ユベントスがシャルケのドイツ代表MFゴレツカ獲得に興味か2017.04.17 22:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスがシャルケのドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)の獲得に興味を持っているという。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

▽2013-14シーズンにボーフムからシャルケに加入したゴレツカは、移籍初年度からコンスタントに試合に出場。今シーズンもブンデスリーガ第29節を終えて25試合に出場し、5得点を記録している。

▽ゴレツカはシャルケとの契約が2018年6月までとなっており、ユベントスやバイエルンの他、イギリスの複数メディアではアーセナル、トッテナムなどのプレミアリーグのクラブが獲得に関心を持っていると言われ、同選手をフリーでは手放したくないシャルケは、今夏の移籍を認めるのではないかともみられている。

▽『カルチョメルカート』によると、ユベントスはシャルケが提示している3000万ユーロ(約34億円)の移籍金を支払うつもりはないとのこと。ゴレツカの移籍金は、シャルケとの契約が満了に近づくにつれて下がっていくが、いくつかのクラブが獲得に興味を持っていることから、今夏の移籍金は上がるのではないかと予想されている。

▽なお、ドイツ代表MFサミ・ケディラがゴレツカにユベントスへの移籍を推薦したとの噂も流れているが、果たしてどうなるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、今季の1stマッチで敗れたジェノアに完勝でリベンジ! ホーム戦連勝記録を33試合に更新《セリエA》

▽ユベントスは23日、セリエA第33節でジェノアをホームに迎え、4-0で圧勝した。 ▽前節の最下位ペスカーラ戦をイグアインのドッピエッタで快勝した首位ユベントス(勝ち点80)は、2位ローマとのポイント差を8に広げ、セリエA6連覇へ着実に歩みを進めている。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦では思惑通りに0-0とシャトアウトし、ベスト4進出を決めた。そのバルセロナ戦のスタメンから6選手を変更。前線の3枚とボヌッチ、ケディラを引き続き先発とした。 ▽ユリッチ監督が復帰した前節ラツィオ戦を2-2で引き分けて連敗を4で止めた16位ジェノア(勝ち点30)に対し、イグアインとマンジュキッチの2トップに、ディバラをトップ下に置く[3-4-1-2]を採用したユベントスは、開始4分にボヌッチが足を滑らせてシメオネに際どいシュートを浴びてしまう。 ▽それでも、7分にFKからボヌッチが決定的なヘディングシュートを浴びせると、その後はハーフコートゲームを展開。15分にディバラがコントロールシュートを浴びせると、17分に先制した。イグアインの浮き球パスに飛び出したゴール前のマルキジオがボレーで狙ったシュートはミートしきれなかったが、ムニョスに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽さらに2分後、ケディラとのワンツーからボックス中央のディバラがゴール右にシュートを突き刺して一気にリードを2点に広げた。その後もポゼッションして試合をコントロールするユベントスは、35分にイグアインが左足ミドルでゴールに迫ると、41分に3点目を奪いきった。マンジュキッチが自身の入れたクロスのルーズボールをボックス左からダイレクトで狙うと、完璧にコントロールされたシュートがゴール右に決まった。 ▽3点をリードして迎えた後半、53分にFKからボヌッチがボレーシュートでネットを揺らすも、マンジュキッチのファウルを取られて4ゴール目とはならなかったユベントスだったが、引き続き主導権を握る。 ▽すると64分、先ほどゴールを取り消されたボヌッチが中央を持ち上がって右足を一閃。GKラマンナが一歩も動けない完璧なシュートをゴール左に突き刺した。 ▽その後も圧倒すると、70分にマルキジオとイグアインがそれぞれバーとポストに嫌われるシュートを浴びせ、77分にはアサモアのミドルシュートが右ポストを直撃。結局、5点目こそ奪えなかったものの、ジェノアを圧倒したユベントスが快勝。今季の1stマッチで敗れたジェノアにリベンジを果たし、ホーム戦33連勝とした。 2017.04.24 05:42 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ボカの若き司令塔ベンタンクールの完全移籍加入を発表…移籍金は11億円

▽ユベントスは21日、ボカ・ジュニアーズに所属するU-20ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(19)の完全移籍加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年。移籍金は950万ユーロ(約11億1000万円)の分割払い。将来、ユベントスが他クラブに売却する際、その移籍金の50%がボカに支払われる。 ▽名門ボカの若き司令塔であるベンタンクールは、ミランやインテル、レアル・マドリーといった錚々たるビッグクラブが獲得に動いていると報じられた逸材。FWカルロス・テベスをボカに売却した際に優先交渉権を手にしていたユベントスは先日、メディカルチェックの通過を公表していた。 2017.04.22 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「ユベントスがカテナチオ? カルチョをわかっていない」元伊代表監督が進化を主張

元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏が20日、イタリアラジオ放送『Radio24』のインタビューに応じた。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、バルセロナ対ユベントスはスコアレスドローに終わり、1stレグを3-0で制していたユベントスが準決勝進出を決めた。この試合についてプランデッリは持論を展開している。<br><br>まずはユベントスの戦い方をカテナチオだとして批判したアリゴ・サッキ氏に向けて「ユベントスがカテナチオをしたなどと言っている者は、カルチョを何も理解していない」と話し、釘を刺した。<br><br>続いてユベントスがサッカー界のアヴァンギャルドであると主張し、この先数年、ユベントスの時代が続くことを予想した。<br><br>「革新的なサッカーをするチームが台頭し、サッカーの1つのサイクルが終わった。ユベントスの前半のようなプレーができるのは限られたクラブだけだ。ユベントスは進化を続ける新しいチームだ。一方、バルセロナの戦い方は以前と変わっておらず、1つの戦い方しか知らない。アッレグリには感服だ。ユベントスはこの先数年、ヨーロッパサッカーの主役となる」<br><br>なお準決勝の相手として、レオナルド・ジャルディム監督率いるモナコが難敵であり、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーが最も組みやすい相手だと述べている。<br><br>「準決勝の相手としてはモナコが1番避けるべき相手だと私は思う。スペインにまた行くのが良いだろうね。ブッフォンが言うようにアトレティコ(マドリー)はCLに集中しているが、レアルはできない。おそらくレアル相手がベストだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 19:58 Fri
twitterfacebook
thumb

CL準決勝の対戦カードが決定!! 王者マドリーはアトレティコとダービーマッチ!!《CL》

▽チャンピンズリーグ(CL)準決勝の対戦カード抽選会が21日にスイスのニヨンで行われた。 ▽今回の対戦カード抽選会では、前回大会王者でCL史上初となる連覇に挑むレアル・マドリーが、アトレティコ・マドリーとダービーマッチを戦う。また準々決勝でバルセロナに完勝し2大会ぶりのベスト4に進出したユベントスは、モナコとの対戦が決定した。 ▽なお、準決勝1stレグは5月2日(火)、3日(水)に実施され、2ndレグは9日(火)、10日(水)に行われる。対戦カードの左側のチームが1stレグをホームで実施。さらにモナコvsユベントスの勝利チームが、6月3日(土)にカーディフのウェールズ国立競技場で行われる決勝戦で名目上のホームチームとなる。 ▽今回決定した対戦カードは以下の取り。 ◆準決勝対戦カード※左側が1stレグをホームで戦う レアル・マドリー(スペイン)vsアトレティコ・マドリー(スペイン) モナコ(フランス)vsユベントス(イタリア) 2017.04.21 19:21 Fri
twitterfacebook
thumb

「どうしてもメッシのユニフォームが欲しくて」…ボヌッチが試合中に同僚から叱責?

DFレオナルド・ボヌッチがFWリオネル・メッシにユニフォームの交換を求め、DFジョルジョ・キエッリーニに怒られたと話題になった。イタリア複数メディアが20日、報じている。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ、バルセロナ対ユベントスはスコアレスドローに終わり、ファーストレグを3-0で制していたユベントスが準決勝進出を決めた。しかしこの試合中、ボヌッチがメッシに対し試合後にユニフォームの交換に応じてくれるよう執拗に話しかけていたことで、同僚キエッリーニの怒りを買ったというエピソードが伝えられている。<br><br>試合の中継映像にもバルセロナの背番号「10」のユニフォームに執着し、集中力を欠いていたように見えるボヌッチをキエッリーニが叱責し、胸をたたく様子が収められている。メッシは試合中、ボヌッチの要請を無視するそぶりを見せていたものの、試合終了後はボヌッチの希望通りユニフォームの交換に応じた。ボヌッチはこれらの経緯について、『スカイスポーツ』のインタビューで説明している。<br><br>「どうしても持って帰って僕のコレクションに加えたかったんだ。きっと息子もサッカーが大好きだから喜んでくれると思う。(キエッリーニとは)試合中の95分間緊張感を保つためにも、何度もお互いにハグしたり、叩きあったりして激励しあう。90分にフリーキックを与えてしまったから僕を元気づけようと叩いただけだ」<br><br>ボヌッチは叱責がユニフォームに関することではなく、キエッリーニとの関係も良好であることを強調した。なおキエッリーニは試合終了後、FWルイス・スアレスとユニフォームの交換を行った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 15:21 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース