ジャンフランコ・ゾラがバーミンガムの監督を辞任…4ヵ月でわずか2勝2017.04.18 14:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーミンガムは17日、ジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表した。なお、クラブ公式サイトによると、後任の監督は数日中に決めるとのこと。

▽昨年12月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムの監督に就任したゾラ氏は、この4ヵ月で24試合を戦い、わずか2勝しかできなかった。前任のギャリー・ローウェット氏が辞任した際には、同クラブは8位に位置していたが、この4ヵ月で20位まで転落。降格圏内まで3ポイントという危機的状況になっていた。

▽当初は2年半の契約だったが、今回の結果を受け、わずか4ヵ月でその席を退くことになった。辞任したゾラ氏は、イギリス『BBC』に以下のようにコメントしている。

「私は自分で自分の首を切った。大きな期待と共にここへやってきたが、応えられなくて申し訳ない。残念なことに結果は良くなかった。責任はすべて私にある」

「私は辞めたくて辞めるわけではない。しかしバーミンガムはより良い評価を受けるに値するチームだ。選手たちを助けることできないのにここに留まる理由はない。他の誰かに任せるべきだ」

「非常に残念で申し訳なく思っている。我々は多くの目的をもって働いたんだ。しかし良い結果が生まれなかった。本当に失望したよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ギュンドアンが親善試合で8カ月ぶり実戦復帰…SNSで喜びの声を上げる

現地時間14日、マンチェスター・シティはジローナと親善試合を行い、0-1で敗れる結果となった。<br><br>この試合では、マンチェスター・Cのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが71分から途中出場を果たし、約8カ月ぶりにピッチに立った。<br><br>試合後ギュンドアンは自身のSNSを通して「何カ月も試合から遠ざかって、やっと試合に復帰できたことを嬉しく思っている。チームは勝つことができなかったけど、タックルやダッシュなど、試合でしっかりプレーできることが分かって本当に良かった。これは僕にとって大きな意味を持っている」と述べ、実戦復帰の喜びを明かした。<br><br>同選手は昨シーズン12月のワトフォード戦で十字じん帯を負傷し、それ以来戦列から離れていた。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督にとっても、信頼を寄せるプレーメーカーの復帰は朗報と言えそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.16 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、今季の目標はプレミアリーグのタイトル奪還「そのために戻ってきた」

マンチェスター・ユナイテッドでプレーするフランス代表MFポール・ポグバは、プレミアリーグのタイトルを獲得するために戻ってきたと語っている。<br><br>ポグバは2012年、ユナイテッドを離れてユベントスへ移籍。そして昨夏、当時では史上最高額となる移籍金で古巣へ帰還した。すでにユナイテッドで、コミュニティーシールド、ヨーロッパリーグ、リーグカップのタイトルを獲得したポグバだが、目標はあくまでもプレミアリーグのタイトルだと強調している。<br><br>「プレミアリーグを獲得するため、自分自身の挑戦のためここに戻ってきたんだ。ここに戻ってこられて嬉しい。イタリアで成長し、僕は真の男になって帰ってきた」<br><br>すでに赤い悪魔の絶対的な主力選手として活躍するポグバは、今シーズンのプレミアリーグ開幕戦でも得点をマーク。4-0の好発進に大きく貢献している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.16 19:11 Wed
twitterfacebook
thumb

アザールとバカヨコが練習に復帰! 次節トッテナム戦への出場は?

▽チェルシーに朗報が届いた。ケガで離脱していたベルギー代表MFエデン・アザールと、今夏の新加入フランス代表MFティエムエ・バカヨコがチーム練習に復帰したようだ。ロンドン紙『イブニング・スタンダード』が写真付きで伝えている。 ▽6月初旬に、ベルギー代表での練習中に足首を骨折したアザール。復帰まで3カ月を要する見込みだとされてきた同選手だが、予定よりも早く復帰できたようだ。一方、昨シーズンの終わりにヒザの手術を受け、チームへの合流が遅れていたバカヨコも、このタイミングで練習に参加。しかし、『イブニング・スタンダード』によると、20日に控えている第2節のアウェイでのトッテナム戦にはまだ出場できないようだ。 ▽今夏での新戦力の補強が遅れ、12日のバーンリーとの開幕戦では2-3で敗戦。加えて、イングランド代表DFギャリー・ケイヒルとスペイン代表MFセスク・ファブレガスが退場するなど、ネガティブなニュースが続いていたチェルシーにとって、明るいニュースになったことは間違いない。 2017.08.16 16:27 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグの移籍市場に革命か…シーズン開始前に閉鎖の可能性が浮上

プレミアリーグの移籍市場が来夏から大きく変わる可能性があるようだ。英『BBC』など各主要メディアが報じた。<br><br>現在のプレミアリーグの移籍市場は原則として8月31日まで活動可能だ。つまりリーグ戦が開幕してから、3週間は選手の獲得が可能である。しかし一方で、移籍を希望した選手がシーズンの序盤に&ldquo;飼い殺し&rdquo;される危険性もはらんでいる。今夏では、サウサンプトンのDFビヴィルヒル・ファン・ダイク、エバートンのMFロス・バークリー、スウォンジー・シティのMFギルフィ・シグルズソンといった選手たちが例で、いずれも開幕戦を欠場した。<br><br>そのため、移籍市場をシーズンが開始する前に閉鎖しようという動きが出たようだ。リバプールのユルゲン・クロップ監督やスウォンジーのポール・クレメント監督は、この案に賛同している。<br><br>クレメント監督は「シーズン開始前に移籍市場が閉まれば、いい状況が生まれるはずだ。なぜ8月の終わりなのかわからない」と話す。<br><br>なお、この決定は9月7日に行われる株主総会の投票によって決定される。クラブのほとんどが賛同していると伝えられており、移籍市場に革命が起こりそうだ。また、仮に移籍市場がシーズン開幕前に閉鎖することになっても、他国のリーグはプレミアリーグから選手を獲得することは可能だという。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.15 21:52 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷離脱中のスタリッジがクリスタル・パレス戦で復帰へ!!

▽リバプールのイングランド代表FWダニエル・スタリッジが、19日に行われるプレミアリーグ第2節のクリスタル・パレス戦で復帰できるようだ。ユルゲン・クロップ監督が、クラブ公式サイト上でコメントした。 ▽スタリッジは今月1日に行われたアウディカップのバイエルン戦で、68分にヘンダーソンと交代でピッチに登場。83分にはウッドバーンのスルーパスに抜け出し、ボックス内に持ち込んで左足のループシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽しかしスタリッジはこのプレーでハムストリングを負傷。直後にソランケとの交代を余儀なくされていた。 ▽12日に行われたプレミアリーグ開幕戦のワトフォード戦を欠場した同選手だが、その後は順調に回復している模様。クロップ監督は、順調ならば次節のクリスタル・パレス戦で復帰できると口にした。 「彼は順調だ。今朝話したが、復帰に近づいている。昨日は良い状態だったね。あと2回ほどセッションを行えれば、今週末には起用できるだろう」 2017.08.15 10:36 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース