超ワールドサッカー

ゾラ監督が辞任のバーミンガムがレドナップ氏を新監督に招へい2017.04.18 21:03 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムは18日、かつてトッテナムなどで指揮をしたハリー・レドナップ氏(70)が新監督就任で合意したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽レドナップ氏は、ボーンマスやウェストハム、ポーツマス、サウサンプトン、トッテナム、QORなどで関東を務め、2016年3月にはヨルダン監督に臨時就任。2週間で退任し、その後はセントラル・コースト・マリナーズでアドバイザーを務めていた。

▽バーミンガムは、17日にジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表。2月27日のウォルバーハンプトン戦での勝利を最後に9試合勝利から遠ざかり、チャンピオンシップで20位(24チーム中)と低迷。残留争いを繰り広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

破産でセリエD降格も味わった主将・ルカレッリがパルマと1年の契約延長

▽来シーズンからセリエBに所属するパルマは28日、DFアレッサンドロ・ルカレッリ(39)との契約延長を発表した。新契約は1年間となり、2018年6月30日までとなる。 ▽A・ルカレッリは、ピアツェンツァの下部組織出身で、パレルモやフィオレンティーナ、リヴォルノ、レッジーナ、ジェノアでプレー。2008年7月にパルマへ完全移籍すると、キャプテンとしてチームを牽引。チームが破産し2015年にセリエDに降格した際もチームへの残留を決め、2年連続の昇格に貢献し、チームをセリエBに引き上げていた。 ▽ルカレッリは昨シーズンのレガ・プロ(イタリア3部)で35試合に出場し1ゴールを記録。パルマで通算300試合に出場しており、1948年から62年までプレーしたイボ・ココニが記録しているクラブ最多出場の308試合にあと「8」と迫っている。 2017.06.28 21:02 Wed
twitterfacebook
thumb

レッドスターがガーナ代表FWボアキエを完全移籍で獲得…サッスオーロで台頭

▽レッドスター・ベオグラードは27日、ガーナ代表FWリッチモンド・ボアキエ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。3年契約を結んだとのことだ。 ▽ボアキエは、ジェノアの下部組織出身で、サッスオーロやユベントス、エルチェ、アタランタ、ローダなどに所属。2016年7月からセリエBのラティーナへと移籍すると、2017年1月にレッドスター・ベオグラードへとレンタル移籍。すると今シーズンのスーペルリーガ(1部)で16試合に出場し12ゴールを記録していた。なお、セリエBでは16試合に出場し3ゴールだった。 2017.06.28 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ミドルズブラがリバプール下部組織で10年を過ごしたDFブレウィットを獲得

▽ミドルズブラは28日、リバプールを退団したイングランド人DFトム・ブレウィット(20)の獲得を発表した。 ▽ブレウィットはリバプールの下部組織で10年間を過ごしていたものの、7月1日をもって退団することが決定していた。U-16、U-17イングランド代表としてもプレー経験があるセンターバックで、昨シーズンはプレミアリーグ2で3試合に出場していた。 ▽なお、ブレウィットはトップチームではなくミドルズブラのU-23チームに所属することとなる。 2017.06.28 20:01 Wed
twitterfacebook
thumb

アル・アインがスウェーデン代表FWベリを完全移籍で獲得

▽アル・アインは28日、パナシナイコスのスウェーデン代表FWマルクス・ベリ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ベリは、ヨーテボリの下部組織出身で、フローニンヘンやハンブルガーSV、PSVなどでプレー。2013年7月にハンブルガーSVからパナシナイコスへ完全移籍していた。今シーズンのギリシャ・スーパーリーグでは28試合に出場し22ゴールを記録。 ▽2008年からスウェーデン代表してもプレーし、ここまで47試合に出場し12ゴールを記録。ユーロ2016やロシア・ワールドカップ欧州予選でもプレーしている。 ▽UAEの強豪クラブであるアル・アインには、UAE代表MFオマール・アブドゥルラフマンや鹿島アントラーズでプレーしていたMFカイオ、徳島ヴォルティスやサンフレッチェ広島でプレーしたFWドウグラスが所属。先日は元日本代表DF塩谷司が完全移籍で加入していた。なお、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグでは準々決勝に進出している。 2017.06.28 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ギリシャ代表DFパパドプーロスがハンブルガーSVに完全移籍

▽ハンブルガーSVは28日、ギリシャ代表DFキリアコス・パパドプーロス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年。 ▽パパドプーロスは、2010年から2015年までシャルケに所属。2015-16シーズンからは、前シーズンにレンタル移籍で所属していたレバークーゼンに移籍した。今年1月には、ハンブルガーSVにレンタル移籍で加入。リーグ戦15試合に出場して2得点を記録するなど、主力として1部残留に貢献していた。 ▽ハンブルガーSVのスポーツ部門チーフを務めるイェンス・テート氏は、「我々にとって大きなことだ。彼がシーズン後半、我々にもたらしたものを皆が見たはずだ。彼の勝利への気持ちと情熱はチームメートに好影響を与えた」と、パパドプーロスの完全加入を喜んだ。 2017.06.28 19:19 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース