GKハートの残留を望むミハイロビッチ「居ないならばやり方を変えなければ」2017.04.15 19:39 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、イングランド代表GKジョー・ハートを残したいと考えているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

▽マンチェスター・シティからのレンタル移籍でトリノへとやってきたハート。今シーズンから指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督に追いやられる形でチームを去ったが、トリノではセリエAで29試合に出場し、正守護神としてプレーしている。

▽ミハイロビッチ監督は、ハートの完全移籍を望んでいるようだが、シティとハートに委ねられているとコメント。レンタル移籍、完全移籍に関係なく、来シーズンチームに残らないのであれば、早めに手を打ちたいと考えていることを明かした。

「ハートはトリノに残りたいと思っているが、彼とクラブの両方が分かり合わなければ、我々は買うことはできない」

「我々はもう1年レンタルしたいと思っているが、マンチェスター・シティと彼の両者に依存する」

「ハートが来年どうなるかは知る必要がある。もしハートが居ないならば、我々はやり方を変える必要があるからだ」

コメント

関連ニュース

thumb

イブラ離脱に悩めるモウリーニョ、イタリアの点取り屋ベロッティに白羽の矢?

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの負傷離脱を受け、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(23)の動向を注視しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽イブラヒモビッチは、20日にオールド・トラフォードで行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアンデルレヒト戦で負傷交代。その後の22日には、右ヒザに深刻なケガに伴い、医師から治療方針を仰ぐことがクラブから明らかにされた。 ▽そのため、イブラヒモビッチがユナイテッドとの延長オプションを行使したとしても長期離脱は避けられない様相。そうした状況の中、モウリーニョ監督は新たなストライカー候補の1人として、ベロッティに興味を示しているという。 ▽トリノと2021年まで契約を結ぶベロッティは、今シーズンのここまで出場したセリエAの29試合でトップタイの25ゴールを記録。その活躍により、複数クラブからの関心が伝えられており、流失阻止を狙うトリノ側も1億ユーロ(約117億8000万円)の契約解除金を設定している。 2017.04.23 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

トリノにレンタル中のGKハート、来季からリバプールでプレーか

▽マンチェスター・シティからトリノにレンタル中のイングランド代表GKジョー・ハート(29)は、来シーズンからリバプールでプレーしているかもしれない。イギリス『サン』が伝えている。 ▽昨夏に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督から評価されず、半ば追われる形でトリノに活躍の場を求めたハート。財政的に厳しいトリノに留まることは難しく、グアルディオラ監督も依然としてハートを戦力としてみなしていないようだ。 ▽そうした状況の中、伝えられるところによれば、新たなGK獲得を望むユルゲン・クロップ監督率いるリバプールが移籍金2000万ポンド(約27億8000万円)を用意。シティとの契約を2年残しているハートの獲得に乗り出す意向を示しているという。 2017.04.19 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

トリノがGKハートのレンタル延長オファーもレスターorエバートン行きか

▽トリノがイングランド代表GKジョー・ハート(29)のレンタル期間を1年延長することを望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016年8月にマンチェスター・シティからトリノへレンタルで加入したハートは今シーズン、ここまでセリエAで29試合に出場し、5度のクリーンシートを達成している。 ▽今回の報道によると、そんなハートに対してトリノが1年間のレンタル期間の延長オファーを正式に提示したようだ。しかし、同メディアの見解によるとシティは、2019年6月まで契約を残すハートがレンタル移籍の影響で市場価値が減少していることを感じており、今夏の移籍市場で移籍金を確保したいと考えているようだ。 ▽さらに現在、ハートにはエバートンとレスター・シティなどが獲得に興味を示している。特にレスターは、他クラブから獲得への関心が寄せられている正GKカスパー・シュマイケルが来夏に退団した場合に備えて、後釜となるGK獲得に向けて熱心に情報収集を行っている。 ▽もし、エバートンやレスター・シティといったクラブが獲得に乗り出せば、ビッグクラブではないトリノにとって厳しい獲得争いになるだろう。 2017.04.13 14:19 Thu
twitterfacebook
thumb

イングランド勢関心のベロッティ「将来はわからない」

▽トリノに所属するイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(23)が自身の去就に口を開いた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽今シーズンのここまで出場したセリエAの28試合で24ゴールのハイアベレージを叩き出すベロッティ。その活躍から、チェルシーやアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドらイングランド勢からの関心が伝えられており、流失阻止を狙うトリノ側も1億ユーロ(約117億8000万円)の契約解除金を設定している。 ▽9日に行われたセリエA第31節のカリアリ戦後(3-2でトリノが勝利)、イタリア『スカイ』のインタビューに応じたベロッティは、自身の去就について問われると、「今はトリノの選手。ただ、将来に何が起こるかなんてわからないよ」とコメント。明言を避けつつ、移籍の可能性も匂わせたという。 2017.04.10 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「誰も120億円など払えない」トリノ会長は23歳の得点王ベロッティ引き留めに自信

トリノのウルバーノ・カイロ会長は23歳のエースFWアンドレア・ベロッティの残留を確信している。イタリアメディア『Toro.it』が6日、報じている。<br><br>ベロッティは2015-16シーズンにパレルモからトリノに加入すると、35試合に出場し、12ゴールを挙げた。今シーズンはこれまで27試合に出場してすでに23得点をマークしており、セリエAではトップだ。イタリア代表にも今年8月に初招集されると、10月9日に行われたワールドカップ欧州予選のマケドニア戦(3-2でイタリアが勝利)で初ゴールを挙げ、続く11月12日のリヒテンシュタイン戦(4-0でイタリアが勝利)ではドッピエッタ(1試合2ゴール)を決めてみせた。<br><br>まだ23歳と若手のベロッティにはこれまで、アーセナルやPSG、レアル・マドリーなどヨーロッパの強豪が獲得に興味を示していると報じられてきた。しかし、カイロ会長は12月に新たに設定した違約金1億ユーロ(約117億円)に自信を持っている。<br><br>「今年はどのチームも違約金を払えるとは思えない。ベロッティがここでプレーすることに満足してくれているなら、彼は重要な選手なので私も嬉しい。現段階では調査の依頼もオファーも1件も来ていない。(移籍が)実現するとは思えないね」<br><br>もし1億ユーロのオファーが届いたとしても、エースの移籍にゴーサインを出す可能性は限られていると説明している。会長として、来シーズンもトリノに残留させることがベロッティにとってベストであると考えている。<br><br>「イタリアのクラブからその額のオファーが来たとしても断る。イタリア国外からオファーが届いた場合、ベロッティがそのチームへの移籍を拒否すれば当然我々としては彼を引き留めることになる。来シーズンの残留はベロッティにとってもプラスになると考えている。あと何年か残れば実力を確固たるものにできるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.07 21:09 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース