長友フル出場のミラノ・ダービーは終了間際弾でミランが引き分けに持ち込む《セリエA》2017.04.15 21:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節インテルvsミランのミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はフル出場し、ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽インテル(勝ち点55)は前節、降格圏に沈むクロトーネに1-2と敗れ、2連敗となって7位に後退した。ヨーロッパリーグ出場権を得られる可能性の高い6位を目指す中、インテルはクロトーネ戦のスタメンから3選手を変更。バネガ、ムリージョ、アンサルディに代えてJ・マリオ、ガリアルディーニ、そして10試合ぶりの先発となった長友がスタメンとなった。

▽一方、前節パレルモ戦をスソの1ゴール1アシストの活躍もあって4-0と快勝したミラン(勝ち点57)は、6位に浮上。そのミランは前節ゴールを決めたパシャリッチが出場停止となり、代役にM・フェルナンデスを起用した。

▽開始2分にガリアルディーニのミスパスからデウロフェウが決定的なシュートを浴びせたミランが良い入りを見せる。3トップの推進力を起点に攻勢に出ると、14分にはスソがミドルシュートでGKハンダノビッチを強襲。直後にもデウロフェウがゴールエリア右から放った意表を突くシュートが右ポストを直撃し、先制点に近づいた。

▽前半半ばを過ぎてインテルが徐々にポゼッションを高め、試合が落ち着きを見せていた中、34分にミランはデウロフェウが単騎突破からボックス左に進入する決定機を迎えるも、GKハンダノビッチの好飛び出しに阻まれる。

▽すると36分、ガリアルディーニのロングフィードに抜け出したカンドレーバがゴールエリア右へ進入。デ・シリオをブロックしてダイレクトで放ったシュートがゴール左に決まり、インテルが先制した。

▽さらに44分、ペリシッチがイカルディとのパス交換で左サイドを突破。すかさずクロスを入れると、ゴール前に走り込んだイカルディが押し込んで追加点を奪取した。イカルディのダービー初ゴールでインテルが2-0とリードし、ハーフタイムに入った。

▽迎えた後半、ミランが圧力をかける中、50分にカンドレーバのシュートで牽制したインテルがカウンターを狙っていくと、56分に決定機。メデルのロングフィードに抜け出したイカルディの左サイドからの折り返しを、ペリシッチがシュート。しかし、GKドンナルンマの守備範囲に飛んでしまった。

▽流れの悪いミランは57分にクツカに代えてロカテッリを中盤アンカーに投入。62分にはデウロフェウが仕掛けてボックス左に進入し、ダンブロージオに倒されるもノーファウルの判定が下される。続く66分にはCKの流れからボックス手前左のデウロフェウのミドルシュートがゴール右を捉えるも、GKハンダノビッチの好守に阻まれた。

▽スコアを動かせないミランは74分にホセ・ソサに代えてラパドゥーラを投入。[4-2-4]の超攻撃的な布陣に変更したミランが圧力をかけていくと、81分にはカラブリアに代えてオカンポスを投入し、捨て身の布陣とする。

▽すると83分、CKの流れから右サイドのスソが長友を外して右足で上げたクロスをロマニョーリがボレーで押し込んで1点差に詰め寄った。

▽それでも、ムリージョを投入して5バックとし、逃げ切りを図ったインテルがそのまま勝利するかに思われた中、5分と提示された追加タイムが6分30秒を過ぎたところで劇的ゴールが生まれる。右CKの流れからバッカのヘディングシュートは枠を逸れるも、ゴールエリア左に飛び込んだサパタが左足ボレーで押し込み、劇的同点弾がミランに生まれた。2-2の引き分けに持ち込んだミランが6位を死守している。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、マドリーに放出した元10番を買い戻し?

▽インテルがレアル・マドリーMFマテオ・コバチッチの獲得に動いているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が20日、一面を使って報じた。 ▽コバチッチは2013年1月からインテルでプレーしたクロアチア代表MF。ポテンシャルの高さを評価されながらも、2015年にレアル・マドリーへ移籍した。 ▽そのコバチッチをインテルが買い戻そうとしているという。インテルは3000万ユーロ(約39億円)の移籍金で同選手を手放したと伝えられているが、それと同等の金額で再獲得を目指す模様だ。 ▽さらに同紙は、インテルがボローニャのFWシモーネ・ヴェルディとスポルティング・リスボンのMFウィリアム・カルバーリョの獲得に動いているとも報じた。 2018.04.20 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「セーザルなら片腕でカシージャス以上」

▽フラメンゴの元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、ジョゼ・モウリーニョ監督の辛辣なジョークを回想した。ブラジル『Selecao Sportv』のインタビューを基にスペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2005年から2012年までインテルで活躍したジュリオ・セーザルは、2009-10シーズンにはモウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)の下で正守護神として活躍し、チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの主要大会3冠に貢献した。 ▽エピソードの舞台となるのは、モウリーニョ監督がレアル・マドリーで指揮を執っていた2013年のコンフェデレーションズカップ。ブラジル代表としてスペイン代表と決勝で対戦したジュリオ・セーザルは、3-0で勝利して大会ベストGK賞に輝き、試合後には当時マドリーに所属していた元スペイン代表GKイケル・カシージャス(現ポルト)とシャツを交換した。 ▽ジュリオ・セーザルは、“カシージャスの全ての功績に敬意を表す”ために同選手のユニフォームを着用。しかし、この行動が当時マドリーでカシージャスとの確執が報じられていたモウリーニョ監督の琴線に触れたようだ。 「ドレッシングルームに戻った時、モウリーニョから僕の携帯電話に送られたメッセージを開いたんだ」 「『お前はイカれてる。カシージャスがお前のユニフォームを着るべきなんだよ、お前じゃない』と書かれていたよ。おまけに、僕なら腕1本でカシージャスより止められるとも言われたね」 「イケル(・カシージャス)がドレッシングルームを訪れたから、モウリーニョと話し合うべきだと言ったよ。難しいことだけど、直視しないとね」 ▽モウリーニョ監督との親交を保ちつつ、カシージャスにもアドバイスを送ったジュリオ・セーザル。人間関係においても、その守備範囲は相当なものだ。 2018.04.20 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ガリアルディーニ、右足ハムストリングの半膜様筋損傷で離脱… インテルは今季中の復帰を画策か

▽インテルは19日、イタリア代表MFロベルト・ガリアルディーニの負傷を発表した。 ▽ガリアルディーニは、17日に行われたセリエA第33節のカリアリ戦に先発出場したが、36分に太ももを負傷しMFボルハ・バレロと交代していた。 ▽インテルによると、ガリアルディーニは19日の午前中にインスティトゥト・クリニコ・ヒューマニタスでMRI検査を実施。その結果、右足ハムストリングの半膜様筋損傷と診断されたようだ。 ▽なお、インテルはガリアルディーニの離脱期間を明かしておらず、今後も継続して検査を実施し、経過を見守ると発表。しかし、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、インテルは5月20日に行われるセリエA最終節のラツィオ戦での復帰を画策しているようだが、間に合うのだろうか…。 2018.04.20 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディはW杯へ!? ロシアW杯のトレーディングカードでは代表入り

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)まであと2ヶ月。数多くのトレーディングカードを手がけてきたイタリアの『パニーニ』は、ロシア・ワールドカップ(W杯)・バージョンを発表した。『ANSA通信』が伝えた。 ▽ロシアW杯バージョンはスペシャルカード50枚を含む全682枚で構成されているとのこと。カード用のアルバムは80ページとなる。 ▽もちろん、まだW杯出場メンバーは分からないが、イタリアのリーグでプレーする選手からは48選手がカードになっているとのこと。 ▽この中には、インテルFWマウロ・イカルディが含まれている。同選手はアルゼンチン代表に呼ばれるかが微妙なところだが、『パニーニ』は代表チームに含まれるとみているようだ。ユベントスのパウロ・ディバラ、ゴンサロ・イグアインも含まれているとのことだ。 2018.04.20 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

今季終了と報じられたガリアルディーニが早期復帰に自信

▽インテルのイタリア代表MFロベルト・ガリアルディーニが早期復帰への自信を見せた。自身のツイッターで明かしている。 ▽ガリアルディーニは、17日に行われたセリエA第33節のカリアリ戦に先発出場。しかし、太ももを負傷し36分にボルハ・バレロと交代していた。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、ガリアルディーニが残りシーズンを欠場する可能性があると報じていたが、ガリアルディーニは自身のツイッターで次のようにコメントしている。 「不運にも小さなアクシデントに見舞われてしまった。でも、早期復帰に自信を持っているよ。良いシーズンの締めくくりをしたいね」 ▽ガリアルディーニは、今シーズンここまでセリエAで30試合に出場。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権確保を目指すインテルとしては、主力であるガリアルディーニの早期復帰が待たれる。 2018.04.19 00:37 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース