セビージャvsバレンシアは決め手を欠いてゴールレス《リーガエスパニョーラ》2017.04.17 01:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャは16日、リーガエスパニョーラ第32節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。

▽前節デポルティボ戦を4-2と打ち勝って公式戦7試合ぶりの勝利を手にした4位セビージャ(勝ち点61)は、デポルティボ戦のスタメンから3選手を変更。ヨベティッチ、クラネビッテル、メルカドに代えてイボーラ、ラングレ、出場停止明けのビトロを起用した。

▽3連勝中の12位バレンシア(勝ち点39)に対し、コレアを1トップに据え、2列目に右からサラビア、フランコ・バスケス、ビトロと配す[4-2-3-1]で臨んだセビージャは序盤、バレンシアの圧力を受ける展開を強いられる。

▽まずは6分、ムニルの左クロスにザザがジャンピングボレーで合わせる決定機を許すも、枠の左に外れて助かる。続く13分にはオレジャーナのミドルシュートが枠の右角上を捉えたが、GKセルヒオ・リコがビッグセーブで阻止。

▽14分にビトロが左足ハムストリングを痛めてヨベティッチとの交代を強いられるも、17分に決定機。E・ペレスからボールを奪ってショートカウンターに転じ、フランコ・バスケスのラストパスを受けたヨベティッチのシュートが左ポストを直撃した。

▽助かったバレンシアは24分、モントーヤがボックス右ゴールライン際まで持ち上がってクロス。ムニルがヘディングで合わせたが、ゴールライン前のマリアーノにクリアされた。

▽ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにチャンスを作れないままゴールレスで後半へ折り返した。

▽迎えた後半、バレンシアが圧力をかける中、52分にムニルが敵陣でボールを奪ってシュートに持ち込む。

▽一方、セビージャは54分にエスクデロの直接FKでゴールに迫って流れを引き寄せると、敵陣でのプレー時間を増やしていく。しかし、シュートまでは持ち込めず、均衡を破れない。

▽すると69分、バレンシアはロングカウンターの流れからボックス右に侵入したザザがGKセルヒオ・リコを強襲する決定機を演出。ここから盛り返すと、終盤にかけてはバレンシアが攻勢に転じていく。81分にはオレジャーナに代えて負傷明けのナニを投入した。しかし、決定打は最後まで生まれずに0-0でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、選手層拡充へフランス代表MFエンゾンジ獲得に興味?

▽バルセロナがセビージャに所属するフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)やブラジル代表MFパウリーニョ(29)がそれぞれ退団し、中盤の補強を画策しているバルセロナ。これまでパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)やアヤックスに所属するU-21オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(20)の獲得に動いているとされるが、選手層拡充に向けてエンゾンジにも獲得への興味を示しているようだ。 ▽母国・アミアンでプロキャリアをスタートさせたエンゾンジは、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャに加入。2017-18シーズンでは公式戦44試合に出場していた。現在行われているロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦しており、ここまで4試合に出場している。 ▽エンゾンジには現在元セビージャ指揮官ウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルが獲得に向けて動いている模様。なお、同選手には4000万ユーロ(約52億円)の契約解除金が設定されている。 2018.07.15 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ、チェルシーMFバカヨコのレンタルを打診か

▽セビージャが、チェルシーのフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(23)に興味を示している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽セビージャは、レンタルでの獲得を打診している模様。セビージャのパブロ・マチン新監督は、去就が騒がれているフランス代表MFスティーブン・エンゾンジが流出した場合に備えてバカヨコの獲得を考慮しており、チェルシーの新指揮官就任が確実しされているマウリツィオ・サッリ監督が同選手の起用を考えていないことから、思惑が合致しているようだ。 ▽しかし、『マルカ』によるとチェルシーはローン手数料として600万ユーロ(約7億9000万円)を要求しているという。セビージャの支払い可能額がその90%あまりであることも伝えられており、交渉は難航しそうだ。 ▽2014年にレンヌからモナコ入りしたバカヨコは、恵まれた体格を生かした守備に特長がある守備的MF。2016-17シーズンにモナコのリーグ・アン制覇とチャンピオンズリーグ4強入りに大きく貢献しており、2017年夏にチェルシーとの5年契約が発表となった。昨シーズンのバカヨコは、公式戦43試合3ゴール3アシストを記録している。 2018.07.14 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

柴崎所属のヘタフェがセビージャからGKダビド・ソリア獲得! グアイタ後釜に

▽ヘタフェは13日、スペイン人GKダビド・ソリア(25)の完全移籍に関して所属元のセビージャと合意に至ったことを発表した。同選手はメディカルチェックを受診した後、2022年6月30日までの4年契約にサインする予定だ。 ▽アトレティコ・マドリー、レアル・マドリーの下部組織を経てセビージャに加入したソリアはリザーブチームを経て2015年にトップチームに昇格。以降は第3GKや第2GKの立場に甘んじていたものの、昨季は守護神セルヒオ・リコの不振を受けて、キャリアハイとなる公式戦20試合に出場。チャンピオンズリーグでは準々決勝バイエルン戦の2試合に出場していた。 ▽なお、ヘタフェでは昨季リーガ3位となる33失点の堅守を支えたスペイン人GKビセンテ・グアイタ(31)が今夏クリスタル・パレスに移籍していたため、ソリアがその後釜を担うことになる。 2018.07.14 06:41 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ラングレ獲得を発表!!今夏2人目の新戦力

▽バルセロナは12日、セビージャのフランス人DFクレマン・ラングレ(23)を獲得したことを発表した。契約は2023年6月30日まで。 ▽ナンシーの下部組織出身のラングレは2017年1月にセビージャに移籍。フィード力を兼ねた現代的な左利きのセンターバックで、2017-18シーズンは公式戦54試合4得点を記録した。 ▽クラブの発表によると、移籍金は解約条項満額の3590万ユーロ(約47億円)。また、バルセロナとの契約解除金は3億ユーロ(約393億円)に設定されたようだ。 ▽バルセロナは今夏、グレミオからブラジル代表MFアルトゥール(21)を獲得しており、ラングレは2人目の補強となる。なお、入団記者会見は13日に執り行われる模様だ。 2018.07.12 22:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ラングレのバイアウト条項起動へ 近日中にも成立

▽セビージャに所属するフランス人DFクレマン・ラングレ(23)のバルセロナ移籍が迫っているようだ。 ▽スペイン『マルカ』によれば、バルセロナは、セビージャに対して、ラングレの契約に存在する解除金満額の3500万ユーロ(約45億8000万円)を提示。遅くとも12日までに移籍成立が見込まれ、翌13日に入団会見が行われる可能性もあるという。 ▽2017年1月にナンシーからセビージャに加入したラングレは、世代別代表歴を持つDF。フィード力を兼ねた現代的な左利きのセンターバックで、2017-18シーズンは公式戦54試合4得点を記録した。 ▽バルセロナは今夏、グレミオからブラジル代表MFアルトゥール(21)を獲得。ラングレの移籍が実現すれば、バルセロナにとって2人目の新戦力到着となる。 2018.07.12 14:20 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース