超ワールドサッカー

アーセナルがシャルケのボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFコラシナク獲得で合意か…フリートランスファーで7月に加入2017.04.15 18:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルがシャルケに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナク(23)の獲得で合意に達したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽コラシナクに対しては、ミランやエバートンも獲得に興味を示していたが、アーセナルが獲得レースで勝利したとのこと。フリートランスファーで7月にチームに加わることになるようだ。

▽アーセン・ヴェンゲル監督は、スペイン代表DFナチョ・モンレアルのライバルとしてコラシナクを考えているようで、ミラン、エバートンの他、マンチェスター・シティ、ユベントス、リバプールも興味。チェルシーは今年1月に530万ポンド(約7億2000万円)でのオファーを提示していたが、獲得に至らなかった。

▽アーセナルは、1月に代理人と会談し、その後も連絡を取り合っていたとのこと。争奪戦を制したこととなる。

▽コラシナクは、ドイツ生まれで世代別はドイツ代表としてプレー。しかし、A代表は両親の出身地であるボスニア・ヘルツェゴビナを選択し、23キャップを記録している。今シーズンはブンデスリーガで21試合に出場し3得点を記録。シャルケでの公式戦は116試合に出場し4得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、2大エースに給与20%アップの契約延長オファー?

▽アーセナルが、ドイツ代表MFメスト・エジル(28)と、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)に、大幅20%アップの昇給を条件に契約延長オファーを申し入れるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽2018年夏でクラブとの契約が切れるサンチェスとエジルの2大エース。以前から難航が伝えられる延長交渉は、依然として動きがない。伝えられるところによれば、サンチェスとエジルはアーセナルの週給25万ポンド(約3600万円)に及ぶ延長オファーを拒否。両者は、週給30万ポンド(約4300万円)を要求しているとみられており、延長交渉は平行線を辿っている。 ▽そんな中、『デイリー・メール』によると、アーセナルは両選手に対して、現在の給与から新たに大幅20%アップの契約延長オファーを用意。だが、アーセナルがそれを提示するのは、来季のプレミアリーグ4位以内、つまりは2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合にのみに限るようだ。 2017.06.28 15:39 Wed
twitterfacebook
thumb

チリ代表監督、去就に揺れるサンチェスを信頼「国のために献身的にプレーしている」

チリ代表のフアン・アントニオ・ピッツィ監督は、新シーズン以降の去就が不透明なFWアレクシス・サンチェスへの信頼を語っている。<br><br>サンチェスはコンフェデレーションズカップの3試合に出場しているものの、ゴールはドイツ戦で挙げた1点のみと期待通りの結果を残せていない。その原因の1つにクラブでの去就が挙げられている。今夏マンチェスター・シティやバイエルンに移籍するのではないかとさまざまな憶測が飛んでいるが、サンチェスの将来は未だ不透明のまま。しかしチリ代表指揮官は、同選手が問題なくプレーしていると感じているようだ。<br><br>ピッツィ監督は「彼がとても幸せだと我々は思っている。他の選手たちと同様にベストを尽くしている。誰もが世界最高峰のクラブでプレーしたいと思っているはずだ。彼はすでにその中の1つでプレーしていて、誰もが彼をチームに入れたいと考えているだろう」と去就が騒がれているサンチェスについて言及。<br><br>続けて「彼はとても集中していて、試合ですべきことを十分に理解している。我々は彼の将来に何が起きるか見守っている。ただ今現在、彼はとても満足していると思う。そしてナショナルチームのために全力でプレーしている」とチームのエースへの信頼を口にした。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルー、ラカゼットの動向次第でアーセナル退団か?ウェスト・ハムが獲得を準備

ウェストハムはアーセナルのオリヴィエ・ジルーの獲得を望んでいるようだ。<br><br>ジルーは2016-17シーズン、プレミアリーグで12ゴールをマークしたものの、フル出場は4試合のみ。さらにアーセン・ヴェンゲル監督が、今夏の移籍市場でリヨンからFWアレクサンドル・ラカゼット獲得を目論んでいるとされており、フランス代表ストライカーの退団のうわさに拍車がかかっている。<br><br>一方、ウェストハムはジルー獲得のために2000万ポンド(約28億円)の移籍金と週給10万ポンド(約1400万円)の4年契約を用意。クラブはすでにジルーの代理人と会談を行ったようで、本人はローン移籍ではなく、完全移籍での加入を前向きに考えている可能性がある。<br><br>ウェストハムはアーセナルがラカゼットを獲得した場合、ジルーの移籍に同意すると予想している。なお、リヨンがジルーの獲得に興味を持っているという報道もあったが、FWベルトラン・トラオレを獲得したことでその可能性は無くなったとジャン=ミシェル・オラス会長が断言している。<br><br>スラベン・ビリッチ監督率いるウェストハムは、今夏すでにマンチェスター・シティを退団したパブロ・サバレタを獲得。前線の補強を目指すクロアチア人指揮官は、チェルシーのFWミヒー・バチュアイとマンチェスター・シティのFWケレチ・イヘアナチョへの興味も示している。<br><br>提供:goal.com 2017.06.27 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラカゼット獲得交渉は長期戦に? リヨン会長「彼の代役が獲れない限り、移籍させない」

▽アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)の獲得オペレーションは、一筋縄ではいかないようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長のコメントを伝えている。 ▽今夏の移籍市場でラカゼット獲得にプライオリティを置くアーセナルは、4400万ポンド(約62億6000万円)から5700万ポンド(約81億円)といわれるオファーを準備し、獲得に近づいているとみられている。 ▽しかし、26日にチェルシーから獲得したブルキナファソ代表FWバートランド・トラオレ(21)のお披露目会見に出席したリヨンのオラス会長は、同選手がラカゼットの後釜として獲得したものではないと主張。さらに、アーセナルが獲得を狙うエースに関して、代役を見つけるまで放出する意思がないと語った。 「現時点での我々の見解はラカゼットの後釜とサインしない限り、我々は彼を残留させるつもりでいるということだ」 「彼は以前に退団の意思を示した。そして、希望するクラブ(アトレティコ・マドリー)と合意に至ったが、結局移籍は実現しなかった」 「彼は退団を希望している。そして、我々は来たるべき週にそれについて話し合うつもりだ。もちろん、彼の価値に相応しいオファーが届けば、それを聞く準備はある」 ▽なお、リヨンがラカゼットの後釜候補に挙げていたアーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)に関して同会長は、「我々はストライカーの備蓄を行うつもりはない。それにアーセナルは彼の残留を希望している」とコメント。獲得の可能性が遠のいたことを示唆している。 2017.06.27 06:19 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがユベントスMFマリオ・レミナ獲得に興味? イタリア人ジャーナリストが明かす

▽アーセナルがユベントスのガボン代表MFマリオ・レミナ(23)の獲得に興味を示しているという。イギリス『Tribalfootball』が報じた。 ▽イタリア人ジャーナリストのエマヌエーレ・ジュリアネッリ氏は同メディアのコラムで、レミナがアーセナル移籍に興味を持っていることを明かした。選手の代理人もアーセナルの関心に目を向けているとのこと。 ▽ロリアンでプロデビューを果たしたレミナは、その後マルセイユに移籍。昨シーズン、ユベントスへのレンタル移籍を経験した後、今シーズンは完全移籍で加入した。主にセントラルMFのポジションを得意とする同選手は、184cmながら足下の技術が高く、攻守にわたってチームに貢献できる。今季は公式戦29試合に出場し、1ゴール1アシストを記録した。 ▽なお、ジュリアネッリ氏は、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督がレミナ以上にモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)に関心を示しているとも主張している。 2017.06.26 18:10 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース