ブルーズ一筋22年のテリーが今季限りでチェルシー退団! 「クラブを去る適切な時期だと判断した」2017.04.18 02:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは17日、元イングランド代表DFジョン・テリー(36)が今シーズン終了後にクラブを退団することを発表した。

▽14歳でチェルシーのアカデミーに在籍して以来、ブルーズ一筋のキャリアを築いてきたテリーは、クラブ公式サイトで22年を過ごした愛するクラブを去る決断をした理由について以下のように語っている。

「22年も在籍してきたから、多くの言葉、感謝を伝える多くの人たちがいる。この偉大なクラブ、監督、チームメート、スタッフ、長年応援してくれたサポーターたちへの感謝の気持ちを今ここですべて言い表すことはできない。今後、数週間を通じて少しずつ語っていきたいと思う」

「今後、自分の将来に関する決断をしたいと思うが、今シーズン終了までクラブの成功を手助けすることを誓うよ」

「クラブと私は常に素晴らしい関係を築いてきた。それは今後も続いていくはずだ。私たちは、これまで本当に真剣な話し合いを何度も行ってきた。その中ですべてを慎重に検討した結果、自分にとってもクラブにとっても、今がクラブを去る適切な時期だと判断した」

「私は以前から正しい時期に正しい形でクラブを去ることを意識してきた。そして、今シーズン終了後が、その適切な時期だと判断した」

「チェルシーで自分のチャンスが限られることを理解しているし、私は今後もプレーを続けたいと考えている。だから、新たな挑戦を続けていきたいと思っているんだ」

「もちろん、私はいつでもブルーズの一員であり、チェルシーのプレーヤーとして最後のシーズンを、より多くのタイトルで飾りたいと願っている」

▽また、ブルーズの生けるレジェンドは、常にサポートを続けてくれたサポーターに向けてメッセージを送っている。

「最後に、私にはこの偉大なクラブと驚くべきチェルシーファンたちに対する愛を言葉で表すことができない。長年に渡って素晴らしいサポートを続けてくれたすべての人たちに心から感謝を述べたい」

「私にとって、あなたたちはこのクラブで自分が在籍した時期に獲得してきたトロフィーを共に分かち合う大事な仲間だ」

「そして、あなたたちとの驚くべき旅を決して忘れない。これまでのすべてに感謝しているよ」

▽14歳のときにウェストハムのアカデミーからチェルシーのアカデミーに加入したテリーは、1998年10月に行われたリーグカップのアストン・ビラ戦でトップチームデビュー。その後、1999-2000シーズンにノッティンガム・フォレストへの短期レンタルを経験するも、翌シーズンから同クラブの主力に定着した。

▽そして、ここまでクラブ歴代3位となる公式戦713試合に出場し、66ゴールを記録。また、キャプテンとして歴代最多の578試合に出場している。この間に4度のプレミアリーグ制覇に加え、いずれもクラブ史上初のチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグのタイトルなど、16のタイトルを獲得してきた。さらに、個人としては2004-05シーズンにPFA年間最優秀選手賞にも輝いている。

▽2003年にデビューしたイングランド代表では、2012年に引退を発表するまで通算78試合に出場し、6ゴールを記録していた。

▽なお、今シーズン限りでの現役引退で指導者やフロント入りの可能性も指摘されていたテリーだが、盟友の元イングランド代表MFフランク・ランパード氏と同様に一度愛するクラブを離れて、選手として最後のひと花を咲かす決断をしたようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

連敗脱出のコンテ「解任を恐れていない」...ワトフォード戦の勝利に安堵

3試合未勝利のチェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督だが、ワトフォード戦の勝利後、クラブから解任される心配はないと語っている。<br><br>21日に行われたプレミアリーグ第9節でチェルシーはワトフォードと対戦。チェルシーはペドロ・ロドリゲスのゴールで先制するも、後半開始直後にワトフォードに逆転される。しかし、ミッチー・バチュアイが2ゴールを挙げる活躍を見せ、4-2で勝利を収めている。<br><br>この試合までリーグ戦で2連敗を喫し、チャンピオンズリーグのローマ戦でも勝利を逃していたコンテ監督は、試合後の会見で「多くのプレッシャーを抱えていたのは事実だ。しかし、解任を迫られるようなプレッシャーではない。このような圧力を感じてはいないし、自分自身の能力を信じている。これからも解任を恐れることはないだろう」と公式戦4試合ぶりの勝利に安堵したようだ。<br><br>続けて「チェルシーのために全力で働いている。昨シーズンもそうであったが、今シーズンもスタッフとともに同じように働いている。毎試合我々に声援を送ってくれるサポーターを満足させることが一番のプレッシャーで、それ以外はさほど重要ではない。私は常に150%の力でクラブとサポーターのために仕事をしている。選手たちもそうであると思う」とコメントを残している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:36 Sun
twitterfacebook
thumb

低調チェルシー、ワトフォードキラーのバチュアイ2ゴールに救われ連敗ストップ!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、チェルシーvsワトフォードによるロンドン・ダービーが21日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが4-2で勝利した。 ▽前節、開幕から全敗中の最下位クリスタル・パレス相手に今季初ゴールと初白星を献上した5位チェルシーは、リーグ戦2連敗と調子を落とす。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦ではホームで2点差をひっくり返されるも、エースのアザールのゴールによって3-3のドローに持ち込み、公式戦の連敗をストップした。 ▽直近の試合でアーセナルを破るなど、マルコ・シウバ新監督の下で4位と躍進するワトフォードとのダービーに向けてはローマ戦から先発2人を変更。クリステンセンとザッパコスタに代えてリュディガーとペドロを起用し、ダビド・ルイスを本来の3バックの中央に戻したほか、アウピリクエタを右ウイングバックに配置し、最前線のモラタの下にアザールとペドロを置く本来の[3-4-3]の布陣に戻した。 ▽中2日の過密日程を受けて、早い時間帯に先制点がほしいチェルシーは立ち上がりからサイドを起点に攻勢を強めていく。すると12分、右サイドのゴールライン際でDFブリトスと競ったアザールが微妙な判定ながらCKを獲得する。このCKの流れからボックス右のアザールが丁寧にマイナスパスをペドロに送ると、ボックス手前右のペドロが右足で強いカーブをかけたダイレクトシュートが右ポストの内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。 ▽ペドロのゴラッソで先制に成功したチェルシーは16分にも追加点のチャンス。バイタルエリア左でパスを受けたモラタがボックス右にフリーで走り込むセスクへ絶妙な斜めのスルーパスを通す。だが、GKゴメスに詰められたセスクのループシュートは完璧に読まれてしまい、絶好の決定機を逸した。 ▽この決定機以降、なかなかチャンスを作れなくなったチェルシーは、休養十分で球際のバトルで奮闘するアウェイチーム相手に主導権を握られる。それでも、クレバリーやリシャルリソンにフィニッシュに持ち込まれるものの、決定機は許さない。逆に、前半終了間際の40分にはセスクのミドルシュートでゴールに迫るが、ここはGKゴメスの好守に阻まれる。すると、前半終了間際の48分には自陣左サイド深くで与えたスローインの場面でホレバスのロングスローのこぼれをボックス右のドゥクレに右足アウトにかけた見事なシュートでニアを抜かれ、1-1に追いつかれてハーフタイムを迎えた。 ▽後半に入ってもギアが上がらないチェルシーは立ち上がりの48分に右サイドを破ったロベルト・ペレイラの鋭いグラウンダーのクロスからファーでフリーのリシャルリソンに絶好機を許すが、これは相手のシュートミスに救われる。だが、直後の49分に中盤でのバカヨコのボールロストからカウンターを浴びると、ボックス左でボールを持ったリシャルリソンのグラウンダーのパスをファーでフリーのペレイラに冷静に流し込まれ、逆転を許した。 ▽後半立ち上がりの痛恨の失点に動揺するチェルシーは54分にも相手セットプレーの流れからブリトスのクロスをゴール前でドフリーのリシャルリソンに頭で合わせられるが、これは再びリシャルリソンのシュートミスに救われる。 ▽何とか流れを変えたいコンテ監督は61分、疲労困憊のモラタを下げてバチュアイを投入。さらに68分にはマルコス・アロンソに代えてウィリアンを投入し、アスピリクエタを左サイドバックに移した[4-2-3-1]の布陣に変更した。 ▽するとこの選手交代が同点ゴールをもたらす。71分、相手陣内右サイドで得たFKの流れからウィリアンとパス交換した右サイドのペドロがニアを狙ったクロスを入れると、相手DFの前に飛び出したバチュアイが頭で合わせてゴール左隅に流し込んだ。 ▽ワトフォードキラー、バチュアイの対ワトフォード戦3試合連続ゴールで試合を振り出しに戻したチェルシーだが、ここから一気に流れを引き戻すまでには至らない。82分にはボックス内でゴールを背にしてセスクのパスを受けたバチュアイが強引に右足の反転シュートを試みるが、これは枠の右に外れる。さらに86分にはペドロに代わってザッパコスタを右サイドに投入すると、この交代が勝ち越しゴールに繋がる。 ▽87分、右サイド深くでザッパコスタがタメを作って外のウィリアンに短いパスを渡すと、ウィリアンが鋭いクロスを供給。ニアで相手DFカバセレがフリックしたボールをファーに詰めたアスピリクエタが頭で流し込んだ。伏兵の今季初ゴールで試合を再び引っくり返したチェルシーは、試合終了間際の95分にも相手DFの不用意なパスをバカヨコが頭で跳ね返すと、これに反応したバチュアイが冷静にGKとの一対一を制し、ダメ押しの2点目を奪った。 ▽上位対決で大苦戦のチェルシーだったが、ワトフォードキラーのバチュアイの2ゴールなどで打ち合いを制し、リーグ戦の連敗をストップした。 2017.10.21 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

解任も? コンテとチェルシーの関係は終焉か

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督とクラブの関係が悪化の一途を辿っているようだ。著名なジャーナリストであるダンカン・キャスルズ氏が『Yahoo Sport UK』で伝えた。 ▽コンテ監督とクラブの関係が良好ではないことはかねてから報じられている。ダンカン・キャスルズ氏が伝えるところによれば、コンテ監督とクラブ上層部の関係は現在、限界を迎えている。チームも現在、リーグ戦連敗に加えて18日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のローマ戦で3-3に終わっており、選手も指揮官のメソッドに疑問を持ち始めているという。 ▽さらに、監督を頻繁に変えながら成績を残してきたチェルシーを見てきたクラブスタッフ陣は、コンテ監督が既に「デッドマン・ウォーキング」の状態だと比喩しているとのことだ。一方で、コンテ監督自身もシーズン終了後の退団を既に決断したと話しているとも伝えられている。 ▽今季終了をまたず解任される可能性も指摘されているコンテ監督。21日にホームで行われるプレミアリーグ第9節のワトフォード戦では是が非でも白星を取り戻しておきたいところだ。 2017.10.21 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

古巣サポがチェルシーDFリュディガーにモンキーチャント…来月16日にローマの処分が決定か

▽チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシーvsローマの中で、チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーに対する人種差別行為が行われたとして、欧州サッカー連盟(UEFA)がローマに警告を発した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ローマで評価を高めて今夏チェルシーに加入したリュディガーは、18日に行われたCLグループC第3節で、古巣対戦となるローマ戦に77分から途中出場。試合はドロー決着に終わったものの、3-3の打ち合いを演じるなど白熱した展開をみせた。しかし、その最中に古巣サポーターからリュディガーに対して心ない行為が行われていたようだ。 ▽ロマニスタは、2015年夏からの2年間クラブを支えたリュディガーに対して、モンキーチャント(サルの鳴きまね)を浴びせて非難。『BBC』によれば、これがUEFA規律規則(DR)第14条に抵触する差別的行為にあたり、UEFAからローマに警告が発せられたとのことだ。この一件についての処分は、UEFAの統制・倫理・懲戒機関によって11月16日に下される予定となっている。 ▽また、リュディガーはローマ所属時代にも、ライバルクラブであるラツィオとのダービーマッチで同様の差別的行為の被害にあっていた。その件に関して、同選手は「(ああいったことをするのは)寂しい人だ。僕には理解できない」と発言。悲しみを語っていた。 2017.10.21 00:08 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー会長、クルトワに来夏オファーを確約か

▽チェルシーの絶対的守護神であるベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)が来夏のレアル・マドリー移籍に向かっているようだ。スペイン『Diario Gol』が報じた。 ▽レアル・マドリーのGK人事を巡っては、以前から様々な噂が錯綜。レアル・マドリーの現守護神であるGKケイロル・ナバスを評価していないフロレンティーノ・ペレス会長は、マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアをトップターゲットに定めているようだが、獲得困難であることから、クルトワに対する関心を強めているという。 ▽また、ペレス会長は、クルトワの元恋人と2人の子供が現在、生活拠点をマドリッドに置いていることを注視。子供らとの同居を希望するクルトワとも接触済みで、本人に来夏のオファーを約束したとのことだ。 2017.10.19 16:15 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース