ブライトンがプレミア初昇格! 1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰《チャンピオンシップ》2017.04.18 06:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽17日にチャンピオンシップ(イングランド2部)第43節が行われ、ホームでウィガンに2-1で勝利したブライトン&ホーヴ・アルビオンが、3節を残してプレミアリーグ初昇格を決めた。

▽前節終了時点で首位に立つブライトン(勝ち点89)は、今節での勝利に加え、1試合消化が少ない3位ハダースフィールド(勝ち点77)が引き分け以下の結果に終わることで、1982-83シーズン以来のトップディビジョン復帰と共にプレミア初昇格が決定する状況だった。

▽そして、34年ぶりの歓喜を味わうため超満員となったファルマー・スタジアムでのホームゲームで23位ウィガンを迎えたブライトンは、37分にマレー、65分にマーチのゴールで2点のリードを奪う。その後、試合終了間際に1点を返されるも2-1で勝利し、5連勝を達成した。

▽また、同日行われた試合でハダースフィールドが、ダービーと1-1のドローに終わったため、ブライトンの3節を残してのプレミア初昇格が決定。プレミア昇格の一報を受けて、ピッチには多くのサポーターがなだれ込み、選手やスタッフと共に34年ぶりの歓喜を祝った。

▽クリス・ヒュートン監督が率いるブライトンは、GKデイヴィッド・ストックデイルやDFセバスティアン・ポコニョーリ、MFスティーヴ・シドウェルなど、プレミア経験者が在籍。リーグ得点ランク上位のFWグレン・マレー(22ゴール)やFWアントニー・クノッカール(15ゴール)を中心に、シーズンを通して安定した戦いぶりが目立っていた。

▽なお、第43節終了時点で自動昇格圏内の2位にはニューカッスル(勝ち点85)、昇格プレーオフ出場争いでは3位レディング(勝ち点79)、4位ハダースフィールド(勝ち点78)、5位シェフィールド・ウェンズデイ(勝ち点75)、6位フルアム(勝ち点73)、7位リーズ(勝ち点73)が熾烈なレースを繰り広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎の開幕2戦連発弾でレスターがホーム開幕戦で今季初白星!《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは19日、プレミアリーグ第2節でブライトンをホームに迎え、2-0で勝利した。日本代表FW岡崎慎司は76分までプレーし、1分に今季2ゴール目を記録した。 ▽11日に行われた開幕戦でアーセナルに3-4と敗れ、黒星スタートとなったレスターは、そのアーセナル戦と同様のスタメンを送り出した。アーセナル戦で今季初ゴールを記録した岡崎は、今節もスタメンに名を連ねた。 ▽試合は開始早々に動く。1分、右サイドを持ち上がったマフレズがボックス右からカットインしシュート。これはGKライアンに弾かれるも、こぼれ球に素早く反応した岡崎が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽先制点で主導権を握ったレスターは16分、最終ラインのパスミスをカットした岡崎がボックス右深くまで持ち込みクロス。これを中央のヴァーディがダイレクトで合わせたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽レスターは、40分にも右サイドライン際まで持ち上がったヴァーディの折り返しからニアに走り込んだ岡崎がゴールを脅かしたが、これはゴール右に外れた。 ▽後半に入っても主導権を握るレスターは、54分にセットプレーから追加点を奪う。マフレズの右CKをファーサイドのマグワイアが頭で叩き込んだ。 ▽リードを広げたレスターは、76分に岡崎を下げてスリマニをピッチに送り出す。すると、直後のプレーでマフレズのミドルシュートが枠を捉えるも、これはGKライアンに防がれた。 ▽結局、その後も危なげない試合運びを見せたレスターが、岡崎の開幕2戦連発弾などでホーム開幕戦を勝利で飾っている。 2017.08.20 01:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトンが昨季プレミア昇格に貢献した3選手と契約延長

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは17日、イングランド人DFレウィス・ダンク(25)とフランス人FWアントニー・ノッカール(25)との契約を2022年6月まで、アイルランド代表DFシェーン・ダフィ(25)との契約を2021年6月まで延長したことを発表した。 ▽ブライトンの下部組織出身のダンクは、2011年にトップチームデビュー。昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で43試合に出場して2ゴール2アシストを記録した。またノッカールは、2016年1月にスタンダール・リエージュからブライトンに加入。昨シーズンはチャンピオンシップで45試合に出場して15ゴール9アシストをマークした。ダフィは2016年8月にブラックバーンからクラブ史上最高額となる400万ポンド(約5億6000万円)で加入。昨シーズンは加入後、チャンピオンシップで31試合に出場して2ゴールを記録していた。 ▽プレミアリーグ創設後初となる35年ぶりの1部昇格に貢献した3選手の契約延長について指揮官であるクリス・ヒュートン監督は、以下のようにコメントしている。 「3人は昨シーズンのプレミアリーグ昇格に貢献した重要な選手たちだ。そして、今シーズンもチームにとって中心となるメンバーだと思っている」 「彼らは新たなレベルへのステップアップを楽しみにしており、プレミアリーグでも通用する優れた能力を持っている。そして、新契約を締結させた」 「契約延長の交渉はスムーズに進んだ。昇格に貢献した3人がそれぞれの将来をこのクラブに捧げてくれたことを嬉しく思う」 2017.08.17 19:39 Thu
twitterfacebook
thumb

アグエロ弾で昇格組ブライトン撃破! 快勝シティが開幕白星スタート《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは12日、アメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われたプレミアリーグ開幕節でブライトン・ホーヴ・アルビオンと対戦し、2-0で勝利した。 ▽昨シーズン、最低限のノルマであるトップ4フィニッシュを達成した昨季3位のシティはペップ体制2年目で真価が問われる今シーズンの開幕戦でプレミアリーグになって初昇格のブライトンと対戦した。 ▽グアルディオラ監督はこの開幕戦で[3-3-2-2]の布陣を採用。GKにエデルソン、3バックにコンパニ、ストーンズ、オタメンディ。中盤はアンカーにフェルナンジーニョ、ウイングバックにウォーカーとダニーロ、インサイドハーフにデ・ブライネとシルバが並び、2トップにアグエロとガブリエウ・ジェズスが入った。 ▽立ち上がりから相手陣内でハーフコートゲームを展開するシティは、シルバとデ・ブライネ、ジェズス、アグエロの4人が中央を締める相手に対して小気味いいダイレクトプレーで揺さぶりを図るが、最後の場面でうまくいかない。 ▽27分には浮き球パスに反応したジェズスがゴール前に抜け出してGKより先にボールを流し込むが、ここは手を使ってボールを押し込んだとの判定でゴールは認められず。逆に、ジェズスにイエローカードが掲示された。 ▽それでも、攻勢を続けるシティは34分、シルバとの連係でボックス右ライン際に抜け出したアグエロから浮き球の折り返しを受けたジェズスがヘディングシュートを放つが、ここはGKライアンのビッグセーブに遭う。この跳ね返りをジェズスが左足で蹴り込むが、今度は左ポストに阻まれる。予想通り、相手を圧倒したシティだったが、前半のうちにブライトンの堅守攻略とはならなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、50分にフェルナンジーニョの浮き球パスに抜け出したシルバの折り返しをジェズスが流し込んでゴールネットを揺らしたシティだが、シルバがオフサイドを取られてしまい、ゴールは認められない。 ▽すると、ここまで防戦一方だったブライトンが頼みのセットプレーからゴールに迫る。56分、セットプレーの流れからゴール前で混戦を生むと、ダフィーやダンクが続けてシュートを放つが、ここはGKエデルソンのセーブとDFコンパニのブロックに阻まれ、ワンチャンスを生かすことができない。 ▽押し込みながらもゴールが遠いシティは、68分にダニーロを下げてザネをピッチに送り出す。すると、この交代直後の70分に待望のゴールが生まれる。ハーフウェイライン付近の右サイドで後ろ向きにボールを受けたスティーブンスから前向きにボールを奪ったデ・ブライネが、すかさずバイタルエリアに走り込むシルバにパス。シルバはボックス右に走り込むアグエロへ絶妙なワンタッチパスを送ると、最後はアグエロが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽相手のミスから先制点を奪ったシティは畳みかける攻めを見せると、75分にはボックス付近でのアグエロのキープから右サイドに流れたフェルナンジーニョが浮き球のクロスを供給。これをゴール前でジェズスと競ったDFダンクが自軍のゴールに豪快に頭で流し込んでしまい、シティに幸運な形で追加点が決まった。 ▽その後、ジェズスとアグエロの2トップを下げてスターリングとこれがプレミアデビューとなるベルナルド・シウバを投入したシティは、相手の反撃を危なげなく凌ぎ切って2-0で勝利した。得意の開幕戦をきっちり制したシティは、同じく開幕戦を制したエバートンと次節対戦する。 2017.08.13 03:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトンがコロンビア代表FWイスキエルド獲得で合意…今夏3度目のクラブレコード更新

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは10日、クラブ・ブルージュのコロンビア代表FWホセ・イスキエルド(25)を完全移籍で獲得することで合意した。クラブ史上最高額での獲得となる。 ▽イスキエルドは、2014年8月にコロンビアのオンセ・カルダスからクラブ・ブルージュへと完全移籍。クラブ・ブルージュでは公式戦117試合に出場し38ゴール19アシストを記録。2016-17シーズンはベルギー・ジュピラーリーグで21試合に出場し9ゴール2アシスト、チャンピオンズリーグでも4試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽ブライトンにとっては、イスキエルドの移籍金はクラブレコード更新となり、オーストラリア代表GKマシュー・ライアン(25)、オランダ代表MFダヴィ・プレパー(25)についで3度目の更新となった。 ▽なお、イスキエルドは、個人条件でも合意しており、メディカルチェックを受けて国際移籍証明書が発行されるのを待つとのことだ。 2017.08.10 19:11 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組ブライトン、PSVからオランダ代表MFプレパー獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは7日、PSVからオランダ代表MFダヴィ・プレパー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽なお、ブライトンは今回の移籍金をクラブ史上最高額と伝えており、イギリス『スカイ・スポーツ』は1000万ポンド(約14億4000万円)と推定している。 ▽ブライトンを率いるクリス・ヒュートン監督は、経験豊富なオランダ代表MFの加入に満足感を示している。 「ダヴィはフィテッセとPSVで素晴らしい経験をしてきたプレーヤーだ。彼の血統に疑う余地がなく、チャンピオンズリーグやオランダ代表でも多くの試合に出場している。彼のようなプレーヤーを迎え入れることができ、本当に嬉しいよ」 ▽2009年にフィテッセでプロキャリアをスタートしたプレパーは、2015年にPSVへ完全移籍で加入。185cmと恵まれた体躯を誇る同選手は、セントラルMFを主戦場に攻守両面で貢献できる、オランダでいう「6番」や「8番」タイプのプレーヤー。PSVでは在籍2シーズンで1試合を除くリーグ戦全試合に出場し、16ゴールを記録していた。 2017.08.08 00:04 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース