レーティング:インテル 2-2 ミラン《セリエA》2017.04.15 21:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節インテルvsミランのミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はフル出場し、ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 6.0
2失点も好守が目立った

DF
33 ダンブロージオ 5.0
デウロフェウとのマッチアップで劣勢に

17 メデル 5.5
ややデウロフェウのスピードに翻弄されるも食らいつく

25 ミランダ 5.0
不用意なボールロストがあり、ロマニョーリに付ききれず失点に関与

55 長友佑都 6.0
スソを徹底マークし、動きを封じる

MF
87 カンドレーバ 6.0
一瞬の隙を突いて1stチャンスをモノに

(→ビアビアニ -)

5 ガリアルディーニ 5.5
序盤はミスが目立ったが、先制点をアシスト

6 ジョアン・マリオ 6.0
6試合ぶりのスタメン。潤滑油となる

(→ムリージョ -)

7 コンドグビア 6.0
潰しの面で利いていた

44 ペリシッチ 6.0
2点目をアシスト。要所での突破が利いていた

(→エデル 5.5)
左サイドから何度か打開する

FW
9 イカルディ 6.0
少ないチャンスを生かしてダービー初ゴール

監督
ピオリ 6.0
逃げ切りに失敗したが、ミラン攻撃陣を長友の抜擢でうまく封じていた

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
99 ドンナルンマ 5.5
1失点目はややポジショニングが中途半端だった

DF
96 カラブリア 5.0
2失点目の場面ではペリシッチに出し抜かれた

17 サパタ 6.0
終了間際の劇的弾で勝ち点1をもたらす

13 ロマニョーリ 6.0
2失点目の場面ではイカルディのマークを見失ったが、反撃の狼煙を上げるゴールを挙げた

2 デ・シリオ 5.0
カンドレーバに付ききれず先制点献上

MF
14 M・フェルナンデス 5.0
パシャリッチの代役も存在感なし

23 ホセ・ソサ 5.0
特に目立った働きはなし

(→ラパドゥーラ -)

33 クツカ 5.0
1度ボックス内に進入してPKを獲得しかけたがそれだけ

(→ロカテッリ 5.5)
ハードに戦う

FW
8 スソ 5.5
長友のマンマークに苦しむも、1アシスト

70 バッカ 5.5
相手の2センターバックの前に沈黙も最後に仕事

7 デウロフェウ 6.5
スピードで相手守備陣を翻弄

監督
モンテッラ 6.0
超攻撃的な布陣に変更し、劇的に追いついた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デウロフェウ(ミラン)
▽スソを封じられた中、デウロフェウが躍動。抜群のスピードを生かした突破でインテル守備陣を翻弄した。終了間際の劇的弾は彼のCK獲得から生まれた。

インテル 2-2 ミラン
【インテル】
カンドレーバ(前36)
イカルディ(前44)
【ミラン】
ロマニョーリ(後38)
サパタ(後52)

コメント

関連ニュース

thumb

主力負傷欠場のインテル、鬼門ルイジ・フェラリスに沈んで暫定4位後退《セリエA》

▽インテルは17日、セリエA第25節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗戦した。 ▽前節ボローニャ戦を救世主カラモーの活躍で9戦ぶりの勝利を手にした3位インテル(勝ち点48)は、イカルディやペリシッチ、ミランダらが負傷で欠場となった中、カラモーが引き続き先発となり、カンドレーバがスタメンに戻った。 ▽2連勝中の12位ジェノア(勝ち点27)に対し、3トップに右からカラモー、エデル、カンドレーバと並べたインテルは立ち上がり、押し込まれる入りとなってしまう。すると9分、パンデフにGKハンダノビッチが強襲されてしまった。さらに11分、パンデフのインスウィングにかけたクロスが直接ゴールに向かい、バーを直撃。 ▽ひやりとしたインテルは19分、カラモーに決定機。ボックス左からのエデルの好クロスにカラモーがボレー。しかし、ミートしきれず枠の上に外してしまった。 ▽その後、徐々にポゼッションを上げたインテルは31分、ボックス手前左のカンドレーバが強烈なミドルシュートを浴びせるも、GKペリンのファインセーブに阻まれた。ハーフタイムにかけて膠着状態に陥っていた中、45分に失点する。ズカノビッチの左クロスをシュクリニアルがクリアにかかると、ボールがラノッキアに当たって自陣ゴールに吸い込まれた。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、インテルが押し込みにかかる中、パンデフにバイタルエリアを使われ、主導権を握りきれない。すると59分、ジェノアに追加点を奪われる。右CKの流れからボックス手前左のラクサールがミドルシュートを放つと、これをボックス中央のパンデフが絶妙なトラップで収めて反転。左足を振り抜いてネットを揺らした。 ▽2点を追うインテルはヴェシーノに代えてラフィーニャを投入。そのラフィーニャの投入でボールの回りがスムーズになると、71分にはカラモーがミドルシュートでゴールに迫った。 ▽しかし、終盤にかけてはチャンスを生めず、0-2のまま敗戦。鬼門となっているルイジ・フェラリスで対ジェノア戦5連敗となり、暫定4位に後退している。 2018.02.18 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

シュクリニアルの決断を喜ぶスパレッティ「彼は長くインテルにとどまる」

▽インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が、DFミラン・シュクリニアルの放出を否定した。イタリア『プレミアム・スポルト』で語っている。 ▽今季からインテルでプレーするシュクリニアルは、安定したパフォーマンスで評価を高めている。同選手は母国メディアに対してプレミアリーグを含むいくつかのビッグクラブからオファーがあったことを認めた。これが一部イタリアメディアで間違った形で伝わり、シュクリニアルが誤訳があったことを指摘し、インテルにとどまる意思を明確にしている。 ▽これについてスパレッティ監督は、「彼が1月に良いオファーを断って残ったことを私はうれしく思っている。彼は長くインテルにとどまる選手だよ」と語った。 ▽スロバキア代表のシュクリニアルは現在23歳。バルセロナやパリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティといったクラブが獲得に関心を示していると言われていた。 2018.02.18 03:25 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、19歳新星が2戦連続先発へ。エース・イカルディは次節も欠場

▽インテルは現地時間17日に行われるセリエA第25節のジェノア戦で、FWヤン・カラモーを再び先発起用する見通しだ。『ガゼッタ・デロ・スポルト』や『コッリエレ・デロ・スポルト』が、先発を予想している。 ▽インテルは第24節ボローニャ戦で12月5日のキエーボ戦以来となる白星を手にした。その試合で決勝点を決めたのが19歳のカラモーだ。同選手はセリエAで初めての先発だったが、勝利に大きく貢献している。 ▽『ガゼッタ』『コッリエレ』両紙は、どちらもカラモーの先発起用を予想した。 ▽インテルはFWマウロ・イカルディとMFイバン・ペリシッチが16日の練習を消化できず、招集メンバーから外れている。これに伴い、カラモーはMFアントニオ・カンドレーバとともにウインガーを務めることになりそうだ。 ▽また、インテルは1月に獲得したMFラフィーニャを先発で使う可能性が高いとのこと。その場合、トップ下でのプレーとなりそうだ。 ▽エースの不在も不安要素だが、代役のエデルが2試合連続得点中と良い状態である。連勝で完全復調となるだろうか。 2018.02.17 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

古巣に復帰のガビゴルがインテルに恨み節…

▽今冬の移籍市場でインテルからサントスに復帰した“ガビゴル"こと元ブラジル代表FWガブリエウ・バルボサが、古巣への恨み節を口にした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽2016年夏にサントスから2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)でインテルに完全移籍を果たしたガビゴル。しかしチームにフィットすることができずにセリエAで9試合1ゴールに留まった。今シーズンはベンフィカへとレンタル移籍をしており、冬の移籍市場ではサントスにレンタルで加入することが発表された。 ▽イタリアでの生活を振り返った同選手は、順応することが大変だったとしながらも、インテルが出場機会を与えてくれなかったことも要因の1つだとの見方を示している。 「インテルに移籍した時には、監督たちとも常に話をしていたけれど、短い準備時間で多くの変化に対応しなければいけなかった。そしてクラブも経験豊富な選手の起用を好んでいたので、僕もその決定を理解していたつもりだ」 「でも、本来はプレーできる準備ができているかどうかは試合でしかわからない。インテルはそういうチャンスを与えてくれなかった」 2018.02.15 11:34 Thu
twitterfacebook
thumb

イカルディ夫婦に新たな敵。ゴージャスな服装で観戦して「恥ずべきだ」

▽インテルFWマウロ・イカルディとその妻であるワンダ・ナラさんが、新たに敵をつくったようだ。イタリア紙『コッリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。 ▽今回はサッカーではなく、ピッチ外でのことが批判の対象だ。『100パーセントアニマリスティ』というグループが、11日に行われたボローニャ戦を観戦する2人の服装をSNSで激しく攻撃。「イカルディと“夫人”は恥ずべきだ」と書かれたチラシを作っている。 ▽イカルディとワンダ・ナラさんを同紙は「ミラノで最もファッショナブルなペア」としている。特にワンダ・ナラさんは見るからに高いゴージャスな毛皮のコートを身にまとっていた。『100パーセントアニマリスティ』は、「妻はいくつもの毛皮製品を所有している」と指摘。「残念だが、彼らのような人たちはオピニオンメーカーであり、多くの人が真似をする。だからこそ我々はこう言うのだ。恥ずべきだ、と」と記した。 ▽ファッションの街ミラノ。有名人カップルは、着ているものにも注目が集まる。それだけに、リアルファーに反対する団体から目をつけられたようだ。 2018.02.15 00:20 Thu
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース