ユベントスがシャルケのドイツ代表MFゴレツカ獲得に興味か2017.04.17 22:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスがシャルケのドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)の獲得に興味を持っているという。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

▽2013-14シーズンにボーフムからシャルケに加入したゴレツカは、移籍初年度からコンスタントに試合に出場。今シーズンもブンデスリーガ第29節を終えて25試合に出場し、5得点を記録している。

▽ゴレツカはシャルケとの契約が2018年6月までとなっており、ユベントスやバイエルンの他、イギリスの複数メディアではアーセナル、トッテナムなどのプレミアリーグのクラブが獲得に関心を持っていると言われ、同選手をフリーでは手放したくないシャルケは、今夏の移籍を認めるのではないかともみられている。

▽『カルチョメルカート』によると、ユベントスはシャルケが提示している3000万ユーロ(約34億円)の移籍金を支払うつもりはないとのこと。ゴレツカの移籍金は、シャルケとの契約が満了に近づくにつれて下がっていくが、いくつかのクラブが獲得に興味を持っていることから、今夏の移籍金は上がるのではないかと予想されている。

▽なお、ドイツ代表MFサミ・ケディラがゴレツカにユベントスへの移籍を推薦したとの噂も流れているが、果たしてどうなるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

マンジュキッチ退場のユベントス、ケディラのトリプレッタ含む6Gでリーグ戦3試合ぶり勝利《セリエA》

▽ユベントスは22日、セリエA第9節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、6-2で逆転勝利した。 ▽前節ラツィオに1-2と逆転負けし、今季初黒星を喫した3位ユベントス(勝ち点19)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング・リスボン戦を2-1と薄氷の逆転勝利。そのスポルティング戦のスタメンからストゥラーロと負傷したベナティアに代えてリヒトシュタイナーとルガーニを起用した。 ▽13位ウディネーゼ(勝ち点6)に対し、[4-2-3-1]で臨んだユベントスが立ち上がりから押し込んでいくも、8分に失点する。ルガーニのミスパスからショートカウンターを受けると、ペリカにボックス左へ侵入され、左足でシュートを流し込まれた。 ▽失点後、マンジュキッチのダイビングヘッドでゴールに迫ったユベントスは、14分に試合を振り出しに戻す。ピャニッチの左CKがサミルのヘディングでのクリアミスを誘い、オウンゴールとなった。 ▽続く18分にはピャニッチの右CKからキエッリーニが決定的なヘディングシュートを浴びせるも枠を外してしまう。それでも20分、ボックス手前右からのクアドラードのアーリークロスをファーサイドのケディラがヘディングで叩き込んで逆転に成功する。 ▽その後、イグアインが左ポスト直撃のシュートを浴びせたユベントスだったが、26分にアクシデント。アリ・アドナンとの交錯でひと悶着したマンジュキッチが主審への抗議も含めて立て続けに2枚のイエローカードを受け、退場となってしまった。 ▽すると、10人となったユベントスは34分にピンチ。ボックス左に侵入したヤンクトに強烈なシュートを浴びるもブッフォンが好守で凌いだ。ハーフタイムにかけて自陣に引いて守勢に回ったユベントスは、45分にもピンチ。クロスボールをボックス左のヤンクトにボレーで合わせられ、シュートは枠を捉えていたが、ここもブッフォンが立ちはだかる。 ▽さらに追加タイムにもマキシ・ロペスのワンタッチシュートでゴールを脅かされたユベントスは、ブッフォンが三度ファインセーブを見せて、辛くも1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半もメンバーを変更せず、ディバラを左サイドハーフに配置する[4-4-1]で臨んだユベントスは、48分に失点する。右サイドからのデ・パウルのFKをダニーロがヘディングシュートで叩き込んだ。 ▽しかし52分、ユベントスがすかさず勝ち越しに成功する。ディバラの右サイドからのFKをルガーニがヘディングで流し込んだ。さらに59分、ディバラの左サイド低い位置からのFKをルガーニが頭で折り返すと、最後はケディラが蹴り込んで4-2と突き放した。 ▽その後、ディバラをお役御免としたユベントスは自陣に引いて応対。79分にはクアドラードに代えてバルザーリを右サイドバックに投入し、リヒトシュタイナーを右サイドハーフに移した。 ▽逃げ切り体制十分のユベントスは87分にケディラがトリプレッタを達成すると、ピャニッチのミドルシュートも決まって6-2で勝利。マンジュキッチの退場を跳ね除け、リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾っている。 2017.10.23 02:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ピャニッチの直接FK弾と終盤のマンジュキッチ弾でユベントスがスポルティングに薄氷の逆転勝利《CL》

▽ユベントスは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節でスポルティング・リスボンをホームに迎え、2-1で辛勝した。 ▽前節オリンピアコス戦を途中出場イグアインの活躍で2-0と制したユベントスは、1勝1敗スタートとした中、1-2と敗れてセリエA初黒星を喫した直近のラツィオ戦のスタメンから6選手を変更。マテュイディやドグラス・コスタ、バルザーリらがベンチスタートとなり、負傷明けのピャニッチの他、ラツィオ戦でPKを失敗したディバラらがスタメンに戻った。 ▽ユベントス同様に1勝1敗スタートとなったスポルティングに対し、[4-2-3-1]で臨んだユベトスは立ち上がり、スポルティングのポゼッションを許すやや緩い入りを見せる。すると、12分に失点する。 ▽ブルーノ・フェルナンデスのスルーパスをアレックス・サンドロがカットできずジェウソン・マルティンスの抜け出しを許すと、GKブッフォンが一対一を止めるも、ルーズボールがアレックス・サンドロの足に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽まずい入りを見せたユベントスは切り替えてギアを上げていくと、ケディラのボレーシュートやマンジュキッチのワンタッチシュートでゴールに迫っていく。すると29分、ボックス手前左で得たFKをピャニッチがゴール左に沈めて試合を振り出しに戻した。 ▽続く30分にはボックス右深くまでえぐったディバラの折り返しをマンジュキッチが合わせるもわずかに枠の左に外れる。ハーフタイムにかけても攻勢に出るユベントスは43分、左CKをキエッリーニが落としてボックス右のイグアインがシュートに持ち込んだがGKルイ・パトリシオのセーブに阻まれ、前半を1-1で終えた。 ▽後半から負傷したベナティアに代えてバルザーリを投入したユベントスは、引き続き敵陣でのプレーを増やしにかかるも、ブルーノ・フェルナンデスのキープ力に苦戦し、流れを引き寄せきれない。 ▽そのまま時間が進み、70分にようやくディバラの左CKからマンジュキッチがヘディングシュートを浴びせるも、威力を欠いてGKにセーブされてしまう。 ▽終盤にかけてもギアの上がらなかったユベントスは、84分にストゥラーロに代えてドグラス・コスタを投入。するとこの交代がピタリと当たる。交代直後のドグラス・コスタが左サイドから仕掛けてクロスを上げると、ファーサイドのマンジュキッチがDFのマークをものともせずヘッド。これがゴールに突き刺さり、ユベントスが逆転に成功した。 ▽少ないチャンスを活かしてリードしたユベントスは自陣に引いてスポルティングの攻撃を凌ぎ、2-1で逃げ切り。薄氷の逆転勝利で2連勝とし、2位に浮上した。 2017.10.19 05:48 Thu
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが12年前のデビュー時を回想「交代相手はバロンドール受賞者だった」

ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニは15日でデビュー12周年を飾った。ユベントスの公式チャンネル『ユベントスTV』のインタビューに応じている。<br><br>キエッリーニはピサ出身で、リヴォルノの下部組織で育った。2004年夏にユベントスに移籍すると、1年間はレンタルでフィオレンティーナへ武者修行。翌シーズン、ファビオ・カペッロ率いるユベントスに復帰したキエッリーニにデビューの瞬間が訪れた。2005年10月15日、スタディオ・デレ・アルピでのメッシーナ戦(1-0でユベントスが勝利)のことだ。当時のユベントスには、アレッサンドロ・デル・ピエロやズラタン・イブラヒモビッチ、ファビオ・カンナヴァーロ、リリアン・テュラムといったそうそうたるメンバーが名を連ねていた。<br><br>「感動が入り混じっていた。加入してから2カ月が経っていたけど、ユベントスの若手なら全員が経験することだ。偉大な選手が集まるクラブの一員になるには少し時間がかかったよ。考えてみて欲しい。あの試合で僕が交代した相手はバロンドール受賞者のパベル・ネドベドだったんだ」<br><br>当時21歳だったキエッリーニに代わり、ピッチを後にしたのは、2003年にバロンドールを受賞し、現在はユベントスの副会長を務めるレジェンド、ネドベド氏だったことを回想した。<br><br>「ここへ来ると、まるで別世界に押しつぶされそうになる。最初は少し苦労するけど、少しずつ自分の居場所を勝ち取っていくことができた」<br><br>その後、キエッリーニは徐々に実力を発揮し、DFアンドレア・バルザーリや今夏ミランへ移籍したDFレオナルド・ボヌッチと堅守のBBCトリオを組み、ユベントスの6連覇を支えて貢献し、現在の地位を築いた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:52 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 1-2 ラツィオ《セリエA》

▽セリエA第8節、ユベントスvsラツィオが14日に行われ、1-2でラツィオが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171015_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 PK献上も責任はない DF 26 リヒトシュタイナー 5.0 攻撃面で違いを生めなかった (→ストゥラーロ -) 15 バルザーリ 5.0 2失点に関与。衰えが気がかりなパフォーマンス 3 キエッリーニ 5.0 バルザーリとの関係性がまずかった 22 アサモア 5.5 先制点に絡んだが、後半は効果的なプレーはなかった MF 6 ケディラ 5.5 先制点に絡み、ミドルシュートを放つなど前半は攻撃にうまく関与 (→ディバラ 5.0) ポスト直撃のミドルシュートも2試合連続のPK失敗 30 ベンタンクール 5.0 バイタルエリアを使われて失点に直結した印象 14 マテュイディ 5.5 ハードワークしていたが、アクセントを付けるには至らず FW 11 ドグラス・コスタ 6.0 移籍後初ゴールは奪ったが、右サイドでのプレーは窮屈そうだった 9 イグアイン 5.5 コンディションが上がっている様子だったが、ゴールを奪うには至らなかった 17 マンジュキッチ 5.0 さほど効果的なプレーはなかった 監督 アッレグリ 5.0 後半の戦いぶりに課題。システム変更も奏功しなかった ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171015_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 37分のプレーはヒヤリとしたが、それ以外は安定。最後にPKを止めて勝利に導く DF 15 バストス 6.0 ソリッドなプレーを続ける 3 デ・フライ 6.0 ディフェンスを統率。ビルドアップでも貢献 26 ラドゥ 5.5 無難な対応で守備を安定させる MF 77 マルシッチ 5.5 攻撃面では目立たなかったが、守備を献身的に行う 16 パローロ 5.5 持ち味の前線への絡みはさほどなかったが、守備に比重を置いてプレー 6 ルーカス・レイバ 6.0 アンカーの位置で守備を締める 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5 後方とのリンクマンとなってインモービレとL・アルベルトを活かす 19 ルリッチ 5.5 守備面でラドゥをサポート (→パトリック -) FW 18 L・アルベルト 6.0 インモービレをうまく活かしていた (→ナニ -) 17 インモービレ 7.0 ゴールに直結するプレーでチームを勝利に導く (→カイセド -) 監督 S・インザーギ 6.5 後半に一瞬の隙を突いて逆転して以降、堅守でユベントスを苦しめて勝利に持ち込んだ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インモービレ(ラツィオ) ▽一瞬の隙を突いてユベントスの両イタリア代表センターバックを出し抜いた。真骨頂を発揮。 ユベントス 1-2 ラツィオ 【ユベントス】 ドグラス・コスタ(前24) 【ラツィオ】 インモービレ(後2) インモービレ(後9[PK]) 2017.10.15 03:14 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレのドッピエッタとラストプレーのPKストップでラツィオが逆転勝利! ユベントスは今季初黒星《セリエA》

▽セリエA第8節、ユベントスvsラツィオが14日に行われ、1-2でラツィオが逆転勝利した。 ▽前節アタランタ戦を2点のリードを守りきれずに引き分けて開幕からの連勝が7でストップした2位ユベントス(勝ち点19)は、代表戦で出場機会のなかったディバラの他、南米予選を戦ったクアドラードやアレックス・サンドロがベンチスタートとなった。 ▽対する4位ラツィオ(勝ち点16)は前節サッスオーロ戦を6-1と圧勝したスタメンからパトリックに代えてバストスのみを変更した。 ▽今季開幕前に行われたスーペル・コッパではラツィオが勝利したこのカード。3トップに右からドグラス・コスタ、イグアイン、マンジュキッチと並べ、中盤アンカーにベンタンクールを配す[4-3-3]で臨んだユベントスが、[3-5-2]で臨んだラツィオを立ち上がりから押し込んでいく展開で推移していく。 ▽ボールを動かして隙を窺うユベントスは、23分に最初のチャンスを活かして先制する。左サイドのアサモアがマイナスに送ったクロスをケディラがシュート。GKが弾いたルーズボールをゴールエリア左のドグラス・コスタが右足ボレーで蹴り込んだ。 ▽ドグラス・コスタの移籍後初ゴールで先制したユベントスがその後もボールを保持して主導権を握ると、36分にケディラの強烈なミドルシュートでゴールに迫るも、GKストラコシャのファインセーブに阻まれた。続く37分にはバックパスに詰めたイグアインがGKストラコシャにプレッシャーをかけてキックをブロック。ボールはクロスバーを叩く。 ▽迎えた後半開始2分、ラツィオが同点に持ち込んだ。L・アルベルトのスルーパスを受けたインモービレがボックス中央へ侵入。GKブッフォンとの一対一を制してゴール右に流し込んだ。 ▽追いつかれたユベントスは49分、イグアインがマンジュキッチとのワンツーでボックス中央へ侵入。GKとの一対一となったが、ストラコシャのセーブに阻まれてしまった。 ▽すると52分、ラツィオはミリンコビッチ=サビッチのスルーパスで両センターバックの間を突いたインモービレがディフェンスライン裏を取り、ボックス内でブッフォンに倒された。このPKをインモービレがゴール右に決めて逆転に成功した。 ▽追う展開となったユベントスはドグラス・コスタに代えてベルナルデスキを投入。前がかってリスクを冒すも攻めあぐねていたことで、65分にケディラに代えてディバラを投入した。 ▽ディバラ投入で[4-2-3-1]に変更したユベントスが引き続き攻勢に出る中、集中した守備を見せるラツィオを崩せない状況が続く。そんな中、追加タイム1分にようやくディバラのミドルシュートでゴールに迫ったものの、右ポストに阻まれたユベントスは直後に大ピンチ。しかし、ブッフォンがカイセドとの一対一を止めて望みをつなぐ。 ▽すると直後、ボックス内でベルナルデスキがパトリックに倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKを獲得。しかし、キッカーのディバラがゴール左を狙ったシュートはストラコシャにセーブされてしまった。直後にタイムアップとなり、ユベントスは1-2で敗戦。今季初黒星を喫した。一方、勝利したラツィオはユベントスと同勝ち点の19に伸ばしている。 2017.10.15 03:13 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース