レーティング:インテル 2-2 ミラン《セリエA》2017.04.15 21:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節インテルvsミランのミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はフル出場し、ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 6.0
2失点も好守が目立った

DF
33 ダンブロージオ 5.0
デウロフェウとのマッチアップで劣勢に

17 メデル 5.5
ややデウロフェウのスピードに翻弄されるも食らいつく

25 ミランダ 5.0
不用意なボールロストがあり、ロマニョーリに付ききれず失点に関与

55 長友佑都 6.0
スソを徹底マークし、動きを封じる

MF
87 カンドレーバ 6.0
一瞬の隙を突いて1stチャンスをモノに

(→ビアビアニ -)

5 ガリアルディーニ 5.5
序盤はミスが目立ったが、先制点をアシスト

6 ジョアン・マリオ 6.0
6試合ぶりのスタメン。潤滑油となる

(→ムリージョ -)

7 コンドグビア 6.0
潰しの面で利いていた

44 ペリシッチ 6.0
2点目をアシスト。要所での突破が利いていた

(→エデル 5.5)
左サイドから何度か打開する

FW
9 イカルディ 6.0
少ないチャンスを生かしてダービー初ゴール

監督
ピオリ 6.0
逃げ切りに失敗したが、ミラン攻撃陣を長友の抜擢でうまく封じていた

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
99 ドンナルンマ 5.5
1失点目はややポジショニングが中途半端だった

DF
96 カラブリア 5.0
2失点目の場面ではペリシッチに出し抜かれた

17 サパタ 6.0
終了間際の劇的弾で勝ち点1をもたらす

13 ロマニョーリ 6.0
2失点目の場面ではイカルディのマークを見失ったが、反撃の狼煙を上げるゴールを挙げた

2 デ・シリオ 5.0
カンドレーバに付ききれず先制点献上

MF
14 M・フェルナンデス 5.0
パシャリッチの代役も存在感なし

23 ホセ・ソサ 5.0
特に目立った働きはなし

(→ラパドゥーラ -)

33 クツカ 5.0
1度ボックス内に進入してPKを獲得しかけたがそれだけ

(→ロカテッリ 5.5)
ハードに戦う

FW
8 スソ 5.5
長友のマンマークに苦しむも、1アシスト

70 バッカ 5.5
相手の2センターバックの前に沈黙も最後に仕事

7 デウロフェウ 6.5
スピードで相手守備陣を翻弄

監督
モンテッラ 6.0
超攻撃的な布陣に変更し、劇的に追いついた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デウロフェウ(ミラン)
▽スソを封じられた中、デウロフェウが躍動。抜群のスピードを生かした突破でインテル守備陣を翻弄した。終了間際の劇的弾は彼のCK獲得から生まれた。

インテル 2-2 ミラン
【インテル】
カンドレーバ(前36)
イカルディ(前44)
【ミラン】
ロマニョーリ(後38)
サパタ(後52)

コメント

関連ニュース

thumb

コバチッチにインテル復帰の可能性、イカルディのレアル・マドリー移籍の布石にも…?

▽レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチが、インテルに復帰する可能性があるという。イタリア紙『トゥットスポルト』が伝えた。 ▽インテルは今冬、江蘇蘇寧の元ブラジル代表MFラミレスを獲得したいと考えている。しかし、江蘇蘇寧はまだラミレスの放出に難色を示しており、インテルは別の選択肢も検討し始めたようだ。 ▽そこで名前が挙がったのが、2013年から15年にかけてインテルでプレーしたコバチッチだ。23歳になったコバチッチは、レアル・マドリーでレギュラーポジションを手にしてはいない。そのため、レンタルでの獲得を打診するという。 ▽インテルへのレンタルはレアル・マドリーにとっても悪い話ではない。インテルでコンスタントに出場することで経験を積ませることができる。また、レアル・マドリーは以前からインテルのエースであるアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディへの関心が伝えられており、将来的なことを考慮してインテルに「恩を売る」可能性もありそうだ。 ▽依然としてインテルの本命はラミレスだと言われているが、コバチッチの復帰はあり得るのだろうか。 2018.01.20 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルの10番はイングランド行き? それともスペイン?

▽インテルのポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)は、イングランドではなくスペインへ向かうかもしれない。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ユーロ2016の優勝メンバーでもあったジョアン・マリオは、スポルティング・リスボンから2016年夏に4000万ユーロ(約54億1500万円)の移籍金でインテルへと加入。しかし、セリエAではインパクトを残せていない。 ▽そんなジョアン・マリオに対し、ウェストハムがオファー。そこに、セビージャも参戦したようだ。ウェストハムは、半年間のレンタル移籍を希望しており、150万ユーロ(約2億円)のオファーを提示。しかし、ジョアン・マリオはセビージャ行きを望む可能性があるようだ。 ▽ジョアン・マリオは2016-17シーズンはセリエAで30試合に出場し3ゴール5アシストを記録。今シーズンはここまでセリエAで14試合に出場し5アシストを記録している。果たして、冬の移籍は実現するのだろうか。 2018.01.20 19:42 Sat
twitterfacebook
thumb

伊記者が語るインテル移籍市場…長友佑都、ハンダノビッチらの退団を予想するワケは?

イタリア紙『レプブリカ』で記者を務めるアンドレア・ソレンティーノ氏が、メディア『プレミアムスポーツ』の番組に出演し、インテルの移籍市場について語った。<br><br>ソレンティーノ氏は今シーズン、インテルがUEFAのファイナンシャル・フェアプレー(FFP)対策を迫られると指摘。日本代表のDF長友佑都らベテラン選手がその犠牲となる可能性が高いと予想した。<br><br>「インテルはUEFAの規定に沿うために6月30日までに6000~7000万ユーロ(約82~95 億円)の収入を捻出しなければならない。どこから捻出するか? サミル・ハンダノビッチ、ユート・ナガトモ、アンドレア・ラノッキアら在籍期間の長い選手から売ることになるだろう。この3選手が7000万ユーロで売れるとは思えないので、誰か価値の高い選手を加えなければならない。イバン・ペリシッチと先の2人などね」<br><br>続いてエース、FWマウロ・イカルディについても言及。「インテルの中で最も価値が高いのは当然、イカルディだ。7月前半に限り有効な違約条項があるので、イカルディはメルカートで注目すべき選手と言える。チーム内で最高の選手であると同時に、財政面でも決定打となり得る選手だ」と述べ、今夏の主将放出の可能性を示唆した。<br><br>また昨シーズン、巨額の資金を投じたものの期待外れに終わったMFジョアン・マリオおよび、ガビゴルことFWガブリエウ・バルボサについて、「2016年夏に8300万ユーロ(約113億円)もかかった酷い買い物だった」と振り返った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 19:42 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第21節プレビュー】日曜にインテルvsローマの上位対決開催

▽2週間前に行われた後半戦のスタートとなった前節では、首位ナポリ(勝ち点51)と2位ユベントス(勝ち点50)が勝利した一方、インテル(勝ち点42)が引き分け、ローマ(勝ち点39/未消化1試合)が敗れたことで、上位2チームとの勝ち点差が広がった。束の間のウインターブレイクが明けて迎える第21節は日曜と月曜に行われ、日曜にインテルvsローマの上位対決が開催される。 ▽3位インテルは前節フィオレンティーナ戦を追加タイム被弾で1-1と引き分け、リーグ戦5試合勝利から見放されることとなった。苦しい試合が続く中、守備の要であるミランダが復帰予定なのは朗報。ただ、負傷したラノッキアに代わって途中出場でリーグ戦8試合ぶりに出場した長友は、引き続きベンチスタート予想となっている。今季の1stマッチではイカルディのドッピエッタで勝利しているインテルだが、ローマにシーズンダブルを果たして上位2チームを追うことができるか。 ▽一方、難敵アタランタに1-2と敗れてリーグ戦3試合勝利から見放され、チャンピオンズリーグ(CL)圏外の5位に転落したローマは、規律違反を犯したことでアタランタ戦をスタンド観戦となったナインゴランが復帰予定。主力にケガ人がいない中、ベストメンバーで4試合ぶりの勝利を目指す。 ▽後半の2発でヴェローナに勝利し、リーグ戦4連勝としたナポリは、日曜日のランチタイムに6位アタランタ(勝ち点30)とのアウェイ戦に臨む。ローマを撃破した難敵アタランタが相手となるが、2週間の調整期間で勤続疲労が幾分か回復したであろうチームは首位キープとなるか。 ▽ナポリを1ポイント差で追う2位ユベントスは、月曜日に14位ジェノア(勝ち点21)とのホーム戦に臨む。前節カリアリ戦では苦戦しながらもGKシュチェスニーの活躍で凌ぎ、1-0で辛勝したユベントスだが、ディバラが全治1カ月のケガを負ったのは痛手。代役はカリアリ戦で好アシストを記録したドグラス・コスタが予想されているが、チームにフィットしつつあるブラジル代表ウインガーはチームを勝利に導くことができるか。 ▽前節クロトーネ戦をボヌッチの幸運弾で1-0と制し、リーグ戦4試合ぶりに勝利した8位ミラン(勝ち点28)は、16位カリアリ(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。引き続きすっきりとした形で勝利できずにいるミランだが、前節ユベントスを大いに苦しめたカリアリに勝利し2連勝となるか。最後にインモービレの4発でSPALとの打ち合いを制し、4位に浮上したラツィオ(勝ち点40/未消化1試合)は、13位キエーボ(勝ち点22)とのホーム戦に臨む。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第21節 ▽1/21(日) 《20:30》 アタランタ vs ナポリ 《23:00》 サッスオーロ vs トリノ サンプドリア vs フィオレンティーナ ラツィオ vs キエーボ ウディネーゼ vs SPAL ヴェローナ vs クロトーネ ボローニャ vs ベネヴェント 《26:00》 カリアリ vs ミラン 《28:45》 インテル vs ローマ (28:45) ▽1/22(月) 《28:45》 ユベントス vs ジェノア 2018.01.20 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルの控えFWにイングランドから関心。本人は乗り気か

▽インテルのイタリア代表FWエデルに対して、クリスタル・パレスが関心を示している。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽今回の報道によると、クリスタル・パレスは1100万ユーロ(約15億円)ほどの移籍金を用意してエデルの獲得を目指している。 ▽エデルは今冬の移籍を前向きに考えている様子だ。今季リーグ戦で15試合に出場している同選手だが、先発でのプレーはない現状。そのうえ、インテルはこの冬の移籍市場でさらに前線の選手を獲得する可能性もあるだけに、移籍への扉は閉ざしてないようだ。 2018.01.19 23:30 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース