トップ4狙うビジャレアルが痛恨の敗戦…アラベスが連敗を「3」でストップ《リーガエスパニョーラ》2017.04.18 06:18 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、アラベスvsビジャレアルが17日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、ホームのアラベスが2-1で勝利した。

▽トップ4フィニッシュを目指す5位ビジャレアルと、11位アラベスの一戦。積極的な入りを見せたアラベスは、開始8分にイバイ・ゴメスのシュートで最初の決定機を作ると、その後も素早い攻守の切り替えを武器に優勢に試合を運ぶ。

▽一方、思うように中盤でボールを動かせないビジャレアルだったが、20分にはボックス左でバカンブからパスを受けたソリアーノがニアポストへ強烈なシュートを放ち、ゴールに迫った。

▽その後は拮抗した展開が続く中、35分に先制点が生まれる。ボックス手前でクリアボールに反応したイバイ・ゴメスが右足でダイレクトボレーで狙うと、抑えの利いたシュートがゴール左隅に決まり、アラベスがリードを奪う。さらに、前半終了間際の45分にはセットプレーの流れから右サイド深くでキコが上げたクロスをエリーが豪快なヘディングで合わせ、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。

▽迎えた後半、65分過ぎまでにトリゲロス、ボッレと2枚の交代カードを切って攻勢に出るビジャレアルは、70分にマリオ・ガスパールのスルーパスに抜け出したバカンブがボックス右からファーポストにシュートを流し込み、1点を返す。

▽このゴールで勢いづくビジャレアルは、その後もトリゲロス、バカンブらが積極的にシュートを放ち、あわや同点という場面を演出するが、相手GKの好守に遭い、あと1点が遠い。後半アディショナルタイムには、トリゲロスのスルーパスに反応したバカンブがボックス内でDFを振り切ってGKと一対一になるが、シュートを枠の左に外してしまい、試合はタイムアップ。

▽決定力不足が響き連勝がストップしたビジャレアルは、今節引き分けた4位セビージャとの勝ち点差が8ポイントに広がり、逆転でのトップ4フィニッシュが厳しくなった。一方、格上に競り勝ったアラベスは、連敗を「3」でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

バカンブがビジャレアルとの契約解消! 年俸24億円での北京国安入り確実に

▽ビジャレアルは17日、契約解除金の支払いを受けてDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(26)との契約を解消したことを発表した。 ▽フランス『レキップ』が伝えるところによれば、予てより中国スーパーリーグの北京国安への移籍が取り沙汰されていたバカンブには、4000万ユーロ(約54億2000万円)の契約解除条項が設定されていたという。そして、北京国安が今回この契約解除金を支払ったことで、フリーの状態となった同選手は今後北京国安との交渉を経て正式に同クラブの一員となる。 ▽なお、バカンブは北京国安でアフリカ人史上最高額であり、現サッカー界のサラリーランキングトップ10入り確実となる、年俸1800万ユーロ(約24億4000万円)を受け取ることになる。 ▽2015年夏にトルコのブルサシュポルからビジャレアルに移籍したバカンブは、加入後すぐに主力として定着。キレのあるドリブルや抜群の決定力で活躍すると、今シーズンはリーガエスパニョーラ第17節終了時点で公式戦21試合14ゴールと、破壊力を示している。 2018.01.18 04:05 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 0-1 ビジャレアル《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーvsビジャレアルが13日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、アウェイのビジャレアルが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180114_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 5.5 失点は致し方なし。堅実なゴールキーピングを見せた DF 2 カルバハル 6.0 攻守のバランスを意識した堅実なパフォーマンス。後半は攻撃参加で援護射撃 5 ヴァラン 6.0 身体能力と読みを利かせた守備でリスク管理を怠らず 6 ナチョ 6.0 抜群のプレーリードでバッカとの駆け引きを制す 12 マルセロ 6.0 弾丸ミドルや正確なクロスで攻撃にアクセントを加えた。守備もまずまず MF 10 モドリッチ 6.5 高い技術と判断でC・ロナウドの2度の絶好機を演出するなど、攻撃の起点となった 14 カゼミロ 5.5 むやみに攻め上がらず、中盤のフィルター役を務めた 22 イスコ 5.5 幾度か決定機を演出したが、より存在感を示したい (→L・バスケス 5.0) チャンスを演出した場面もあったが、物足りない 8 クロース 6.5 正確なパスでリズムを作り、今日はシュート意識も高かった FW 7 C・ロナウド 4.5 フィニッシュに絡む形は良かったが、再三の決定機を逸してブレーキに… 11 ベイル 5.5 前線で起点となったが、なかなか自分の形でフィニッシュに持ち込めなかった (→アセンシオ 5.0) 流れを変えるようなプレーはなかった 監督 ジダン 5.0 守備面の修正などは見られたが、相変わらずの決定力不足が敗戦の要因に ▽ビジャレアル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180114_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アセンホ 7.0 元アトレティとして宿敵相手に再三の好守を連発 DF 2 ガスパール 6.5 自陣に押し込まれる場面が目立ったが、粘り強い守備でマルセロやベイルに対応 23 ボネーラ 6.0 アジリティ不足を何とか経験で埋め粘り強い守備を続けた 3 A・ゴンサレス 6.5 あわやPKというプレーもあったが、ボネーラをサポートしつつ対人守備で存在感 11 ジャウメ 5.5 幾度か自身のサイドからピンチを招いたが、セットした守備では安定していた MF 28 ラバ 5.0 守備に追われてなかなか攻撃に推進力を与えられず (→チェリシェフ 6.0) 古巣相手に積極的な仕掛けを見せ、決勝点の起点となった 14 トリゲロス 5.5 堅実に守備はこなしたが、相手の豪華な中盤に対して攻撃面で違いを生めず 8 フォルナルス 6.5 バッカと中盤のつなぎ役に奔走。絶妙なスルーパスで決定機も創出し、値千金の決勝点を奪った 16 ロドリゴ・エルナンデス 6.0 対人の強さを生かした守備で最終ラインをサポート。後半はボール奪取からカウンターの起点に 10 カスティジェホ 6.0 スペースケアや相手サイドバックへの対応などチームプレーに徹する。後半は攻撃でも仕掛ける場面を見せた (→ルカビナ -) FW 9 バッカ 5.5 周囲のサポートが少ない中、幾度か得意の飛び出しでチャンスに絡んだ (→ウナル 5.5) 自身はヒーローになれなかったが、決勝点に関与 監督 カジェハ 6.5 粘り強い戦いでサンティアゴ・ベルナベウから勝ち点3を持ち帰る。チェリシェフ投入も機能 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アセンホ(ビジャレアル) ▽前半に見事な3本のビッグセーブをみせ、チームに流れを持ってくるなど、キャリアを通じてケガに悩まされ続けてきた実力者が圧巻の輝きを放つ。 レアル・マドリー 0-1 ビジャレアル 【ビジャレアル】 フォルナルス(後42) 2018.01.14 02:16 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが大ブレーキのマドリーが終盤被弾でビジャレアルに敗戦…直近リーグ2敗1分けの泥沼に…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーvsビジャレアルが13日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、アウェイのビジャレアルが1-0で勝利した。 ▽前節、セルタ相手に痛恨のドローを喫した4位のレアル・マドリー(勝ち点32)は、首位バルセロナとの暫定勝ち点差が「16」に開き、逆転での連覇は絶望的に。さらに、ミッドウィークのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグではベスト8進出を決めたが、格下ヌマンシア相手にホームで引き分け、公式戦2試合連続ドローとなった。 ▽後半戦に向けて立て直しを図るチームは今節、6位のビジャレアル(勝ち点28)との上位対決に臨んだ。セルタ戦からは出場停止明けのカルバハルをアクラフ・ハキミに代わって復帰させた以外、同じメンバーを起用。前線はベイルとクリスティアーノ・ロナウドの2トップにイスコのトップ下という構成となった。 ▽雨の降りしきる中でスタートした一戦は立ち上がりから拮抗した展開が続く。予想通り、ボールを保持するマドリーはベイルやC・ロナウドの足元やスペースにボールを供給し、2トップのスピードを生かした攻めを見せる。 ▽13分には右サイドで得たCKの場面でクロースがアウトスウィングのボールを入れると、これを競り勝ったヴァランがヘディングシュート。枠の右に外れそうなボールに反応したベイルが頭で押し込むが、ここはわずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められず。直後の19分にはバイタルエリア中央でマルセロが左足の弾丸ミドルを枠の右隅に飛ばすが、ここはGKアセンホのパラドンに阻まれた。 ▽畳みかけるマドリーは22分、ボックス手前中央の好位置でFKを獲得。キッカーのC・ロナウドが直接狙ったシュートが壁にディフレクトして枠を捉えるが、ここは再びGKアセンホが鋭い反応で触りボールはクロスバーを叩いた。 ▽一方、前線からプレスをかけるもののなかなかハマり切らないビジャレアルだが、28分に決定機を創出。左サイドでボールを持ったフォルナルスが右足アウトにかけた絶妙なスルーパスをゴール前に走り込むバッカに通す。だが、バッカのシュートは相手DFナチョのブロックに阻まれた。 ▽何とか前半のうちにリードを奪いたいマドリーはC・ロナウドに続けて絶好機が訪れる。30分、相手GKのフィードをカットしてカウンターに転じると、モドリッチからボックス右に走り込むC・ロナウドに絶妙なスルーパスが通るが、ポルトガル代表FWは飛び出したGKアセンホにコースを消されて一対一を決め切れない。その直後にもモドリッチのラストパスに抜け出したC・ロナウドがボックス右で右足を振り抜くが、シュートは右ポストを掠めて枠外に外れる。その後も再三のシュートを決め切れないC・ロナウドは45分、ボックス右でイスコの入れたグラウンダーのクロスに飛び込むが、体勢を崩しながらもゴール至近距離で合わせた右足のシュートは再びアセンホのパラドンに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先に動いたのはビジャレアル。右ウイングに入っていたストライカータイプのラバを下げて古巣対戦のチェリシェフをハーフタイム明けに投入。この交代でカスティジェホが右に、チェリシェフが左のウイングに入る。立ち上がりからアグレッシブな入りを見せるアウェイチームは47分、ボックス手前でバッカから短いパスを受けたチェリシェフがフリーで左足を振り抜くが、これは枠の右に外れる。 ▽一方、後半も主導権を握るマドリーは52分、ボックス左でカルバハルからの浮き球クロスに反応したクロースが抑えの利いたボレーシュートを放つが、これはややコースが甘くGKアセンホにセーブされる。その後は一進一退の攻防が続く中、モドリッチやC・ロナウドのミドルシュートで先制ゴールを狙うマドリーだが、アセンホの牙城を破れない。 ▽流れを変えたいジダン監督は70分、やや存在感が希薄になってきたイスコとベイルを下げてアセンシオとルーカス・バスケスを同時投入。この交代でC・ロナウドが最前線に、バスケスとアセンシオが左右のウイングに入る[4-3-3]にシステムを変更する。80分にはボックス右でタメたバスケスからのマイナスパスをモドリッチがダイレクトで狙うが、枠を外してしまう。 ▽ホームで勝ち点逸は許されないマドリーは試合終盤にかけてリスクを冒した攻めに出る。すると、この選択が裏目に出る。87分、右サイドからのCKの場面でビジャレアルのロングカウンターを許すと、左サイドを突破したチェリシェフのラストパスからウナルとGKケイロル・ナバスが一対一に。ここは守護神の好守で凌いだが、こぼれ球に反応したフォルナルスに絶妙なミドルループシュートを流し込まれ、痛恨の失点。その後、決死の猛攻を見せるも最後までアセンホの牙城を破れなかったマドリーは、2018年初黒星を喫すると共に直近のリーグ戦2敗1分けという泥沼の状況に陥った。 2018.01.14 02:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、記者会見で憤る「すべてが悪いわけではないと知っているくせに…」

今季、不調が騒がれるレアル・マドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督はメディアからの批判に納得がいかない様子だ。<br><br>13日のリーガエスパニョーラ第19節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦を前に会見に出席したジダン監督。この会見でも低調なチームについての質問が相次いだが、ジダン監督はそうした問いかけにうんざりしているようで、語気を荒げながら返答していった。<br><br>「言われているようなことについて耳を貸す必要はない。現在のマドリーは、すべてがネガテイブに話されている。だが私はそのようには見ていない。全コンペティションで生き残っているなど、ポジティブなことも取り上げる必要がある。言われているほどには悪くはないんだ」<br><br>「最後に戦った試合(2&minus;2で終えたコパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、ヌマンシア戦)は私が好むものだった。自分が言うことだって聞く耳を持たなければならないはずだがね。確かに、私たちの調子が悪いという意見を聞くことにはうんざりしている。だが私は変わらないし、変わることを望んでもいない。君たち(報道陣)の立場からすれば、すべてが悪いと言うのは簡単だ。けれどもすべてがネガティブではないことも分かっているだろう。マドリーについてネガティブに語るのは素晴らしく、新聞がもっと売れるとしてもね」<br><br>また、バルセロナやアトレティコ・マドリーがこの冬に新戦力を加えているのに対して、レアル・マドリーは補強に動かず、ファンを失望させているとの意見にはこう返した。<br><br>「理解することはできる。自分が求める選手が加入を望んでいるとしたら、悪いことではない。だが現在、そうした選手は存在しない。このチームには私が望む選手たちがいる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.13 22:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがコロンビアの新星FWロヘル・マルティネスを買い取りオプション付きのレンタルで獲得

▽ビジャレアルは7日、江蘇蘇寧に所属するコロンビア代表FWロヘル・マルティネス(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は今季終了までとなっている。 ▽2013年にラシンでプロデビューを飾ったマルティネスは、コロンビア国内で将来を嘱望される若手ストライカー。2016夏のコパ・アメリカ・センテナリオでもプレーした同選手は、2015-16シーズン当時に所属していたラシンで公式戦15試合7ゴールを記録すると、2016年の夏に江蘇蘇寧に完全移籍。江蘇蘇寧では、在籍2シーズンで42試合に出場し20ゴール10アシストを記録していた。 ▽なお、ビジャレアルは今季クラブ最多となる9ゴールをマークしているDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブに北京国安移籍の可能性が取り沙汰されており、その後釜としてマルティネスが獲得された格好だ。 ▽また、マルティネスの移籍を容認した江蘇蘇寧は、公式サイトで以下のコメントを発表。 「ヨーロッパでプレーすることはマルティネスの夢だった。クラブは選手たちの夢を尊重しサポートしていく。マルティネスがラ・リーガで成功することを祈っている」 2018.01.07 22:45 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース