超ワールドサッカー

3バック変更のヴェンゲル「チームが自信を失っている時に違うことを試すのは良いこと」2017.04.18 14:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、17日のミドルズブラ戦でのシステムの変更について、チームが自信を失っている時に違うことを試すのは良いことだと主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽アーセナルは17日、プレミアリーグ第33節のミドルズブラ戦に普段の4バックシステムではなく、[3-4-3]の新布陣で臨んだ。不慣れなシステムの影響もあり、攻撃の組み立てに苦戦したものの、42分にサンチェスの直接FKで先制。50分には1点を返されたものの、71分にボックス手前左のサンチェスからのクロスをラムジーが落とすと、最後はエジルが流し込み、2試合ぶりの勝利を挙げた。

▽試合後、ヴェンゲル監督は3バックへの変更について説明。また、良い結果がチームの自信を取り戻す手助けになると主張している。

「自信を失っている時でも、それは常に少しずつ取り戻すものだ。そして、良い結果はそれを助けてくれる」

「ロングボールに対して安定感を見せていた。しかし、相手の方が多くボールを支配していた。ただ、我々がWBAとクリスタル・パレスに負けた時は70%の支配率をキープしていたんだ。そして、今日の支配は、支配率の少ない試合だった」

「我々はボールを支配するのが好きだ。しかし、チームが自信を失っている時、システムを変えて、違うことを試すことは良いことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ラカゼット獲得交渉は長期戦に? リヨン会長「彼の代役が獲れない限り、移籍させない」

▽アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)の獲得オペレーションは、一筋縄ではいかないようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長のコメントを伝えている。 ▽今夏の移籍市場でラカゼット獲得にプライオリティを置くアーセナルは、4400万ポンド(約62億6000万円)から5700万ポンド(約81億円)といわれるオファーを準備し、獲得に近づいているとみられている。 ▽しかし、26日にチェルシーから獲得したブルキナファソ代表FWバートランド・トラオレ(21)のお披露目会見に出席したリヨンのオラス会長は、同選手がラカゼットの後釜として獲得したものではないと主張。さらに、アーセナルが獲得を狙うエースに関して、代役を見つけるまで放出する意思がないと語った。 「現時点での我々の見解はラカゼットの後釜とサインしない限り、我々は彼を残留させるつもりでいるということだ」 「彼は以前に退団の意思を示した。そして、希望するクラブ(アトレティコ・マドリー)と合意に至ったが、結局移籍は実現しなかった」 「彼は退団を希望している。そして、我々は来たるべき週にそれについて話し合うつもりだ。もちろん、彼の価値に相応しいオファーが届けば、それを聞く準備はある」 ▽なお、リヨンがラカゼットの後釜候補に挙げていたアーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)に関して同会長は、「我々はストライカーの備蓄を行うつもりはない。それにアーセナルは彼の残留を希望している」とコメント。獲得の可能性が遠のいたことを示唆している。 2017.06.27 06:19 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがユベントスMFマリオ・レミナ獲得に興味? イタリア人ジャーナリストが明かす

▽アーセナルがユベントスのガボン代表MFマリオ・レミナ(23)の獲得に興味を示しているという。イギリス『Tribalfootball』が報じた。 ▽イタリア人ジャーナリストのエマヌエーレ・ジュリアネッリ氏は同メディアのコラムで、レミナがアーセナル移籍に興味を持っていることを明かした。選手の代理人もアーセナルの関心に目を向けているとのこと。 ▽ロリアンでプロデビューを果たしたレミナは、その後マルセイユに移籍。昨シーズン、ユベントスへのレンタル移籍を経験した後、今シーズンは完全移籍で加入した。主にセントラルMFのポジションを得意とする同選手は、184cmながら足下の技術が高く、攻守にわたってチームに貢献できる。今季は公式戦29試合に出場し、1ゴール1アシストを記録した。 ▽なお、ジュリアネッリ氏は、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督がレミナ以上にモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)に関心を示しているとも主張している。 2017.06.26 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル続投アーセナルの来季を不安視する戸田氏「上位に置いていかれる可能性がある」《戸田和幸インタビュー⑤》

▽元日本代表で現在はサッカー解説者を務める戸田和幸氏に超ワールドサッカーがインタビューを実施。戸田氏は、2017-18シーズンのプレミアリーグの展望において、アーセナルとリバプールの状況を不安視している。 ▽リバプールはユルゲン・クロップ監督が率いて2シーズン目を迎えた2016-17シーズンを4位でフィニッシュ。上位陣には無敗でシーズンを終えたものの、下位チーム相手の取りこぼしが目立ち、チャンピオンズリーグ(CL)のストレートインを逃した。戸田氏はリバプールの戦い方を不安視し、CLの本戦に進んだ場合の不安要素を語ってくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「リバプールは上位と試合をするときは素晴らしい闘いを見せるんですけどね。でも、例えば順位が下のチームを相手にした時に自陣に下がられボールを持たされるような展開になるとカウンターでやられてしまったりCBとGKのところでのミスで失点を喫してしまう。失点の仕方が『あれ?』っというのが他の上位のクラブに比べると多いのかなという印象です」 「リバプールはプレーオフからではありますが新シーズンはいよいよCLもあります。クロップ監督のチームは本当に良く走りますが、例えばスパーズと比べてみるとより「走る」部分がベースとなっているチームではないかと。スパーズはビルドアップ、プレッシング、ショートカウンター、システムも4バック・3バック両方使えます。一方リバプールはビルドアップがあまり得意ではないと感じていますし、より走力ベースのサッカーをするのでパフォーマンスのばらつきが大きいと感じています」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>「前線に揃う多彩なアタッカー陣がガンガン走ってプレスをかけつつフィルミーノを起点に鋭いコンビネーション・突破を見せますがそのインテンシティの高いサッカーをシーズン通して続けられるのかという部分に疑問を持っています。また、CL本大会に出場出来たとしてどのくらいリーグ戦の成績を安定させることができるか。クロップ監督のサッカーにはエネルギー効率の部分とコンディション面の難しさが付きまといそうです」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>リバプールが強豪相手に強さを見せた一戦!<br /><a href="https://goo.gl/HDmm4v" target="_blank">第25節 リバプールvsトッテナム</a><hr></div>▽また、アーセナルは2016-17シーズン、1994-95シーズン以来となるライバルのトッテナムの後塵を拝しただけでなく、5位フィニッシュにより、19シーズン連続で出場していたCLの出場権も逃した。一方で、フロント陣は退任の噂もあったアーセン・ヴェンゲル監督の続投を決定。戸田氏は、2017-18シーズンのアーセナルも危惧している。 「アーセナルについてはヴェンゲル監督の続投に個人的には驚かされました。現有戦力がどうなるかにもよりますがアーセナルだけ(他の5クラブに)置いてかれる可能性はあるかなと見ています」 「ヴェンゲル監督の若手を獲得して育てるといった哲学、経営まで含めた全体のマネジメント力は素晴らしいと思いますが、今のサッカーそれだけでは勝てないのではないかと。もっとタイムリーに勝つ為の戦力を揃える事が必要だと考えます。サッカー自体については基本的に一つのシステムのみ。終盤に3バックを採用しましたがアーセナルのサッカーをより進化させる為の試みというよりは失点を防ぐ為の一時的な措置だったと思います。マネジメントとは別の視点で純粋にサッカーの部分でどれだけのものを作る事が出来る監督なのかという視点で見た時に戦術面含めた特徴は感じられないというのが率直な意見です」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>アーセナルが今季初めて3バックを採用した一戦<br /><a href="https://goo.gl/E6tRmq" target="_blank">第33節 ミドルズブラvsアーセナル</a><hr></div>「アーセナルのサッカーを見ていると、(メスト・)エジルとサンチェスに基本的に全幅の信頼と自由を与え全ての攻撃がこの2人からスタートします。ですので仮に彼らが消されてしまうもしくは調子が今一つだとなってしまうとチームとして機能しなくなります。どこにボールがあってもチームメイトは必ずこの2人を探す。ですから相手からすれば、潰すところが(はっきりしているので)やりやすくなっている。特定の選手に依存し過ぎると、チームとしては極端に機能しなくなってしまうということを、アーセナルを見ると感じます」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 「アーセナルの選手たちも一流ですが、他のライバルチームと比べると、足らないポジションはあると思います。(サンティ・)カソルラがいないことで中盤の構成力に影響が出ていると思いますがそれだけでは補えない箇所はあるのではないかと。GKの(ペトル・)チェフは変わらず素晴らしいですが中盤の中央と最終ラインはどうか。身体的なパワー・スピードも含めて若干落ちるかなと感じています。サンチェス・エジルの去就も非常に気になるところですし仮にこの二人がいなくなってしまったとして来季CLに出場することが出来ないクラブにどんな選手が来てくれるのか。戦力の維持という部分も難しいオフシーズンを迎えてると思います」 「ヴェンゲル監督の哲学は非常にオーソドックスで、選手を信頼して託すタイプだと分析しています。試合毎のプランがあったり試合の中で配置を変えたり守り方を変えたりといった部分は基本的にはありません。やはりボールを持ってナンボのチームですが戦力で考えてそれだけでは勝てないのではないかと。『アーセナル、今日は守備プレッシングに出てるな』という時の方が強かったりしますがそれが戦前からチームとして綿密に準備され行っているのかはよく分からない。(4月23日に行われたFAカップ準決勝の)マンチェスター・シティ戦や決勝でのチェルシー戦の時のように『その試合は絶対に勝つ』という強い気持ちをベースにプレーしている時のアーセナルは攻守に非常にバランスの取れた速くて上手いサッカーを見せます。しかしながらそれがシーズン通してできているわけではない」 「残念ながらバイエルンに10発叩き込まれて込まれてしまった試合を見た時にヨーロッパで勝ち上がっていく事が出来るチームではないのだという事が明らかになってしまった (※CL決勝トーナメント1回戦、2戦合計2-10で敗戦)。あそこまで完膚なきまでにやられるは。力の差があり過ぎて何度闘ってもやってもバイエルンには勝てないと思ったくらい力の差は大きかった。イングランドだけではなく欧州のビッグクラブと比較するとそれぐらい差が開いているところがある」 「エジルはよく批判されてますけど、僕は『この人からしか始まらないんだから(相手に潰されやすい)』って思いますね。逆に言えばエジルやサンチェスをうまく生かす為のシステムやメカニズムを作れば、そこまで依存する必要はなくなります。ですから試合を見た印象だけでエジルを批判する人にはサッカー自体への理解度が足らないと思いますしその前に考えることあるんじゃないかと思います。確かにアーティスティックな選手で感覚でプレーする選手ですしフィジカル的にも逞しさには欠けるかもしれませんが彼の持つビジョンや高い技術をベースにしたアイデア溢れるプレーは素晴らしい。どうしても給料が高いこともあって、『エジルが消えている』なんて批判をされてしまいますが消されてしまっている試合も多いというのが僕自身の見解です」 「選手たちだけでは解決できないことがサッカーには絶対あります。どの選手を選んでどこに配置しどう戦うかという事を決定するのが監督の大きな仕事の一つとなります。そう考えると他のライバルに比べてアーセナルが1番希薄ではないのかなと見ています」 「FAカップを獲った事もありヴェンゲル監督が続投すると決定しましたが来シーズンどんなサッカーを見せてくれるのか非常に興味深い。(アレックス・)イウォビなど若くて有望な選手もいますがプレミアで優勝する、CLに出場といった視点で考えると別の選択肢があってよかったのではないかと」 「ユーロ2016で強烈にブレイクしたレナト・サンチェスはバイエルンに移籍をした結果ほとんど出場することが出来ずに終わりました。それは単純に他の選手の力が上だからです。あのレナト・サンチェスが数試合で終わる(先発6試合、途中出場11試合)。それがバイエルンの強さ。アーセナルだったら間違いなくバリバリのレギュラーとして多くの試合に出られていたでしょう」 「アーセナルは安定した経営を第一に考えておりその上で上位にいる事が出来れば良いと考えているのではないでしょうか。ですから大きなお金を投資して勝つというのは、経営陣として望んでないのかもしれません。だからすべてに於いて経営陣の要求を満たしてくれるヴェンゲル監督でOKということなのかなと。CLを逃すという一つの結果がきっかけとなり(上位5チームに)離されるシーズンにならなければいいなと勝手ながらに心配をしています」 ※27日は、ラストとなる第6弾を公開!戸田氏が新シーズンプレミアリーグでプレーする日本人選手について語る!移籍の噂が挙がるあの日本人選手についても! 2017.06.26 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

リヨン会長、アーセナルがオファーを提示したラカゼットに言及!! ジルーへの興味も明言

▽リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、今夏の移籍市場で退団が噂されているフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ラカゼットに関しては以前からアトレティコ・マドリーが獲得に興味を示していた。ジャン=ミシェル・オラス会長は前日「移籍金として5300万ユーロ(約66億円)、さらにインセンティブで1200万ユーロ(約14億9500万円)と合計6500万ユーロ(約80億9700万円)のオファー」があったと認めている。 ▽しかしアトレティコは国際サッカー連盟(FIFA)から今夏の補強禁止処分を受けており、ラカゼット獲得交渉はまとまっていない。ここにきて、アーセナルも獲得に興味を示しており、ラカゼットの移籍金である4400万ポンド(約62億3500万円)を用意しているという。 ▽ジャン=ミシェル・オラス会長は再びラカゼットの移籍について言及。早急に決着をつけることはせずに、2クラブと交渉を行っていくと語った。 「アトレティコは1月1日にラカゼットを連れてきたいという明確な意思を見せている。我々としても、彼の移籍を急ぐことはない。ただ、移籍については彼の意思も聞かなければいけないと思っている」 「確かにヴェンゲルとも会っている。我々はラカゼットの移籍金を5000万~6000万ユーロ(約62億3100万~74億7700万円)に見積もっており、少なくともそれだけの額は支払ってもらう。一方でアトレティコは以前も言ったように合計で6500万ユーロのオファーを出した。アーセナルもこのことは知っているよ」 ▽またジャン=ミシェル・オラス会長は、アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーへの興味も口にしている。 「ジルーに対するアプローチはしている。我々は彼を注視しているよ。これまでに多くのゴールを奪っており、当然ながら2018年のワールドカップに向けての野心を持っている。彼ともコンタクトを取っているが、全てはヴェンゲル次第だ。今は状況を静観している」 2017.06.26 09:41 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、57億円でマルシャル獲得へ?

▽アーセナルが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽アーセナルは今夏、モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)を補強ターゲットにしていると報じられてきた。しかし、ムバッペの獲得に向けては1億ユーロ(約124億5000万円)を超えるといわれる移籍金に加え、選手自身がレアル・マドリー移籍を希望しているとの報道もある。 ▽そこで、アーセナルはマルシャルに狙いを切り替える用意があるようだ。2015年夏にモナコからユナイテッド入りしたマルシャルは、ルイス・ファン・ハール政権下の初年度こそインパクトを残したが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2016-17シーズンはパフォーマンスを落とした。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドで苦しむマルシャルに対して、アーセナルは4000万ポンド(約56億6000万円)のオファーを提示する準備があるようだ。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、個人的な関係が良好ではないジョゼ・モウリーニョ監督に放出を認めてもらいないことを危惧しており、ユナイテッドのフロント陣がポルトガル人指揮官をうまく説得することを期待しているようだ。 2017.06.25 10:49 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース