セビージャvsバレンシアは決め手を欠いてゴールレス《リーガエスパニョーラ》2017.04.17 01:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは16日、リーガエスパニョーラ第32節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。

▽前節デポルティボ戦を4-2と打ち勝って公式戦7試合ぶりの勝利を手にした4位セビージャ(勝ち点61)は、デポルティボ戦のスタメンから3選手を変更。ヨベティッチ、クラネビッテル、メルカドに代えてイボーラ、ラングレ、出場停止明けのビトロを起用した。

▽3連勝中の12位バレンシア(勝ち点39)に対し、コレアを1トップに据え、2列目に右からサラビア、フランコ・バスケス、ビトロと配す[4-2-3-1]で臨んだセビージャは序盤、バレンシアの圧力を受ける展開を強いられる。

▽まずは6分、ムニルの左クロスにザザがジャンピングボレーで合わせる決定機を許すも、枠の左に外れて助かる。続く13分にはオレジャーナのミドルシュートが枠の右角上を捉えたが、GKセルヒオ・リコがビッグセーブで阻止。

▽14分にビトロが左足ハムストリングを痛めてヨベティッチとの交代を強いられるも、17分に決定機。E・ペレスからボールを奪ってショートカウンターに転じ、フランコ・バスケスのラストパスを受けたヨベティッチのシュートが左ポストを直撃した。

▽助かったバレンシアは24分、モントーヤがボックス右ゴールライン際まで持ち上がってクロス。ムニルがヘディングで合わせたが、ゴールライン前のマリアーノにクリアされた。

▽ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにチャンスを作れないままゴールレスで後半へ折り返した。

▽迎えた後半、バレンシアが圧力をかける中、52分にムニルが敵陣でボールを奪ってシュートに持ち込む。

▽一方、セビージャは54分にエスクデロの直接FKでゴールに迫って流れを引き寄せると、敵陣でのプレー時間を増やしていく。しかし、シュートまでは持ち込めず、均衡を破れない。

▽すると69分、バレンシアはロングカウンターの流れからボックス右に侵入したザザがGKセルヒオ・リコを強襲する決定機を演出。ここから盛り返すと、終盤にかけてはバレンシアが攻勢に転じていく。81分にはオレジャーナに代えて負傷明けのナニを投入した。しかし、決定打は最後まで生まれずに0-0でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、来夏新センターバック獲得に動く! カタルーニャ2大メディアは異なる候補を挙げる

▽バルセロナが来夏の移籍市場で新たなセンターバックの獲得に動くようだ。 ▽リーガエスパニョーラ第11節終了時点でわずか4失点の堅守を誇るバルセロナでは、守護神テア・シュテーゲンと共にDFジェラール・ピケと、DFサミュエル・ユムティティのレギュラーセンターバックコンビが好パフォーマンスを披露している。 ▽しかし、バックアッパーには加齢による衰えが目立つMFハビエル・マスチェラーノ、ほぼ構想外のDFトーマス・ヴェルメーレンのベテラン2選手しかおらず、今後に向けては重要な補強ポイントの1つとなっている。 ▽そして、カタルーニャの2大メディアである『スポルト』、『ムンド・デポルティボ』は、7日付けの紙面で新センターバックの獲得候補について報じている。 ▽まず『スポルト』は、セビージャの最終ラインを支えているフランス人DFクレマン・ラングレ(22)の名前を挙げている。今年1月にナンシーから加入して以来、攻守両面で安定したパフォーマンスを披露する左利きのDFは、今季からローマのスポーツ・ディレクターに就任したサッカー界屈指の目利きモンチ氏が、古巣のため最後に獲得した超有望株だ。なお、ラングレの獲得に向けては、最低3000万ユーロ(約40億円)からの入札となるようだ。 ▽一方、『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナが昨季アヤックスで強烈なインパクトを残したオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(18)の獲得を来夏の最優先事項としていると報じている。わずか17歳で名門アヤックスのレギュラーを掴み、オランダのフル代表にも招集された逸材は、積極的な持ち上がりや高精度のフィードなど、足下に絶対の自信を持っており、バルセロナ向きのプレースタイルだ。 2017.11.07 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、バルサで600試合出場のメッシを祝福「彼にとってはわずかな数字」

5日のリーガエスパニョーラ第11節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのセビージャ戦を2&minus;1で制した。MFアンドレス・イニエスタは試合後、チームが順調に勝ち点3を重ねていることに満足感を表している。<br><br>スペイン代表MFは、同国『Beinスポーツ』とのフラッシュインタビューで次のように語った。<br><br>「セビージャはそのプレースタイルと擁する選手たちによって、攻略が難しいチームだ。1&minus;1とされた後にも僕たちはプレーに臨み続け、再度リードを手にした。また勝ち点3を獲得できて幸せだ。それこそ、僕たちがすべきことだからね」<br><br>また、この一戦がバルセロナでの通算600試目となったFWリオネル・メッシにも言及している。<br><br>「そんな数字にまで到達するのは、本当に難しいことだ。だけど、600試合も彼にとってはわずかな数字になることを確信している。彼がこれから臨んでいく試合に、タイトルなど素晴らしいことが伴うことを願っているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.06 01:50 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 2-1 セビージャ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第11節、バルセロナvsセビージャが4日にカンプ・ノウで行われ、2-1でバルセロナが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171105_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 5.5 さほど多くの仕事はなかった DF 2 N・セメド 6.0 前半はダイナミックな攻め上がりでアクセントに 3 ピケ 6.0 安定感あるプレーを続けた。攻撃参加も見られた 23 ユムティティ 5.5 1度ボールロストからピンチを招くもそれ以外は問題なし 18 ジョルディ・アルバ 6.0 攻守に集中していた MF 17 アルカセル 7.0 リーガ初先発で2ゴール奪取 (→デウロフェウ -) 4 ラキティッチ 6.5 タイミング良く攻撃に絡んで1アシスト (→マスチェラーノ -) 5 ブスケッツ 6.0 中盤をコントロール 8 イニエスタ 6.5 正確なフィードとさすがのキープ力でアクセントを付ける (→パウリーニョ 5.5) 推進力を見せた FW 10 メッシ 6.0 公式戦600試合出場。とりわけ前半はアタッキングサードで幾度も違いを生み出した 9 スアレス 6.0 前線でよく動いて起点に 監督 バルベルデ 6.5 妥当な勝利。アルカセル起用が当たった ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171105_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 ソリア 5.5 彼自身にミスはなかった DF 2 コルシア 5.0 守備に追われた 4 ケアー 5.5 スアレスに苦戦も耐える (→ガイス -) 5 ラングレ 5.5 多くのピンチがあったが、及第点の出来 18 エスクデロ 4.5 軽率なミスでアルカセルの先制ゴールを許す MF 16 ヘスス・ナバス 5.0 ほとんどボールに触れず 15 エンゾンジ 5.5 メッシにバイタルエリアを使わせないよう監視した 10 バネガ 5.5 流れの中では何もできなかったが、CKからアシスト 14 ピサーロ 6.0 粘り強い守備を見せ、 同点ゴール 17 サラビア 5.0 左サイドで起点になれず (→ノリート 5.0) 目立った働きはなかった FW 20 ムリエル 5.0 前半にカウンターの機会が1度あったのみ (→イェデル -) 監督 ベリッソ 5.0 とりわけ前半は消極的な試合運びだった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アルカセル(バルセロナ) ▽リーガ初スタメンのチャンスをしっかりと生かした。2ゴールを奪ってチームを勝利に導いた。 バルセロナ 2-1 セビージャ 【バルセロナ】 アルカセル(前23) アルカセル(後20) 【セビージャ】 ピサーロ(後14) 2017.11.05 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

アルカセル2発のバルセロナ、セビージャを振り切り今季10勝目! メッシは公式戦600試合出場達成《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第11節、バルセロナvsセビージャが4日にカンプ・ノウで行われ、2-1でバルセロナが勝利した。 ▽前節サン・マメスでのビルバオ戦を2-0と辛勝して首位を快走するバルセロナ(勝ち点28)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦を0-0のドローで終えた。そのオリンピアコス戦のスタメンから4選手を変更。負傷したセルジ・ロベルトとアンドレ・ゴメスらに代わってピケやイニエスタ、ラキティッチら主力が先発に戻り、アルカセルが今季リーガ初スタメンとなった。 ▽一方、前節レガネス戦を2-1と競り勝ち、リーグ戦での連敗を2で止めた5位セビージャ(勝ち点19)は、3日前に行われたCLではスパルタク・モスクワにリベンジを果たしてグループステージ突破の可能性を高めた。復調気味のチームはスパルタク戦のスタメンから3選手を変更。イェデルやノリートらに代えてヘスス・ナバスやムリエルらが先発となった。 ▽アルカセルを右サイドに配すフラットな[4-4-2]で臨んだバルセロナが立ち上がりから仕掛けると、開始4分に決定機。ボックス左深くまでえぐったメッシがマイナスに折り返し、ブスケッツがシュート。これはゴールライン前にいたDFにカットされると、続く5分にもビッグチャンスが訪れた。しかし、イニエスタのロングフィードに反応したボックス右のスアレスがループシュートを狙うも、GKソリアにキャッチされた。 ▽その後も敵陣でのプレーを続けるバルセロナは、14分にユムティティのボールロストからムリエルに決定的なシュートを許したが枠を外れて助かると、18分にはイニエスタが際どいミドルシュートを浴びせてセビージャを牽制する。 ▽そして23分、順当に先制する。スアレスのロングフィードをエスクデロがカットしきれずアルカセルがボックス右で受け、冷静にGKとの一対一を制した。 ▽先制後も主導権を握るバルセロナは、試合をコントロールしつつ時間を進める。追加点に迫るようなチャンスこそなかったものの、盤石の試合運びで前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半、重心を押し上げにかかるセビージャに対し、イニエスタのロングフィードでセビージャ守備陣背後を突いて牽制していたバルセロナだったが、59分に同点とされる。バネガの左CKからピサーロのヘディングシュートが決まった。 ▽失点直後、ピケのミドルシュートがバーを叩いたバルセロナは、65分に勝ち越す。右サイドからのラキティッチの鋭いクロスにアルカセルが左足で合わせた。 ▽2-1として以降はバルセロナが試合をコントロール。セビージャに何もさせずに時間を進め、難なく逃げ切った。勝利したバルセロナは無敗を維持し、10勝1分けとしている。 2017.11.05 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第11節プレビュー】中断前の一戦でバルセロナvsセビージャ! 不振レアル・マドリーはラス・パルマス戦!

▽先週末に行われた第10節では首位バルセロナと2位バレンシアの上位2チームが勝利した一方、3位のレアル・マドリーが昇格組ジローナとのアウェイゲームで敗戦。また、4位アトレティコ・マドリーがビジャレアルとの強豪対決をドローで終え、厳しい序盤戦の躓きとなった。 ▽今年最後のインターナショナルウィーク突入前に行われる今節は、そのインターナショナルウィークにワールドカップ(W杯)最終予選やプレーオフを控える代表選手にとって、負傷や消耗を避けたいという部分でも難しい試合となる。 ▽その第11節の最注目カードは、10戦無敗で首位を快走するバルセロナ(勝ち点28)と、5位セビージャ(勝ち点19)が激突する上位対決だ。前節、バルベルデ監督の古巣アスレティック・ビルバオとのアウェイゲームをFWメッシとMFパウリーニョのゴールによって2-0で勝利したバルセロナは、ミッドウィークに同じく指揮官の古巣オリンピアコスとのチャンピオンズリーグ(CL)を戦い、0-0のドロー。今季の公式戦で初の無得点に終わったチームは、同節でのグループステージ突破を逃した。 ▽また、軽傷を抱えて離脱中のMFイニエスタに加え、オリンピアコス戦ではMFセルジ・ロベルトと、MFアンドレ・ゴメスが負傷し約1カ月の離脱が決定するなど、ここにきて中盤の負傷者に悩まされている。したがって、今回のセビージャ戦に向けては中盤の選手起用に注目が集まる。盤石のMFブスケッツ、MFラキティッチ、パウリーニョの3人を起用し、FWデウロフェウを3トップの一角に配す[4-3-3]か、[4-4-2]の両翼にMFデニス・スアレスやDFアレイシ・ビダルなど、サイドアタッカーを起用するのか、指揮官の選択に注目したい。 ▽一方、公式戦3連敗という不調に陥った中、コパ・デル・レイで格下カルタヘナ、リーグ戦で好調レガネス、CLでスパルタク・モスクワにリベンジを果たし、見事な3連勝でバウンスバックを果たしたセビージャ。だが、中盤に不安を抱えるバルセロナに対して、こちらはセンターバックに多くの負傷者を抱えており、こちらも過密日程の中での戦いに不安を残す。それでも、大黒柱のMFエンゾンジの復帰で中盤の構成力は高まっており、今回のアウェイゲームではパンチに欠けるFWイェデルやFWムリエル、FWノリートらアタッカーが仕事をこなせれば、好勝負に持ち込むことも可能なはずだ。 ▽首位バルセロナとの勝ち点差が「8」に開いて、これ以上の取りこぼしが許されないレアル・マドリー(勝ち点20)は、降格圏の18位に低迷するラス・パルマス(勝ち点6)とのホームゲームで勝ち点3奪取を目指す。前節、得意の昇格組相手に27年ぶりの敗戦を喫した昨季リーガ王者は、ミッドウィークのCLトッテナム戦でも1-3の大敗。今季初の公式戦連敗中のチームは守備面では軽い対応が目立ち、攻撃面では単調さと決定力不足に悩まされるなど、攻守両面で問題を抱えている。それでも、ジダン監督の積極的なターンオーバーの影響でコンディション面はそれほど悪くなく、今節に向けては逆境を乗り越える王者としてのメンタリティが試される。 ▽ここまで上位2チームと同じく無敗を継続しているが、その半分が引き分けと、ある意味レアル・マドリー以上の泥沼に陥っているアトレティコ(勝ち点20)。とりわけ、直近の公式戦3試合ではエルチェ、カラバフという格下相手に勝ち切れず、ビジャレアル戦でもらしくない終盤の失点で追いつかれるなど、低調な内容で3戦連続1-1のドローとなった。MFコケの不在に加え、大黒柱のFWグリーズマンとその相棒4人のいずれかで形成する2トップが深刻なスランプに陥っているうえ、セットプレーから3戦連続で失点している守備にも問題を抱える大混乱ぶりだ。今節の相手は16位に沈むデポルティボ(勝ち点11)だが、直近のラス・パルマス戦ではクリストバル新体制で初勝利を飾っており、今のアトレティコにとっては決して簡単な相手ではない。仮に、0-0の時間が長く続けば、自信喪失のチームは自分たちでより試合を難しくしてしまう可能性もあるだけに、キックオフ直後から決死の猛攻を仕掛けたい。 ▽その他の注目カードは、破竹のリーグ6連勝でマドリッド勢を抑えて首位バルセロナを追走する2位バレンシア(勝ち点24)vs7位レガネス(勝ち点17)の上位対決と、日本代表MF乾貴士擁する17位エイバル(勝ち点8)vs9位レアル・ソシエダ(勝ち点14)によるバスク自治州ダービーの2試合だ。 ▽6戦連発中の主砲FWザザに加え、FWロドリゴ・モレノ、FWゴンサロ・グエデスが絶好調のバレンシアは、前節セビージャに惜敗もそれまで5戦無敗で上位戦線に食い込む難敵レガネス相手のタフなゲームに臨む。 ▽また、乾の2ゴールに絡む活躍で2点差を追いついて前節のレバンテ戦をドローに持ち込んだエイバルは、前節ヘタフェ相手に苦杯を舐めるも一時の不振を脱しているバスク2強の一角、ソシエダ相手にダービー勝利を目指す。現在のチーム状態、タレントの質を考えれば、劣勢は明白だが、ヨーロッパリーグとの二足のわらじで疲弊する相手に対して、球際と運動量で上回り番狂わせを狙いたい。なお、レバンテ戦でチーム最高評価となる好パフォーマンスを披露した乾としては、ベルギー代表、ブラジル代表との欧州遠征を控える日本代表合流前に景気づけの活躍を披露したいところだ。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第11節》 ▽11/3(金) 《29:00》 ベティス vs ヘタフェ ▽11/4(土) 《21:00》 バレンシア vs レガネス 《24:15》 デポルティボ vs アトレティコ・マドリー 《26:30》 アラベス vs エスパニョール 《28:45》 バルセロナ vs セビージャ ▽11/5(日) 《20:00》 レバンテ vs ジローナ 《24:15》 セルタ vs ビルバオ 《26:30》 ビジャレアル vs マラガ レアル・ソシエダ vs エイバル 《28:45》 レアル・マドリー vs ラス・パルマス</div> 2017.11.03 18:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース