東京Vがユース所属のMF藤本寛也を2種登録2017.04.14 19:44 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽東京ヴェルディは14日、ユースに所属するMF藤本寛也をトップチームに2種登録したことを発表した。

▽藤本はジュニア、ジュニアユースと東京Vに所属し、現在はユースでプレーしている。

コメント

関連ニュース

thumb

東京V、MF中野雅臣がFC今治に期限付き移籍! 「感謝と覚悟を持って」

▽東京ヴェルディは17日、MF中野雅臣(21)がJFLに所属するFC今治に期限付き移籍することを発表した。背番号は20に決定。なお、期限付き移籍期間は2017年7月17日より2017年12月31日までとなっている。 ▽東京ヴェルディジュニアユースから東京Vの下部組織で育った中野は、ユースとの2種登録選手だった2014年11月のJ2第40節、V・ファーレン長崎でトップチームデビュー。その後、2015年のトップチーム昇格以降はJ2通算25試合に出場。今シーズンはリーグ戦6試合と天皇杯1試合に出場していた。 ▽また、2011年より各年代別の日本代表に招集されていた中野は、U-17日本代表として2013年のFIFA U-17ワールドカップにも出場していた。 ▽中野は、東京Vの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「この度、FC今治へ移籍をすることになりました。東京ヴェルディを離れるのははじめてですが、新しい環境で学べる時間を大切に毎日チャレンジして成長してきます。感謝と覚悟を持っていってきます」 ▽また、自身初の移籍先となる今治FCの公式サイトでは、「はじめまして。東京ヴェルディから来ました。中野雅臣です。マサかオミと呼ばれています。J3昇格という目標達成の力になるために覚悟を持ってFC今治に来ました。チーム、自分自身が強く逞しく成長するために、1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。よろしくお願いします」と、新天地での意気込みを語っている。 2017.07.17 16:32 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南、福岡が勝利で上位の順位は変わらず!! 徳島は京都とドローで熊本は千葉を下す!!《J2》

▽16日に明治安田生命J2リーグ第23節が行われた。Shonan BMW スタジアム平塚で行われた湘南ベルマーレvs東京ヴェルディは、2-0で湘南が勝利した。 ▽前節首位に浮上した湘南(勝ち点44)と5位の東京V(勝ち点35)による上位対決は、8分に東京Vが決定機。スルーパスに抜け出した梶川がボックス右に侵入してシュートを放つとこれがネットを揺らす。しかしここはオフサイドによりノーゴールの判定となった。その後も東京Vが押し気味に試合を進めたが、湘南も徐々に盛り返す。しかし決定機を作り出せずに前半はゴールレスで終えた。 ▽迎えた63分、湘南は左CKの流れからジネイの折り返しをアンドレ・バイアが押し込んで湘南が先制する。さらに78分には秋野が放った左足のシュートがネットを揺らし、湘南がリードを広げる。終盤には東京Vもチャンスを作ったが決めきることができずに試合は終了。湘南が勝利して首位をキープした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170716_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽正田醤油スタジアム群馬ではザスパクサツ群馬vsアビスパ福岡が行われ、3-1で福岡が勝利した。 ▽最下位の群馬(勝ち点13)が2位の福岡(勝ち点43)を迎えた一戦は、立ち上がりから福岡が押し気味に試合を進めると11分にジウシーニョの左足ではなったミドルシュートがネットを揺らして先制点が生まれる。群馬も32分に中央を割ってカン・スイルがネットを揺らすがオフサイドの判定で認められず、前半は福岡が1点リードして終えた。 ▽迎えた53分、群馬は右CKからパク・ゴンが繋いだボールを岡田が押し込んで早い時間帯で試合を振り出しに戻す。しかし福岡は63分に交代で入った石津がファーストプレーでネットを揺らして勝ち越し。81分には左CKの流れから岩下が押し込んで試合は終了。福岡が勝ち点3を獲得した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170716_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvs京都サンガF.C.は、1-1のドローに終わった。 ▽自動昇格圏内に迫る3位の徳島(勝ち点39)とプレーオフ出場圏内を狙う16位の京都(勝ち点28)が激突した一戦は、徳島がボールを繋いでビルドアップしていくのに対して京都は中盤を飛ばして前線の田中マルクス闘莉王やケヴィン・オリスを狙ったボールを入れていく。ゴール前での攻防が増えるが前半はゴールレスで折り返した。 ▽迎えた後半も拮抗した展開の中、62分に徳島は相手陣内でショートパスを繋いで攻め込むと、最後はボックス左に侵入した杉本が右足でシュートをねじ込み先取点を奪った。しかし京都も75分、左サイドのクロスに田中マルクス闘莉王がダイビングヘッドで合わせると、これがネットを揺らし試合を降り出しに戻す。試合はそのまま終了を迎え、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170716_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽えがお健康スタジアムではロアッソ熊本vsジェフユナイテッド千葉が行われ、 ▽19位の熊本(勝ち点19)が9位の千葉(勝ち点33)を迎えた一戦は、開始4分に熊本が決定機を作り出したが、八久保のボックス外からのシュートはGK佐藤の好セーブに阻まれる。その後は千葉が圧倒的に熊本を押し込んでいく。古巣対戦となる清武を中心に熊本陣内へと攻め込んでいくが、熊本も集中した守りで千葉の攻撃を跳ね返し、前半はゴールが生まれなかった。 ▽迎えた53分、熊本は高い位置でプレスを狙った黒木がボールを奪い、そのままGKと一対一へ。GK佐藤をかわしてゴールに流し込み先制点を奪う。追いかける千葉は相手陣内で多くの時間を使い、チャンスを伺うが熊本もブロックを崩せず。結局は黒木のゴールが決勝点となり、熊本が白星を飾った。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽7/16(日) FC町田ゼルビア 2-0 水戸ホーリーホック 名古屋グランパス 1-0 モンテディオ山形 愛媛FC 2-2 大分トリニータ 徳島ヴォルティス 1-1 京都サンガF.C. ロアッソ熊本 1-0 ジェフユナイテッド千葉 湘南ベルマーレ 2-0 東京ヴェルディ ザスパクサツ群馬 1-3 アビスパ福岡 ▽7/15(土) カマタマーレ讃岐 1-3 レノファ山口FC 横浜FC 1-0 FC岐阜 V・ファーレン長崎 1-0 松本山雅FC ツエーゲン金沢 1-2 ファジアーノ岡山 2017.07.16 21:03 Sun
twitterfacebook
thumb

東京Vのトッティ獲得が消滅…王子がローマ幹部入りを表明! 「まだ、何もサインしていないが、もうすぐ役員になる」

▽J2の東京ヴェルディが獲得に動いていた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)が13日、ローマの幹部入りを公の場で認めた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽昨季限りで下部組織時代を含めて28年間を過ごしたローマを退団したトッティには、正式に現役を引退してローマのフロントに入るか、予てより交渉の事実が報じられていた東京Vで現役を継続するかという、2つの選択肢があった。 ▽イタリア国内と日本国内で大きく報道内容が食い違う中、イビサ島でのバカンスを終え、12日にローマのトレーニング施設があるトリゴリアでクラブ幹部との話し合いを行っていたトッティは、13日にもジェームズ・パロッタ会長とローマのデ・ルシエホテルで会談を行っていた。 ▽そして、同会談を終えてホテルから出てきたトッティは、イタリア『Premium Sport』に対して、「現時点で何もサインしていない。だから、ローマの役員ではない。だけど、すぐにそうなる予定だ」とコメント。初めて公の場でローマのフロント入りを認めた。 ▽トッティのこの発言により、日本のサッカーファンが熱望していた王子の東京V入りの可能性が消滅した。 ▽1989年にローマの下部組織に加入して以降、ジャッロロッソのユニフォームに身を纏い、28年間で公式戦786試合に出場し、307ゴールを挙げたトッティ。ローマでのタイトルは2000-01シーズンのスクデットと、2度のコッパ・イタリアのみだが、2006年ドイツ・ワールドカップでイタリア代表の優勝に貢献するなど、サッカー界屈指のレジェンドとして知られる。 ▽東京Vのファンを中心に多くの日本のサッカーファンの夢は実現しなかったが、現代のサッカー界において稀有なワンクラブマンの決断を心から尊重したいところだ。 2017.07.14 04:10 Fri
twitterfacebook
thumb

トッティ獲得失敗のマイアミFC監督のネスタ、「彼の未来はローマのディレクター」

▽アメリカのマイアミFCを率いるアレッサンドロ・ネスタ監督が、獲得交渉が報じられていた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)に関して言及した。イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』が伝えている。 ▽昨季限りで下部組織時代を含めて28年間を過ごしたローマを退団したトッティには、現在現役を引退して予てよりクラブが6年契約をオファーしていたディレクターに就任してフロント入り。あるいは獲得交渉が報じられているJ2の東京ヴェルディや、同胞ネスタ監督が率いるマイアミFCなどで、現役を続行する、という2つの選択肢がある。 ▽ネスタ監督は、かつてアッズーリで共にプレーしたトッティの獲得に動いていたことを認めながらも、同選手がローマでディレクターに就任するため、マイアミ入りを固辞したことを明かした。 「トッティがマイアミに来るかって? 我々は直接話をした。しかし、彼には(ローマの)ディレクターとしての未来が待っている」 「(ローマ退団セレモニーで)彼が未来を恐れていると言った? 新たなシーズンが始まったとき、そこに自分の姿がないことは厳しいことだ。もし、フットボール以外に何も興味を引くことがなければ、ピッチやロッカールームがより恋しくなるはずだ」 「子どもと過ごす時間や妻と買い物に出かけたりすることが多くなると思うが、我々は様々な感情を抱くことに慣れていかなければならない。フランチェスコが言ったことはそういう意味だと理解している」 ▽今回のネスタ監督の発言は、先日に東京Vの羽生英之社長が「今、代理人の方から聞いてるのは、最後2択になりましたと。ローマに残るのか、ヴェルディで現役を続けるのかの2択になって、アメリカの線は消えたというのは聞いてます」との発言を裏付けるものとなった。しかし、ネスタ監督の発言が全て事実であれば、トッティの未来はやはりローマの幹部入りなのか。 2017.07.13 00:12 Thu
twitterfacebook
thumb

東京Vが獲得交渉中のトッティは引退でフロント入り濃厚か? ローマ指揮官「ほぼ確実にディレクターになる」

▽昨季限りでローマを退団した元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)は、やはり現役を引退してフロント入りすることが濃厚なようだ。ローマの新指揮官を務めるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督がイタリア『Il Centro』で王子のフロント入りを示唆した。 ▽昨季限りで下部組織時代を含めて28年間を過ごしたローマを退団したトッティには現在、現役を引退して予てよりクラブが6年契約をオファーしていたディレクターに就任してフロント入り。あるいは獲得交渉が報じられているJ2の東京ヴェルディや、同胞アレッサンドロ・ネスタ監督が率いるアメリカのマイアミFCなどで、現役を続行する、という2つの選択肢がある。 ▽サマーバカンスから戻ってきたトッティは、近日中に自身の去就を発表するとみられるが、先日にローマの新指揮官に就任したディ・フランチェスコ監督は、現役時代に共にプレーした王子がディレクターとして自身をサポートする可能性を示唆している。 「我々はほぼ確実にトッティをディレクターとして迎え入れることになるだろう。」 「私は最近、彼と話をした。彼の選んだ役割を超えて、彼が我々の近くにいることは幸せなことだ。彼の存在は多くの付加価値を与えてくれるからね」 「チームを率いるのは私だが、現時点で私はここのプレーヤーたちをあまり知らない。そういった中でチームを掌握している誰かが側にいてくれることは大きな助けとなるはずだ」 ▽1989年にローマの下部組織に加入して以降、ジャッロロッソのユニフォームに身を纏い、28年間で公式戦786試合に出場し、307ゴールを挙げたトッティ。ローマでのタイトルは2000-01シーズンのスクデットと、2度のコッパ・イタリアのみだが、2006年ドイツ・ワールドカップでイタリア代表の優勝に貢献するなど、サッカー界屈指のレジェンドとして知られる。 ▽今回のディ・フランチェスコ監督の発言が事実であれば、トッティの現役引退の可能性は濃厚だ。しかし、多くの日本のサッカーファンが夢見るトッティのJリーグ参戦の可能性はわずかながら残されているはずだ。 2017.07.03 22:22 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース