超ワールドサッカー

ヘント加入後も10試合6得点とゴール量産のFW久保裕也「タイトルを目指している」2017.04.18 20:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントの日本代表FW久保裕也が、タイトル獲得に意欲を見せた。ベルギー『Nieuwsblad』が久保のコメントを伝えている。

▽今冬にヤング・ボーイズからヘントに加入した久保は、デビュー戦でいきなりゴールを記録するなどインパクトを残し、ここまで10試合で6得点を記録。新天地でもすでに得点源として活躍を見せている。

▽17日に行われたベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第3節では、シャルルロワと対戦。23分にドリブルでボックス内に侵入すると、左足でゴールに叩き込み、1-0での勝利に貢献した。

▽試合後、殊勲の決勝ゴールを決めた久保はタイトルを目指しているとコメント。首位のアンデルレヒトを追い抜くと意欲を見せた。

「僕たちはタイトルを目指しています。全ては可能だと思っています。トップに立ちたいならば、僕たちはポイントを獲り続ける必要があります」

「僕たちは2位にいます。来週も、僕はゴールやアシストでチームを助けます」

▽シャルルロワに勝利したヘントは2位に浮上。首位のアンデルレヒトとは勝ち点差6となっている。ヘントは23日にオーステンデと第4節を戦う。

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑に伊メディア「愛されなかったが記憶に残るだろう」…「背番号10を選んでいなかったら」とも

21日のボローニャ戦終了後、今シーズン限りでミランを退団することを発表した日本代表のMF本田圭佑について、ミラン情報サイト『ピアネタ・ミラン』が22日、特集を組んだ。<br><br>本田にとってボローニャ戦は、ホームのサン・シーロで行われるラストマッチとなる。今シーズンは構想外となり、出場機会を極端に減らしていたが、「準備は万端」であった。突然、ヨーロッパリーグへの出場の可能性が懸かった大一番で、FWカルロス・バッカに代わり58分から出場すると、73分には左足でFKを振りぬき、今シーズン初得点をマーク。試合の流れを変え、ミランに勝利をもたらす活躍をした本田について、同サイトは「ホンダ、サンシーロでの最後は主役級」と称えている。<br><br>■愛されなかった背番号10また「ティフォージ(サポーター)から愛されなかった」ことにも触れている。本田は「良いテクニックを持っており、戦術的には貴重な選手であり、頭も良い。それに非常にプロフェッショナルな選手だ」として、愛されなかったことを疑問視した。一方で、「マーケティング目当てで獲得したというレッテルが貼られていた」ことが影響していたとも推測している。このため、もし本田が背番号10番以外を選んでいたとしたら、ミランのサポーターの態度は違っていたのかもしれないと指摘した。<br><br>それでも本田は腐ることなく、「模範的なプロ選手であり続けた。加入した初日から、コンディションを保つために労を惜しまなかった」ため、「彼を指導した監督は全員、彼について好印象を持っていた」と伝えている。このため、「ミランでは大成功を収めることはできなかったが、足跡はしっかり残した」と分析した。<br><br>ボローニャ戦では、ゴールという形でサポーターにプレゼントを送った本田は「決して愛されることはなかったものの、おそらく以前よりは喜ばれ、記憶されるだろう」と締めくくっている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、イタリア紙の評価は?退場リスクは「見逃してもらえた」

ラツィオ戦に先発フル出場したインテルに所属する日本代表DF長友佑都について、イタリア紙の評価は分かれた。<br><br>21日に行われたセリエA第37節でインテルはアウェイで4位のラツィオと対戦し、長友は前節のサッスオーロ戦に続いて6試合連続の先発出場を果たした。インテルは3-1で勝利を収めている。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』ではFWエデル、MFロベルト・ガリアルディーニ、DFマルコ・アンドレオッリの3人がチーム内最高の「7」を得た。長友はこれに次ぐ「6.5」の評価を受けている。「守備面ではミスを犯し、ラツィオ先制のシーンでは左サイドに穴をあけてしまった。(ステファノ・)ヴェッキの指示で前に上がり、カバーリングの仕事から解放されると良くなった」として、守備面での不安が指摘されているが、攻撃面においては評価されている。なお、最低点はPKを献上した挙句、負傷交代したDFジェイソン・ムリージョの「5」となっている。<br><br>『トゥット・スポルト』では最低評価を受けたムリージョの「5」に次ぎ、ワースト2となる「5.5」の評価を受けている。「後ろではふらつく。後半は退場のリスクがあったが、(マルコ・)ディ・ベッロ主審から見逃してもらえた」として、守備面でのミスが評価に響いた。なお最高評価はMFアントニオ・カンドレーバの「7」となっている。一方『ガゼッタ・デロ・スポルト』は長友に対し、及第点となる「6」を与えている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨がマイスターシャーレを掲げなかった理由…シュツットガルトは2部優勝も

シュツットガルトに所属するFW浅野拓磨は、今シーズンの出来について満足していないことを明かしている。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>ブンデスリーガ2部のシュツットガルトは今シーズン、21勝6分け7敗でリーグ優勝を達成し、1年でのブンデスリーガ復帰を果たした。しかし、ドイツでの初年度を4得点で終えた浅野は「素直には喜べない」と、勝利に終わった最終節のヴュルツブルガー・キッカーズ戦後に語っている。<br><br>「優勝は何回経験しても嬉しいですけど、今回の優勝は嬉しいとともに悔しさもあるので、素直に喜べる感じではないですね」<br><br>続けて、優勝トロフィーであるマイスターシャーレを掲げなかった理由について「納得も満足もできなかったので、今回シャーレを掲げるというよりは、自分が納得した上で喜びとともにシャーレを掲げたいという気持ちがあった。それを実現できるように次に向けて頑張りたいです」と話した。<br><br>浅野は昇格が懸かったラスト3試合ではいずれも出番がなく、悔しいシーズンの終わりを経験している。シュツットガルト残留は濃厚で、来季こそはと息巻いていることだろう<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

MF原口元気のプレミア挑戦秒読みか…ヘルタに豪代表アタッカーが加入

▽ヘルタ・ベルリンは22日、インゴルシュタットからオーストラリア代表FWマシュー・レッキー(26)を獲得したことを発表した。レッキーはメディカルチェックをパスした後、ヘルタとの契約にサイン。契約の詳細は明らかにされていない。 ▽レッキーは、2014年夏からインゴルシュタットでプレー。今シーズンはブンデスリーガ30試合に出場して3アシストを記録した。また、オーストラリア代表においては2012年にデビュー。これまで39試合5ゴールをマークしている。 ▽ヘルタでは現在、MF原口元気に対してプレミアリーグのブライトン&ホーヴ・アルビオン移籍の可能性が浮上中。代役として、レッキーの獲得が取り沙汰されていただけに、それが実現した今、原口の渡英もより現実味を帯びてきた。 2017.05.23 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

3部降格を受けMF山田大記が3シーズン過ごしたカールスルーエ退団を発表「全てに恵まれた3年間」

▽ブンデスリーガ2部のカールスルーエに所属するMF山田大記(28)が自身のFacebookを通じて、今シーズン限りでカールスルーエを退団することを発表した。 ▽山田は明治大学から2011年1月にジュビロ磐田へと加入すると、2014年7月からカールスルーエでプレー。在籍2シーズン目の昨シーズンはブンデスリーガ2部で3位となり、昇格プレーオフに進出。しかし、ハンブルガーSVの前に敗れ、今シーズンも2部に在籍となった。しかし、今シーズンは序盤から低迷を続けると、リーグ最下位となり3部降格が決定していた。 ▽山田は、自身のFacebookを通じてシーズンを振り返り、チームとの話し合いの結果、3シーズン在籍したカールスルーエを退団することを明かした。 「シーズンが終了しました。ただただ悔しかったシーズン。色んなことを感じ、色んなことを学びました。チームは3部に降格が決まり、多くの選手がチームを離れます。僕自身もチームと話し合い、3年間過ごしたこの地を離れることになりました」 「長いようであっという間の3年間。今年の降格という結果を除けば、仲間やスタッフ、サポーター、環境、全てに恵まれた3年間でした。自分に、海外で挑戦できる機会を与えてくれ、温かく迎え入れてくれたこのクラブに、本当に感謝しています」 「カールスルーエという街は、今では住みなれた居心地のいい場所で、カールスルーエSCというクラブは、今までもこれからも、自分にとって特別な存在です」 「今後のことはまだ決まっていないので、はっきりと決まったら報告します。今シーズンも日本から応援してくれたサポーターの皆さん、悔しさの多いシーズンだったからこそ、皆さんの存在や言葉が、大きな支えになりました。ありがとうございました。山田大記」 ▽山田はカールスルーエでの3シーズンで公式戦92試合に出場し10ゴール14アシストを記録。今シーズンはブンデスリーガ2部で24試合に出場し、1ゴール2アシストを記録していた。 2017.05.22 20:53 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース