武藤フル出場マインツが原口先発ヘルタに辛勝で7試合ぶり白星《ブンデスリーガ》2017.04.16 03:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第29節マインツvsヘルタ・ベルリンが15日に行われ、1-0でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場し、ヘルタのMF原口元気は60分までプレーしている。

▽武藤が[4-4-2]の2トップの一角で、原口が[4-2-3-1]の右MFで先発となった一戦。マインツが押し込む流れで試合が進むと、26分にラツァのミドルシュートでGKを強襲。続く30分には左CKからベルの放ったヘディングシュートがバーの上を越えていった。

▽それでも追加タイム1分、ラツァのミドルシュートがブルックスの頭に当たってコースが変わり、マインツが先制した。

▽後半もマインツペースで試合が進む中、ヘルタは60分に見せ場を作れていなかった原口をベンチに下げる。すると62分、マインツは武藤が仕掛けてルーズとなったボールに反応したボックス右のハイロが際どいシュートを浴びせた。

▽結局、ヘルタは75分のエスヴァインのミドルシュート以外にチャンスを作れずに0-1のまま敗戦。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ドルトムントとは10ポイント差を付けられてしまった。

▽一方、勝利したマインツは7試合ぶりの白星を飾り、残留圏内ぎりぎりの15位をキープしている。

コメント

関連ニュース

thumb

今冬に加入の元オランダ代表MFデ・ヨングが今季限りでマインツを退団

▽マインツは24日、元オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨング(33)が今季限りで退団することをクラブの公式ツイッターで発表した。 ▽アヤックスの下部組織出身であるデ・ヨングは、ハンブルガーSV、マンチェスター・シティ、ミランなどでプレー後、ロサンゼルス・ギャラクシーを経て、2016年夏にガラタサライへ移籍。 ▽2年契約で加入したガラタサライでは、加入初年度こそリーグ戦18試合に出場したが、今季は出場機会に恵まれず。今年1月初めに双方合意の下で契約を解除すると、同月7日にマインツへ移籍。 ▽今季限りの契約で加入したマインツでは、公式戦12試合に出場し、チームの1部残留に貢献した。 2018.06.25 00:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、パパスタソプーロスの後釜にマインツDFディアロを獲得か

▽ドルトムントがマインツのU-21フランス代表DFアブドゥ・ディアロ(22)の獲得に手待っているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ▽ドルトムントでは、守備の要を長年務めてきたギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスが今夏にアーセナルへ移籍。その穴埋めとして、マインツで今季リーグ戦27試合に出場したディアロをリストアップ。 ▽ディアロには、ドルトムント以外にもリヨンが獲得に動いていたが、今回の『レキップ』の報道によれば、ディアロはすでに両チームの監督と会談を行い、ドルトムントへの移籍を選択したようだ。 ▽また同紙によれば、ディアロの移籍金は3000万ユーロ(約38億5000万円)ほどとなり、ドルトムントは5年契約を準備しているという。 ▽モナコの下部組織出身のディアロは、2014年12月に行われたリーグ・アン第18節のマルセイユ戦でトップチームデビュー。2015-16シーズンはベルギーのズルテ・ワレヘムへレンタルで加入。翌シーズンはモナコに復帰したが、出場機会に恵まれず、2017年の夏にマインツへ移籍した。 ▽マインツでは、開幕からレギュラーに定着するとブンデスリーガ27試合に出場2ゴール2アシストをマーク。DFBポカールでも3試合に出場していた。 2018.06.24 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀にドイツ国内から関心…ヴォルフスブルクが攻撃陣の刷新に白羽の矢

マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀に、ブンデスリーガ内移籍の可能性が浮上しているようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。<br><br>2015年夏にFC東京からマインツに渡った武藤だが、今シーズン終盤に今夏の退団を示唆し、憧れのプレミアリーグに向かう可能性が報じられてきた。だが25歳のアタッカーにはドイツの他クラブも熱視線を送っているようだ。<br><br>『キッカー』によれば、興味を抱いているのは以前ハノーファーやケルンで強化を担当していたヨルク・シュマットケSD(スポーツディレクター)を招へいしたヴォルフスブルクとのこと。ここ数シーズン、残留争いに巻き込まれているクラブだが、攻撃陣の刷新を図り、武藤の獲得を狙っているという。<br><br>一方で、マインツとは2019年までの契約を残す武藤だが、クラブ側はロシア・ワールドカップでの活躍することで、より高額の移籍金を見込めるイングランド行きに期待。ヴォルフスブルクへの移籍は、プレミアリーグ挑戦が実現しなかった場合のみの選択肢となるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.11 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「武藤嘉紀はW杯でインパクトを残せる選手」マインツSD、高額でのプレミア行きに期待

マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は今夏、高額でプレミアリーグクラブに渡るかもしれない。クラブの強化を務めるロウヴェン・シュレーダーSD(スポーツディレクター)は、同選手に対するイングランドからの関心やその理由について話している。<br><br>2015年夏にFC東京から移籍金280万ユーロ(約3億6000万円)でマインツ入りした武藤は、ドイツでの3シーズンで公式戦72試合23ゴールを記録。だが、2019年までの契約を残すアタッカーはシーズン終盤に今夏の退団を示唆し、憧れのプレミアリーグに向かう可能性が報じられ続けている。<br><br>各国のタレントを獲得し、その数年後により高額で&ldquo;転売&rdquo;するビジネスモデルを展開することで知られるマインツだが、シュレーダーSDは以前、武藤についても「良いオファーがあったら、話し合うつもり」とオファー次第で手放す考えをうかがわせていた。<br><br>そして、実際に武藤のプレミアリーグ行きの可能性が高いようだ。同SDはドイツ誌『キッカー』で、「ヨシはプレミアリーグから強い興味を持たれている。理由の1つは、イングランド行きを希望していることを公言しているからだろう」とのコメントを残し、武藤が同リーグで注目を集めている理由を説明した。<br><br>同SDは「打診はあるが、オファーはまだ届いていない」とも認める一方で、高額での取引の実現を楽観視している模様。ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、このように語っている。<br><br>「基本、W杯により市場価値が高められることが考えられる。ヨシはW杯といった舞台でインパクトを残せるプレーヤーだ。良いW杯を過ごせば価格が爆発的に跳ね上がる可能性だってある。我々にとって大事なのは、ヨシがロシアで自分の実力を示すことだ」<br><br>今夏からイングランドでの移籍市場は欧州他国リーグ3週間前の8月9日に終了する。それまでに武藤の新天地は決まっているのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.07 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀らに対して打診はあったが…マインツSD「まだどことも交渉に入っていない」

今夏のマインツ退団を示唆した日本代表FW武藤嘉紀に打診が届いていることを、ロゥヴェン・シュレーダーSD(スポーツ・ディレクター)が明かしている。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。<br><br>プレミアリーグ行きを希望しているとされる武藤だが、以前からニューカッスルからの興味が伝えられている。所属クラブのシュレーダーSDも「良いオファーがあったら、話し合うつもり」と条件次第で同アタッカーを手放す意向をうかがわせていた。<br><br>しかし、武藤と同様、元U-21フランス代表DFアブドゥ・ディアロやコートジボワール代表MFジャン=フィリップ・グバミンが今夏に移籍する可能性が報じられるマインツだが、同SDは「3人に対する打診はあった」と語りつつ、「だが、どことも交渉に入っておらず、交渉の前提となる移籍金についても話していない」と認めた。<br><br>『ビルト』によれば、ディアロにはボルシア・ドルトムントからの興味が盛んに報じられるのに対し、武藤やグバミンへの関心はさほど具体的ではないとのこと。今夏の移籍市場で、新シーズンに向けた強化とクラブ施設への投資金として3000万ユーロの収入を目指すマインツだが、これまで放出を否定していたディアロの売却を容認することも考えに入れるという。<br><br>一方、同紙では「マインツは特にワールドカップに参加するムトウに関しては、今後数週間に良いオファーが届く希望を持てるだろう」との見解も述べられている。マインツと2019年までの契約を残す武藤だが、ロシアでのパフォーマンス次第で他クラブが動き出すかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.05 17:52 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース