超ワールドサッカー

長友フル出場のミラノ・ダービーは終了間際弾でミランが引き分けに持ち込む《セリエA》2017.04.15 21:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第32節インテルvsミランのミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はフル出場し、ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽インテル(勝ち点55)は前節、降格圏に沈むクロトーネに1-2と敗れ、2連敗となって7位に後退した。ヨーロッパリーグ出場権を得られる可能性の高い6位を目指す中、インテルはクロトーネ戦のスタメンから3選手を変更。バネガ、ムリージョ、アンサルディに代えてJ・マリオ、ガリアルディーニ、そして10試合ぶりの先発となった長友がスタメンとなった。

▽一方、前節パレルモ戦をスソの1ゴール1アシストの活躍もあって4-0と快勝したミラン(勝ち点57)は、6位に浮上。そのミランは前節ゴールを決めたパシャリッチが出場停止となり、代役にM・フェルナンデスを起用した。

▽開始2分にガリアルディーニのミスパスからデウロフェウが決定的なシュートを浴びせたミランが良い入りを見せる。3トップの推進力を起点に攻勢に出ると、14分にはスソがミドルシュートでGKハンダノビッチを強襲。直後にもデウロフェウがゴールエリア右から放った意表を突くシュートが右ポストを直撃し、先制点に近づいた。

▽前半半ばを過ぎてインテルが徐々にポゼッションを高め、試合が落ち着きを見せていた中、34分にミランはデウロフェウが単騎突破からボックス左に進入する決定機を迎えるも、GKハンダノビッチの好飛び出しに阻まれる。

▽すると36分、ガリアルディーニのロングフィードに抜け出したカンドレーバがゴールエリア右へ進入。デ・シリオをブロックしてダイレクトで放ったシュートがゴール左に決まり、インテルが先制した。

▽さらに44分、ペリシッチがイカルディとのパス交換で左サイドを突破。すかさずクロスを入れると、ゴール前に走り込んだイカルディが押し込んで追加点を奪取した。イカルディのダービー初ゴールでインテルが2-0とリードし、ハーフタイムに入った。

▽迎えた後半、ミランが圧力をかける中、50分にカンドレーバのシュートで牽制したインテルがカウンターを狙っていくと、56分に決定機。メデルのロングフィードに抜け出したイカルディの左サイドからの折り返しを、ペリシッチがシュート。しかし、GKドンナルンマの守備範囲に飛んでしまった。

▽流れの悪いミランは57分にクツカに代えてロカテッリを中盤アンカーに投入。62分にはデウロフェウが仕掛けてボックス左に進入し、ダンブロージオに倒されるもノーファウルの判定が下される。続く66分にはCKの流れからボックス手前左のデウロフェウのミドルシュートがゴール右を捉えるも、GKハンダノビッチの好守に阻まれた。

▽スコアを動かせないミランは74分にホセ・ソサに代えてラパドゥーラを投入。[4-2-4]の超攻撃的な布陣に変更したミランが圧力をかけていくと、81分にはカラブリアに代えてオカンポスを投入し、捨て身の布陣とする。

▽すると83分、CKの流れから右サイドのスソが長友を外して右足で上げたクロスをロマニョーリがボレーで押し込んで1点差に詰め寄った。

▽それでも、ムリージョを投入して5バックとし、逃げ切りを図ったインテルがそのまま勝利するかに思われた中、5分と提示された追加タイムが6分30秒を過ぎたところで劇的ゴールが生まれる。右CKの流れからバッカのヘディングシュートは枠を逸れるも、ゴールエリア左に飛び込んだサパタが左足ボレーで押し込み、劇的同点弾がミランに生まれた。2-2の引き分けに持ち込んだミランが6位を死守している。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル行き噂されるストロートマンが残留明言「来年もここにいる」

▽今夏のインテル移籍が噂されるローマのオランダ代表MFケビン・ストロートマン(27)が、ローマ残留の意向であることを明言した。イタリア『スカイ・スポルト24』が伝えている。 ▽度重なるヒザのケガを乗り越えて今シーズンに完全復活を遂げたストロートマンには、今夏の大型補強を狙うインテルやマンチェスター・ユナイテッド移籍の噂が上がっている。だが、ローマへの忠誠を誓うオランダ代表MFは、以前から報じられていた通り、クラブとの契約延長にサインする意向のようだ。 「僕たちは契約延長について話し合っている。新しいスポーツ・ディレクターが来たから、新たに話し合いを行っている」 「僕はここで心地よさを感じているし、ケガをしている期間に本当にサポートしてもらったんだ。それに監督やチームメート、クラブ幹部との関係も良好だ」 「それに5年ぐらいの長期契約にサインするうえでは、すべての条件をクリアにしておかなければならないんだ。とにかく、来年もここにいることだけは確かだよ」 ▽また、ストロートマンは、今季限りでの退任が噂されるルチアーノ・スパレッティ監督については、「彼の残留を望んでいる」と指揮官の留任を希望している。 「スパレッティは僕たちと共に素晴らしい仕事をしている。彼は戦術面において非常に優れた存在だ。個人的に彼が残留してくれることを望んでいるよ」 2017.04.29 04:14 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、3試合連続先発か?ナポリ戦もケガのライバルに代わり出場へ

30日に行われるセリエA第34節のインテルvsナポリに、日本代表のDF長友佑都が左サイドバックで先発出場する見込みだ。イタリア各紙が27日、報じている。<br><br>ステファノ・ピオリ監督率いるインテルの左サイドバックでレギュラーを務めるライバル、DFクリスティアン・アンサルディが内転筋のトラブルから回復していない。このため15日のミラン戦(2-2)、22日のフィオレンティーナ戦(5-4でフィオレンティーナが勝利)に引き続き、長友が3試合連続先発出場すると予想されている。<br><br>ミラノダービーでは、対面したFWスソを封じることに成功して高評価を得た。またフィオレンティーナ戦では、5失点を喫した守備陣が軒並み酷評される中、「マシ」な存在であったとの印象を与えた。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』は次戦、アンサルディに代わり長友の出場が60%、DFヘイソン・ムリージョが40%とみて、長友に軍配を上げている。なお『コリエレ・デロ・スポルト』、『トゥットスポルト』も同じく長友の先発出場が有力であると予想している。また『Goal』の取材でも長友が先発する可能性が高いことが明らかになっている。<br><br>提供:goal.com 2017.04.28 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、左利きSB獲得で長友佑都のポジションは消失へ?来季の居場所は…

インテルが左利きのサイドバック獲得をもくろんでいることが明らかとなった。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。<br><br>インテルは今シーズン、左サイドバックに選手を固定できていない。ステファノ・ピオリ監督はクリスティアン・アンサルディ、ダビデ・サントン、長友佑都のいずれにも満足しておらず、新戦力の獲得を求めているという。<br><br>そこで名前が挙がっているのはレスター・シティに所属するU-21イングランド代表DFベン・チルウェル、アウグスブルクのギリシャ代表DFコスタス・スタフィリディスだ。それぞれ20歳と、23歳で獲得に成功できれば、インテルは先数シーズン、左サイドバックを心配することはなくなるかもしれない。<br><br>長友は今月15日に行われたミラノ・ダービーで10試合ぶりに先発出場。21日のフィオレンティーナ戦にも先発し、再び定位置確保へ向かっていると見られていたが、やはりいまだ厳しい立ち位置には変わりないようだ。なお、長友にはサンプドリアが興味を示しているとされる。<br><br>提供:goal.com 2017.04.28 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルが興味のユナイテッドDFダルミアン獲得レースにミランも参戦か

▽ミランとインテルの両ミラノ勢がマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(27)の獲得に興味を抱いているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ダルミアンの獲得に関しては、インテルがかねてより獲得に興味を示していたが、ここに来てミランも獲得に動くとのこと。どうやら、イタリア代表DFマッティア・デ・シリオが今夏に移籍する可能性が浮上したことが原因のようだ。 ▽ダルミアンは、2015年にトリノからユナイテッドへと移籍。しかし、今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の下、プレミアリーグで12試合の出場に留まっており、イタリア代表でコンスタントにプレーするためにも移籍を望んでいるという。 ▽ミランは、ダルミアンが下部組織時代を過ごしたクラブでもあり、インテルより本人が希望する可能性もある。果たして、古巣なのか、同じ街のライバルなのか。ダルミアンの去就に注目だ。 2017.04.26 19:52 Wed
twitterfacebook
thumb

シメオネ帰還を望むインテル、破談に終わればスパレッティを招へいか

▽インテルが新シーズンの監督人事に向けて動き出しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽インテルは22日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦して4-5の敗戦となった。ステファノ・ピオリ監督は試合後、クラブ幹部に辞任を申し出たことがイタリア『コリエレ・デロ・スポルト』の報道で明らかとなっている。 ▽クラブは24日、ピオリ監督を今後も支援していく旨の公式声明を出して、事態の鎮静化を図った。しかし複数のイタリアメディアは、ピオリ政権は今シーズン限りで終焉を迎えるだろうと報じている。 ▽そこでインテルの新監督候補に名前が挙がっているのが、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督。選手時代にはインテルでプレーし、以前には将来的なインテルでの監督業に前向きな発言をしていた。また、アトレティコとの契約を短縮しており現行の契約では2018年までとなっている。 ▽『コリエレ・デロ・スポルト』によると、インテルは2017-18シーズンをシメオネ監督に任せたい考えを持っているようだ。さらに、昨年夏に中国の蘇寧グループがオーナーとなったことで潤沢な資金を持っており、シメオネ監督に白紙の小切手を準備し、年俸や補強費に関してはシメオネ監督が望む金額を出す考えのようだ。 ▽一方で『フットボール・イタリア』は、シメオネ監督招へいに失敗した際の第2案を報道。その際にはローマを率いるルチアーノ・スパレッティ監督を迎え入れたいと考えているようだ。スパレッティ監督はローマとの契約が2017年6月で満了を迎える。さらに長くセリエAで指揮を執ってきたことから、インテル復権に適任だと考えているという。 2017.04.26 11:21 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース