点72)がサンチャゴ・ベルナベウで激突する今季2度目の“エル・クラシコ”だ。なお、昨年12月に行われた前回対戦ではバルセロナがFWスアレスのゴールで先制するも、レアル・マドリーが試合終了間際のセットプレーからDFセルヒオ・ラモスが劇的同点ゴールを記録し、1-1のドローに終わっていた。 ▽今回の一戦を前に両チームは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグというビッグマッチを戦ったが、レアル・マドリーがバイエルンとの120分の激闘を制し、準々決勝進出を果たした一方、バルセロナはユベントスの堅守を前にカンプ・ノウでゴールレスドローに終わり、1stレグの大敗を挽回できず、無念の準々決勝敗退を強いられた。 ▽バイエルン戦の勝利で勢いづくホームのレアル・マドリーは、今回のクラシコでもバルセロナを蹴散らしてシーズン2冠に前進したいところだが、1試合未消化で3ポイント差という状況を考えれば、最優先は負けないことだ。また、中4日と相手よりも準備期間は1日多いものの、バイエルンと120分の激闘を戦った影響は大きく一部主力のコンディションが懸念されるところ。とりわけ、DFペペとDFヴァランの2センターバックが負傷を抱えているセンターバックにはバックアップがおらず、懸念材料の1つだ。また、欠場濃厚のMFベイルの代役にMFイスコを起用し、ポゼッションを高めるのか、攻守にハードワークできるFWルーカス・バスケスを起用して守備的に戦うのか、ジダン監督の用兵にも注目が集まる。 ▽一方、ユベントスの堅守を前にカンプ・ノウで一矢報いることも叶わず、ショックが残るCL敗退となったバルセロナは、コパ・デル・レイと共にわずかながら可能性を残すリーガ3連覇に向けて必勝が求められる今季最大の大一番に臨む。このビッグマッチではマラガ戦での主審侮辱で3試合の出場停止を科されたFWネイマールの欠場が確定しており、後半戦の攻撃陣をけん引してきたブラジル代表FWなしで宿敵からゴールを奪い、勝利することが求められる。ユベントスとの2試合で沈黙したエースFWメッシ、スアレス、ネイマールの代役を担うFWアルカセルやMFデニス・スアレスらの奮起に加え、ルイス・エンリケ監督がいかなるシステムを採用するかが重要なポイントになりそうだ。 ▽逆転優勝は難しいものの、CLストレートインに向けて着実に勝ち点を伸ばしたい3位アトレティコ(勝ち点65)は、2連勝でヨーロッパリーグ(EL)出場圏内に肉薄する9位エスパニョール(勝ち点49)とのアウェイゲームに臨む。ミッドウィークのCL準々決勝2ndレグでは敵地でレスター・シティと1-1のドローで終え、見事に2年連続ベスト4進出を決めたシメオネ率いるチームだが、同試合でDFフアンフラン、DFフィリペ・ルイスの両サイドバックが負傷。手を負傷したフィリペ・ルイスに関しては起用可能な見込みだが、今季絶望のDFヴルサリコに加え、フアンフランを欠くことになった右サイドバックは、左利きのDFリュカ、センターバックが本職のDFホセ・ヒメネスのいずれかを起用せざるを得ない。古巣対戦となるキケ・フローレス監督は前回対戦でもゴールレスドローに持ち込んでおり、アトレティコにとってはタフな一戦になるはずだ。 ▽前節、バレンシア相手にドローゲームを演じ、アトレティコとの勝ち点差が3ポイントに広がった4位セビージャ(勝ち点62)は、降格圏の19位に低迷するグラナダ(勝ち点20)とのホームゲームに挑む。前述のバレンシア戦では崩しの切り札であるFWビトロが負傷交代し、得点力不足に悩むサンパオリ率いるチームにとっては痛恨だ。そのため、今回の一戦では代役の活躍に加え、MFエンゾンジやMFイボーラといった長身プレーヤーを生かしたクロスやロングボールが重要な攻め手になるかもしれない。一方、トニー・アダムス新監督の初陣となったセルタ戦を0-3で完敗したグラナダは、攻守両面で低調なパフォーマンスに終始しており、その敗戦からどこまで修正できるか、元アーセナルのレジェンドの手腕に注目が集まる。 ▽その他の注目カードは、EL出場権を争う8位エイバル(勝ち点50)と6位ビルバオ(勝ち点53)が激突するバスク自治州ダービー。前節、難所ベニト・ビジャマリンでベティスに完敗し、連勝が「3」でストップすると共に6試合ぶりの敗戦を喫したエイバルは、逆転でのEL出場権獲得に向けてバスクの雄、ビルバオをホームに迎えるこのダービーでの勝ち点3奪取が必須。前回対戦で1-3の敗戦を喫したことに加え、ビルバオは直近のラス・パルマス戦でベテランFWアドゥリス、MFムニアインがいずれもドブレテを記録し、5-1の大勝を飾っており、この一戦では守備陣の奮闘がカギを握る。また、ベティス戦ではベンチスタートとなったものの、MFペドロ・レオンに決定機を供給するなど、まずまずの活躍を見せたMF乾貴士の先発復帰が濃厚。乾としてはこのダービーでチームを勝利に導く働きを見せたいところだ。 ▽また、残り6試合となり熾烈を極める残留争いでは、最下位オサスナ(勝ち点17)と18位スポルティング・ヒホン(勝ち点22)の直接対決に注目。現在、残留圏内の17位レガネス(勝ち点27)との勝ち点差は、オサスナが10ポイント、ヒホンが5ポイントと、いずれも今回の直接対決で勝ち点3奪取が必須となる。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第33節》 ▽4/21(金) 《28:00》 セビージャ vs グラナダ ▽4/22(土) 《20:00》 マラガ vs バレンシア 《23:15》 ビジャレアル vs レガネス 《25:30》 オサスナ vs スポルティング・ヒホン 《27:45》 エスパニョール vs アトレティコ・マドリー ▽4/23(日) 《19:00》 ソシエダ vs デポルティボ 《23:15》 セルタ vs ベティス 《25:30》 ラス・パルマス vs アラベス 《27:45》 レアル・マドリー vs バルセロナ ▽4/24(月) 《27:45》 エイバル vs ビルバオ</div> 2017.04.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】モナコ絶対的優位もドルトムントがクラブ史上初の快挙を目指す《モナコvsドルトムント》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝2ndレグ、モナコvsドルトムントが、日本時間19日27:45からスタッド・ルイ・ドゥで開催される。敵地でアウェイゴール3点を奪って先勝したモナコが絶対的優位の中で迎える第2戦で、崖っぷちのドルトムントがクラブ史上初の快挙を目指す。 ▽ドルトムントのチームバスが爆破事故に巻き込まれ、DFバルトラが負傷する悲劇に見舞われた中、1日延期で行われた1stレグは、両クラブとサポーターが連帯を示すエモーショナルな一戦となった。試合はアウェイのモナコがFWムバッペと相手のオウンゴールで前半に2点を先行。だが、後半に入って盛り返したドルトムントが、57分にMF香川のアシストからMFデンベレのゴールで1点を返す。その後、ホームチームのミスからムバッペに2点目が生まれるも、ドルトムントは84分に香川の個人技で再び1点差に迫り、白熱の初戦はアウェイのモナコが3-2で制した。 ▽試合後にトゥヘル監督、選手たちが認めたようにテロ事件のショックが大きく、ホームで厳しい敗戦を強いられたドルトムントだったが、直近のフランクフルト戦では戦列復帰したMFロイスのゴールなどで3-1の快勝を収め、きっちり立て直しに成功。ドルトムントはCLの舞台でホームでの初戦を落とした場合、常に敗退してきたが、テロ事件をクラブ一丸となって乗り越えようとする強い気持ちが、新たな歴史を作るはずだ。 ▽一方、相手のミスを着実に生かし、新星FWムバッペの2ゴールなどで先勝したモナコは、直近のディジョン戦では大苦戦を強いられるも、FWファルカオの直接FKからのゴールを含む見事な2つのプレースキックで逆転勝利を飾り、国内リーグ首位の座もキープした。敵地での1stレグを制したUEFA主催大会12試合すべてで勝ち抜きを決めているモナコは、大きな自信を胸にこの一戦に臨む。 ▽両チームの勝ち抜けの条件は、モナコが引き分け以上で文句なし。また、アウェイゴール3点を奪っているため、2失点以内での1点差負けでも突破が決まる優位な状況だ。一方、ドルトムントは2点差以上の勝利か、アウェイゴール4点以上を奪っての1点差での勝利で逆転での突破が決まる。なお、ドルトムントが3-2で勝利した場合のみ、延長戦へ突入する。(延長戦でもアウェイゴールが適用) <div style="text-align:center;">◆モナコ◆ 【4-4-2】</div> ▽モナコ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170418_32_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:スバシッチ DF:アルマミー・トゥーレ、グリク、ジェメルソン、メンディ MF:ベルナルド・シウバ、モウティーニョ、バカヨコ、ルマール FW:ファルカオ、ムバッペ 負傷者:DFシディベ、MFボスキリア、FWカリージョ 出場停止者:DFファビーニョ ▽サスペンション明けのバカヨコが復帰する一方、1stレグで警告を受けたファビーニョが入れ替わりで出場停止となる。また、長期離脱のボスキリアに加え、虫垂炎のシディベが1stレグに続き欠場となる。その一方で、打撲の影響で1stレグを欠場したメンディがDFラッジに代わって先発復帰する見込みだ。 <div style="text-align:center;">◆ドルトムント◆ 【4-1-4-1】</div>▽ドルトムント予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170418_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK;ビュルキ DF:ピシュチェク、パパスタソプーロス、ギンター、シュメルツァー MF:ヴァイグル MF:デンベレ、香川、ラファエウ・ゲレイロ、ロイス FW:オーバメヤン 負傷者:DFバルトラ、ドゥルム、MFゲッツェ、ローデ、FWシュールレ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはシュールレやドゥルムに加え、1stレグでバス襲撃事件に巻き込まれ、腕を骨折したバルトラが引き続き欠場となる。その一方で、直近のフランクフルト戦で戦列復帰したロイスが先発に戻ってくる見込みだ。 ▽システムに関しては、守備時と攻撃時に並びが変わる[4-1-4-1]の可変システムの採用が濃厚だ。スタメンに関しては、最終ラインとアンカーのヴァイグル、デンベレ、ロイスのアタッカーコンビ、1トップのオーバメヤンが当確と見られている。その一方、インサイドハーフのポジションについては香川、カストロ、ラファエウ・ゲレイロ、シャヒンの4選手が横一線の状況。また、右ウイングか、右ウイングバックにプリシッチを起用する場合、デンベレがインサイドハーフにスライドする可能性もある。 ★注目選手 ◆モナコ:MFティエムエ・バカヨコ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170418_34_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽モナコの注目プレーヤーは、出場停止のファビーニョに代わって先発復帰するバカヨコだ。屈強なフィジカルを生かした球際の強さ、機動力、守備センスを併せ持つリーグ・アン屈指の守備的MFは、1stレグと同様に押し込まれる展開が予想される今回の一戦でモナコ勝ち抜けのカギを握る存在だ。 ▽欠場するファビーニョに比べて、展開力やテクニックという部分で劣るものの、球際での強度やスペースを埋めるポジショニングセンスで一日の長があるバカヨコは、より攻撃的な相棒モウティーニョとの役割分担がハッキリする。守備の局面ではモウティーニョが相手のプレー限定し、自らがボールの奪いどころになりたい。また、ボールを持った局面では極力シンプルなプレーを心掛け、不用意なボールロストを避けたい。 ◆ドルトムント:MF香川真司<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170418_35_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ドルトムントの注目プレーヤーは、前回対戦で1ゴール1アシストを記録し、マン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を見せた香川だ。直近のフランクフルト戦でフル出場したうえ、思うような活躍ができなかったため、現地メディアは先発落ちの可能性を報じている。しかし、1stレグでの圧巻のパフォーマンスを考慮すれば、トゥヘル監督がこの重要な一戦で香川をプレーさせない可能性は低いはずだ。 ▽先発か途中出場か、どちらの役割を担うかはわからないが、香川としては相手が引いた場面で、持ち味のテクニック、攻撃センスを生かして狭いスペースで局面を変えるプレーを出していきたい。また、組織的なゾーンディフェンスを見せる相手の守備に対して、ゾーンの間で受けるプレーを心掛け、堅牢な守備ブロック攻略の糸口となるような役割を担いたい。 2017.04.19 07:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース