東京Vがユース所属のMF藤本寛也を2種登録2017.04.14 19:44 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽東京ヴェルディは14日、ユースに所属するMF藤本寛也をトップチームに2種登録したことを発表した。

▽藤本はジュニア、ジュニアユースと東京Vに所属し、現在はユースでプレーしている。

コメント

関連ニュース

thumb

内田の土壇場弾で徳島をPO圏外に追いやった東京Vがクラブ史上初のJ1昇格PO進出!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ最終節、東京ヴェルディvs徳島ヴォルティスが19日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが2-1で勝利した。この結果、今季を5位で終えた東京Vがクラブ史上初のJ1昇格プレーオフ進出を決めた。 ▽前節終了時点で5位の徳島(勝ち点67)と6位の東京V(勝ち点67)、7位の松本山雅(勝ち点66)、8位のジェフユナイテッド千葉(勝ち点65)の4チームがプレーオフ進出残り2枠を争う混戦J2。共に勝ち点67で並ぶ東京Vと、徳島によるJ1昇格プレーオフ進出を懸けた運命の大一番では東京Vが勝利で、今季J2において得失点差で最上位に位置する徳島が引き分け以上で自力でのプレーオフ行きを決定できる状況だ。 ▽松本と千葉が取りこぼす可能性があるものの、勝ち点3奪取が必須となるホームの東京Vは、3試合ぶりの白星を掴んだ前節の京都サンガF.C.から先発3人を変更。出場停止の主将DF井林、体調不良の渡辺、カルロス・マルティネスに代わって、田村、井上、アラン・ピニェイロを起用した。一方、前節、大分トリニータ相手に劇的勝利を掴んで2連勝の徳島は、その試合から山崎に代えて内田を起用した以外、同じメンバーを揃えた。 ▽今季最多の1万4000人を超える観客を集めた注目の一戦は、攻撃力で勝る徳島が序盤から押し込む。8分には内田裕の左クロスをゴール前の渡が頭で落とし、これを島屋が押し込みにかかるが、これはGK柴崎の好守に遭う。さらに20分にはボックス手前で得たFKを岩尾が狙うが、右隅を捉えたシュートは再びGKにセーブされる。 ▽一方、苦しい立ち上がりとなったホームチームは23分、安西の見事な突破でFKを獲得。キッカーの梶川の意表を突いたクロスにアランが合わせるが、これはGK長谷川の好守に遭う。それでも、この一連のプレーをキッカケに流れを掴んだ東京Vは31分、相手陣内左サイド深くで得たFKの場面で安在が左足のクロスを入れると、これをファーで競り勝った平が頭で流し込み、待望の先制点を奪う。 ▽これで流れを掴んだ東京Vは、39分にも左CKの流れから梶川の左クロスを畠中がドンピシャのヘッドで合わせるが、これはGK長谷川の驚異的な反応に阻まれ、前半のうちに追加点を奪えず。 ▽迎えた後半、前半の失点後に前川に変えて山崎、ハーフタイム明けにキム・ジョンピルを下げて井筒を投入し、攻撃的な4バックの布陣に変更した徳島。すると49分、藤原のパスを受けた馬渡が右サイド深くでグラウンダーの折り返しを入れると、これをエースFW渡が右足でニアサイドに蹴り込み、早々に試合を振り出しに戻した。 ▽この同点ゴールで完全に勢いを取り戻した徳島は流れるようなパスワークとインテンシティの高いプレーで相手を圧倒。だが、58分に訪れた渡のゴール前での決定機や再三のカウンターチャンスをモノにできない。 ▽一方、守護神の柴崎を中心に我慢強い守備で耐える東京Vだが、70分過ぎには相手との接触で負傷した井上がプレー続行不可能となり、橋本の緊急投入を強いられる。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、84分にアランを下げてカルロスを投入した東京Vは、87分にそのカルロスのお膳立てからボックス右角の安在が左足で決定的なシュートを放つが、ここは徳島DF馬渡のスーパークリアに遭う。だが、このプレーで得た左CKの場面でゴール前の混戦から内田達が泥臭く押し込んで土壇場の勝ち越しに成功した。 ▽そして、このリードを守り切った東京Vが2-1で勝利を飾り、今季を5位でフィニッシュ。クラブ史上初のJ1昇格プレーオフ進出を決めた。なお、26日に行われるプレーオフでは今季4位の福岡と熊本の地で対戦する。 ▽一方、土壇場被弾で敗戦した徳島は、同時刻開催の試合で7位千葉が勝利したため、悪夢のプレーオフ圏外の7位転落で今季を終えることになった。 2017.11.19 18:19 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場アラン弾で逃げ切った東京Vが鬼門西京極攻略! 松本を抜きPO圏内6位浮上《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第41節、京都サンガF.C.vs東京Vが11日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、アウェイの東京Vが1-0で勝利した。 ▽逆転でのJ1昇格プレーオフ圏内浮上を目指す7位東京V(勝ち点64)が、11位京都(勝ち点54)のホームに乗り込んだ一戦。前節、レノファ山口相手にホームで6試合ぶりの敗戦を喫した東京Vは、その試合から先発3人を変更。田村、高木善、アラン・ピニェイロに代わって、平と安在、カルロス・マルティネスが先発に入った。 ▽一方、台風の影響で延期されていた第33節の愛媛FC戦を2-0で勝利し9戦無敗の京都は、中2日となるホーム最終戦に向けて先発5人を変更。石櫃や小屋松、古巣対戦の吉野らが先発に復帰。また、田中マルクス闘莉王がベンチに入った。 ▽強風の中で風下を選択した東京Vは、立ち上がりから押し込まれる展開に。攻撃時[3-3-2-2]、守備時に[4-1-4-1]の布陣を採用する東京Vだが、4バックで守る展開が続く中、7分には石櫃の右CKを大野にフリーで合わせられるが、ここはクロスバーに救われる。 ▽15分を過ぎてようやく流れを引き戻した東京Vは18分、カルロスのスルーパスに抜け出したドウグラス・ヴィエイラと梶川が数的有利でボックス内に抜け出すが、ラストパスが引っかかり、こぼれ球をドウグラスが枠内に飛ばすが、ここはGK清水の好守に遭う。 ▽前半終盤にかけては一進一退の攻防となった中、安在や渡辺らに幾つか決定機が訪れたものの、決め切るまでには至らず。前半はゴールレスで折り返した。 ▽迎えた後半、やや攻撃で細かいミスが目立つ東京Vは、前半同様に押し込まれる展開に。それでも、61分にはフィードに抜け出したドウグラスがGKと一対一も、ここは相手GKの好守に遭う。 ▽攻勢を強めたい東京Vは65分、カルロスを下げてアランを投入。するとこの交代策が先制点をもたらす。67分、GK柴崎のロングフィードに反応したアランが相手最終ラインと完璧に入れ替わって抜け出すと、最後は飛び出したGKを嘲笑うかのようなロングループを流し込んだ。 ▽待望の先制点を奪った東京Vだが、ここからは京都の反撃を受ける展開に。大黒、田中マルクス闘莉王の元日本代表2トップをシンプルに使う攻撃に手を焼くも、守備陣が決死の守りで凌ぐ。87分と88分にはボックス内で大黒、伊東に決定的なシュートを許すが、いずれも枠を外れる。 ▽その後、安在と渡辺を下げて田村、中後のベテランを投入して逃げ切りを図ると、5分が与えられた追加タイムも一丸となった守りで跳ね返し続ける。そして、鬼門西京極で2007年以来の勝利を手にした東京Vは、今節引き分けた松本山雅を抜いてプレーオフ圏内の6位に浮上した。 2017.11.11 16:17 Sat
twitterfacebook
thumb

4戦5発と爆発した東京VのFWドウグラス・ヴィエイラが10月度のJ2月間MVPに選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは10日、10月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J2は東京ヴェルディのFWドウグラス・ヴィエイラが選出された。ドウグラス・ヴィエイラは初受賞となる。 ▽ドウグラス・ヴィエイラは10月に行われた明治安田生命J2リーグで全4試合に出場し5得点を記録していた。Jリーグ公式サイトは、ドウグラス・ヴィエイラのコメントを紹介している。 <span style="font-weight:700;">◆FWドウグラス・ヴィエイラ</span>(東京ヴェルディ) 「この賞をいただくことができて、非常に感動しています。J2の全チームの中から一人しか選ばれないということで、簡単なことではないと思います。これはピッチの中でチームのために仕事をしてきた結果だと感じています。10月の試合で5ゴールを決めることができたのは、チームメイトのサポートのお陰です。日頃から自分のことを支えてくれる家族、チームメイト、スタッフ、そしてサポーターの皆さんに感謝したいと思います。あらためて価値のある賞ですし、選ばれたことをとても光栄に感じています」 ▽また、Jリーグはドウグラス・ヴィエイラの選出について選考委員会による総評を紹介している。 「独特のリズム感と、長いリーチを活かした高い技術でゴールを量産。10月の4試合にフル出場し、5得点の活躍で10月最終順位6位とチームをJ1昇格プレーオフ圏内に引き上げる活躍を見せた。 相手DFに寄せられながらも落ち着いた対処でゴールを決める決定力の高さと、単独でのドリブル突破、ポストプレー、ヘディングと、万能性を発揮する技術の高さに評価が集まった。また、身体能力を生かした懐の深いキープ力、攻撃の起点となるプレーによってチームプレーにも貢献。味方の攻撃やゴールを引き出すプレーの幅にも評価が集まり、文句なしの受賞となった」 2017.11.10 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

東京VのGK太田岳志に第一子となる男児が誕生

▽東京ヴェルディは14日、GK太田岳志に第一子となる男児が誕生したことを発表した。 ▽出生時刻は、10月13日18時頃。太田は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ですが、この度、我が家に家族が増えました。辛い妊婦生活に耐えて私をサポートしながら息子を産んでくれた奥さんと、無事に生まれてきてくれた息子に感謝します。これからはゴールと共に家族も守れるよう、今まで以上に頑張っていきますので、皆さん応援よろしくお願いします」 2017.10.15 13:16 Sun
twitterfacebook
thumb

日テレ・ベレーザMF長谷川唯、代表への生き残りへ「目に見える結果でアピールする」《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、22日(日)に長野県で行われる「MS&ADカップ2017」で、スイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。 ▽メンバー発表会見に伴って行われた株式会社ビームスとのアパレルプロバイダー契約の発表会見に出席したMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は同会見後、メディア陣による囲み取材に応対。スイス女子代表戦や今後のレギュラー争いについての意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">――スイス女子代表の印象は</span> 「あまりイメージがないです。試合もあまり観たことないですけど、一回ドイツに練習に参加した時にいた選手もいるので、そういう意味ではすごく楽しみです」 <span style="font-weight:700;">――この一戦で大事にしたい部分は</span> 「まずはチームとして勝たなくてはいけないです。前回のアメリカ遠征では内容もあまり良くなかったですし、結果も出ませんでした。そういう意味でも、日本でいろいろな人に見てもらうためには結果が必要なので、まずしっかりと勝つことが大事だと思っています」 <span style="font-weight:700;">――スイス戦が終われば、東アジア選手権、フランスワールドカップの予選が始まり、そこに向けてサバイバルも厳しくなるが</span> 「今はリーグ戦があって、所属クラブでアピールすることで呼ばれていると思います。これからはリーグ戦が終わって皇后杯だけになるので、そういう意味でも代表に行った時に結果を出さないと呼ばれないと思っています。得点やアシストという目に見える結果でアピールできればと思います」 <span style="font-weight:700;">――チームで求められていると思う部分は</span> 「高倉監督からは得点の部分を求められていると思います。ただ、自分の特徴は運動量なので、攻守にわたって運動量で負けないことが大事だと思います。今は一対一の守備も意識していて、サイドハーフをやっていますけど、自分のところでしっかりと奪い切るということを意識しています」 <span style="font-weight:700;">――今日はモデルを務めたが、普段はお洒落にこだわっているか</span> 「1つのブランドに絞るタイプですね(笑)」 <span style="font-weight:700;">――今回はFW岩渕真奈( INAC神戸レオネッサ)が選出されているが、プレーした機会は</span> 「代表で練習だけやったことはありますけど、試合とかではやったことないです」 <span style="font-weight:700;">――一緒にプレーするのに意識したいことは</span> 「結構、(岩渕選手は)ドリブルで仕掛けるイメージがありますし、自分はパスやアシストの部分を大切にしています。岩渕選手は、動き出しの部分やスピードが早いので、そこに自分が良いパスを出すことができれば、得点につながると思うので意識してみたいです」 2017.10.11 22:09 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース