超ワールドサッカー

イグアインの2試合連続ドッピエッタで最下位に快勝のユベントスがローマとの勝ち点差を8に拡大《セリエA》2017.04.15 23:52 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは15日、セリエA第32節でペスカーラとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。

▽前節キエーボ戦をイグアインのドッピエッタで勝利した首位ユベントス(勝ち点77)は、2位ローマとの6ポイント差を維持。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグのバルセロナ戦ではディバラのドッピエッタなどで3-0と快勝した。好調を維持するチームはバルセロナ戦のスタメンから6選手を変更。出場停止のボヌッチを欠く中、ディフェンス陣を総入れ替えし、マルキジオを起用した。

▽4日後にバルセロナとの2ndレグを控える中、ここ2試合引き分けているものの残留が絶望的な最下位ペスカーラ(勝ち点14)に開始早々、ユベントスはブルクマンに枠内シュートをマークされると、ペスカーラの鋭い出足の前にやや面を食らった立ち上がりとなってしまう。

▽それでも、徐々にポゼッションを高めていくと、10分に決定機。ボックス左に流れたイグアインの折り返しを、マンジュキッチがダイレクトでシュート。しかし、GKの正面を突いてしまう。

▽それでも22分、クアドラードがボックス右から放った強烈なシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをすかさず拾ったクアドラードが折り返し、最後はイグアインが難なく押し込んだ。

▽その後、イグアインのヘディングシュートで追加点に近づいたユベントスは、37分にボックス右に流れたイグアインのボレーシュートがGKを強襲。すると43分に突き放す。右サイドからのピャニッチのクロスをファーサイドのマンジュキッチがヘッドで折り返すと、イグアインが難なく押し込んだ。

▽余裕のユベントスは後半からピャニッチに代えてリンコンを投入。しかし、ムンタリとの接触で右足を痛めたディバラが交代を訴え、ストゥラーロとの交代を強いられる。そのストゥラーロは60分、クアドラードの浮き球パスを受けてボックス左からシュートに持ち込むも、GKのセーブに阻まれた。

▽無理せず試合を締めにかかるユベントスは、終盤にかけてペスカーラに何もさせず2-0のままフィニッシュ。アタランタに引き分けた2位ローマとの勝ち点差を8ポイントに広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

ピケが望む今年のバロンドールは?「メッシがふさわしいけど…」

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが、今年のバロンドールについてコメントした。イタリア『メディアセット』でピケが語った。 ▽ピケは今年のバロンドールについて、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが獲得することを望んでいるようだ。イタリア代表、そしてユベントスの守護神としてゴールマウスに君臨し続けているブッフォン。今シーズンは前人未到のセリエA6連覇を達成。6月3日には、チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと対戦。コッパ・イタリアも制しており、シーズン3冠の可能性を残している。 ▽ピケは、今年のバロンドールについてチームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞にふさわしいと信じているものの、ブッフォンが受賞することを望んでいると語った。 「今シーズンのメッシは、ゴールデンシューを獲得した。バロンドールを再び受賞するにふさわしいだろう」 「でも、もしトロフィーを見たとき、ブッフォンはスクデット、コッパ・イタリア、そしてチャンピオンズリーグを獲る可能性がある」 「彼のキャリアは受賞するにふさわしい。そして今シーズンも値する。レフ・ヤシン以来、GKが受賞するのも良いと思う」 ▽ピケは、宿敵レアル・マドリーとユベントスによるチャンピオンズリーグについても言及。準決勝で自分たちが敗れたユベントスの勝利を願っているようだ。 「素晴らしい2チームによる試合になるだろう。ユベントスはここ何年も素晴らしい結果を残している。彼らはブッフォンのような素晴らしい選手もいるし、このトロフィーを初めて掲げたいとも思っているだろう。そして、元チームメイトのダニ・アウベスが勝つところを見せてくれるだろう」 2017.05.23 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イニエスタにユベントス行きが浮上か? バルサ退団を決断した場合には興味とも

▽今夏のバルセロナ退団が噂されるスペイン代表MFアンドレス・イニエスタにユベントス行きの可能性が浮上した。『コリエレ・デッロ・スポルト』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などイタリアの複数メディアが報じた。 ▽バルセロナとの契約が残り1シーズンとなっているイニエスタ。2018年6月までの契約となっているものの、現時点でバルセロナとの契約延長の話がでていない。 ▽下部組織からバルセロナ一筋で過ごしてきたイニエスタの退団は考えにくいものの、アル・サッド(カタール)に移籍したMFチャビ・エルナンデスやGKビクトール・バルデス(ミドルズブラ)などのことを考えれば、退団の可能性はゼロとは言えず。退団を決意した場合には、ユベントスが獲得に動くのではないかと見られている。 ▽また、ユベントスには長年バルセロナでプレーしていたブラジル代表DFダニエウ・アウベスが所属しており、契約交渉に問題が生じれば説得に役立つ可能性があるとも報じられている。果たして、イニエスタの決断はどうなるのだろうか。 2017.05.23 17:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスとデ・シリオが今夏移籍で個人合意か

▽イタリア『トゥットスポルト』は22日、ユベントスがミランに所属するイタリア代表DFマッティア・デ・シリオ(24)と個人合意に達したを報じた。 ▽デ・シリオに巡っては、以前からユベントス移籍の可能性が取り沙汰されてきた。そうした中、今回の報道によれば、ユベントスでゼネラルマネージャーを務めるジュゼッペ・マロッタ氏、スポーツディレクターのファビオ・パラティチ氏が、デ・シリオと話し合い、今夏移籍で話をまとめたという。 ▽一方で、ミランとのデ・シリオの移籍交渉においては、依然として未合意。とはいえ、ユベントスはミランとの契約が2018年で満了となるデ・シリオの移籍金に関して、さほど高額なものにならないと見込んでいるようだ。 ▽ミランのプリマヴェーラで育ったデ・シリオは、2011年にマッシミリアーノ・アッレグリ現ユベントス監督の下でトップチームデビュー。今シーズンはセリエA25試合に出場した。また、イタリア代表においては2013年にデビュー。これまで31試合のキャップ数を記録している。 2017.05.23 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス指揮官、リーグ制覇でCLへの準備を開始「まずは2冠を祝う」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がスクデット獲得を喜ぶコメントを残している。『OMISNIPORT』が伝えた。<br><br>ユベントスは21日、セリエA第37節でクロトーネと対戦し、3-0の勝利。残り1節を残して6シーズン連続33回目の優勝を決めた。<br><br>アッレグリ監督は「今日の勝利は尋常ならざるものだと思う。リーグ6連覇というのはなかなかないことだ。普通なら再現不可能だね」と偉業達成を喜んだ。<br><br>そして「次はチャンピオンズリーグ決勝だ。精神と肉体のエネルギーを回復させる必要がある。この勝ち取ったリーグタイトルを楽しむよ。水曜にコッパ・イタリアを獲ったが、祝う時間がなかったから、両方の成果を祝うことにするよ」と次の目標へと目を向けた。<br><br>2冠を達成したユベントスは28日、最終節でボローニャと対戦し、6月3日のチャンピオンズリーグ決勝戦に臨む。<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 07:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがDFベナティアに続き、MFクアドラードの買取OPも行使! 2020年までの3年契約

▽ユベントスは22日、チェルシーからレンタル移籍中のコロンビア代表MFファン・クアドラード(28)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。ユベントスとベナティアは、2020年6月30日までの契約を締結している。 ▽前年度に続き、昨夏の移籍市場でチェルシーから買い取りオプション付きの500万ユーロ(約5億7000万円)の有償レンタルで加入したクアドラードは、公式戦43試合に出場して国内2冠獲得とチャンピオンズリーグ決勝進出に貢献していた。 ▽このパフォーマンスを評価したクラブは、2000万ユーロ(約25億円)に設定されていた買い取りオプションを行使することを決断。なお、ユベントスは2000万ユーロを3年間の分割でチェルシーに支払うことになる。 2017.05.23 05:00 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース