アーセナルがシャルケのボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFコラシナク獲得で合意か…フリートランスファーで7月に加入2017.04.15 18:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルがシャルケに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナク(23)の獲得で合意に達したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽コラシナクに対しては、ミランやエバートンも獲得に興味を示していたが、アーセナルが獲得レースで勝利したとのこと。フリートランスファーで7月にチームに加わることになるようだ。

▽アーセン・ヴェンゲル監督は、スペイン代表DFナチョ・モンレアルのライバルとしてコラシナクを考えているようで、ミラン、エバートンの他、マンチェスター・シティ、ユベントス、リバプールも興味。チェルシーは今年1月に530万ポンド(約7億2000万円)でのオファーを提示していたが、獲得に至らなかった。

▽アーセナルは、1月に代理人と会談し、その後も連絡を取り合っていたとのこと。争奪戦を制したこととなる。

▽コラシナクは、ドイツ生まれで世代別はドイツ代表としてプレー。しかし、A代表は両親の出身地であるボスニア・ヘルツェゴビナを選択し、23キャップを記録している。今シーズンはブンデスリーガで21試合に出場し3得点を記録。シャルケでの公式戦は116試合に出場し4得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲル、リーグ戦で不調もFAカップ準決勝マンチェスター・C戦に自信

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督がFAカップ準決勝に関してコメントし、リーグ戦とは別の大会であることを強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。<br><br>アーセナルは23日、FAカップ準決勝でマンチェスター・シティと対戦する。チームはチャンピオンズリーグへの出場権を獲得するために、プレミアリーグの4位以上を目指しているが、リーグ戦過去9試合で5敗と調子は上がらない。しかし、指揮官はリーグ戦での調子はカップ戦において影響を及ぼすことはないと語った。<br><br>「FAカップは別の大会だ。それぞれの大会に別の雰囲気があり、我々は過去にもリーグ戦で調子を落としているクラブが、カップ戦で突然素晴らしいプレーをするのを目にしてきた。選手たちがリーグ戦の調子をカップ戦に持ち込むことはないだろう」<br><br>決勝に駒を進めるのはどちらのチームだろうか。なお、アーセナルはリーグ戦で今シーズン2度マンチェスター・Cと対戦し、戦績は1分け1敗となっている。<br><br>提供:goal.com 2017.04.23 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

K・トゥーレ、恩師ヴェンゲルを語る「間違いなくアーセナルを愛している」

セルティックに所属するDFコロ・トゥーレがアーセン・ヴェンゲルについて語った。『OMNISPORT』が伝えている。<br><br>2002年から2009年までアーセナルに所属し、ヴェンゲルの下で無敗優勝にも貢献しているk・トゥーレは、かつての恩師を最高の監督の1人と考えているようだ。<br><br>「僕にとってアーセナルは偉大なクラブだよ。監督はこれまでともに働いてきた中でも最高の指揮官の1人だし、才能を見抜く目を持っている。彼は若い才能に未来を見いだせる。その面で信じられないような監督さ。もちろん現状は彼の思い通りには進んでいないようだね。だけど、アーセナルにとってヴェンゲルは途方もなく大きな存在だと僕は思う。アーセナルにとって最高の監督だ。最善を尽くしている。クラブのために最後まで戦い続けると僕には分かっているよ。彼は間違いなくこのクラブを愛しているからね」<br><br>アーセナルは23日、FAカップ準決勝でマンチェスター・シティと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.04.22 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベがバロテッリ2世と注目を集めるケアンとプロ契約締結へ、18歳の誕生日後に契約か

▽ユベントスが、同クラブのU-17イタリア代表FWモイゼ・ケアン(17)とのプロ契約締結に向けて準備を進めているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽コートジボワールにルーツを持つケアンは、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ2世と称されるFW。昨年11月19日に行われたセリエA第13節のペスカーラ戦で途中出場を果たし、16歳8カ月でデビューしユベントスのクラブ最年少出場記録をマークした。さらに、21世紀以降に生まれた選手の中で初めて4大リーグでプレーした選手となっている。 ▽また、昨年11月22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節のセビージャ戦では84分から出場。こちらも21世紀以降に生まれた選手の中で初めてCLの舞台に立った選手となった。なお、今シーズンはユベントスのトップチームではリーグ戦2試合、CL1試合の出場に留まっているが、ユースチームでは12試合で9ゴール5アシストをマークしている。 ▽そんなケアンに対しては以前からアヤックス、アーセナル、マンチェスター・シティ、チェルシーなどが興味を示していると言われている。そのためユベントスは早く新契約を結びたいところだが、イタリアでは18歳からしかプロ契約を結べない決まりとなっている。そのため、ユベントスはケアンが18歳となる2018年2月28日以降にプロ契約を結ぶための準備を行っているようだ。 ▽さらに『フットボール・イタリア』によれば、ケアンの代理人を務めるミノ・ライオラ氏はユベントス側に他のクラブとの交渉を行わずユベントスとの交渉を優先的に進めることを伝えているという。 2017.04.21 12:09 Fri
twitterfacebook
thumb

移籍市場開幕を前に早くもペリシッチ争奪戦が開始?プレミア3クラブが動向を注視

マンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙うインテルに所属するイヴァン・ペリシッチにアーセナルとチェルシーも興味を持っており、プレミアリーグのビッグクラブによる争奪戦が始まるようだ。<br><br>プレミアリーグ挑戦を熱望しているペリシッチの動向に関して、多くのメディアが来シーズン開幕前に間違いなくイングランドへ移籍すると報じている。アーセナルは、マンチェスター・シティ、チェルシー、パリ・サンジェルマンのターゲットになっているアレクシス・サンチェスが退団する可能性が高く、後釜としてクロアチア代表に興味を示している。<br><br>一方、今夏の移籍市場で前線の補強を目論むチェルシーもペリシッチを注視しているものの、インテルは3500~4000万ユーロ(41~47億円)を要求しており、双方には大きなギャップがある。さらにマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も同選手の獲得を熱望しているが、チャンピオンズリーグ出場権を逃した場合、争奪戦から一歩後退することになりそうだ。<br><br>チャンピオンズリーグ出場圏内の3位まで14ポイント離されているなど、不甲斐ない戦いを続けるインテルに失望しているペリシッチは、シーズン終了後に退団の意思を固めている。2020年までインテルとの契約が残っているものの、クラブはペリシッチの引き留めを半ばあきらめており、代わりにフェデリコ・ベルナルデスキとドメニコ・ベラルディを獲得リストに加えている。<br><br>さらにユナイテッドは、ペリシッチだけではなく、インテルとクロアチア代表のチームメイトであるマルセロ・ブロゾビッチの動向にも注視。ソーシャルメディア上に不用意な投稿をした同選手は多くのインテルサポーターから反感を買っており、ペリシッチとともにインテルを退団する可能性が高まっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 11:59 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、今夏の補強第1号はコラシナツか...争奪戦を制してフリーで加入目前

シャルケに所属する左サイドバックのセアド・コラシナツがロンドンでメディカルチェックを受け、今夏の加入に向けアーセナルと個人合意に達したことが分かった。<br><br>左サイドバックの補強を優先したいアーセン・ヴェンゲル監督にとって、コラシナツは来シーズンに向けた最初の補強となるようだ。シャルケとの契約は2017年7月末までであり、今夏に移籍金が発生しないボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFは、2週間前にスポンサーイベントのためロンドンを訪れ、その間にメディカルチェックを受けたことが明らかになっていた。<br><br>22日に行われるFAカップ準決勝のマンチェスター・シティ戦を控えるヴェンゲル監督は会見でコラシナツとは合意に至っていないと主張したが、今夏アーセナルの選手になることが確実視されている。ガナーズだけでなく、ACミラン、チェルシー、エヴァートン、ユヴェントス、そしてマンチェスター・シティもブンデスリーガで活躍する同選手への興味を認めていたが、最終的にはノースロンドンのクラブが争奪戦を制したようだ。<br><br>ボール奪取力とデュエルの強さに定評のあるコラシナツは、2011年にシュトゥットガルトからシャルケに加入して以降、左サイドバックだけではなく、センターバックや守備的ミッドフィールダーとしても125試合に出場。ディフェンス陣に不安の残るアーセナルにとって即戦力としての活躍が期待されている。<br><br>この補強を受けて、アーセナルはパフォーマンスの低下が著しいナチョ・モンレアルの放出に踏み切るようだ。さらに2018年夏まで契約の残るキーラン・ギブスも放出候補になっている。<br><br>一方のヴェンゲル監督も今夏で契約が切れ、今後の去就について明確にはしていないものの、来シーズンに向け補強を続けている。そのため21年間アーセナルを指揮するフランス人監督はさらに2年間の契約を結ぶのではないかと考えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 07:33 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース