本田、吉田、カレン、大津が所属したVVVフェンロが5年ぶりの1部昇格《エールステディビジ》2017.04.15 09:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エールステディビジ(オランダ2部)の第34節が14日に行われ、RKCワールワイクvsVVVフェンロは1-2でVVVが勝利。これにより、VVVの5年ぶりのエールディビジ昇格が決定した。

▽VVVは、かつて日本代表FW本田圭佑(ミラン)やDF吉田麻也(サウサンプトン)、FWカレン・ロバート(ノースイースト・ユナイテッドFC/インド)、FW大津祐樹(柏レイソル)が所属し、現在は日本サッカー協会の田嶋幸三会長の息子であるMF田嶋凜太郎やジュビロ磐田などでプレーした藤田俊哉がコーチとして所属している。

▽試合は序盤からVVVがペースを握る。すると38分、VVVがPKを獲得。これをクーレマンスが左隅に決めて先制する。0-1でVVVがリードして迎えた55分、今度はRKCがPKを獲得。フォスカンプがしっかり決め、RKCが同点に追いつく。

▽それでもドラマは最後に待っていた。このまま同点で終わるかと思われた90分、ボックス手前左でVVVがFKを獲得すると、クーレマンスが左足一閃。これが右隅に決まり、土壇場でVVVが勝ち越しに成功。これが決勝点となり、1-2で勝利。5年ぶりのエールディビジ昇格を決めた。なお、田嶋はベンチ入りするも出場機会はなかった。

▽エールステディビジは、1位のみが自動昇格となり、2位から5位までの4チームでプレーオフが開催。VVVは昨シーズンのエールステディビジで2位に終わり、プレーオフで敗れ昇格を逃していた。

RKC 1-2 VVV
【RKC】
フォスカンプ(後10)[PK]
【VVV】
クーレマンス(前38)[PK]
クーレマンス(後45)

コメント

関連ニュース

thumb

レスター岡崎慎司、C・パレス戦も欠場決定…指揮官明言

▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司が28日に行われるプレミアリーグ第36節のクリスタル・パレス戦を欠場することが判明した。イギリス『Leicester Mercury』が報じた。 ▽岡崎は14日に行われたバーンリー戦で足首を負傷。同じく負傷中の絶対的守護神のデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルと共に前節のサウサンプトン戦に引き続き今節もメンバーから外れることになるという。 ▽クロード・ピュエル監督は、バーンリー戦前日会見で「カスパーは岡崎と同じくまだケガをしている。彼らをゲームで起用できない」とコメントしている。 2018.04.27 08:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ホームのマルセイユが2発先勝! 負傷欠場酒井&ベンチ南野共に出場機会はなし《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグ、マルセイユvsザルツブルクが26日にベロドロームで行われ、ホームのマルセイユが2-0で先勝した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は負傷欠場。ザルツブルクのMF南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽準々決勝で今回の対戦相手ザルツブルクの姉妹クラブであるRBライプツィヒを2戦合計5-3で下し、14年ぶりのベスト4進出を果たしたマルセイユ。以降のリーグ戦ではトロワ、リールと格下相手にきっちり連勝を飾り4位キープに成功。その一方で、最終ラインを中心に負傷者に悩まされるチームはリール戦で負傷した酒井宏樹に代わって右サイドバックにブナ・サール、ベンチスタートのロランドに代わって中盤本職のグスタボがセンターバックを務めた。 ▽一方、ザルツブルクはラツィオとの準々決勝を第2戦で3点差を引っくり返す奇跡の逆転劇をみせ2戦合計6-5での勝ち抜けを決めクラブ史上初のベスト4進出。また、以降の公式戦3試合では国内カップで決勝進出を果たすと共に、リーグ戦でも2連勝を飾り首位を快走。シーズン3冠の可能性を残して今回の一戦を迎えた。ラツィオとの第2戦からはヤボに代わってヴォルフを起用した以外、同じメンバーを起用。南野は引き続きベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりから圧力をかけていくザルツブルクに対して、ホームのマルセイユは序盤こそバタ付いたものの、時間の経過と共にプレスをいなして相手陣内深くに侵攻していく。すると15分、セットプレーから先制点が生まれる。ボックス手前右で得たFKの場面でキッカーのパイエが柔らかいボールをファーに送ると、これにフリーで反応したトヴァンのヘディングシュートが自身の手にディフレクトしてゴールネットを揺らした。 ▽エースFWトヴァンの“神の手”ゴールで先手を奪ったマルセイユは前線でフリーマンを担うパイエを起点にその後も鋭いカウンターを仕掛けていく。17分と20分にはB・サール、サンソンと際どいミドルシュートで2点目に迫る。一方、2トップへのクサビを狙われてなかなか前線で起点を作れないザルツブルクも26分にボックス左ライン際で見事な個人技でDFをかわしたダブールが惜しい場面を作った。 ▽前半半ばから終盤にかけてはコンパクトに守るザルツブルクに対して、多くのボールプレーヤーを擁するマルセイユが細かいパスワークで密集を抜けて空いた逆サイドに大きく展開する形で揺さぶりをかける。この形から幾度か決定的なシーンを作りかけるが、最後の場面で粘るアウェイチームの守備を崩し切れず。前半はホームチームの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、ビハインドを追うザルツブルクが押し込む立ち上がりを見せた中、マルセイユにアクシデントが発生。足を痛めたオカンポスがプレー続行不可能となり、52分にアンギッサが投入される。この交代でアンギッサがボランチに入り、マキシム・ロペスが左ウイングにポジションを上げた。 ▽一方、後半に入って良い形の仕掛けを続けるザルツブルクは53分に決定機。ダブールのスルーパスに抜け出したヴォルフがボックス右で右足を振り抜くが、ここはGKプレの見事なワンハンドセーブに阻まれた。 ▽徐々に試合の流れが膠着し始めた中、60分に両チームのベンチが動く。マルセイユはマキシム・ロペスを下げてエンジエ、ザルツブルクは精彩を欠いたファン・ヒチャンを下げてグルブランドセンをピッチに送り出す。すると、この選手交代で試合が動く。63分、左サイドでスペースを狙うパイエにスルーパスを出したエンジエがそのままボックス内に走り込む。最後はボックス左でタメを作ったパイエからの丁寧なマイナスパスを受けたエンジエが絶妙なファーストタッチから右足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽痛恨の2失点目を喫したザルツブルクは68分にヴォルフを下げてシュラーガーを2枚目の交代カードとして投入。だが、2点リードで重心を後ろに置き始めたマルセイユの守備をなかなかこじ開けられない。77分にはウルマーからのアーリークロスに完璧に抜け出したグルブランドセンがワンタッチボレーで合わすが、これは惜しくも左ポストを叩く。その直後にハイダラ、ウルマーとミドルシュートを浴びせていくが相手GKの好守に防がれる。さらに81分には最後の交代カードとして南野ではなくヤボを投入した。 ▽試合終盤にかけても白熱の攻防が続く。しかし、完全に逃げ切り態勢に入ったマルセイユを前に最後までゴールが遠かったザルツブルクはアウェイゴールを奪うことはできず。ホームで2-0の完勝を収めたマルセイユが決勝進出に王手をかけた。一方、厳しい敗戦を喫したザルツブルクだが、前ラウンドで奇跡を起こしたホームで逆転突破を目指す。 2018.04.27 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安律獲得のフローニンヘン、シティから共同保有提案も拒否…クラブは「単独で保有したかった」

▽フローニンヘンは、MF堂安律(19)に対してマンチェスター・シティから獲得オファーを受け取っていたようだ。オランダ『Telegraaf』が伝えている。 ▽2017年6月にフローニンヘンに期限付き移籍で加入した堂安。フローニンヘンOBのオランダ代表MFアリエン・ロッベン(現・バイエルン)に並ぶ10代の選手としてエールディビジ歴代3位タイのゴール数をマークするなど、ここまで27試合8ゴール4アシストの成績を収め、24日に完全移籍を果たした。 ▽そんな中、伝えられるところによると、堂安律に対してはシティから共同保有の提案があったようだ。しかし、フローニンヘンはこれを拒否。同クラブのテクニカルマネージャーを務めるロン・ヤンス氏は、「興味深いオファーだったが、単独で保有したかった。シティとのつながりはとてもポジティブだよ」と説明している。 2018.04.26 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「バケモンになっとるやんけ。。」長友佑都、セリエA時代に対峙したライバル・サラーに驚愕

▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーに驚愕している。 ▽リバプールは24日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでローマをホームに迎えた。今シーズンローマからリバプールに加わったサラーはこの一戦に先発出場。すると2ゴール2アシストの大活躍でチームの5-2の先勝に貢献した。 ▽サラーがフィオレンティーナやローマに所属していた時、当時インテルで対峙していた長友はツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。サラーの躍動ぶりに驚きを隠せないようだ。 「サラー覚醒しすぎやろ。バチバチ勝負していたのが懐かしい。バケモンになっとるやんけ。。」 2018.04.25 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

来季もデュッセルドルフで日本人ウイングのコンビが見られるか?宇佐美は「残りたいです」と告白

今季終了までのレンタルでデュッセルドルフに加わっているFW宇佐美貴史と原口元気だが、今夏以降も同クラブに残りたいようだ。地元紙『エクスプレス』が報じている。<br><br>昨夏にアウクスブルクから送り出された宇佐美と、今年1月にヘルタ・ベルリンからやってきた原口は、デュッセルドルフの攻撃陣をけん引する存在になっている。2人は第31節のインゴルシュタット戦ではチームの全ゴールに絡む活躍を見せ、3-0の勝利に大きく貢献した。<br><br>その試合について宇佐美は「守備も攻撃も含めてチームとして素晴らしい試合をできたと思います。アグレッシブにいきたいとみんなで話していましたが、それを実行しました。楽しかったです」とコメントした。2ゴールをCKから演出したことについては「それは僕の仕事ですので」と話している。<br><br>入れ替え戦に回る3位と勝ち点差「7」で首位を走るデュッセルドルフは、1部昇格へと前進している。残り3試合に向けて宇佐美は「デュッセルドルフとともにマイスター(リーグ優勝者)になりたいです!」と意気込みを示すと、「そうしたら、ここに残りたいです」とアウクスブルクには戻らず、来シーズンもフリードヘルム・フンケル監督の下でプレーする希望を明かしている。<br><br>また、『エクスプレス』では原口のコメントも紹介されている。「ワールドカップでタカと僕をウィングに置くのも一つのアイデアかもしれませんね。僕たちはおたがいの力を引き出していると思います!」と代表での同時起用の可能性に触れると、デュッセルドルフについては「まずはデュッセルドルフでの3試合が残っていますね。この最高なチームではとても居心地よく、サポーターたちが素晴らしく、街もきれいで気に入っていますよ」と続けた。<br><br>アウクスブルクとは2020年までの契約を残す宇佐美、ヘルタとの契約は2019年までとなっている原口。それぞれ多少の移籍金が発生すると見られるが、2人が居場所を見つけたデュッセルドルフへの完全移籍は実現するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.24 23:58 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース