超ワールドサッカー

セビージャvsバレンシアは決め手を欠いてゴールレス《リーガエスパニョーラ》2017.04.17 01:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは16日、リーガエスパニョーラ第32節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。

▽前節デポルティボ戦を4-2と打ち勝って公式戦7試合ぶりの勝利を手にした4位セビージャ(勝ち点61)は、デポルティボ戦のスタメンから3選手を変更。ヨベティッチ、クラネビッテル、メルカドに代えてイボーラ、ラングレ、出場停止明けのビトロを起用した。

▽3連勝中の12位バレンシア(勝ち点39)に対し、コレアを1トップに据え、2列目に右からサラビア、フランコ・バスケス、ビトロと配す[4-2-3-1]で臨んだセビージャは序盤、バレンシアの圧力を受ける展開を強いられる。

▽まずは6分、ムニルの左クロスにザザがジャンピングボレーで合わせる決定機を許すも、枠の左に外れて助かる。続く13分にはオレジャーナのミドルシュートが枠の右角上を捉えたが、GKセルヒオ・リコがビッグセーブで阻止。

▽14分にビトロが左足ハムストリングを痛めてヨベティッチとの交代を強いられるも、17分に決定機。E・ペレスからボールを奪ってショートカウンターに転じ、フランコ・バスケスのラストパスを受けたヨベティッチのシュートが左ポストを直撃した。

▽助かったバレンシアは24分、モントーヤがボックス右ゴールライン際まで持ち上がってクロス。ムニルがヘディングで合わせたが、ゴールライン前のマリアーノにクリアされた。

▽ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにチャンスを作れないままゴールレスで後半へ折り返した。

▽迎えた後半、バレンシアが圧力をかける中、52分にムニルが敵陣でボールを奪ってシュートに持ち込む。

▽一方、セビージャは54分にエスクデロの直接FKでゴールに迫って流れを引き寄せると、敵陣でのプレー時間を増やしていく。しかし、シュートまでは持ち込めず、均衡を破れない。

▽すると69分、バレンシアはロングカウンターの流れからボックス右に侵入したザザがGKセルヒオ・リコを強襲する決定機を演出。ここから盛り返すと、終盤にかけてはバレンシアが攻勢に転じていく。81分にはオレジャーナに代えて負傷明けのナニを投入した。しかし、決定打は最後まで生まれずに0-0でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャ、ユーベ関心のエンゾンジ移籍について「ドアを閉めることはない」

▽セビージャのホセ・カストロ会長は、適正価格であればフランス人MFスティーブン・エンゾンジ(28)を放出する考えを持っていることを明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽エンゾンジに対してはユベントスが獲得に興味を示しており、同クラブのジュゼッペ・マロッタGD(ゼネラルディレクター)は「エンゾンジは、我々が可能性を探っている選手の一人」と語っている。 ▽『フットボール・イタリア』によるとユベントス側は、エンゾンジに対して年俸700万ユーロ(約8億6800万円)、セビージャに対しては移籍金3000万ユーロ(約37億2100万円)を支払う準備をしているという。しかしセビージャ側はエンゾンジの移籍金を4000万ユーロ(約49億6100万円に設定しており、両者に開きがある。 ▽カストロ会長は、ユベントスへの移籍の可能性を除外することはないとコメント。今後も交渉を続けていく考えがあることを明かした。 「現時点で、エンゾンジに関する条件は提示していない。とはいえ、ユベントスとの交渉のドアを閉ざすことはない。しかし我々もこの交渉で利益を得たいと思っているのだ」 2017.06.22 10:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティの去就に揺れるPSGがバネガに興味示すも、セビージャ復帰が濃厚か

▽インテルのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)が、セビージャに復帰する可能性が高まっている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今シーズンにセビージャからインテルに加入したバネガは、初挑戦となったセリエAで28試合6ゴールを奪った。インテルと3年契約を結んだ同選手だが、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに退団の噂が流れているパリ・サンジェルマンがその後釜としてバネガの獲得に興味を示しているようだ。また、パリ・サンジェルマンにはバレンシアとセビージャで共に働いたウナイ・エメリ監督もいる。 ▽しかし『フットボール・イタリア』によると、バネガはすでにスペインへの復帰を考えているようで、古巣であるセビージャに戻る可能性が高い様だ。なお、同メディアは移籍金が900万ユーロ(約11億1700万円)程度と見込んでいる。 ▽またバネガの代理人を務めるマルセロ・シモニア氏は、チーム名こそ明かさなかったものの次のように語りスペイン復帰が濃厚だと示した。 「99%スペインに行くことになる。報道では移籍金が1300万ユーロ(約16億1400万円)と言われているが、もっと下だ。合意までもう間もなくだ」 2017.06.22 10:13 Thu
twitterfacebook
thumb

バネガはセビージャに復帰も? セビージャ会長がバネガとヨベティッチの状況を語る

▽セビージャのホセ・カストロ会長が、インテルのアルゼンチン代表MFエベル・バネガを連れ戻す考えを明かした。 ▽バネガは、2016年7月にセビージャからフリートランスファーでインテルへと移籍。インテルではセリエAで28試合に出場し6ゴール8アシストを記録。しかし、FFP(ファイナンシャル・フェアプレー)違反で制裁を受けているインテルは、選手を売却する必要があり、去就が騒がれている。 ▽2014-15シーズンから2シーズンセビージャに在籍したバネガは、ヨーロッパリーグ連覇に貢献。カストロ会長はスペイン『ラジオ・セビージャ』にバネガを連れ戻したい意向を語った。 「バネガ? フットボールの世界で、絶対はない。彼はセビージャで多くを勝ち取っているし、素晴らしい選手だ」 「我々はインテルの意志を知らないが、彼は素晴らしい月日を過ごしたここに戻ってくることを決断することになるだろう」 「インテルとの交渉はしていないが、我々のスポーツディレクターとバネガは話している」 「彼がインテルで得た給料を保証することはできないがね」 ▽また、シーズン途中にレンタル移籍で加入したモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチについてもコメント。バネガとは別の話になるが、インテルと話をしていると語った。 「我々はヨベティッチについてインテルに妥当なオファーをした。しかし、インテルは受け入れなかった」 「我々はヨベティッチが戻らないことを意味するかは分からない。オファーは大きなものだが、セビージャにも限界がある。我々は、インテルが求める金額を払うことはできない」 「別のオプションを持っている。しかし、それは合意に達せないということを意味している訳ではない。合意するための努力が必要だ」 「ヨベティッチとバネガの状況は異なる。我々は多くのことで動いており、数日後にはアップデートできるだろう」 2017.06.20 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ、エンゾンジ獲得失敗時のプランBはバルサのアンドレ・ゴメスか

▽ユベントスがセビージャのフランス人MFスティーブン・エンゾンジ(28)の獲得に失敗した場合の“プランB”を考えているようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽2015年7月にストーク・シティからセビージャへと加入したエンゾンジは、加入1年目はリーガエスパニョーラで28試合に出場し3ゴール2アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)などでも主力としてプレーすると、今シーズンもリーグ戦で35試合に出場し2ゴール3アシストをマークし、CLでは8試合に出場して1ゴールを記録していた。 ▽そんなエンゾンジに対してユベントスのジュゼッペ・マロッタGD(ゼネラルディレクター)は「我々が可能性を探っている選手の一人」と語るなど、獲得に興味を示していることを明かした。 ▽しかしエンゾンジの契約解除金は4000万ユーロ(約49億8200万円)と高額に設定されている。さらに同選手に対してはバルセロナやリバプール、マンチェスター・シティ、トッテナムなども獲得に興味を示しているとされている。 ▽中盤の補強を画策しているユベントスは、エンゾンジ獲得オペレーションが失敗した場合に備えて、バルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(23)にも注視しているという。 ▽2016年夏にバレンシアから3500万ユーロ(現在のレートで約43億5900万円)でバルセロナに加入したアンドレ・ゴメスだが、加入初年度となった今シーズンは、30試合に出場するも3ゴールに終わった。さらに途中交代が多く、フル出場は5試合に留まるなど期待されたパフォーマンスを見せられなかった。 ▽さらにバルセロナは、今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(24)の獲得に動いているとされている。そのためユベントスは、同選手が加入した場合にはアンドレ・ゴメスがはじき出される可能性が高いとみているようだ。 2017.06.20 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコが獲得狙うビトロ、冬まで古巣ラス・パルマスでプレーも問題なしか

アトレティコ・マドリーが獲得を狙うセビージャMFビトロは、一時的に古巣ラス・パルマスでプレーすることを歓迎している様子だ。<br><br>ディエゴ・シメオネ監督が獲得を熱望しているとされるビトロだが、FIFAによって今夏の選手登録を禁じられているアトレティコは、冬の移籍市場で正式に獲得できるまで同選手を他クラブでプレーさせる考えとされる。その橋渡し的な役割を担うクラブと見られているのが、同選手の古巣ラス・パルマスだ。<br><br>ビトロ本人は一度古巣に帰還することを歓迎している。スペイン『マルカ』が同選手のコメントを伝えた。<br><br>「現時点では何も言うことができない。今後に起こることを見てみないとね。もちろん、ラス・パルマスに戻れるのは素晴らしいと思う。ここには父も、家族も、友達もいるからね&hellip;&hellip;。だけど、現時点では何も言うことができないんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.19 23:45 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース