ブライトンがプレミア初昇格! 1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰《チャンピオンシップ》2017.04.18 06:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽17日にチャンピオンシップ(イングランド2部)第43節が行われ、ホームでウィガンに2-1で勝利したブライトン&ホーヴ・アルビオンが、3節を残してプレミアリーグ初昇格を決めた。

▽前節終了時点で首位に立つブライトン(勝ち点89)は、今節での勝利に加え、1試合消化が少ない3位ハダースフィールド(勝ち点77)が引き分け以下の結果に終わることで、1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰と共にプレミア初昇格が決定する状況だった。

▽そして、34年ぶりの歓喜を味わうため超満員となったファルマー・スタジアムでのホームゲームで23位ウィガンを迎えたブライトンは、37分にマレー、65分にマーチのゴールで2点のリードを奪う。その後、試合終了間際に1点を返されるも2-1で勝利し、5連勝を達成した。

▽また、同日行われた試合でハダースフィールドが、ダービーと1-1のドローに終わったため、ブライトンの3節を残してのプレミア初昇格が決定。プレミア昇格の一報を受けて、ピッチには多くのサポーターがなだれ込み、選手やスタッフと共に34年ぶりの歓喜を祝った。

▽クリス・ヒュートン監督が率いるブライトンは、GKデイヴィッド・ストックデイルやDFセバスティアン・ポコニョーリ、MFスティーヴ・シドウェルなど、プレミア経験者が在籍。リーグ得点ランク上位のFWグレン・マレー(22ゴール)やFWアントニー・クノッカール(15ゴール)を中心に、シーズンを通して安定した戦いぶりが目立っていた。

▽なお、第43節終了時点で自動昇格圏内の2位にはニューカッスル(勝ち点85)、昇格プレーオフ出場争いでは3位レディング(勝ち点79)、4位ハダースフィールド(勝ち点78)、5位シェフィールド・ウェンズデイ(勝ち点75)、6位フルアム(勝ち点73)、7位リーズ(勝ち点73)が熾烈なレースを繰り広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

レンタル移籍の身でベンテケのゴール祝い非難殺到のサコーが釈明、「何かを意図したものではなかった」

▽クリスタル・パレスに所属する元フランス代表DFママドゥ・サコーが、レンタル元のリバプールとの対戦でベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケのゴールを祝った一件に関して説明している。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ▽現在、リバプールからのレンタル移籍でパレスに在籍しているサコーは、23日にアンフィールドで行われた古巣との一戦を契約上の問題で欠場。だが、古巣と残留争いに身を置くパレスの一戦を観戦するため、チームに帯同し、スタンドから観戦していた。 ▽この試合では今シーズンにリバプールからパレスに完全移籍したベンテケの2ゴールでパレスが2-1の逆転勝利を収めたが、物議を醸したのがベンテケがゴールを決めた際に、ピッチサイドに出てきたサコーとハンドシェイクでゴールセレブレーションを行ったことだった。 ▽完全移籍のベンテケは、ともかくレンタル移籍中のサコーがアンフィールドでゴールを祝ったことに対して、SNS上を中心にリバプールファンが激怒していた。 ▽サコーは、今回の行動がリバプールで構想外となっていることに対しての腹いせではなく、意図せずに普段からベンテケとやっているゴール後のルーティーンを行ってしまったと釈明した。 「クリスティアンがゴールを決めたとき、僕は所属するクラブ(リバプール)とファンに敬意を表して祝福したくないので座っていたんだ」 「だけど、彼が僕の方に近づいてきたので、僕たちが普段から友人同士でやっているハンドシェイクをしてしまったんだ」 「あの行為に関して、何の意図もないし、暗示するものもなかった。僕たちは同じチームのためにプレーしている友人同士で、同じ目標を持っている。そして、チームがプレミアに残留するため、すべてのゲームで勝ち点3を獲得しようと戦っているだけなんだ」 ▽リバプールに対して、悪意を持っていたわけではないと釈明したサコーだが、さすがに本拠地アンフィールドではまずかった。現在、パレスで印象的なパフォーマンスを披露しているものの、来シーズンにアンフィールドでリバプールのユニフォームを着てプレーする可能性は低そうだ。 2017.04.25 02:13 Tue
twitterfacebook
thumb

今季二冠の可能性もコンテ監督は今夏の大型補強を示唆

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、同クラブの長期的な成功のために、今夏の大型補強を示唆している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽チェルシーは現在、エバートンのベルギー代表FWロメル・ルカク(23)と、サウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)を今夏の移籍市場で獲得する最優先の選手としてリストアップしている。両選手の獲得には約1億2000万ポンド(約168億5000万円)以上の金額が必要とされているが、コンテ監督は新戦力獲得に向けて、多額の移籍金を用意するよう、クラブに要求しているようだ。 ▽チェルシーは、昨シーズンにセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチがゼニトへ、ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが天津泰達へと移籍し、長きに渡って同クラブを支えてきたベテランの選手たちがチームを去った。また最近、元イングランド代表DFジョン・テリーの今シーズン限りでの退団が決定した。 ▽変遷の時期に差し掛かりながらも今シーズン、プレミアリーグとFAカップのシーズン二冠の可能性を有す同クラブだが、コンテ監督は長期的に成功するためには今夏の移籍市場での大きな補強が必要だと主張している。 「現在、チェルシーは変遷の段階にある。我々は今シーズン、(ブラニスラフ・)イバノビッチと(ジョン・オビ・)ミケルを失った。そして、来シーズンにはジョン・テリーを失う」 「我々は、このクラブの歴史に名を遺した選手たちについて話をしている。彼らは多くのものを勝ち獲ってきた。現在、彼らに代わる選手たちを見つけ、その選手たちを同じようなレベルの状態に持っていかなくてはいけない」 「カルロ・アンチェロッティがチェルシーを率いていた時代を見て思った。彼は最高のイタリア人監督で、私は尊敬の念を抱いている。彼が来た時にチェルシーは本当に強いチームになったんだ」 「我々は現在、重要な何かを作っている。それには時間が必要だ。このような選手たちを失い、新たにチームを築き上げることは簡単なことではない。しかし、我々は根気強く土台を築いていく必要があり、シーズンごとに良くなっている」 「繰り返そう。昨シーズン、我々が10位だったとしても、今シーズンはリーグのトップに立っており、FAカップでも決勝進出を決めた。ただ、多くのことは変えていない。それが素晴らしいことなんだ。しかし、我々は成長し続けなくてはいけない」 2017.04.25 00:44 Tue
twitterfacebook
thumb

カンテ後釜メンディの今季が終了…ニースから加入も今季レスターでわずか9試合の出場

▽レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督は、24日に行われた公式会見の場で次節のアーセナル戦に向けた負傷者の状況について説明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽シェイクスピア監督は、26日に行われるプレミアリーグ第28節延期分のアーセナル戦に向けた会見の場で、先日に足首の手術を受けたMFナンパリス・メンディの今シーズン中の復帰が絶望的になったことを明かした。 「残念なことにパピ・メンディは、先日にフランスで足首の手術を受けた。彼は今シーズン残りすべてのゲームを欠場する」 ▽昨夏、チェルシーに旅立ったMFエンゴロ・カンテの後釜として、ニースから加入したメンディだったが、度重なる負傷に苦しめられ、加入初年度は公式戦9試合出場という厳しい結果に終わった。 ▽また、シェイクスピア監督は先日のアトレティコ・マドリー戦で負傷交代したDFウェズ・モーガン、そ径部に問題を抱えるFWイスラム・スリマニの2選手についてもアーセナル戦を欠場することになると語っている。 「残念なことにモーガンは次の試合(アーセナル戦)に間に合わない。当初は患部に痛みがあるという判断だったが、彼はハムストリングに過負荷がかかっていた状態だった。大きな問題ではないが、次の試合で起用しないことを決めた」 「イスラム・スリマニに関しては、そ径部に損傷がある」 ▽シェイクスピア新体制移行後、破竹の公式戦6連勝を飾ったレスターだが、現在は公式戦4戦未勝利(2敗2分け)。プレミア残留を確保するため、次節のアーセナル戦できっちり勝ち点を獲得したいところだ。 2017.04.24 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

FA杯決勝進出を決めたコシエルニー「システムの変更によって多くの自信を得ることができた」

▽アーセナルのフランス代表DFローラン・コシエルニーは、システムの変更がチームの自信を取り戻すきっかけになっていると主張している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽アーセナルは23日、FAカップ準決勝のマンチェスター・シティ戦を延長戦の末に2-1で勝利を収めて決勝進出を決めた。 ▽この試合でアーセナルは、直近のミドルズブラ戦でも採用した[3-4-3]のシステムを継続し、守勢を強いられながらも粘り良い戦いぶりで勝ち切った。試合後、コシエルニーはこのシステム変更について言及。現在の取り組みがチームの復調のきっかけになると主張している。 「戦術の変更があり、僕たちは15日間それに取り組んでいたんだ」 「システムというのは数人の選手にとってマッチしているものだが、今のシステムはチーム全体にとって良いものだ」 「3バックを採用したこのシステムによって、僕らは多くの自信を得ることができたと思っている。守備が堅くなった。選手一人ひとりがチームのために、そして試合を通して懸命にプレーするという責任と決断が僕たちの勝利を後押ししたんだ」 ▽なお、公式戦2連勝中のアーセナルは、来週のミッドウィークにレスター・シティ戦(26日)、週末にトッテナムとの“ノースロンドン・ダービー”(30日)と難しい2つのビッグマッチに挑む。 2017.04.24 23:03 Mon
twitterfacebook
thumb

シティを退けたヴェンゲル「サンチェスはチームそのものだった」「彼は残る。契約がまだ残っている」

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の残留を主張した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽23日にFAカップ準決勝のマンチェスター・シティ戦が行われ、延長戦の末、サンチェスの決勝点で競り勝ったアーセナル。試合後の会見で、ヴェンゲル監督は試合を振り返ると共に、度々報道される同選手の移籍話を一蹴した。 「アレクシス・サンチェスがチームそのものみたいだったね。試合の入りは良くなかった。だが、段々と強く、強くなっていったよ。彼はアニマルだよ。いつでも相手を倒す準備ができている。彼は決して諦めないんだ」 「来年もここにいるだろう。契約が残っているからね。そして我々は、何とか彼との契約を延長できるはずさ」 2017.04.24 21:54 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース