ブルーズ一筋22年のテリーが今季限りでチェルシー退団! 「クラブを去る適切な時期だと判断した」2017.04.18 02:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは17日、元イングランド代表DFジョン・テリー(36)が今シーズン終了後にクラブを退団することを発表した。

▽14歳でチェルシーのアカデミーに在籍して以来、ブルーズ一筋のキャリアを築いてきたテリーは、クラブ公式サイトで22年を過ごした愛するクラブを去る決断をした理由について以下のように語っている。

「22年も在籍してきたから、多くの言葉、感謝を伝える多くの人たちがいる。この偉大なクラブ、監督、チームメート、スタッフ、長年応援してくれたサポーターたちへの感謝の気持ちを今ここですべて言い表すことはできない。今後、数週間を通じて少しずつ語っていきたいと思う」

「今後、自分の将来に関する決断をしたいと思うが、今シーズン終了までクラブの成功を手助けすることを誓うよ」

「クラブと私は常に素晴らしい関係を築いてきた。それは今後も続いていくはずだ。私たちは、これまで本当に真剣な話し合いを何度も行ってきた。その中ですべてを慎重に検討した結果、自分にとってもクラブにとっても、今がクラブを去る適切な時期だと判断した」

「私は以前から正しい時期に正しい形でクラブを去ることを意識してきた。そして、今シーズン終了後が、その適切な時期だと判断した」

「チェルシーで自分のチャンスが限られることを理解しているし、私は今後もプレーを続けたいと考えている。だから、新たな挑戦を続けていきたいと思っているんだ」

「もちろん、私はいつでもブルーズの一員であり、チェルシーのプレーヤーとして最後のシーズンを、より多くのタイトルで飾りたいと願っている」

▽また、ブルーズの生けるレジェンドは、常にサポートを続けてくれたサポーターに向けてメッセージを送っている。

「最後に、私にはこの偉大なクラブと驚くべきチェルシーファンたちに対する愛を言葉で表すことができない。長年に渡って素晴らしいサポートを続けてくれたすべての人たちに心から感謝を述べたい」

「私にとって、あなたたちはこのクラブで自分が在籍した時期に獲得してきたトロフィーを共に分かち合う大事な仲間だ」

「そして、あなたたちとの驚くべき旅を決して忘れない。これまでのすべてに感謝しているよ」

▽14歳のときにウェストハムのアカデミーからチェルシーのアカデミーに加入したテリーは、1998年10月に行われたリーグカップのアストン・ビラ戦でトップチームデビュー。その後、1999-2000シーズンにノッティンガム・フォレストへの短期レンタルを経験するも、翌シーズンから同クラブの主力に定着した。

▽そして、ここまでクラブ歴代3位となる公式戦713試合に出場し、66ゴールを記録。また、キャプテンとして歴代最多の578試合に出場している。この間に4度のプレミアリーグ制覇に加え、いずれもクラブ史上初のチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグのタイトルなど、16のタイトルを獲得してきた。さらに、個人としては2004-05シーズンにPFA年間最優秀選手賞にも輝いている。

▽2003年にデビューしたイングランド代表では、2012年に引退を発表するまで通算78試合に出場し、6ゴールを記録していた。

▽なお、今シーズン限りでの現役引退で指導者やフロント入りの可能性も指摘されていたテリーだが、盟友の元イングランド代表MFフランク・ランパード氏と同様に一度愛するクラブを離れて、選手として最後のひと花を咲かす決断をしたようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

今季二冠の可能性もコンテ監督は今夏の大型補強を示唆

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、同クラブの長期的な成功のために、今夏の大型補強を示唆している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽チェルシーは現在、エバートンのベルギー代表FWロメル・ルカク(23)と、サウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)を今夏の移籍市場で獲得する最優先の選手としてリストアップしている。両選手の獲得には約1億2000万ポンド(約168億5000万円)以上の金額が必要とされているが、コンテ監督は新戦力獲得に向けて、多額の移籍金を用意するよう、クラブに要求しているようだ。 ▽チェルシーは、昨シーズンにセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチがゼニトへ、ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが天津泰達へと移籍し、長きに渡って同クラブを支えてきたベテランの選手たちがチームを去った。また最近、元イングランド代表DFジョン・テリーの今シーズン限りでの退団が決定した。 ▽変遷の時期に差し掛かりながらも今シーズン、プレミアリーグとFAカップのシーズン二冠の可能性を有す同クラブだが、コンテ監督は長期的に成功するためには今夏の移籍市場での大きな補強が必要だと主張している。 「現在、チェルシーは変遷の段階にある。我々は今シーズン、(ブラニスラフ・)イバノビッチと(ジョン・オビ・)ミケルを失った。そして、来シーズンにはジョン・テリーを失う」 「我々は、このクラブの歴史に名を遺した選手たちについて話をしている。彼らは多くのものを勝ち獲ってきた。現在、彼らに代わる選手たちを見つけ、その選手たちを同じようなレベルの状態に持っていかなくてはいけない」 「カルロ・アンチェロッティがチェルシーを率いていた時代を見て思った。彼は最高のイタリア人監督で、私は尊敬の念を抱いている。彼が来た時にチェルシーは本当に強いチームになったんだ」 「我々は現在、重要な何かを作っている。それには時間が必要だ。このような選手たちを失い、新たにチームを築き上げることは簡単なことではない。しかし、我々は根気強く土台を築いていく必要があり、シーズンごとに良くなっている」 「繰り返そう。昨シーズン、我々が10位だったとしても、今シーズンはリーグのトップに立っており、FAカップでも決勝進出を決めた。ただ、多くのことは変えていない。それが素晴らしいことなんだ。しかし、我々は成長し続けなくてはいけない」 2017.04.25 00:44 Tue
twitterfacebook
thumb

ドログバが一日限りのチェルシー復帰へ!?

▽チェルシーのレジェンドである元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが自身の公式ツイッターで、アーセナルファンを戦々恐々とさせる発言をしている。 ▽チェルシーは22日に行われたFAカップ準決勝で、トッテナムを4-2で破り決勝進出を決めた。その翌日、マンチェスター・シティ相手に2-1で競り勝ったアーセナルがチェルシーに続いて決勝へ勝ち進んだ。 ▽現在、アメリカのユナイテッド・サッカーリーグのフェニックス・ライジングの選手兼共同オーナーを務めるドログバは、5月27日に行われるFAカップ決勝に向けて、ある“たくらみ”を企てているようだ。自身の公式ツイッターで以下のようにコメントしている。 「親愛なるフェニックス・ライジングへ。5月26日と27日の間、私はちょっと留守にするよ。レンタルでチェルシーに行かなければならないからね。私はアーセナルとの相性がいいんだ。17試合で17得点という記録にしよう」 ▽イギリス『ミラー』によれば、ドログバは過去、アーセナルに対して16試合で16得点を決めている。チェルシーファンにとっては何とも頼もしいコメントだが、アーセナルファンにとってこの冗談は、たまったものではないだろう。 2017.04.24 17:19 Mon
twitterfacebook
thumb

カンテがPFA年間最優秀選手賞を受賞

▽イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)は23日、2016-17シーズンのプレミアリーグ最優秀選手賞にチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(26)が選ばれたことを発表した。カンテは初受賞となる。 ▽カンテは昨夏、レスター・シティからチェルシーに加入。今シーズンのプレミアリーグでここまで31試合1ゴール1アシストをマークし、持ち前のボール奪取だけでなく攻撃のスイッチ役としても中盤からリーグ首位を走るチームを支えている。 ◆過去のPFA年間最優秀選手 2001-02:ルート・ファン・ニステルローイ(マンチェスター・U) 2002-03:ティエリ・アンリ(アーセナル) 2003-04:ティエリ・アンリ(アーセナル) 2004-05:ジョン・テリー(チェルシー) 2005-06:スティーブン・ジェラード(リバプール) 2006-07:クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U) 2007-08:クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U) 2008-09:ライアン・ギグス(マンチェスター・U) 2009-10:ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U) 2010-11:ガレス・ベイル(トッテナム) 2011-12:ロビン・ファン・ペルシ(アーセナル) 2012-13:ガレス・ベイル(トッテナム) 2013-14:ルイス・スアレス(リバプール) 2014-15:エデン・アザール(チェルシー) 2015-16:リヤド・マフレズ(レスター・シティ) 2016-17:エンゴロ・カンテ(チェルシー) 2017.04.24 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

FA杯決勝進出もセスク「気の抜けない試合がある」25日のサウサンプトン戦に意気込む

現地時間22日に行われたFAカップ準決勝、チェルシーvsトッテナムはチェルシーが4-2で勝利を収めた。この試合で後半途中からピッチに登場したMFセスク・ファブレガスが勝利の喜びを語るとともに、直後に控えているリーグ戦に意欲を示した。<br><br>「今日の試合でFAカップ決勝に進むことができたのはとても大きなことだ。スパーズは手強いチームだし、勝ち上がることができてハッピーだと思う。僕らはヨーロッパでのカップ戦がなかったし、日程的にも現有戦力で実戦を想定したトレーニングに集中できたことが大きかった」<br><br>FAカップ準決勝で勝利したことを喜ぶ一方で「ただ、それ以上に気が抜けない試合は火曜日に控えている。この試合で勝つことで、リーグタイトルに弾みを付けられるはずだ」と続け、25日に控えているプレミアリーグ第34節のサウサンプトン戦に向けて意気込んでいる。<br><br>チェルシーは現在、勝ち点75でプレミアリーグ首位に立っているが、2位トッテナムとは勝ち点4差に詰められている状況だ。25日にホームで行われるサウサンプトン戦で勝ち点の取りこぼしは許されない。セスクは優勝に向けてサウサンプトン戦の勝利が必須と見ているようだ。<br><br>サウサンプトンには日本代表DF吉田麻也が守備陣で大きな役割を担っている。果たして、優勝に向けて首位を快走するチェルシー攻撃陣といかなるマッチアップを見せるのか、25日の大一番は今シーズンのプレミアリーグの優勝の行方を占う一戦となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 19:23 Sun
twitterfacebook
thumb

スーパーゴールのマティッチ「これは2番目に素晴らしいゴール。1番は…」

チェルシーに所属するMFネマニャ・マティッチは、トッテナム戦でチーム4点目となるスーパーゴールを決めた喜びを『BBC』のインタビューで語っている。<br><br>22日にウェンブリー・スタジアムで行われたFAカップ準決勝トッテナム戦で、チェルシーが3-2でリードして迎えた80分にマティッチがペナルティエリアの外から左足を振りぬいた一撃はチェルシーの勝利を決定づける大きな1点となった。しかし、350日ぶりのゴールを挙げたセルビア代表MFは、これが自身のベストゴールではないと考えているようだ。<br><br>「素晴らしいゴールを決めた。でもまずはチームが勝てたことが一番で、これでファイナルへ駒を進められる。彼らは非常に良いチームでとても難しい試合だった。最後まで諦めなかったスパーズによくやったと労いたい。もちろんゴールを決めたことはうれしいし、あれはスーパーゴールだ。でも僕にとってのベストゴールは、ベンフィカ対ポルトのダービーで決めたシュートだ。これはその次にベストなゴールだと思う」<br><br>「このスタジアムでプレーできるチャンスがあるなんて素晴らしいことだ。サポーターも良い瞬間が見られたと思う。トロフィーを獲得できるチャンスができてとても興奮している。もちろんこの勝利は大きな自信につながる。そして早く回復し、火曜日の試合(サウサンプトン戦)に臨みたい」<br><br>一方、後半から途中出場し、決勝点をマークしたエデン・アザールは「フットボーラーなら全部の試合でプレーしたいはずだ。でも監督はウィリアンを起用するという偉大な決断に踏み切った。彼はその期待に応え、2ゴールを奪ったんだ」とアントニオ・コンテ監督の判断に理解を示した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 17:30 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース