トッテナムやユナイテッドでプレーしたベルバトフがサンダーランド入りが近づいていたと告白「プレミアに戻ってきたい」2017.04.17 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてトッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、フルアムでプレーした元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ(36)がプレミアリーグ復帰を望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽CSKAソフィアでプロ生活をスタートさせたベルバトフは、2001年1月にレバークーゼンへと移籍。そこでの活躍が認められ、2006年7月にトッテナムへと移籍。2008年9月にユナイテッドへ加入し、プレミアリーグで2度優勝した。2012年8月にフルアムへ移籍すると、その後はモナコ、PAOKへと移籍。2016年7月に退団して以降はフリーの状態が続いている。

▽ベルバトフは『スカイ・スポーツ』でプレミアリーグに戻ってくる可能性があったと告白。サンダーランド加入に近づいていたことを明かすも、破談に終わり、今は新たなチームを探していると明かした。

「プレーしたいと思っているし、何人かの監督とも話をした。サンダーランドもその1つだ。でも、結局何も起こらなかった」

「もちろん、僕の人生の現段階ではサッカーしかない」

「僕は友人に会うために戻ってきた。時間があると家に帰って練習し、イングランドに居る時に練習をしている」

「プレミアリーグは全ての選手が来たいと思う場所だ。僕が言ったように、長い間底に関わり、ゴールを決めてタイトルを取れば、再び戻ってきたい気持ちになるよ」

コメント

関連ニュース

thumb

「レアル・マドリーはなんて優雅なんだ! 」負傷離脱中の若手FWワットモアに励ましのレターを送付

▽レアル・マドリーが、負傷に苦しむサンダーランドの元U-21イングランド代表FWダンカン・ワットモア(23)に励ましの手紙を送った。同選手の父親であるイアン・ワットモア氏がツイッター上で明かした内容を、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2015年にニューカッスル大学を成績優秀で卒業したインテリとしても知られるダンカンは、昨年12月3日のプレミアリーグ第14節レスター・シティ戦で十字じん帯を負傷。長いリハビリを経て今年9月に復帰したものの、11月18日に行われたチャンピオンシップ(位イングランド2部相当)第17節ミルウォール戦でもヒザのじん帯に損傷を負い、再び長期離脱をすることとなった。 ▽2012-13シーズンにプロデビューを果たしてから公式戦通算97試合25ゴール15アシストを記録している期待の若手は、再びリカバリーに努める生活を繰り返すことに。落胆しているであろうことは想像に難くないが、マドリーが粋な計らいで同選手を励ましている。 ▽父のイアン氏は6日、マドリー会長のフロレンティーノ・ペレス名義かつ、同クラブのレジェンドで役員を務めるエミリオ・ブトラゲーニョの署名付きで送られてきた手紙の写真を、ツイッター上に投稿。その手紙は以下のような内容となっている。 「親愛なるダンカンへ。会長であるフロレンティーノ・ペレス並びにレアル・マドリーで働く人々を代表して。私たちは、あなたがヒザの負傷から早期かつ順調に回復することを願っています」 ▽この件に関して、イアン氏は「ダンカン(・ワットモア)が今日リハビリに行ったら、この手紙が届いていたんだ。レアル・マドリーはなんて優雅なんだ? 彼らが再びチャンピオンズリーグで優勝できることを願っているよ」と反応している。 ▽マドリーとワットモアの接点は判然とせず、なぜこの手紙が届いたかは確認されていない。しかし、同選手は今年4月にバルバドス沖のカリブ海で休暇を過ごしていた際に、自身の乗るボートと双胴船の衝突事故に遭遇。3人の人命を救助するなど、人道的な行動が話題となっていた。 2017.12.06 23:35 Wed
twitterfacebook
thumb

チャンピオンシップ最下位のサンダーランドの指揮官就任にコールマン「魔法使いではないが、遅かれ早かれトップに戻る」

▽サンダーランドの新指揮官に就任したクリス・コールマン監督が、新天地での意気込みを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽サンダーランドは19日、ウェールズ代表監督を退任したコールマン監督を新監督として招へいしたことを発表した。 ▽現在、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で1勝8分け8敗の勝ち点11で最下位に位置している同チームの指揮官就任を受けて、コールマン監督は「再びこのクラブは上にあがることができる」と語り次のように続けた。 「遅かろうと、早かろうと、このクラブは上のディビジョンでプレーする。もう一度、戻れるように街もクラブをサポートして欲しい。今はこのリーグで一番下にいる。ここから這い上がるためにはより多くのことに取り組まなければいけない」 「残念ながら私は魔法使いではなく、いきなりこの状況を変えることはできない。それでもすべてのサポーター、クラブの人たち、そして選手。みんなの勢いが加われば変わる」 ▽なお、コールマン監督は2003年にフルアムで指導者としての道を歩み始め、ソシエダ、コベントリー・シティ、AEL1964などで指揮。2012年1月からは母国であるウェールズ代表の指揮官に就任し、ユーロ2016ではチームを初のベスト4へと導いた。 ▽60年ぶりのワールドカップ(W杯)出場にも期待がかかっていたが、欧州予選ではセルビア、アイルランドの後塵を拝してグループ3位に終わり、悲願を達成できず。17日にウェールズサッカー協会(WFA)はコールマン監督の退任を発表していた。 2017.11.20 08:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表を退任したコールマン氏がサンダーランド指揮官に就任

▽サンダーランドは19日、ウェールズ代表監督を退任したクリス・コールマン氏(47)を新指揮官に招へいしたことを発表した。 ▽昨シーズンのプレミアリーグで最下位に終わり、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したサンダーランド。1年でのプレミアリーグ復帰を目指すも、ここまで1勝8分け8敗の勝ち点11で最下位と低迷。10月31日にサイモン・グレイソン監督を解任し、後任を探していた。 ▽一方、コールマン監督は2012年からウェールズ代表の監督に就任すると、ユーロ2016では同国を初のベスト4に導いた。60年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に期待がかかっていたが、欧州予選ではセルビア、アイルランドの後塵を拝してグループ3位となり、W杯出場は叶わなかった。するとウェールズサッカー協会(WFA)17日、コールマン監督の辞任を発表していた。 2017.11.20 08:34 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーロでウェールズを4強に導いたコールマン監督が辞任 サンダーランド指揮官に就任へ

▽ウェールズサッカー協会は17日、クリス・コールマン代表監督(47)が辞任したことを発表した。 ▽コールマン監督は2012年1月にウェールズ代表指揮官に就任。ユーロ2016ではウェールズをベスト4に導く手腕を発揮した。しかし、2018ロシア・ワールドカップ欧州予選ではセルビアとアイルランドの後塵を拝してグループ3位でフィニッシュ。出場権獲得を逃していた。 ▽ウェールズサッカー協会の最高責任者を務めるジョナサン・フォード氏は、「クリス・コールマンが率いる時が終了し、とても残念に思う。我々は、彼がウェールズの監督として6年間やってきた仕事に対して永遠に感謝する」とコメントを残した。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、コールマン監督はチャンピオンシップに所属するサンダーランドの指揮官に就任することで合意しているとのことだ。 2017.11.18 09:58 Sat
twitterfacebook
thumb

小児ガンで他界したファンへ粋なはからい…エバートン、サンダーランドが1試合限定で胸スポンサーを変更

▽今週のミッドウィークに行われるカラバオ・カップ(EFLカップ)で、エバートンとサンダーランドが粋なはからいを計画しているようだ。両クラブが公式サイトで発表した。 ▽20日に、EFLカップ3回戦でエバートンvsサンダーランドが行われる。その際、両チームは「ブラッドリー・ローリー財団」を宣伝するユニフォームを着用することになる。 ▽ブラッドリー・ローリー君は、生後18カ月で神経芽細胞腫(小児ガン)と診断。今年7月7日に6歳で他界していた。昨シーズンまでサンダーランドでプレーし、現在はボーンマスでプレーするイングランド代表FWジャーメイン・デフォーとも親交があり、昨シーズンはプレミアリーグのサンダーランドvsエバートンに招待。クラブマスコットのブラック・キャッツと共にピッチに降り立っていた。 ▽両クラブは、チームの胸スポンサーである「SportPesa」(エバートン)、「Dafabet」(サンダーランド)と今回の取り組みについて合意。8月に発足した「ブラッドリー・ローリー財団」を胸に記したユニフォームでプレーすることで、ガンやその他の命を脅かす病との戦いに挑む子供たちを支援するために設立された財団のアピールをすることにした。 ▽ブラッドリー君の母親であるジェマさんは「私たちはシャツの前面に財団のロゴを見ることができて、とても感激しています」とコメントしている。 2017.09.19 11:05 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース