南野が2試合ぶりの先発も前半のみの出場、チームはリーグ戦4連勝の13試合負けなしで首位快走!!《オーストリアリーグ》2017.04.16 08:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザルツブルクは15日、オーストリアリーグ第29節でヴォルフスベルガーと対戦し、2-0で勝利した。FW南野拓実は2試合ぶりの先発出場を果たすも、前半のみの出場となっている。

▽2位のアルタッハに勝ち点12差をつけて首位を走るザルツブルクが、6位のヴォルフスベルガーとのアウェイゲームに臨んだ。試合は開始2分にザルツブルクがPKを獲得すると、このチャンスをベリシャが冷静に沈めて先制する。

▽その後は追加点が奪えないままハーフタイムを迎えると、南野はワンデルソンとの交代で前半のみの出場となった。チームは62分にライナーが追加点を奪取。そのまま逃げ切りに成功し、2-0で勝利した。

▽なお、同日に行われた一戦で2位のアルタッハはラピド・ウィーンに0-3で敗れて3位に後退。3位だった シュトゥルム・グラーツはリートに1-0で勝利して2位に浮上するも、ザルツブルクはシュトゥルム・グラーツに勝ち点14差としている。

コメント

関連ニュース

thumb

ザルツブルク南野拓実がアシスト! しかし、40分に負傷交代《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽MF南野拓実が所属するザルツブルクは20日、オーストリア・ブンデスリーガ第5節のザンクト・ペルテン戦に臨み、5-1と快勝した。南野は2試合連続で先発。アシストを記録したものの、40分に負傷交代を余儀なくされている。 ▽試合は31分、南野のスルーパスからFWモアネス・ダブールのゴールで先制すると、47分、53分、59分に追加点。72分に1点を返されたものの、試合終了間際にFWファン・ヒチャンのゴールでトドメを刺し、リーグ3連勝を飾った。 ▽ザルツブルクは、第5節終了時点で4勝1分け無敗で2位に位置。26日に行われる次節、シュトゥルム・グラーツと対戦する。 2017.08.21 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

フローニンヘン堂安律、2戦目のアヤックス戦は出番なし《エールディビジ》

▽MF堂安律が所属するフローニンヘンは20日、エールディビジ第2節のアヤックス戦に臨み、1-3で敗れた。ヘーレンフェーンとの開幕戦に先発した堂安はベンチスタート。出番は最後まで訪れなかった。 ▽強敵アヤックスから今シーズン初白星を狙ったフローニンヘンだったが、38分にFWクラース=ヤン・フンテラールの一発を被弾。後半立ち上がりにもMFハキム・ジイェフにゴールを許して、アヤックスに突き放された。 ▽フローニンヘンは73分にFWウサマ・イドリッシのゴールで一点を返したものの、MFラッセ・シェーネの一発でアヤックスに3点目を奪われて力負け。開幕2試合で1分け1敗のフローニンヘンは27日開催の次節、ユトレヒト戦に臨む。 2017.08.21 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也、3戦連続先発も未だゴールなし《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは20日、ジュピラー・プロ・リーグ第4節でムスクロンと対戦し、2-3で敗れた。久保は3試合連続先発。前半のみのプレーでピッチを後にしている。 ▽久保をトップ下に起用したヘントは25分、MFブレヒト・デヤーゲレのゴールで先制。続く30分には、FWママドゥ・シラが左足シュートを決め、ムスクロンを突き放した。だが、42分にDFサミュエル・ジゴが一発退場。数的不利に陥ったヘントは何とか前半を無失点で切り抜けたものの、後半に3失点を喫して逆転負けした。 ▽これにより、ヘントは開幕4試合で1分け3敗。久保も未だノーゴールとなっている。7日に行われる次節は、アンデルレヒトと対戦する。 2017.08.21 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

イカルディのドッピエッタなどで新生インテルが快勝スタート!《セリエA》

▽20日にセリエA開幕節のインテルvsフィオレンティーナがジュゼッペ・メアッツァで行われ、3-0でインテルが勝利した。インテルの日本代表DF長友佑都はフル出場を果たした。 ▽前ローマ指揮官のルチアーノ・スパレッティ氏を新指揮官に迎えた昨季7位のインテルは、イカルディを最前線に配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からカンドレーバ、ブロゾビッチ、ペリシッチを起用。胃腸炎で12日のプレシーズンマッチを欠場した長友は左サイドバックで先発に名を連ねた。 ▽一方、新指揮官に昨季途中にインテルを率いたステファノ・ピオリ監督を迎えたフィオレンティーナは、新シーズンを前に昨季の主力が大幅に流出。過渡期を迎えたチームは、ジョバンニ・シメオネやジル・ディアスなど、若手選手をスタメンに起用。インテルとの今季開幕節に臨んだ。 ▽試合は開始早々に動く。5分、長友のロングフィードを最前線で受けたイカルディがボックス内でアストーリに倒され、PK獲得。このPKをイカルディがゴール右隅に決め、インテルが先制した。 ▽先制点で勢いづくインテルは9分、カンドレーバのスルーパスでボックス左に抜け出した長友がマイナスの折り返しを供給。走り込んだヴェシーノがダイレクトで合わせたが、シュートは枠の右に外れた。 ▽主導権を握ったインテルは、15分に追加点を奪う。右サイドを持ち上がったカンドレーバがボックス付近でペリシッチに預けると、ペリシッチのクロスをゴール前に走り込んだイカルディがヘディングで叩き込んだ。 ▽なかなか攻勢に出ることができなかったフィオレンティーナだが、27分に最初の決定機。左サイドからカットインしたエイセリックのクロスをゴール前に抜け出したシメオネがヘディングシュート。しかし、これはGKハンダノビッチの好守に阻まれた。 ▽迎えた後半、2点を追うフィオレンティーナは55分にベナッシを下げてクリストーフォロ、60分にシメオネを下げてババカルをピッチに送り出す。対するインテルは、63分に古巣対戦となったボルハ・バレロに代えてジョアン・マリオを投入した。 ▽すると64分、インテルは長友にチャンスが訪れる。ボックス左から仕掛けたペリシッチのパスでボックス左深くまで侵攻した長友が折り返しを狙うも、これは飛び出したGKスポルティエッロがキャッチ。 ▽その後、フィオレンティーナに攻め込まれる時間帯が続いたインテルだが79分、ボックス右付近でボールを受けたジョアン・マリオのクロスを、ファーサイドでフリーのペリシッチがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。イカルディのドッピエッタなどで快勝のインテルが、ホーム開幕戦を快勝で飾った。 2017.08.21 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎がプリメーラデビュー!ヘタフェ1人退場も粘りを見せスコアレスドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第1節のビルバオvsヘタフェが20日に行われ、0-0に終わった。ヘタフェのMF柴崎岳は78分までプレーした。 ▽昨季を7位で終えてヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したビルバオと、昇格組であるヘタフェが相まみえた。今夏の移籍市場でヘタフェに加入し、背番号10番を着用している柴崎は[4-2-3-1]のトップ下で先発出場し、リーガ1部でのデビューを飾った。 ▽試合は立ち上がりからビルバオがペースを握った。開始早々の2分、ジェネのパスミスを拾ったムニアインが、トップスピードに乗りボックス左に侵攻。DFの人数が揃っていない場面でのミスだったが、ジェネ自ら身体を寄せて事なきを得た。 ▽8分、今度はヘタフェがチャンスを作り出した。敵陣浅い位置で得たFKから、マルケルが力強いヘディングシュートを放つ。ボールはゴールラインを割ったかに思われたが、際どい位置でGKがかき出し、ノーゴールとの判定。ヘタフェの選手陣が抗議したが、判定が覆ることはなかった。 ▽ヘタフェが決定的な場面を逃すと、ビルバオはベニャトを中心にボールの支配を高めた。24分には、カウンターからイニャキ・ウィリアムズがGKとの一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール左に逸れた。 ▽その後もビルバオがチャンスを作り続けたが、ギリギリで耐えるヘタフェの牙城を完全に崩すには至らず。33分にはボックス手前中央でボールを持ったムニアインが鋭いミドルシュートを放ったが、GKに阻まれた。 ▽反撃に出たいヘタフェは、柴崎が前線でボールを収めつつミスのないプレーを披露したものの、決定機が訪れないまま試合を折り返した。後半に入ると、中盤でのプレスを強めたヘタフェがやや盛り返していく。 ▽60分、中盤左でボールを持った柴崎が大きくサイドチェンジ。右サイドを駆け上がったアルバロがフリーでクロスを上げると、DFのブロックに遭いボールがラインを割る。直後のCKでは、ボックス内フリーとなっていたカラが右足で合わせベティスのゴールマウスを強襲したが、GKのファインセーブに阻まれた。 ▽得点の気配が漂い始めたヘタフェだったが、66分にムニアインに対してチャージを行ったアルバロが2枚目のイエローを提示され、退場に。残りの時間を10人で戦うことを強いられた。 ▽押し込まれ始めたヘタフェは、73分に柴崎を下げてモラを投入。トップ下をなくした[4-4-1]の布陣に変更し、守備のバランスを整えた。1人少ない相手に猛攻を仕掛けたビルバオだったが、ネットを揺らすことはできず。 ▽結局、ビルバオの攻撃は最後まで実らず、試合はスコアレスドローに終わった。ヘタフェは終始主導権を握られたものの、粘り強い守備を見せて敵地サン・マメス・バリアから貴重な勝ち点1を持ち帰ることとなった。 2017.08.21 03:15 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース