レーティング:インテル 2-2 ミラン《セリエA》2017.04.15 21:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節インテルvsミランのミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はフル出場し、ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 6.0
2失点も好守が目立った

DF
33 ダンブロージオ 5.0
デウロフェウとのマッチアップで劣勢に

17 メデル 5.5
ややデウロフェウのスピードに翻弄されるも食らいつく

25 ミランダ 5.0
不用意なボールロストがあり、ロマニョーリに付ききれず失点に関与

55 長友佑都 6.0
スソを徹底マークし、動きを封じる

MF
87 カンドレーバ 6.0
一瞬の隙を突いて1stチャンスをモノに

(→ビアビアニ -)

5 ガリアルディーニ 5.5
序盤はミスが目立ったが、先制点をアシスト

6 ジョアン・マリオ 6.0
6試合ぶりのスタメン。潤滑油となる

(→ムリージョ -)

7 コンドグビア 6.0
潰しの面で利いていた

44 ペリシッチ 6.0
2点目をアシスト。要所での突破が利いていた

(→エデル 5.5)
左サイドから何度か打開する

FW
9 イカルディ 6.0
少ないチャンスを生かしてダービー初ゴール

監督
ピオリ 6.0
逃げ切りに失敗したが、ミラン攻撃陣を長友の抜擢でうまく封じていた

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
99 ドンナルンマ 5.5
1失点目はややポジショニングが中途半端だった

DF
96 カラブリア 5.0
2失点目の場面ではペリシッチに出し抜かれた

17 サパタ 6.0
終了間際の劇的弾で勝ち点1をもたらす

13 ロマニョーリ 6.0
2失点目の場面ではイカルディのマークを見失ったが、反撃の狼煙を上げるゴールを挙げた

2 デ・シリオ 5.0
カンドレーバに付ききれず先制点献上

MF
14 M・フェルナンデス 5.0
パシャリッチの代役も存在感なし

23 ホセ・ソサ 5.0
特に目立った働きはなし

(→ラパドゥーラ -)

33 クツカ 5.0
1度ボックス内に進入してPKを獲得しかけたがそれだけ

(→ロカテッリ 5.5)
ハードに戦う

FW
8 スソ 5.5
長友のマンマークに苦しむも、1アシスト

70 バッカ 5.5
相手の2センターバックの前に沈黙も最後に仕事

7 デウロフェウ 6.5
スピードで相手守備陣を翻弄

監督
モンテッラ 6.0
超攻撃的な布陣に変更し、劇的に追いついた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デウロフェウ(ミラン)
▽スソを封じられた中、デウロフェウが躍動。抜群のスピードを生かした突破でインテル守備陣を翻弄した。終了間際の劇的弾は彼のCK獲得から生まれた。

インテル 2-2 ミラン
【インテル】
カンドレーバ(前36)
イカルディ(前44)
【ミラン】
ロマニョーリ(後38)
サパタ(後52)

コメント

関連ニュース

thumb

イカルディのドッピエッタなどで新生インテルが快勝スタート!《セリエA》

▽20日にセリエA開幕節のインテルvsフィオレンティーナがジュゼッペ・メアッツァで行われ、3-0でインテルが勝利した。インテルの日本代表DF長友佑都はフル出場を果たした。 ▽前ローマ指揮官のルチアーノ・スパレッティ氏を新指揮官に迎えた昨季7位のインテルは、イカルディを最前線に配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からカンドレーバ、ブロゾビッチ、ペリシッチを起用。胃腸炎で12日のプレシーズンマッチを欠場した長友は左サイドバックで先発に名を連ねた。 ▽一方、新指揮官に昨季途中にインテルを率いたステファノ・ピオリ監督を迎えたフィオレンティーナは、新シーズンを前に昨季の主力が大幅に流出。過渡期を迎えたチームは、ジョバンニ・シメオネやジル・ディアスなど、若手選手をスタメンに起用。インテルとの今季開幕節に臨んだ。 ▽試合は開始早々に動く。5分、長友のロングフィードを最前線で受けたイカルディがボックス内でアストーリに倒され、PK獲得。このPKをイカルディがゴール右隅に決め、インテルが先制した。 ▽先制点で勢いづくインテルは9分、カンドレーバのスルーパスでボックス左に抜け出した長友がマイナスの折り返しを供給。走り込んだヴェシーノがダイレクトで合わせたが、シュートは枠の右に外れた。 ▽主導権を握ったインテルは、15分に追加点を奪う。右サイドを持ち上がったカンドレーバがボックス付近でペリシッチに預けると、ペリシッチのクロスをゴール前に走り込んだイカルディがヘディングで叩き込んだ。 ▽なかなか攻勢に出ることができなかったフィオレンティーナだが、27分に最初の決定機。左サイドからカットインしたエイセリックのクロスをゴール前に抜け出したシメオネがヘディングシュート。しかし、これはGKハンダノビッチの好守に阻まれた。 ▽迎えた後半、2点を追うフィオレンティーナは55分にベナッシを下げてクリストーフォロ、60分にシメオネを下げてババカルをピッチに送り出す。対するインテルは、63分に古巣対戦となったボルハ・バレロに代えてジョアン・マリオを投入した。 ▽すると64分、インテルは長友にチャンスが訪れる。ボックス左から仕掛けたペリシッチのパスでボックス左深くまで侵攻した長友が折り返しを狙うも、これは飛び出したGKスポルティエッロがキャッチ。 ▽その後、フィオレンティーナに攻め込まれる時間帯が続いたインテルだが79分、ボックス右付近でボールを受けたジョアン・マリオのクロスを、ファーサイドでフリーのペリシッチがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。イカルディのドッピエッタなどで快勝のインテルが、ホーム開幕戦を快勝で飾った。 2017.08.21 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA開幕節プレビュー】スパレッティ・インテルがピオリ・ヴィオラと初戦

▽ユベントスの史上初の6連覇で幕を閉じた昨季のセリエA。迎える新シーズンは昨季優勝争いに絡んだローマとナポリの他、ミラノ勢も復活の可能性が高く、群雄割拠のシーズンとなることが予想される。そんなセリエA開幕節の注目試合はインテルvsフィオレンティーナだ。 ▽インテルはローマで好結果を残し続けてきたスパレッティ監督を招へい。昨季は2度の監督交代を行っただけに名将の招へいは、何よりの補強と言える。課題だったバックラインにはパワー系センターバックのシュクリニアとリーグ・アン最高と評された左サイドバックのダウベルト・エンリケを加え、質を高めた。ペリシッチを留めた攻撃陣は元々リーグ屈指なだけに、スパレッティ監督が守備を構築すれば上位に絡んでこれるはずだ。古巣との対戦となるボルハ・バレロやヴェシーノのプレーにも注目だ。 ▽一方のフィオレンティーナは昨季途中、インテルを率いたピオリ監督が指揮する。一時は堅守速攻を武器にインテルを復調させた同監督だが、4月に突如失速し、解任の憂き目に遭った。そのインテルに痛い恩返しといきたいところだが、チームは大半の主力が流出し、過渡期にある。シメオネJrやキエーザJrら若手中心のチームでどれだけ戦えるか。 ▽また、日曜日にはアタランタvsローマの好カードも組まれている。昨季はガスペリーニ監督の下、4位と大躍進したアタランタ。ただ、注目の有望株はことごとくビッグクラブに引き抜かれ、弱体化が進んでいる。残留したのはペターニャ、アレハンドロ・ゴメス、カルダーラ位だが、知将の下で良いスタートを切れるか。 ▽対するローマはサッスオーロで実績を残していたディ・フランチェスコ監督を招へい。現役時代にローマでスクデットを獲得した指揮官の下、チームはサラーやパレデス、リュディガーにシュチェスニーら主力を失った。それでも敏腕SDのモンチ氏の下、コラロフやデフレル、ジェンギズにモレノ、ペッレグリーニにゴナロンと渋い補強を敢行。戦力を整えた中、新監督の手腕に期待が懸かる。 ▽7連覇を目指すユベントスは、土曜日の開幕戦でカリアリとホームで対戦する。そのユベントスは守備の要となっていたボヌッチがミランへ電撃移籍した他、ダニエウ・アウベスが退団した。主力2人を失って守備に難を抱えそうな中、ドグラス・コスタやベルナルデスキといった新攻撃陣が守備の不安を払拭するような働きを見せることが期待される。 ▽月曜日には大型補強を敢行したミランがクロトーネとのアウェイ戦で新シーズンをスタートさせる。中国資本に切り替わったミランは、GKドンナルンマの残留に成功したのを皮切りに、前述のボヌッチの他、ムサッキオにリカルド・ロドリゲス、コンティを加え、崩壊気味だった守備が一気に整備されそうな気配がある。中盤ではチャルハノール、ケシエ、ビリアとタイプの違う選手を揃え、ストライカーにはアンドレ・シウバと、好タレントを全ポジションに加えた。あとはモンテッラ監督が彼らをいかに機能させていくかが、鍵を握りそうだ。 ▽最後にチャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフでニースにしっかりと先勝した優勝候補ナポリは、サッリ体制3季目で熟成路線を採る中、昇格組ヴェローナとのアウェイ戦に臨む。 ◆セリエA開幕節 ▽8/19(土) 《25:00》 ユベントス vs カリアリ 《27:45》 ヴェローナ vs ナポリ ▽8/20(日) 《25:00》 アタランタ vs ローマ 《27:45》 サンプドリア vs ベネヴェント ラツィオ vs SPAL ボローニャ vs トリノ インテル vs フィオレンティーナ ウディネーゼ vs キエーボ サッスオーロ vs ジェノア ▽8/21(月) 《27:45》 クロトーネ vs ミラン 2017.08.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、玉突き移籍を狙う? シティがエバンス獲得ならマンガラのレンタルを希望か

▽インテルがマンチェスター・シティに所属するフランス代表DFエリアキム・マンガラ(26)のレンタルに関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽マンガラは2014年にポルトからシティに加入した。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任した昨シーズンは、構想外となり、バレンシアにレンタル移籍。今シーズンからシティに復帰したが、12日に行われたプレミアリーグ開幕節のブライトン戦で出番なしに終わった。これを受けて、イギリス『スカイ・スポーツ』は、マンガラにレンタル移籍の可能性があると伝えている。 ▽そうしたなか、インテルはアーセナルに所属するドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(25)の獲得失敗により、次なるターゲットとしてマンガラに白羽の矢。シティが関心を寄せているとされるWBAの北アイルランド代表DFジョニー・エバンス(29)の獲得に成功すれば、マンガラをレンタルできる踏んでいるようだ。 2017.08.19 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、新加入ライバルにリード許す?伊複数メディアが開幕戦ベンチを予想

20日に行われるセリエA開幕戦インテル対フィオレンティーナについて、イタリア複数メディアは日本代表DF長友佑都のライバル、DFダルベルト・エンリケの先発が有力であると予想している。<br><br>インテルは元指揮官ステファノ・ピオリ率いるフィオレンティーナとの注目の一戦に向けて15日から練習を再開。長友も胃腸炎から回復し、練習復帰した。しかし左サイドバックでは、9日、ニースからブラジル出身の23歳ダルベルトが加入しており、開幕戦先発の座を巡って、長友との間でポジション争いが繰り広げられている。当初、ダルベルトは加入後間もないため、指揮官ルチアーノ・スパレッティの戦術理解度が心配されており、長友が有利と見られていた。<br><br>しかし17日、『メディアセット』によると、スパレッティは長友が離脱中の12日にレッチェで行われた親善試合レアル・ベティス戦(1-0)の先発メンバーを起用する意向で、左サイドバックにはダルベルトが予想されている。このほか『ガゼッタ・デロ・スポルト』や『スカイ』、『ユーロスポーツ』なども長友のベンチスタートが濃厚だと分析している。<br><br>一方、『Goal』の現地編集部は「ルチアーノ・スパレッティは左サイドを長友にするかダルベルトにするかで迷っている」と前置きした上で、長友の先発を予想している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.19 12:41 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーに光明? インテル、カンドレーバ売却にゴーサイン

▽インテルに所属するイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(30)のチェルシー移籍に光明が差し込んでいるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽今夏の移籍市場で既に数名の新戦力を確保したチェルシー。しかし、移籍市場の閉幕までに、さらなる補強が取り沙汰されており、その筆頭としてカンドレーバの名前が浮上しているところだ。 ▽そうしたなか、『デイリー・ミラー』はチェルシーにカンドレーバ獲得の青信号が点灯したと伝えた。インテルは2500万ポンド(約35億1000万円)のオファーが届けば、手放す意向を示しているという。 ▽なお、チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、カンドレーバのほか、レスター・シティに所属するイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター、サウサンプトンでプレーするオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、アーセナルのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンの獲得に動いているとみられている。 2017.08.19 09:30 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース