メッシが偉業達成へ!! バルセロナで500得点達成に迫る!!2017.04.17 17:36 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが同クラブで通算500得点達成まであと2得点に迫っている。スペイン『アス』が伝えた。

▽バルセロナの下部組織であるラ・マシアで育ったメッシは、2005年5月1日にカンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)で行われたアルバセテ戦でプロとしての初得点をマーク。これまでにバルセロナでの公式戦で通算575試合に出場している。そして、今月15日に行われたリーガエスパニョーラ第32節レアル・ソシエダ戦でメッシは2得点を挙げてチームを3-2の勝利に導いた。この結果バルセロナでの得点記録を498得点に伸ばし、500得点まであと2得点に迫っている。

▽バルセロナは、19日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのユベントス戦、23日のリーガエスパニョーラ第33節レアル・マドリー戦を控えているが、メッシの偉業はこれらのビッグマッチで達成されるのだろうか。

▽なお『アス』によると498得点の内訳は、リーガエスパニョーラ341得点、CL94得点、コパ・デル・レイ43得点、UEFAスーパーカップ3得点、スーペル・コパ12得点、クラブワールドカップ5得点となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

SNSで古巣のクラシコ勝利を祝ったバルトラに脅迫メッセージ…「お前の顔の前で爆弾が爆発することを願う」

▽23日に行われた“エル・クラシコ”で古巣バルセロナの勝利を祝ったドルトムントのスペイン代表DFマルク・バルトラが、『ツイッター』上で脅迫メッセージを受け取っていたことがわかった。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーvsバルセロナの“エル・クラシコ”は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがラストプレーで劇的なゴールを記録し、アウェイのバルセロナが3-2の劇的勝利を手にした。 ▽この試合を自宅でテレビ観戦していたバルトラは、かつてのチームメートたちが見せた劇的勝利に興奮し、自身の『ツイッター』に「D10S(スペイン語で神という意味のDiosとメッシの背番号10をもじった造語)」というメッセージを投稿した。 ▽すると、バルトラのこの投稿に対して、恐らく敗戦したレアル・マドリーファンと思われる人物がスペイン語で、「お前の顔の前で爆弾が爆発したらいいな」とコメント。さらに、別の人物は「お前の人生が終わらなかったことは残念だ」と、共に先日に起きたドルトムントのチームバス爆破事故を揶揄する脅迫メッセージとも取れる不適切なコメントを送っていたようだ。 ▽バルトラは、この爆破事故で腕を骨折する全治4週間の重傷を負い、精神的なショックも懸念されている。その中でのあまりに心無いメッセージに多くのサッカーファンが憤りを覚えている。 2017.04.24 23:48 Mon
twitterfacebook
thumb

クラシコ勝利の立役者メッシ「まだ道は長いが、重要な一歩を踏めた」

バルセロナをクラシコ勝利に導いたFWリオネル・メッシが、その喜びを表している。<br><br>33分に1&minus;1の同点に追いつくゴールを決め、そして92分には3&minus;2とする劇的な決勝点を記録したメッシ。バルセロナ通算得点数を500得点まで伸ばした同選手は、『フェイスブック』を通じて、ファンに次のようなメッセージを発信している。<br><br>「リーガ優勝を争い続けるためにベルナベウへと向かった。まだ道は長い。だけど重要な一歩を踏み、喜びとともに帰路につけた」<br><br>バルセロナはこのクラシコの結果、1試合未消化のレアル・マドリーと勝ち点75で並び、得失点差で首位に立った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 23:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ピケ、退場に不満のS・ラモスに…「レアル・マドリーは良い仕事をする審判を悪役として扱う」

23日のリーガエスパニョーラ第33節、バルセロナは敵地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦を3-2で制した。DFジェラール・ピケは試合後、退場となった際に自身に言葉を投げかけたDFセルヒオ・ラモスについて言及している。<br><br>77分に一発退場となったS・ラモスは、審判への不満を言い続けてきたピケに対して「今話せよ。話してみろよ」と語りかけ、今度はバルセロナが恩恵を受けた旨を強調した。<br><br>ピケはS・ラモスの退場と、同選手が自身に投げかけた言葉について、次のような見解を示している。<br><br>「セルヒオは家で後悔をすることになる。両足でタックルを仕掛け、ボールにも触れていない。レッドカードを受けるべきプレーであったことは明白だった。問題は、彼らが寛大な審判に慣れ親しんできたことだ。審判が良い仕事をしたときには、まるで悪役のように見えてしまうんだろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがメッシ決勝弾後に叫んだ言葉「ファウルしろよ、ちくしょうめ」

23日のリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバルセロナ戦を2-3で落とした。92分にFWリオネル・メッシの決勝弾を許して敗戦した格好だが、FWクリスティアーノ・ロナウドは、そのプレーを何としてでも防ぐべきだったと考えていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>DFセルヒオ・ラモス退場で数的不利となりながらも、MFハメス・ロドリゲスのゴールで2-2に追い付いたレアル・マドリー。だが92分にDFセルジ・ロベルトの独走から、MFアンドレ・ゴメス、DFジョルディ・アルバとボールをつながれ、最後はメッシにネットを揺らされた。<br><br>このゴールの瞬間、C・ロナウドは次のように叫んだという。<br><br>「ファウルしろよ、ちくしょうめ」<br><br>C・ロナウドは、バルセロナが仕掛けた速攻を何としてでも止めるべきと考え、その苛立ちを口にしたようだ。なおその速攻の場面で、ポルトガル代表FWが言うようにプレーを切れる可能性があったDFマルセロは試合後、「自分の責任を受け入れる。ファウルをしなければいけなかった」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 20:36 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、クラシコで痛恨敗戦も「マドリーが劣っていたということにはならない」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロは、エル・クラシコ敗戦後にも宿敵に劣っているとは考えていない。<br><br>マドリーは23日、リーガ・エスパニョーラ第33節でバルセロナと対戦。77分にセルヒオ・ラモスが一発退場し、数的不利となった白い巨人は85分にハメス・ロドリゲスのゴールで同点に追いつく。しかし、最後はリオネル・メッシの土壇場弾で辛酸を嘗めることになった。<br><br>ホームで行われた試合に敗れ、バルセロナへ首位を明け渡したマドリーだが、マルセロはチームからポジティブな空気を感じ取っているという。<br><br>「全員がエル・クラシコから多くのことを期待していた。僕らは一人少ない中、勝利のために全力を尽くしたし、同点にまでは追いついた。最終的には得点を許してしまったけどね」<br><br>「僕らは素晴らしい働きをしたと思うし、下を向く必要はない。二つのコンペティションを制覇できる可能性があるし、以前と同じように努力を続けるよ。この敗戦は、僕らが劣っていたということにはならない」<br><br>また、「ミスや細かいディティールが勝敗を分けた」とし、審判の判定への言及を避けたマルセロ。バルセロナより一つ消化試合が少ないため、首位に返り咲く可能性は残されているが、リーガはどのようなクライマックスを迎えることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 18:16 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース