長友フル出場のミラノ・ダービーは終了間際弾でミランが引き分けに持ち込む《セリエA》2017.04.15 21:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節インテルvsミランのミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はフル出場し、ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽インテル(勝ち点55)は前節、降格圏に沈むクロトーネに1-2と敗れ、2連敗となって7位に後退した。ヨーロッパリーグ出場権を得られる可能性の高い6位を目指す中、インテルはクロトーネ戦のスタメンから3選手を変更。バネガ、ムリージョ、アンサルディに代えてJ・マリオ、ガリアルディーニ、そして10試合ぶりの先発となった長友がスタメンとなった。

▽一方、前節パレルモ戦をスソの1ゴール1アシストの活躍もあって4-0と快勝したミラン(勝ち点57)は、6位に浮上。そのミランは前節ゴールを決めたパシャリッチが出場停止となり、代役にM・フェルナンデスを起用した。

▽開始2分にガリアルディーニのミスパスからデウロフェウが決定的なシュートを浴びせたミランが良い入りを見せる。3トップの推進力を起点に攻勢に出ると、14分にはスソがミドルシュートでGKハンダノビッチを強襲。直後にもデウロフェウがゴールエリア右から放った意表を突くシュートが右ポストを直撃し、先制点に近づいた。

▽前半半ばを過ぎてインテルが徐々にポゼッションを高め、試合が落ち着きを見せていた中、34分にミランはデウロフェウが単騎突破からボックス左に進入する決定機を迎えるも、GKハンダノビッチの好飛び出しに阻まれる。

▽すると36分、ガリアルディーニのロングフィードに抜け出したカンドレーバがゴールエリア右へ進入。デ・シリオをブロックしてダイレクトで放ったシュートがゴール左に決まり、インテルが先制した。

▽さらに44分、ペリシッチがイカルディとのパス交換で左サイドを突破。すかさずクロスを入れると、ゴール前に走り込んだイカルディが押し込んで追加点を奪取した。イカルディのダービー初ゴールでインテルが2-0とリードし、ハーフタイムに入った。

▽迎えた後半、ミランが圧力をかける中、50分にカンドレーバのシュートで牽制したインテルがカウンターを狙っていくと、56分に決定機。メデルのロングフィードに抜け出したイカルディの左サイドからの折り返しを、ペリシッチがシュート。しかし、GKドンナルンマの守備範囲に飛んでしまった。

▽流れの悪いミランは57分にクツカに代えてロカテッリを中盤アンカーに投入。62分にはデウロフェウが仕掛けてボックス左に進入し、ダンブロージオに倒されるもノーファウルの判定が下される。続く66分にはCKの流れからボックス手前左のデウロフェウのミドルシュートがゴール右を捉えるも、GKハンダノビッチの好守に阻まれた。

▽スコアを動かせないミランは74分にホセ・ソサに代えてラパドゥーラを投入。[4-2-4]の超攻撃的な布陣に変更したミランが圧力をかけていくと、81分にはカラブリアに代えてオカンポスを投入し、捨て身の布陣とする。

▽すると83分、CKの流れから右サイドのスソが長友を外して右足で上げたクロスをロマニョーリがボレーで押し込んで1点差に詰め寄った。

▽それでも、ムリージョを投入して5バックとし、逃げ切りを図ったインテルがそのまま勝利するかに思われた中、5分と提示された追加タイムが6分30秒を過ぎたところで劇的ゴールが生まれる。右CKの流れからバッカのヘディングシュートは枠を逸れるも、ゴールエリア左に飛び込んだサパタが左足ボレーで押し込み、劇的同点弾がミランに生まれた。2-2の引き分けに持ち込んだミランが6位を死守している。

コメント

関連ニュース

thumb

イタリアに帰りたい…ビダル、来冬インテル移籍か

▽バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(30)にセリエA復帰の可能性が浮上した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽ビダルは、2011年夏から4シーズンにわたってユベントスでプレーした後、2015年夏からバイエルンに移籍。バイエルン加入3年目のシーズンを戦い始めたばかりだが、イタリアを恋しく思い、来年1月のインテル移籍を視野に入れているという。 ▽一方のインテルにとっては、今夏の移籍市場で関心を寄せているとされていたビダル獲得の絶好機。実際に獲得に動くとなれば、ファイナンシャルフェアプレーを考慮して、MFマルセロ・ブロゾビッチを手放す意向を示しているとのことだ。 2017.10.19 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、来冬のラミレス獲得間近か

▽江蘇蘇寧のブラジル代表MFラミレス(30)が来冬のインテル移籍に近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽かつて在籍したベンフィカやチェルシーでダイナモとして名を馳せたラミレス。2016年1月からプレーする江蘇蘇寧でも攻守にわたって存在感を示しているが、来冬にレンタル移籍でインテル入りを果たす可能性が高まっているという。 ▽江蘇蘇寧とインテルは同じ親会社。以前にイタリアでのプレー希望を口にしたラミレスに関して、江蘇蘇寧側は「ナンセンス」とインテル行きに否定的な見解を示したようだが、親会社が同じだけに、難しいオペレーションにならないとみられる。 ▽インテルは、今シーズンからルチアーノ・スパレッティ監督を招へい。ここまでのセリエAでも7勝1分け無敗の2位につけるなど、名門復活の気配を漂わせる好スタートを切っている。 2017.10.19 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ戦で途中交代のインシーニェが太ももを負傷、インテル戦は欠場濃厚

▽ナポリは18日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが太ももを負傷したことを発表した。 ▽インシーニェは前日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第3節のマンチェスター・シティ戦で先発していたが、57分に交代を強いられていた。 ▽ナポリはインシーニェの負傷についてクラブの公式サイトで次のように発表している。 「インシーニェは右足の太ももに張りを感じたと訴えてきた。重傷ではないとの初見だが、毎日の検査で状態を確認していく」 ▽重傷ではないと発表したナポリだが、21日に行われるセリエA第9節インテル戦は欠場することが濃厚のようだ。 2017.10.19 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、ダービーでハットのイカルディにラブコール「ミランは彼を買って」

ニースのFWマリオ・バロテッリがインスタグラムを更新し、インテルの主将FWマウロ・イカルディを称えた。<br><br>バロテッリは今シーズン、ニースで2年目を送っており、開幕直後はケガにより出遅れたものの、これまでリーグ・アン6試合に出場、5得点を挙げている。私生活でも第2子となる男児が誕生したばかりと充実しているが、チームは現在2連敗を喫しており、順位表でも14位と調子を落としている。<br><br>バロテッリは15日に行われた自身の古巣2クラブによるミラノ・ダービーに大きな刺激を受けたようだ。伝統の一戦は、ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルが、今夏に大型補強を行い話題となったミランを3-2で下した。バロテッリはSNSを更新し、この試合で先制点を挙げるなどしてハットトリックを決めたアルゼンチン代表FWを称賛している。<br><br>「この青年に拍手を送りたい。本当に素晴らしい。真のエースストライカーだ。ミランが目を覚まして彼を買ってくれたらなあ」<br><br>バロテッリは両クラブに在籍した経験を持つが、インテルでは2010年にジョゼ・モウリーニョ監督の下、トリプレーテ(チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの3冠)を達成している。それでもミラニスタを公言しているバロテッリは、インテルの主将が移籍し、自身が応援するミランの戦力となってくれることを願った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:56 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都、伊主要紙のダービー評価は?「軍人のようにサイド防衛」の一方で最低評価も

ミラノ・ダービーに先発したインテルのDF長友佑都に対するイタリア各紙の意見は分かれた。<br><br>インテルは15日、セリエA第8節でミランとのミラノダービーに挑んだ。試合は主将FWマウロ・イカルディがハットトリックを決め、3-2でシーソーゲームを制して順位表でも単独2位に浮上した。今シーズン、長友は新加入のDFダルベルト・エンリケと交互に起用されるなど、左サイドバックにおいて熾烈なポジション争いが繰り広げられていた。しかし慎重な守備が必要とされるミラノダービーでは、前節のベネヴェント戦に引き続きベテランの長友が起用され、フル出場を果たしている。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』はワースト選手として長友を挙げ、MFロベルト・ガリアルディーニと並びチーム内最低点となる「5,5」をつけた。「前半はガリアルディーニとともに唯一の汚点となったが、(ファビオ)ボリーニがチャンスを無駄にした。後半は文字通り、元リヴァプールの選手によって隅へ追いやられた」と述べ、対面したボリーニに手を焼いていたと指摘した。なお最高評価はハットトリックを決めたFWマウロ・イカルディの「9」となっている。<br><br>一方、『トゥット・スポルト』は「6」の評価を下し、「優秀な兵士は軍人のような顔つきでサイドを防衛した」と綴り、長友の守備に合格点を与えた。最高点はイカルディの「9」、最低点は途中出場したDFジョアン・カンセロの「5,5」となっている。<br><br>また『コリエレ・デロ・スポルト』も同様に、及第点となる「6」の評価を与えている。「守備に注意深く、ダウベルトより好まれた。足元にボールを持つと震えていたが、惨事を起こすこともなかった」として、長友が与えられた役割をこなしていたと分析した。なお最高点および最低点も同じく、イカルディの「9」、カンセロの「5,5」となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.17 21:53 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース