ジャンフランコ・ゾラがバーミンガムの監督を辞任…4ヵ月でわずか2勝2017.04.18 14:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーミンガムは17日、ジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表した。なお、クラブ公式サイトによると、後任の監督は数日中に決めるとのこと。

▽昨年12月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムの監督に就任したゾラ氏は、この4ヵ月で24試合を戦い、わずか2勝しかできなかった。前任のギャリー・ローウェット氏が辞任した際には、同クラブは8位に位置していたが、この4ヵ月で20位まで転落。降格圏内まで3ポイントという危機的状況になっていた。

▽当初は2年半の契約だったが、今回の結果を受け、わずか4ヵ月でその席を退くことになった。辞任したゾラ氏は、イギリス『BBC』に以下のようにコメントしている。

「私は自分で自分の首を切った。大きな期待と共にここへやってきたが、応えられなくて申し訳ない。残念なことに結果は良くなかった。責任はすべて私にある」

「私は辞めたくて辞めるわけではない。しかしバーミンガムはより良い評価を受けるに値するチームだ。選手たちを助けることできないのにここに留まる理由はない。他の誰かに任せるべきだ」

「非常に残念で申し訳なく思っている。我々は多くの目的をもって働いたんだ。しかし良い結果が生まれなかった。本当に失望したよ」

コメント

関連ニュース

thumb

【プレミア第9節プレビュー】日曜にスパーズvsリバプール開催

▽インターナショナルブレーク明けの前節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのビッグマッチは0-0で終了。マンチェスター・シティが7-2で単独首位に躍り出た一方、チェルシーとアーセナルが敗れた。迎える今節、最大の注目カードは日曜の日本時間24時キックオフとなるスパーズvsリバプールだ。 ▽3位スパーズは前節、エリクセン弾によりボーンマスを1-0で下した。仮住まいウェンブリーでの今季リーグ戦初勝利を記録してリーグ戦3連勝を決めたチームは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)第3節でレアル・マドリーと対戦。1-1によりサンティアゴ・ベルナベウで勝ち点を持ち帰っており、チーム状態は充実している。次節にはユナイテッド戦を控えており、ここで4連勝を決めておきたい。 ▽対するリバプールは、守備的なユナイテッドをアンフィールドで崩せず、2試合連続のドロー。それでも、火曜日のCL第3節ではマリボルを相手にフィルミノ&サラーの2ゴールずつの活躍などにより、7-0の大勝を収めた。この試合の後半にサラー、フィルミノ、ワイナルドゥムを交代させて休ませることができたことも大きい。スパーズよりも1日間隔が開く日程面でも優位な状況だけに、最低でも勝ち点1を獲得して公式戦6試合無敗としたい。 ▽前節にストーク・シティを7-2と一蹴した首位のシティは、ホームにバーンリーを迎える。ここまで7勝1分け無敗、29得点4失点とほぼパーフェクトな成績。火曜日のCL第3節では難敵のナポリを2-1で退けており、目下のところ公式戦10連勝と強さをアピールしている。肋骨を骨折したアグエロも戻ってきている中、ガブリエウ・ジェズスがここ2戦3発と好調。ホームのここは勝ち点を落とせない。 ▽シティを2ポイント差で追う2位のユナイテッドは、アウェイでのハダースフィールド戦だ。水曜日ではベンフィカとのアウェイ戦を1-0でモノし、CLグループステージ3連勝を達成。今季公式戦12試合で失点はわずかに「4」と素晴らしい守備力を発揮しており、安定感はシティに引けを取らない。負傷者が増え始めている点が気がかりな中、昇格組相手にきっちり3ポイントを獲得できるか。 ▽前節のクリスタル・パレス戦を1-2で落としてリーグ連敗中のチェルシーは、ホームでのワトフォード戦だ。水曜日のCLではローマに苦戦し、3-3で辛くもドロー。カンテの離脱がやはり響いていることに加え、ローマ戦で脚を痛めたダビド・ルイスの状態も気がかりだ。何とか復調したい中、ホームのここは是が非でも公式戦4試合ぶりの白星が欲しい。 ▽木曜日のヨーロッパリーグ(EL)第3節でレッドスターにジルー弾で1-0の勝利を収めたアーセナルは、同じくELでリヨンに屈したエバートンとアウェイで対戦する。そのほか、1-1のWBA戦で出番のなかった岡崎所属のレスターはウェールズに赴いてのスウォンジー戦。吉田がポジションを確保しているサウサンプトンはホームにWBAを迎える。 ◆プレミアリーグ第9節 ▽10/20(金) 《28:00》 ウェストハム vs ブライトン ▽10/21(土) 《20:30》 チェルシー vs ワトフォード 《23:00》 ハダースフィールド vs マンチェスター・ユナイテッド ストーク・シティ vs ボーンマス スウォンジー vs レスター・シティ ニューカッスル vs クリスタル・パレス マンチェスター・シティ vs バーンリー 《25:30》 サウサンプトン vs WBA ▽10/22(日) 《21:30》 エバートン vs アーセナル 《24:00》 トッテナム vs リバプール 2017.10.20 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シルバとデ・ブライネが衝突? 真相は…

▽マンチェスター・シティは、17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節でナポリをホームに迎え、2-1で勝利した。この試合後、シティのMFダビド・シルバとMFケビン・デ・ブライネが口論するような場面がみられた。 ▽試合後の映像でもデ・ブライネとシルバの口論のシーンが映し出されていたことで、不仲による衝突も考えられたが、どうやら両者の関係には問題なかったようだ。 ▽デ・ブライネは審判団との話し合いを求めていたとのことだが、シルバにそのことによる制裁を受けるリスクを回避させるために、デ・ブライネを抑止していたようだ。放送上では、デ・ブライネは「話をさせてくれ!」と3度にわたって叫んでいたが、シルバは「いいから、いいから」となだめていた。 ▽当時の状況について、デ・ブライネはイギリス『メトロ』で以下のように話している。 「(シルバとの対立は)ないよ。ちょっと口論になっただけで、よくあることさ。それはそれで終わったし、何にもないよ」 「家で奥さんとも口論になるようなことで、よくあることだ。そういうことは必要だし、全然問題ないよ」 ▽なお、この試合でデ・ブライネはイエローカードを受けていた。もう1枚貰えば累積警告で出場停止になる状況だっただけに、デ・ブライネをなだめたシルバの冷静さはさすがというべきだろう。 2017.10.20 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ好調の要因は食事と英語? オタメンディがペップのチーム管理を明かす

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディが、ジョゼップ・グアルディオラ監督のチーム管理について明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が『FOXスポーツラジオ』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽グアルディオラ監督就任2シーズン目を迎えたシティは、今シーズンのプレミアリーグで開幕8試合を7勝1分けで首位に位置。さらに、チャンピオンズリーグのグループステージでも3連勝でグループFの首位に立っており、2シーズンぶりのタイトル獲得に向けて好調なスタートを切っている。 ▽その好調の要因には、グアルディオラの重んじる規律があるのかもしれない。ここまで公式戦11試合に出場しているオタメンディが、グアルディオラの要求について語っている。 「試合後はクラブで食事を摂ることを義務付けているんだ。今シーズンは日程も厳しいし、食事と休息は重要だと思っている」 「ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)は食事の管理や英語の習得を求めてくるんだ。あらゆるミーティングは英語で進められるし、僕も12月に試験を受ける」 「試合でうまくいくように全てを把握している。チームが完全に機能するかどうかは準備が全てなんだ。運には任せられないよ」 「ペップは全てを把握しているよ。僕らにはフットボールについて語るだけでなく、家族のことも気にかけてくれる」 2017.10.19 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

クラブ批判騒動のローズが復帰戦で温かい反応見せたサポーターに感謝

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズが、17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節、レアル・マドリー戦(1-1のドロー)で今年1月以来の復帰を果たした。 ▽そして、ローズは今夏にクラブ批判騒動を起こした中、復帰戦で温かい反応を見せたサポーターへの感謝を口にしている。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が同選手のコメントを伝えている。 ▽ローズは今年1月にヒザを負傷して以降、手術を行った影響もあり、9カ月ほどの戦線離脱を強いられていた。 ▽また、今夏にイギリス『サン』のインタビューでは「Googleで検索する必要がない一流の選手獲得が必要」と、クラブの補強戦略を批判する趣旨の発言や、独自のサラリーキャップを設けてその他のビッグクラブに比べてサラリーが明らかに少ないことを非難。この発言後、反響の大きさを考慮して謝罪を行うも、多くのサポーターの不評を買うなど、苦しい立場に追い込まれていた。 ▽そんな状況の中での復帰戦となり、ローズは試合前のウォーミングアップや80分過ぎにFWフェルナンド・ジョレンテに代わって途中投入される場面でのブーイングを覚悟していた。だが、サンティアゴ・ベルナベウに遠征した4000人ほどのアウェイサポーターは、これまでと変わらず温かい声援で同選手の復帰を歓迎した。 「正直、僕がやったことに対して、サポーターから冷たい反応があると思っていたんだ。だけど、サポーターは僕がピッチに入ったとき、試合後にピッチ内でトレーニングをしているとき、とても温かな反応を示してくれた。そのことにとても感謝しているよ」 「今シーズンの残りを楽しみにしているよ。まず初めに自分のポジションを取り戻す必要がある。監督は過去の僕の発言をもう忘れてくれているし、僕たちはチームとして前進し、トロフィー獲得に向けてチャレンジしているんだ」 ▽また、ローズは練習復帰から間もない段階でいきなりマドリーとのビッグマッチで復帰を果たしたことに関して以下のように説明している。 「僕の頭の中では(来週ミッドウィークに行われるEFLカップの)ウェストハム戦で数分間プレーする予定だったんだ。先週の日曜日に良い感覚でトレーニングすることができ、ロッカールームに戻ってシャワーを浴びる準備をしていたんだ」 「そのときに監督から上の階に呼ばれて、『今日は良い感じでプレーできていたね。マドリッドで10分か15分プレーできるか?』て聞かれたんだ。そのときに僕は『もちろん、できます。問題はないです』って答えたんだ」 「正直、今回の試合は家のテレビで観戦すると思っていたし、数日前の時点では全く想定していなかったよ。同様に復帰戦で初めて中盤(インサイドMF)でプレーするなんて驚いたよ」 「ここ数カ月はイライラすることが多かったけど、ここ数日間にはその価値があったと思うよ」 2017.10.19 02:02 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの若手MFアンドレアス・ペレイラがスピード違反で8カ月の免許停止

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するU-23ブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(21)が、スピード違反で8カ月の免許停止処分を科された。『ESPN』が伝えている。 ▽『ESPN』が伝えるところによれば、現在バレンシアにレンタル移籍中のペレイラは、16日午後に時速50Km制限の道路で自身の愛車ベントレーを運転した際に、時速148Kmのスピードを出して走行し、これが備え付きのセンサーに引っかかり、およそ100Kmの速度超過によって、8カ月の免許停止および3600ユーロ(約48万円)の罰金処分を科された。 ▽なお、今回の処分を受けて、ペレイラは自身の『ツイッター』を通じて以下のようなコメントを残している。 「とても申し訳ないことに、僕は昨日(16日)の午後に自分の車で速度超過を犯してしまった。今回の処分を受け入れるつもりだ」 「今回の出来事を受けて、車を運転するときは細心の注意を払い、ルールを遵守することを学んだよ」 ▽今夏、出場機会を求めてユナイテッドからバレンシアにレンタル移籍したペレイラは、ここまでリーグ戦6試合に出場し1ゴールを記録している。 2017.10.18 23:25 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース