大阪学院大学GK棟方博文が下部組織時代を過ごしたG大阪に特別指定で加入2017.04.14 18:43 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は14日、大阪学院大体育会サッカー部のGK棟方博文(21)を、12日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はガンバ大阪となる。

▽棟方は大阪府出身で、ジュニアユース、ユースとG大阪に所属。大阪学院大学へと進学していた。ユース時代は、徳島ヴォルティスのDF内田裕斗や昨シーズンまでG大阪に所属し、今シーズンからFCティアモ枚方に所属するFW小川直毅が同期。

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

決戦地ロシアから震災に心配の声…高槻市出身の東口順昭「気をつけて」

▽ガンバ大阪に所属する日本代表GK東口順昭が18日、自身のツイッター(@hi_five21)を通じて、大阪府北部を襲った震度6弱の地震による被害を心配した。 ▽東口は大阪府高槻市出身。所属クラブも震源地の大阪府北部をホームタウンとするG大阪だ。現在、ロシア・ワールドカップに参戦中の日本代表に帯同する東口。決戦の地ロシアから被災地にメッセージを寄せた。 「心配です。まだまだ気は抜けないとは思いますが、皆さん気をつけて下さい!」 2018.06.18 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

地震の影響で練習中止のG大阪、クラブ関係者全員の無事を報告

▽ガンバ大阪は18日、同日近畿地方で発生した地震による安否の状況を説明。所属選手、スタッフ、アカデミー選手、アカデミースタッフ、クラブスタッフ全員が無事であることを報告している。 ▽また、クラブは同日予定されていたトップチームの練習が中止になったことも併せて伝えている。 2018.06.18 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

J1リーグ16位、天皇杯2回戦敗退…泥船化のG大阪社長が声明 「あらゆる手段を講じる」

▽ガンバ大阪は11日、異例の声明を発表した。 ▽昨シーズンまで5年間続いた長谷川健太体制に終止符を打ち、今シーズンからレヴィー・クルピ新体制を築いたG大阪だが、ロシア・ワールドカップ開催に伴う中断期間前の明治安田生命J1リーグ成績は、入れ替え戦圏の16位(4勝3分け8敗)。JリーグYBCルヴァンカップこそ5年連続のベスト8進出を果たしたものの、天皇杯で関西学院大学に敗れ、1993年以来2度の2回戦敗退と不本意な結果に終わっている。 ▽今シーズンのスローガン『奪還』を掲げながら低空飛行が続くチーム状況を受け、G大阪で代表取締役社長を務める山内隆司氏がクラブ公式サイトを通じ、『ガンバ大阪を愛するすべての皆様へ』との見出しでファンに対して次のように巻き返しを誓った。 「日頃からガンバ大阪に熱いご声援いただき、誠にありがとうございます。2018シーズンは新監督としてレヴィー クルピ監督を招聘し、「奪還」というスローガンを掲げて、“アグレッシブにゴールを奪う"魅力的なサッカーを復活させ、タイトルを奪い返すことを目指し今シーズンに臨みました」 「しかし、明治安田生命J1リーグ戦は15節終了時点で4勝3分8敗(勝点15)の16位というふがいない結果になっており、皆様の期待を大きく裏切ることとなり、大変申し訳ございません。また、2018YBCルヴァンカップこそノックアウトステージ進出をすることが出来ましたが、天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会は2回戦敗退という屈辱的な結果に終わりました」 「この前半戦の結果を真摯に受け止め、今まで以上にクラブが一丸となってクルピ監督率いるチームを支え、この中断期間をチーム立て直しの大きなチャンスととらえ、チーム戦力が向上するためのあらゆる手段を講じることで、Jリーグの再開後は一戦一戦トーナメントのつもりで集中して戦い、一つずつ勝点を積み重ねて参ります。これからも引き続き熱いご声援いただきたく、宜しくお願い申し上げます」 2018.06.11 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ウィジョ初3発のG大阪、磐田連破で5年連続ベスト8《YBCルヴァンカップ》

▽9日にヤマハスタジアムで行われたJリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦のジュビロ磐田vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が3-2で勝利した。 ▽先のパナソニック スタジアム 吹田で行われた第1戦は、ファン・ウィジョが長沢との華麗なコンビネーションプレーでゴールを陥れ、G大阪が先制。その後、アウェイゴールを目指して攻勢を強めた磐田だったが、ホームのG大阪が逃げ切り、1-0で先勝した。 ▽2点差以上での勝利が絶対条件の磐田は、ミッドウィークに行われた天皇杯を欠場した中村俊輔ら主力が先発に復帰。一方、優位な状況でアウェイ戦に挑むG大阪は、関西学院大学にジャイアントキリングを許した天皇杯と同じ11名をスターティングメンバーに起用した。 ▽試合は、勝利必須の磐田が前がかりな入りを見せる。その中で、7分にG大阪がカウンター。相手最終ライン背後を突く味方の縦パスに長沢が反応する。ボックス中央に侵攻するが、後方から小川大貴が決死のカバーリング。ゴールに向かったボールはGKカミンスキーに阻まれる。 ▽立ち上がりから積極性が際立つ磐田は15分、小川大貴がバイタルエリア左の田口にパス。ボックス左で田口からボールを受けた松浦が厳しい角度から左足シュートを放つ。これがGK林と左ポストの間を貫き、ホームの声援を受ける磐田がトータルスコアでイーブンに戻した。 ▽早々にアドバンテージを失ったG大阪だが、26分にロングカウンター。自陣右サイドから縦にボールを持ち上がったマテウスが追い越した倉田にパスを出す。バイタルエリア左で並走したファン・ウィジョが倉田からのラストパスを冷静に右足で沈め、2戦合計で再び優位に立つ。 ▽磐田の反撃を受けつつ、ボールを握れば追加点を目指したG大阪。その中で迎えた42分、左CKの流れからキッカーを務めた遠藤が再びボールを受けて中央に右足でクロスを送る。これがゴール右に吸い込まれるが、ファビオがオフサイドの判定を取られ、幻のゴールとなる。 ▽2戦合計スコアで再び優位な状況のG大阪は、ハーフタイム明けに長沢を下げて高江をピッチへ。すると、高い位置でボールを奪取した50分にその高江がシュートを放つ。こぼれ球を拾った遠藤のシュートが相手GKのファンブルを誘い、ルーズボールをゴール前のファン・ウィジョが右足で叩き込む。G大阪が2つの目のアウェイゴールを手にする。 ▽逆転突破にあと3点が必要な状況に追い込まれた磐田。ハーフタイム明けの荒木に続き中野を投入するが、攻め手を欠き続ける。そうした中、G大阪は66分、再びロングカウンターに持ち込み、高江の繋ぎからファン・ウィジョがハットトリックとなる一発。勝負を決した。 ▽その後、最後の交代枠で松本を入れた磐田に川又のゴールで1点を返されたG大阪だが、これ以上の反撃を許さず、先のホームに続きアウェイでも勝利。7年ぶりの8強入りを目指す磐田を退け、5年連続の準々決勝進出を果たしている。 2018.06.09 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ヤットが英『ガーディアン』に登場! 日本代表史最高の11名を選出

▽ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁がイギリス高級紙『ガーディアン』のロシア・ワールドカップ(W杯)特集で自身の思う日本代表ベストイレブンを選出した。 ▽2002年の日本代表デビュー以降、長きにわたり、サムライブルーの絶対的司令塔として抜群の存在感を解き放った遠藤。13年間の代表キャリアを通じた出場数は歴代最多152試合を数え、2006年のドイツ大会から3大会連続のW杯出場を誇り、日本代表史に名を刻む選手の1人だ。 ▽そんな遠藤が「ロングボールを使わないチーム」という構想の中で選んだ日本代表ベストイレブンは往年の名プレーヤーがずらり。ラモス瑠偉氏や、FW三浦知良(現・横浜FC)をはじめ、MF中村俊輔(現・ジュビロ磐田)ら自身と共にW杯を戦った面々が並んだ。 ◆遠藤保仁が選んだ日本代表ベストイレブン GK:楢崎正剛 DF:田中マルクス闘莉王、井原正巳、中澤佑二 MF:ラモス瑠偉、遠藤保仁、中村俊輔、中田英寿、前園真聖 FW:三浦知良、高原直泰 ※元記事はこちらから https://www.theguardian.com/football/2018/jun/03/yasuhito-endo-picks-his-all-time-japan-xi 2018.06.03 22:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース