超ワールドサッカー

ジャンフランコ・ゾラがバーミンガムの監督を辞任…4ヵ月でわずか2勝2017.04.18 14:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーミンガムは17日、ジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表した。なお、クラブ公式サイトによると、後任の監督は数日中に決めるとのこと。

▽昨年12月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムの監督に就任したゾラ氏は、この4ヵ月で24試合を戦い、わずか2勝しかできなかった。前任のギャリー・ローウェット氏が辞任した際には、同クラブは8位に位置していたが、この4ヵ月で20位まで転落。降格圏内まで3ポイントという危機的状況になっていた。

▽当初は2年半の契約だったが、今回の結果を受け、わずか4ヵ月でその席を退くことになった。辞任したゾラ氏は、イギリス『BBC』に以下のようにコメントしている。

「私は自分で自分の首を切った。大きな期待と共にここへやってきたが、応えられなくて申し訳ない。残念なことに結果は良くなかった。責任はすべて私にある」

「私は辞めたくて辞めるわけではない。しかしバーミンガムはより良い評価を受けるに値するチームだ。選手たちを助けることできないのにここに留まる理由はない。他の誰かに任せるべきだ」

「非常に残念で申し訳なく思っている。我々は多くの目的をもって働いたんだ。しかし良い結果が生まれなかった。本当に失望したよ」

コメント

関連ニュース

thumb

トッテナム、来季ウェンブリーへの一時移転を公式発表! WHLラストマッチは来月14日ユナイテッド戦に

▽トッテナムは28日、2017-18シーズンに行われるホーム開催の全公式戦をウェンブリー・スタジアムで戦うことを発表した。 ▽1899年の開場以降、ホワイト・ハート・レーンを本拠地としてきたトッテナムだったが、3万6000人収容のスタジアムは近年、老朽化とキャパシティーの問題を抱えていた。そのため、クラブは2018年夏の完成を目指して6万1000人収容の新スタジアム建設を開始していた。 ▽来シーズンに関しては、予てよりウェンブリー・スタジアムの間借りを計画していたトッテナムだが、一部では来シーズンもホワイト・ハート・レーンで試合を行うことを検討しているとの報道もあった。だが、ダニエル・レヴィ会長は公式サイトの声明でホワイト・ハート・レーンの取り壊しを決断したことを明かした。 「今日という日は、我々の愛するホワイト・ハート・レーンの解体で合意に達した、クラブの歴史において非常に重要な一日となった」 「レーンはこれまで我々に対して、大きな後押しをしてくれた。しかし、新スタジアム移転をより確固たるものとするため、118年前からクラブの歴史を築いてきたホームスタジアムを解体するという決断を行う必要があった」 「5月14日に行われるホームラストマッチでは、レーンに適切な別れを言いたい」 ▽また、同会長はウェンブリー・スタジアムへの一時移転、新スタジアムの構想について以下のように説明している。 「ウェンブリーは、来シーズンだけ我々のホームスタジアムとなる。そして、我々はその翌年に世界最高峰のスタジアムの1つであり、NFLのホストを務めるユニークな新スタジアムへと戻ってくる。その新スタジアムは我々の今後の成長戦略において重要なキーとなるはずだ」 「それはクラブ史上において、最もエキサイティングな期間となるはずだ」 ▽今回の発表によって、30日に行われるアーセナルとの“ノースロンドン・ダービー”は、ホワイト・ハート・レーンでのラストダービーとなる。トッテナムとしては、長年に渡って多くの熱狂を生んだ本拠地で有終の美を飾るため、ダービーの勝利。そして、チェルシー相手の逆転優勝を果たしたいところだ。 2017.04.29 01:43 Sat
twitterfacebook
thumb

アグエロ、G・ジェズス復帰に危機感も「ペップの采配を尊重」

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、チームメイトのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰したことに危機感を抱きながらも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の決断を尊重することを主張している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽シティは、27日に行われたプレミアリーグ第26節延期分のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチを0-0で引き分けた。この一戦では、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦(2-0で勝利)で右足中足骨を骨折し、今季絶望かと思われていたG・ジェズスがベンチ入り。86分にはスターリングに代わって約2カ月ぶりの復帰を果たした。 ▽1月にG・ジェズスがシティに加入してから負傷するまでの間、先発メンバーから外れることが増えたアグエロは、同選手の復帰に気を引き締めた。また、再びベンチに座ることになっても監督の采配に従うことを強調している。 「彼は、シティに所属するに相応しく、若くて素晴らしいプレーヤーだよ」 「僕は、身を引かなくてはいけない時があるということをわかっている。いくつか年齢を重ねていくと、若い選手たちがプレッシャーをかけてくるもんだ。その時に、さらに成長しなくてはいけない」 「彼が復帰したことで、僕はさらに集中してプレーしなくてはいけない。それが嬉しいよ。もし、またベンチスタートとなってしまったら、それを受け入れなければならない。それがフットボールだ」 「僕は常に監督を尊敬しているし、ペップを尊重しているよ。シーズンが終わるまでに自分の全てを与えられるようにプレーしていきたいね」 2017.04.28 22:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェラードのリバプールU-18監督就任にルーカス・レイバ「100パーセント成功する」

▽リバプールに所属する元ブラジル代表MFルーカス・レイバは、元チームメイトのスティーブン・ジェラード氏の指導者としての成功を確信しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽リバプールは28日、2016年11月に現役を引退したジェラード氏が2017-18シーズンからU-18チームの監督を務めることを発表した。1月からリバプールアカデミーのコーチとして新たなキャリアをスタートさせていたジェラード氏は、U-23チームの指揮官になるニール・クリッチュリー氏に代わって今夏からU-18チームを率いることになった。 ▽ルーカス・レイバは、現役時代に長きにわたって戦友として喜びも悲しみも共有してきたジェラード氏が指導者として成功することを確信しているようだ。『スカイ・スポーツ』のインタビューに話している。 「アカデミーで指導しているところを数回観たけど、非常にワクワクしていたよ。今の彼にとっては、多くのことを学ぶことができる最高の場所だと思うよ」 「彼は本当に一生懸命働く男だ。僕は100パーセント成功すると確信しているし、素晴らしい出来事になると思っているよ。長い間、彼は僕にとってのお手本なんだ。今彼が指導している全選手にとってもね。彼は選手がどのように成功しなくてはいけないかを教えることができる最高の男だ」 2017.04.28 18:27 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミア第35節プレビュー】ノースロンドン・ダービー開催

▽前節は、FAカップの影響で延期試合も出た中、チェルシーがサウサンプトンに勝利して首位を堅持。3位のリバプールがクリスタル・パレスに屈し、痛い取りこぼしとなっている。迎える今節、最大の注目カードは、30日(日)の日本時間24時30分キックオフとなるスパーズvsアーセナルのノースロンドン・ダービーだ。 ▽首位のチェルシー(勝ち点78)を4ポイント差で追う2位のスパーズ(勝ち点74)は、目下のところリーグ戦8連勝中と勢いに乗る。ミッドウィークには、延期されていたクリスタル・パレス戦を行い、1-0で勝利。4月に入ってチェルシー、アーセナル、リバプールと、立て続けに大物食いを果たしてきた相手とのアウェイ戦をエリクセン弾によりモノにした。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内が濃厚な中、逆転優勝に向けては勝利が必要な状況だけに、リスクを冒してでも3ポイントを狙っていきたい。 ▽一方、6位のアーセナル(勝ち点60)は、20シーズン連続のCL出場権確保へ勝利が必要な状況。先週末にマンチェスター・シティとのFAカップ準決勝を延長戦の末に制し、水曜日にはレスター・シティを1-0で退けた。これで、3バックに変更後の3試合ですべて勝利と、システム変更も選手たちの刺激になっている模様。引き続き3バックで試合に入ることが予想される中、リーグ屈指の完成度を誇る宿敵に対して、敵地で白星を挙げることはできるか。 ▽チェルシーは、7位につけるエバートン(勝ち点58)とグディソン・パークで対戦する。ミッドウィークには、敗れた前々節のユナイテッド戦から見事にバウンスバックし、ジエゴ・コスタの2発とアザール、ケイヒルのゴールにより、4-2で勝利。公式戦7試合にわたってクリーンシートがない点は気にかかるが、連敗しないあたりはさすが。古巣対決となるリーディングスコアラーのルカクを抑え込み、首位を堅持できるか。 ▽3位のリバプール(勝ち点66)は、ワトフォードとのアウェイを戦う。前節は、コウチーニョが見事な直接FKで直近5戦4発目を記録したが、C・パレスに敗戦。対するワトフォードは残留が濃厚な状況で高いモチベーションもなく、リーグ戦8試合ぶりの黒星となったが前節を払拭する白星を手にしたい。 ▽そのほか、ダービーから中2日のマンチェスター勢は、それぞれ残留に向けてモチベーションの高いチームと対戦する。引き続きイブラヒモビッチ、ロホ、スモーリング、フィル・ジョーンズらが不在の5位ユナイテッド(勝ち点63)は、ホームに戻って18位のスウォンジー(勝ち点31)と激突。4位のマン・シティ(勝ち点64)は、19位のミドルズブラ(勝ち点27)の本拠地に乗り込む。 ◆プレミアリーグ第35節 ▽4/29(土) 《23:00》 WBA vs レスター・シティ サンダーランド vs ボーンマス ストーク・シティ vs ウェストハム サウサンプトン vs ハル・シティ 《25:30》 クリスタル・パレス vs バーンリー ▽4/30(日) 《20:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジー 《22:05》 エバートン vs チェルシー ミドルズブラ vs マンチェスター・シティ 《24:30》 トッテナム vs アーセナル ▽5/1(月) 《28:00》 ワトフォード vs リバプール 2017.04.28 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、マンチェスター・Cのトップ4入りを予想「残り1枠は三つ巴」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が宿敵のトップ4入りを予想した。<br><br>マンチェスター・Uは27日、マンチェスター・シティと対戦し、0-0で引き分けた。ユナイテッドは33試合を終えた時点で勝ち点64を集めて、5位につけている。1位チェルシーと2位トッテナムは頭一つ抜けているが、3位以下は勝ち点差が小さい。1つ消化試合数の多い3位リバプールが勝ち点66、4位のマンチェスター・Cは65となっており、マンチェスター・Uが残り5試合でトップ4に入ることも十分可能だ。モウリーニョはチャンピオンズリーグ出場権獲得争いについて以下のようなコメントを残した。<br><br>「マンチェスター・Cはトップ4に入るだろう。残りの試合を考えても彼らは達成できると思う。残り1枠をアーセナル、リバプール、我々で争うことになる。でも、事実として我々はヨーロッパリーグ(EL)の準決勝を戦わなければならない。負傷者も多いが、可能性がなくなるまで闘う覚悟だ」<br><br>マンチェスター・Uはリーグ戦でアーセナルやトッテナムといった上位陣との対戦も残す。さらに、セルタと戦うEL準決勝という大舞台も控えている。厳しい日程が続くが、トップ4入りは果たせるだろうか。まずは30日、プレミアリーグ第35節でスウォンジーをホームに迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 16:04 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース