超ワールドサッカー

ブライトンがプレミア初昇格! 1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰《チャンピオンシップ》2017.04.18 06:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽17日にチャンピオンシップ(イングランド2部)第43節が行われ、ホームでウィガンに2-1で勝利したブライトン&ホーヴ・アルビオンが、3節を残してプレミアリーグ初昇格を決めた。

▽前節終了時点で首位に立つブライトン(勝ち点89)は、今節での勝利に加え、1試合消化が少ない3位ハダースフィールド(勝ち点77)が引き分け以下の結果に終わることで、1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰と共にプレミア初昇格が決定する状況だった。

▽そして、34年ぶりの歓喜を味わうため超満員となったファルマー・スタジアムでのホームゲームで23位ウィガンを迎えたブライトンは、37分にマレー、65分にマーチのゴールで2点のリードを奪う。その後、試合終了間際に1点を返されるも2-1で勝利し、5連勝を達成した。

▽また、同日行われた試合でハダースフィールドが、ダービーと1-1のドローに終わったため、ブライトンの3節を残してのプレミア初昇格が決定。プレミア昇格の一報を受けて、ピッチには多くのサポーターがなだれ込み、選手やスタッフと共に34年ぶりの歓喜を祝った。

▽クリス・ヒュートン監督が率いるブライトンは、GKデイヴィッド・ストックデイルやDFセバスティアン・ポコニョーリ、MFスティーヴ・シドウェルなど、プレミア経験者が在籍。リーグ得点ランク上位のFWグレン・マレー(22ゴール)やFWアントニー・クノッカール(15ゴール)を中心に、シーズンを通して安定した戦いぶりが目立っていた。

▽なお、第43節終了時点で自動昇格圏内の2位にはニューカッスル(勝ち点85)、昇格プレーオフ出場争いでは3位レディング(勝ち点79)、4位ハダースフィールド(勝ち点78)、5位シェフィールド・ウェンズデイ(勝ち点75)、6位フルアム(勝ち点73)、7位リーズ(勝ち点73)が熾烈なレースを繰り広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

昇格組ブライトンが昨季11得点のFWバルドックと契約延長

▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンは20日、イングランド人FWサム・バルドック(28)との契約延長を発表した。新契約は2年間で、2019-2020シーズンまでとなる。 ▽バルドックは、MKドンズやウェストハム、ブリストルでプレー。2014年8月からブライトンでプレーしている。昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で31試合に出場し11ゴール5アシストを記録していた。 2017.06.21 20:11 Wed
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表GKライアン、昇格ブライトンに完全移籍

▽プレミアリーグに昇格したブライトンは16日、バレンシアのオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間となっている。移籍金は明かされていないが、クラブ史上最高額とのことだ。 ▽クラブ・ブリュージュで台頭したライアンは、2015年夏にバレンシアへ移籍。しかし、ブラジル代表GKジエゴ・アウベスの前にレギュラーの座を掴むには至らず、2017年冬にヘンクへレンタル移籍していた。そのヘンクではリーグ戦24試合に出場してクリーンシート11試合と、結果を残していた。 2017.06.17 03:26 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘルタ原口元気の移籍秒読みか、ドイツ地元メディア報道

▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(26)のイングランド上陸が現実味を帯びつつあるようだ。ドイツの地元メディア『Berliner Kurier』が8日、「サヨナラ、ゲンキ!」との見出しで、元浦和レッズアタッカーのプレミアリーグ挑戦を報じた。 ▽伝えられるところによれば、原口のブライトン&ホーヴ・アルビオン移籍が数日中に決定する見込みとのこと。あとは、移籍金300万ユーロ(約3億7000万円)で獲得を狙うブライトン側と、500万ユーロ(約6億2000万円)での売却を目指すヘルタ側との交渉を残すのみだという。 ▽2014年夏に浦和からヘルタに移籍した原口は今シーズン、ブンデスリーガ31試合1ゴールを記録。在籍3年間で公式戦通算6ゴールと得点数こそ物足りなさを残すものの、ドイツで培ったハードワークを武器に95試合の出場をマークしていた。 2017.06.09 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元チェルシーMFシドウェルがプレミア昇格のブライトンと1年間の契約延長

▽新シーズンからプレミアリーグに昇格するブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンは7日、MFスティーブ・シドウェル(34)との契約延長を発表した。新契約は1年間となる。 ▽アーセナルの下部組織出身のシドウェルは、2003年2月にフリートランスファーでレディングへと移籍。その後、2007年7月にチェルシーへ移籍すると、アストン・ビラ、フルアム、ストーク・シティと渡り歩き、2016年1月にレンタル移籍でブライトンに加入。今シーズンから完全移籍で加入していた。 ▽プレミアリーグ昇格を目指すブライトンでは、チャンピオンシップ(イングランド2部)で34試合に出場し1ゴールを記録。チームのプレミアリーグ昇格に大きく更新していた。 2017.06.07 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ブライトンが元カメルーン代表DFボングと1年間の新契約締結

▽新シーズンからプレミアリーグに昇格するブライトン&ホーヴ・アルビオンは30日、元カメルーン代表DFガエタン・ボング (29)と2018年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2006年にフランスのメスでプロデビューを飾ったボングは、ヴァランシエンヌやオリピアンコス、ウィガンを経て、2015年7月にブライトン入り。ブライトンでは2シーズンで公式戦43試合に出場。今シーズンもリーグ戦24試合に出場していた。 ▽ボングとの契約延長についてクリス・ヒュートン監督は公式サイトで以下のようにコメントした。 「ガエタンは重要なメンバーだから新契約の締結を嬉しく思っている。彼はクラブで大きな役割を果たしている。我々は来シーズンも彼と共に仕事ができることを楽しみにしているよ」 2017.05.31 04:20 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース