トップ4狙うビジャレアルが痛恨の敗戦…アラベスが連敗を「3」でストップ《リーガエスパニョーラ》2017.04.18 06:18 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、アラベスvsビジャレアルが17日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、ホームのアラベスが2-1で勝利した。

▽トップ4フィニッシュを目指す5位ビジャレアルと、11位アラベスの一戦。積極的な入りを見せたアラベスは、開始8分にイバイ・ゴメスのシュートで最初の決定機を作ると、その後も素早い攻守の切り替えを武器に優勢に試合を運ぶ。

▽一方、思うように中盤でボールを動かせないビジャレアルだったが、20分にはボックス左でバカンブからパスを受けたソリアーノがニアポストへ強烈なシュートを放ち、ゴールに迫った。

▽その後は拮抗した展開が続く中、35分に先制点が生まれる。ボックス手前でクリアボールに反応したイバイ・ゴメスが右足でダイレクトボレーで狙うと、抑えの利いたシュートがゴール左隅に決まり、アラベスがリードを奪う。さらに、前半終了間際の45分にはセットプレーの流れから右サイド深くでキコが上げたクロスをエリーが豪快なヘディングで合わせ、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。

▽迎えた後半、65分過ぎまでにトリゲロス、ボッレと2枚の交代カードを切って攻勢に出るビジャレアルは、70分にマリオ・ガスパールのスルーパスに抜け出したバカンブがボックス右からファーポストにシュートを流し込み、1点を返す。

▽このゴールで勢いづくビジャレアルは、その後もトリゲロス、バカンブらが積極的にシュートを放ち、あわや同点という場面を演出するが、相手GKの好守に遭い、あと1点が遠い。後半アディショナルタイムには、トリゲロスのスルーパスに反応したバカンブがボックス内でDFを振り切ってGKと一対一になるが、シュートを枠の左に外してしまい、試合はタイムアップ。

▽決定力不足が響き連勝がストップしたビジャレアルは、今節引き分けた4位セビージャとの勝ち点差が8ポイントに広がり、逆転でのトップ4フィニッシュが厳しくなった。一方、格上に競り勝ったアラベスは、連敗を「3」でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

バカンブ2G! 直近2戦5発で新生ビジャレアルを2連勝に導く《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節のジローナvsビジャレアルが15日に行われ、1-2でアウェイのビジャレアルが勝利した。 ▽開幕から低迷が続いたビジャレアルは、第6節のヘタフェ戦で4-0の敗北を喫した後にフラン・エスクリバ監督を解任。そして、Bチームからハビエル・カジェハ監督を引き上げて臨んだ前節のエイバル戦に3-0で勝利した。 ▽このまま波に乗りたいビジャレアルは、中盤をダイヤモンドにした[4-4-2]を採用。GKにバルボサを据え、最終ラインに左からジャウメ、ビクトル・ルイス、A・ゴンサレス、ガスパール、中盤の底にはロドリゴ・エルナンデスが入り、中盤左右にトリゲロス、カスティジェホを配置、トップ下をフォルナルスが務める。最前線では、サンソーネと前節ハットトリックの活躍をしたバカンブが2トップを形成し、昇格組ジローナの本拠地に乗り込んだ。 ▽試合が始まると、好調な男が序盤から仕事を果たす。9分、トリゲロスが敵陣中央付近から最終ラインの裏にフライスルーパスを送ると、最前線のバカンブが反応。ボックス内やや右で一対一を迎えると、冷静にニアを抜き先制点を奪った。 ▽さらに20分、カウンターの場面でボールを持ったフォルナルスが、敵陣中央付近から右足アウトでスルーパスを供給する。鋭くカーブしたボールは、DF2人の間を抜いてボックス右のバカンブの下に。再び一対一を迎えたバカンブが、今度はファーに勢いよく蹴り込んで追加点とした。 ▽反撃に出たいジローナは、40分にアダイ・ベニテスが左サイドをドリブル突破してクロスを上げると、飛び込んだストゥアーニが至近距離からヘディングシュート。これはGKバルボサの好守に阻まれたが、直後の左CKから得点が生まれる。CKは一度ブロックされたが、こぼれ球に反応したエスピノーサがボックス内右からダイレクトクロス。ストゥアーニがヒールで合わせ、ネットを揺らした。 ▽得点後、前半中に追いつきたいジローナはクロスを多用して攻め込んだが、ビジャレアルは重心を後ろに置いて対応し、リードを保ったまま試合を折り返す。後半は、ジローナがやや優勢な入りをみせた。得点とはならなかったものの、52分にはストゥアーニがクロスに飛び込みヘディングシュート。ビジャレアルのゴールマウスを脅かしていく。 ▽流れを変えたいビジャレアルは、56分にサンソーネを下げてバッカを投入。すると64分にチャンスが訪れる。カウンターの場面でボックス内フリーとなったバッカが、右足を強振。しかし、これはGKのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もお互いに得点を奪えずにいると、ビジャレアルは83分にバカンブを下げてロベルト・ソリアーノを投入。バッカを最前線とする[4-4-1-1]の布陣に変更し、ロベルト・ソリアーノはトップ下の位置に入った。 ▽結局、ジローナはバランスを整えたビジャレアルから得点を奪うことができず。前半のスコアは動かないまま、試合が終了。この結果、バカンブが直近2試合で5得点の大暴れで、ビジャレアルを2連勝に導いた。対するジローナは、6戦勝ちなしとなった。 2017.10.16 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

乾がフル出場もエイバルはバカンブにハットトリックを許し完敗…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第7節のビジャレアルvsエイバルが1日に行われ、3-0でビジャレアルが勝利した。エイバルの日本代表MF乾貴士はフル出場した。 ▽前節ヘタフェに完敗した14位ビジャレアルの本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカに18位エイバルが乗り込んだ一戦。キケ・ガルシアとセルジ・エンリクの2トップに乾とペーニャを両翼に配置した[4-4-2]の布陣で臨んだエイバルは、立ち上がりから一進一退の攻防を見せる。 ▽しかし、25分にトリゲロスの浮き球のパスでDFの裏に抜け出したバカンブが飛び出したGKの上を抜くループシュートを放つと、これがそのままゴールネットを揺らし、ビジャレアルが先制した。 ▽先手を取ったビジャレアルは38分、ボックス右手前でボールを受けたロドリゴ・エルナンデスが強烈なミドルシュートでエイバルゴールを脅かすが、これはGKドミトロビッチがわずかに触り枠の上に外れた。 ▽1点リードで前半を終えたビジャレアルは、後半も開始早々にスコアを動かす。52分、最終ラインからのパスをセンターサークル付近で受けたフォルナルスがワンタッチで右サイドに捌くと、右サイドを抜け出したサンソーネがクロスを供給。これをゴール前に走り込んだバカンブが滑り込みながら流し込み、追加点を奪った。 ▽エイバルの反撃は55分、フンカの左FKをファーサイドのセルジ・エンリクが頭で落とすと、これを受けたキケ・ガルシアがシュート。しかし、これは相手DFのブロックに阻まれ、こぼれ球をボックス中央の乾が合わせるも、シュートはゴール右に外れた。 ▽リードするビジャレアルは75分、フォルナルスのスルーパスに反応したカスティジェホがボックス左でアルビージャに倒されPKを獲得。このPKをバカンブがゴール右に決め、ハットトリックを達成した。 ▽両チームが3枚の交代カードを使い切り、試合終盤に突入。エイバルは83分にシャルレスの落としをペナルティアーク手前で受けたホルダンがミドルシュートで狙うも、これはクロスバーを直撃する。 ▽結局、その後はスコアが動かず3-0で試合終了。3試合で13失点を喫したエイバルは、リーグ戦3連敗となった。 2017.10.02 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、エスクリバ監督を解任

▽ビジャレアルは25日、同クラブを率いるフラン・エスクリバ監督(52)との契約を解除することを発表した。 ▽昨年8月にマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が電撃退任したビジャレアルは、ヘタフェやエルチェで実績を残していたエスクリバ監督を招へい。新指揮官の下、ビジャレアルは持ち前の堅守をさらに磨き上げて、28失点のアトレティコ・マドリーに次ぐ33失点でシーズンを終了。5位でのフィニッシュを果たし、ヨーロッパリーグ出場権をもたらしていた。 ▽しかし、今季は開幕2連敗という苦しいスタートに。そこから3戦負けなしとしていたものの、24日に行われたリーガエスパニョーラ第6節のヘタフェ戦で0-4と大敗。14位のクラブはエスクリバ監督と袂を分かつことを決断した。 2017.09.25 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎不在のヘタフェがビジャレアルに4発快勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、ヘタフェvsビジャレアルが24日に行われ、4-0でヘタフェが勝利した。日本代表MF柴崎岳は負傷のため欠場した。 ▽ここまで1勝2敗2分けで14位のヘタフェは、2勝2敗1分けで10位に位置するビジャレアルとのホームゲームに臨んだ。前々節のバルセロナ戦で左足を痛めて途中交代していた柴崎は、前節に続き招集外となった。 ▽前半はホームのヘタフェがチャンスを演出する。11分、左CKの場面にカラがニアで合わせるが、惜しくも枠を捉えられず。26分にはアランバッリがボックス手前からボレーで狙うがGKにパンチングで防がれる。直後には、アンヘルがネットを揺らすもオフサイドの判定で先制ならず。前半はゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、ヘタフェが先制点を奪う。54分、ダミアン・スアレスの右CKをモリーナが逸らすと、ゴール前左からアンヘルが頭で押し込んだ。さらに64分には、ボックス手前でボールを奪ったモリーナが、そのままシュートを流し込んで追加点を挙げた。 ▽勢いに乗るヘタフェは直後の67分、右サイドのダミアン・スアレスのクロスに、カラが頭で合わせるが、これはGKにセーブされる。しかし、そのこぼれ球をマルケルが詰めて試合を決定づける3点目を沈めた。 ▽さらに試合終了間際には、FKからアンヘルがこの日2点目を決めて4-0。試合はこのまま終了。柴崎不在のヘタフェが、ビジャレアル相手に4発大勝を収めた。 2017.09.25 01:14 Mon
twitterfacebook
thumb

白熱のビジャレアルvsエスパニョールはゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節のビジャレアルvsエスパニョールが21日に行われ、0-0のドローに終わった。 ▽2連勝中のビジャレアルが、前節今季初勝利を挙げたエスパニョールをホームに迎えた一戦。ビジャレアルはキャプテンのブルーノを負傷で欠くものの、バッカとバカンブの好調2トップを最前線に配した[4-4-2]を採用。対するエスパニョールは、左右のサイドハーフにレオ、ピアッティ、2トップにフラードとジェラール・モレノを配した[4-4-2]の布陣で臨んだ。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防となったなか、アウェイのエスパニョールが4分にレオのミドルシュート、7分にはアーロンの左クロスをゴール前のフラードが頭で合わすが、いずれも枠を捉え切れない。 ▽前半半ばを過ぎても拮抗した展開が続く。21分にはエスパニョールがセットプレーからエルモソのヘディングシュートでゴールに迫るが、ここはGKバルボサの好守に遭う。対するビジャレアルも右サイドに入るカスティジェホの個人技を軸に攻勢を仕掛けると、トリゲロスの圧巻のミドルシュートなどで決定機を作るが、こちらも決め切れず、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半に入っても試合展開に変化はなし。互いに得意のカウンターからゴールに迫るものの、ジェラール・モレノの序盤の決定機はビジャレアルGKバルボサに、70分にバカンブが放った際どいシュートはエスパニョールGKパウ・ロペスの好守に遭う。 ▽過密日程の中で何とか勝ち点3がほしい両チームは積極的に交代カードを切っていく。試合終盤にかけてはロベルト・ソリアーノ、ウナルと途中出場の2人のプレーでホームのビジャレアルが攻勢に転じるが、最後までエスパニョールの堅守を崩し切れず。白熱の一戦は痛み分けのゴールレスドローに終わった。 2017.09.22 05:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース