本田、吉田、カレン、大津が所属したVVVフェンロが5年ぶりの1部昇格《エールステディビジ》2017.04.15 09:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エールステディビジ(オランダ2部)の第34節が14日に行われ、RKCワールワイクvsVVVフェンロは1-2でVVVが勝利。これにより、VVVの5年ぶりのエールディビジ昇格が決定した。

▽VVVは、かつて日本代表FW本田圭佑(ミラン)やDF吉田麻也(サウサンプトン)、FWカレン・ロバート(ノースイースト・ユナイテッドFC/インド)、FW大津祐樹(柏レイソル)が所属し、現在は日本サッカー協会の田嶋幸三会長の息子であるMF田嶋凜太郎やジュビロ磐田などでプレーした藤田俊哉がコーチとして所属している。

▽試合は序盤からVVVがペースを握る。すると38分、VVVがPKを獲得。これをクーレマンスが左隅に決めて先制する。0-1でVVVがリードして迎えた55分、今度はRKCがPKを獲得。フォスカンプがしっかり決め、RKCが同点に追いつく。

▽それでもドラマは最後に待っていた。このまま同点で終わるかと思われた90分、ボックス手前左でVVVがFKを獲得すると、クーレマンスが左足一閃。これが右隅に決まり、土壇場でVVVが勝ち越しに成功。これが決勝点となり、1-2で勝利。5年ぶりのエールディビジ昇格を決めた。なお、田嶋はベンチ入りするも出場機会はなかった。

▽エールステディビジは、1位のみが自動昇格となり、2位から5位までの4チームでプレーオフが開催。VVVは昨シーズンのエールステディビジで2位に終わり、プレーオフで敗れ昇格を逃していた。

RKC 1-2 VVV
【RKC】
フォスカンプ(後10)[PK]
【VVV】
クーレマンス(前38)[PK]
クーレマンス(後45)

コメント

関連ニュース

thumb

HSV酒井高徳がクラブ史上初の降格に危機感…「残留争いの中で許されないミス」も

ハンブルガーSVの酒井高徳がシーズン残りの戦いに向けて決意を語った。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が報じている。<br><br>ハンブルガーSVは22日、ブンデスリーガ第30節で最下位ダルムシュタットと対戦し1-2の敗戦を喫した。キャプテンとしてフル出場を果たした酒井は「ミスが多すぎましたし、簡単なプレーに徹することができませんでした」と敗戦を分析し、相手の2点目の場面に関しては「メルギム(マフライ)とのコミュニケーションがうまくとれなかった。残留争いの中では許されないミスです」と、失点シーンを振り返り、反省した。<br><br>前節のブレーメン戦に続き連敗を喫したハンブルガーSVは、順位を15位に落としている。入れ替え戦に進む16位に位置しているアウグスブルクとの勝ち点差はわずかに「1」となった。さらに、ハンブルガーSVは今後、アウグスブルクや勝ち点で並ぶマインツ、ヴォルフスブルクと直接顔を合わせることになっている。<br><br>酒井は「残留争いのライバルたちとの対戦は、上位との試合よりも厳しいものになると考えています。スペースも時間も限られるし、何より彼らは闘志剥き出しで向かってきますからね」と、危機感を露わにした。<br><br>そして最後は「大事なのは、次の試合だけに集中することです」と30日に行われるアウグスブルクとの決戦に目を向けた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 19:33 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、「持ち場を守った」一方「さようなら」の声も…伊評価は分かれる

22日のセリエA第33節でフィオレンティーナ対インテル戦(5-4でフィオレンティーナが勝利)に先発出場した日本代表DF長友佑都について、イタリア主要紙およびメディアの評価は分かれている。<br><br>ライバルのDFクリスティアン・アンサルディは内転筋のトラブルから回復が間に合わず、前節のミラノダービーで高評価を得た長友が2試合連続で先発出場を果たした。<br><br>イタリア紙『トゥット・スポルト』は「(フェデリコ)ベルナルデスキを抑え、考えながら自身の持ち場を守っていた」と評価し、チーム内で最高点「6,5」を得たGKサミル・ハンダノビッチに続く、「6」を与えられている。<br><br>一方、『コリエレ・デロ・スポルト』は「5」と微妙な評価だ。最低点「4,5」を得たMFロベルト・ガリアルディーニ、MFガリー・メデル、DFダニーロ・ダンブロージオに次ぐもので、「前半は守備に重点を置いて攻撃を抑え(クリスティアン)テージョにほとんどチャンスを与えなかった。だが(PKシーンのヘディングのように)安全とは言い難い。足元にボールを持つと困っているようだ」として、長友のパフォーマンスに戸惑いを見せた。<br><br>また『ユーロスポーツ』も同様に「5」の評価を与えている。「PKは彼がヘディングを完全に失敗したせいで生まれた。フリーだったのに。さようなら」として、52分にフィオレンティーナに与えられたPK(ベルナルデスキはこれを外している)の責任があると分析した。<br><br>続いて『コリエレ・デラ・セーラ』は「守備陣ではマシ」として「5,5」を与え、長友以外のディフェンダーが最低点の「4」を得た中で相対的に高い評価となった。なお『ガゼッタ・デ・スポルト』は「5,5」、『スカイスポーツ』は「5」、『メディアセット』は「5」の評価を与えている。<br><br>提供:goal.com 2017.04.24 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

伊メディア、ミラン本田圭佑の17試合ぶり出場に一定評価「チャンス作った」

23日に行われたセリエA第33節のミランvsエンポリ(1-2)で17試合ぶりのリーグ戦出場を果たした日本代表のMF本田圭佑について23日、イタリアメディア『ユーロスポーツ』は一定の評価を与えた。<br><br>本田に4か月ぶりの出場チャンスが巡ってきた。本田は格下のエンポリを1-2で追う展開で88分、FWスソに代わりピッチに登場した。本田の出場は1月25日のコッパ・イタリアのユベントス戦以来で、リーグ戦となると、昨年12月12日のローマ戦以来で、17試合ぶりとなった。<br><br>本田の出場は試合終盤の数分間だったため、採点なしだが「モンテッラの最後のカード。日本人選手のチャンスは少なかったが、それでも1度は良いチャンスを作った」との寸評を掲載し、本田が相手からボールを奪い、MFマリオ・パシャリッチへパスを演出したシーンを評価している。<br><br>なおチーム内の最高点は18歳GKジャンルイジ・ドンナルンマの「7」で、「ゴール前でできる限りのことはした。だが少なくとも1ポイントを持ち帰るためには彼のセーブだけでは足りなかった。前半(オマル)エル・カドゥリに対し2度決定的な対処をしたほか、アディショナルタイムには(マッシモ)マッカローネや(マメ・ババ)ティアムに対し奇跡的なセーブを見せるがミランは1-2で敗れた」として、素晴らしいセービングを称えた。一方、最低点は2失点に絡んだDFクリスティアン・サパタで「4」と酷評されている。<br><br>提供:goal.com 2017.04.24 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン監督が語る本田圭佑17試合ぶり起用の理由「並外れたプロ。トップ下で脅威に」

ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラは、23日のセリエA第33節エンポリ戦(2-1でエンポリが勝利)でリーグ戦17試合ぶりに日本代表のMF本田圭佑を起用した理由を試合終了後、説明している。<br><br>本田は今シーズン、モンテッラの推し進める若手中心のミラン構想から外れ、ベンチを温める日々が続いていた。指揮官の信頼をつかめず、出場試合数では今年1月に加入した新戦力、FWジェラール・デウロフェウやFWルーカス・オカンポスにも抜き去られ、チーム内では下部組織プリマヴェーラの選手やGKを除けば最下位と状況だ。<br><br>そんな状況の本田に4か月ぶりの出場チャンスが巡ってきた。格下のエンポリを1-2で追う展開で88分、本田はFWスソに代わりピッチに登場した。本田の出場は1月25日のコッパ・イタリアのユベントス戦以来で、リーグ戦となると、昨年12月12日のローマ戦以来で、17試合ぶりとなった。<br><br>モンテッラは久々となった本田の起用について、スソの疲れやトップ下というポジションを理由に挙げて説明している。また本田のパフォーマンスについてはポジティブに捉えているようだ。<br><br>「ケイスケは並外れたプロフェッショナルな選手だ。試合の終盤、スソが疲れているように見えた。あのポジション(トップ下)ではホンダが脅威になれると考えた。1度相手からボールを奪い、ゴール前の(マリオ)パシャリッチへパスを演出した。短い時間ながらも試合に絡めるところを見せてくれた」<br><br>提供:goal.com 2017.04.24 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

テネリフェ柴崎岳、途中出場で4試合連続のプレー…ヌマンシアとドローも6戦負けなし《リーガエスパニョーラ2部》

▽テネリフェは23日、リーガエスパニョーラ2部第35節のヌマンシア戦に臨み、1-1で引き分けた。テネリフェに所属する元日本代表MF柴崎岳は65分からプレー。4試合連続の出場を果たした。 ▽昇格プレーオフ出場権争いの真っ只中にいる3位のテネリフェは、ゴールレスで迎えた67分、FWアントニー・ロサノのゴールで先制に成功する。 ▽その後、終盤の失点で追いつかれたテネリフェは3試合ぶりの白星を逃したものの、6戦負けなし。30日開催の次節はUCAMムルシアとのアウェイゲームに臨む。 2017.04.24 08:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース