超ワールドサッカー

GKハートの残留を望むミハイロビッチ「居ないならばやり方を変えなければ」2017.04.15 19:39 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トリノのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、イングランド代表GKジョー・ハートを残したいと考えているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

▽マンチェスター・シティからのレンタル移籍でトリノへとやってきたハート。今シーズンから指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督に追いやられる形でチームを去ったが、トリノではセリエAで29試合に出場し、正守護神としてプレーしている。

▽ミハイロビッチ監督は、ハートの完全移籍を望んでいるようだが、シティとハートに委ねられているとコメント。レンタル移籍、完全移籍に関係なく、来シーズンチームに残らないのであれば、早めに手を打ちたいと考えていることを明かした。

「ハートはトリノに残りたいと思っているが、彼とクラブの両方が分かり合わなければ、我々は買うことはできない」

「我々はもう1年レンタルしたいと思っているが、マンチェスター・シティと彼の両者に依存する」

「ハートが来年どうなるかは知る必要がある。もしハートが居ないならば、我々はやり方を変える必要があるからだ」

コメント

関連ニュース

thumb

トリデンテ揃い踏みのナポリ、トリノに5発圧勝でローマにプレッシャー《セリエA》

▽セリエA第36節、トリノvsナポリが14日に行われ、5-0でナポリが大勝した。 ▽前節カリアリ戦を3-1と快勝したナポリは、チャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインの2位ローマを1ポイント差で追う。そのナポリはカリアリ戦のスタメンから2選手を変更。ジエリンスキとキリケシュに代えてアランと出場停止明けのクリバリが先発となった。 ▽前節ユベントスとのトリノ・ダービーを惜しくも引き分けに持ち込まれたものの、7試合負けのない9位トリノ(勝ち点50)に対し、ナポリが立ち上がりから押し込んでいくと、7分に先制する。アランのスルーパスに抜け出したボックス右のカジェホンがゴール左へシュートを流し込んだ。 ▽その後もナポリが攻勢に出ると、19分に決定機。ヒサイのスルーパスに抜け出したボックス右のカジェホンがDFをかわして左足でシュート。しかし、わずかに枠の左に外れた。続く20分にはロングスローに抜け出したメルテンスがGKハートと一対一となるも、ループシュートは枠の上に外してしまう。 ▽前半半ば以降もナポリが主導権を握ると、31分にインシーニェがループシュートで追加点に迫れば、35分にはカジェホンが枠内シュートをマーク。しかし、追加点を奪うには至らずハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半もナポリが圧力をかけていった中、56分にトリノに決定機。ベロッティのポストプレーを受けたボジェがコントロールシュートを狙うも、わずかに枠の右に外れた。 ▽ひやりとしたナポリは60分、ショートカウンターに転じると、アラン、カジェホンとつないでメルテンスのラストパスに反応したインシーニェがシュートを流し込み、追加点を奪った。さらに72分、インシーニェのスルーパスに抜け出したメルテンスがボックス左でDFをかわして右足を一閃。GKハートのニアサイドを破って3-0とした。 ▽メルテンスの今季25ゴール目で勝負を決定付けたナポリは、77分にグラムの左クロスをファーサイドのカジェホンが合わせて4-0とすると、79分にはカジェホンの正確な折り返しからジエリンスキが蹴り込んで5-0とした。 ▽攻撃陣揃い踏みのナポリが5発圧勝でトリノに8試合ぶりの黒星を喫しさせ、ローマにプレッシャーをかけている。 2017.05.14 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

トリノが元イタリア代表DFモリナーロとの契約を2018年まで延長

▽トリノは10日、元イタリア代表DFクリスティアン・モリナーロ(33)との契約を2018年6月まで延長したことを発表した。 ▽2000年にセリエBのサレルニターナでプロデビューを飾ったモリナーロは、ユベントスやシュツットガルトを経て2014年にトリノに加入。準主力として在籍3シーズンで公式戦71試合に出場し2ゴールを記録している。 ▽しかし、今シーズンは昨年9月に行われたセリエA第4節エンポリ戦で左ヒザの前十時じん帯を損傷。今年3月に復帰を果たしたが、ここまでリーグ戦8試合の出場に留まっていた。 2017.05.11 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 1-1 トリノ《セリエA》

▽セリエA第35節、ユベントスvsトリノの“トリノ・ダービー”が6日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170507_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 ネト 5.5 リャイッチのFKは止められない DF 26 リヒトシュタイナー 5.5 攻撃面での貢献がやや物足りず 19 ボヌッチ 5.5 15分の決定機は決めたい 4 ベナティア 6.0 バー直撃のヘディングシュートが決まっていれば… 22 アサモア 5.5 ザッパコスタの攻め上がりにやや苦戦 MF 7 クアドラード 5.5 攻守に奮闘していた 6 ケディラ 5.5 68分の決定機は決めたい 21 ディバラ 6.0 43分のチャンスは決めたかったが、ハートを褒めるべき (→アレックス・サンドロ -) 28 リンコン 5.5 球際でよく戦っていた (→ピャニッチ 5.5) イグアインの同点弾をアシスト 27 ストゥラーロ 5.0 追う展開となったことで早めの交代 (→イグアイン 6.0) なかなか試合に入れなかったが、最後に仕事 FW 17 マンジュキッチ 6.0 前線で起点となって味方のシュートチャンスを演出した 監督 アッレグリ 5.5 モナコ戦を睨んでの大幅なメンバー変更もあって致し方ない結果 ▽トリノ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170507_16_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 21 ハート 6.0 安定感あるセービングを続けた DF 7 ザッパコスタ 6.0 攻守に貢献 13 ロッセッティーニ 6.0 身体を張っていた 24 モレッティ 6.0 読みの利いた守備を見せた 3 モリナーロ 6.0 クアドラードのスピードをうまく封じる MF 14 ファルケ 5.5 前線で一定のキープ力を見せる 6 アックアー 5.0 奮闘していたが、退場が早かった 10 リャイッチ 6.5 スーパーなFKで先制点を奪取 8 バセッリ 5.5 前線とバックラインをつないだ (→オビ -) 31 ボジェ 5.5 仕掛ける姿勢を見せ、守備も貢献 (→ベナッシ 6.0) 守備を締めた FW 9 ベロッティ 5.5 ゴール前に突っ込む怖さは感じさせた 監督 ミハイロビッチ 6.0 堅守からのカウンターで牽制し、勝ち点獲得 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! リャイッチ(トリノ) ▽難度の高いFKを決め切り、ほぼ1チャンスの得点機を活かした。後一歩で勝利に導けるところだったが、十分な働き。 ユベントス 1-1 トリノ 【ユベントス】 イグアイン(後47) 【トリノ】 リャイッチ(後7) 2017.05.07 05:52 Sun
twitterfacebook
thumb

終了間際のイグアイン弾でトリノ・ダービーはドロー決着、ユーベのホーム戦連勝記録は33でストップ《セリエA》

▽セリエA第35節、ユベントスvsトリノの“トリノ・ダービー”が6日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節アタランタ戦を終了間際の被弾で2-2と引き分けた首位ユベントス(勝ち点84)は、ローマ・ダービーに敗れた2位ローマとの勝ち点差を9に広げた。そして、3日前に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)・準決勝1stレグのモナコ戦をイグアインの2発で2-0と先勝。リーグ6連覇とCL決勝進出を目前とする中、モナコ戦のスタメンから8選手を変更。ディバラ、マンジュキッチ、ボヌッチのみを引き続き先発とした。 ▽ここ6試合負けがなく9位に付けるトリノ(勝ち点49)に対し、33連勝中のホームに地元のライバルを迎えたユベントスが立ち上がりからボールを保持して押し込む展開とすると、15分に決定機。左CKからベナティアのヘディングシュートがバーを直撃した。さらにルーズボールをボヌッチが蹴り込むも枠の上に外してしまった。 ▽引き続き押し込むユベントスはストゥラーロやマンジュキッチのボレーシュートで先制点に近づくと30分、FKのサインプレーからリヒトシュタイナーがGKハートを強襲するシュートを浴びせる。 ▽ハーフタイムにかけても球際の攻防で上回って主導権を渡さないユベントスは43分に決定機。マンジュキッチとのワンツーでボックス中央へ侵入したディバラがシュート。しかし、GKハートの正面を突いて前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もユベントスペースで進んだが、52分にトリノが先制する。ボックス手前中央で得たFKをリャイッチが枠の左上に蹴り込んだ。 ▽失点直後、スルーパスに抜け出したマンジュキッチが決定機を迎えるも枠を捉えきれなかったユベントスはその後、ストゥラーロに代えてイグアインを最前線に投入。すると57分、マンジュキッチへのタックルでアックアーに2枚目のイエローカードが提示され、数的優位となった。62分にはFKからリンコンが決定的なヘディングシュートを浴びせるも枠を外れる。 ▽一方、10人となったトリノはボジェに代えてベナッシを投入し、アックアーの穴を埋めにかかると66分、バセッリのミドルシュートでGKネトを強襲。 ▽68分にはユベントスに同点のチャンス。ディバラの丁寧な落としからボックス中央でフリーとなったケディラがボレーに持ち込むも、枠の上に外してしまう。終盤にかけては集中した守備を続けたトリノ相手にユベントスはゴールに迫れずにいたが、追加タイム2分に同点とする。 ▽ピャニッチのパスを受けたイグアインがペナルティアーク中央から右足を一閃。鋭いシュートをゴール左に突き刺した。しかし、反撃はここまで。勝ち点1をもぎ取ったものの、ホーム戦連勝記録は33でストップしている。 2017.05.07 05:51 Sun
twitterfacebook
thumb

ブッフォンと才能に溺れる若い選手の違い…アッレグリの見解は?

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がジャンルイジ・ブッフォンが超一流である理由を語った。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>ブッフォンは1995年、17歳の時にパルマでセリエAデビューを果たした。39歳になった現在も世界トップレベルのパフォーマンスを披露しているが、アッレグリ監督はブッフォンのサッカーに取り組む姿勢を称賛した。<br><br>「素晴らしいプロであり、ハードワーカーだ。サッカーでは才能や技術だけでは不十分だから、大事なのはそういう点になる。最近の才能ある若手選手たちに欠けている部分だ。彼らのキャリアが始まって30分で、周囲が彼らを王者に仕立てあげてしまうからね。素晴らしい才能を備えている必要はあるが、もっと大事なことは長いスパンを通じて、正しい態度を保ち続けた上で、チャンピオンになるということだ」<br><br>ブッフォンは8回目のセリエA制覇まで目前に迫っている。ユベントスは6日、セリエA第35節でトリノと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.06 20:42 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース