レーティング:インテル 2-2 ミラン《セリエA》2017.04.15 21:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節インテルvsミランのミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はフル出場し、ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 6.0
2失点も好守が目立った

DF
33 ダンブロージオ 5.0
デウロフェウとのマッチアップで劣勢に

17 メデル 5.5
ややデウロフェウのスピードに翻弄されるも食らいつく

25 ミランダ 5.0
不用意なボールロストがあり、ロマニョーリに付ききれず失点に関与

55 長友佑都 6.0
スソを徹底マークし、動きを封じる

MF
87 カンドレーバ 6.0
一瞬の隙を突いて1stチャンスをモノに

(→ビアビアニ -)

5 ガリアルディーニ 5.5
序盤はミスが目立ったが、先制点をアシスト

6 ジョアン・マリオ 6.0
6試合ぶりのスタメン。潤滑油となる

(→ムリージョ -)

7 コンドグビア 6.0
潰しの面で利いていた

44 ペリシッチ 6.0
2点目をアシスト。要所での突破が利いていた

(→エデル 5.5)
左サイドから何度か打開する

FW
9 イカルディ 6.0
少ないチャンスを生かしてダービー初ゴール

監督
ピオリ 6.0
逃げ切りに失敗したが、ミラン攻撃陣を長友の抜擢でうまく封じていた

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
99 ドンナルンマ 5.5
1失点目はややポジショニングが中途半端だった

DF
96 カラブリア 5.0
2失点目の場面ではペリシッチに出し抜かれた

17 サパタ 6.0
終了間際の劇的弾で勝ち点1をもたらす

13 ロマニョーリ 6.0
2失点目の場面ではイカルディのマークを見失ったが、反撃の狼煙を上げるゴールを挙げた

2 デ・シリオ 5.0
カンドレーバに付ききれず先制点献上

MF
14 M・フェルナンデス 5.0
パシャリッチの代役も存在感なし

23 ホセ・ソサ 5.0
特に目立った働きはなし

(→ラパドゥーラ -)

33 クツカ 5.0
1度ボックス内に進入してPKを獲得しかけたがそれだけ

(→ロカテッリ 5.5)
ハードに戦う

FW
8 スソ 5.5
長友のマンマークに苦しむも、1アシスト

70 バッカ 5.5
相手の2センターバックの前に沈黙も最後に仕事

7 デウロフェウ 6.5
スピードで相手守備陣を翻弄

監督
モンテッラ 6.0
超攻撃的な布陣に変更し、劇的に追いついた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デウロフェウ(ミラン)
▽スソを封じられた中、デウロフェウが躍動。抜群のスピードを生かした突破でインテル守備陣を翻弄した。終了間際の劇的弾は彼のCK獲得から生まれた。

インテル 2-2 ミラン
【インテル】
カンドレーバ(前36)
イカルディ(前44)
【ミラン】
ロマニョーリ(後38)
サパタ(後52)

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、練習を無断欠席のコンドグビアとトレードでカンセロ獲得へ!! しかしムリージョの移籍が影響も…

▽インテルとバレンシアの間で複数の取引が行われるようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽インテルのフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(24)は、今夏の移籍市場でバレンシアへの加入が噂れているが、クラブ間合意には至っていない。そんな中、同選手はインテルの練習を無断で欠席。イタリアメディアは、インテルがコンドグビアに対して何らかの罰を与えるだろうとしていた。 ▽『フットボール・イタリア』によると、インテルはコンドグビアの放出を容認する構えのようだ。そこで、バレンシアに対してコンドグビアと引き換えに、ユベントスやチェルシー、トッテナムも狙うポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)を要求しているという。同メディアによると、1年間のトレードに加え買い取りオプションを盛り込むオファーを送っているようだ。 ▽また、インテルとバレンシア間ではコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ(25)の移籍も迫っていると言われている。しかし『フットボール・イタリア』によれば、こちらの交渉も難航している模様。バレンシア側が早急にムリージョの加入を求めているが、インテルは後釜が見つかるまでは移籍を容認できないとしている。そのため今後はムリージョの移籍交渉を先に進めていくようだ。 2017.08.15 11:56 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、胃腸炎から回復し練習復帰へ…開幕戦に向けポジション争いの正念場

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都は胃腸炎のため12日のテストマッチを欠場していたが、開幕戦へ向けて練習へ復帰する。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が14日、伝えている。<br><br>インテルは12日、レッチェにてレアル・ベティスとのテストマッチを行い、主将FWマウロ・イカルディのPK弾により1-0で勝利した。長友はプレシーズンに行われたインターナショナル・チャンピオンズカップなどに先発出場し、新指揮官ルチアーノ・スパレッティの信頼を徐々に勝ち取っていたが、ベティス戦では胃腸炎を発症して招集外となった。<br><br>長友に代わって先発したのは、9日にニースから加入したDFダルベルト・エンリケ。ブラジル出身の23歳で、昨シーズンはリーグ・アン33試合に出場して安定した活躍を見せ、ニースのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。<br><br>若手のライバルが加入し、ポジション争いが注目される中、20日に行われるセリエAの初戦フィオレンティーナ戦に向けて、インテルでは15日から練習が再開。長友も胃腸炎から回復し、練習復帰する見込みとなっている。加入からまだ5日ほどのダルベルトはスパレッティが採用する守備システムを短期間で習得しなければならず、現段階では開幕戦先発の座は長友の方が有利だと見られる。しかし、ブラジル人選手の戦術理解度次第では立場が逆転する可能性もあり、これからの1週間がポジション争いの正念場となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 23:09 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル指揮官「ペリシッチはここに残る」マンチェスター・Uへの移籍話は消滅と明言

今夏、インテルに所属するクロアチア代表イバン・ペリシッチは退団が有力視されていた。同選手にはマンチェスター・ユナイテッドが関心を示していたとされ、本人もプレミアリーグへの移籍を示唆していたが、現時点で移籍は具体化せず、開幕直前となりインテル残留が濃厚となっているようだ。<br><br>インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は12日のベティス戦後、『スカイスポーツ・イタリア』の取材で、ペリシッチ放出の可能性が消滅したと主張している。<br><br>「ペリシッチはここに残ることが決定的だよ」<br><br>「彼はミラノで引き続きプレーすると語った。プロとしてこれからも模範的な姿勢でチームの助けになってくれるだろう」<br><br>ペリシッチはマンチェスター・Uへの移籍話が有力視されていたが、移籍話は進展せず。マンチェスター・U側もペリシッチ獲得が難しいと判断し、ガレス・ベイルなど、他のアタッカーに照準を切り替えたと複数の欧州メディアが伝えている。<br><br>インテルは現地時間20日にフィオレンティーナとの一戦でセリエA開幕を迎える。8月31日まで移籍の可能性は残っているものの、ペリシッチの残留はほぼ確定的となっているようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.08.13 22:01 Sun
twitterfacebook
thumb

長友欠場のインテル、ベティスに勝利でセリエA開幕戦へ弾み《プレシーズンマッチ》

▽インテルは12日、プレシーズンマッチでベティスと対戦し、1-0で勝利した。インテルのDF長友佑都は欠場している。 ▽来週にセリエA開幕戦のフィオレンティーナ戦を控えるインテルは、胃腸炎で欠場となった長友の代わりにニースから新加入のダウベルト・エンリケが先発となった他、ヴェシーノやイカルディがスタメンとなった。 ▽立ち上がりからインテルがポゼッションでやや優勢とする中、21分にペシリッチがバイシクルシュートとヘディングシュートでゴールに迫ったインテルは、28分にPKを獲得する。スルーパスに抜け出したイカルディがボックス内でGKアダンに倒された。そして、このPKをイカルディが決めてインテルが先制した。 ▽先制後は自陣に引いてベティスの攻撃を抑えたインテルが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からイカルディとジョアン・マリオに代えてエデルとガリアルディーニを投入したインテルは、57分にエデルのミドルシュートでゴールに迫る。 ▽65分にはセルヒオ・レオンにボックス内から決定的なシュートを浴びせられるも枠を外れて助かった。 ▽その後もベティスに押し込まれる展開を強いられたインテルは、ヨベティッチやガブリエウ・バルボサらアタッカーを投入。追加点を奪うことはできなかったが、1点のリードを守りきって勝利し、セリエA開幕戦に弾みを付けている。 2017.08.13 05:26 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルDF長友佑都、胃腸炎により親善試合メンバー外に…開幕前最後のアピール機会逃す

インテルは11日、翌12日に行われるプレシーズン最後の親善試合、ベティス(スペイン)戦に臨むメンバーを発表した。日本代表DF長友佑都はメンバーから外れた一方で、ニース(フランス)から加入したブラジル出身の左サイドバック、ダルベルトらがメンバー入りしている。<br><br>イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』は、長友が胃腸炎を患っているためにメンバーから外れたと報道。インテルは20日のフィオレンティーナ戦でセリエAの開幕を迎える。長友はリーグ戦開幕前の貴重なアピールの機会を失うことになった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.12 23:53 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース