決勝ゴールを含む2ゴールを奪ったイスコ、去就問題について「マドリー以上のクラブはない」2017.04.16 09:46 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコが、自身の去就について口を開いた。スペイン『アス』が報じている。

▽マドリーで定位置を確保できていないイスコは、リーガエスパニョーラ第31節までで25試合に出場するも、先発出場は14試合のみとなっている。そのため、以前から今夏の移籍市場で新天地を求めるのではないかと言われていた。

▽そんな中迎えた15日のリーガエスパニョーラ第32節、アウェイのスポルティング・ヒホン戦では控えメンバー中心の中でフル出場を果たすと、1点ビハインドの17分に同点ゴールを奪取。さらに2-2で迎えた後半アディショナルタイムには決勝ゴールを奪う活躍を見せた。

▽試合後、インタビューに応じたイスコは、ヒホン戦を振り返りつつ自身の去就についてコメントした。

「僕たちはチームとしての強さを見せられたと思う。とても難しい試合だったけれど、マドリーの精神を見せられたね。この試合が僕にとってのベストだったかはわからないよ。それは君たちメディアが決めることだからね」

「僕はいつだってチームのためにプレーしている。今日も、僕だけの活躍ではなく、チームとして戦った結果だ」

「個人的にはこのクラブに長く留まりたいと思っているんだ。以前から言っているように、それが僕の一番の願いだ。今もマドリーという世界で最高のクラブにいる。マドリー以上のクラブなんてないよ。ここで幸せに思っているんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマールの全盛期はレアル・マドリーで…バルダーノ「C・ロナウドの後継者に」

レアル・マドリーで選手としてプレー。その後、監督やゼネラルディレクターなどを歴任してきたホルヘ・バルダーノ氏が、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールの去就について、自身の見解を述べた。<br><br>昨年の夏にバルセロナからパリSGに移籍したネイマールは、フランスの地でもその能力を遺憾なく発揮。その一方で今後の去就について取り沙汰されており、とりわけレアル・マドリーへの移籍がうわさされている。<br><br>ネイマールの去就について、フランス紙『レキップ』のインタビューで尋ねられたバルダーノ氏は、「ネイマールはR・マドリーで全盛期を迎える」とコメント。ネイマールがR・マドリーで輝く姿をイメージしているようで、続けて以下のように話した。<br><br>「私にとって、ネイマールはクリスティアーノ・ロナウドの正統な後継者だ。今後5年間で全盛を迎える彼のタレント性に賭けたいね」<br><br>ネイマールは現在26歳。パリSGを経由するとはいえ、キャリアの最盛期に元バルセロナのスターが宿敵に移籍するとなれば大きな物議を醸すことになるが、バルダーノ氏の発言は現実になるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

イカルディの将来のカギを握るのはネイマール!?

▽イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』は、インテルFWマウロ・イカルディの去就が意外なスターに影響されるとした。 ▽そのスターとは、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールだ。 ▽記事によると、インテルはイカルディの残留を願っている。妻で代理人のワンダ・ナラが反対の見解を述べることはあるとしても、拒否できないオファーがない限りは残留するとした。 ▽その否定できないオファーがあるとすれば、レアル・マドリーからである。チャンピオンズリーグ3連覇を達成したスペインの白い巨人は、以前からネイマールの獲得が噂されている。これが実現すれば、インテルのエースに手を出す可能性は消えるという考えだ。 ▽インテルの主将は、今後もイタリアでプレーするのか。今後の動向に注目だ。 2018.06.18 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、2部で大爆発のFWラウール・デ・トーマスと契約延長!「僕の人生以上のクラブ」

▽レアル・マドリーのスペイン人FWラウール・デ・トーマス(23)が、2023年まで契約を延長したことを発表した。ツイッターの自身公式アカウント(@RaulDeTomas9)上で発表した。 ▽8歳の頃にマドリーの下部組織に入団したデ・トーマスは、2013年9月にカスティージャに昇格して以来、コルドバやバシャドリードにレンタル移籍で加入。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラ2部に属するラージョでプレーして公式戦32試合24ゴール4アシストの結果を残し、1部昇格に導いていた。 ▽ツイッターを更新したデ・トーマスは、以下のように喜びを伝えている。 「僕らはみんな夢を持っている。幼い頃にこのクラブに最初に入団した時、8歳から始まった。これまでに経験した全てのステップが、達成したい夢に導いてくれていたんだと実感している。レアル・マドリーの選手になるためにね」 「僕の人生以上のクラブ、ありがとう。アラ・マドリー」 ▽スペイン『マルカ』によると、2018-19シーズンにトップチーム昇格を果たすことが濃厚なデ・トーマス。ワールドクラスの選手が揃う中で厳しいポジション争いを繰り広げることとなるが、数少ない下部組織出身の新星FWはインパクトを残すことができるのだろうか。 2018.06.18 00:20 Mon
twitterfacebook
thumb

脱税疑惑のC・ロナウド、24億円支払いで合意か

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の脱税疑惑問題に終着地点が見えてきた。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、C・ロナウド側とスペイン税務当局は、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第1節のスペイン代表戦数時間前に会談。両者は1640万ポンド(約24億1000万円)の支払いで合意した模様だ。また、2年間の懲役も受け入れたが、スペインの法律上、同年数以下の刑で収監されることはないという。 ▽C・ロナウドは、2011〜14年にかけて自身の肖像権収入を巡り、1225万ポンド(約18億4000万円)の申告隠ぺいが明るみに。有罪が認められれば収監の可能性も取り沙汰され、今後の行く末に注目が集まる中、本人は昨年7月に裁判所出頭時、無実を強調してきた。 2018.06.17 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーが“ネイマール2世”ロドリゴと契約合意! 争奪戦制す

▽レアル・マドリーは15日、サントスのブラジル人FWロドリゴ・ゴエス(17)と契約合意したことを発表した。実際の加入は同選手が18歳になる2019年1月ではなく、同年7月を予定していることも伝えられている。 ▽ブラジルの逸材として“ネイマール2世”と称されるロドリゴには、バルセロナやリバプールも注目していたとみられているが、今回マドリーが制して争奪戦が決着を迎えることとなった。 ▽スペイン『マルカ』が伝えるところでは、移籍金額は4500万ユーロ(約57億7000万円)と推測されている。この内の4000万ユーロ(約51億3000万円)がサントスに支払われ、残りの500万ユーロ(約6億4000万円)はロドリコ本人が受けるボーナスとなるようだ。 ▽左ウイングを主戦場とするロドリゴは、昨年11月にトップチームデビュー。2018シーズンは公式戦15試合6ゴール2アシストを記録しており、3月にはコパ・リベルタドーレスで史上最年少ゴールをマークしていた。 2018.06.15 22:30 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース