超ワールドサッカー

ローマ、ゼコ5戦連発もアタランタとドローで逆転優勝遠のく…《セリエA》2017.04.16 00:04 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ローマvsアタランタが15日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。

▽リーグ4連勝で首位ユベントス(勝ち点77)を6ポイント差で追う2位ローマ(勝ち点71)は、前回対戦で敗れた5位アタランタをホームに迎えた。ローマは直近のボローニャ戦から先発3人を変更。フアン・ジェズス、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィに代わって、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ペロッティが先発に入った。

▽注目の上位対決は、開始直後にローマのオフサイドの取り損ねから右サイドを独走したクルティッチがボックス内に持ち込んでクロスを狙うが、ここはDFにブロックされてしまう。

▽時間の経過とともにボールを保持して相手を押し込むローマは、サラーやゼコを起点に攻め手を窺うが、相手守備を崩し切るところまでは至らない。すると22分、左サイドのコンティが低いボールを折り返したところを、中央のクルティッチに見事なダイレクトボレーで合わせられ、先制点を許した。

▽逆転優勝、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインに向けて取りこぼしは許されないローマは、すぐさま反撃を開始。36分には右CKからデ・ロッシがヘディングシュートを放つが、これはGK正面を突く。その後も攻勢を続けるが、前半は1点ビハインドで終了した。

▽迎えた後半、マノラスに代えてブルーノ・ペレスをハーフタイム明けに投入したローマは、50分に追いつく。左サイドからマリオ・ルイが上げたクロスをボックス右のサラーが頭で折り返すと、これをゴール前のゼコがワンタッチで蹴り込み、5試合連続ゴールで得点ランキング単独トップの25点目を記録した。

▽この同点ゴールで勢いづくローマは、56分にペロッティの左CKをファーサイドのデ・ロッシが左足のジャンピングボレーで合わすが、右ポストを叩く。さらに61分にはゼコの絶妙なポストプレーからペロッティが放った強烈なミドルシュートをGKゴッリーニが弾いたところにサラーが詰めるが、押し込めない。

▽前半とは打って変わって相手陣内でハーフコートゲームを展開するローマは65分、高い位置でのペロッティのインターセプトからボックス右でパスを受けたナインゴランが右足を強振するが、このシュートはクロスバーを叩く。

▽後半半ばから終盤にかけても主導権を握るローマだが、相手の粘り強い守備に遭い、攻めあぐねる場面が目立つ。スパレッティ監督はこの状況を受け、デ・ロッシとペロッティを下げてエル・シャーラウィと切り札のトッティをピッチに送り出す。

▽試合終盤にかけて猛攻を見せたローマだったが、試合は1-1のままタイムアップ。アタランタとの上位対決をドローで終えたローマは、連勝が「4」でストップすると共に同時刻に行われた試合で勝利したユベントスとの勝ち点差が8ポイントに広がってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

アタランタがクラウドファンディング導入を検討?EL出場がきっかけに…

アタランタがクラウドファンディングの導入を検討していると25日、イタリアメディア『プレミアムスポーツ』が報じている。<br><br>アタランタは2016-17シーズン、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下、若手を中心に躍進し、セリエAで4位と好成績を収めた。これは1907年のクラブ創設以来、史上最高位である上、来シーズンはヨーロッパリーグへの出場が可能となる。アタランタは最新式のシステムを導入していくことで、目標の達成につながると捉えており、これをきっかけにサポーターに対し、クラウドファンディングの実施を提案している。<br><br>クラウドファンディングについて、アタランタの公式ウェブサイトでは「ファンがクラブへ投資することが可能になり、ファン自身がクラブの将来を支える一員になることができる」と説明されている。アタランタはクラウドファンディングの導入にあたり、ネット上でアンケートを実施し、サポーターの意見を募っている。<br><br>アンケートでは、「クラウドファンディングの導入に賛成か」といった質問だけでなく、スタジアムの改修やメディカルセンターの整備、無料WIFIスポットの設置など具体的な資金の用途についての質問もある。また出資者の特権として、シーズンチケットの割引やスタジアムで使用可能なクーポンの配布、イベントへの招待、寄付者銘板の設置などが提案されている。<br><br>なお日本ではこれまで、元日本代表の高原直泰がオーナーを務める沖縄SVなどがクラウドファンディングを実施したことがある。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.26 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

今季4位と躍進のアタランタがラツィオからレンタル中のアルバニア代表GKベリシャの買取OPを行使

▽アタランタは21日、ラツィオからレンタル移籍で加入していたアルバニア代表GKエトリト・ベリシャ(28)の買い取りオプションを行使することを発表した。 ▽ベリシャは2013年9月にスウェーデンのカルマルからラツィオへと加入。2016年8月にアタランタへとレンタル移籍で加入した。今シーズンのセリエAでは26試合に出場。チームは4位と躍進し、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得し、ベリシャは大きく貢献していた。 ▽アルバニア代表の守護神としてもプレーするベリシャは、昨年のユーロ2016などにも出場するなど、アルバニア代表としてここまで42キャップを記録している。 2017.06.22 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマの代理人に同業者から苦言「こんな振る舞いにはガッカリだ」

ミランの18歳GKジャンルイジ・ドンナルンマが契約延長オファーを拒否したことで波紋を呼んだが、代理人のミーノ・ライオラ氏に非難が向けられている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が19日、報じている。<br><br>幼少の頃よりミラニスタであり、常にミラン愛を訴えていたドンナルンマが所属クラブとの契約更新を拒否したことで、波紋が広がった。これについてライオラ氏は、ミランの強引な交渉の進め方を非難し、悪者扱いされるドンナルンマをミランが守らなかったとして、交渉決裂の理由に挙げたほか、他の選手の状況を引き合いに出し、保身を図った。<br><br>ライオラ氏と同業のマリオ・ジュフレーディ氏は、ドンナルンマと同じくU-21イタリア代表のメンバーで、才能ある若手として期待されているアタランタのDFアンドレア・コンティの代理人を務めている。ライオラ氏が自身の利益のために、「コンティはミランへ移籍したいからといってアタランタの練習を欠席したが、ドンナルンマは違う」などと話したため、ジュフレーディ氏は不快感を示している。<br><br>「ライオラの行動にはガッカリだ。彼は偉大な代理人のはずだ。選手の地位を確保するためとはいえ、関係のない選手の状況まで引き合いに出すなどあるまじき行為だ。私が担当以外の選手について話すことは一切ないが、このような振る舞いをしていることが残念でならない。おそらくオランダで考え方が変わってしまったのだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.21 08:34 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタのイタリア代表DFコンティと個人合意報道のミラン、ラパドゥーラ譲渡で移籍金引き下げを狙う

▽アタランタのイタリア代表DFアンドレア・コンティ(23)と個人合意したと報じられるミランは、移籍金引き下げのためイタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラ(27)を譲渡する意向であるようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽5年契約で個人合意したと伝えられるA・コンティだが、アタランタが移籍金2800万ユーロ(約34億6000万円)を求めているのに対し、ミランは2000万ユーロ(約24億7000万円)のオファーを提示するに留まっているとのことだ。そこでミランは今季のセリエAで8ゴールを記録したラパドゥーラをアタランタに譲渡することで移籍金の引き下げを狙っているという。 ▽アタランタの下部組織出身であるA・コンティは右サイドを主戦場とするサイドアタッカー。サイドバックからウイングまでこなせるユーティリティさがあり、2016-17シーズンはセリエAで33試合に出場して8ゴールを記録し、4位と躍進したアタランタの中心選手として活躍した。 2017.06.12 01:11 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタがルツェルンのU-21スイス代表MFハイスをフリーで獲得

▽アタランタは8日、ルツェルンのU-21スイス代表MFニコラス・ハイス(21)の獲得を発表した。フリートランスファーでの加入となる。 ▽ハイスは、ルツェルンの下部組織出身で、2015年1月にトップチーム昇格。今シーズンはスイス・スーパーリーグで23試合に出場し1ゴール4アシストを記録していた。ハイスとルツェルンは6月30日で契約が満了を迎える。また、U-15から世代別のスイス代表を経験している。 2017.06.08 20:29 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース