トッティがセリエA通算615試合出場でサネッティ氏と並び歴代3位に2017.04.17 19:28 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、15日に行われたセリエA第32節のアタランタ戦に途中出場。これによりセリエA通算615試合出場となり、歴代3位タイに並んだ。

▽トッティは、15日に行われたアタランタ戦でベンチ入りすると、1-1で迎えた87分にディエゴ・ペロッティに代わり途中出場していた。チームは1-1のドローに終わっている。

▽この出場でトッティは通算615試合出場を達成。キャリア25シーズン目出の達成となり、元インテルのハビエル・サネッティ氏と並び歴代3位タイに。1位はミラン一筋でプレーしたパオロ・マルディーニ氏で647試合、2位はユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの616試合となっている。セリエA通算出場数ランキングは以下の通り。

◆セリエA通算出場数ランキング
1位:パオロ・マルディーニ/647試合
[ミラン647試合]
2位:ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)/616試合
[パルマ:168試合、ユベントス:448試合]
3位タイ:フランチェスコ・トッティ(ローマ)/615試合
[ローマ:615試合]
3位タイ:ハビエル・サネッティ/615試合
[インテル:615試合]
5位:ジャンルカ・パリュウカ/592試合
[サンプドリア:198試合、インテル;165試合、ボローニャ:206試合、アスコリ:23試合]
6位:ディノ・ゾフ/570試合
[ウディネーゼ:4試合、マントヴァ:93試合、ナポリ:143試合、ユベントス:330試合]
7位:ピエトロ・ビエルコウッド/562試合
[コモ:30試合、フィオレンティーナ:28試合、ローマ:30試合、サンプドリア:358試合、ユベントス:21試合、ミラン:16試合、ピアチェンツァ:79試合]
8位:ロベルト・マンチーニ/541試合
[ボローニャ:30試合、サンプドリア:424試合、ラツィオ:87試合]
9位:シルヴィオ・ピオラ/537試合
[プロ・ヴェルチェッリ:127試合、ラツィオ:227試合、ユベントス:28試合、ノヴァーラ:155試合]
10位:エンリコ・アルベルトージ/532試合
[フィオレンティーナ:185試合、カリアリ:177試合、ミラン:170試合]

コメント

関連ニュース

thumb

ローマとマフレズは相思相愛も、レスターは移籍金の引き下げに応じず…最終期限は15日か

▽レスター・シティは、今夏の移籍市場で退団が噂されるアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)の移籍金を引き下げる考えはないようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2015-16シーズンにPFA年間最優秀選手賞を受賞するなど、レスターのプレミアリーグ初優勝に大きく貢献したマフレズ。しかし今夏にはレスター退団が噂されており、同選手に対してはローマが興味を示している。 ▽マフレズ自身もローマへの移籍に興味を持っているとされているが、クラブ間での交渉が難航しており、現時点で正式な発表はされていない。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ローマ側はボーナス込みで3500万ユーロ(約45億4000万円)のオファーをレスターに提示した模様。しかしレスターは、マフレズの移籍金を4400万ユーロ(約57億円)に設定しており、この金額を引き下げる考えはないようだ。 ▽また、同メディアはマフレズの代理人がローマに出向いていると伝えた。同クラブのディレクターを務めるモンチ氏と会談し、オファーの金額を引き上げてもらえるように交渉を行っているという。なお、この移籍の最終期限は8月15日に設定されているようで、本日中に何かしらの動きがある可能性が高い。 2017.08.15 09:39 Tue
twitterfacebook
thumb

セルタが控え主体のローマを粉砕! 守備崩壊のローマは開幕に不安残す…《プレシーズンマッチ》

▽セルタvsローマのプレシーズンマッチが13日にバライードスで行われ、ホームのセルタが4-1で勝利した。 ▽来週末に開幕を迎える昨季リーガ13位のセルタと、セリエA2位のローマによる開幕前最後のプレシーズンマッチ。前バルセロナ副官のウンスエを新指揮官に迎えたセルタは、アスパスやグイデッティ、シストら昨季までの主力をこの試合で起用した。 ▽一方、前サッスオーロ指揮官でクラブOBのディ・フランチェスコを新指揮官に迎えたローマは、ほぼ主力を起用した2日前のセビージャ戦から大幅なメンバー変更を行い、ブルーノ・ペレスやファシオの一部主力とゴナロンやジェンギズ、ペッレグリーニといった新戦力を起用した。 ▽試合は主力を起用したホームのセルタが、控え主体でコンディションの悪さも目立つローマを相手に序盤からワンサイドゲームを展開した。17分にはセンターバック間のボール回しにプレッシャーをかけたセルタがショートカウンターからボックス内に抜け出したグイデッティがDFファシオに倒されてPK獲得。これをキッカーのアスパスが冷静に流し込み、幸先良く先制に成功した。 ▽PK獲得場面で肩を負傷したグイデッティがプレー続行不可能となり、マキシ・ゴメスを投入したセルタだが、22分に中盤でのプレッシャーをかい潜ったシストがそのまま中央突破してボックス手前から見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を奪取。続く27分にはボックス右に抜け出したマキシ・ゴメスからのグラウンダーのクロスをファーのピストがスライディングで流し込み、3点目を奪った。 ▽その後も中盤でのボールロストや緩慢な寄せが目立つローマを圧倒するセルタは、41分にも右サイドを完全に崩してヴァスの折り返しをゴール前のアスパスが難なく流し込み、前半を4-0でのスコアで終えた。 ▽迎えた後半、ストロートマンやナインゴラン、ゼコなど主力を一気に投入したローマは、後半から主導権を奪い返す。徐々に相手ゴールに迫っていくと、62分にボックス内でゼコのパスを受けたストロートマンが左足で流し込み、ようやく1点を返す。 ▽その後も攻勢を続けるローマは、トゥッミネッロの個人技や相手GKのミスパスをカットしたナインゴランのミドルシュートでゴールに迫るが、なかなか2点目を奪うことができない。 ▽試合終盤にかけては互いに積極的に交代カードを切ったことで、徐々に試合はトーンダウン。それでも、前半のリードをきっちり守り切ったセルタが、ホームで4-1の快勝を収めた。一方、控え主体で臨んだとはいえ、守備が崩壊したローマは、セリエA開幕に向けて不安を残すプレシーズン最終戦となった。 2017.08.14 04:32 Mon
twitterfacebook
thumb

マフレズ獲得交渉が難航するローマ、ムニルと個人合意か...移籍金10億円を準備

ローマが、バルセロナFWムニル・エル・ハダディ獲得に向けて動きを見せている。<br><br>レスター・シティMFリヤド・マフレズを狙っているローマだが、レスターから4000万ユーロ(約52億円)という高額な移籍金を要求され、交渉は難航しているとみられる。そこでモンチSD(スポーツディレクター)は新たなターゲットに照準を切り替えたようだ。<br><br>モンチSDは、バルセロナでエルネスト・バルベルデ監督の構想外となっているムニルと接触した模様。選手のイタリア移籍に前向きで、すでに個人合意に至ったとも伝えられている。<br><br>ローマはムニル獲得に移籍金800万ユーロ(約10億円)を準備している。だが当初ムニルを移籍金1500万ユーロ(約19億円)でゼニト・サンクトペテルブルクに売却する思惑だったバルセロナ側は、ローマのオファーに納得していないようで、今後クラブ間交渉が行われるとされている。<br><br>提供:goal.com 2017.08.11 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ノリートの1G1Aでセビージャがローマを下す《プレシーズンマッチ》

▽セビージャvsローマのプレシーズンマッチが10日に行われ、2-1でセビージャが勝利している。 ▽2007年に亡くなったアントニオ・プエルタ氏を悼み、2008年から毎年セビージャが主催しているアントニオ・プエルエタ・トロフィー。試合前に両チームのキャプテンであるパレハとデ・ロッシがプエルタに花束を弔って迎えたキックオフ。 ▽セビージャは[4-3-3]を採用し、3トップに右からW・モントーヤ、ベン・イェデル、ホアキン・コレアと並べた。 ▽対するローマも[4-3-3]を採用し、3トップに右からデフレル、ゼコ、ペロッティと並べ、現状のベストメンバーを並べた。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、5分にセビージャに決定機。ロングボールに抜け出したコレアがヘディングシュート。しかし、コースが甘くGKアリソンにキャッチされた。 ▽その後も互いに攻め合う互角の攻防が繰り広げられた中、セビージャにアクシデント。コレアとメルカドが負傷し、ノリートとコルシアを投入せざるを得なくなった。 ▽一方のローマは38分、コラロフの直接FKでこの試合初めてGKセルヒオ・リコを脅かすも、ゴールを奪うには至らずゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、最初に決定機を迎えたのはムリエルやケアーら新戦力を投入したセビージャ。53分、ボックス中央のノリートが枠内シュート。しかし、GKアリソンのファインセーブに阻まれた。その後半はセビージャがハイプレスをかけたことで主導権を握っていくと、55分にはマンチェスター・シティから復帰したヘスス・ナバスを投入した。 ▽一方、押し込まれるローマは69分、ペロッティが古巣相手に際どい直接FKを浴びせる。 ▽それでも74分、セビージャが先制する。ノリートの浮き球パスに反応したエスクデロがボックス左からシュート。これがネットを揺らした。 ▽その後はローマが反撃に転じるも、90分にセビージャが勝負を決める。ノリートがドリブルでボックス左に侵入し、右足でシュート。これがGKのニアを破った。 ▽一矢報いたいローマはゼコが追加タイムにミドルシュートを流し込んだものの1-2で敗戦。セビージャがノリートの1ゴール1アシストでプエルタに勝利を捧げている。 2017.08.11 06:55 Fri
twitterfacebook
thumb

マフレズ諦めたローマ、L・バスケスに45億円オファー?

▽ローマは、新たにレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFルーカス・バスケス(26)の獲得を画策しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽ローマは今夏、レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)獲得に向けた動きが伝えられてきた。しかし、レスターは、ローマの数回に及ぶオファーを拒否。マフレズのローマ移籍は実現に至っていない。 ▽そこで、ローマはマフレズの獲得を諦め、L・バスケスの獲得にシフト。スポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏は、そのL・バスケスに対して、3500万ユーロ(約45億円)のオファーを検討しているという。 ▽スター揃いのチーム下で献身的なプレーが光るL・バスケス。昨シーズンはジネディーヌ・ジダン監督により、チーム内最多の公式戦50試合に起用され、4得点14アシストを記録した。 2017.08.09 13:00 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース