3バック変更のヴェンゲル「チームが自信を失っている時に違うことを試すのは良いこと」2017.04.18 14:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、17日のミドルズブラ戦でのシステムの変更について、チームが自信を失っている時に違うことを試すのは良いことだと主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽アーセナルは17日、プレミアリーグ第33節のミドルズブラ戦に普段の4バックシステムではなく、[3-4-3]の新布陣で臨んだ。不慣れなシステムの影響もあり、攻撃の組み立てに苦戦したものの、42分にサンチェスの直接FKで先制。50分には1点を返されたものの、71分にボックス手前左のサンチェスからのクロスをラムジーが落とすと、最後はエジルが流し込み、2試合ぶりの勝利を挙げた。

▽試合後、ヴェンゲル監督は3バックへの変更について説明。また、良い結果がチームの自信を取り戻す手助けになると主張している。

「自信を失っている時でも、それは常に少しずつ取り戻すものだ。そして、良い結果はそれを助けてくれる」

「ロングボールに対して安定感を見せていた。しかし、相手の方が多くボールを支配していた。ただ、我々がWBAとクリスタル・パレスに負けた時は70%の支配率をキープしていたんだ。そして、今日の支配は、支配率の少ない試合だった」

「我々はボールを支配するのが好きだ。しかし、チームが自信を失っている時、システムを変えて、違うことを試すことは良いことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ミランがウィルシャー獲得に名乗り…本人はプレミアでのプレーを希望との報道も

イタリアメディア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じたところによると、ミランがアーセナルに所属するMFジャック・ウィルシャーに関心を示しているようだ。<br><br>昨シーズン、ボーンマスへの期限付き移籍を経て、アーセナルに戻ったウィルシャー。しかし、現時点でウィルシャーはアーセナルのトップチームで出場機会が得られず、プレミア開幕週にはBチームの一員として下部リーグの公式戦に出場していた。<br><br>ウィルシャーはロシア・ワールドカップを前にイングランド代表への返り咲きを狙っているが、アーセナルではアピールの場がないことから、今夏の再移籍が有力視されている。<br><br>しかし、ミランからの関心についてウィルシャー本人は乗り気ではなく、イギリス国内でプレーする道を希望しているとの報道もある。<br><br>同選手にはミランのほか、アストン・ビラ、ウェストハム、ユベントス、サンプドリア、アンタルヤシュポルなども関心を示しているとされる。アーセナルとの契約は2018年6月までとなっており、ウィルシャーがどのような道を選ぶのか。移籍市場が閉幕する8月31日まで、いつ再移籍が決定してもおかしくない状況となっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.08.20 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェラード「エジルはお荷物」

▽リバプールOBで元イングランド代表MFのスティーブン・ジェラード氏がアーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルをこき下ろした。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽エジルは、19日に敵地で行われたプレミアリーグ第2節のストーク・シティ戦(0-1でアーセナルが敗戦)にフル出場。だが、チームを救う活躍は見られず、開幕2戦目にして今シーズン初黒星を喫した。 ▽イギリス『BTスポーツ』で解説を務めるジェラード氏は、そのエジルのパフォーマンスぶりを次のように批判。チームの「お荷物」だと酷評した。 「僕らは彼の一時代を見てきた。彼はワールドクラスの才能の持ち主だよ」 「でも、彼のボディランゲージやリアクションは心配だね。ボールを奪ったときの彼は、チームメートに何も提供しない。アウェイだと、彼はお荷物。不十分だ」 「彼と(MFグラニト・)ジャカは、ビルドアップの意識が弱い。(ボールを奪われたら、)エジルは諦めて、追いかけることすらしない」 2017.08.20 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

苦手ストークに敗れたアーセナル、ヴェンゲルは補強について「最初に選手を売ることになる」

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、すぐに選手を獲得することは考えないと明かした。イギリス『Four Four Two』が報じた。 ▽開幕戦のレスター・シティ戦で、4-3と劇的な勝利を挙げたアーセナル。苦手とするストーク・シティとの第2節に臨んだが、パリ・サンジェルマンからレンタル移籍で加入したFWヘセ・ロドリゲスにプレミア初ゴールを許し、1-0で敗れた。 ▽試合では、FWアレクサンドル・ラカゼットのゴールがオフサイドの判定で取り消されるなど不運にも見舞われ敗戦を喫したアーセナル。しかし、ヴェンゲル監督は選手を獲得して改善を図ることは考えず、むしろ売却を考えていることを明かした。 「まず最初に選手を売ることになると思う。選手が多すぎるため、何人かの選手がチームを出ていくだろう。そして、それはマネジメントできるものではない」 「多くのクラブがこのような状況にあるが、移籍市場は静かだ。現時点で33名の選手がおり、選手が多すぎる」 「今日のような試合の後に、私は移籍のモードになっていない。今夜は選手をすぐに買うということを考えるよりも、もっと失望している」 2017.08.20 11:13 Sun
twitterfacebook
thumb

ストークに敗れたアーセナル、ヴェンゲルはオフサイドで得点取り消しに不満

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットのゴールがオフサイドで取り消されたことに納得がいかないと語っている。<br><br>現地時間19日に行われたプレミアリーグ第2節で、アーセナルは敵地でストーク・シティと対戦。先制点を献上したアーセナルは、ラカゼットの同点ゴールをオフサイドで取り消されるなど、ストークに0-1で敗れている。試合後、ヴェンゲル監督はラカゼットのゴールを取り消した審判団の判定に満足できないようだ。<br><br>ヴェンゲル監督は『BTスポーツ』で「我々の挙げたゴールはオフサイドではない。とても簡単な判定だ。ボールが蹴られた瞬間、ラカゼットはオフサイドポジションではなかった」と判定に苦言。<br><br>続けて「とても不満の残る夜だ。我々には多くの得点チャンスがあったが、決められなかった。このような試合ではミスをしないことが大切だったが、後半開始直後の動きが悪く、その代償を払うことになってしまった。その後も十分なスピードでボールを回せず、連携も良くなかった。勝ち点3を取りこぼしてしまった」と結果を嘆いている。<br><br>また、フランス人指揮官は『BBC』に「我々はアンラッキーだった。オフサイドでないにもかかわらず、ゴールを取り消されてしまった。これは受け入れがたい敗戦だ。チャンスがあったから勝たなければならなかった。失点のシーンには不満が残る。言い訳のしようがない。考えられないようなゴールを与えてしまった。センターバックに納得できない」とコメントを残している。<br><br>アーセナルは、27日にアウェイでリバプールと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.08.20 09:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘセのプレミアデビュー弾に沈んだアーセナルが鬼門ブリタニアを攻略できず…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節のストーク・シティvsアーセナルが19日にBet365スタジアム(ブリタニア・スタジアム)で行われ、ホームのストークが1-0で勝利した。 ▽11日に行われた開幕戦でレスター・シティに4-3で勝利したアーセナルは、その試合からスタメンを2人変更。エルネニーとホールディングに代えてムスタフィとラムジーをスタメンで起用。[3-4-3]を採用し3トップは前節同様、エジル、ラカゼット、ウェルベックと並べた。 ▽一方、開幕節のエバートン戦を惜敗したストークは、その試合からベラヒノとボージャンに代えて共に新加入のヘセ・ロドリゲスとチュポ=モティングがスタメンに名を連ねた。 ▽立ち上がりはホームチームが押し込む展開となるが、アーセナルが落ち着いた対応でこれを凌ぐ。すると19分、セットプレーの流れからバイタルエリア左でボールを受けたチェンバレンが浮き球のパスを供給。これに反応したウェルベックがゴール左からダイレクトシュートで流し込んだが、GKバトランドの好セーブに防がれた。 ▽対するストークは21分、中盤からドリブルで持ち上がったヘセがボックス右深くまで持ち込みクロスを供給。これを中央に走り込んだチュポ=モティングがダイレクトで合わせたが、ジャストミートせずにボールはGKチェフがキャッチした。 ▽25分、ホームチームにアクシデント。左足を痛めたシャキリがプレー続行不可能となり、ベラヒノが投入された。すると27分、アーセナルはセットプレーから決定機。チェンバレンがボックス左手前で獲得したFKからクロスを供給。ファーサイドに走り込んだラムジーが右足で合わせたが、これはGKバトランドが体でブロック。 ▽その後も互いに相手ゴールに迫るも、ゴールを奪うには至らずゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半は、開始早々に試合が動く。47分、中盤でボールを受けたヘセがドリブルで持ち上がると、左のベラヒノへ展開。パスを受けたベラヒノが素早くボックス左へつなぐと、走り込んだヘセがダイレクトで流し込み、ストークが先制した。 ▽先制を許したアーセナルは、66分にコラシナツを下げてジルーを投入。すると直後の67分、エジルのパスをボックス手前のジルーがワンタッチでつなぐと、これに抜け出したウェルベックに決定機が生まれたが、滑り込みながらのシュートは飛び出したGKバトランドのブロックに阻まれた。 ▽猛攻を続けるアーセナルは72分にゴールネットを揺らす。チェンバレンのパスをボックス手前のジルーがヒールで流すと、相手DFにディフレクトしたボールをゴール前で受けたラカゼットが反転から左足のシュートをゴールへ突き刺した。しかし、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽同点弾が遠いアーセナルは、79分にラカゼットとジャカを下げてウォルコットとイウォビをピッチに送り出す。後半アディショナルタイム4分には、モンレアルの左クロスからジルーがヘディングシュートを放ったが、これも枠を外れ万事休す。 ▽ヘセのプレミアデビュー弾で鬼門攻略を逃がしたアーセナルが、今季初黒星を喫した。 2017.08.20 03:43 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース