イグアインの2試合連続ドッピエッタで最下位に快勝のユベントスがローマとの勝ち点差を8に拡大《セリエA》2017.04.15 23:52 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは15日、セリエA第32節でペスカーラとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。

▽前節キエーボ戦をイグアインのドッピエッタで勝利した首位ユベントス(勝ち点77)は、2位ローマとの6ポイント差を維持。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグのバルセロナ戦ではディバラのドッピエッタなどで3-0と快勝した。好調を維持するチームはバルセロナ戦のスタメンから6選手を変更。出場停止のボヌッチを欠く中、ディフェンス陣を総入れ替えし、マルキジオを起用した。

▽4日後にバルセロナとの2ndレグを控える中、ここ2試合引き分けているものの残留が絶望的な最下位ペスカーラ(勝ち点14)に開始早々、ユベントスはブルクマンに枠内シュートをマークされると、ペスカーラの鋭い出足の前にやや面を食らった立ち上がりとなってしまう。

▽それでも、徐々にポゼッションを高めていくと、10分に決定機。ボックス左に流れたイグアインの折り返しを、マンジュキッチがダイレクトでシュート。しかし、GKの正面を突いてしまう。

▽それでも22分、クアドラードがボックス右から放った強烈なシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをすかさず拾ったクアドラードが折り返し、最後はイグアインが難なく押し込んだ。

▽その後、イグアインのヘディングシュートで追加点に近づいたユベントスは、37分にボックス右に流れたイグアインのボレーシュートがGKを強襲。すると43分に突き放す。右サイドからのピャニッチのクロスをファーサイドのマンジュキッチがヘッドで折り返すと、イグアインが難なく押し込んだ。

▽余裕のユベントスは後半からピャニッチに代えてリンコンを投入。しかし、ムンタリとの接触で右足を痛めたディバラが交代を訴え、ストゥラーロとの交代を強いられる。そのストゥラーロは60分、クアドラードの浮き球パスを受けてボックス左からシュートに持ち込むも、GKのセーブに阻まれた。

▽無理せず試合を締めにかかるユベントスは、終盤にかけてペスカーラに何もさせず2-0のままフィニッシュ。アタランタに引き分けた2位ローマとの勝ち点差を8ポイントに広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスCEOマロッタ氏、ディバラ残留に疑いなし「間違いなく残る」

▽ユベントスで最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏は、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(24)の売却は考えていないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽「La Joya(宝石)」の愛称で親しまれているディバラは、2015年6月にパレルモから移籍金3200万ユーロ(当時のレートで約45億円)でユベントスへ加入。これまで2度のセリエA制覇とコッパ・イタリア制覇に貢献してきた。今シーズンもここまで公式戦28試合で17ゴール5アシストを記録しており、現在マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンといったビッグクラブから獲得への関心が寄せられている。 ▽そんな中、マロッタ氏はディバラの売却について「売る必要がない」と主張し、ユベントスに残留することをイタリア『スカイ』に語っている。 「彼は非常に強いプレーヤーだ。そして、ディバラを信頼している。我々は選手たちが頼まない限り、誰も売却をする必要がない。そのため、ディバラは間違いなくユベントスに残る」 2018.01.19 13:07 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月19日は、『Vogue』や『GQ』などの有名ファッション誌の表紙も飾るほどのイタリア代表のイケメンMF

◆クラウディオ・マルキジオ 【Profile】 国籍:イタリア 誕生日:1986/1/19 クラブ:ユベントス ポジション:MF 身長:179㎝ 体重:76㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月19日はイタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ ▽ユベントスの下部組織出身のマルキジオ。2007-08シーズンのエンポリへのレンタル移籍を除けば、2005年にトップチームデビューして以来、ビアンコネーロ一筋を貫いている。 ▽これまで在籍13年間で、ユバントスで出場した公式戦はじつに380試合。獲得したトロフィーは「14」を数え、11-12シーズンからの6連覇には多大な貢献を果たした。10-11、11-12シーズンにはセリエAチームオブザイヤーに選出。14-15シーズンではチャンピオンズリーグのチームオブザイヤーにも選ばれている。 ▽2009年8月には、スイス代表との親善試合でイタリア代表デビュー。2010年のワールドカップでは、グループステージで1勝もできないまま大会から姿を消すという苦い経験をしたが、ユーロ2012年では決勝に進出。当時無類の強さを誇ったスペイン代表に完敗したが、大会では全6試合にフル出場し、イタリア代表の準優勝に大きく貢献した。 ▽マルキジオといえば、プレースタイルだけでなくその顔も人気の1つだ。セリエAナンバーワンイケメンとの呼び声も高い同選手は、『Vogue』や『GQ』などの有名ファッション誌の表紙も飾るほどだ。世界中に女性ファンがいるといわれているが、ファンからしたら残念なことに既婚。子供も授かっており、ミルクを与えてあやすというイクメンぶりも発揮している。 ※誕生日が同じ主な著名人 エドガー・アラン・ポー(小説家) 横山ひろし(漫才師/横山たかし・ひろし) 松任谷由実(シンガーソングライター) マウロ・タソッティ(元サッカー選手) 松重豊(俳優) ウド鈴木(お笑い芸人/キャイーン) 仲川礼二(漫才師/中川家) 川本真琴(シンガーソングライター) Cocco(シンガーソングライター) アシエル・デル・オルノ(サッカー選手) 宇多田ヒカル(シンガーソングライター) 加藤未央(女優) ニコラス・パレハ(サッカー選手) 山本裕典(俳優) ジョアン・マリオ(サッカー選手) マティアス・ギンター(サッカー選手) 2018.01.19 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

エムレ・ジャン獲得報道も…マロッタCEO「選手の望みを最大限に尊重する」

▽ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、獲得が噂されているリバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャン(23)についてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今シーズン限りでリバプールとの契約が満了を迎えるジャンだが、クラブとの交渉は進展が見られず。今冬以降に退団することが濃厚だと言われてきた。そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ』は以前、かねてより興味を示してきたユベントスが今夏の移籍で原則合意に達したと報じてきた。 ▽しかしその後、ジャンは「まだどのクラブとも契約していない」と噂を否定。さらに「今はリバプールの選手で、ここは素晴らしいクラブなんだ」とリバプールへの愛着を口にしていた。 ▽今回、イタリア『スカイ・スポーツ』はマロッタCEOのコメントを掲載。それによると、移籍に関する合意はされていないと明かし、現在は獲得に向けて動いている状況のようだ。 「エムレ・ジャンについては、契約満了が迫っている選手であり、我々は彼と交渉が行える状況にある。そういった正しい道のりをたどってアプローチをしている」 「リバプールとの契約延長の噂もあるが、それはわからない。ただ、我々としては彼を獲得できるように最大限の努力を行っている。そして一番大事なことは、選手の望みを最大限に尊重することだ」 2018.01.18 09:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーべ所属25年のマルキジオの退団が近づく…将来は先輩ピルロに倣いMLSへ?

ユベントスに所属する元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオがシーズン終了後のMLS移籍を検討していると、イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。<br><br>マルキージオは地元トリノ出身で7歳の時からユべントスに所属する。2007-08シーズンにエンポリへレンタル移籍したものの、翌年には復帰し、以降ユベントス一筋を貫いている。<br><br>2015-16シーズン終盤に左ひざ十字靭帯を断裂する重傷を負い、昨シーズンの大部分を棒に振った。今シーズンこそ再起の年として期待されたが、開幕直後に古傷を負傷するアクシデントにも見舞われた。長年にわたり、ユベントスの中盤において代えのきかない存在として君臨していたマルキジオだが、厳しいポジション争いの中、本来のフィジカルコンディションを取り戻すことができず、ベンチを温める日々が続いている。<br><br>現状を踏まえ、31歳のマルキージオは今シーズン終了後の移籍を検討している。2015年夏にニューヨーク・シティへと渡り、昨年11月に38歳で現役引退を迎えた先輩、アンドレア・ピルロのようにMLSでの新たな冒険に意欲を示していると見られる。ユベントスでのラストシーズンとなるかもしれない今年、マルキジオは有終の美を飾るべく復活へ望みをかける。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 13:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラ&マルキジオは30~40日の離脱に…ユーベが検査結果を発表

▽ユベントスは16日、負傷者に関する最新の検査結果を発表した。 ▽現在、ユベントスでは筋肉系に問題を抱えるFWパウロ・ディバラとMFクラウディオ・マルキジオ、コンディションに問題を抱えるGKジャンルイジ・ブッフォン、MFフアン・クアドラードの4人の主力が戦線離脱を強いられている。 ▽そして、ユベントスは16日、その4選手に関する最新の検査結果を明かした。 ▽前述のディバラとマルキジオに関しては、復帰まで30~40日を要すると発表しており、2月13日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、トッテナム戦での復帰に向けて照準を合わせているようだ。 ▽一方、ブッフォンとクアドラードに関しては経過が良好と伝えているが、現時点では別メニュー調整が続いており、復帰までにはもうしばらく時間がかかる見込みだ。 ▽なお、ユベントスはウインターブレーク明け初戦となる22日のセリエA第21節でジェノアとホームゲームを戦う予定だ。 2018.01.17 02:50 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース