ジャンフランコ・ゾラがバーミンガムの監督を辞任…4ヵ月でわずか2勝2017.04.18 14:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーミンガムは17日、ジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表した。なお、クラブ公式サイトによると、後任の監督は数日中に決めるとのこと。

▽昨年12月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムの監督に就任したゾラ氏は、この4ヵ月で24試合を戦い、わずか2勝しかできなかった。前任のギャリー・ローウェット氏が辞任した際には、同クラブは8位に位置していたが、この4ヵ月で20位まで転落。降格圏内まで3ポイントという危機的状況になっていた。

▽当初は2年半の契約だったが、今回の結果を受け、わずか4ヵ月でその席を退くことになった。辞任したゾラ氏は、イギリス『BBC』に以下のようにコメントしている。

「私は自分で自分の首を切った。大きな期待と共にここへやってきたが、応えられなくて申し訳ない。残念なことに結果は良くなかった。責任はすべて私にある」

「私は辞めたくて辞めるわけではない。しかしバーミンガムはより良い評価を受けるに値するチームだ。選手たちを助けることできないのにここに留まる理由はない。他の誰かに任せるべきだ」

「非常に残念で申し訳なく思っている。我々は多くの目的をもって働いたんだ。しかし良い結果が生まれなかった。本当に失望したよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ペップの揺るがない哲学 「ポゼッションがダメなら監督辞める」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が絶対に揺らぐことのない信念を示した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽グアルディオラ体制2年目のシティは、今シーズンのここまでプレミアリーグ首位を独走。16試合終了時点で「15勝1分け無敗」「リーグ最長記録に並ぶ14連勝」、「総得点48」、「総失点11」と他の追随を許さない戦いぶりを見せ、ほぼパーフェクトなシーズンを送っている。 ▽過去に率いたバルセロナやバイエルンでも数々の成功を収めてきたスペイン人指揮官は、「ポゼッションサッカーが機能不全になったらどうする?」との問いに対して、次のように返答した。 「そうなったら、私は引退する。他の術が思いつかないからね」 「より深く守ることはできる。でも、私はボールを持ってプレーしたい」 「バルセロナBを率いた当時から、それを追求してきた」 「うまくいかないときはある。それは相手が良かったからか、自分たちが悪かったからだ」 「でも、考え方を変えるつもりはない。絶対にね。私の人生において絶対ない」 2017.12.11 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービーでドローのリバプール…クロップ、PKを与えた主審に怒り爆発

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、エバートン戦で下したクレイグ・ポーソン主審の判定に納得できないようだ。<br><br>10日に行われたプレミアリーグ第16節でリヴァプールはエバートンと対戦。モハメド・サラーが前半のうちに先制点を奪うも、77分にデヤン・ロブレンがドミニク・カルバート・ルーウィンを倒して得たPKをウェイン・ルーニーがきっちりと沈め、マージーサイドダービーは1-1のドローで終わった。<br><br>試合後、苛立ちを隠せない表情で『スカイスポーツ』のインタビューを受けたクロップ監督は「ロブレンはタックルにも行っていない。カルバート・ルーウィンが前に入って、ロブレンの手は後ろにあっただけだ。君があれをPKと思うならそうだろうが、私の答えは変えられない」と判定に納得できない様子で話した。<br><br>レポーターがPKだったと自身の考えを話すと、同指揮官は「今すぐインタビューを止めたってかまわない。フットボールを少しでも理解している人間と話したい」と怒りが納まらないようだ。<br><br>さらに、守備的なプレーに終始したサム・アラダイス監督率いるエバートンに対しても「1つのチームしかプレーしていなかった」と噛み付いたクロップ監督は「我々のパフォーマンスは良かった。クリーンで、反則もなくプレーしていた」と言及。<br><br>続けて「(ギルフィ)シグルドソンのファールは不愉快で、退場させるべきだ。カルバート・ルーウィンもスマートな動きをしたが、あの場面で何も反則はなかった。しかし、1つのチームは喜び、もう一方には何も残っていない」<br><br>「レフェリーがなぜあの場面でPKを与えたのか理解できない。それに1チームだけが95分勝利のために戦った。片方のチームはボックス内に入ることもなく、PKを除けば枠内シュートすらない」とドローの結果に不満を呈した。<br><br>提供:goal.com 2017.12.11 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、ジャッジ批判を繰り返すモウリーニョに辟易「昨日も今日も、昨年も…」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、主審を批判するマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に苦言を呈した。<br><br>10日に行われた「マンチェスターダービー」で、ダビド・シルバとニコラス・オタメンディのゴールで2-1の勝利を収めたマンチェスター・シティ。これでプレミアリーグ記録となる同一シーズン14連勝を飾り、2位との勝ち点差を「11」に広げ独走態勢を築いている。<br><br>試合後、モウリーニョ監督はマイケル・オリバー主審の判定を公然と批判。さらに昨季のダービーでの判定にも不満をぶちまけていた。グアルディオラ監督は、ポルトガル人指揮官の繰り返すレフェリー批判に辟易しているようだ。<br><br>『スカイスポーツ』に対し、「昨シーズンも、我々がレフェリーのおかげで勝てたと言っていた。そして今日もまた同じことを言っている。昨日も彼はレフェリーについて話していた。選手たちが簡単に倒れるとも言っていたが、我々は正直なチームで、私の選手たちが簡単に倒れるという事実はない。そのことを議論する必要もないね」<br><br>また、破竹の勢いで勝利を重ねるチームについては「私の思い通りにプレーできたと思う。我々のスタイルで、イングランドでも戦える。バルセロナでやってきたプレースタイルをイングランドで再現するのは不可能だと言われてきたが、そんなことはない。同じようにできている」と、ポゼッションを主体とするスタイルがイングランドでも通用すると自信をのぞかせた。<br><br>さらに「昨シーズンはそうではなかったが、常に実現できると信じてきた。このスタイルでスタンフォード・ブリッジとオールド・トラッフォードで勝利できて、とても満足している。ユナイテッド相手にどのような戦い方をするのか話し合ってきたが、セットプレーの話はしていなかった。でも我々はそこから2ゴールを挙げた。フットボールは本当に予想できない。でも、これはチームにとって大きな自信になる勝利だ」とコメントを残している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アラダイス、アンフィールドでのPK奪取に「主審は勇気ある決断を下した」

エバートンを率いるサム・アラダイス監督は、マージーサイドダービーで主審は勇敢な決断を下したと考えているようだ。<br><br>エバートンは10日、プレミアリーグ第16節でリバプールと対戦。1点を失い大半の時間を押し込まれながら、ワンチャンスをPKへと結びつけて、1-1にドローに持ち込んでいる。敵将のユルゲン・クロップはPKの判定に納得が行っていない様子だが、アラダイス監督は判定に驚きはないという。<br><br>「ボックス内では手を使うべきではないし、触ってはいけないし、押してもいけない。もしそうすれば、PKを与えるリスクがある。(デヤン)ロブレンはそれをする必要はなかったね」<br><br>「手を使って押したんだ。接触はソフトだと言うかもしれないが、程度は関係ない。主審のクレイグ・ポーソンはアンフィールドで勇気ある判定を下してくれた」<br><br>ウェイン・ルーニーのPK弾により、アンフィールドから勝ち点1を持ち帰ったエバートン。アラダイス監督としてはしてやったりといったところかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 11:21 Mon
twitterfacebook
thumb

「ルカクが2アシストの活躍」マンチェスター・Uファンが2失点に関与したストライカーを揶揄

「マンチェスター・ダービー」で2失点に絡んだマンチェスター・ユナイテッドFWロメル・ルカクに、SNS上で批判が殺到している。<br><br>10日に行われたマンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの一戦で、先日のチャンピオンズリーグのCSKA戦で久しぶりに得点を挙げたルカクは先発で出場。しかし、42分にはクリアしたボールをフリーのダビド・シルバに渡してしまい、先制点を献上。さらに同点に追いついて迎えた54分、FKからのこぼれ球をクリアするも、ボールは味方に当たりニコラス・オタメンディの決勝点につながっている。<br><br>不運な形ではあるが2失点に関与したルカクに対し、SNS上では「ルカクが2アシストの活躍」や「ペナルティエリア内で2回しか触っていないのに、2回ともマンチェスター・シティの得点に繋がった」とベルギー代表FWを揶揄するコメントが殺到。さらに「ルカクはビッグマッチで活躍できる選手ではない」など、リーグ戦では長期間得点から見放されているベルギー代表FWの能力を疑問視する声も向けられている。<br><br>首位マンチェスター・シティとの差を縮めたかったマンチェスター・Uだが、1-2でダービーを落としたことにより、両チームの勝ち点差は「11」に広がっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 09:39 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース