ブライトンがプレミア初昇格! 1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰《チャンピオンシップ》2017.04.18 06:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽17日にチャンピオンシップ(イングランド2部)第43節が行われ、ホームでウィガンに2-1で勝利したブライトン&ホーヴ・アルビオンが、3節を残してプレミアリーグ初昇格を決めた。

▽前節終了時点で首位に立つブライトン(勝ち点89)は、今節での勝利に加え、1試合消化が少ない3位ハダースフィールド(勝ち点77)が引き分け以下の結果に終わることで、1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰と共にプレミア初昇格が決定する状況だった。

▽そして、34年ぶりの歓喜を味わうため超満員となったファルマー・スタジアムでのホームゲームで23位ウィガンを迎えたブライトンは、37分にマレー、65分にマーチのゴールで2点のリードを奪う。その後、試合終了間際に1点を返されるも2-1で勝利し、5連勝を達成した。

▽また、同日行われた試合でハダースフィールドが、ダービーと1-1のドローに終わったため、ブライトンの3節を残してのプレミア初昇格が決定。プレミア昇格の一報を受けて、ピッチには多くのサポーターがなだれ込み、選手やスタッフと共に34年ぶりの歓喜を祝った。

▽クリス・ヒュートン監督が率いるブライトンは、GKデイヴィッド・ストックデイルやDFセバスティアン・ポコニョーリ、MFスティーヴ・シドウェルなど、プレミア経験者が在籍。リーグ得点ランク上位のFWグレン・マレー(22ゴール)やFWアントニー・クノッカール(15ゴール)を中心に、シーズンを通して安定した戦いぶりが目立っていた。

▽なお、第43節終了時点で自動昇格圏内の2位にはニューカッスル(勝ち点85)、昇格プレーオフ出場争いでは3位レディング(勝ち点79)、4位ハダースフィールド(勝ち点78)、5位シェフィールド・ウェンズデイ(勝ち点75)、6位フルアム(勝ち点73)、7位リーズ(勝ち点73)が熾烈なレースを繰り広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

苦戦も終わってみれば4発快勝のチェルシーが2018年プレミア初勝利!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsチェルシーが20日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが4-0で快勝した。 ▽公式戦4戦連続引き分けとドロースパイラルに巻き込まれた3位のチェルシー(勝ち点47)は、ミッドウィークに行われたFAカップ3回戦再試合のノリッジ戦でも120分で決着を付けられず、記録上は公式戦5戦連続ドロー。それでも、PK戦を制して白星を取り戻した。 ▽だが、同試合ではペドロとモラタが退場処分となり、16位のブライトン(勝ち点23)のホームに乗り込んだこの一戦を共に欠場。さらに、負傷を抱えるセスクやケイヒル、GKクルトワも欠場を強いられ、この試合ではGKカバジェロが今季リーグ初先発を飾ったほか、前線はウィリアン、バチュアイ、アザールの3トップとなった。また、今冬エバートンから加入のバークリーが移籍後初のベンチ入りを果たした。 ▽ホームながら5バックを敷く守備的な入りを見せたブライトンに対して、チェルシーが立ち上がりから攻勢を仕掛けると、あっさりとゴールをこじ開ける。開始3分、右サイド深くで仕掛けたモーゼスの低いクロスがDFにディフレクトしてボックス中央のアザールの足元に渡る。ここで短いステップで右に持ち出したアザールが右足を鋭く振り抜いてゴールネットに突き刺した。 ▽さらに6分には中盤でのカンテのボール奪取からアザールとバチュアイと細かいパス交換を見せたウィリアンがボックス中央で右足を振り抜くと、ややアウトにかかった鋭いシュートが右隅に決まった。 ▽ここ最近の決定力不足が嘘のように電光石火の連続得点で一気にリードを2点に広げたチェルシーだが、ここからペースを落とすとホームチームの反撃に晒される。16分にはやや飛び出しが遅れてパンチングに距離が出なかったGKカバジェロがこぼれ球を拾ったスケロットを倒してしまうが、ここは主審がPKを取らず。直後のCKでは再びカバジェロの判断ミスからピンチを招くも、ここは相手のファウルによって事なきを得る。 ▽バタつくGKカバジェロのパフォーマンスに不安を感じるチェルシーは、早い時間帯に試合を終わらせようと、果敢に3点目を狙いに行く。この流れの中でバカヨコ、ウィリアン、バチュアイと続けて枠内シュートを放っていくが、ここは相手GKライアンの好守に阻まれる。 ▽その後は再び相手の攻勢に晒されると、30分にはグロスの右クロスをダフィに頭で合わせられるが、これはGKカバジェロが汚名返上のビッグセーブ。35分にはボックス内でルーズボールに反応したスケロットをバカヨコが後方から倒すが、ここでも主審はPKを取らず、事なきを得た。 ▽幸先良く2点を奪いながらもチグハグな形で前半を終えたチェルシーは、後半も立ち上がりの50分にグロスの右クロスをゴール右のプレパーに頭で合わせられてポストに救われるなど、ピリッとしない入りとなる。 ▽さらに58分にはセットプレーの守備で後頭部を打ったクリステンセンが一度はプレーに復帰も続行不可能となり、ダビド・ルイスの緊急投入を余儀なくされる。そのD・ルイス投入直後にはボックス手前中央で得たFKをキッカーのウィリアンが直接狙うが、壁を越えて右隅を捉えたシュートはGKライアンに触られてポストを叩く。 ▽単発的にチャンスを作るものの流れが悪いチェルシーは最終ラインと中盤の距離感の悪さに加え、セカンドボールへの反応の鈍さから苦しい展開が続く。65分にはボックス内でセカンドボールを拾ったスケロットにゴール前に抜け出されるが、ここはGKカバジェロが何とか身体に当てて失点を許さない。 ▽その後もホームチームペースが続く中、チェルシーの頼れるエースが試合を決める。77分、自陣左サイドでのスローインから攻撃を仕掛けたチェルシーは相手陣内を持ち上がったアザールがバチュアイのフリーランをオトリに左サイドから切り込んでペナルティアーク付近から右足のシュート。これがゴール左隅に決まった。 ▽アザールのこの試合2点目でようやく試合を決めたチェルシーは、試合終了間際の89分にも途中出場ムソンダのフィードに抜け出したモーゼスが4点目を奪取。試合を通して苦しみながらも課題の決定力を見事に改善し、2018年リーグ戦初白星となるリーグ3戦ぶりの勝利を手にした。 2018.01.20 23:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトンがPSVの新星FWロカディアのクラブレコードでの獲得を発表! 今季18戦9G7A

▽ブライトンは19日、PSVのオランダ代表FWユルゲン・ロカディア(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月までとなり、非公開であるもののクラブ記録を更新する金額でのサインとなったことも伝えている。 ▽ブライトンのクリス・ヒュートン監督は、今回の契約に関し、以下のようにコメントしている。 「ユルゲン(・ロカディア)と契約できて嬉しい。彼をクラブに迎えられることに感謝したい」 「彼は時より目を引いていた選手であり、彼のようなタイプのストライカーが欲しかったことは隠していなかった。彼は強く、パワフルで素早いセンターフォワードだ。得点の為の本物の目を備えており、シーズン後半戦の攻撃オプションを増やしてくれる」 「ユルゲンは既にオランダ・トップリーグのPSVで多大なゴール記録を達成している。プレミアリーグで私たちと共にそれを続けられることを祈っているよ」 ▽ロカディアはPSVでキャリアをスタートさせ、2012-13シーズンにVVVフェンロを6-0で下した際には、18歳にして途中出場でリーグデビュー即ハットトリックを達成した記録を持つ。エールディビジ通算では127試合45ゴール34アシストを記録しており、今シーズンはここまで公式戦18試合に出場し、9ゴール7アシストをマークしていた。 2018.01.20 07:21 Sat
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、ブライトンからスコットランド代表FWマーフィーを買取OP付きのレンタルで獲得

▽レンジャーズは7日、ブライトンに所属するスコットランド代表FWジェイミー・マーフィー(28) を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は今季終了までとなっている。 ▽マザーウェルの下部組織出身のマーフィーは、本職の左ウイングに加え、2列目の全ポジションをこなすテクニックに優れるセカンドストライカー。2006年にトップチームに昇格を果たすと、シェフィールド・ユナイテッドでのプレーを経て、2015年にブライトンに加入。 ▽在籍3シーズン目となるブライトンでは、これまで公式戦83試合に出場し、10ゴールをマーク。2016-17シーズンには、レギュラーとしてリーグ戦35試合に出場するなど、同クラブのプレミアリーグ初昇格に貢献していた。 ▽また、U-19以降各年代のスコットランド代表に選出されてきたマーフィーは、2016年3月にフル代表に初選出。その後は招集外が続いたが、昨年5月に約1年2カ月ぶりとなる招集を受けたが、代表デビューとはならなかった。 2018.01.08 01:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン人コンビの活躍でチェルシーがブライトンに快勝《プレミアリーグ》

▽チェルシーは26日、プレミアリーグ第20節でブライトンをホームに迎え、2-0で快勝した。 ▽3日前に行われたエバートン戦を0-0で引き分けた3位チェルシー(勝ち点39)は、そのエバートン戦のスタメンから3選手を変更。ペドロ、ウィリアン、クリステンセンに代えてセスク、ケイヒル、出場停止明けのモラタが先発となった。 ▽12位ブライトン(勝ち点21)に対し、ケイヒルを3バックの中央に据え、モラタとアザールの2トップで臨んだチェルシーが立ち上がりからボールを保持する展開となる。 ▽[4-5]の守備ブロックを形成するブライトンを攻めあぐねていたチェルシーだったが、19分に決定機。CKの流れからセスクの右クロスをファーのリュディガーがヘッドで落とし、バカヨコがプッシュ。しかし、わずかにシュートは枠の左に外れた。 ▽続く26分にはセスクのフィードをボックス右に走り込んだモーゼスがボレーで合わせるも、GKライアンにセーブされる。前半半ば以降もハーフコートゲームを展開したチェルシーだったが、40分のセスクのミドルシュートはGKライアンの正面を突き、前半をゴールレスで終えた。 ▽嫌な流れで前半を終えたチェルシーだったが、迎えた後半開始2分に先制する。右サイドからのアスピリクエタのアーリークロスをモラタがヘディングシュートで叩きこんだ。スペイン人コンビのホットラインで均衡を破ったチェルシーがその後も攻勢に出ると、58分にマルコス・アロンソの直接FKで追加点に迫る。 ▽そして、直後の右CKから再びマルコス・アロンソがヘディングシュートでブライトンを脅かしたチェルシーは、61分に追加点を奪い切った。セスクの左CKからニアのマルコス・アロンソがヘディングシュートを流し込んだ。 ▽余裕のチェルシーはアザールを中心に3点目に迫っていった中、73分にそのアザールをお役御免としてウィリアンを投入した。 ▽終盤にかけてはチェルシーが試合をコントロールしたまま2-0でシャットアウト。出場停止明けのモラタとマルコス・アロンソによるスペイン人コンビのゴールで勝利を取り戻している。 2017.12.27 01:54 Wed
twitterfacebook
thumb

68戦40得点の怪物デンベレ、移籍が迫る! 伏兵クラブが急襲

▽セルティックに所属するU-21フランス代表FWムサ・デンベレ(21)の獲得にブライトンが迫っているようだ。『ESPN』など複数メディアが報じている。 ▽フルアムユース時代から評判の高かったデンベレは、2016年にセルティックに移籍。スコットランドの地でも類まれなスピードと決定力を発揮しており、ここまで公式戦68試合で40得点を記録している。 ▽そのデンベレに関して、プレミアリーグ昇格組のブライトンが獲得に迫っているようだ。クラブ間合意には達していないものの、ブライトンは熱を持って交渉に臨んでいるという。イギリス『スカイ・スポーツ』は現時点で両クラブが否定していることを伝えたうえで、1800万ポンド(約27億円)で合意したと独自ソースからの情報として伝えている。 ▽なお、デンベレに関してはこれまで、チェルシー、トッテナム、レアル・マドリーからの関心が伝えられていた。 2017.12.26 12:51 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース