ブライトンがプレミア初昇格! 1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰《チャンピオンシップ》2017.04.18 06:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽17日にチャンピオンシップ(イングランド2部)第43節が行われ、ホームでウィガンに2-1で勝利したブライトン&ホーヴ・アルビオンが、3節を残してプレミアリーグ初昇格を決めた。

▽前節終了時点で首位に立つブライトン(勝ち点89)は、今節での勝利に加え、1試合消化が少ない3位ハダースフィールド(勝ち点77)が引き分け以下の結果に終わることで、1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰と共にプレミア初昇格が決定する状況だった。

▽そして、34年ぶりの歓喜を味わうため超満員となったファルマー・スタジアムでのホームゲームで23位ウィガンを迎えたブライトンは、37分にマレー、65分にマーチのゴールで2点のリードを奪う。その後、試合終了間際に1点を返されるも2-1で勝利し、5連勝を達成した。

▽また、同日行われた試合でハダースフィールドが、ダービーと1-1のドローに終わったため、ブライトンの3節を残してのプレミア初昇格が決定。プレミア昇格の一報を受けて、ピッチには多くのサポーターがなだれ込み、選手やスタッフと共に34年ぶりの歓喜を祝った。

▽クリス・ヒュートン監督が率いるブライトンは、GKデイヴィッド・ストックデイルやDFセバスティアン・ポコニョーリ、MFスティーヴ・シドウェルなど、プレミア経験者が在籍。リーグ得点ランク上位のFWグレン・マレー(22ゴール)やFWアントニー・クノッカール(15ゴール)を中心に、シーズンを通して安定した戦いぶりが目立っていた。

▽なお、第43節終了時点で自動昇格圏内の2位にはニューカッスル(勝ち点85)、昇格プレーオフ出場争いでは3位レディング(勝ち点79)、4位ハダースフィールド(勝ち点78)、5位シェフィールド・ウェンズデイ(勝ち点75)、6位フルアム(勝ち点73)、7位リーズ(勝ち点73)が熾烈なレースを繰り広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナルが連勝! モンレアル&イウォビ弾で昇格組ブライトン撃破!《プレミアリーグ》

▽アーセナルは1日、プレミアリーグ第7節でブライトンと対戦し、2-0で勝利した。 ▽ここまで3勝1分け2敗で7位につけるアーセナルが14位のブライトンをホームに迎えた一戦。9月28日に行われたヨーロッパリーグ第2節のBATEボリソフ戦(4-2で勝利)から中2日で迎えるアーセナルは、その一戦から先発メンバーを9人変更。GKオスピナとメルテザッカー、ウィルシャーらに代えてGKチェフとモンレアル、ラムジーを起用した。システムは[3-4-3]を採用。イウォビ、ラカゼット、サンチェスが3トップに入った。 ▽しっかりとホームで白星を飾り、インターナショナルウィークを迎えたいアーセナルは序盤からブライトンゴールに迫る。2分、ボックス手前でイウォビの落としを受けたラカゼットが右足を振り抜いて強烈なシュートを放つ。しかし、これは右ポストに嫌われる。 ▽立ち上がりからボールを保持して攻撃を組み立てるアーセナルは16分、セットプレーから先制に成功する。ボックス右外でFKを獲得すると、キッカーのジャカがクロスを選択。これをラカゼットがファーサイドのゴールラインぎりぎりの位置で中央に折り返す。これを受けたムスタフィがシュートを放つも、相手DFに阻まれる。しかし、こぼれ球に反応したベジェリンのシュートの跳ね返りをボックス中央やや左で拾ったモンレアルが押し込んだ。 ▽先制点を奪ったアーセナル。しかし23分、ボックス手前右でブライトンにFKを与えてしまうと、マーチに思い切りよく左足を振り抜かれる。これは右ポストに助けられ、こぼれ球をボックス内のダンクに左足を合わせられたが、ゴール左へと外れた。 ▽ヒヤリとする場面を作られたアーセナルはその後、再びブライトンを押し込み始める。しかし、ブライトンの集中したディフェンスの前に追加点を奪うことはできない。41分には自陣からカウンターを発動。ボックス左でボールを持ったベジェリンが縦にパスを送り、追い越したコラシナツがグラウンダーのクロスを送る。ボックス中央に走り込んだラムジーが右足でシュートを放つも、GKライアンの好守に阻まれてしまう。 ▽1-0でリードして試合を折り返したアーセナルが攻勢を強める。その流れの中で56分に追加点を奪う。細かなパスワークでボックス内に侵攻すると、サンチェスがブライトン守備陣の不意を突くヒールパス。これがボックスやや右に抜け、最後はイウォビが落ち着いてゴール左上へと突き刺した。 ▽このゴールで勢いに乗るアーセナルは60分、左サイドでコラシナツのパスを受けたサンチェスがドリブルを開始。ボックス左に侵攻して切り返しから右足を振り抜くと、ゴール右隅を捉えたが、シュートカバーに入ったダンクにクリアされてしまう。 ▽終盤に差し掛かると、ブライトンの反撃を受ける。84分には左サイドからクロスを許し、ニアサイドのムスタフィがマーレイに前に入られてヘディングシュートを放たれてしまう。しかし、これがわずかにゴール左へと逸れてアーセナルは難を逃れた。 ▽アーセナルは終盤こそ押し込まれる場面もあったが、最後までゴールを許さず試合終了。2-0で勝利したアーセナルが連勝を飾った。 2017.10.01 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトンFWヘメドに3試合の出場停止処分! ニューカッスル戦での踏みつけ行為が処分対象に

▽イングランドサッカー協会(FA)は27日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するイスラエル代表FWトメル・ヘメドに3試合の出場停止を科したことを発表した。 ▽ヘメドは、24日に行われたプレミアリーグ第6節のニューカッスル戦にフル出場し、51分に決勝点を挙げ、チームの1-0の勝利に貢献した。だが、同試合の中継映像には試合途中にヘメドが、相手DFデアンドレ・イェドリンと競り合った際に太ももの裏を踏みつける行為が映っており、FAは試合後にこの行為を暴力行為と判断し、同選手に処分を科すことを発表。 ▽これを受けて、ブライトンはすぐさま異議申し立ての手続きを行ったものの、FAの規律委員会はこの訴えを棄却し、3試合の出場停止処分が確定した。 ▽今季ここまでのリーグ戦全試合に出場し、2ゴールを挙げていたヘメドだが、次節からのアーセナル戦、エバートン戦、ウェストハム戦の3試合を欠場することになる。 2017.09.28 00:49 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトン、ニューカッスルからレンタル中のオランダ代表GKクルルを完全移籍で獲得! クルルは12年過ごした古巣に別れ

▽ブライトン&ホーブ・アルビオンは20日、ニューカッスルからレンタル移籍で加入しているオランダ代表GKティム・クルル(29)を完全移籍で買い取ったことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ▽オランダのADOデン・ハーグで育ったクルルは、2005年にニューカッスルの下部組織に入団。2006-07シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパカップ)でトップチームデビューを果たして以降、アヤックスやAZなどへのレンタル移籍を経ながらも、ニューカッスル一筋を貫き、公式戦の出場数は通算185試合を数える。 ▽今夏、ブライトンに1年間のレンタル移籍で加入したクルルは、19日に行われたEFLカップ3回戦のボーンマス戦でブライトンデビューを飾っていた。 ▽ブライトンは今回の完全移籍への移行に関する詳細を明かしていないが、クルルが公式戦に1試合でも出場した場合、完全移籍で切り替わる条項が契約書に盛り込まれていたようだ。 2017.09.21 00:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトンが元イタリア代表FWエセキエル・スケロットを獲得「僕の最大限を提供する」

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは8月31日、元イタリア代表FWエセキエル・スケロット(28)をスポルディング・リスボンから完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽アルゼンチンリーグに属するバンフィールドの下部組織出身であるスケロットは、2008年夏にチェゼーナに移籍。翌年4月に欧州のリーグでのデビューを飾った。以来、イタリア国内での移籍を繰り返したスケロットは、アタランタ、カターニャ、インテル、サッスオーロ、パルマ、キエーボと、実に6クラブを渡り歩きセリエAで151試合、セリエB(イタリア2部)で40試合に出場。欧州トップリーグでの豊富な経験を持っている。 ▽2015年8月には無所属となったが、同年11月にスポルディング・リスボンに入団。約1シーズン半で公式戦43試合に出場し、10アシストを記録する活躍をみせた。スケロットはブライトンの公式サイトを通じて意気込みを語った。 「プレミアリーグでプレーすることが夢だったから、簡単な決断だったよ。ブライトンの監督やコーチ、スタッフと話をした後で家族や代理人に相談したんだ。決断を助けてくれたよ」 「ブライトンのコーチやスタッフには敬意を表する。彼らが大きな扉を開けてくれて、僕は新たな冒険に出るきっかけを掴んだ。それが幸せなんだ」 「プレミアリーグはイタリアやポルトガルとは違う。コーチやサポーターのためにも、チームに全力を捧げたいね。第1に、ブライトンのために全力を出して多くの試合で勝利に貢献したい。第2に、シーズンを終えた時点でブライトンが中位に付けていて欲しい。チームに僕の最大限を提供するよ」 2017.09.01 19:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルのオランダ代表GKクルルがブライトンへシーズンレンタル

▽ブライトン&ホーブ・アルビオンは1日、ニューカッスルからオランダ代表GKティム・クルル(29)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽オランダのADOデン・ハーグで育ったクルルは、2005年にニューカッスルの下部組織に入団。2006-07シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパカップ)でトップチームデビューを果たして以降、アヤックスやAZなどへのレンタル移籍を経ながらも、ニューカッスル一筋を貫き、公式戦の出場数は通算185試合を数える。 ▽2009-10シーズンにニューカッスルを率いて、クルルを指導した経歴を持つクリス・ヒュートン監督は、「私はニューカッスルの頃からティムを知っている。彼は優れたプロフェッショナルであり、膨大な経験を持った選手だ。チームや他のキーパーにも利益をもたらすだろう」と、クルルを称賛している。 2017.09.01 15:31 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース