トッテナムやユナイテッドでプレーしたベルバトフがサンダーランド入りが近づいていたと告白「プレミアに戻ってきたい」2017.04.17 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてトッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、フルアムでプレーした元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ(36)がプレミアリーグ復帰を望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽CSKAソフィアでプロ生活をスタートさせたベルバトフは、2001年1月にレバークーゼンへと移籍。そこでの活躍が認められ、2006年7月にトッテナムへと移籍。2008年9月にユナイテッドへ加入し、プレミアリーグで2度優勝した。2012年8月にフルアムへ移籍すると、その後はモナコ、PAOKへと移籍。2016年7月に退団して以降はフリーの状態が続いている。

▽ベルバトフは『スカイ・スポーツ』でプレミアリーグに戻ってくる可能性があったと告白。サンダーランド加入に近づいていたことを明かすも、破談に終わり、今は新たなチームを探していると明かした。

「プレーしたいと思っているし、何人かの監督とも話をした。サンダーランドもその1つだ。でも、結局何も起こらなかった」

「もちろん、僕の人生の現段階ではサッカーしかない」

「僕は友人に会うために戻ってきた。時間があると家に帰って練習し、イングランドに居る時に練習をしている」

「プレミアリーグは全ての選手が来たいと思う場所だ。僕が言ったように、長い間底に関わり、ゴールを決めてタイトルを取れば、再び戻ってきたい気持ちになるよ」

コメント

関連ニュース

thumb

サンダーランド退団のスウェーデン代表MFラーションがハル・シティへ完全移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティは9日、サンダーランドを退団していたスウェーデン代表MFセバスティアン・ラーション(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間とのことだ。 ▽ラーションは、アーセナルの下部組織出身で、2004年7月にトップチーム昇格。2007年1月にバーミンガムへと完全移籍すると、2011年7月からサンダーランドでプレー。2016-17シーズン限りで契約満了となり、フリーとなっていた。ラーションはプレミアリーグ通算282試合に出場し26ゴール28アシストを記録。チャンピオンシップでは通算81試合に出場し5ゴール10アシストを記録していた。 ▽また、世代別のスウェーデン代表でもプレーし、2008年2月にA代表デビュー。これまで90試合に出場し6ゴールを記録している。 ▽ラーションは今回の移籍について「ここに居ることをとても光栄に思っている。フレッシュな挑戦を楽しみにしているよ。いくつかの選択肢はあったけど、これが僕にとっての最善の移籍だと感じた。シーズンの始まりが待ちきれないよ」とコメント。ハル・シティへの移籍への喜びを語った。 2017.08.09 19:53 Wed
twitterfacebook
thumb

サンダーランドのオランダ代表FWレンスがベシクタシュに移籍

▽サンダーランドは6日、オランダ代表FWイェレマイン・レンス(29)がベシクタシュに移籍したことを発表した。契約期間は2年。その他の詳細は明かされていない。 ▽レンスは2015年7月にサンダーランドに加入。初年度の2015-2016シーズンは公式戦23試合に出場し、4得点3アシストを記録した。2016年8月にフェネルバフチェにレンタル移籍すると、トルコで公式戦36試合5得点17アシストを決める活躍を披露。トルコリーグに適応したことを示した。 ▽レンスは自身のツイッターを更新し、喜びを表現した。 「実現したよ! トルコに戻ることができて嬉しすぎる! フェネルバフチェとサンダーランドのサポーターに大きな感謝を伝える時間が欲しい」 2017.08.06 21:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、スペイン人SBマンキージョと3年契約! 昨季までアトレティコからサンダーランドにレンタル

▽ニューカッスルは20日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン人DFハビエル・マンキージョ(23)の獲得を発表した。契約期間は3年となる。 ▽アトレティコ下部組織で育ったサイドバックのマンキージョはトップチーム昇格後、リバプール、マルセイユ、サンダーランドにそれぞれレンタル移籍。昨シーズンはサンダーランドに加わり、プレミアリーグ22試合出場で1ゴールをマークした。 ▽ニューカッスルは、マンキージョが今夏4人目の新戦力。マンキージョは、アトレティコ経由ながら、昨シーズンまで在籍したサンダーランドのタイン・ウェア・ダービーのライバルであるニューカッスルに鞍替えする格好となった。 2017.07.21 21:51 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、元U-20イングランド代表DFブロウニングをサンダーランドにレンタルで放出

▽エバートンは8日、元U-20イングランド代表DFタイアス・ブロウニング(23)をチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するサンダーランドにレンタル移籍で放出したことを発表した。 ▽エバートンユース出身のブロウニングは、2014年にトップチームへ昇格。2014年9月に行われたリバプール戦でトップチームデビュー。しかし、その後はリザーブチームを中心にプレー。 ▽2017年1月にチャンピオンシップに所属するプレストンにレンタル移籍で加入すると、リーグ戦8試合に出場した。 2017.07.09 02:49 Sun
twitterfacebook
thumb

デフォーと交流のあったサンダーランドファンの6歳少年が末期ガンで死去

▽サンダーランドのファンであり、今夏にサンダーランドからボーンマスに加入したイングランド代表FWジャーメイン・デフォーと交流のあったブラッド・ローリー君(6)が7日、神経芽細胞腫(小児ガン)によって死去した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽以前から神経芽細胞腫の治療の支援を受けてきたブラッドリー君は、昨年9月に行われたサンダーランドvsエバートンでクラブから招待を受け、クラブマスコットのブラック・キャッツと共にピッチに降り立った。 ▽そこで憧れのデフォーと初めて顔を合わせると、ブラッドリー君を一目見て気に入ったデフォーは、その後もブラッドリー君の自宅を訪問するなど、交流を続けてきた。また、昨年3月に久しぶりのイングランド代表復帰を果たした同選手は、エスコートキッズとしてブラッドリー君をウェンブリーに招き、リトアニア代表相手に見事なゴールを決め、ブラッドリー君をさらに喜ばせていた。 ▽しかし多くの支援や病院関係者の懸命な努力も実らず、昨年12月にガンが末期状態と宣告され、現在自宅で苦痛緩和看護を受けているブラッドリー君。6月初めには両親が、余命数週間と宣告されたことを『フェイスブック』を通じて明かしていた。 ▽ローリー君の死去を受けて家族は次のような声明を出している。 「勇敢な息子は私たち両親の腕の中で7日の13時35分、天使たちと共に天国へ旅立ちました。私たちがどれだけ心を痛めているかは言い表すことができません。ただ、みなさんの応援や温かい言葉には本当に感謝しています」 2017.07.08 00:21 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース