超ワールドサッカー

ジャンフランコ・ゾラがバーミンガムの監督を辞任…4ヵ月でわずか2勝2017.04.18 14:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーミンガムは17日、ジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表した。なお、クラブ公式サイトによると、後任の監督は数日中に決めるとのこと。

▽昨年12月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムの監督に就任したゾラ氏は、この4ヵ月で24試合を戦い、わずか2勝しかできなかった。前任のギャリー・ローウェット氏が辞任した際には、同クラブは8位に位置していたが、この4ヵ月で20位まで転落。降格圏内まで3ポイントという危機的状況になっていた。

▽当初は2年半の契約だったが、今回の結果を受け、わずか4ヵ月でその席を退くことになった。辞任したゾラ氏は、イギリス『BBC』に以下のようにコメントしている。

「私は自分で自分の首を切った。大きな期待と共にここへやってきたが、応えられなくて申し訳ない。残念なことに結果は良くなかった。責任はすべて私にある」

「私は辞めたくて辞めるわけではない。しかしバーミンガムはより良い評価を受けるに値するチームだ。選手たちを助けることできないのにここに留まる理由はない。他の誰かに任せるべきだ」

「非常に残念で申し訳なく思っている。我々は多くの目的をもって働いたんだ。しかし良い結果が生まれなかった。本当に失望したよ」

コメント

関連ニュース

thumb

「ルーニーがこんな扱いを受けるなんて」クラブOBのネヴィルが主将の処遇に嘆き節

かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍したギャリー・ネヴィルが、イギリス『BBC』の取材で、退団のうわさが浮上している主将ウェイン・ルーニーについて言及している。<br><br>ネヴィルにとって、ルーニーに対するクラブ側の処遇は信じられないものとなっているようだ。<br><br>「ウェインのような偉大な選手がこのような扱いを受けるなんてね。彼がいまだチームで立場を約束されている状況ではないなんて&hellip;&hellip;。驚いているよ」<br><br>ネヴィルは「新シーズンに向けた記者会見と、メディアセッションにウェインがいるかどうかが重要だ。現時点で憶測でものを言うことはできないけどね」と語り、ルーニーの退団話が収束していない現状を嘆いている。<br><br>マンチェスター・Uは7月8日からプレシーズンのアメリカツアーを行う予定となっており、そのメンバー内20人にルーニーが入るかどうかで、来季の陣容を占う一つの目安になると見られる。<br><br>果たしてジョゼ・モウリーニョ監督はアメリカ遠征にルーニーを連れて行くのか、それとも構想外とするのか、この決断がルーニーの今後のキャリアにおいて大きなターニングポイントとなりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、2大エースに給与20%アップの契約延長オファー?

▽アーセナルが、ドイツ代表MFメスト・エジル(28)と、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)に、大幅20%アップの昇給を条件に契約延長オファーを申し入れるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽2018年夏でクラブとの契約が切れるサンチェスとエジルの2大エース。以前から難航が伝えられる延長交渉は、依然として動きがない。伝えられるところによれば、サンチェスとエジルはアーセナルの週給25万ポンド(約3600万円)に及ぶ延長オファーを拒否。両者は、週給30万ポンド(約4300万円)を要求しているとみられており、延長交渉は平行線を辿っている。 ▽そんな中、『デイリー・メール』によると、アーセナルは両選手に対して、現在の給与から新たに大幅20%アップの契約延長オファーを用意。だが、アーセナルがそれを提示するのは、来季のプレミアリーグ4位以内、つまりは2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合にのみに限るようだ。 2017.06.28 15:39 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンがナイジェリア代表FWオニェクル獲得へ

▽エバートンが、オイペン(ベルギー)に所属するナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクル(20)の獲得に至ったようだ。イギリス『デイリー・スポーツ』が報じた。 ▽伝えられるによると、エバートンはオニェクルを獲得後、イギリスでの労働許可証取得の関係で、アンデルレヒトにレンタル移籍させるとのこと。オニェクルはエバートンにとって、イングランドU-21代表GKジョーダン・ピックフォード(23)、オランダ代表MFダビー・クラーセン(24)に次ぐ、3人目の新加入選手となる。 ▽2015-16シーズンにオイペン入りしたオニェクルは、左ウイングを主戦場としつつ、右ウイングやセンターFWまでこなせる万能型のストライカー。細かいタッチのドリブルを得意とし、抜群のゴール感覚も備えている。今季はリーグ戦28試合に出場し、12ゴール7アシストを記録した。 2017.06.28 13:44 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールへの処分はなし...ファン・ダイクの交渉に関してサウサンプトンが告訴

リバプールは、不正な手段でサウサンプトンDFヴィルヒル・ファン・ダイクの獲得に近づいていたものの、プレミアリーグから処分を科されることはないようだ。<br><br>新シーズンのチャンピオンズリーグに向け、補強を進めようとしていたリバプールは当初よりファン・ダイクの獲得を熱望していた。しかしマージーサイドのクラブは不正な手段で選手サイドにアプローチし、それをサウサンプトンがプレミアリーグに報告したことで、オランダ代表DF獲得の夢は終焉を迎えた。<br><br>そしてリバプールは「ヴィルヒル・ファン・ダイクに関する誤解を招いてしまったことに対してサウサンプトンのオーナー、ディレクター、ファンに謝りたい」とサウサンプトンへ謝罪。チェルシーやマンチェスター・シティが獲得を狙うファン・ダイクの争奪戦から事実上撤退することを発表していた。<br><br>イギリス『テレグラフ』によると、サウサンプトンは告訴を取り下げておらず、リバプールには何らかの処分が下される可能性があったが、プレミアリーグはレッズへの処分を考えていないとされている。また、両クラブはその問題を解決し、サウサンプトンもリバプール側に不正があった証拠をリーグサイドに提出しないと報じている。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ディウフ「ジェラードは代表で何も成し遂げていない」元同僚を辛口批評

かつてリバプールでプレーした元セネガル代表FWエル・ハッジ・ディウフがイギリス『BBC』の取材で、リバプール時代の同僚スティーヴン・ジェラードについて語っている。<br><br>ディウフは元同僚ジェラードとは「彼とは何の問題もないし、リバプールでは本当に強いパーソナリティを発揮してチームをけん引していた」と発言。<br><br>その一方で、「スティーヴィーG(ジェラードの愛称)は素晴らしい選手だった。リバプールの躍進を成功させた一方で、彼は自分の代表(イングランド)では何も成し遂げていない。結果を残すことができなかった」と語っている。<br><br>「エル・ハッジ・ディウフと言ったらセネガルを代表する選手だ。みんなそれを分かっているのかな? セネガルは(2002年の)ワールドカップの前まで、知らなかった人が大多数だ。だが、僕らが成し遂げたことで世界中の人々がセネガルを知ることになったはずだ」<br><br>「(ディエゴ)マラドーナがアルゼンチンのためにしたことを、僕は2002年にセネガルでやってのけた」<br><br>セネガルは2002年の日韓ワールドカップで、前回王者フランスとの開幕戦で勝利。その後はベスト8進出を果たし、ディウフはチームの攻撃の柱としてセネガルの躍進に大きく貢献していた。ディウフは同大会の活躍を評価され、翌シーズンからリバプールに加入し、ボルトンに移籍するまでの2シーズンを過ごした。<br><br>その後、2015年に現役を引退しているが、現役時代から「セネガルのサッカー協会は腐敗している」といった歯に衣着せぬ発言をしていたディウフ。古巣リバプールの英雄について、独自の見解で評している。<br><br>提供:goal.com 2017.06.27 20:10 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース