超ワールドサッカー

ローマ、ゼコ5戦連発もアタランタとドローで逆転優勝遠のく…《セリエA》2017.04.16 00:04 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節、ローマvsアタランタが15日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。

▽リーグ4連勝で首位ユベントス(勝ち点77)を6ポイント差で追う2位ローマ(勝ち点71)は、前回対戦で敗れた5位アタランタをホームに迎えた。ローマは直近のボローニャ戦から先発3人を変更。フアン・ジェズス、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィに代わって、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ペロッティが先発に入った。

▽注目の上位対決は、開始直後にローマのオフサイドの取り損ねから右サイドを独走したクルティッチがボックス内に持ち込んでクロスを狙うが、ここはDFにブロックされてしまう。

▽時間の経過とともにボールを保持して相手を押し込むローマは、サラーやゼコを起点に攻め手を窺うが、相手守備を崩し切るところまでは至らない。すると22分、左サイドのコンティが低いボールを折り返したところを、中央のクルティッチに見事なダイレクトボレーで合わせられ、先制点を許した。

▽逆転優勝、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインに向けて取りこぼしは許されないローマは、すぐさま反撃を開始。36分には右CKからデ・ロッシがヘディングシュートを放つが、これはGK正面を突く。その後も攻勢を続けるが、前半は1点ビハインドで終了した。

▽迎えた後半、マノラスに代えてブルーノ・ペレスをハーフタイム明けに投入したローマは、50分に追いつく。左サイドからマリオ・ルイが上げたクロスをボックス右のサラーが頭で折り返すと、これをゴール前のゼコがワンタッチで蹴り込み、5試合連続ゴールで得点ランキング単独トップの25点目を記録した。

▽この同点ゴールで勢いづくローマは、56分にペロッティの左CKをファーサイドのデ・ロッシが左足のジャンピングボレーで合わすが、右ポストを叩く。さらに61分にはゼコの絶妙なポストプレーからペロッティが放った強烈なミドルシュートをGKゴッリーニが弾いたところにサラーが詰めるが、押し込めない。

▽前半とは打って変わって相手陣内でハーフコートゲームを展開するローマは65分、高い位置でのペロッティのインターセプトからボックス右でパスを受けたナインゴランが右足を強振するが、このシュートはクロスバーを叩く。

▽後半半ばから終盤にかけても主導権を握るローマだが、相手の粘り強い守備に遭い、攻めあぐねる場面が目立つ。スパレッティ監督はこの状況を受け、デ・ロッシとペロッティを下げてエル・シャーラウィと切り札のトッティをピッチに送り出す。

▽試合終盤にかけて猛攻を見せたローマだったが、試合は1-1のままタイムアップ。アタランタとの上位対決をドローで終えたローマは、連勝が「4」でストップすると共に同時刻に行われた試合で勝利したユベントスとの勝ち点差が8ポイントに広がってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

逃げ切り失敗のユーベがCLモナコ戦に不安残すドロー…健闘アタランタはEL出場へ大きな勝ち点1《セリエA》

▽セリエA第34節、アタランタvsユベントスが28日にアトレティ・アズーリ・ディタリアで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽リーグ3連勝でセリエA6連覇に向けて快走するユベントス(勝ち点83)は、来週ミッドウィークにモナコとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグが控える中で5位アタランタ(勝ち点63)との上位対決に臨んだ。モナコ戦に向けて主力温存も噂されたユベントスだが、モナコ戦出場停止のケディラを含め、同試合で先発起用が濃厚なベストメンバーを起用。前線にはクアドラード、ディバラ、マンジュキッチ、イグアインの4人のアタッカーが並んだ。 ▽難攻不落のアトレティ・アズーリ・ディタリアで幕を開けた一戦は、立ち上がりから素早い攻守の切り替えとサイドを起点に推進力のある攻めを見せるアタランタが主導権を握る。 ▽ハイプレスとリトリートを巧みに織り交ぜた連動した守備でユベントスに決定機を許さないホームチームは、21分に持ち上がったトロイがミドルシュートを狙うと、29分にはキエッリーニの縦パスをカットしたアンドレア・コンティのお膳立てからフロイラーがGKと一対一を迎えるが、ここは名手ブッフォンが冷静な対応で阻む。 ▽一方、相手のマンマークディフェンスと素早い囲み込みに苦しみ攻撃の形を見い出せないユベントスは、25分を過ぎてようやくイグアインにシュートチャンスが訪れるも、いずれも決定機には至らず。37分にはキエッリーニの左クロスに大外で反応したクアドラードに絶好機も、ここはボレーシュートを枠に飛ばせない。 ▽前半終盤にかけてもコンティの右サイドを起点に鋭い仕掛けを続けるアタランタは、43分にゴール前へ飛び込んだアレハンドロ・ゴメスに決定機も、ここは決め切れず。それでも45分、ボックス内でクルティッチの放ったシュートのこぼれ球を拾ったゴメスがボックス左で折り返したボールをファーに飛び込んだコンティが右足ワンタッチで流し込み、公式戦5試合連続クリーンシート中のユベントスの堅守を破った。 ▽良いところなく前半を1点ビハインドで終えたユベントスだが、後半立ち上がりに幸運な形から同点に追いつく。50分、ボックス手前右角で得たFKからキッカーのピャニッチがアウトスウィングのクロスをファーサイドに送ると、これがボヌッチのマークに付いていたスピナツォーラの頭に当たってゴールインした。相手のオウンゴールでスコアをタイに戻したユベントスは、直後にディバラ、イグアインがボックス内で際どいシュートを放つが、いずれのシュートもGKベリシャの好守に阻まれる。 ▽一方、課題のセットプレーから追いつかれたアタランタだが、55分にアレハンドロ・ゴメスの強烈なミドルシュートでGKブッフォンにファインセーブを強いるなど、気後れせずに勝ち越しゴールを目指す。 ▽後半に入って主導権を掴んだユベントスは、69分にケディラが強烈なミドルシュートでゴールに迫ると、71分にもセットプレーから決定的なヘディングシュートを放つが、GKベリシャのビッグセーブに阻まれる。畳みかけたいアッレグリ監督は、79分にクアドラードを下げてリヒトシュタイナーを投入すると、この交代が逆転ゴールをもたらす。 ▽83分、相手陣内左サイドでボールを持ったピャニッチがゴール右のスペースに絶妙な浮き球フィードを送ると、先ほどの選手交代で右ウイングにポジションを上げていたダニエウ・アウベスが見事なダイビングヘッドを流し込んだ。采配的中で逆転に成功した指揮官は、殊勲のダニエウ・アウベス、ディバラを下げてバルザーリ、レミナを投入し、このリードを守り切りに行く。 ▽一方、善戦しながらも逆転を許したアタランタは、ケシエに続いてペターニャを投入し、同点ゴールを目指す。84分にケディラのミスパスを奪ったアレハンドロ・ゴメスの決定機はGKブッフォンの好守に遭うが、土壇場の89分に追いつく。ペターニャの絶妙なポストプレーからコンティの鋭い折り返しが、ピャニッチとリヒトシュタイナーの連係ミスを誘い、ルーズボールに反応したフロイラーがゴール前に抜け出す。この抜け出しは名手ブッフォンに防がれるも、こぼれ球を腰に当てたフロイラーがそのままゴール前に飛び出し、体勢を崩しながらも右足で蹴り込んだ。 ▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、白熱の上位対決は2-2のドローで決着。盤石采配で逃げ切りを図りながらも追いつかれたユベントスは、リーグ戦の連勝が「3」でストップすると共に、CLモナコ戦に向けてやや不安を残す結果となった。一方、ユベントス相手に8年ぶりの勝ち点奪取に成功したアタランタは、6戦無敗でヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて貴重な勝ち点1を手にした。 2017.04.29 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディ&バネガのWトリプレッタのインテルがアタランタを7発粉砕《セリエA》

▽セリエA第28節インテルvsアタランタが12日に行われ、7-1でインテルが圧勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場はしなかった。 ▽前節カリアリ戦を5発圧勝して勝利を取り戻した6位インテル(勝ち点51)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位ナポリを6ポイント差で追走。そのインテルはカリアリ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽対する5位アタランタ(勝ち点52)は、前節フィオレンティーナ戦では優勢ながらも0-0に終わった。そのアタランタはA・マジエッロが出場停止となった一方、ケシエが出場停止から復帰した。 ▽立ち上がりから主導権争いが続いた中、ペターニャのポストプレーを起点に徐々に流れを引き寄せたアタランタは8分、アレハンドロ・ゴメスがミドルシュートでゴールに迫る。 ▽しかし17分、インテルが最初のチャンスを生かす。バネガの直接FKは壁に当たるも、ルーズボールをボックス中央のイカルディが蹴り込んで先制点をもたらした。 ▽さらに23分、イカルディがボックス内でスピナッツォーラとうまく入れ替わると、飛び出したGKベリシャに倒されてPKを獲得。これを自らイカルディがクッキアイオで決めて追加点を獲得した。 ▽そして26分、CKのショートコーナーを受けた右サイドゴールライン際のバネガのクロスをニアサイドのイカルディが頭で合わせてネットを揺らし、9分間でハットトリック達成。続く31分にはボックス右ゴールライン際からのカンドレーバの折り返しをバネガが合わせて4-0としたインテルは、34分にもカンドレーバの右サイドからの折り返しをバネガが合わせて5-0とした。 ▽その後、42分にフロイラーにドリブルシュートを決められたインテルだったが、5-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半開始7分、インテルがさらに1点を追加する。ボックス左のバネガの横パスをガリアルディーニがダイレクトでゴール左上へ叩き込んだ。 ▽ガリアルディーニの古巣への恩返し弾で6-1としたインテルは、アレハンドロ・ゴメスのミドルシュートでゴールを脅かされるも、GKハンダノビッチが好守で阻止する。すると68分、ゴール正面で得たFKをバネガがゴール右へ決めてイカルディと共にハットトリック達成。 ▽7-1としたインテルは終盤にかけてアタランタに何もさせずに圧勝。CL出場権争いに食らいついている。 2017.03.13 00:56 Mon
twitterfacebook
thumb

好調アタランタが猛攻見せるもフィオレンティーナとゴールレスドロー《セリエA》

▽5日にセリエA第27節のアタランタvsフィオレンティーナが行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽リーグ戦6戦未勝利の4連勝と勢いに乗る4位のアタランタ(勝ち点51)が、2戦未勝利となっている8位のフィオレンティーナ(勝ち点41)をホームに迎えた一戦。立ち上がりから両チームともに縦に素早く攻めるオープンな展開となる中、アタランタは3分に左サイドからのFKでゴール前のA・コンティがバックヘッドで狙うが、GKの正面に飛んでしまった。さらに5分にはボックス左のフロイラーがヒールで流したボールをペターニャが狙うも、逆サイドを狙ったシュートは枠を捉えきれなかった。 ▽勢いに乗るアタランタは6分にボックス右の深い位置まで侵入したペターニャの折り返しに、アレハンドロ・ゴメスが飛び込むが合わせられず。7分に左サイドで裏を取ったアレハンドロ・ゴメスが、カットインから右足を振り抜くも枠を捉えきれなかった。対するフィオレンティーナは、アグレッシブなアタランタに押し込まれ、ボールを奪ってもスタートポジションが低く、すぐにアタランタの網にかかってしまう。33分にはボックス左に侵入したテージョが右足で狙うなど攻撃の形を見せたが、ここはGKベリシャに止められた。 ▽結局前半はゴールレスで終えると、アタランタはハーフタイムでダレッサンドロを下げてグラッシを投入する。しかし最初のチャンスはフィオレンティーナで、50分にヴェシーノがドリブルでマークを剥がしてボックス手前から右足で狙う。しかしここは枠を捉えきれず、フィオレンティーナはチャンスを逸した。アタランタは55分、ボックス手前左の位置でFKを獲得。アレハンドロ・ゴメスがこれを狙うが、クロスバーを越えていった。 ▽迎えた57分、フィオレンティーナは味方選手が放ったシュートのこぼれ球をヴェシーノがバイシクルで合わせて、ついにゴールネットを揺らす。しかしヴェシーノのポジションはオフサイドで、このゴールは認められなかった。以降は再びアタランタが主導権を握る展開となるも、こちらも決定機を作りながら決めきれず。74分にはアレハンドロ・ゴメスのヒールパスがボックス内でこぼれるとフロイラーが狙うが、GKのセーブにあって得点とはならない。 ▽77分にも左サイドから切り崩したアタランタは、ペターニャがニアで合わせるも、ボールはGKに当たってラインを割る前にかき出される。再三再四の攻撃を見せるアタランタだったが、最後までゴールを奪うことはなく試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.03.05 22:23 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレのPK一発でラツィオ辛勝、上位陣を追走《セリエA》

▽ラツィオは26日、セリエA第26節でウディネーゼをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節エンポリに2-1と逆転勝利した6位ラツィオ(勝ち点47)が、2連敗中の13位ウディネーゼ(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。 ▽出場停止のビリアの代役にムルジャを中盤アンカーに据え、3トップに右からフェリペ・アンデルソン、インモービレ、ケイタと並べる[4-3-3]で臨んだラツィオが立ち上がりからボールを保持していく。そんな中7分、D・サパタにボックス左まで持ち運ばれてフィニッシュされ、GKストラコシャが強襲される。 ▽その後もラツィオが押し込む流れとなるものの、ウディネーゼの守備網を攻略するには至らない。結局、前半に目立ったチャンスは作れず、0-0でハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半も前がかるラツィオがウディネーゼを押し込んでいく展開とする。しかし、シュートに結びつかずにいると、59分にS・インザーギ監督が動く。パトリックとホードに代えてミリンコビッチ=サビッチとバスタの両主力を投入した。 ▽すると72分、左クロスをクリアにかかったボックス内のアリ・アドナンがハンドを犯し、ラツィオがPKを獲得。これをインモービレがゴール左に決めて待望の先制点を決めた。これが決勝点となってラツィオが辛勝。チャンピオンズリーグ圏内の3位ナポリとは4ポイント差に縮めている。 2017.02.27 01:04 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタがカルダーラのドッピエッタでナポリとの上位対決を制す《セリエA》

▽セリエA第26節ナポリvsアタランタが25日に行われ、0-2でアタランタが勝利した。 ▽前節キエーボ戦を3-1と快勝してリーグ戦3連勝とした3位ナポリ(勝ち点54)と、ここ5試合で4勝と絶好調の4位アタランタ(勝ち点48)による上位対決。 ▽両チーム、現状のほぼベストメンバーを送り込んだ一戦。立ち上がりから仕掛けたナポリは6分、インシーニェが得意の左45度から決定的なシュートを浴びせる。しかし、これ以降は自陣に引くアタランタを崩しきれない状況が続いた。 ▽すると28分、右CKの流れからカルダーラが頭で押し込み、アタランタが最初のチャンスを生かして先制する。 ▽追う展開となったナポリは39分に決定機。絶妙なトラップでカルダーラを突破したメルテンスがボックス中央へ侵入。しかし、シュートはわずかに枠の左へ外れてしまう。さらに前半終了間際、メルテンスの直接FKが枠を捉えたが、GKベリシャの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半開始30秒、ロングボールに抜け出したペターニャがGKレイナを強襲するシュートを浴びせると、ひやりとしたナポリは59分にハムシクに代えてミリクを投入。すると67分、カウンターを止めにかかったケシエに2枚目のイエローカードが提示され、ナポリは数的優位となった。 ▽しかし70分、アタランタに追加点が生まれる。ボックス左のスピナッツォーラの右足アウトでの絶妙なクロスに流れの中で上がっていたカルダーラがボレーで叩き込んだ。カルダーラのドッピエッタでリードを広げたアタランタは、その後のナポリの反撃を許さずに上位対決を勝利。ナポリに3ポイント差に迫っている。 2017.02.26 04:11 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース