3バック変更のヴェンゲル「チームが自信を失っている時に違うことを試すのは良いこと」2017.04.18 14:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、17日のミドルズブラ戦でのシステムの変更について、チームが自信を失っている時に違うことを試すのは良いことだと主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽アーセナルは17日、プレミアリーグ第33節のミドルズブラ戦に普段の4バックシステムではなく、[3-4-3]の新布陣で臨んだ。不慣れなシステムの影響もあり、攻撃の組み立てに苦戦したものの、42分にサンチェスの直接FKで先制。50分には1点を返されたものの、71分にボックス手前左のサンチェスからのクロスをラムジーが落とすと、最後はエジルが流し込み、2試合ぶりの勝利を挙げた。

▽試合後、ヴェンゲル監督は3バックへの変更について説明。また、良い結果がチームの自信を取り戻す手助けになると主張している。

「自信を失っている時でも、それは常に少しずつ取り戻すものだ。そして、良い結果はそれを助けてくれる」

「ロングボールに対して安定感を見せていた。しかし、相手の方が多くボールを支配していた。ただ、我々がWBAとクリスタル・パレスに負けた時は70%の支配率をキープしていたんだ。そして、今日の支配は、支配率の少ない試合だった」

「我々はボールを支配するのが好きだ。しかし、チームが自信を失っている時、システムを変えて、違うことを試すことは良いことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

去就注目のエジル&サンチェスが今季初ゴール! 10人エバートンに完勝のアーセナルがヴェンゲルの68歳誕生日に白星捧げる!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、エバートンvsアーセナルが22日にグディソン・パークで開催され、アウェイのアーセナルが5-2で快勝した。 ▽直近の公式戦4試合未勝利と今夏の大型補強も実らず、苦しい序盤戦となったエバートンは、指揮官クーマンが解任の可能性に言及するなど、苦境を迎える。公式戦5戦ぶりの勝利を目指す今節は1-2で競り負けたヨーロッパリーグ(EL)のリヨン戦を欠場したルーニー、これがプレミアリーグデビューとなる若手DFケニーを起用するなど、数名のメンバー変更を行った。 ▽前節、ワトフォード相手に試合終了間際の痛恨失点で逆転負けを喫したアーセナルだが、直近のELでは多くの主力を温存した中、ジルーのゴールで接戦を制してグループステージ3連勝を飾った。今回の一戦ではGKチェフを除くフィールドプレーヤー全員を入れ替え、エジルとサンチェス、ラカゼットの3トップが初共演を果たした。 ▽試合開催日の10月22日に68歳の誕生日を迎えた指揮官ヴェンゲルに白星をプレゼントするため、立ち上がりからエンジン全開のアーセナルは、開始3分にラムジー、5分にコラシナツ、ラカゼットと続けてフィニッシュに持ち込むなど、敵地で積極的な入りを見せる。 ▽一方、難敵相手にホームで勝ち切りたいエバートンは、今月24日に32歳のバースデーを迎えるエースがいきなり魅せる。12分、高い位置で相手のビルドアップにプレッシャーをかけると、ジャカからグイエがボールを奪い、ボックス手前中央のルーニーにシュートチャンスが訪れると、右足の見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、プレバースデーゴールを決めた。 ▽敵地で厳しいスタートとなったアーセナルだが、その後はサンチェスの積極的な仕掛けや両ウイングバックの攻撃参加を活かし、サイドと中央をバランス良く使った厚みのある仕掛けを見せる。16分にはサンチェス、ラムジーの連続シュートに始まり、その後もボックス付近での細かい連携からサンチェスやラカゼットがGKとの一対一のチャンスを得るが、相手GKピックフォードの牙城をあと一歩で破れない。 ▽それでも、ホームチームを押し込み続けるアーセナルは40分、ボックス付近での波状攻撃からジャカが強烈なミドルシュートを放つと、これをGKピックフォードが前にこぼす。ルーズボールにいち早く反応したモンレアルのシュートはピックフォードに触られるも、そのままニアサイドに吸い込まれた。 ▽1-1のイーブンで折り返した中、エバートンは前半にカードをもらっていたうえ、際どい対応が目立っていたウィリアムズを下げてハーフタイム明けにトム・デイビスを投入。この交代でシステムを4バックに変更した。 ▽一方、前半終盤に追いついた勢いを後半も継続するアーセナルは、今後の去就が注目される2大エースが仕事を果たす。53分、左サイド深くに流れてパスを受けたサンチェスが絶妙なインスウィングのクロスをゴール前に供給すると、これをゴール前に走り込んだエジルが頭で流し込み、今季初ゴールを記録した。 ▽後半早い時間帯に試合を引っくり返したアーセナルは、その後も試合をきっちりコントロール。すると69分には前半にカードをもらっていたグイエがやや軽率なファウルで2枚目の警告をもらい退場に。アーセナルはリードに加えて、数的優位まで手にする。 ▽この退場をキッカケに完全に試合を掌握したアウェイチームは74分、ラムジーのワンタッチパスに抜け出した右サイドのエジルが丁寧に中央へ折り返すと、これをラカゼットが冷静に流し込み、3点目を奪取。その後、77分にそのラカゼットを下げて今季リーグ初出場のウィルシャーをピッチに送り出すと、90分にはウィルシャーのアシストからラムジーが決定的な4点目を奪う。 ▽その後、93分にはDFモンレアルとGKチェフの連係ミスから1人少ないエバートンのニアッセにゴールをプレゼントしてしまうが、95分にはボックス手前左でラムジーからパスを受けたサンチェスが右にドリブルで運びながら腰のキレを生かした右足のシュートを左隅に流し込み、エジルに続いて今季リーグ戦初ゴールを奪った。そして、10人のエバートンに完勝したアーセナルが、指揮官の68歳のバースデーに白星をプレゼントした。 2017.10.22 23:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「騒音を無視」「集中し続ける」退団報道のエジルが反撃

▽アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルが、退団報道に対し反撃した。自身のツイッター(@MesutOzil1088)にメッセージを投稿した。 ▽エジルは、かねてからのアーセナルとの契約延長には未だに応じておらず、今シーズン終了後に契約満了となるため、来年1月の移籍市場で退団するとの報道が出ていた。 ▽さらに、移籍先はマンチェスター・ユナイテッドであるとも一部で報じられ、アーセナルファンからは非難される事態に。加えて、元アーセナルのロベール・ピレス氏が、チームがベストな選手を揃えなかったことにエジルが怒りを覚えているとコメントしていた。 ▽本人の意思は明らかにされないまま噂ばかりが大きくなっている状況に対し、エジルが自身のツイッターで反撃。「騒音を無視して集中し続ける」と投稿し、エバートン戦に向けて集中していることを強調した。 ▽今シーズンのエジルは、プレミアリーグで6試合に出場。未だゴールは記録していない。 2017.10.22 11:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとアーセナルがロイス獲得を目論む

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイス(28)に注目しているという。イギリス『サン』が伝えている。 ▽今年5月のDFBポカール決勝のフランクフルト戦で前十字じん帯を負傷して以降、長期離脱が続いているロイス。現在もリハビリ中だが、国内外からまだまだ高い評価を得ているようで、『サン』が伝えるところによれば、ユナイテッドとアーセナルのイングランドの名門が獲得を狙っているという。 ▽ユナイテッドとアーセナルはそれぞれ左ウイングの強化を目指しており、前者は今夏にもインテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(28)の獲得に動いていた模様。一方、後者はチリ代表アレクシス・サンチェス(28)の去就が不透明なため、新たな左ウイングを探しているとみられている。 ▽ドルトムントとの現行契約を2019年までとしているロイスだが、クラブのスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏はドイツ『キッカー』に対して、「我々はロイスを長期的な目で見ている」と話していることから、地元出身のアイドルを手放す可能性は低いように思える。 2017.10.20 21:19 Fri
twitterfacebook
thumb

エジル、ユナイテッド行きを仲間に報告か

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(29)が、マンチェスター・ユナイテッドに移籍する見込みであることをチームメートに報告したと、イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽今季限りとなっているアーセナルとの契約延長交渉の進展が伝えられていないエジルに関しては、レアル・マドリー時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が率いるユナイテッドとの関連がかねてから伝えられている。 ▽『ミラー』が伝えるところによれば、現在も契約延長交渉に進展はなく、エジル側は週給35万ポンド(約5200万円)を求めていたものの、アーセナルは昨シーズンの時点で週給27万5000万ポンド(約4100万円)をオファー。だが現在は、エジルを慰留させることへの拘りがなくなっているようだ。 ▽これを受け、エジルは既にユナイテッドと契約することをチームメートに報告したとのことだ。アーセナルとしては、来夏にフリーで移籍させるよりも、来年1月に放出して移籍金を得たい考えとのことで、この件に関してはアーセン・ヴェンゲル監督も先日に公に認めていた。 2017.10.20 09:49 Fri
twitterfacebook
thumb

ジルーのゴールは予見されたもの? ヴェンゲルが会話を明かす

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、19日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループH第3節のレッドスター戦を振り返り、決勝ゴールが予見されたものだったことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽敵地での一戦に臨んだアーセナルはゴールレスで迎えた85分、ウォルコットの折り返しを受けたジルーが低空のバイシクルシュートで合わせて、ゴール左隅に流し込みアーセナルが先制。これが決勝点となり、土壇場でネットを揺らしたアーセナルがグループステージ3連勝を飾った。 ▽試合後、インタビューに応じたヴェンゲル監督は、試合中にジルーからゴール宣言を受けていたことを告白。実際にゴールを奪ってチームを勝利に導いたフランス代表FWを称えつつ、チーム全体の勝利であることを強調した。 「試合のある段階で、ジルーがタッチラインまでやってきてゴールを決めると宣言した。彼がこの未来を知っていたかどうかはわからないが、有言実行とは本当に難しいことだと思う。こういうことが起こると、チームは勝利を手にできる」 「ただ、注目すべきは全てにおける我々が示したスピリットだ。チームは一丸となって戦った。守備陣も耐える時間がありながらも無失点で切り抜けた。そして素晴らしいゴールから結果を残すことができたのだ」 2017.10.20 08:27 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース