メッシが偉業達成へ!! バルセロナで500得点達成に迫る!!2017.04.17 17:36 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが同クラブで通算500得点達成まであと2得点に迫っている。スペイン『アス』が伝えた。

▽バルセロナの下部組織であるラ・マシアで育ったメッシは、2005年5月1日にカンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)で行われたアルバセテ戦でプロとしての初得点をマーク。これまでにバルセロナでの公式戦で通算575試合に出場している。そして、今月15日に行われたリーガエスパニョーラ第32節レアル・ソシエダ戦でメッシは2得点を挙げてチームを3-2の勝利に導いた。この結果バルセロナでの得点記録を498得点に伸ばし、500得点まであと2得点に迫っている。

▽バルセロナは、19日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのユベントス戦、23日のリーガエスパニョーラ第33節レアル・マドリー戦を控えているが、メッシの偉業はこれらのビッグマッチで達成されるのだろうか。

▽なお『アス』によると498得点の内訳は、リーガエスパニョーラ341得点、CL94得点、コパ・デル・レイ43得点、UEFAスーパーカップ3得点、スーペル・コパ12得点、クラブワールドカップ5得点となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、ピケの代役にマルコス・アロンソ?!

▽バルセロナが、チェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソ(27)に興味を示しているようだ。『Goal』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、バルセロナはスペイン代表DFジェラール・ピケの代役としてマルコス・アロンソを注視している模様。センターバックのピケに対して、マルコス・アロンソは今年のPFA(イングランドプロサッカー協会)プレミアリーグチームオブザイヤーに選ばれた左サイドバックだ。 ▽それでも、バルセロナはマルコス・アロンソがピケの長期的な代替候補であると考えているようだ。レアル・マドリーの下部組織育ちのスペイン代表DFに関して、高さ、技術、戦術理解に長けた選手だと評価しているという。 ▽しかしチェルシーはどのようなアプローチにも抵抗する姿勢を示しており、2021年までとなっている契約を延長する準備をしているようだ。 2018.04.27 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

デウロフェウのバルサ復帰はどうなる...ワトフォードが買い取りに関心

ワトフォードが、FWジェラール・デウロフェウの完全移籍に興味を抱いているという。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。<br><br>バルセロナは昨夏1200万ユーロ(約16億円)を支払うことでデウロフェウの買い戻しを決めた。だがデウロフェウはエルネスト・バルベルデ監督の下で出場機会を確保できず、今冬の移籍市場でワトフォードにレンタル放出されている。<br><br>デウロフェウは今季終了時までのレンタルでワトフォードに加入した。しかし26日付の『ムンド・デポルティボ』紙によると、ワトフォードは同選手の完全移籍に関心を寄せている模様。デウロフェウはバルセロナとの契約を2019年まで残しており、契約解除金は2500万ユーロ(約33億円)前後だとみられている。ワトフォードはバルセロナがデウロフェウとの契約延長を望めばレンタルの延長を、売却を望めば完全移籍に向け正式オファーを出す考えだと伝えられている。<br><br>デウロフェウはワトフォード加入後、プレミアリーグ第25節ストーク・シティ戦から4試合連続でスタメン出場した。その後負傷して現在は戦列を離れているが、ハビ・グラシア監督はスペイン人FWを信頼している様子で、来季も戦力に数えることを希望しているとみられている。<br><br>一方、バルセロナは昨夏移籍金固定額1億500万ユーロ(約136億円)を支払ってFWウスマン・デンベレを、今冬MFフィリペ・コウチーニョを移籍金固定額1億2000万ユーロ(約162億円)で獲得しており、デウロフェウが復帰しても出場機会を重ねるのは困難だと予想される。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 23:36 Thu
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモス、イニエスタがバロンドール逃した理由を分析「アンドレシーニョという名なら…」

レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスは、MFアンドレス・イニエスタがバロンドールを受賞できなかったのは、スペイン人であるためという見解を示した。<br><br>今季限りでのバルセロナ退団が濃厚となっているイニエスタだが、先にはバロンドールを主催する『フランスフットボール』編集長が「彼がバロンドールを受賞できなかったことに、私たちは心を痛めている」という記事を執筆したことで話題となった。<br><br>そしてスペイン代表のチームメートであるセルヒオ・ラモスも、チャンピオンズリーグ準決勝1stレグ、アウェイでのバイエルン戦(2&minus;1)直後にこの話題について言及。イニエスタがバロンドール受賞できなかったのは、リーガ・エスパニョーラではスペイン人よりも外国人選手の方が評価されているためとの意見を述べた。<br><br>「アンドレス・イニエスタが、もしアンドレシーニョとかいう名前だったら、2回はバロンドールを受賞していただろう。おそらく、僕たちにも責任はあるんだ。僕たちは国産の選手を評価せず、国外の選手ばかり評価している。アンドレスは(ルイス)フィーゴや(ファビオ)カンナバーロのように、バロンドールを受賞するに値したよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

不振極めるバルサが監督解任…Bチームが3部降格の危機

▽バルセロナは、Bチームを率いていたジェラール・ロペス監督を解任した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽今シーズンはセグンダ(スペイン2部)を戦っているバルセロナBだが、ここ5試合は全敗。2月19日のルーゴ戦以来、9試合白星から見放されている状況だった。 ▽現在は21位に位置しており、降格圏内に位置。残り6試合で巻き返しが期待される。 ▽ジェラール・ロペス氏は、かつてバルセロナBを率いたことがあるジョゼップ・グアルディオラ監督(2007-08)、ルイス・エンリケ氏(2007-2011)とともに、バルセロナBを昇格に導いていた。 ▽なお、後任はフランシスコ・ハビエル・ガルシア・ピミエンタ氏が務めることとなる。 2018.04.25 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ダニ・アウベス、スペインメディアを痛烈批判...「さぞ僕を恋しく思っているだろう」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、スペインメディアを痛烈批判している。<br><br>D・アウベスは2016年夏にバルセロナからユベントスに移籍。その1年後、ユベントスに別れを告げPSGに加入した。スペインを離れて2年が経過したが、アウベスは自身のインスタグラムに次のように記している。<br><br>「みんな、落ち着いてくれ。僕のことを懐かしんでいるのは知っている。ゴッド・クレイジー(アウベスが自身に名付けたニックネーム)がいない中で暮らすのは難しいだろう...。(スペインのマドリッド系メディアである)『アス』や『マルカ』、酪農協同組合までもが僕を恋しく思っているかもしれないね」<br><br>「僕たちの歴史は素晴らしいものだった。でも、サッカーについては、もう終わったことだ。『バルサは僕の家だ。明日にでも戻ってくる』と言ったのは、単にクラブへの愛を示したかっただけ。そのテーマは過去のものだ」<br><br>D・アウベスは先日、『Globo TV』のインタビューで「バルセロナは僕の家」と発言していた。これに対してスペインの一部報道ではバルセロナ復帰の可能性が取りざたされた。D・アウベスはそういった報道に釘を刺したかったのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 21:58 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース