シティ、主将DFコンパニの今季初弾などで吉田フル出場のセインツに完勝《プレミアリーグ》2017.04.16 03:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第33節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが15日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽2連勝中の9位サウサンプトン(勝ち点40)と、前節5試合ぶりの勝利を掴んだ4位シティ(勝ち点61)が激突した一戦。ホームのサウサンプトンは、吉田やバートランド、ワード=プラウズら主力に加え、負傷明けのガッビアディーニが先発に復帰した。

▽一方のシティは、ハル・シティ戦から先発4人を変更。キャプテンのコンパニとオタメンディがセンターバックでコンビを組み、中盤はスターリングとデルフに代わってデ・ブライネ、フェルナンジーニョが先発に復帰した。

▽試合は開始直後にアグエロが続けてフィニッシュに絡むなど、アウェイチームが押し気味の入りを見せるが、吉田を中心にソリッドな守りを見せるホームチームが決定機を許さない。

▽時間の経過と共にカウンターからチャンスを窺うサウサンプトンは15分、完璧に左サイドを崩してガッビアディーニから中央のタディッチに丁寧な折り返しが入るが、これを枠に飛ばせない。さらに30分過ぎには波状攻撃からデイビスにシュートチャンスも、これも枠に飛ばせない。

▽攻めあぐねる場面が続くシティだったが、36分に久々の決定機。左サイドを突破したアグエロの浮き球クロスをファーに走り込んだシルバがダイレクトボレーも、枠の右に外してしまう。この直後にはヤヤ・トゥーレのスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが、ボックス内でGKフォースターと交錯するが、ここはフォースターが先にボールを触ったとしてPKは与えられず。

▽ゴールレスで迎えた後半も拮抗した展開が続くが、帰ってきたシティのキャプテンが仕事を果たす。55分、左CKの場面でシルバのアウトスウィングのクロスをゴール前でDF吉田に競り勝ったコンパニがダイビングヘッドで流し込み、今季初ゴールで均衡を破った。

▽このゴールで勢いづくシティは、前がかりなホームチームに対して、デ・ブライネを起点としたカウンターで追加点に迫る。一方、流れを変えたいサウサンプトンは60分、ガッビアディーニとワード=プラウズを下げてブファルとロングを同時投入した。73分にはセットプレーからゴール前の吉田に決定機も、ヘディングシュートはGK正面を突いた。

▽追加点を奪って試合を決めたいシティは、77分に2点目を奪う。自陣からのロングカウンターで右サイドを独走したデ・ブライネがDFとGKを引き付けて、左を並走するザネにプレゼントパス。これをザネが冷静に流し込んだ。さらに80分には再び右サイドを破ったデ・ブライネの浮き球のクロスをファーサイドのアグエロが頭で流し込み、試合を決める3点目を奪った。

▽その後、ホームチームの反撃を危なげなく凌いだシティが、リーグ2連勝でトップ4フィニッシュに向けて貴重な勝ち点3を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

FAカップ決勝進出を逃したグアルディオラ、守備的な戦術を選択したアーセナルに不満

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、FWオリヴィエ・ジルーをめがけてロングボールを蹴り込むアーセナルの戦術に苦しめられたと、FAカップ準決勝後の会見で語っている。<br><br>23日に行われたFAカップのアーセナル戦で、62分にFWセルヒオ・アグエロのゴールで先制点を奪ったマンチェスター・Cだったが、DFナチョ・モンレアルとFWアレクシス・サンチェスにゴールを許し、延長戦の末、決勝進出を逃している。グアルディオラ監督はチームのパフォーマンスを称賛するも、アーセン・ヴェンゲル監督が採用した戦術に不満を持っているようだ。<br><br>「彼らはジルーへのロングボールとカウンター、セットプレーから少しだがチャンスを作り出した。これらは彼らが勝利した理由だ。それに8人から10人の選手が自陣にいたら崩すのは簡単ではない。選手は素晴らしいパフォーマンスを見せ、決勝戦のような戦いをしていた。アーセナルよりもチャンスを作り出し、ほとんどの時間で試合を支配した。我々は思い通りに試合を進めていた。しかし結果は違うものになってしまった」<br><br>「カップ戦ではプレミアリーグ勢との試合はすべてアウェイだったが、良いプレーができて満足している。ここに到着して、試合を戦い、相手よりもたくさんのチャンスを作り、ポストも叩いた。これはリーグ戦の状況と少しばかり似ている。得点を奪うことにいくつかの問題があるが、それ以外は良いプレーができている」<br><br>また、27日にマンチェスター・ユナイテッドとのダービーを控えるスペイン人指揮官は「次の試合に向け準備しなければならない。試合までに3日、4日あり、できる限り早く悲しみから立ち直りたい」と話した。<br><br>提供:goal.com 2017.04.24 08:20 Mon
twitterfacebook
thumb

劣勢のアーセナルがシティを延長戦の末に下してチェルシーの待つ決勝へ進出《FAカップ》

▽FAカップ準決勝アーセナルvsマンチェスター・シティが23日にウェンブリーで行われ、延長戦の末に2-1で勝利したアーセナルが決勝へ進出している。 ▽準々決勝でリンカーンに5-0と大勝したアーセナルと、ミドルズブラに2-0と勝利したシティによるファイナル進出を懸けた準決勝。 ▽アーセナルは直近のミドルズブラ戦と同様のスタメンを送り出し、3バックを継続した。対するシティも直近のサウサンプトン戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽シティがポゼッションして押し込む立ち上がりとなる中、15分にアグエロの右クロスにシルバがヘディングで合わせた決定的なシュートが枠を捉えたが、GKチェフのセーブに阻まれる。 ▽押し込まれる展開となったアーセナルは22分、FKの流れからコシエルニーがボレーシュートでゴールに流し込むも、オフサイドに阻まれた。 ▽その後、24分に相手との接触で右足を負傷したシルバに代えてスターリングを投入したシティは、26分にFKの流れからスターリングがボレーシュートでゴールに迫る。 ▽その後も引き続きシティが押し込む展開とすると、40分にスターリングがゴールネットを揺らすも、その前にザネの上げたクロスボールがゴールラインを割っていたと判定され、ノーゴールとなった。 ▽迎えた後半もシティが押し込む展開が続くと、62分に試合を動かした。アーセナルのCKを跳ね返したロングカウンターの流れからヤヤ・トゥーレのフィードを受けたアグエロがディフェンスライン裏へ独走。GKチェフとの一対一を確実に沈めた。 ▽それでも72分、アーセナルはチェンバレンの右サイドからのアーリークロスをファーサイドのモンレアルが右足ボレーで蹴り込み、ワンチャンスを生かして試合を振り出しに戻した。 ▽同点後もシティが押し込む流れが続くと、79分にヤヤ・トゥーレのゴール正面から放ったボレーシュートが左ポストを直撃。続く82分にはフェルナンジーニョのヘディングシュートがバーを直撃し、シティが勝ち越しゴールに迫る。 ▽一方、劣勢のアーセナルは86分に途中出場のウェルベックがオタメンディをかわしてボックス右へ進入。枠の左上を狙ったシュートはわずかに枠を外れ、1-1のまま延長戦へ突入した。 ▽迎えた延長前半7分、右CKからホールディングの放ったヘディングシュートはわずかに枠の上に外れたアーセナルだったが、同11分に逆転する。FKの流れからルーズボールをボックス内のサンチェスが蹴り込んだ。 ▽同追加タイムにはウェルベックが決定的なヘディングシュートを放つも決めきれなかったアーセナルは、迎えた延長後半6分にピンチ。ショートカウンターを受け、デルフに決定的なシュートを浴びせられるも、ベジェリンがブロックして枠を外れた。そのまま逃げ切ったアーセナルがチェルシーの待つ決勝へ進出している。 2017.04.24 01:36 Mon
twitterfacebook
thumb

UEFAがシティに4000万ユーロを払い戻し…FFP違反の改善要件を満たしたため

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は、2014年にファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に違反していたマンチェスター・シティに対し、4000万ユーロ(約46億8000万円)を払い戻す事になるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは、2014年にFFP違反を犯したとして有罪判決。6000万ユーロ(当時のレートで約83億4000万円)の罰金と移籍での制限を受け、チャンピオンズリーグの登録メンバーも削減されていた。 ▽しかし、シティはこの2年間の利益計上により、UEFAが設定した運用上、財務上の改善を満たしたとのこと。これが正式に確認されれば、罰金の3分の2にあたる4000万ユーロが払い戻されることになっていた。 ▽なお、同年にFFP違反を犯したパリ・サンジェルマンも要件を満たしているとのこと。UEFAは「シティとPSGは協定の全ての要件と目標を完全に遵守している」と声明を発表し、同様に払い戻しがされることになるようだ。 2017.04.22 14:51 Sat
twitterfacebook
thumb

今季中の復帰が危ぶまれたG・ジェズスがアーセナル戦で復帰の可能性

▽アーセナルとのFAカップ準決勝を控えるマンチェスター・シティに朗報が舞い込んだ。2月から負傷離脱していたブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰する可能性があるようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽G・ジェズスは、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦で右足中足骨を骨折。その後、医師から2~3カ月の離脱と診断されていたため、今季中の復帰が絶望的とみられていたものの、今月3日にトレーにグに復帰。5月上旬に戦列復帰すると見られていた。 ▽試合を前にジョゼップ・グアルディオラ監督がG・ジェズスの状態についてコメント。復帰の可能性を示唆した。 「はるかに良くなっている。今日は我々と一緒に、一部トレーニングに参加した。戻ってきたことは、彼にとっても幸せだろう。我々も幸せだ。我々は全員でウェンブリーへの度に出る。彼はチームの一部だし、どうなるか見てみよう」 「ガブリエウのインパクトは、なぜプレミアリーグで戦うのかが難しいかを見せることとなった。彼も感じただろう」 ▽G・ジェズスが復帰に近づく一方で、イングランド代表DFジョン・ストーンズは筋肉を痛めアーセナル戦を欠場することになる。 2017.04.21 22:41 Fri
twitterfacebook
thumb

クーマン監督、ルカク残留へ「全てのことをする」

▽エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、ベルギー代表FWロメル・ルカク(23)を残留させるために、尽力することを主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今シーズン、プレミアリーグで24得点を挙げ、現在得点ランクトップに立っているルカク。クラブとの現行契約が2019年までとなっている同選手には、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといった多くのビッグクラブが獲得に関心を持っており、今夏でのエバートン退団が噂されている。また、ルカクがチャンピオンズリーグに出場したいという想いから同クラブからの契約延長の打診を拒否したことを、クーマン監督が認めたとイギリスの複数メディアが伝えており、その去就に注目が集まっている。 ▽そんな中、エバートンは最近になって、ルカクの移籍金を1億ポンド(約139億9000万円)に設定したり、クーマン監督が契約延長を拒否したルカクに現行契約を尊重しなくてはいけないと主張したりするなど、同選手の放出を拒む動向がイギリス『リバプール・エコー』によって伝えられた。 ▽残留を望むクーマン監督は「全てのことをする」と、ルカク残留のために尽力することを主張している。 「ルカクは24ゴールを挙げている。そして、残りの5試合でより多くのゴール数を記録することができるだろう」 「どんな選手にも高いレベルでプレーすることを望んでいる。ゴールはチームへの証明にもなるので、どのチームも得点を挙げる選手を好むんだ」 「しかし、彼は、フットボールにおいて他の部分でも成長している。プレスやランにも目を向けてうまくプレーしているんだ。私は彼に対して、ストライカーとしてどれだけハードワークし、成長する必要があるかを話した」 「どこかのチームが獲得へ興味を持っているのであれば、彼らは強化担当を呼び、我々はそのことについて話し合うだろう。しかし、我々は来シーズンにも彼が残るよう全てのことをするつもりだ」 2017.04.21 16:20 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース