超ワールドサッカー

トッテナムやユナイテッドでプレーしたベルバトフがサンダーランド入りが近づいていたと告白「プレミアに戻ってきたい」2017.04.17 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてトッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、フルアムでプレーした元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ(36)がプレミアリーグ復帰を望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽CSKAソフィアでプロ生活をスタートさせたベルバトフは、2001年1月にレバークーゼンへと移籍。そこでの活躍が認められ、2006年7月にトッテナムへと移籍。2008年9月にユナイテッドへ加入し、プレミアリーグで2度優勝した。2012年8月にフルアムへ移籍すると、その後はモナコ、PAOKへと移籍。2016年7月に退団して以降はフリーの状態が続いている。

▽ベルバトフは『スカイ・スポーツ』でプレミアリーグに戻ってくる可能性があったと告白。サンダーランド加入に近づいていたことを明かすも、破談に終わり、今は新たなチームを探していると明かした。

「プレーしたいと思っているし、何人かの監督とも話をした。サンダーランドもその1つだ。でも、結局何も起こらなかった」

「もちろん、僕の人生の現段階ではサッカーしかない」

「僕は友人に会うために戻ってきた。時間があると家に帰って練習し、イングランドに居る時に練習をしている」

「プレミアリーグは全ての選手が来たいと思う場所だ。僕が言ったように、長い間底に関わり、ゴールを決めてタイトルを取れば、再び戻ってきたい気持ちになるよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、サンダーランドからボリーニ獲得へ

▽ミランが、サンダーランドからイタリア代表FWファビオ・ボリーニ(26)を獲得したようだ。29日にもメディカルチェックに臨む可能性があると、イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽チェルシーの下部組織出身のボリーニはパルマやローマ、リバプールなどを渡り歩き、2015年夏にサンダーランドに完全移籍。これまであまり印象的なシーズンを送ることができなかったものの、サンダーランドでは右ウイングをはじめ、前線の幅広いポジションでコンスタントに起用された。公式戦93試合に出場し、17ゴール6アシストをマークした。 ▽伝えられるところによると、ミランはボリーニを600万ユーロ(7億6000万円)程度の移籍金で獲得に迫っている模様。木曜日にもミラノに渡り、メディカルチェックを受ける予定のようだ。この移籍が実現すれば自身2度目となる母国での挑戦となる。戦い慣れた地でインパクトを残すことができるのだろうか。 2017.06.28 20:32 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンがサンダーランドからGKピックフォードを獲得! 移籍金は最大42億円

▽エバートンは15日、サンダーランドから元イングランドU-21代表GKジョーダン・ピックフォード(23)を獲得したことを発表した。契約期間は5年間となっている。 ▽サンダーランドの下部組織出身のピックフォードは、2012-13シーズンにトップチームに昇格するものの、出場機会に恵まれずチャンピオンシップ(イングランド実質2部)や、より下のカテゴリーのチームをレンタル移籍で転々としてきた。15-16シーズンにトップチームデビューを果たすと、今シーズンからは正GKとしてプレー。公式戦32試合に出場した。 ▽なお、移籍金は最低2500万ポンド(約35億円)で、出場試合数に応じて最大3000万ポンド(約42億円)になると発表している。 2017.06.16 02:41 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマの敏腕SDモンチがヤヌザイに興味か

▽ローマがマンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(22)に興味を示しているようだ。ベルギー『DhNet』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ユナイテッド育成機関出身で若くして才能を評価されたヤヌザイ。近年、ドルトムント、サンダーランドにそれぞれレンタル移籍で加わったが、いずれも泣かず飛ばすのパフォーマンスに終わった。 ▽しかし、伝えられるところによれば、過去にセビージャなどで選手の発掘や補強において卓越した手腕を発揮したことで高評価を受けるモンチSD(スポーツ・ディレクター)がヤヌザイの動向を注視しているという。 ▽なお、ユナイテッドの現行契約が2018年6月に満了を迎えるヤヌザイを巡っては現在、ソシエダの関心も伝えられている。 2017.06.15 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンがサンダーランドGKピックフォード獲得へ

▽エバートンは、サンダーランドの元イングランドU-21代表GKジョーダン・ピックフォード(23)を獲得する模様だ。移籍金は総額3000万ポンド(約42億円)となる見込みとイギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽同メディアによると、両チームは2500万ポンド(約35億円)の移籍金と、出場試合数に応じてさらに500万ポンド(約7億円)の支払いを加えた契約で合意したとのこと。あとはメディカルチェックを残すのみのようだ。なお、契約期間は明かされていない。 ▽サンダーランドの下部組織出身のピックフォードは、2012-13シーズンにトップチームに昇格するものの、出場機会に恵まれずチャンピオンシップ(イングランド実質2部)や、より下のカテゴリーのチームをレンタル移籍で転々としてきた。15-16シーズンにトップチームデビューを果たすと、今シーズンからは正GKとしてプレー。公式戦32試合に出場した。 2017.06.14 14:01 Wed
twitterfacebook
thumb

女性レポーターへの暴言で物議をかもしたモイーズ氏に対し3万ポンドの罰金処分

▽イングランドサッカー協会(FA)は9日、5月にサンダーランドの監督を辞任したデイビッド・モイーズ氏に対し、3万ポンド(約421万円)の罰金処分を下した。 ▽モイーズ氏は、4月18日に行われたプレミアリーグ第29節のバーンリー戦後にイギリス『BBC』の女性レポーター、ヴィッキ・スパーク氏からインタビューを受けた際、「たとえ、あなたが女性だとしても平手打ちされるかもしれない」と語り、物議を醸していた。 ▽その後、モイーズ氏はプレミアリーグ第30節のレスター・シティ戦に向けた公式会見に参加した際、「あのとき、少し熱くなってああいったことを言ってしまった。私はあの発言について深く反省している」と、自身の非を認めて謝罪。FAの聴取を受け、嫌疑については否認していたのだが、このほど委員会の審判でその事実が証明されたために罰金が科せられることになった。 ▽昨夏にサンダーランドの指揮官に就任したモイーズ氏は、愛弟子であるMFアドナン・ ヤヌザイやFWヴィクター・アニチェベを獲得しシーズンに臨んだが、開幕から低迷。最後まで立て直しを図れず、最下位(6勝6分け26敗)でシーズンを終え、同クラブを10年ぶりのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格に導いてしまった。 ▽なお、モイーズ氏が辞任したサンダーランドの後任候補には、かつてリバプールやイングランド代表を率いた経歴を持つロイ・ホジソン氏(69)の名が挙がっている。 2017.06.10 17:00 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース