超ワールドサッカー

東京Vがユース所属のMF藤本寛也を2種登録2017.04.14 19:44 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽東京ヴェルディは14日、ユースに所属するMF藤本寛也をトップチームに2種登録したことを発表した。

▽藤本はジュニア、ジュニアユースと東京Vに所属し、現在はユースでプレーしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ケヴィン・オリスの弾丸ミドルで京都が3戦ぶり白星! 逆転負けの東京Vは5戦ぶり敗戦でホーム初黒星…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の東京ヴェルディvs京都サンガF.C.が21日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの京都が2-1で勝利した。 ▽4戦無敗で4位に位置する東京Vと、7戦無敗で16位の京都による好調同士の対戦。前節、ジェフユナイテッド千葉とのオリジナル10対決に快勝の東京Vは、その一戦から先発3人を変更。出場停止のアラン・ピニェイロに代わって梶川、安西と中野に代わって高木大、ドウグラス・ヴィエイラが先発に入った。一方、前節水戸ホーリーホックと引き分け2戦連続ドロー中の京都は、先発2選手を変更。湯澤に代わって田村亮、イ・ヨンジェに代わって2試合の出場停止明けとなるケヴィン・オリスが復帰した。 ▽30度近い猛暑のコンディションでスタートした3連戦最後の試合。オリス、田中マルクス闘莉王のツインタワーにボールを蹴り込む京都の攻撃が序盤こそ押し気味に試合を運ぶも、東京Vは開始6分に右サイドを持ち上がり中央に切り込んだ高木大の左足シュートで最初の決定機を作る。その後は2トップと後方が間延びする相手の中盤で主導権を握った東京Vは、波状攻撃からドウグラスや高木善、内田らが積極的にフィニッシュに絡んで行く。 ▽前半終盤にかけてホームチームがボールを保持するもののややこう着状態が続く中、37分にはDF石櫃の右クロスから闘莉王に決定機も、ここは相手GK柴崎の好守に阻まれる。すると40分、左サイドで高い位置を取った平のクロスにDF下畠がかぶってゴール前のドウグラス・ヴィエイラにボールが渡ると、これを肩でトラップしたドウグラスがGK菅野の股間を抜くシュートで先制点を奪った。 ▽迎えた後半、1点ビハインドの京都は望月に代えてDF染谷をハーフタイム明けに投入。この交代で下畠をボランチに上げ、染谷をセンターバックに置いた。さらに55分には田村亮を下げて、伊東俊をピッチに送り出した。 ▽一方、後半も主導権を握りながらカウンターで追加点を狙う東京Vは、54分と58分に中央を持ち上がった高木善に続けてシュートチャンスも、いずれも相手DFのブロックに遭うなど、追加点を奪い切れない。 ▽すると67分、ここまで前線へのロングボールとセットプレーに懸けてきた京都の攻めが結実する。ボックス手前中央で得たFKの場面でキッカーの石櫃がボックス左に浮き球のボールを入れると、ファーに走り込んだ本多が頭で右隅に流し込んだ。 ▽警戒していたセットプレーから失点を喫した東京Vは、失点直後に安西、74分にはこれが今季初出場の二川をピッチに送り出し、勝ち越しゴールを目指す。 ▽一方、追いついて息を吹き返した京都は、前線の個の力で逆転に成功する。80分、ロングカウンターから闘莉王のパスを受けて、バイタルエリア左でDFをかわしたケヴィン・オリスが右足を振り抜くと、弾丸シュートがゴール右隅に突き刺さった。 ▽ホームで負けられない東京Vは最後の交代カードで中野を投入。試合終盤にかけてはリスクを冒して前に出るが、完全に引いた京都の守備を最後まで崩し切れず。セットプレー、前線の個の力で勝ち切った京都が、3試合ぶりの白星を掴み、8戦無敗とした。一方、5戦ぶり敗戦の東京Vは今季ホーム初黒星を喫した。 2017.05.21 17:40 Sun
twitterfacebook
thumb

注目の外国人新指揮官対決はロティーナに軍配! 東京Vが千葉とのオリジナル10対決に完勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節の東京ヴェルディvsジェフユナイテッド市原・千葉が17日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが3-0で快勝した。 ▽2戦連続ドロー中の4位東京Vと、前節V・ファーレン長崎に5-0の大勝を収めた12位千葉によるオリジナル10対決。前節、7試合ぶりのクリーンシートを記録もカマタマーレ讃岐相手にゴールレスドローとなった東京Vは、その試合から先発2人を変更。橋本と高木大に代わって、渡辺とこれが開幕戦以来の先発となる中野が起用された。一方、今季初の連勝を目指す千葉は、4日前の長崎戦から先発3人を変更。佐藤勇、高橋、指宿に代わって、町田、熊谷、ラリベイが先発に復帰した。 ▽共にスペイン1部のクラブを率いた経験を持つ外国人新指揮官同士の注目の一戦は、開始3分にいきなり決定機。カウンターからラリベイが起点を作り、アランダが浮き球スルーパスをゴール前に送ると、これに抜け出した町田がシュートを放つ。しかし、このシュートはGK柴崎の好守に阻まれた。 ▽一方、相手にボールを持たれて守勢が続くホームチームは13分、安在が右サイドから左足で低いクロスを入れてニアに飛び込んだ中野が合わせるが、これは相手GK佐藤優に阻まれる。 ▽その後も千葉がボールを保持して東京Vが粘り強い守備から反撃を試みる展開が続くが、互いにロングボールや中盤での潰し合いが目立ちこう着状態に陥る。39分には右サイドへの大きな展開から安在のワンタッチパスに抜け出したアラン・ピニェイロが右足アウトにかけたダイレクトシュートでゴールに迫るが、先制点とはならず。すると、直後の41分にはボックス付近でパスを繋いだ千葉が、町田の浮き球パスに抜け出した船山に決定機。だが、ゴール前で放った左足ダイレクトボレーは枠を外れて、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も千葉に決定機。開始3分、清武のスルーパスに抜け出したラリベイが左サイド深くで折り返す。これをファーで船山が中央に落とすと、ゴール前フリーのアランダが右足でシュート。だが、このシュートは左ポストを叩いた。 ▽押し込まれる状況が続いたことを受けて東京Vのロティーナ監督は、54分に中野を下げてドウグラス・ヴィエイラを投入。すると、この交代が先制点をもたらす。55分、中央をドリブルで持ち上がったドウグラスがボックス右に走り込むアランへ絶妙なスルーパスを通すと、アランが冷静に左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽ブラジル人コンビの活躍で先制点を奪った東京Vは、直後にアランダに決定機を許すも、相手のお株を奪う鋭い攻撃でドウグラスやアラン、安在が次々に決定機に絡む。69分には内田のロングフィードに抜け出した安在が、全速力で追いつき左サイド深い位置でグラウンダーのクロス。これを中央で後ろ向きにキープした高木善が巧みな反転シュートを左隅に流し込み、貴重な追加点を奪取した。 ▽再三の決定機逸と相手の勢いを止められず、2点のビハインドを負った千葉はラリベイ、アランダを下げて指宿、高橋を投入。ここから攻勢を強めるが、連戦の疲れや攻め急ぎが重なり、ビルドアップの場面でミスを連発。なかなか攻撃の形を作り出せない。 ▽一方、渡辺に代えて橋本を投入した東京Vは77分、井林のロングフィードにドウグラスと高木善が抜け出すと、ドウグラスがDFをブロックして高木善にシュートチャンスが訪れると、ボックス中央の高木善が左足の豪快ボレーをネットに突き刺し、試合を決める3点目を奪った。その後、殊勲の高木善を下げて梶川を投入したホームチームは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って、3-0の快勝。千葉とのオリジナル10対決を制した東京Vが2試合連続完封で3試合ぶりの勝利を手にした。 2017.05.17 21:47 Wed
twitterfacebook
thumb

讃岐vs東京Vは共に7戦ぶり無失点試合もゴールレスドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第13節のカマタマーレ讃岐vs東京ヴェルディが13日にPikaraスタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽6戦未勝利(4敗2分け)の21位讃岐と、前節に首位横浜FCとの首位攻防戦を今季初のドローで終えた4位東京Vによる一戦。前節、京都サンガF.C.に0-1で競り負けた讃岐は、その試合から先発4人を変更。GKに清水を起用したほか、岡村、西が先発に戻り、木島徹に代わって今季初出場の森川が最前線に入った。一方、2試合ぶりの勝利を目指す東京Vは、横浜FC戦のメンバーから梶川に代わって、アラン・ピニェイロが先発に復帰。また、負傷明けのドウグラス・ヴィエイラがベンチに入った。 ▽前から圧力をかけてくるホームチームに対して、アウェイの東京Vがやや受けに回る入りとなる。7分と18分にはセットプレーから李栄直のヘディングシュート、永田亮のミドルシュートでゴールを脅かすが、ここはGK柴崎のビッグセーブに阻まれる。 ▽一方、時間の経過と共にボール支配率を高めて相手を押し込む東京Vだが、引いて堅固なブロックを形成する相手の守備をなかなか崩し切れない。それでも、39分にはバイタルエリアで縦に仕掛けた高木善が狙い澄ました右足のミドルシュートを放つが、枠の右を捉えたシュートはGK清水の好守に遭う。さらに前半終了間際にはセットプレーの波状攻撃から高木善、安西にシュートチャンスも、いずれも枠に飛ばせず、前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半もボールを保持する東京Vと、堅守速攻の讃岐という構図の下で前半同様に拮抗した展開が続く。51分にはロングスローの流れから橋本がボレーシュートを狙うが、このシュートはわずかに枠の右に外れる。 ▽敵地から勝ち点3を持ち帰りたい東京Vは、梶川、ドウグラス、渡辺とフレッシュな選手をピッチに送り出し、攻勢を強める。61分には相手CKから高速カウンターを発動も、梶川から高木善へのラストパスはオフサイドの判定。その後も攻撃に厚みを加えて、ゴールを目指すが、集中した讃岐守備陣を崩し切れない。 ▽一方、こちらも勝利がほしい讃岐は、馬場と木島徹というベテランアタッカーをピッチに送り出し、ゴールを目指す。75分過ぎにはセットプレーからエブソン、森川、82分には木島徹と馬場のコンビで決定機を作るが、シュートが枠に飛ばない。試合終盤にかけては再び東京Vが押し込む展開も、守護神の清水を中心に讃岐が守り切り、試合は0-0のままタイムアップ。 ▽共に7試合ぶりのクリーンシート達成もホームの讃岐は7戦未勝利、アウェイの東京Vも鬼門の地四国で勝ち点1を持ち帰るに留まり、2戦連続ドローで上位浮上のチャンスを逃した。 2017.05.13 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

イバ封じた東京Vが今季初のドローで絶好調の首位横浜FCの連勝をストップ《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第12節の東京ヴェルディvs横浜FCが7日に味の素スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、今季初の逆転勝利を飾った4位東京Vと、3試合連続4ゴールを奪って3連勝の首位横浜FCによる上位対決。前節、ツエーゲン金沢に競り勝った東京Vは、その試合から先発3人を変更。脳震とうを起こしたドウグラス・ヴィエイラ、アラン・ピニェイロ、中後に代わって安在、橋本、高木善が先発に入った。対する横浜FCは、愛媛FCに4-0で快勝した試合と全く同じメンバーを起用。3戦連発中で得点ランクトップのイバと野村、ジョン・チュングンが前線に並んだ。なお、古巣対戦の三浦知良はケガのため招集外となった。 ▽ゴールデンウィーク連戦の最終戦となるこの試合、立ち上がりから上位対決らしい緊迫感のある攻防が繰り広げられた中、東京Vが先手を奪う。7分、相手陣内中央の位置で得たFKの場面でキッカーの安在が長い助走をつけて左足を振り抜く。ゴール前でバウンドしたボールをGK高丘が前にこぼすと、これにいち早く反応した高木大が冷静に流し込み、先制に成功した。 ▽最前線に抜擢された高木大の今季初ゴールでリードを奪った東京Vは、攻守両面で相手を圧倒する。14分には梶川のボール奪取からのカウンターで安西の左クロスをファーで安在が頭で落とし、高木大がダイレクトシュート。さらに18分には右サイドでボールを持った安在が左足のロングシュートを狙う。だが、高木大のシュートはGK高丘の好守、安在のシュートはクロスバーに阻まれ、追加点とはならない。 ▽一方、28分にボックス内で粘ったイバの左足シュートでようやく攻撃の形を作った横浜FC。すると30分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーの野村のクロスをゴール前でイバが頭で合わせる。これは右ポストを叩くも、こぼれ球を佐藤が流し込み、ワンチャンスを生かして追いついた。その後は追いつかれた東京Vが盛り返すも、前半は1-1のまま終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半も前半同様に拮抗した入りとなる。徐々に流れを掴んだ東京Vは、57分に左サイドをえぐった安西のクロスをファーにフリーで走り込んだ橋本がダイレクトで合わせるが、わずかに枠の右に外れる。一方の横浜FCは直後にイバの突破と小宮山のミドルシュートでゴールを脅かし、こちらも譲らない。 ▽流れを変えたい東京Vのロティーナ監督は、66分に高木大を下げて切り札のアラン・ピニェイロ、74分に橋本に代えて若手MF渡辺を投入。この交代で攻勢を強めると、71分にボックス内で内田が競ったこぼれ球に反応した高木善、直後には左サイドをえぐった安西からのマイナスの折り返しを安在がシュートするが相手GK高丘、DFのブロックに阻まれる。 ▽一方、守勢が続く横浜FCはいずれも抑え込まれた前線3枚を入れ替えて寺田、大久保、津田のベテランアタッカーを続けて投入。すると85分、カウンターからドリブルで持ち上がった佐藤からパスを受けた大久保に決定機も、ボックス左で放ったシュートは左ポストを直撃。 ▽その後、後半アディショナルタイムに東京Vがセットプレーの流れから内田が際どいシュートを放つが、これも枠を捉え切れず、試合は1-1のままタイムアップ。上位対決に相応しい4位東京Vと首位横浜FCによる白熱の一戦は1-1のドロー決着。苦戦を強いられた横浜FCは連勝が「3」でストップも、首位をキープした。一方の東京Vは今季初のドローとなった。 2017.05.07 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

高木善朗の2アシストで東京Vが今季初の逆転勝利! 金沢は4戦ぶり得点も4連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第11節の東京ヴェルディvsツエーゲン金沢が3日に味の素フィールド西が丘で行われ、ホームの東京Vが2-1で勝利した。 ▽前節、首位から陥落した4位東京Vと、3戦連続無得点で3連敗中の20位金沢の一戦。前節、アビスパ福岡に惜敗した東京Vは、安在と今季ここまで全試合スタメンの高木善に代えて、高木大、梶川を先発で起用。一方、連敗ストップを狙う金沢は、杉浦、野田に代えて金子、大槻を先発で起用した。 ▽今季最初で最後の西が丘でスタートした一戦は、立ち上がりにホームチームに決定機。7分、梶川の鋭いターンからアラン・ピニェイロを経由した仕掛けから安西が際どいクロスを入れるが、これはDFにクリアされる。ここからエンジン全開といきたい東京Vだったが、ビルドアップの場面での苦戦が目立ち、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。26分には左サイドからカットインした安西が久しぶりのシュートを放つが、これはGK正面。 ▽一方、時間の経過と共にカウンターからチャンスを作り始めた金沢は、9分にクリアボールに反応した佐藤がボレーシュートを放つ。その後は石田と宮崎の両サイドバックから幾つか際どいクロスが入るが、こちらもなかなかフィニッシュまで持ち込めない。 ▽その後もこう着状態が続く中、粘り強い守備で0-0の時間を継続。すると、前半終了間際にはいずれも左サイドを破ったアラン、安西に決定機も、いずれもゴールを割ることができなかった。 ▽迎えた後半、金沢が早い時間帯にスコアを動かす。51分、カウンターから中央突破した佐藤が味方へのスルーパスを匂わせつつボックス手前で右足のシュートを放つと、これがゴール右隅に決まり、金沢に4試合ぶりのゴールが生まれた。 ▽すぐさま攻勢に出る東京Vだが、前半同様にビルドアップで苦戦し、なかなか効果的なパスが出ない。流れを変えたいロティーナ監督は、60分に高木大を下げて安在を投入。さらに、67分には梶川に代えて高木善、78分には中後を下げて橋本を投入した。すると、この選手交代が流れを変える。 ▽まずは78分、高木善の左CKをニアに飛び込んだ井林が頭で合わせると、このシュートがゴール右隅に決まった。この同点ゴールで完全にスタジアムの空気が一変すると、83分には再び高木善の右CKから相手DFをブロックしたファーサイドのアランが頭で流し込み、逆転に成功した。 ▽その後、試合終了間際に相手DFと交錯したドウグラス・ヴィエイラが相手の振り上げた腕を顎に受けてしまい、脳震盪でプレー続行不可能となるアクシデントが発生。それでも、10人で残り時間を守り抜いた東京Vが、今季最初で最後の西が丘で今季初の逆転勝利を飾った。一方、敗れた金沢は4試合ぶりのゴールを奪うも厳しい4連敗となった。 2017.05.03 17:25 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース