武藤フル出場マインツが原口先発ヘルタに辛勝で7試合ぶり白星《ブンデスリーガ》2017.04.16 03:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第29節マインツvsヘルタ・ベルリンが15日に行われ、1-0でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場し、ヘルタのMF原口元気は60分までプレーしている。

▽武藤が[4-4-2]の2トップの一角で、原口が[4-2-3-1]の右MFで先発となった一戦。マインツが押し込む流れで試合が進むと、26分にラツァのミドルシュートでGKを強襲。続く30分には左CKからベルの放ったヘディングシュートがバーの上を越えていった。

▽それでも追加タイム1分、ラツァのミドルシュートがブルックスの頭に当たってコースが変わり、マインツが先制した。

▽後半もマインツペースで試合が進む中、ヘルタは60分に見せ場を作れていなかった原口をベンチに下げる。すると62分、マインツは武藤が仕掛けてルーズとなったボールに反応したボックス右のハイロが際どいシュートを浴びせた。

▽結局、ヘルタは75分のエスヴァインのミドルシュート以外にチャンスを作れずに0-1のまま敗戦。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ドルトムントとは10ポイント差を付けられてしまった。

▽一方、勝利したマインツは7試合ぶりの白星を飾り、残留圏内ぎりぎりの15位をキープしている。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤嘉紀は“マインツの軸”の一人…開幕戦でのスタメン入りは決定的か

ブンデスリーガの開幕に向けて、マインツを率いるサンドロ・シュワルツ監督は日本代表FW武藤嘉紀の先発起用を決定したようだ。ドイツ紙『ビルト』で同選手は&ldquo;マインツの軸&rdquo;を形成する主力選手5人のうちの一人として紹介されている。<br><br>マインツは12日に行われたDFBポカール1回戦、リューネブルクとのアウェーマッチを3-1で勝利。この新シーズンの初公式戦で武藤は2ゴールを決め、さらにPKも獲得し、大きな存在感を発揮した。<br><br>だが武藤やその他数選手はこの試合以外においても指揮官に好印象を与えているようだ。『ビルト』によると、GKレネ・アドラー、DFシュテファン・ベル、MFダニー・ラッツァ、アレクサンドル・マキシム、そして武藤はシュワルツ監督が考える&ldquo;マインツの軸&ldquo;だという。<br><br>その5人について同監督は「今のところ、とても上手く取り組めているのは彼らだ」とコメント。続けて「ただ、彼らもパフォーマンスを維持していかなければいけない。数週間にわたって&ldquo;タダ乗り&rdquo;はさせないよ」と今後数試合に向けてポジションを約束はしないも、現段階ではこの選手たちを主力組と考えている様子をうかがわせている。<br><br>19日に行われるブンデスリーガ開幕節でマインツはホームでハノーファーと対戦。これまでケガに悩まされてきた武藤は、最前線でのポジション争いをリードする形で3シーズン目に入る。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.16 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

武藤が今季初弾を含む2ゴールでマインツ快勝、鎌田&長谷部先発の10人フランクフルトも快勝《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が12日にドイツ各地で行われた。マインツはリューネブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利している。FW武藤嘉人は72分までプレーし、2ゴールを決めた。 ▽試合は13分にゴールエリア左に抜け出した味方の丁寧な浮き球クロスをファーサイドの武藤が頭で押し込んでマインツが先制する。 ▽その後、同点とされたマインツだったが、前半終了間際にブロジンスキのPKで勝ち越すと、60分に武藤がこの試合2点目を決めて3-1と突き放す。左サイドからのクロスを受けた武藤は反転から右足でゴール左にシュートを流し込んだ。そのまま逃げ切ったマインツが武藤の活躍で初戦を突破している。 ▽また、MF長谷部誠とMF鎌田大地が先発したフランクフルトは、エルンテブリュックとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。22分に味方DFが退場するアクシデントに見舞われたものの、フランクフルトは35分にチャンドラーのゴールで先制する。 ▽そして1-0とリードしたまま迎えた72分に鎌田が左サイドで起点となってアラーのラストパスをガチノビッチが決めてリードを広げると、直後に鎌田を交代させる。それでも76分に長谷部のロングパスを起点にダメ押しのゴールをアラーが決めて10人のフランクフルトが初戦を勝ち上がっている。 2017.08.13 00:53 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀、ポジション争いでリード?絶賛するマインツSDは「次のステップ」へ進むことを要求

今シーズンからマインツを率いるサンドロ・シュワルツ新監督は、FW武藤嘉紀をレギュラーとして起用するのだろうか。同クラブのルーヴェン・シュレーダーSD(スポーツディレクター)は武藤に対する高い評価を口にするとともに、「彼が次のステップに進むことを求めている」と語った。<br><br>マインツは今夏のマーケットで、FWジョン・コルドバをケルンへと売却した一方、オサスナからFWケナン・コドロ、ミドルスブラから本職はウィンガーのビクトル・フィッシャーと攻撃陣を補強。昨シーズンは負傷の影響もあり、コルドバにポジションを奪われた武藤だが、新たなライバルと定位置を争うことになった。<br><br>これまでのプレシーズンマッチを見ると、武藤がセンターフォワードのポジションを争う相手は23歳のコドロとなりそうだ。シュワルツ監督もドイツ誌『キッカー』で「ケナンはスペースの中でとても良い動きを見せており、フィニッシュにも長けている。それに非常に勉強熱心で、常に改善点について聞いている」と新戦力への満足感をうかがわせている。<br><br>それでも『キッカー』の見解によると、「センセーショナルなフィットネス状態にいる日本人選手」が、今のところコドロとの競争で一歩リードしているという。シュレーダーSDは同誌に対し、武藤は「走って詰める能力がとても優れている。彼は完璧な&ldquo;プレス選手&rdquo;だ」と絶賛すると同時に「我々は彼が次のステップに進むことを求めている」とコメントした。<br><br>シュレーダーSDはまた、「彼はジョン(・コルドバ)の影から抜け出すことになる」と武藤の現状について言及。さらに「お手本であり、模範的なプロ選手でもある」と続け、マインツ加入3年目となる今季に「新たな責任を背負わなければいけないことを彼も感じているだろう」と、25歳の武藤がチーム内で&ldquo;先輩役&rdquo;を務めることを望んでいるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 10:09 Tue
twitterfacebook
thumb

2日連続テストマッチのマインツ、武藤嘉紀は途中出場もスコアレスドロー

マインツは20日、テストマッチでブンデスリーガ2部のフュルトと対戦。試合はスコアレスドローに終わっている。<br><br>19日にもFC東京と練習試合を行ったマインツは、2日連続となるテストマッチ。そのため、前日から多くのメンバーを入れ替えフュルト戦に臨んだ。FW武藤嘉紀はベンチからのスタートとなり、64分から途中出場している。<br><br>試合は格上のマインツがボールを持ち、終始優位に進める展開。しかし、再三訪れた決定機を活かすことができず、スコアレスドローに終わっている。<br><br>今夏初の実戦ではゴールで幸先いいスタートを切った武藤だが、ここ数試合は得点なし。開幕スタメンをつかむために、まずは目に見える結果が欲しいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.21 15:07 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、ドイツ遠征2連敗…武藤嘉紀先発のマインツに5失点大敗《トレーニングマッチ》

▽ドイツ遠征中のFC東京は19日、マインツと対戦し、2-5と大敗した。マインツに所属するFW武藤嘉紀は、古巣との一戦に先発。64分までプレーした。 ▽試合は、ゴールレスで迎えた後半に両チーム計7ゴールが生まれる展開に。51分、ホルトマンの均衡を破ったマインツが先制する。 ▽FC東京も53分に永井の一発ですぐまさ試合を振り出しに戻すが、60分にラッツァのゴールでマインツが再びリードした。 ▽さらに、68分にブロジンスキのPKで3点目を手にしたマインツは、続く72分にコドロが4点目。FC東京を引き離した。 ▽その後、ピーター・ウタカのPKで1点を返されたマインツだったが、85分にコドロがこの試合2得点目で試合の行方を決定付けた。 ▽結局、マインツがFC東京に快勝。FC東京は、日本代表FW宇佐美貴史を擁する先のアウグスブルク戦(1-2)に続く黒星で、ドイツ遠征2連敗となった。 2017.07.20 08:45 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース