本田、吉田、カレン、大津が所属したVVVフェンロが5年ぶりの1部昇格《エールステディビジ》2017.04.15 09:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エールステディビジ(オランダ2部)の第34節が14日に行われ、RKCワールワイクvsVVVフェンロは1-2でVVVが勝利。これにより、VVVの5年ぶりのエールディビジ昇格が決定した。

▽VVVは、かつて日本代表FW本田圭佑(ミラン)やDF吉田麻也(サウサンプトン)、FWカレン・ロバート(ノースイースト・ユナイテッドFC/インド)、FW大津祐樹(柏レイソル)が所属し、現在は日本サッカー協会の田嶋幸三会長の息子であるMF田嶋凜太郎やジュビロ磐田などでプレーした藤田俊哉がコーチとして所属している。

▽試合は序盤からVVVがペースを握る。すると38分、VVVがPKを獲得。これをクーレマンスが左隅に決めて先制する。0-1でVVVがリードして迎えた55分、今度はRKCがPKを獲得。フォスカンプがしっかり決め、RKCが同点に追いつく。

▽それでもドラマは最後に待っていた。このまま同点で終わるかと思われた90分、ボックス手前左でVVVがFKを獲得すると、クーレマンスが左足一閃。これが右隅に決まり、土壇場でVVVが勝ち越しに成功。これが決勝点となり、1-2で勝利。5年ぶりのエールディビジ昇格を決めた。なお、田嶋はベンチ入りするも出場機会はなかった。

▽エールステディビジは、1位のみが自動昇格となり、2位から5位までの4チームでプレーオフが開催。VVVは昨シーズンのエールステディビジで2位に終わり、プレーオフで敗れ昇格を逃していた。

RKC 1-2 VVV
【RKC】
フォスカンプ(後10)[PK]
【VVV】
クーレマンス(前38)[PK]
クーレマンス(後45)

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーが乾フル出場のエイバル撃破でリーグ4連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、レアル・マドリーvsエイバルが22日にサンティアゴ・ベルナベウで開催され、マドリーが3-0で勝利した。エイバルのMF乾貴士は、先発フル出場を果たした。 ▽前節、ヘタフェとのダービーをクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマの今季初ゴールで辛勝した3位レアル・マドリーは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)ではホームでトッテナムと1-1のドロー決着となった。今季の公式戦2勝1敗3分けと戦績が芳しくないサンティアゴ・ベルナベウでの一戦に向けては、そのトッテナム戦から先発5選手を変更。負傷のケイロル・ナバスに代わってGKはカシージャ、左右のサイドバックにナチョ、テオ・エルナンデス、中盤はクロースに代えてダニ・セバージョス、前線はベンゼマに代わってアセンシオが起用された。 ▽対する16位エイバルは、直近のデポルティボ戦をゴールレスドローで終え、ようやく連敗を「3」でストップ。しかし、直近4試合でわずかに1得点と深刻な得点力不足に悩まされている。今回の一戦ではチーム基本の[4-4-2(4-2-3-1)]ではなく[3-5-2]の布陣を採用。2戦ぶり先発の乾はシャルレスと共に2トップの一角で起用された。 ▽エイバルの新布陣に注目が集まるも、ホームのマドリーがいきなりゴールに襲い掛かる。開始2分、最終ラインからのフィードをナチョが頭で落とすと、これを拾ったアセンシオがボックス左に走り込むイスコへ絶妙なラストパス。だが、イスコのダイレクトシュートはコースが甘く相手GKのセーブに遭う。 ▽いきなり失点というピンチを招いたものの、前線から積極的にプレスを仕掛けるエイバルは5分にシャルレスのヘディングパスを受けたホルダンがミドルシュート、10分にはホセ・アンヘルの左クロスにエスカランテが頭で合わすが、いずれも先制点とはならず。その後はうまくライン間でボールを引き出す乾が前向きに仕掛けてスルーパスを狙うなど、上々のプレーを見せる。 ▽一方、立ち上がりの決定機以降、なかなかチャンスを作れないマドリーだったが、19分に幸運な形から先制点を奪う。右CKの場面でショートコーナーを選択すると、イスコから短いパスを受けたアセンシオが左足でインスウィングのクロス。ここでセルヒオ・ラモスと競ったDFパウロ・オリベイラの頭に当たったボールがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽相手のオウンゴールで先制に成功したマドリーはここから畳みかける攻撃を見せる。28分には左サイド深くでボールを持ったイスコがボックス手前左のアセンシオに短い浮き球の折り返しを送ると、アセンシオが左足のダイレクトシュート。ややコースは甘かったものの、GKドミトロビッチのまずい対応もあってボールはファーポストに吸い込まれた。この追加点で完全に流れを掴んだマドリーは、その後も優勢に試合を運んだまま前半を終えた。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、立ち上がりの49分にはアセンシオのラストパスに抜け出したイスコがGKと一対一を迎えるが、ここはGKドミトロビッチの好守に遭う。一方、55分にはボックス内でセカンドボールを奪った乾に決定機。だが、カゼミロとの交錯で主審は笛を吹かず、値千金のPK奪取とはならず。 ▽後半半ばを過ぎて互いに交代カードで流れを変えにかかる。2点リードのマドリーは64分、アセンシオに代えてベンゼマ、71分にはダニ・セバージョス、イスコを下げて、ルーカス・バスケス、マルセロを投入。この交代でシステムを[4-4-2]に変更する。一方、エイバルはウイングバックのカパ、守備的MFのエスカランテに代えてペーニャ、セルジ・エンリクのアタッカーを投入するなど、攻撃的な布陣でゴールを目指す。 ▽間延びし始めたエイバルの守備に対して、得意のカウンターがはまり出したマドリーはC・ロナウド、ベンゼマらに再三の決定機も、最後のところでうまくいかない。エイバルは80分、ボックス手前中央でパスを受けた乾が果敢にミドルシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。 ▽すると82分、左サイドでのモドリッチの縦パスからテオ、マルセロ、ベンゼマ、マルセロと見事なダイレクトプレーが繋がり、最後はボックス左でベンゼマのラストパスを巧みなボディコントロールで反転したマルセロが振り向きざまに左足のシュートを右隅に流し込んだ。 ▽この3点目で試合の大勢が決した中、一矢報いたいエイバルは後半アディショナルタイムにボックス手前右に持ち込んだ乾が右足のシュートを放つが、ニアポストを捉えたシュートは相手GKカシージャに弾き出され、万事休す。エイバル相手にきっちり勝ち切ったマドリーがリーグ戦4連勝を飾り、上位2チームを追走している。 2017.10.23 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫先発のケルン、ブレーメンとの未勝利下位対決は痛み分け《ブンデスリーガ》

▽ケルンは22日、ブンデスリーガ第9節でブレーメンをホームに迎え、0-0で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也は79分までプレーしている。 ▽前節シュツットガルト戦を終了間際のPK取り消しと被弾で1-2と惜敗した最下位のケルン(勝ち点1)は、大迫がフラットな[4-4-2]の2トップでギラシーとコンビを組んだ。 ▽ケルン同様未勝利の17位ブレーメン(勝ち点4)との下位対決は6分、ケルンにチャンス。左サイドに流れた大迫のクロスからギラシーがヘディングシュートに持ち込むも、枠の右に外れた。 ▽続く8分にもカウンターに転じて、ヨイッチの左クロスにギラシーがヘディングシュートを浴びせたが、GKの守備範囲に飛んでしまった。さらに13分にはギラシーがミドルシュートを放ってゴールに迫るもGKにセーブされる。 ▽序盤、立て続けにケルンがゴールに近づいた後、ブレーメンにボールを握られる時間が続いたケルンだったが、33分に決定機。大迫が入れたクサビのパスを起点にボックス中央のギラシーが混戦の中からシュート。しかし、GKの守備範囲だった。 ▽39分にはカウンターの流れから大迫がミドルシュートを浴びせるも、威力を欠いてGKにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が続いた中、ケルンは55分にビッテンコートのミドルシュートが枠を捉えたが、GKにセーブされた。 ▽その後も主導権争いが続き、両チーム目立った決定機を生み出せずに時間が経過。79分には大迫がピッチを後にした中、終盤に両チームに決定機が訪れる。まずは87分にケルン。左サイドのスペースに抜け出したハンドヴェルカーのクロスにギラシーが合わせるも、シュートを枠の上に外してしまう。 ▽対するブレーメンは90分、左CKからデラネイのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のラウシュにクリアされ、下位対決はゴールレスドローで終了。痛み分けに終わっている。 2017.10.23 00:24 Mon
twitterfacebook
thumb

パチューカFW本田圭佑がポスト直撃の直接FK…チームは4戦ぶり勝利《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間22日、リーガMX前期第14節でプエブラと対戦し、1-0で勝利した。先発した本田は84分までプレーした。 ▽本田はリーグ戦3試合連続での先発出場となった。一進一退の攻防の中、先制したのはパチューカ。34分、右サイドからのFKでゴール前にクロスを入れると、ビクトル・グズマンがヘディングシュートでネットを揺らす。 ▽前半終了間際には、ゴール正面のやや遠めの位置から本田が無回転の直接FKで枠内を強襲。しかし、わずかに相手GKに触れられたボールは右ポストに直撃した。 ▽後半、プエブラの反撃に遭ったパチューカだが、44歳のGKオスカル・ペレスの好守もあってシャットアウト。パチューカが4試合ぶりの白星を獲得した。 2017.10.22 21:46 Sun
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフFW宇佐美貴史の妻・蘭さんが第二子の妊娠を報告「家族が増えることを楽しみに」

▽ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフに所属する日本代表FW宇佐美貴史の妻である宇佐美蘭さんが、自身のインスタグラム(ran_usami)で第二子の妊娠を報告した。 ▽ガンバ大阪からアウグスブルクへと移籍し、今シーズンからデュッセルドルフにプレーの場を移した宇佐美。ここまでリーグ戦6試合に出場し2ゴールを記録している。 ▽蘭さんは、22日にインスタグラムを更新。宇佐美との2ショット、家族三人の写真とともに、第二子の妊娠を報告した。 「こんにちは。この度、第二子を授かることができました!無事安定期に入り、体調も落ち着きましたのでご報告させてください。家族が増えることを楽しみに、出産までの間をゆっくりと過ごしたいと思います」 ▽宇佐美は21日に行われたブンデスリーガ2部第11節のダルムシュタット戦に先発出場し、80分までプレー。チームは1-0で勝利し首位をキープしている。 2017.10.22 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部誠、試合終了間際に“スーパーセーブ"も…2失点には反省の言葉

フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠が、ドルトムント戦でのドローに一定の満足感を示した。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。<br><br>フランクフルトは21日、ブンデスリーガ第9節でドルトムントと対戦。試合はアウェイのドルトムントが2点を先制するが、後半にフランクフルトが反撃し、2-2の引き分けで終了している。長谷部は自分たちのほうがいいゲームをしたと主張して「満足できる結果ではない」と話しつつ、2点ビハインドからの勝ち点1獲得には満足しているようだ。<br><br>「0-2から2-2に追いついたというのは、評価できるかなと思います。ただ、チャンスが多くあったので、それを決められていたら今日の試合も勝てたと思うし、守備の部分では自分も含めて良い形でやっていれば、失点を防げたと思います」<br><br>長谷部は後半アディショナルタイムにヌリ・シャヒンのシュートをゴールライン上で防ぎ、ゴールを死守。ドイツメディアからは称賛も受けているが、反省の言葉を口にしている。<br><br>「2失点目に関しては、自分はもっと上手く対応できたかもしれません。1失点目も自分のミスでした。もっと、責任を持って取り組まないといけないと思います」<br><br>勝ち点1を獲得したフランクフルトは7位。次戦は24日に行われるDFBポカール・シュワインフルトとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース