超ワールドサッカー

3バック変更のヴェンゲル「チームが自信を失っている時に違うことを試すのは良いこと」2017.04.18 14:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、17日のミドルズブラ戦でのシステムの変更について、チームが自信を失っている時に違うことを試すのは良いことだと主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽アーセナルは17日、プレミアリーグ第33節のミドルズブラ戦に普段の4バックシステムではなく、[3-4-3]の新布陣で臨んだ。不慣れなシステムの影響もあり、攻撃の組み立てに苦戦したものの、42分にサンチェスの直接FKで先制。50分には1点を返されたものの、71分にボックス手前左のサンチェスからのクロスをラムジーが落とすと、最後はエジルが流し込み、2試合ぶりの勝利を挙げた。

▽試合後、ヴェンゲル監督は3バックへの変更について説明。また、良い結果がチームの自信を取り戻す手助けになると主張している。

「自信を失っている時でも、それは常に少しずつ取り戻すものだ。そして、良い結果はそれを助けてくれる」

「ロングボールに対して安定感を見せていた。しかし、相手の方が多くボールを支配していた。ただ、我々がWBAとクリスタル・パレスに負けた時は70%の支配率をキープしていたんだ。そして、今日の支配は、支配率の少ない試合だった」

「我々はボールを支配するのが好きだ。しかし、チームが自信を失っている時、システムを変えて、違うことを試すことは良いことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、守備陣に不安抱えFAカップ決勝へ…チェルシー相手に今季初タイトルを目指す

アーセナルは守備に小さくない不安を抱えた状態で、シーズン最終戦で大一番となるチェルシー戦へ臨むことになりそうだ。<br><br>アーセナルは27日、FA決勝でチェルシーと対戦する。シーズン最終戦にして、今季初タイトルの懸かった重要な試合であるが、直近のエバートン戦でDFローラン・コシエルニーは危険なタックルで一発退場処分となり、大一番に出場することはできない。<br><br>さらに同じ試合で、DFガブリエウは負傷し、途中交代。ケガの程度は明らかとなっていないが、決勝戦まで時間は残されていないため、出場は絶望的だ。<br><br>そのため、アーセナルはエバートン戦を欠場している2選手の出場を強く求めているという。一人は太腿の負傷で離脱していたキーラン・ギブス、もう一人は体調不良で直前の試合の出場を回避したシュコドラン・ムスタフィだ。3バックを敷くと見られるアーセナルは、ムスタフィがナチョ・モンレアル、ロブ・ホールディングの横でプレーし、ギブスは左のウィングバックでの出場が予想されている。<br><br>多くの離脱者発生で、やや心もとないディフェンスラインとなっているアーセナル。強力なアタッカー陣を持つプレミアリーグ王者のチェルシーを相手に勝利をつかみ取れるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.23 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ビダル、同胞サンチェスのバイエルン加入を猛プッシュ「次のステップに進むべき」

バイエルン・ミュンヘンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは、同胞でアーセナルでプレーするFWアレクシス・サンチェスの加入を願っているようだ。スペイン紙『スポルト』に対し、その事実を明かしている。<br><br>今夏に大型補強に乗り出すとされるバイエルンだが、アーセナルとの契約をあと1年残すA・サンチェスが以前から新戦力候補として伝えられてきた。A・ビダルによると、バイエルンの幹部は実際に同選手の獲得に向けた調査を進めているという。同選手は次のように語った。<br><br>「彼ら(幹部)に聞かれたが、ここに来るべき選手だと言い続けているよ。彼はもう1年しか契約が残っていないし、あと3年残しているより手頃だろう。彼自身やチリ代表のためにも正しい決断を下してくれることを願っているよ。彼はとても大きな助けになり得る選手だからね」<br><br>「ずば抜けたプレーヤーなので、もちろんここに来てほしいさ。アーセナルでは上手くやっているが、世界のベストと戦うためには次のステップに進むべきだと思うんだ。そのためには世界のベストチームの一つでプレーしなければいけない」<br><br>マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンも強い関心を抱いていると伝えられるA・サンチェス。親友でもあると言われる代表チームでのチームメートの誘いに応じることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.23 18:04 Tue
twitterfacebook
thumb

チェフ、戦力維持のために特別な2選手の引き留めをクラブに要求

アーセナルのGKペトル・チェフは、クラブの攻撃陣をリードするアレクシス・サンチェスとメスト・エジルの残留を強く求めている。<br><br>今シーズンのアーセナルは、プレミアリーグでトップ4を逃し、チャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘンに大敗するなど、低調なシーズンを送った。この成績を受け、サポーターはアーセン・ヴェンゲル監督の退陣を要求し、また残り1年の契約を残すサンチェスとエジルの退団に関するうわさも後を絶えない状況となっている。<br><br>27日に古巣チェルシーとのFAカップ決勝を控えるチェフは「アレクシスは素晴らしい選手で、たくさんのゴールを挙げてきた」と今シーズンの全公式戦でチーム最多となる29ゴールをマークしたチリ代表選手を称賛し、以下のように続けた。<br><br>「彼ら(サンチェスとエジル)は特別な選手だ。誰だってそのような選手をできる限り長くチームに留めておきたいと思うはずだ。大切なことはチームの状態を保ち、成長するために努力を続けることだ。そしてトップに返り咲けるように準備したい」<br><br>さらに「20年のうち1年だけ低調なシーズンがあっても問題ではない。クラブには強固な基盤と組織、それに昨シーズンのチェルシーみたいにすぐにトップに戻れるために必要な物が全て備わっている。今シーズン、ヨーロッパでの戦いに参加しなかったことが彼らの躍動に大きく作用したと思う。なぜなら彼らは全エネルギーをリーグに注ぐことができた」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.23 15:08 Tue
twitterfacebook
thumb

アンリ、去就に揺れる古巣の3名について言及「FAカップ決勝後に全てがはっきりする」

アーセナルのレジェンド、ティエリ・アンリ氏は、去就に揺れるアーセン・ヴェンゲル監督と今夏の退団がうわさされるFWアレクシス・サンチェスとMFメスト・エジルについてイギリス『スカイ・スポーツ』で語っている。<br><br>今シーズン終了後にアーセナルとの契約が満了となるヴェンゲル監督の来シーズン以降の去就はまだはっきりとしていない。一方、残り12カ月の契約を残すサンチェスとエジルの移籍に関する話題は過熱しており、今夏での退団もささやかれている。<br><br>古巣に関するさまざまな憶測が飛び交う中、アンリ氏は「多くの人がアーセナルの将来に関して話をしている。それに何人かは『私にアーセンは来シーズンも残るのか』と尋ねてくる。そのたび私は&ldquo;そうだ&rdquo;と言っている。なぜなら彼が去るとしたら、すでにそう言っているはずだ。だから彼はここに残ると思っている」と20年ぶりにチャンピオンズリーグ出場を逃したものの、恩師の続投を予想し、以下のように続けた。<br><br>「首脳陣はアーセンと他の選手の状況をはっきりさせたいと思っているはずだ。もしこのことが明確になれば、サポーターはもう少し安心できると思う。誰もがいろいろな意見を持っているが、彼らが決断するまで何が起きるのか全く分からない。FAカップのファイナルが終わるまで何かが発表されることはないはずだ」<br><br>また、今シーズンの全公式戦で29ゴールを挙げたサンチェスに関して「彼の残留を願っているが、彼はチャンピオンズリーグで優勝する強い希望を持っている。彼はチャンピオンズリーグに出場できないアーセナルではなく、出場できるクラブへの移籍を望んでいると思う。まだ彼がどこかに行くとは聞いていない。しかし、彼はもうじき28歳か29歳になり、時間は止まらないことをわかっている」と今夏での退団を示唆した。<br><br>一方で、「彼がアーセナルで成功できると信じている。しかし来季にはチャンピオンズリーグもない。すぐに成功できないと感じれば、彼はさらに何年か待たなければならないし、もちろんその後もクラブが大きな成功を収められる保証はない。今夏何かしら起きるかもしれないが、彼はチームにとって必要不可欠な存在だ」とサンチェスの残留を強く求めた。<br><br>最後にアンリ氏は、パフォーマンスの安定しない司令塔のエジルに関してコメントを残している。<br><br>「メスト・エジルのようなビジョンを持って試合をコントロールできる選手は誰一人としていない。しかし彼は毎試合そのようにプレーできているわけではない。これが彼の改善すべき点だ。昨シーズンもアシストを重ね、素晴らしいプレーを披露してきたが、良い終わり方ができかった。今シーズンも一貫性を欠いたパフォーマンスだったと思う。彼は世界最高の能力を持った選手の一人として周知されているが、継続的にそのタレントを発揮できていない」<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

CL連続出場は「19」でストップのヴェンゲル、失望のシーズンも選手たちを擁護

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、就任以降初めてトップ4を逃したシーズンへの失望を露わにしたものの、退場者と負傷者を出しながら最終戦に勝利したチームを『BBC』で称賛している。<br><br>22日に行われたプレミアリーグ最終節で、DFエクトル・ベジェリン、FWアレクシス・サンチェス、MFアーロン・ラムジーのゴールで3-1と勝利を収めたアーセナルだが、リバプールとマンチェスター・シティも勝利したため、トップ4を逃すことが決定した。さらにこの試合では、ローラン・コシエルニーがレッドカードを受け、サンチェスとガブリエウは負傷退場となるなどチェルシーと対戦するFAカップ決勝に大きな不安を残している。<br><br>試合後、ヴェンゲル監督は「(コシエルニーの退場は)厳しすぎたが、我々は判定を受け入れざるを得ない。ガブリエウの負傷は深刻で、土曜日には間に合いそうもない。2人のセンターバックを失ってしまった」と語っている。<br><br>続けて「トップ4を逃したことは大きな失望だ。1ポイント届かずにシーズンが終わってしまった。1年を通してみれば、立派なものだ。我々はよくやったと思う。最終戦も10人での戦いを余儀なくされたが、良い試合ができた。今シーズンは難しい時期が続いたが、最後の2カ月、選手たちは逞しくなった。彼らのことを誇りに思う」と来シーズンのチャンピオズリーグ出場権を逃したものの、チームのパフォーマンスを評価した。<br><br>最後にヴェンゲル監督は「私はこのクラブを愛し、毎試合全力を尽くしてきた。このクラブへの愛情に疑いはない。世界中の全てのクラブに『私はここに残る』と断っている」といまだ正式発表のない来シーズンの去就について述べている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.22 12:30 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース