ローマ、ゼコ5戦連発もアタランタとドローで逆転優勝遠のく…《セリエA》2017.04.16 00:04 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ローマvsアタランタが15日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。

▽リーグ4連勝で首位ユベントス(勝ち点77)を6ポイント差で追う2位ローマ(勝ち点71)は、前回対戦で敗れた5位アタランタをホームに迎えた。ローマは直近のボローニャ戦から先発3人を変更。フアン・ジェズス、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィに代わって、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ペロッティが先発に入った。

▽注目の上位対決は、開始直後にローマのオフサイドの取り損ねから右サイドを独走したクルティッチがボックス内に持ち込んでクロスを狙うが、ここはDFにブロックされてしまう。

▽時間の経過とともにボールを保持して相手を押し込むローマは、サラーやゼコを起点に攻め手を窺うが、相手守備を崩し切るところまでは至らない。すると22分、左サイドのコンティが低いボールを折り返したところを、中央のクルティッチに見事なダイレクトボレーで合わせられ、先制点を許した。

▽逆転優勝、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインに向けて取りこぼしは許されないローマは、すぐさま反撃を開始。36分には右CKからデ・ロッシがヘディングシュートを放つが、これはGK正面を突く。その後も攻勢を続けるが、前半は1点ビハインドで終了した。

▽迎えた後半、マノラスに代えてブルーノ・ペレスをハーフタイム明けに投入したローマは、50分に追いつく。左サイドからマリオ・ルイが上げたクロスをボックス右のサラーが頭で折り返すと、これをゴール前のゼコがワンタッチで蹴り込み、5試合連続ゴールで得点ランキング単独トップの25点目を記録した。

▽この同点ゴールで勢いづくローマは、56分にペロッティの左CKをファーサイドのデ・ロッシが左足のジャンピングボレーで合わすが、右ポストを叩く。さらに61分にはゼコの絶妙なポストプレーからペロッティが放った強烈なミドルシュートをGKゴッリーニが弾いたところにサラーが詰めるが、押し込めない。

▽前半とは打って変わって相手陣内でハーフコートゲームを展開するローマは65分、高い位置でのペロッティのインターセプトからボックス右でパスを受けたナインゴランが右足を強振するが、このシュートはクロスバーを叩く。

▽後半半ばから終盤にかけても主導権を握るローマだが、相手の粘り強い守備に遭い、攻めあぐねる場面が目立つ。スパレッティ監督はこの状況を受け、デ・ロッシとペロッティを下げてエル・シャーラウィと切り札のトッティをピッチに送り出す。

▽試合終盤にかけて猛攻を見せたローマだったが、試合は1-1のままタイムアップ。アタランタとの上位対決をドローで終えたローマは、連勝が「4」でストップすると共に同時刻に行われた試合で勝利したユベントスとの勝ち点差が8ポイントに広がってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムントから2得点のイリチッチ「アタランタのプレーが通用した。挽回できる」

アタランタのMFヨシップ・イリチッチが15日、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、次戦での雪辱を誓った。<br><br>アタランタは15日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)・決勝トーナメント1回戦でドルトムントとアウェイで対戦。ドルトムントに先制を許すも、イリチッチのドッピエッタ(1試合2得点)で逆転に成功し、一時は勝機も見えた。しかしその後、チェルシーから加入したFWミッキー・バチュアイに2ゴールを許し、惜しくも敗れている。<br><br>イリチッチは自身のパフォーマンスを評価した上で、22日にアタランタのホームで行われる2ndレグでの挽回を強調した。<br><br>「調子は良いし、自分に満足している。フィジカルの状態は良い。良い試合だったと思う。ただ簡単に点を失い過ぎた。手強い相手との対戦だったし、また前を向いていきたい。相手に通用することが分かったので、挽回できると思う」<br><br>また指揮官のジャン・ピエロ・ガスペリーニも、アウェイでの勝利を取り逃がしたことを悔やんだ。<br><br>「こんな形で敗れるのはつらい。特に勝利の可能性も頭をよぎっていたので、苦い思いだ。ただ負けたことで、良かった部分が消えるわけではない。大きなチャンスがあるし、できると思う。次戦、ファンの前でチャンスを結果につなげたい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 17:39 Fri
twitterfacebook
thumb

バチュアイが加入後3戦連発! ドルトムントがイリチッチ2Gのアタランタに競り勝ち先勝《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ドルトムントvsアタランタが15日に行われ、3-2でドルトムントが競り勝った。ドルトムントのMF香川真司は負傷のため欠場している。 ▽トッテナムやレアル・マドリーと同居した“死のグループ”で3位に終わり、ELに回ったドルトムントは、シュテーガー新監督の下で復調傾向。そのドルトムントは2-0と勝利した直近のハンブルガーSV戦のスタメンから2選手を変更。アカンジと負傷した香川に代えてパパスタソプーロスとカストロを起用し、ロイスとバチュアイが引き続きスタメンとなった。 ▽一方、リヨン、エバートンと同居した“死のグループ”を首位で通過したアタランタは、ガスペリーニ監督の下、セリエAでも安定した戦いを展開中。そのアタランタは1-1で引き分けたクロトーネ戦のスタメンから3選手を変更。アレハンドロ・ゴメスやカルダーラ、フロイラーといった主力が先発に戻った。 ▽マンマークディフェンスを敢行するアタランタに対し、ドルトムントは6分に決定機。シュールレのスルーパスに抜け出したロイスがボックス内に侵入。しかし、GKとの一対一外してしまった。 ▽対するアタランタは12分、クリスタンテがゴール前まで走り込んでシュートを浴びせると、直後のCKからカルダーラがヘディングシュートを放つも、ミートしきれない。 ▽その後も互いにシュートチャンスを生み出す中、試合を動かしたのはドルトムント。30分、プリシッチの鋭いパスをボックス中央で受けたシュールレがトラップからシュートをねじ込んだ。ハーフタイムにかけてはこう着状態が続き、ドルトムントが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半から圧力をかけたアタランタは、51分に試合を振り出しに戻す。スピナッツォーラの大きなサイドチェンジを受けたボックス右のイリチッチが、被ったトルヤンをかわしてゴールへ侵攻。左サイドネットへ正確なシュートを流し込んだ。 ▽さらに56分、ボックス左に侵入したクリスタンテの折り返しを、GKビュルキが弾いたルーズボールをイリチッチが押し込んでアタランタが逆転に成功した。 ▽逆転されたドルトムントはロイスに代えてゲッツェを投入。すると65分、ゲッツェのパスを受けたバイタルエリア左のバチュアイが持ち上がり、ボックス手前から右足を一戦。強烈なシュートがゴール右上に決まり、2-2とした。 ▽バチュアイの加入後、3戦連発弾で追いついたドルトムントは、終盤にかけてこう着状態に持ち込まれるも、追加タイム1分に勝ち越した。 ▽クロスのルーズボールを拾ったゲッツェのパスをボックス右で受けたバチュアイがシュートを流し込んだ。バチュアイの2ゴールの活躍でアタランタに競り勝ったドルトムントが先勝している。 2018.02.16 05:04 Fri
twitterfacebook
thumb

平日夕方のイタリア杯開催にファンが怒り。リーグ側の説明は…

▽2月28日に行われるコッパ・イタリア準決勝2ndレグの日程が発表され、多くのファンが不満を訴えている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。 ▽怒りを抱えているのは、主にユベントスとアタランタのファンだ。このカードは17時30分のキックオフになることが決定した。28日は水曜日。平日のため、スタジアムに行きたいファンも仕事などで間に合わない人が多くなる。 ▽多くの苦情が寄せられたようで、レーガ・セリエAはこの問題についてコメント。「確かに最良ではない」と認めた上で、「この決断を余儀なくされた」形だとしている。 ▽この日はユベントスvsアタランタのほかに、ラツィオvsミランが20時45分に始まる。 ▽「準決勝の2試合は、2月28日以外に開催できない。準決勝進出4チームが全てヨーロッパの大会で決勝トーナメントに進んでいるため、どちらかを2月27日や3月1日の開催にすることはできなかった」と説明した。 ▽さらに、コッパ・イタリアを放映する『Rai』の影響もある。レーガの説明によると、契約上同時刻開催は両方の試合を見る人のためにも認められていない。そのため、平日の夕方に1試合を開催するしかなかったそうだ。 2018.02.10 22:55 Sat
twitterfacebook
thumb

復帰ブッフォンのPKストップでユベントスがアタランタに先勝《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア準決勝1stレグ、アタランタvsユベントスが30日に行われ、0-1でユベントスが先勝した。 ▽準々決勝でナポリを下してベスト4に進出したアタランタは、3日前に行われ3-0で快勝したサッスオーロ戦のスタメンから3選手を変更。アレハンドロ・ゴメスや守護神のベリシャが先発に戻った。 ▽一方、準々決勝でトリノとのダービーを制してベスト4に勝ち上がったユベントスは、2-0で勝利した直近のキエーボ戦のスタメンから4選手を変更。GKブッフォンが復帰を果たした他、キエッリーニやアレックス・サンドロ、マテュイディといった主力が先発に戻った。 ▽濃い霧に覆われた中でキックオフされた一戦。アタランタがハイプレスをかける入りを見せた中、開始2分にイグアインが左ポスト直撃のシュートを浴びせたユベントスは、直後の3分に先制する。ケディラのスルーパスをバイタルエリア左で受けたイグアインがドリブルで相手DFを突破。ボックス中央に侵入し、GKとの一対一を制した。 ▽その後もアタランタのプレスをかいくぐるユベントスが主導権を握っていたが、アタランタが徐々にポゼッションを高めていた矢先の23分、ベナティアのハンドでアタランタがPKを獲得する。しかし、キッカーのA・ゴメスが枠の右を狙ったシュートはGKブッフォンに読まれて止められてしまった。 ▽守護神のセーブでリードを保ったユベントスは28分に追加点のチャンス。デ・シリオの右クロスをイグアインがダイレクトでシュート。しかしわずかに枠の上を越えていった。さらに36分、ショートカウンターに転じて最後はマテュイディがシュートを放つも枠の上に外してしまった。 ▽ハーフタイムにかけてもショートカウンターを狙うユベントスがアタランタを上回り、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からコーネリウスに代えてイリチッチを投入したアタランタが攻撃を活性化してきた中、受け止めるユベントスは62分にドグラス・コスタに代えてベルナルデスキを投入。 ▽いなし続けるユベントスはイグアインが前線で単騎突破を図り、アタランタをけん制しつつ、主導権を渡さない。 ▽終盤の88分、ルーズボールに反応したボックス右のイリチッチに決定的なシュートを放たれるも、ここもGKブッフォンがファインセーブで阻み、ユベントスが守護神の活躍で先勝している。 2018.01.31 06:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、5連勝で首位キープ! メルテンス久々弾でアタランタ撃破《セリエA》

▽ナポリは21日、セリエA第21節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽リーグ戦4連勝で2位ユベントスと1ポイント差で首位に立つナポリ。今節に向けては、ハムシクが風邪の影響で今シーズン初めてスターティングメンバーから外れ、ベンチスタートとなった。 ▽試合はアタランタの善戦により、拮抗した展開に。序盤からボールの主導権こそ握ったナポリだが、ゴールに迫る形を作りだせず、その中で相手の反撃を受けるなどリズムの構築に苦しむ。 ▽相手にうまくスペースを消されてしまい、攻撃の形を見いだせぬままハーフタイムを迎えたナポリ。49分には、縦に早い仕掛けからジエリンスキがシュートを放つが、枠に飛ばせない。 ▽54分には、左サイドから上がった味方のセンタリングにファーポストに詰めたフリーのカジェホンが反応。冷静にヘディングで合わせるが、相手守備陣の好守に弾かれてしまう。 ▽それでも、ナポリは65分、ついに均衡を破る。カジェホンから相手最終ラインの背後に出された浮き球パスに反応したメルテンスが右足ボレー。これが決まり、ナポリが先制した。 ▽メルテンスの10試合ぶりとなるシーズン11得点目でリードしたナポリは74分、インシーニェに代えてハムシクを投入。だが、攻撃陣の枚数を増やした相手に押し込まれ始めてしまう。 ▽クリバリを中心にアタランタの反撃を耐え凌ぐナポリは、残る2枚の交代カードを使い切りながら逃げ切りを完遂。リーグ5連勝で6試合負けなしとし、首位の座を守った。 2018.01.21 22:30 Sun
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース