イグアインの2試合連続ドッピエッタで最下位に快勝のユベントスがローマとの勝ち点差を8に拡大《セリエA》2017.04.15 23:52 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは15日、セリエA第32節でペスカーラとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。

▽前節キエーボ戦をイグアインのドッピエッタで勝利した首位ユベントス(勝ち点77)は、2位ローマとの6ポイント差を維持。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグのバルセロナ戦ではディバラのドッピエッタなどで3-0と快勝した。好調を維持するチームはバルセロナ戦のスタメンから6選手を変更。出場停止のボヌッチを欠く中、ディフェンス陣を総入れ替えし、マルキジオを起用した。

▽4日後にバルセロナとの2ndレグを控える中、ここ2試合引き分けているものの残留が絶望的な最下位ペスカーラ(勝ち点14)に開始早々、ユベントスはブルクマンに枠内シュートをマークされると、ペスカーラの鋭い出足の前にやや面を食らった立ち上がりとなってしまう。

▽それでも、徐々にポゼッションを高めていくと、10分に決定機。ボックス左に流れたイグアインの折り返しを、マンジュキッチがダイレクトでシュート。しかし、GKの正面を突いてしまう。

▽それでも22分、クアドラードがボックス右から放った強烈なシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをすかさず拾ったクアドラードが折り返し、最後はイグアインが難なく押し込んだ。

▽その後、イグアインのヘディングシュートで追加点に近づいたユベントスは、37分にボックス右に流れたイグアインのボレーシュートがGKを強襲。すると43分に突き放す。右サイドからのピャニッチのクロスをファーサイドのマンジュキッチがヘッドで折り返すと、イグアインが難なく押し込んだ。

▽余裕のユベントスは後半からピャニッチに代えてリンコンを投入。しかし、ムンタリとの接触で右足を痛めたディバラが交代を訴え、ストゥラーロとの交代を強いられる。そのストゥラーロは60分、クアドラードの浮き球パスを受けてボックス左からシュートに持ち込むも、GKのセーブに阻まれた。

▽無理せず試合を締めにかかるユベントスは、終盤にかけてペスカーラに何もさせず2-0のままフィニッシュ。アタランタに引き分けた2位ローマとの勝ち点差を8ポイントに広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

ピルロ氏、自身の引退試合で集まった収益2700万円を慈善団体に寄付

▽元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏が、先日行われた自身の引退試合での収益を慈善団体に寄付したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽昨年11月6日に現役引退を表明したピルロ氏。そんな同氏の引退試合『ラ・ノッテ・デル・マエストロ(マエストロの夜)』が今年5月21日に行われ、過去のチームメイトやライバルたちとのゲームを楽しみ、ピルロ氏は盛大にピッチに別れを告げた。 ▽今回伝えられるところによると、同試合で得られた収益は21万4000ユーロ(約2700万円)。その金額が「la Fondazione Vialli e Mauro」と「El vuelo de Pietro Onlu」の2団体に均等に寄付された。これらの寄付金はブレシアやケニアの病院建設などに割り当てられるようだ。 2018.06.23 01:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、カンセロ獲得が決定的! 48億円で合意か

▽バレンシアに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(24)のユベントス移籍が決定的な様相だ。 ▽『イタリア・スカイ・スポーツ』など複数メディアによれば、バレンシアは当初、カンセロの完全移籍額として4000万ユーロ(約51億円)を要求。だが、ユベントスはこのたび、移籍金3800万ユーロ(約48億5000万円)で合意に達したという。カンセロは昨夏、インテルにローン移籍。主に右サイドバックとして、セリエAの26試合に出場して1得点4アシストを記録した。 ▽5月まで有効な3500万ユーロ(約44億7000万円)の買取オプションを保有していたインテルだが、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の足かせがあり、行使を断念。バレンシアも財政的な問題で選手の売却を迫られているとみられる。 2018.06.22 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスがリバプール退団のジャン獲得を発表、契約は4年

▽ユベントスは21日、リバプールを退団したドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金は発生していない。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。セントラルMFを主戦場に、4年間在籍したリバプールでは公式戦通算167試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。2017-18シーズンは終盤に背中を負傷してチームを離脱していたが、5月26日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝(1-3で敗北)に途中出場するなど、公式戦38試合6ゴール5アシストの成績を残していた。 ▽ユベントスへの移籍が決まったジャンはユベントスのインスタグラムで次のようにコメントした。 「正式にユベントスのプレーヤーとなった。ここに来るのが待ち切れなかったよ。僕は勝利を求めている。フォルツァ、ユーベ!」 2018.06.21 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

激化するピャニッチ争奪戦、元ユーベディレクターはチェルシー入りを明言

▽ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)を巡る争奪戦はチェルシーが制したのかもしれない。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽激化するピャニッチ争奪戦。バルセロナ、レアル・マドリー、マンチェスター・シティといったビッグクラブが獲得に乗り出しているといわれる中、ユベントスのディレクターを務めていたルチアーノ・モッジが今夏のチェルシー加入を明言した。 ▽ピャニッチとユベントスの契約は2021年までとなっており、移籍金は少なくとも6000万ユ―ロから8000万ユ―ロが必要になる模様。メディアの多くは、バルセロナ行きの可能性が最も高いと報じている。 2018.06.21 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスやマンチェスター勢がドイツ撃破の立役者に関心か

▽メキシコ代表のFWイルビング・ロサーノに対して、ユベントスが関心を示している。メキシコ『レコルド』の報道をイタリア『トゥットスポルト』などが引用した。 ▽ロサーノは現在開催中のロシア・ワールドカップで注目を集めている選手。初戦で王者ドイツ撃破の立役者になった22歳だ。 ▽メキシコメディアによると、オランダのPSVでプレーするロサーノに対して、先週はマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドから関心があったという。ただ、ユベントスからも問い合わせがあったとのことだ。 ▽ロサーノに対する関心はこれからさらに高まるかもしれない。 2018.06.20 22:40 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース