超ワールドサッカー

3バック変更ハマらずもサンチェス&エジル弾でボロに辛勝! アーセナルがアウェイ連敗を「4」でストップ《プレミアリーグ》2017.04.18 06:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第33節、ミドルズブラvsアーセナルが17日にリバーサイド・スタジアムで行われ、アウェイのアーセナルが2-1で勝利した。

▽前節、敵地で行われたクリスタル・パレスとのダービーで0-3の大敗を喫した6位アーセナル(勝ち点54)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位マンチェスター・シティ(勝ち点61)との勝ち点差が7ポイントに広がり、トップ4フィニッシュに黄色信号が灯る。月曜開催となった今節では、首位チェルシーを除く上位陣が揃って勝利した結果を頭に入れながら、14戦未勝利で19位に低迷するミドルズブラ(勝ち点24)とのアウェイゲームに臨んだ。

▽アウェイ4連敗中のアーセナルは、前節から6人を変更。負傷明けの守護神チェフ、コシエルニーが復帰した一方、負傷のムスタフィに代えて第3節のワトフォード戦以来となるホールディング、同じく負傷のウェルベックに代えて5試合ぶりの先発となるジルーを起用。エジル、ジルー、サンチェスを3トップに配した[3-4-3]の新布陣を採用した。

▽[3-4-3]の新布陣を採用したアーセナルだが、ガブリエウ、コシエルニー、ホールディングの3バックの球出しがスムーズに行かず、なかなか攻撃の形を作れない。その後は右ウイングバックに入るチェンバレンの縦への仕掛けを起点にチャンスを窺うが、スリッピーなピッチに苦戦し、良い形でフィニッシュに繋げない。28分にはチェンバレンの右からの折り返しをジルーが頭で落とし、ラムジーにシュートチャンスもここは相手DFのブロックに遭う。

▽一方、17分にファビオが負傷し、フレンドの投入を強いられたミドルズブラは、相手のぎこちないビルドアップをけん制し、ショートカウンターから幾つか良い形を作るが、ここまで22得点とリーグ最低の攻撃陣が振るわない。

▽互いに見せ場を欠くクローズな状況が続くまま、試合は前半終盤に突入。すると42分、アーセナルに先制点が生まれる。ペナルティアーク付近でジャカが倒されて得たFKの場面でキッカーのサンチェスが右足を振り抜くと、壁の上を越えてから急速に落ちたボールがゴール左隅に吸い込まれた。そして、サンチェスの見事な直接FKからの今季19点目でアーセナルが1点リードで前半を終えた。

▽1点リードで後半を迎えたアーセナルだったが、開始早々に同点に追いつかれる。50分、ミドルズブラ陣内深くからのロングカウンターで右サイドを持ち上がったダウニングが左足でクロスを入れると、ゴール前に飛び込んだネグレドが泥臭く押し込んだ。

▽苦手のアウェイでまたしても拙い試合運びとなったアーセナルは、61分にも相手のセットプレーからボックス左でフレンドが頭で折り返したボールを、ゴール前でアジャラにダイビングヘッドで合わせられるが、ここはGKチェフのビッグセーブで何とか凌ぐ。

▽逆転でのトップ4フィニッシュに向けて勝ち点3がほしいアーセナルは、サンチェスやチェンバレンの個人技から幾度もゴールに迫るが、あと一歩で決め切れない。だが、71分にボックス手前左角でサンチェスが浮き球のクロスを入れると、ゴール前のラムジーが胸で落としたボールをゴール左でフリーのエジルが冷静に流し込んだ。

▽善戦も再びビハインドを背負ったミドルズブラは、アダマ・トラオレに続き長身FWジェステデをピッチに送り込み、前線のフィジカルを生かしたシンプルな攻めでゴールを目指す。試合終盤にかけてはセットプレーからネグレド、アジャラ、ギブソンらにゴールチャンスも、至近距離からのシュートはことごとくGKチェフの正面を突く。

▽一方、試合終了間際に殊勲のエジル、サンチェスに代えてコクラン、ベジェリンの投入で逃げ切りを図るアーセナルは、ジルーやチェンバレンが3点目のチャンスを逃すが、このまま2-1で勝利。システム変更もハマらず、格下に大苦戦のアーセナルだったが、2試合ぶりの勝利でアウェイでの連敗を「4」でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

【プレミア第35節プレビュー】ノースロンドン・ダービー開催

▽前節は、FAカップの影響で延期試合も出た中、チェルシーがサウサンプトンに勝利して首位を堅持。3位のリバプールがクリスタル・パレスに屈し、痛い取りこぼしとなっている。迎える今節、最大の注目カードは、30日(日)の日本時間24時30分キックオフとなるスパーズvsアーセナルのノースロンドン・ダービーだ。 ▽首位のチェルシー(勝ち点78)を4ポイント差で追う2位のスパーズ(勝ち点74)は、目下のところリーグ戦8連勝中と勢いに乗る。ミッドウィークには、延期されていたクリスタル・パレス戦を行い、1-0で勝利。4月に入ってチェルシー、アーセナル、リバプールと、立て続けに大物食いを果たしてきた相手とのアウェイ戦をエリクセン弾によりモノにした。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内が濃厚な中、逆転優勝に向けては勝利が必要な状況だけに、リスクを冒してでも3ポイントを狙っていきたい。 ▽一方、6位のアーセナル(勝ち点60)は、20シーズン連続のCL出場権確保へ勝利が必要な状況。先週末にマンチェスター・シティとのFAカップ準決勝を延長戦の末に制し、水曜日にはレスター・シティを1-0で退けた。これで、3バックに変更後の3試合ですべて勝利と、システム変更も選手たちの刺激になっている模様。引き続き3バックで試合に入ることが予想される中、リーグ屈指の完成度を誇る宿敵に対して、敵地で白星を挙げることはできるか。 ▽チェルシーは、7位につけるエバートン(勝ち点58)とグディソン・パークで対戦する。ミッドウィークには、敗れた前々節のユナイテッド戦から見事にバウンスバックし、ジエゴ・コスタの2発とアザール、ケイヒルのゴールにより、4-2で勝利。公式戦7試合にわたってクリーンシートがない点は気にかかるが、連敗しないあたりはさすが。古巣対決となるリーディングスコアラーのルカクを抑え込み、首位を堅持できるか。 ▽3位のリバプール(勝ち点66)は、ワトフォードとのアウェイを戦う。前節は、コウチーニョが見事な直接FKで直近5戦4発目を記録したが、C・パレスに敗戦。対するワトフォードは残留が濃厚な状況で高いモチベーションもなく、リーグ戦8試合ぶりの黒星となったが前節を払拭する白星を手にしたい。 ▽そのほか、ダービーから中2日のマンチェスター勢は、それぞれ残留に向けてモチベーションの高いチームと対戦する。引き続きイブラヒモビッチ、ロホ、スモーリング、フィル・ジョーンズらが不在の5位ユナイテッド(勝ち点63)は、ホームに戻って18位のスウォンジー(勝ち点31)と激突。4位のマン・シティ(勝ち点64)は、19位のミドルズブラ(勝ち点27)の本拠地に乗り込む。 ◆プレミアリーグ第35節 ▽4/29(土) 《23:00》 WBA vs レスター・シティ サンダーランド vs ボーンマス ストーク・シティ vs ウェストハム サウサンプトン vs ハル・シティ 《25:30》 クリスタル・パレス vs バーンリー ▽4/30(日) 《20:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs スウォンジー 《22:05》 エバートン vs チェルシー ミドルズブラ vs マンチェスター・シティ 《24:30》 トッテナム vs アーセナル ▽5/1(月) 《28:00》 ワトフォード vs リバプール 2017.04.28 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンDFファン・ダイクを巡ってアーセナルとチェルシーのロンドン・ダービー勃発か

▽アーセナルがサウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)の獲得に興味を示しているという。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 ▽2015年に、セルティックから1300万ポンド(現在のレートで約18億6000万円)程度の移籍金でサウサンプトンに加入したファン・ダイク。同選手には、チェルシーからの関心も伝えられており、他にもリバプールやマンチェスター・シティといったクラブが獲得に乗り出していると言われている。 ▽1月のレスター・シティ戦で足を負傷して以来、復帰の目途が立たずクラブを離れているファン・ダイクは、それがサウサンプトンでの最後の試合だったというような声もあるほど、移籍の可能性は高まってきている。クラブ側も、移籍金5000万ポンド(約71億7000万円)とも言われている同選手の放出をプランに入れているようだ。 ▽伝えられるところによれば、ファン・ダイクの争奪戦で優位に立っているのはチェルシーだとのこと。それでも、同じロンドンを本拠に構えるアーセナルは、選手への給与面で対抗する用意があるという。果たしてアーセナルは並いるクラブに競り勝って、ファン・ダイクの獲得を成功させることができるのだろうか。 2017.04.27 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

CL出場権獲得へ戦いを続けるヴェンゲル「目標はより明確になった」

アーセン・ヴェンゲル監督は、アーセナルがチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指して戦い続けると、1-0で勝利したレスター・シティ戦のあと『スカイスポーツ』で語っている。<br><br>26日にエミレーツ・スタジアムで行われた一戦は、レスターのDFロベルト・フートのオウンゴールでアーセナルが辛くも勝利を収めている。この勝利で1月以降、初のリーグ戦連勝を飾ったヴェンゲル監督は、チームが勢いに乗れると感じているようだ。<br><br>暫定ながら4位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「4」にまで縮めたフランス人指揮官は「レスターは手ごわかったが、我々は我慢し、相手にいかなるチャンスも与えなかった」と、泥臭く勝利したチームを称賛した。<br><br>「延長戦まで戦った日曜日の午後に全てを出し切ったが、いくつかの決定的なチャンスを作っていた。いずれの勝利も我々に勢いを与えてくれる。私はマンチェスター・ダービーに関心はない。他のチームのことを考えている余裕などなく、自分たちのことだけで手いっぱいだ。しかし目標はより明確になった」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 15:08 Thu
twitterfacebook
thumb

試合終盤のOGで逃げ切ったアーセナルが公式戦3連勝! 岡崎途中出場のレスターは5戦未勝利…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第28節延期分のアーセナルvsレスター・シティが26日にエミレーツ・スタジアムで行われ、1-0でアーセナルが勝利した。レスターの日本代表FW岡崎慎司は、70分からプレーした。 ▽3月11日に行われたFAカップ準々決勝にアーセナルが出場したため、順延となっていた一戦。公式戦2連勝中で復調の兆しを見せる7位アーセナル(勝ち点57)は、直近に行われたFAカップ準決勝のマンチェスター・シティ戦からスタメンを4人変更。ジルー、チェンバレン、ラムジー、ホールディングに代えてウォルコット、コクラン、ギブス、ベジェリンをスタメンで起用した。 ▽一方、対戦相手のトッテナムがFAカップ準決勝に出場したため、中7日と休養十分の15位レスター(勝ち点37)は、ヴァーディとウジョアを2トップに配置した[4-4-2]のフォーメーションを採用。岡崎はベンチスタートとなった。 ▽試合はアーセナルが前線からプレッシングを仕掛けて主導権を握りにかかる。しかし、最初のチャンスはレスターに生まれる。7分、バイタルエリア左手前で獲得したFKがサンチェスのクリアミスを誘発すると、マフレズとのパス交換でオルブライトンがボックス左へ侵入。折り返したボールをヴァーディがシュートするも、サイドネットに外れた。 ▽拮抗した展開で試合が進む中、レスターは22分にフックスのロングスローから決定機。相手DFのクリアミスをファーサイドのマフレズがハーフボレーで狙ったが、これはGKチェフのファインセーブに阻まれた。 ▽ゴールの遠いアーセナルは27分、ボックス右でパスを受けたベジェリンのロストボールをボックス内で拾ったウォルコットがカットインから右足を振り抜く。だが、これはGKシュマイケルのセーブに防がれた。 ▽ボールポゼッションでレスターを圧倒するアーセナルは、人数を掛けてレスターゴールに迫る場面を見せていくが、レスター守備陣を崩しきれない。前半終了間際の45分には、ボックス左手前でパス受けたサンチェスがカットインからミドルシュートを放つも、クロスバーに嫌われ、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、最初の決定機はアーセナルに訪れる。55分、右サイドからカットインしたベジェリンのパスをゴール前で受けたサンチェスがシュートモーションに入るも、これは素早くプレスをかけたベナルアンのクリアに阻まれる。 ▽さらにアーセナルは65分、ショートCKの流れからボックス右手前でボールを受けたベジェリンがクロスを供給。これをゴール前のコシエルニが頭で合わせるが、これはGKシュマイケルの正面を突いた。 ▽ゴールレスが続く中、先に動いたのはアーセナル。68分、ギブスを下げてウェルベックを投入。[3-4-3]からサンチェスを1トップに配置した[4-2-3-1]に布陣を変更した。一方のレスターは70分、ウジョアを下げて岡崎をピッチに送り出した。 ▽さらにアーセナルのヴェンゲル監督は、75分にウォルコットとコクランを下げてジルーとラムジーを投入。すると、この交代でチャンスを作り出したのはレスター。78分、ロングパスのクリアボールをマフレズが頭で繋ぐと、これを受けた岡崎がボックス右まで持ち込みシュート。しかし、これはガブリエウのスライディングブロックに阻まれた。 ▽試合も終盤に差し掛かり、ゴールレスのまま試合終了かと思われたが86分、アーセナルに待望のゴールが生まれる。モンレアルのパスで左サイドを抜け出したサンチェスがクロス供給。このセカンドボールをボックス手前でエジルが繋ぐと、ボックス左で受けたモンレアルがダイレクトシュート。これがブロックに入ったフートに当たると、そのままゴール右に吸い込まれた。 ▽結局、このゴールが決勝点となり激闘を制したアーセナルが公式戦3連勝。一方のレスターは公式戦5試合未勝利となった。 2017.04.27 05:54 Thu
twitterfacebook
thumb

今年のエミレーツ・カップはセビージャ、ベンフィカ、RBライプツィヒが出場…7月29日、30日に開催

▽アーセナルは、7月29日、30日に行われるエミレーツ・カップの出場チームを発表した。 ▽シーズン開幕前にアーセナルの本拠地で行われるエミレーツ・カップ。今年もアーセナルの他3チームが出場し、カップを争う。今年のエミレーツ・カップには、セビージャ、ベンフィカ、そしてブンデスリーガで躍進を続けるRBライプツィヒが出場する。 ▽初戦はRBライプツィヒvsセビージャ、アーセナルvsベンフィカのカードが組まれ、2戦目はRBライプツィヒvsベンフィカ、アーセナルvsセビージャとなる。 ▽昨年はユーロ2016が開催されたこともあり、エミレーツ・カップは実施されず。2015年はリヨン、ヴォルフスブルク、ビジャレアルを招待し、アーセナルが優勝していた。 2017.04.26 21:52 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース