ジャンフランコ・ゾラがバーミンガムの監督を辞任…4ヵ月でわずか2勝2017.04.18 14:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーミンガムは17日、ジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表した。なお、クラブ公式サイトによると、後任の監督は数日中に決めるとのこと。

▽昨年12月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムの監督に就任したゾラ氏は、この4ヵ月で24試合を戦い、わずか2勝しかできなかった。前任のギャリー・ローウェット氏が辞任した際には、同クラブは8位に位置していたが、この4ヵ月で20位まで転落。降格圏内まで3ポイントという危機的状況になっていた。

▽当初は2年半の契約だったが、今回の結果を受け、わずか4ヵ月でその席を退くことになった。辞任したゾラ氏は、イギリス『BBC』に以下のようにコメントしている。

「私は自分で自分の首を切った。大きな期待と共にここへやってきたが、応えられなくて申し訳ない。残念なことに結果は良くなかった。責任はすべて私にある」

「私は辞めたくて辞めるわけではない。しかしバーミンガムはより良い評価を受けるに値するチームだ。選手たちを助けることできないのにここに留まる理由はない。他の誰かに任せるべきだ」

「非常に残念で申し訳なく思っている。我々は多くの目的をもって働いたんだ。しかし良い結果が生まれなかった。本当に失望したよ」

コメント

関連ニュース

thumb

イングランドで混乱続くVAR…マタのゴールを取り消しで物議を醸す

17日のFAカップ5回戦でFAカップで、マンチェスター・ユナイテッドのフアン・マタの得点がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって取り消される一幕があった。<br><br>マンチェスター・ユナイテッドはハダースフィールド・タウンと対戦。1-0で迎えた前半終了間際、アシュリー・ヤングのパスに抜け出したマタはGKを交わし、無人のゴールに流し込み追加点を挙げたに思われた。しかし、VARを使用した主審のケヴィン・フレンド氏は、オフサイドだったとしてゴールは取り消されている。<br><br>リプレイを見る限り、マタのポジションは確かに微妙な位置であったものの、ディフェンダーとほぼ同じ位置に立っており、オフサイドという判定は誤審ではなかったのではないかと物議を醸し出している。この試合を欠場したユナイテッドGKのダビド・デ・ヘアも、ツイッターでこの判定に疑問を投げかけていた。<br><br>後半にロメル・ルカクが追加点をマークし、2-0で勝利したため、マタのゴール取り消しの判定は試合に大きな影響を与えなかった。<br><br>しかし、FAカップとカラバオ・カップで試験的に導入されているVARは、未だ指揮官や選手の反発が根強い。3回戦再試合レスター対フリートウッド・タウンでは、史上初めてVARによりレスターFWケレチ・イヘアナチョのゴールが認められた後、相手指揮官は「VARを使ったとしても、判定に100パーセントの確信を持つことはできない」と言及していた。<br><br>また、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督も否定的な発言を会見で述べている。<br><br>イングランドでのVARの本格導入に向け、今回の判定はさらなる議論を呼びそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 13:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ルイス・エンリケ、チェルシー就任準備か チェルシーOB「すでに英語を学んでいる」

▽現役時代にバルセロナとチェルシーでプレーしたアルベルト・フェレール氏は、元バルセロナ指揮官ルイス・エンリケ氏がチェルシーの監督就任へ準備をしていることを明かしている。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 ▽昨シーズンから補強面でクラブとの意見が相違し、フロント陣との軋轢が伝えられるアントニオ・コンテ監督には現在、今シーズン限りでの退団が囁かれている。また、シーズン終了を待たずに解任する可能性もあるようで、後任には昨シーズンまでバルセロナで指揮していたルイス・エンリケ氏の名が浮上している。 ▽そんな中、現役時代にバルセロナとチェルシーでプレーしていたフェレール氏は、バルセロナでチームメイトであったルイス・エンリケ氏がチェルシー指揮官の後任として最適であると主張。また、すでに同氏が英語を勉強していることを明かした。 「ルチョ(ルイス・エンリケ)はエルネスト・バルベルデ監督は違ったタイプの監督だ。バルセロナで素晴らしい時期を過ごし、偉大であることはセルタでも証明していた」 「指揮官の彼は、チームをよりアグレッシブに、そして献身的にしようとする。私は彼がチェルシーに完璧にフィットすると思っている。スペインの選手も数人いるしね」 「英語を話すことは重要だよ。考えを伝えたりするためにもね。ただ、ルチョはすでに英語を学んでいる」 「私は以前よりも(リーガエスパニョーラからプレミアリーグへの)適応がとても簡単になっている思う。彼がチェルシーに行けば、成功することは確実だろうね」 2018.02.18 10:54 Sun
twitterfacebook
thumb

準々決勝の対戦カード決定! 岡崎レスターvsチェルシー! 吉田セインツはシティ濃厚に《FAカップ》

▽イングランドサッカー協会(FA)は17日、FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会を行った。 ▽今週末に開催中の準々決勝では金曜開催の試合でFW岡崎慎司が所属するレスター・シティとチェルシーが、それぞれシェフィールド・ユナイテッドとハル・シティというチャンピオンシップ(イングランド2部)のクラブに勝利した。 ▽そして、奇しくも準々決勝ではそのレスター・シティとチェルシーという、ここ2シーズンのプレミアリーグ王者同士が対戦することになった。 ▽また、17日に開催された試合ではマンチェスター・ユナイテッドがFWロメル・ルカクの2ゴールでハダースフィールドとのプレミアリーグ勢対決に2-0で勝利した。そのユナイテッドは、同日行われた試合で4部のコヴェントリー・シティに3-1で勝利したブライトン&ホーヴ・アルビオンと、再びプレミアリーグ勢対決に臨むことになった。 ▽さらに、DF吉田麻也はベンチ外となったものの、WBAとのプレミアリーグ勢対決を2-1で制したサウサンプトンは、19日に行われるウィガン(3部)とマンチェスター・シティの勝者との対戦が決定した。 ▽残されたもう1つのカードでは、18日に控えるロッチデール(3部)vsトッテナムの勝者と、17日に行われて0-0の引き分けとなったシェフィールド・ウェンズデイ(2部)vsスウォンジーの再試合の勝者が対戦する。 ▽なお、FAカップ準々決勝は3月16~19日に行われる予定だ。FAカップ準々決勝対戦カードは以下の通り。 ◆FAカップ準々決勝対戦カード ※左がホーム シェフィールド・Worスウォンジー vs ロッチデールorトッテナム マンチェスター・ユナイテッド vs ブライトン レスター・シティ vs チェルシー ウィガンorマンチェスター・シティ vs サウサンプトン 2018.02.18 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク2発でハダースフィールドに快勝のユナイテッドが8強進出! CLセビージャ戦に弾み《FAカップ》

▽FAカップ5回戦、ハダースフィールドvsマンチェスター・ユナイテッドが17日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが2-0で勝利し準々決勝進出を決めた。 ▽4回戦でバーミンガム、ヨーヴィルをそれぞれ破ったハダースフィールドとユナイテッドによるプレミアリーグ勢対決。直近のリーグ戦でニューカッスルに敗れたユナイテッドは、その試合から先発6人を変更。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦を控えることもあり、体調不良のポグバやバレンシアがベンチ外となり、マルシャルとリンガードがベンチスタート。代わってキャリックやルーク・ショー、リンデロフらが起用され、前線はルカク、マタ、サンチェスの3トップとなった。 ▽試合は開始早々に動く。3分、前線でクサビを受けたルカクがマタの足元に丁寧に落とす。そして、マタからの精度の高いスルーパスに抜け出したベルギー代表はDFシンドラーを持ち味のパワーで振り切り、最後はボックス左から利き足とは逆の右足でシュートを流し込んだ。 ▽ルカクのゴールで早々にリードを手にしたユナイテッドだが、その後は相手の反撃を受け続ける劣勢の展開に。球際でアグレッシブに戦い、トム・インスの個人技や右サイドバックのアデルジョナイの攻撃参加をシンプルに使う相手に押し込まれると、再三のシュートとクロスを浴びる。 ▽それでも、クロスに対してはスモーリングとリンデロフの両センターバックが的確な対応で跳ね返し、やや精度と威力を欠くミドルシュートに対しては、GKロメロが危なげなくセーブする。その一方で、先制以降は全く攻撃の形を作り出せないユナイテッドは45分、右サイドを個人で突破したアシュリー・ヤングからのラストパスに抜け出したマタが冷静にGKをかわしてゴールネットを揺らす。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認が行われた結果、マタはオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽追加点を奪えなかったものの1点リードで試合を折り返したユナイテッドは、後半も決定機こそ与えないものの自陣深くに押し込められる展開が続く。それでも、試合巧者のモウリーニョのチームはロングカウンターから追加点を奪う。 ▽55分、自陣ペナルティアーク付近で与えた相手のFKの場面でこぼれ球を回収したユナイテッドは、ドリブルで持ち上がったルカクが一旦左サイドのサンチェスに預けて最終ライン裏に猛スピードで駆け上がる。そこにサンチェスから精度の高いリターンパスが繋がると、最後はボックス左に持ち込んだルカクが左足で狭いニアサイドへシュートを流し込んだ。 ▽ルカクの個人技を生かした攻撃で決定的な2点目を手にしたユナイテッドはその後も省エネモードで試合を進めていく。75分にはサンチェスに代えてマルシャル、81分にはマタを下げてリンガードを投入する。 ▽その後も相手の拙攻を冷静な守備で跳ね返し続けたアウェイチームは試合終了間際に殊勲のルカクを下げて、負傷明けのバイリーをピッチに送り込み、試合をクローズ。ルカクの2ゴールで勝ち切ったユナイテッドがFAカップ準々決勝進出を果たすとともに、CLセビージャ戦に向けて弾みを付けた。 2018.02.18 04:37 Sun
twitterfacebook
thumb

“守備の要”バイリーが復帰目前…CLセビージャ戦が迫るユナイテッドに朗報

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、離脱していたDFエリック・バイリーの復帰が迫っていることを明かした。<br><br>23歳のバイリーは、昨年11月5日に行われたチェルシー戦でひざの痛みを訴えて途中交代。試合後に右ひざのじん帯を損傷していたことが分かり、12月には手術を受けていた。<br><br>その後、守備の要を失ったユナイテッドはセンターバックを固定することができず、最終ラインの脆さが目立つ場面が散見されていた。<br><br>コートジボワール代表DFが待望の復帰をすることに関して、モウリーニョはクラブの公式メディアを通して次のようにコメントしている。<br><br>「バイリーは十分に回復して、試合をする準備ができているよ。土曜日のハダースフィールド戦(FAカップ)に出場することも可能だろうね」<br><br>バイリーは2016年にビジャレアルから加入すると、安定したパフォーマンスでモウリーニョの信頼を勝ち取り、またたく間にレギュラーに定着。負傷離脱する直前は、出場した10試合のうち8試合でクリーンシートを達成するなど、最終ラインの安定に大きく貢献していた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 18:42 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース