トップ4狙うビジャレアルが痛恨の敗戦…アラベスが連敗を「3」でストップ《リーガエスパニョーラ》2017.04.18 06:18 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、アラベスvsビジャレアルが17日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、ホームのアラベスが2-1で勝利した。

▽トップ4フィニッシュを目指す5位ビジャレアルと、11位アラベスの一戦。積極的な入りを見せたアラベスは、開始8分にイバイ・ゴメスのシュートで最初の決定機を作ると、その後も素早い攻守の切り替えを武器に優勢に試合を運ぶ。

▽一方、思うように中盤でボールを動かせないビジャレアルだったが、20分にはボックス左でバカンブからパスを受けたソリアーノがニアポストへ強烈なシュートを放ち、ゴールに迫った。

▽その後は拮抗した展開が続く中、35分に先制点が生まれる。ボックス手前でクリアボールに反応したイバイ・ゴメスが右足でダイレクトボレーで狙うと、抑えの利いたシュートがゴール左隅に決まり、アラベスがリードを奪う。さらに、前半終了間際の45分にはセットプレーの流れから右サイド深くでキコが上げたクロスをエリーが豪快なヘディングで合わせ、ホームチームが2点リードで試合を折り返した。

▽迎えた後半、65分過ぎまでにトリゲロス、ボッレと2枚の交代カードを切って攻勢に出るビジャレアルは、70分にマリオ・ガスパールのスルーパスに抜け出したバカンブがボックス右からファーポストにシュートを流し込み、1点を返す。

▽このゴールで勢いづくビジャレアルは、その後もトリゲロス、バカンブらが積極的にシュートを放ち、あわや同点という場面を演出するが、相手GKの好守に遭い、あと1点が遠い。後半アディショナルタイムには、トリゲロスのスルーパスに反応したバカンブがボックス内でDFを振り切ってGKと一対一になるが、シュートを枠の左に外してしまい、試合はタイムアップ。

▽決定力不足が響き連勝がストップしたビジャレアルは、今節引き分けた4位セビージャとの勝ち点差が8ポイントに広がり、逆転でのトップ4フィニッシュが厳しくなった。一方、格上に競り勝ったアラベスは、連敗を「3」でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

10人のビジャレアルが来季ELを争うビルバオとの直接対決で完勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第31節のビジャレアルvsビルバオが7日に行われ、3-1でビジャレアルが勝利した。 ▽5位ビジャレアル(勝ち点51)が、6位ビルバオ(勝ち点50)を本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカに迎えた上位対決。ミッドウィークに行われたベティス戦で3試合ぶりの白星を飾ったビジャレアルは、その試合からスタメンを5人変更。サンソーネやジョナタン・ドス・サントスらに代えて、ソルダードやブルーノ・ソリアーノらをスタメンで起用。 ▽一方、エースFWアドゥリスの3戦連発弾などでリーグ戦2連勝中のビルバオは、ミッドウィークに行われたエスパニョール戦(2-0)から先発メンバーを5人変更。ムニアインやスサエタらをベンチに置き、イニャキ・ウィリアムズやサン・ホセらを先発に並べた。 ▽来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す両チームの一戦は、目まぐるしく攻守が入れ替わるインテンシティの高い試合が展開される。そんな中、先に試合を動かしたのはビジャレアル。 ▽17分、バイタルエリア左でボールを受けたロベルト・ソリアーノのパスをソルダードがダイレクトで繋ぐと、ボックス左で受けたカスティジェホが左足を振り抜く。これはジェライ・アルバレスにブロックされるも、左ポストに当たったこぼれ球をゴール右のビクトル・ルイスがゴールに押し込んだ。 ▽先制を許したビルバオだが、すぐに反撃に転じる。20分、ベニャトの右CKをファーサイドでフリーのラポルトが右足で合わせると、これがゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。 ▽同点に追いつかれたビジャレアルは、36分にアクシデント。足に違和感を訴えたカスティジェホがピッチに座り込みプレーを中断。そのままアドリアン・ロペスと交代でベンチへと下がった。 ▽前半終了間際、ビルバオに決定機が生まれる。前半アディショナルタイム1分、ボックス右付近でボールを受けたデ・マルコスがクロスを供給。ゴール前のアドゥリスがドンピシャのヘディングシュートで合わせたが、これはクロスバーに嫌われた。 ▽1-1で迎えた後半、試合は開始早々に動く。47分、ロベルト・ソリアーノのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したバカンブが、ボックス内まで持ち上がりシュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、ビジャレアルが勝ち越しに成功した。 ▽再びリードを奪ったビジャレアルは、勢い付いて畳みかける。58分、バイタルエリア左でロベルト・ソリアーノがラウール・ガルシアに倒されてFKを獲得。このFKをゴール右に走り込んだビクトル・ルイスが頭で折り返すと、最後はゴール前に走り込んだアドリアン・ロペスが押し込んだ。 ▽リードを広げられたビルバオは、60分にベニャトとレクエを下げてイトゥラスペとムニアインを同時投入する2枚替えを敢行した。すると67分、ラウール・ガルシアのパスを受けたアドゥリスがボックス右からハーフボレーでゴールを狙うも、ドライブ気味の強烈なシュートはクロスバーを直撃した。 ▽2点をリードするビジャレアルだが74分、右サイドを持ち上がったイニャキ・ウィリアムズに対し、ビクトル・ルイスが横から足を高めに上げたスライディングタックルを見舞うと、これにレッドカードが掲示され、試合終了まで15分以上を残して数的不利を背負うことに。 ▽その後、ビルバオの猛攻に晒されたビジャレアルだが、集中した守りでこれをシャットアウト。EL出場権を争うビルバオとの直接対決に勝利したビジャレアルがリーグ戦連勝を飾った。 2017.04.08 05:58 Sat
twitterfacebook
thumb

一時帰国する乾が今季初ゴール!! エイバルが5試合ぶりの白星!!《リーガエスパニョーラ》

▽エイバルは4月1日、リーガエスパニョーラ第29節でビジャレアルと対戦し、3-2で勝利した。日本代表MF乾貴士はフル出場すると77分に決勝ゴールを奪う活躍を見せた。 ▽リーグ戦で4試合白星から遠ざかっている8位のエイバル(勝ち点41)が、アウェイで5位のビジャレアルと対戦した。この試合後に、スペイン国王夫妻と安倍晋三首相の食事会に出席するため一時帰国する乾は左サイドハーフとして先発出場を果たしている。 ▽試合は18分、ビジャレアルがロベルト・ソリアーノのヘディングゴールで先制する。前半はそのまま終えるも、46分にエイバルは、キケ・ガルシアがボックス内で倒されてPKを獲得。これをペドロ・レオンが沈めて同点とした。 ▽さらに54分には、キケ・ガルシアの強烈なジャンピングボレーがネットを揺らしてエイバルが逆転に成功。直後の62分には乾がファウルを犯してイエローカードを受ける。乾はこれで次節のラス・パルマス戦は出場停止となった。迎えた77分、その乾が相手からボールを奪い、ドリブルでボックス内へ。そのまま右足を振り抜くと、このシュートがゴールマウス左上に突き刺さる。乾の今シーズン初ゴールで、エイバルがリードを2点とした。 ▽試合終盤の89分にはロベルト・ソリアーノにこの日2点目となるゴールを奪われたエイバルだったが、なんとか1点を守り切って試合は終了。乾のゴールが決勝点となり、エイバルが5試合ぶりの白星を飾った。 ▽なお、乾は食事会に出席するため、出場停止となった第30節のラス・パルマス戦と第31節のセルタ戦を欠場する予定となっている。 2017.04.02 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ブルーノ・ソリアーノ、ビジャレアル選手がスペイン代表に招集されない理由は「メディアの扱いの差」

ビジャレアルMFブルーノ・ソリアーノは、同クラブの選手がスペイン代表に招集されにくい理由の一つとして、メディアにあまり扱われないことを挙げている。<br><br>リーガエスパニョーラで安定して成績を収めるビジャレアルだが、スペイン代表に招集される選手は数少ない。現在ワールドカップ欧州予選を戦っているメンバーには、一選手も招集されていない状況だ。<br><br>スペイン『パネンカ』とのインタビューに応じたビジャレアル主将ブルーノは、その理由の一つとしてメディアの同クラブの扱い方を挙げる。人口5万人の町のクラブであるビジャレアルは、スペインのスポーツ全国紙でも半ページ取り上げられれば良い方だが、その扱いの少なさが影響しているという。<br><br>「確かに、ほかのチームメートが心地良く感じているようなメディアが僕たちにはない。だからより懸命に働く必要がある。例えば、現在ビジャレアルにいる選手たちは代表でも重要な役割を務められるはずだ。だけど、世の中はこういう風に機能しているんだよ。もちろん、代表に招集される選手たちは、そこでプレーするに値するんだろうけど」<br><br>ブルーノ・ソリアーノは一方で、ポジションが重なるバルセロナMFセルジ・ブスケッツの存在によって、自身が代表に呼ばれないとの意見にこう返答した。<br><br>「分からない。でも僕にとって彼は偉大な選手で、そのポジションでは世界有数の存在だ。僕が代表でプレーしていないのが、彼のせいだなんて感じていない。もっと代表でプレーしたいという思いがあるのは確かだが、代表には素晴らしい選手たちがいて、そこでプレーできないのは僕だけじゃないんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

退場者出したビジャレアル、連勝が3でストップしCL圏遠のく《リーガエスパニョーラ》

▽ビジャレアルは17日、リーガエスパニョーラ第28節ラス・パルマスとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節セルタ戦を1-0と勝利して3連勝とした5位ビジャレアル(勝ち点48)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アトレティコ・マドリーを4ポイント差で追走。そのビジャレアルはセルタ戦のスタメンから2選手を変更。ソルダード、バカンブに代えてサンソーネとロベルト・ソリアーノを起用した。 ▽前節エスパニョールとの打ち合いに敗れた12位ラス・パルマス(勝ち点)に対し、ビジャレアルはサンソーネを1トップに据え、中盤アンカーにブルーノ・ソリアーノ、2列目に右からカスティジェホ、トリゲロス、ジョナタン・ドス・サントス、ロベルト・ソリアーノと並べる[4-1-4-1]を採用した。 ▽そのビジャレアルは開始2分にカスティジェホのミドルシュートでゴールに迫るも、10分に失点する。左サイドからのD・カステジャーノのクロスにK・ボアテングに頭で合わせられた。 ▽さらに20分、K・ボアテングにディフェンスライン背後を取られたビクトル・ルイスが後方からK・ボアテングを倒し、一発退場となった。10人となったビジャレアルはカスティジェホを下げてA・ゴンサレスを投入した。 ▽引き続きラス・パルマスの劣勢が続くと、31分にはK・ボアテングのパスからボックス左のマテオ・ガルシアのシュートを浴びるも、GKがセーブ。ハーフタイムにかけてもラス・パルマスのポゼッションを許したビジャレアルは、反撃の糸口を掴めないまま前半を終えた。 ▽迎えた後半も苦しいビジャレアルは57分にK・ボアテングに決定的なヘディングシュートを許すも、わずかに枠を外して助かった。 ▽それでも59分、ボックス手前左からサンソーネのシュートが枠の右を捉えるチャンスを演出。これはGKの好守に阻まれたが、ここから流れを引き寄せると、65分にはトリゲロスが直接FKでGKを強襲した。終盤にかけても10人のビジャレアルが必死の反撃に出たが及ばず、0-1のまま敗戦。連勝が3で止まり、CL圏が遠のいている。 2017.03.18 06:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ベイルの負傷をジダン監督が否定…交代は安全策か

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルは、26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節ビジャレアル戦で負傷明け初の先発出場を果たした。89分には足を痛めてピッチを後にしたように見えたが、指揮官のジネディーヌ・ジダンは、用心しての交代だと説明した。<br><br>レアルはビジャレアル戦で3-2の勝利を収めた。2点を先制されたレアルだったが、20分間で3点を奪い逆転に成功した。ベイルは、64分に反撃の口火を切るゴールを決めた。しかし89分、シュートを試みた際に負傷したようなそぶりを見せ、そのままピッチを後にした。<br><br>しかし、ジダン監督は試合後「彼は怪我から戻ってきたばかり、それが全て」とあくまで復帰して間もないベイルを気遣っての交代だと語った。<br><br>レアルは、ミッドウィークの3月1日にラスパルマスと、週末にはエイバルと戦う。さらに翌週はチャンピオンズリーグの2ndレグ、週末にはベティス戦と連戦が続く。5季ぶりのリーグ優勝とCL連覇を目指すレアルにとって、ベイルに怪我が無かったことは何よりの朗報と言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.28 07:02 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース