シティ、主将DFコンパニの今季初弾などで吉田フル出場のセインツに完勝《プレミアリーグ》2017.04.16 03:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第33節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが15日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽2連勝中の9位サウサンプトン(勝ち点40)と、前節5試合ぶりの勝利を掴んだ4位シティ(勝ち点61)が激突した一戦。ホームのサウサンプトンは、吉田やバートランド、ワード=プラウズら主力に加え、負傷明けのガッビアディーニが先発に復帰した。

▽一方のシティは、ハル・シティ戦から先発4人を変更。キャプテンのコンパニとオタメンディがセンターバックでコンビを組み、中盤はスターリングとデルフに代わってデ・ブライネ、フェルナンジーニョが先発に復帰した。

▽試合は開始直後にアグエロが続けてフィニッシュに絡むなど、アウェイチームが押し気味の入りを見せるが、吉田を中心にソリッドな守りを見せるホームチームが決定機を許さない。

▽時間の経過と共にカウンターからチャンスを窺うサウサンプトンは15分、完璧に左サイドを崩してガッビアディーニから中央のタディッチに丁寧な折り返しが入るが、これを枠に飛ばせない。さらに30分過ぎには波状攻撃からデイビスにシュートチャンスも、これも枠に飛ばせない。

▽攻めあぐねる場面が続くシティだったが、36分に久々の決定機。左サイドを突破したアグエロの浮き球クロスをファーに走り込んだシルバがダイレクトボレーも、枠の右に外してしまう。この直後にはヤヤ・トゥーレのスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが、ボックス内でGKフォースターと交錯するが、ここはフォースターが先にボールを触ったとしてPKは与えられず。

▽ゴールレスで迎えた後半も拮抗した展開が続くが、帰ってきたシティのキャプテンが仕事を果たす。55分、左CKの場面でシルバのアウトスウィングのクロスをゴール前でDF吉田に競り勝ったコンパニがダイビングヘッドで流し込み、今季初ゴールで均衡を破った。

▽このゴールで勢いづくシティは、前がかりなホームチームに対して、デ・ブライネを起点としたカウンターで追加点に迫る。一方、流れを変えたいサウサンプトンは60分、ガッビアディーニとワード=プラウズを下げてブファルとロングを同時投入した。73分にはセットプレーからゴール前の吉田に決定機も、ヘディングシュートはGK正面を突いた。

▽追加点を奪って試合を決めたいシティは、77分に2点目を奪う。自陣からのロングカウンターで右サイドを独走したデ・ブライネがDFとGKを引き付けて、左を並走するザネにプレゼントパス。これをザネが冷静に流し込んだ。さらに80分には再び右サイドを破ったデ・ブライネの浮き球のクロスをファーサイドのアグエロが頭で流し込み、試合を決める3点目を奪った。

▽その後、ホームチームの反撃を危なげなく凌いだシティが、リーグ2連勝でトップ4フィニッシュに向けて貴重な勝ち点3を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

シティ、弱冠17歳・ブラジル期待の大型CB獲得に興味? アトレティコ&ローマと争奪戦の可能性

▽マンチェスター・シティが、17歳のブラジル人DFに注目しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽GKエデルソン(24)やFWガブリエウ・ジェズス(21)といった若いブラジル人選手を所有するシティが、次なるブラジルの新星の獲得を狙っている。それはアトレチコ・パラナエンセU-19でプレーするU-20ブラジル代表DFルーカス・ハウター(17)だ。 ▽すでにアトレティコ・マドリーやローマも関心を寄せているルーカス・ハウターだが、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得に興味を示しているとのこと。 ▽伝えられるところによると、来月18歳になるルーカス・ハウターは身長187cmの大型センターバック。その身体能力の高さを生かした空中戦、落ち着いたプレーとボール奪取力に長けており、すでにブラジルで最も優れた若手ディフェンダーの一人と称賛されているようだ。 ▽アトレチコ・パラナエンセU-19ではキャプテンを務めており、すでにトップチームの練習に参加していることが伝えられているが、ブラジル期待の若手DFを巡って争奪戦になる可能性がありそうだ。 2018.04.25 15:28 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタにシティ移籍の可能性? ペップが接近か

▽マンチェスター・シティが、バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの獲得を望んでいるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽今シーズン限りでのバルセロナ退団が濃厚となっているイニエスタは現在、中国移籍が噂されており、重慶当代力帆と天津権健が移籍先として浮上。イニエスタ自身は21日に行われたセビージャとのコパ・デル・レイ決勝後、「去就については、今週発表する」と明かしており、その動向に注目が集まっている。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、ここに来てシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が接近しているとのこと。セビージャ戦でハイパフォーマンスを披露した同選手がトップレベルでまだプレーできると判断しており、再タッグを望んでいるようだ。 ▽また、同メディアはパリ・サンジェルマン(PSG)も獲得へ動いているチームの一つと報道。さらに最近退任を発表したアーセン・ヴェンゲル監督の後任として浮上しているルイス・エンリケ氏が、アーセナルに就任した場合、同クラブも獲得に乗り出す可能性があると見解を示している。 2018.04.25 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、ジョルジーニョに75億円オファーか…話し合いも進行中

▽ナポリに所属するイタリア代表MFジョルジーニョ(26)の獲得に向け、マンチェスター・シティが動きを活性化させているようだ。 ▽イギリス『デイリー・メール』によれば、シティはブラジル代表MFフェルナンジーニョの後継として、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、アーセナルといったプレミアリーグのライバル勢も関心を寄せているジョルジーニョに興味を示しているという。 ▽そのシティは移籍金として、ナポリに5000万ポンド(約75億7000万円)のオファーを提示。さらに、ジョルジーニョの代理人を務めるジョアン・サントス氏と2度にわたる会談を行い、その席で具体的な話し合いが進められている模様だ。 ▽ナポリの司令塔として高い評価を受けるジョルジーニョは、今シーズンも主力としてプレー。ここまで公式戦35試合に出場して4ゴール4アシストをマークしている。 2018.04.24 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

シティがストーンズを売却か? CBの序列で4番手に…

▽マンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(23)は、今夏シティを退団するかもしれない。イギリス『サン』が報じた。 ▽ストーンズは、2016年8月に移籍金総額5000万ポンド(当時のレートで約66億3900万円)でエバートンから加入した逸材。シティでの1年目はプレミアリーグで27試合に出場していたが、今シーズンはシーズン序盤こそポジションを掴むも、負傷離脱もあり出場機会が減少していた。 ▽さらに、1月にアスレティック・ビルバオから加入したフランス代表DFアイメリク・ラポルテとのポジション争いに敗れ、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディに続くセンターバックとして4番手に序列が下がっていた。 ▽ストーンズとシティの契約は2020年6月まであり、週給は10万ポンド(約1520万円)となるため、獲得できるクラブは限られているだろう。 ▽アーセナルはアーセン・ヴェンゲル監督がストーンズに興味を示していたが、今シーズン限りで退任が決定。後任監督次第ではあるが、センターバックは補強ポイントでもあるため、獲得に乗り出す可能性はあるとされている。 ▽また、リバプールも今冬にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョをバルセロナに売却した資金があるため、ストーンズを狙うかもしれない。しかし、エバートン出身と考えると、難しいと見られている。 ▽イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督はストーンズを評価しており、ロシア・ワールドカップの出場は問題無いと見られている。しかし、年齢を考えれば出場機会が重要であり、新シーズンは新天地に活躍の場を求める可能性は多いようだ。 2018.04.24 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ守護神エデルソン、願望を明かす…「ゴールを決めたい」

▽マンチェスター・シティに所属するブラジル代表GKエデルソンが今シーズンの秘めたる目標を明かした。 ▽エデルソンは、昨夏にベンフィカから加入。フィールドプレーヤー顔負けのビルドアップ能力は、昨シーズンから続いたジョゼップ・グアルディオラ監督のGKに対する悩みを解消させると共にポゼッションスタイルの一翼を担い、プレミアリーグ制覇にも大きく貢献した。 ▽そんなエデルソンに対しては、22日に行われたプレミアリーグ第35節のスウォンジー戦でチームがPKのチャンスを得ると、一部サポーターからキッカーに推す声が飛ぶひと幕も。エデルソン自身も今シーズン中にゴールを決めたい願望があるようだ。 「ペップが僕にPKを蹴りたいか尋ねてきたら、僕はやると答えるよ。ゴールを決めたいんだ」 ▽なお、イギリス『BBC』によれば、プレミアリーグ史において得点をマークしたGKは、GKピーター・シュマイケル、GKブラッド・フリーデル、GKポール・ロビンソン、GKティム・ハワード、GKアスミル・ベゴビッチの5名のみだという。 2018.04.24 10:50 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース