レーティング:インテル 2-2 ミラン《セリエA》2017.04.15 21:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節インテルvsミランのミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はフル出場し、ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 6.0
2失点も好守が目立った

DF
33 ダンブロージオ 5.0
デウロフェウとのマッチアップで劣勢に

17 メデル 5.5
ややデウロフェウのスピードに翻弄されるも食らいつく

25 ミランダ 5.0
不用意なボールロストがあり、ロマニョーリに付ききれず失点に関与

55 長友佑都 6.0
スソを徹底マークし、動きを封じる

MF
87 カンドレーバ 6.0
一瞬の隙を突いて1stチャンスをモノに

(→ビアビアニ -)

5 ガリアルディーニ 5.5
序盤はミスが目立ったが、先制点をアシスト

6 ジョアン・マリオ 6.0
6試合ぶりのスタメン。潤滑油となる

(→ムリージョ -)

7 コンドグビア 6.0
潰しの面で利いていた

44 ペリシッチ 6.0
2点目をアシスト。要所での突破が利いていた

(→エデル 5.5)
左サイドから何度か打開する

FW
9 イカルディ 6.0
少ないチャンスを生かしてダービー初ゴール

監督
ピオリ 6.0
逃げ切りに失敗したが、ミラン攻撃陣を長友の抜擢でうまく封じていた

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
99 ドンナルンマ 5.5
1失点目はややポジショニングが中途半端だった

DF
96 カラブリア 5.0
2失点目の場面ではペリシッチに出し抜かれた

17 サパタ 6.0
終了間際の劇的弾で勝ち点1をもたらす

13 ロマニョーリ 6.0
2失点目の場面ではイカルディのマークを見失ったが、反撃の狼煙を上げるゴールを挙げた

2 デ・シリオ 5.0
カンドレーバに付ききれず先制点献上

MF
14 M・フェルナンデス 5.0
パシャリッチの代役も存在感なし

23 ホセ・ソサ 5.0
特に目立った働きはなし

(→ラパドゥーラ -)

33 クツカ 5.0
1度ボックス内に進入してPKを獲得しかけたがそれだけ

(→ロカテッリ 5.5)
ハードに戦う

FW
8 スソ 5.5
長友のマンマークに苦しむも、1アシスト

70 バッカ 5.5
相手の2センターバックの前に沈黙も最後に仕事

7 デウロフェウ 6.5
スピードで相手守備陣を翻弄

監督
モンテッラ 6.0
超攻撃的な布陣に変更し、劇的に追いついた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デウロフェウ(ミラン)
▽スソを封じられた中、デウロフェウが躍動。抜群のスピードを生かした突破でインテル守備陣を翻弄した。終了間際の劇的弾は彼のCK獲得から生まれた。

インテル 2-2 ミラン
【インテル】
カンドレーバ(前36)
イカルディ(前44)
【ミラン】
ロマニョーリ(後38)
サパタ(後52)

コメント

関連ニュース

thumb

ピオリ辞任報道のインテルが異例の声明、「クラブはピオリを完全に支援する」

▽インテルは24日、ここ数試合の不振とステファノ・ピオリ監督(51)の辞任報道を受けて、同監督を今後も支援していく旨を公式声明として発表した。 ▽インテルは24日、一連の騒動を受けて以下のような声明を発表。今後もピオリ監督を支援し、残りのシーズンを共に戦うことを明言した。 「ACFフィオレンティーナ戦の結果を受け、クラブは明日4月25日(火)昼から4月30日(土)のSSCナポリとのホーム戦まで、アッピアーノの蘇寧トレーニングセンターでトップチームの合宿を行うことを決定した」 「敗北を喫したフィオレンティーナ戦での様子はイタリア及び世界中のサポーターにとって受け入れがたいものであり、クラブはその改善を決意した。選手からスタッフにいたるまでクラブに所属する全員が、最大限の結果を出して良い形でシーズンを締めくくるために可能な限り努力するつもりだ」 「これを達成するために、クラブと経営陣はステファノ・ピオリとそのテクニカル・チームを完全に支援することを確認した。ピオリは難しい時期にインテルに加わったが、昨年11月の監督就任から6ヶ月の間に彼とそのスタッフが成し遂げた業績は特別なものであり、インテルはこれに対して大きな敬意を表している。クラブは外部で流れている噂に惑わされはしない」 「インテルの目標は依然として、名誉と誇りを抱いてこのクラブカラーを身に纏う選手たちとこの歴史と伝統ある偉大なクラブのために、毎試合で全力を尽くし、セリエAで可能な限り上の順位でシーズンを終えてヨーロッパの大会への出場権を獲得することだ」 ▽ピオリ監督は昨年11月、成績不振により解任されたフランク・デ・ブール前監督の後任として就任。その後、チームはこれまでのポゼッションスタイルから攻守にハードワークを求めるトランジションスタイルに移行すると、リーグ戦7連勝を飾るなど、一時はヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位に浮上した。 ▽だが、直近5試合では格下クロトーネに屈辱的な敗戦を喫するなど、3敗2分けと急失速。前節のフィオレンティーナ戦では4-5の敗戦を喫する厳しい内容で、5位アタランタと7ポイント差の7位と厳しい立ち位置にいる。 ▽この成績不振を受けて、ピオリ監督はフィオレンティーナ戦後に辞任を申し出たとの情報が、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』によって伝えられていた。 2017.04.25 01:04 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル指揮官、辞任申し出も幹部から慰留…フィオレンティーナに5失点の敗戦で

22日に行われたセリエA第33節フィオレンティーナ戦に4-5で敗れ、インテルのステファノ・ピオリ監督が辞任を決断していたと24日、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>インテルはフィオレンティーナ戦で前半を2-1で折り返していたものの、後半に大量の4失点を許した。この日、ハットトリックを決めた主将FWマウロ・イカルディのゴールで1点差に詰め寄るも4-5で敗れ、もはやヨーロッパリーグ(EL)出場権の獲得も絶望的となった。<br><br>ピオリ監督は昨年11月、成績不振により解任されたオランダ人のフランク・デ・ブール前監督の後任として就任。するとデ・ブール指揮下、「最悪」とまで報じられたチームの雰囲気は一転し、成績も上向き始めた。一時は5位につけ、EL出場が楽観視されていたが、3月12日のアタランタ戦(7-1でインテルが勝利)を境に1勝も挙げられていない。<br><br>フィレンツェでの敗戦後、ピオリは先にスタッフに対し、辞任の意志を申し出た。その後インテル幹部との面談の席が設けられると、「道を譲りたい。もし原因が私であるならば、辞表を提出する準備は出来ている」と、自身の決断を伝えた。フロント陣には、ピオリ監督の辞任を受け入れ、コーチであるステファノ・ヴェッキ氏に残り5試合の指揮を執らせるという選択肢もあったはずだ。しかしインテルはピオリ監督を慰留し、少なくとも次戦となる30日のナポリ戦まで様子を見ることで合意に至っている。<br><br>チームバスに乗り込む際には、蘇寧グループの張近東会長の息子であるスティーブン・ザン氏がピオリ監督をハグで迎え、傷心の監督を勇気づけた。勝利から遠ざかるインテルだが次節、3位ナポリを相手に実力が試されることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 18:58 Mon
twitterfacebook
thumb

長友佑都、5失点大惨事のインテル守備陣では“マシ”の評価「平凡だが大失態もない」

22日のセリエA第33節でフィオレンティーナ対インテル戦(5-4でフィオレンティーナが勝利)に先発出場した日本代表DF長友佑都について、イタリアメディアの評価は及第点前後のようだ。<br><br>内転筋のトラブルで離脱していたライバル、DFクリスティアン・アンサルディの回復が間に合わず、前節のミラノ・ダービーで高評価を得た長友が引き続きフィオレンティーナ戦でも先発出場を果たした。<br><br>長友のパフォーマンスについて、『トゥットメルカートウェブ・コム』は「日本人サイドバックはケガのアンサルディの代役だったが、(アルテミオ)フランキのピッチを1番最初に去った。しかし特に落ち度はなかったと言える。彼がピッチにいる間、(クリスティアン)テージョに悩ませることは一切なかった」と分析した。対面したテージョを抑えていたことを評価して及第点の「6」を与えている。なおチーム最高点は主将FWマウロ・イカルディの「8」、最低点はMFガリー・メデルの「4」となっている。<br><br>『PassioneInter.com』は「5,5」を与え、「実際のところ良くも悪くもなくどっちつかず。攻撃の際、(イバン)ペリシッチのサポートを一切しなかったが、大失態を犯すこともなかった。インテルの他のメンバーと共に、悲劇の後半に放り込まれた」と、可もなく不可もなくといった評価を下した。<br><br>続いて『カルチョメルカート・コム』は「大惨事のインテル守備陣の中では責任の少ない1人だ」として、長友に「5」を与えている。及第点とは言えない評価だが、「3,5」や「4」が並ぶ最終ラインにおいては高評価となった。<br><br>『FcInter1908』も同様に「5」を与え、「(守備陣の)チームメートのように何か惨事を引き起こしたわけではないが、パフォーマンスは全く平凡だった」として、最終ラインの中では悪くなかったとの印象のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 16:57 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、「持ち場を守った」一方「さようなら」の声も…伊評価は分かれる

22日のセリエA第33節でフィオレンティーナ対インテル戦(5-4でフィオレンティーナが勝利)に先発出場した日本代表DF長友佑都について、イタリア主要紙およびメディアの評価は分かれている。<br><br>ライバルのDFクリスティアン・アンサルディは内転筋のトラブルから回復が間に合わず、前節のミラノダービーで高評価を得た長友が2試合連続で先発出場を果たした。<br><br>イタリア紙『トゥット・スポルト』は「(フェデリコ)ベルナルデスキを抑え、考えながら自身の持ち場を守っていた」と評価し、チーム内で最高点「6,5」を得たGKサミル・ハンダノビッチに続く、「6」を与えられている。<br><br>一方、『コリエレ・デロ・スポルト』は「5」と微妙な評価だ。最低点「4,5」を得たMFロベルト・ガリアルディーニ、MFガリー・メデル、DFダニーロ・ダンブロージオに次ぐもので、「前半は守備に重点を置いて攻撃を抑え(クリスティアン)テージョにほとんどチャンスを与えなかった。だが(PKシーンのヘディングのように)安全とは言い難い。足元にボールを持つと困っているようだ」として、長友のパフォーマンスに戸惑いを見せた。<br><br>また『ユーロスポーツ』も同様に「5」の評価を与えている。「PKは彼がヘディングを完全に失敗したせいで生まれた。フリーだったのに。さようなら」として、52分にフィオレンティーナに与えられたPK(ベルナルデスキはこれを外している)の責任があると分析した。<br><br>続いて『コリエレ・デラ・セーラ』は「守備陣ではマシ」として「5,5」を与え、長友以外のディフェンダーが最低点の「4」を得た中で相対的に高い評価となった。なお『ガゼッタ・デ・スポルト』は「5,5」、『スカイスポーツ』は「5」、『メディアセット』は「5」の評価を与えている。<br><br>提供:goal.com 2017.04.24 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、5失点敗戦で5試合勝利なし…ピオリ監督「今季最悪の出来」と憤慨

インテルのステファノ・ピオリ監督は、フィオレンティーナ戦のパフォーマンスを嘆いた。イタリア『メディアセット・プレミアム』が報じている。<br><br>インテルは22日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。日本代表DF長友佑都も2試合連続で先発出場を果たしたが、守備が崩壊し、4-5で敗れている。ピオリ監督は試合後、「今季最悪のパフォーマンスだった」と話し、このように続けた。<br><br>「困難に対処することができなかったんだ。後半はひどかったね。何が起きたか評価し、分析する必要がある。説明できないようなブラックアウトに陥っていた」<br><br>フィオレンティーナ戦の敗北で、インテルは5試合勝利なし。順位も7位と変わらず、ピオリ監督の進退問題は依然として揺れているままだ。<br><br>提供:goal.com 2017.04.23 12:10 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース