超ワールドサッカー

マドリーがイスコに延長オファーか…新契約は6年とも2017.04.17 22:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーが、所属するスペイン代表MFイスコに契約延長のオファーを申し出るようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽15日に行われたリーガエスパニョーラ第32節のスポルティング・ヒホン戦で2得点を記録し、3-2の勝利に大きく貢献したイスコ。この活躍により、現在右ふくらはぎの負傷によりチームを離れているウェールズ代表FWガレス・ベイルの代わりとして、ジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち取ったと言われている。

▽今シーズンのイスコは、ヨーロッパの舞台で、わずか77分間の出場にとどまっており、DFファビオ・コエントラン(98分)より短い状況だ。しかし、イスコはよりヨーロッパの大会に出られることを熱望しており、チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグのバイエルン戦に出場するようであれば、クラブとの契約延長を前向きに検討するのではないかとみられている。

▽マドリーはイスコに対して、新たに6年の契約延長と、年俸600万ユーロ(約6億9000万円)のオファーを出すと噂されている。果たして、チームに留まらせることはできるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、モラタに87億円オファー…ただ、レアル・マドリーは100億円以上を強く要求

▽スペイン『アス』は26日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)がマンチェスター・ユナイテッド移籍に近づいていると報じた。しかし、依然として移籍金で折り合いが付いていないようだ。 ▽以前から出場機会を求めてレアル・マドリー退団が報じられてきたモラタ 。すでにユナイテッドと個人合意に達しているとの見方が強く、あとはクラブ間合意のみとみられている。 ▽『アス』によれば、ユナイテッドとレアル・マドリーはモラタがフィアンセと結婚式を挙げる中、移籍交渉を継続。ユナイテッドは移籍金7000万ユーロ(約87億6000万円)をテーブルに置いているという。 ▽しかし、レアル・マドリーの希望額はユナイテッドの提示額以上とのこと。モラタの移籍金として、8000〜9000万ユーロ(約100億〜112億6000万円)を強く要求しているとみられている。 ▽モラタは昨夏、レアル・マドリーに復帰。プレー時間の少なさを不満に抱えているとみられるが、昨シーズンはリーガエスパニョーラでチームトップのFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ15ゴールを記録する活躍を見せていた。 2017.06.27 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

下部組織で3冠達成した“天才”グティ「将来的にはトップチームを率いたいが…そのうちね」

▽レアル・マドリーの下部組織であるフニベルAで指揮を執る元スペイン代表MFのグティが、将来的にトップチームで指揮を執りたいとの思いを明かした。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽2011年に現役を引退したグティは、2013年からマドリーの下部組織で指揮を執っている。40歳となった今年、グティはフニベルAの『Division de Honor』、『Copa de Campeones』、『Copa del Rey』の3つの大会を制覇。クラブ史上初となる同カテゴリーでの3冠達成を果たした。 ▽偉業を成し遂げたグティは、将来的にトップチームの指揮官となる夢を持っていることを明かした。しかし現在は、現役時代にともにプレーしたジネディーヌ・ジダン監督がおり、かつてのチームメートの健闘を願っているとしている。 「マドリーのファンたちは、少しでも長くジダンに続けてもらいたいと思っている。それは私も同じだ。ただ、個人的にもチャンスはつかみ取りたいと思っている。トップチームのコーチに興味がないなんて馬鹿げていることだからね。しかし今ではない。…そのうちね」 「それに今は充実した日々を過ごせている。マドリーが与えてくれた機会を嬉しく思っているし、満足だ」 2017.06.27 08:56 Tue
twitterfacebook
thumb

かつての神童・パトがマドリー加入の可能性があったと明言!! 去就に揺れるドンナルンマにエールも

▽中国スーパーリーグの天津権健でプレーする元ブラジル代表FWアレッシャンドレ・パトが、過去の移籍を振り返ってレアル・マドリー加入に迫ったことがあったと明かした。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽2006年にブラジルのインテルナシオナルでプロキャリアを歩み始めたパトは2007年にミランに加入。2012-13シーズン途中にコリンチャンスに移籍するまで公式戦150試合63ゴールをマークした。その後はサンパウロ、チェルシーへとレンタルで加入し、2016年にビジャレアルに加入。2017年からは天津権健に移籍した。 ▽27歳になるパトは10年前、海を渡った際にミランではなくマドリーに加入する可能性があったことを明かした。 「17歳だったころ、本当はマドリーに加入する可能性があったんだ。でも僕はミランを選んだ。当時のミランはすべてに勝利していたクラブだったからね。残念ながら今のミランは少し変わってしまったよ」 ▽若くして海外移籍を果たしたパトは、現在ミランとの契約延長交渉を中断しているイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)についてもコメントしている。 「まざ18歳の若者だけれど、大器の片りんを見せているね。そして素晴らしい代理人が彼を導いている。ミランと契約延長することになれば、それなりの理由があるのだろう」 「昔、アンチェロッティが良いプレーヤーは良いプレーヤーとプレーしなければいけないと言っていた。実際に僕は17歳ながらもセードルフ、ピルロ、マルディーニ、そしてカカとプレーしたんだ」 2017.06.27 08:41 Tue
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、レアル・マドリーからスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテを完全移籍で獲得

▽レアル・ソシエダは26日、レアル・マドリーからスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽マドリーの下部組織出身のジョレンテは、2012年にトップチームデビュー。しかし、世界屈指のスカッドを誇るトップチームで十分な出場機会を得ることはできず、2015-16シーズンはラージョに、今シーズンはマラガにレンタル移籍していた。今季はセンターバックのレギュラーを掴み、リーグ戦25試合に出場し、2ゴールを記録していた。 ▽なお、ラージョ時代に見事な活躍を披露したジョレンテは、ユーロ2016本大会前の5月に行われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表とのフレンドリーマッチでスペイン代表デビューも飾っていた。 2017.06.27 04:58 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがベイル退団報道を否定、アンタッチャブルな存在であることを強調

レアル・マドリーがMFガレス・ベイルの売却報道を一蹴したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>フランス『レキップ』は、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が獲得を狙うモナコFWキリアン・ムバッペ及びその関係者と話し合った際に、ベイル、FWカリム・ベンゼマ、FWクリスティアーノ・ロナウドの&ldquo;BBC&rdquo;の内、誰か一人を放出することを約束したと報道。その放出対象はベイルとされ、パリ・サンジェルマンの獲得報道もあった。<br><br>しかしながら、レアル・マドリーはそうした一連の報道を否定した模様。『マルカ』はレアル・マドリー関係者から、同クラブの理事会及びジネディーヌ・ジダン監督にウェールズ代表MF放出の意思はないこと、同選手をアンタッチャブルな存在と捉えていることを確認したと伝えている。<br><br>レアル・マドリーは、ベイルがプレー面でさらなる進歩を果たしていることを技術レポートで確認しており、手放す意味はないと考えている様子。同選手が抱えている問題は、腓腹筋を中心とした度重なる負傷であるが、現在メディカルスタッフが負傷を未然に防ぐ方法を模索しているとのことだ。<br><br>またベイル本人もレアル・マドリーで幸せであり、退団は一切考慮していないという。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.26 22:15 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース