ローマ、ゼコ5戦連発もアタランタとドローで逆転優勝遠のく…《セリエA》2017.04.16 00:04 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ローマvsアタランタが15日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。

▽リーグ4連勝で首位ユベントス(勝ち点77)を6ポイント差で追う2位ローマ(勝ち点71)は、前回対戦で敗れた5位アタランタをホームに迎えた。ローマは直近のボローニャ戦から先発3人を変更。フアン・ジェズス、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィに代わって、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ペロッティが先発に入った。

▽注目の上位対決は、開始直後にローマのオフサイドの取り損ねから右サイドを独走したクルティッチがボックス内に持ち込んでクロスを狙うが、ここはDFにブロックされてしまう。

▽時間の経過とともにボールを保持して相手を押し込むローマは、サラーやゼコを起点に攻め手を窺うが、相手守備を崩し切るところまでは至らない。すると22分、左サイドのコンティが低いボールを折り返したところを、中央のクルティッチに見事なダイレクトボレーで合わせられ、先制点を許した。

▽逆転優勝、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインに向けて取りこぼしは許されないローマは、すぐさま反撃を開始。36分には右CKからデ・ロッシがヘディングシュートを放つが、これはGK正面を突く。その後も攻勢を続けるが、前半は1点ビハインドで終了した。

▽迎えた後半、マノラスに代えてブルーノ・ペレスをハーフタイム明けに投入したローマは、50分に追いつく。左サイドからマリオ・ルイが上げたクロスをボックス右のサラーが頭で折り返すと、これをゴール前のゼコがワンタッチで蹴り込み、5試合連続ゴールで得点ランキング単独トップの25点目を記録した。

▽この同点ゴールで勢いづくローマは、56分にペロッティの左CKをファーサイドのデ・ロッシが左足のジャンピングボレーで合わすが、右ポストを叩く。さらに61分にはゼコの絶妙なポストプレーからペロッティが放った強烈なミドルシュートをGKゴッリーニが弾いたところにサラーが詰めるが、押し込めない。

▽前半とは打って変わって相手陣内でハーフコートゲームを展開するローマは65分、高い位置でのペロッティのインターセプトからボックス右でパスを受けたナインゴランが右足を強振するが、このシュートはクロスバーを叩く。

▽後半半ばから終盤にかけても主導権を握るローマだが、相手の粘り強い守備に遭い、攻めあぐねる場面が目立つ。スパレッティ監督はこの状況を受け、デ・ロッシとペロッティを下げてエル・シャーラウィと切り札のトッティをピッチに送り出す。

▽試合終盤にかけて猛攻を見せたローマだったが、試合は1-1のままタイムアップ。アタランタとの上位対決をドローで終えたローマは、連勝が「4」でストップすると共に同時刻に行われた試合で勝利したユベントスとの勝ち点差が8ポイントに広がってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

リヨンに競り負けたエバートンが3戦未勝利で敗退危機に…イリチッチ躍動のアタランタが首位キープ《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第3節、エバートンvsリヨンが19日に行われ、アウェイのリヨンが2-1で勝利した。 ▽エバートン、アタランタ、リヨンと欧州主要リーグの上位チームが同居した今グループステージ最激戦区のグループE。初戦のアタランタ戦を落とし、格下アポロン・リマソル相手にも勝ち切れず、まさかのグループ最下位に沈むエバートンは、公式戦3戦未勝利と低迷が続く。必勝が求められる今節だが、週末にアーセナルとのリーグ戦を控えるため、ルーニーを招集外としたほか、シグルドソンら一部主力をベンチに置いた。 ▽対するリヨンもグループステージ2戦連続ドローに加え、公式戦5戦未勝利が続いたが、直近のリーグ戦ではモナコを破り、復調気配を見せる。今回の試合ではモナコ撃破の立役者となったフェキルら主力をピッチに送り込んだ。 ▽互いに今大会初勝利を目指す中、アウェイチームが早々に試合を動かす。開始6分、ボックス左で仕掛けたマルカルがDFホルゲイトに倒されてPKを獲得。これをキッカーのフェキルが冷静に決め、幸先良く先制に成功した。 ▽立ち上がりの失点でまたしても厳しい展開を強いられたエバートンは、21分にボックス右からカットインしたミララスがミドルシュート。32分にもトム・デイビスのスルーパスに抜け出したミララスがGKと一対一を迎えるが、ここは相手GKアントニー・ロペスの好守に阻まれ、追いつくことができない。 ▽一方、守勢に回りながらも効果的なカウンターで2点目に迫るリヨンは37分、ボックス手前の好位置で得たFKを名手デパイが直接狙うが、壁に当たってコースが変わったボールはポストを叩いた。 ▽1点ビハインドで前半を終えたエバートンは、クラーセンに代えて後半頭からルックマンを投入。キックオフ直後には左サイドからのクロスをカルバート=ルーウィンが頭でフリックしたボールをファーのルックマンが押し込みにかかるが、ここはGKにキャッチされる。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、シュナイデルランの負傷に伴い、シグルドソンの投入を余儀なくされたエバートンは、64分にハイボールをキャッチした相手GKアントニー・ロペスに対し、ウィリアムズが意図的な腹部へのヒジ打ちで押し倒すラフプレーを敢行。このプレーをキッカケに両軍、ピッチサイドの観客まで入り混じる乱闘に発展。ウィリアムズにはレッドカードの可能性もあったが、同じく乱闘に関わった相手FWトラオレと共にイエローカードでの喧嘩両成敗の裁定に救われる。 ▽すると69分、エバートンが相手陣内右サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーのシグルドソンがゴール前に入れた絶妙なクロスをウィリアムズが頭で流し込み、退場の可能性もあった主将のゴールでエバートンが試合を振り出しに戻す。 ▽だが、乱闘の被害者でもあるリヨンにとって収まりがつかない展開の中で、ウィリアムズと共にカードをもらっていたトラオレがやり返す。75分、右サイドをドリブルでこじ開けた途中出場のM・コルネがゴール前に低いクロスを入れると、DFキーンに寄せられながらもトラオレが右足ヒールで合わせたボールがゴールネットに吸い込まれ、リヨンが勝ち越しに成功した。 ▽ホームで負けられないエバートンは試合終盤にかけて猛攻を仕掛けていくが、再三の決定機を創出したシグルドソンのプレースキックが右ポストに阻まれるなど、ツキにも見放されて試合はこのままタイムアップ。リヨンにグループステージ初勝利を献上したエバートンは、ここまでの3戦でわずかに勝ち点1の大苦戦でグループステージ突破に黄色信号が灯る。 ▽また、同日行われたグループEのもう1試合、アタランタvsアポロン・リマソルは、ホームのアタランタが3-1で快勝した。 ▽ここまで1勝1分けで首位に立つアタランタは試合開始12分、左サイドを破ったスピナツォーラからのグラウンダーのクロスをイリチッチが冷静に流し込み、幸先良く先制に成功する。 ▽その後、ここまでリヨン、エバートン相手に引き分けているアポロンにゴールをこじ開けられ、後半序盤に試合を振り出しに戻される。それでも、慌てないホームチームはイリチッチの左CKをペターニャが頭で合わせ、64分に勝ち越す。この2分後には左サイド深くでアレハンドロ・ゴメスが上げたクロスを中央のイリチッチがおしゃれな胸での落としでボックス右に走り込むフロイラーに繋ぐと、ここからダメ押しの3点目が生まれた。 ▽イリチッチの1ゴール2アシストの活躍でアポロンに今大会初黒星を与えたアタランタが、首位の座をがっちりとキープした。 2017.10.20 06:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルナルデスキ移籍後初ゴールもディバラPK失敗のユベントス、難敵アタランタにドローで開幕連勝が6でストップ《セリエA》

▽セリエA第7節、アタランタvsユベントスが1日に行われ、2-2で引き分けた。 ▽前節10人となったトリノとのダービーをディバラのドッピエッタなどで4-0と快勝したユベントスは、4日前に行われたチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦を途中出場のイグアインの活躍で2-0と押し切った。そのユベントスはオリンピアコス戦のスタメンから5選手を変更。バックラインの3枚とクアドラード、ドグラス・コスタに代えてイグアインや移籍後初先発となるベルナルデスキを起用した。 ▽前節フィオレンティーナ戦を追加タイム弾で引き分け、2勝2分け2敗のタイの戦績とし、ヨーロッパリーグのリヨン戦を1-1で引き分けたアタランタに対して、開始3分にベルナルデスキが枠内シュートを放ったユベントスが良い入りを見せる。 ▽敵陣でのプレーを続けるユベントスは15分、マンジュキッチが頭で落とし、イグアインが左足ボレーで狙うチャンスを演出するも、威力を欠いてGKにセーブされた。それでも21分、ベルナルデスキが移籍後初ゴールでチームに先制点をもたらす。 ▽アサモアの左クロスをゴール正面のマテュイディがダイレクトでシュート。GKベリシャが中途半端に弾いたルーズボールをベルナルデスキが押し込んだ。 ▽さらに24分、マンジュキッチの横パスをベルナルデスキがダイレクトで落とした縦パスをイグアインが受けてボックス中央へ侵入。DFを引き連れながら左足でシュートを突き刺し、追加点を奪った。 ▽ELを戦った影響か、劣勢が続いたアタランタだったが、31分に1点を返す。ボックス手前左からアレハンドロ・ゴメスが直接狙った直接FKがGKブッフォンを強襲すると、弾いてルーズとなったボールをカルダラが押し込んだ。 ▽さらに34分、直前に投入されていたイリチッチの右クロスにファーサイドのクルティッチがヘディングで合わせにかかる決定機を作ったアタランタだったが、クルティッチはミートできず同点とすることはできない。ハーフタイムにかけてはアタランタが流れを引き寄せた中、前半を1-2で終えた。 ▽迎えた後半、ユベントスが押し込む展開とすると、55分にイグアインが際どいシュートを浴びせる。流れの悪いアタランタがペターニャに代えてクルティッチを投入したのに対し57分、ユベントスはディバラの絶妙クロスからマンジュキッチがヘッドで押し込み、3点目を奪ったかに思われた。ところが、その前のプレーでリヒトシュタイナーがアレハンドロ・ゴメスにヒジ打ちをしていたため、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってファウルを取られ、ゴールは取り消しとなった。 ▽すると67分、左サイドのアレハンドロ・ゴメスの鋭いクロスにクリスタンテがヘディングで叩き込み、アタランタが試合を振り出しに戻した。 ▽同点とされたユベントスはベルナルデスキに代えてクアドラードを投入。さらに78分、マンジュキッチに代えてドグラス・コスタを投入した。すると81分、ペナルティアーク中央で得たFKをディバラが狙うと、シュートがペターニャの肩に当たって主審はPKを宣告。しかし、キッカーのディバラがゴール右下に蹴ったシュートはGKベリシャに止められ、勝ち越すことはできない。 ▽終盤にかけてもユベントスが攻勢に出たが、6分が提示された追加タイムでも勝ち越しゴールを奪うには至らず2-2で終了。開幕からの連勝が6でストップした。 2017.10.02 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

キエーザ弾も終了間際被弾でフィオレンティーナはアタランタにドロー《セリエA》

▽セリエA第6節、フィオレンティーナvsアタランタが24日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節ユベントス戦を落として2勝3敗スタートとなったフィオレンティーナと、前節クロトーネ戦を勝利して2勝1分け2敗スタートとしたアタランタの一戦。 ▽立ち上がりから仕掛けたフィオレンティーナは、12分に先制する。ボックス手前右からキエーザが右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽先制されたアタランタは22分に同点のチャンス。ボックス左からアレハンドロ・ゴメスが右足アウトで上げたクロスにフロイラーがシュート。しかし、枠を捉えていたシュートはGKスポルティエッロのファインセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてはアタランタがポゼッションを高めていったが、同点ゴールを奪うには至らず前半を終えた。 ▽迎えた後半、一進一退の攻防で推移する中、61分にアタランタがPKを獲得する。イリチッチがドリブルでボックス内に侵入したところでペッゼッラに倒された。しかし、キッカーのアレハンドロ・ゴメスがゴール左を狙ったシュートはGKスポルティエッロのビッグセーブに阻まれた。 ▽GKの活躍でリードを保ったフィオレンティーナは、終盤の85分にもピンチ。だが、ボックス右からクルティッチに打たれた決定的なシュートはGKスポルティエッロがファインセーブで阻止。 ▽1-0のままフィオレンティーナが逃げ切るかと思われたが、アタランタが終了間際の追加タイム4分に追いつく。ペナルティアーク左のフロイラーのミドルシュートがゴール左隅に決まった。直後にタイムアップとなり、両軍が勝ち点1を分け合っている。 2017.09.25 05:44 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートン、見せ場作れずアタランタに3失点完敗《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第1節のアタランタvsエバートンが14日に行われ、3-0でアタランタが勝利した。 ▽3シーズンぶりのEL出場となったエバートンは、今夏に積極補強を敢行も、現在プレミアリーグでは1勝1分け2敗で、公式戦では4試合未勝利と苦戦中。先発には、ベインズやシュナイデルラン、シグルドソン、ルーニーが並び、最前線にはカルバート=ルーウィンが起用された。 ▽序盤は中盤での潰し合いが続き、両者ともなかなかシュートに持ち込めない。そんな中13分に、シグルドソンがボックス手前からシュートを放ちGKを強襲。直後にもルーニーがボックス外から狙うなど、エバートンがチャンスを作った。 ▽試合半ばにかけてはアタランタにボールを支配される展開。26分に、デ・ルーンの落としからゴール前まで侵攻していたDFのA・マジエッロが狙うが、GKステケルンブルクが防ぐ。だが、そのプレーで与えたCKの場面。左からのCKがジャギエルカに当たり、跳ね返りに詰めていたA・マジエッロに押し込まれ、アタランタに先制点を奪われた。 ▽先制されてからは、圧倒的にボールを支配されるエバートン。すると41分、ボックス手前左でペターニャのパスを受けたアレハンドロ・ゴメスに、ゴール右上隅に突き刺さる鮮やかなシュートを決められ0-2とされた。 ▽続く44分、エバートンは敵陣からのロングボールをボックス右外のペターニャに通してしまうと、パスを受けたクリスタンテにワンタッチでボックスに侵入され3点目を献上。失点後に守備の緊張が緩んだのか、エバートンは前半だけで相手に3ゴールを許してしまった。 ▽迎えた後半、少しでも早く1点を返したいエバートンだが、なかなかリズムを作ることができず、時間を浪費してしまう。そんな状況を打破しようと、66分に、ルーニーとシュナイデルランを代えてクラーセンと、サンドロ・ラミレスを同時投入。 ▽前線の活性化を図ったエバートンだが、状況は好転せず。対するアタランタは、後半からは攻撃の手を緩めたため、これといったチャンスもなく。試合は3-0のまま終了。見せ場を作れなかったエバートンが初戦を落とした。 2017.09.15 04:07 Fri
twitterfacebook
thumb

アタランタの元ルーマニア代表DFニカが古巣ディナモ・ブカレストへレンタル移籍

▽ディナモ・ブカレストは2日、アタランタに所属する元ルーマニア代表DFコンスタンティン・ニカ(24) を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ディナモ・ブカレストの下部組織出身であるニカは、2012年5月にトップチームに昇格すると、翌年6月にアタランタへ完全移籍。しかし、アタランタではプレー機会に恵まれず、チェゼーナやアヴェッリーノ、ラティーナ・カルチョなど下部カテゴリーのクラブへの武者修行を繰り返していた。 ▽昨季レンタルで加入したラティーナ・カルチョでは、リーグ戦13試合に出場した。なお、各年代のルーマニア代表に選出されてきたニカは、2013年2月のポーランド代表戦でA代表デビューを飾っている。 2017.09.02 22:53 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース