セビージャvsバレンシアは決め手を欠いてゴールレス《リーガエスパニョーラ》2017.04.17 01:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは16日、リーガエスパニョーラ第32節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。

▽前節デポルティボ戦を4-2と打ち勝って公式戦7試合ぶりの勝利を手にした4位セビージャ(勝ち点61)は、デポルティボ戦のスタメンから3選手を変更。ヨベティッチ、クラネビッテル、メルカドに代えてイボーラ、ラングレ、出場停止明けのビトロを起用した。

▽3連勝中の12位バレンシア(勝ち点39)に対し、コレアを1トップに据え、2列目に右からサラビア、フランコ・バスケス、ビトロと配す[4-2-3-1]で臨んだセビージャは序盤、バレンシアの圧力を受ける展開を強いられる。

▽まずは6分、ムニルの左クロスにザザがジャンピングボレーで合わせる決定機を許すも、枠の左に外れて助かる。続く13分にはオレジャーナのミドルシュートが枠の右角上を捉えたが、GKセルヒオ・リコがビッグセーブで阻止。

▽14分にビトロが左足ハムストリングを痛めてヨベティッチとの交代を強いられるも、17分に決定機。E・ペレスからボールを奪ってショートカウンターに転じ、フランコ・バスケスのラストパスを受けたヨベティッチのシュートが左ポストを直撃した。

▽助かったバレンシアは24分、モントーヤがボックス右ゴールライン際まで持ち上がってクロス。ムニルがヘディングで合わせたが、ゴールライン前のマリアーノにクリアされた。

▽ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにチャンスを作れないままゴールレスで後半へ折り返した。

▽迎えた後半、バレンシアが圧力をかける中、52分にムニルが敵陣でボールを奪ってシュートに持ち込む。

▽一方、セビージャは54分にエスクデロの直接FKでゴールに迫って流れを引き寄せると、敵陣でのプレー時間を増やしていく。しかし、シュートまでは持ち込めず、均衡を破れない。

▽すると69分、バレンシアはロングカウンターの流れからボックス右に侵入したザザがGKセルヒオ・リコを強襲する決定機を演出。ここから盛り返すと、終盤にかけてはバレンシアが攻勢に転じていく。81分にはオレジャーナに代えて負傷明けのナニを投入した。しかし、決定打は最後まで生まれずに0-0でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ラツィオ、スペインで苦戦する“天才”ガンソ獲得を画策か

▽ラツィオが、セビージャに所属する元ブラジル代表MFガンソ(28)の獲得を狙っているようだ。イタリア『tuttomercatoweb』が伝えている。 ▽2016年7月にサンパウロからセビージャに加入したガンソ。しかし、加入初年度を公式戦16試合3ゴール3アシストで終えると、今シーズンは公式戦11試合4ゴール3アシスト。成績としては悪くないが、出場機会を得ることができず、リーグ戦に至っては1月6日のリーガエスパニョーラ第18節以降、ベンチ入りすらもない苦しい状況が続いている。 ▽2021年までセビージャとの契約を残しているが、退団の見方が強まっているガンソ。そんな同選手に対して、ラツィオが獲得を画策しており、すでにセビージャ側に接触しているようだ。移籍金については1000万ユーロ(約13億円)と見られているが、ラツィオはレンタルでの獲得も検討しているとのこと。 ▽同メディアはガンソに対しては、グレミオやサントスといった国内クラブの他、トルコのフェネルバフチェも獲得に興味を示していると伝えている。 2018.04.26 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

コパ決勝で惨敗セビージャがモンテッラ解任か! ホアキン・カパロスが今季終了まで指揮?

▽セビージャが今季2度目の監督交代に踏み切るようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』がヴィンチェンツォ・モンテッラ監督(43)の解任の可能性を報じている。 ▽『ムンド・デポルティボ』の伝えるところによれば、21日に行われたコパ・デル・レイ決勝でバルセロナに0-5の屈辱的な敗戦を喫したセビージャは、この敗戦の翌日にクラブ幹部による緊急会合を実施したという。その場でモンテッラ監督の解任を決断したようだ。 ▽ただ、22日にはコパ敗退後に主力MFスティーブン・エンゾンジがディスコで遊んでいたことが発覚し大きな問題に発展。クラブ側がこの対応に追われたことで、監督人事に関する公式なアナウンスが行われることはなかったようだ。 ▽しかし、『ムンド・デポルティボ』はセビージャがモンテッラ監督の解任をすでに決断していると主張。また、今季終了までの契約で2000年から2005年までクラブを率いていたホアキン・カパロス氏(62)の招へいに動いていると伝えている。 ▽セビージャは今シーズン、エドゥアルド・ベリッソ前監督の下でシーズンをスタートし、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージを突破。しかし、国内リーグでの成績不振と一部主力選手との確執によって同監督を解任した。 ▽昨年12月末に2019年までの契約でモンテッラ監督を新指揮官に据え、CLではマンチェスター・ユナイテッドを破り、クラブ史上初のベスト8進出、コパ・デル・レイでもアトレティコ・マドリーを破って決勝進出を果たした。その一方で、国内リーグでは就任後の16試合で5勝7敗4分けと思うような結果を残せず。現在、チームはヨーロッパリーグ出場圏外の7位に低迷している。 2018.04.23 18:01 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャMFエンゾンジ、コパ決勝大敗後にディスコで遊び非難轟々…その後に謝罪「選手にも生活がある」

21日のコパ・デル・レイ決勝バルセロナ戦で0&minus;5の大敗を喫したセビージャだが、その敗戦の直後にMFスティーブン・エンゾンジがディスコで遊んでいることが明らかとなり、大きな非難を浴びている。<br><br>コパ決勝で0&minus;5という屈辱的な敗戦を喫したセビージャ。その試合後、エンゾンジがマドリードのディスコにいる姿が、SNS上で拡散された。セビージャファンはその行動を理解することができず、同選手に対して非難を集中させている。<br><br>セビージャはその翌日、クラブの『ツイッター』公式アカウントでエンゾンジの謝罪動画を公開。フランス代表MFは、次のように述べている。<br><br>「セビージャのファンに謝りたい。試合後に遊びに出かけるという過ちを犯してしまった。僕たちを含めて、誰にとっても難しい状況だ。昨日のことに満足できるわけがない」<br><br>「ただ選手もメンタル的にきついことも理解してもらわなくてはならない。僕たちは3日毎に試合を戦っている。僕は一人暮らしで、いつも一人で家にいる。練習に行き、帰って、休んでと、いつも家にいるんだ&hellip;&hellip;。昨日は自分の家族、友人が一緒にいて、だから出かけてしまった。人生で一番大切なのは、健康だ。健康であれば、人生は悪いものじゃない」<br><br>「実際、昨日はファン、僕たちと、誰にとっても難しい日だった。だけど、理解してほしいんだ。僕たちは決勝まで辿りついたし、シーズンの最後まで走り続けなくてはいけない。仕事に励んでいかなければならないし、もちろん僕はこれまで通りそうしていくつもりだ。昨日のことについては、出かけたことよりも、良いプレーを見せていなかったことについて話してほしい。僕たちにも生活があるし、集中し続け、フットボールのことだけを考えるのは難しい」<br><br>「過ちを犯したことは理解している。だからセビージャファンには容赦を乞いたい。そして、これからだって、いつものように仕事に励み、戦い続けたい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

コパ決勝で0-5大敗…セビージャサポーターが選手たちに怒りぶつける「恥だ。お前たちよりも心が痛い」

セビージャは21日のコパ・デル・レイ決勝バルセロナ戦に0&minus;5で敗戦した。期待を膨らませて決勝の地マドリードに赴いたセビージャサポーターは、大敗に憤りを露わにしている。スペイン『マルカ』や『デスマルケ』が伝えた。<br><br>バルセロナ相手とはいえ0&minus;5大敗を喫したセビージャに対して、サポーターは大きな失望を覚え、その怒りをチームに直接的にぶつけている。決勝翌日のマドリード・アトーチャ駅で、高速鉄道に乗るチームを見つけたある男性サポーターは、選手たちに対して次のように声を荒げた。<br><br>「バルサと比べて、お前たちはまったく走っていなかった。よく俺たちの前を歩けるな。俺はずっとセビージャのソシオだ。33年間、サンチェス・ピスフアン(セビージャ本拠地)で見続けているんだ。これは恥ずべきことだ。(左胸を叩きながら)お前たちより心が痛い。当たり前だ。お前たちより痛いに決まっている」<br><br>「俺たちが感じていることとお前たちが感じていることを、どうやって比べられるって言うんだ。これがセビジスタのセンチメント、センチメントなんだよ。お前たちには理解できないだろう。ああ、お前たちには理解できないさ」<br><br>また違う男性サポーターは、セビージャのホセ・カストロ会長に話しかけて「ここからどうやって立ち上がるって言うんだ? 空いた穴はでかすぎる」との言葉を口に。これに対してカストロ会長は「ほかのすべてのことと同じように、立ち上がるしかない」と返答している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 23:57 Sun
twitterfacebook
thumb

イニエスタを称賛するモンテッラ「どうやったのか分からないが、まるで25歳の選手だった」

セビージャは21日にコパ・デル・レイ決勝バルセロナ戦に臨み、0&minus;5の大敗を喫した。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は試合後、バルセロナが「打ち消すことが難しい」パフォーマンスを見せたとの見解を示している。<br><br>スペイン『アス』がイタリア人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「バルセロナは恐るべき試合を演じた。彼らのああしたパフォーマンスを打ち消すことは難しい。先制点を決められた後には、2~3回にわたって同点に追いつくチャンスを得たが、その後には彼らが幾度もペナルティエリアに到達した&hellip;&hellip;。イニエスタ、メッシ、スアレスと、並外れた選手たち並外れたプレーを見せていたんだよ&hellip;&hellip;」<br><br>「不可能と言うことではなかったし、なんとかしようとはしたが、しかしとても難しいことだった。バルセロナが上だったことを認めなくてはいけない。最後まで支えてくれたファンには申し訳なく思う。これからリーガを欧州カップ出場圏で終えなくてはならないし、強いメンタルでもって、もう一度仕事に取り組まなくてはいけない」<br><br>また1得点含め脅威的なプレーを披露したMFアンドレス・イニエスタについては、次のように評している。<br><br>「ただ祝福するしかない。完璧なプレーを見せていた。どうやったのかは分からないが、まるで25歳の選手のようだった(実際は33歳)。彼のような選手を、またすぐ目にすることはないだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 21:30 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース