マドリー、主力温存で大苦戦もイスコ劇的弾でヒホンに逆転勝利!《リーガエスパニョーラ2017.04.16 01:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、スポルティング・ヒホンvsレアル・マドリーが15日にエル・モリノンで行われ、アウェイのマドリーが3-2で逆転勝利した。

▽前節、アトレティコ・マドリーとのダービーを1-1のドローで終え、リーグ戦の連勝が「5」でストップした首位レアル・マドリー(勝ち点72)。だが、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバイエルン戦を逆転勝利し、バウンスバックに成功。好調を継続するジダン率いるチームは、来週ミッドウィークにホームでの2ndレグを控える中、18位スポルティング・ヒホンとのアウェイゲームに臨んだ。

▽より重要度が高いバイエルン戦に全精力を注ぐため、ジダン監督は、クリスティアーノ・ロナウドやベンゼマ、ベイルなど、一部主力を遠征メンバー外とし、ナチョとセルヒオ・ラモスのセンターバックコンビを除き9人を変更。3トップはモラタ、ルーカス・バスケス、アセンシオが並んだ。

▽ややバタ付く入りとなったマドリーだが、10分過ぎに最初の決定機。右サイドでダニーロが入れたクロスをゴール前でフリーのバスケスが頭で合わすが、枠を外してしまう。

▽立ち上がりの決定機を逸したマドリーは、この直後に一瞬の気の緩みから先制を許す。14分、ヴェスガの浮き球スルーパスに対して、オフサイドポジションにいた相手に気を取られ、入れ替わりにゴール前に飛び出したチョップにフリーで抜け出され、巧みなダイレクトボレーを流し込まれた。

▽格下相手にリードを許したマドリーだが、すぐさま同点に追いつく。17分、ボックス右でバスケスから横パスを受けたイスコが巧みなステップワークでDF2枚を続けてかわし、左足のコントロールシュート。これがゴール左隅の絶妙なコースに決まった。

▽イスコの圧巻の個人技で試合を振り出しに戻したマドリーは、ここから攻勢を強めていく。だが、モラタやバスケスがなかなか試合に入り切れず、ことごとく相手の守備網に絡めとられる。逆に、攻撃偏重の布陣の影響で相手の反撃を受ける場面も目立ったものの、セルヒオ・ラモスを中心に跳ね返し、1-1のイーブンのまま前半を終えた。

▽迎えた後半、最初の決定機はマドリーに訪れる。48分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのハメス・ロドリゲスが左足で鋭いクロスを入れる。これをファーサイドでフリーのナチョが頭で合わすが、GKクエジャールのビッグセーブに遭う。

▽前半同様に最初の決定機を逸したマドリーは、直後の50分に勝ち越しゴールを奪われる。相手のFKの場面でボックス左のババンに頭で折り返されると、これを中央のヴェスガに頭でゴール右隅へ流し込まれた。

▽再び追う展開となったマドリーは、57分にコエントランを下げてマルセロを投入。すると直後の59分、ボックス手前右でダニーロが入れたクロスをファーサイドでDFに競り勝ったモラタが頭で合わせ、同点に追いついた。

▽2-2のイーブンに戻った試合は、ここからオープンな展開に。62分と65分にマドリーがダニーロとモラタのヘディングシュートでゴールに迫れば、ヒホンも63分に左サイドからカットインしたイスマ・ロペスが右ポストを掠める際どいシュートを放つ。

▽その後、71分にバスケスを下げてマリアーノを投入したマドリーは、イスコの個人技からマルセロが際どいシュートを放つなど攻勢を続けるが、なかなか勝ち越し点が入らないまま、試合終盤を迎える。

▽だが、試合序盤から孤軍奮闘の活躍を見せていたイスコがチームを救う。90分、ボックス手前左でマルセロから短いパスを受けたイスコが相手DFの股間を抜く見事なグラウンダーのシュートをゴール左隅に突き刺し、マドリーが土壇場で逆転に成功した。そして、イスコの2ゴールで格下ヒホンに辛くも勝ち切ったマドリーが、バルセロナとの暫定勝ち点差を「6」とし、次節の"エル・クラシコ"を迎えることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

SNSで古巣のクラシコ勝利を祝ったバルトラに脅迫メッセージ…「お前の顔の前で爆弾が爆発することを願う」

▽23日に行われた“エル・クラシコ”で古巣バルセロナの勝利を祝ったドルトムントのスペイン代表DFマルク・バルトラが、『ツイッター』上で脅迫メッセージを受け取っていたことがわかった。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーvsバルセロナの“エル・クラシコ”は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがラストプレーで劇的なゴールを記録し、アウェイのバルセロナが3-2の劇的勝利を手にした。 ▽この試合を自宅でテレビ観戦していたバルトラは、かつてのチームメートたちが見せた劇的勝利に興奮し、自身の『ツイッター』に「D10S(スペイン語で神という意味のDiosとメッシの背番号10をもじった造語)」というメッセージを投稿した。 ▽すると、バルトラのこの投稿に対して、恐らく敗戦したレアル・マドリーファンと思われる人物がスペイン語で、「お前の顔の前で爆弾が爆発したらいいな」とコメント。さらに、別の人物は「お前の人生が終わらなかったことは残念だ」と、共に先日に起きたドルトムントのチームバス爆破事故を揶揄する脅迫メッセージとも取れる不適切なコメントを送っていたようだ。 ▽バルトラは、この爆破事故で腕を骨折する全治4週間の重傷を負い、精神的なショックも懸念されている。その中でのあまりに心無いメッセージに多くのサッカーファンが憤りを覚えている。 2017.04.24 23:48 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがメッシ決勝弾後に叫んだ言葉「ファウルしろよ、ちくしょうめ」

23日のリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバルセロナ戦を2-3で落とした。92分にFWリオネル・メッシの決勝弾を許して敗戦した格好だが、FWクリスティアーノ・ロナウドは、そのプレーを何としてでも防ぐべきだったと考えていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>DFセルヒオ・ラモス退場で数的不利となりながらも、MFハメス・ロドリゲスのゴールで2-2に追い付いたレアル・マドリー。だが92分にDFセルジ・ロベルトの独走から、MFアンドレ・ゴメス、DFジョルディ・アルバとボールをつながれ、最後はメッシにネットを揺らされた。<br><br>このゴールの瞬間、C・ロナウドは次のように叫んだという。<br><br>「ファウルしろよ、ちくしょうめ」<br><br>C・ロナウドは、バルセロナが仕掛けた速攻を何としてでも止めるべきと考え、その苛立ちを口にしたようだ。なおその速攻の場面で、ポルトガル代表FWが言うようにプレーを切れる可能性があったDFマルセロは試合後、「自分の責任を受け入れる。ファウルをしなければいけなかった」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 20:36 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、クラシコで痛恨敗戦も「マドリーが劣っていたということにはならない」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロは、エル・クラシコ敗戦後にも宿敵に劣っているとは考えていない。<br><br>マドリーは23日、リーガ・エスパニョーラ第33節でバルセロナと対戦。77分にセルヒオ・ラモスが一発退場し、数的不利となった白い巨人は85分にハメス・ロドリゲスのゴールで同点に追いつく。しかし、最後はリオネル・メッシの土壇場弾で辛酸を嘗めることになった。<br><br>ホームで行われた試合に敗れ、バルセロナへ首位を明け渡したマドリーだが、マルセロはチームからポジティブな空気を感じ取っているという。<br><br>「全員がエル・クラシコから多くのことを期待していた。僕らは一人少ない中、勝利のために全力を尽くしたし、同点にまでは追いついた。最終的には得点を許してしまったけどね」<br><br>「僕らは素晴らしい働きをしたと思うし、下を向く必要はない。二つのコンペティションを制覇できる可能性があるし、以前と同じように努力を続けるよ。この敗戦は、僕らが劣っていたということにはならない」<br><br>また、「ミスや細かいディティールが勝敗を分けた」とし、審判の判定への言及を避けたマルセロ。バルセロナより一つ消化試合が少ないため、首位に返り咲く可能性は残されているが、リーガはどのようなクライマックスを迎えることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 18:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイル、早期先発復帰も再負傷…メディカルの見解を無視した代償?

▽レアル・マドリーは23日、本拠地サンチャゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦で2-3の黒星を喫した。この敗戦だけでも痛手だが、レアル・マドリーはウェールズ代表MFガレス・ベイルを強行起用した代償も払うことを迫られるかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。 ▽試合は28分、MFカゼミロのゴールでレアル・マドリーが先制したものの、そのわずか5分後にFWリオネル・メッシの一発でバルセロナが同点。その後、一発退場でDFセルヒオ・ラモスを失ったレアル・マドリーが1-2で迎えた86分にMFハメス・ロドリゲスのゴールで試合を振り出しに戻したが、後半アディショナルタイムにメッシの一発を浴びて力尽きた。 ▽その試合では、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバイエルン戦で右足ふくらはぎを痛めて途中交代したベイルが先発に復帰。しかし、前半途中に負傷し、39分にスペイン代表MFマルコ・アセンシオとの交代を余儀なくされていた。報道によれば、クラブのメディカルはベイルをバルセロナ戦で起用することに否定的な見解を示していた模様。しかし、本人はこの一戦に向けて練習に励み、ジネディーヌ・ジダン監督も先発起用という選択を決断したという。 ▽なお、ジダン監督は試合後、再びの故障で途中交代を余儀なくされたベイルについて、「問題なく、本人も意欲的だとの話を聞いている。(ベイルの起用に)後悔なんてないよ。彼はプレーしたがっていたわけで、その点においては残念。こういったことはコントロールしがたいものだ。明日(24日)、彼のケガがどの程度のものなのかがわかる。軽いものであることを願うよ」と言及している。 2017.04.24 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

一発退場のセルヒオ・ラモス「僕の中であれはイエロー」

▽レアル・マドリーは23日、サンチャゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦で2-3の黒星を喫した。レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、自身に下された一発退場という判定に異論した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽試合は28分、MFカゼミロのゴールでレアル・マドリーが先制したものの、そのわずか5分後にFWリオネル・メッシの一発でバルセロナが同点。その後、一発退場でセルヒオ・ラモスを失ったレアル・マドリーが1-2で迎えた86分にMFハメス・ロドリゲスのゴールで試合を振り出しに戻したが、後半アディショナルタイムにメッシの一発を浴びて力尽きた。セルヒオ・ラモスは試合後、レフェリーの判定に言及。さらに、DFジェラール・ピケらバルセロナ側のレフェリーに詰め寄る姿勢に苦言を呈した。 「レッドカードは過剰だったよ。誰も傷つけるつもりなんてなかった。僕の中じゃ、あれはイエローカードだ。確かに、少し遅れた感はあったけど、接触はなかった。レフェリーに拍手なんて送ってない。僕はピケと話していたんだ。レフェリーとじゃなくね。レフェリーは正しい。だけど、時に彼らは間違える。今回はそうさ」 「彼ら(バルセロナ)は試合に異なる理解があって、常にレフェリーについて話し込んでいる。僕らはそうじゃない。ピケは常にそうさ。多分、静かにしているよりも、時々レフェリーの話をしている方が良いんだろうね。だけど、僕はいかなる論争を求めてはいない。僕とピケとの間に問題はないが、クラシコ後の抱擁はないだろうね」 2017.04.24 10:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース