札幌がU-18所属のU-17日本代表MF井川空を2種登録2017.04.14 18:34 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽北海道コンサドーレ札幌は14日、U-18所属のMF井川空(17)をトップチームに2種登録したことを発表した。

▽井川はブログレッソ十勝U-12、U-15を経て、札幌U-18に加入。U-17日本代表やU-17Jリーグ選抜などに選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

田中順&渡部弾の神戸が札幌に快勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌が16日に神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われ、2-0で神戸が勝利した。 ▽ここまで10勝3分け12敗で11位の神戸と、7勝5分け13敗で14位に位置する札幌が激突した。神戸は1-2で勝利した前節のガンバ大阪戦から大森に代えて田中順を起用する1点を変更。対する札幌は、2-1で勝利した前節のジュビロ磐田戦と同様のスタメンで臨んだ。 ▽試合は、早々に神戸がスコアを動かす。4分。ボックス左手前で中に切れ込んだポドルスキが右足でミドルシュート。GKク・ソンユンが正面ながらもこのシュートを弾くと、こぼれ球を田中順が押し込み、神戸が先行した。 ▽出鼻を挫かれた札幌だが、9分には反撃。チャナティップの浮き球スルーパスで正面に抜け出したヘイスがGKをはずすシュートを放つ。無人のゴールにボールが向かうも、これはカバーリングに入ったDF岩波の好クリアに遭って同点弾とはならない。 ▽すると、22分には神戸が突き放す。藤田が蹴った左CKにニアサイドの渡部がヘッド。このシュートが決まり、神戸がリードを2点に広げた。 ▽さらに神戸は41分にもゴールに近づく。左サイドから三原がクロスを入れると、ペナルティアークの小川がバウンドしたボールを左足ボレー。このシュートが枠を捉えたが、GKク・ソンユンのファインセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半も好勝負が展開される。札幌はハーフタイム明けから都倉に代えてジェイを投入。一方の神戸はポドルスキが積極性を見せる。そのポドルスキは62分、ボックス左でDFに囲まれながらも強引に仕掛けて左足を振り抜く。しかし、強烈なシュートは枠に飛ばない。 ▽終盤にかけても手を緩めないポドルスキは果敢にゴールを狙う。88分には独力で仕掛けてボックス左から枠内シュート。しかし、これもGKク・ソンユンのセーブに阻まれる。 ▽結局、ポドルスキにゴールは生まれなかったものの、そのまま神戸がシャットアウト勝ち。前節のG大阪に続く白星を手にした。 2017.09.16 21:04 Sat
twitterfacebook
thumb

小野起点でヘイス逆転弾! 札幌が今季初連勝! 磐田は川又決めれば無敗のジンクス崩れる《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節の北海道コンサドーレ札幌とジュビロ磐田の試合が、9日に札幌ドームで行われ、2-1で札幌が勝利した。 ▽6勝5分け13敗で14位に沈んでおり、降格圏の大宮アルディージャ(勝ち点20)との勝ち点差が「3」まで迫っている札幌(勝ち点23)は、1-0で勝利した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを1名変更。菊地に代えて横山を送り出した。対して、12勝6分け6敗で6位につけている4戦負けなしの磐田(勝ち点42)は、2-1で勝利した前節のヴィッセル神戸戦からスタメンを1名変更。上田に代わり中村がスタメンに復帰し、万全の布陣でこの一戦に臨むこととなった。 ▽試合の序盤は、福森からのフィードを起点に攻勢をかけた札幌がペースを握った。15分には、CKの場面で横山が右足を振り抜いた。シュートは枠を外れたが、チャンスを作り出していく。 ▽それでも、23分にボックス左でボールを持った高橋が中央で待つムサエフにクロスを供給。シュートはク・ソンユンのファインセーブに阻まれたものの、徐々に磐田がチャンスを作り始める。すると、27分に磐田が先制点を奪取した。ドリブルでボックス内に侵攻したアダイウトンが横山、宮澤との接触で転倒。PKの判定となり、キッカーの川又が3試合連続となる得点を落ち着いて決めた。 ▽良い流れで試合に入りながらも先に失点を喫した札幌だったが、前半のうちにエースがイーブンに戻した。40分、右サイド深い位置でボールを持った早坂が、ボックス内に素早いクロスを送る。走り込んだ都倉が左足で押し込み、6試合ぶりにネットを揺らした。 ▽同点の状態で突入した後半に、最初のチャンスを得たのは札幌だった。ボックス内に抜け出そうとした都倉が大井に倒され、FKを獲得する。58分、ペナルティーアーク内中央の位置からのキックを担当したのは、プレースキックに定評のある福森。しかし、壁の上を抜こうとしたシュートは、相手のブロックに遭い、枠を外れた。 ▽逆転を目指す札幌は、65分に都倉を下げて元磐田のジェイを投入。ジェイにとっては、初の古巣対戦となったが、なかなか得点機に絡むことができず。両クラブ共にシュートまで持ち込めない時間帯が続いた。 ▽最後まで諦めない札幌は83分、宮澤に代えて小野を起用。すると、頼れるベテランが早速得点に絡んだ。85分、ボックス手前やや左でチャナティップからの縦パスを受けた小野が、ワンタッチで相手DFの裏にボールを供給。走り込んだ石川がボックス左からクロスを上げ、ニアにポジションを取ったヘイスが逆転弾を決め切った。 ▽試合はこのまま終了。札幌が今季初となる連勝を逆転で飾ることに。残留に向けて勝ち点「3」を積み上げることとなった。磐田は、一時のリードを活かすことができず、手痛い敗北。ここまで続いていた川又の得点試合無敗というジンクスが、崩れることになった。 2017.09.09 15:17 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌、5試合ぶり白星! 今季4度目の完封で仙台撃破《J1》

▽26日に札幌厚別公園競技場で行われた明治安田生命J1リーグ第24節の北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台は、ホームの札幌が1-0で勝利した。 ▽4試合勝ちなしと調子を落とす15位の札幌と、2連勝で直近3試合2勝1分けと上向き調子にある12位の仙台が激突した。札幌は今夏に仙台から加入の石川が先発。対する仙台は、野津田が移籍後初スタメンを飾った。 ▽試合は、シュートを打ち合う展開となる。そういった戦況のなか、20分には札幌に絶好のチャンス。ボックス右深くから早坂がシュートを放つ。これがDFに当たって枠に飛ぶが、蜂須賀の好カバーに阻まれてしまう。 ▽さらに、24分にも札幌に決定機。右サイド深くで相手数人を抜き去ったチャナティップがクロスを供給する。都倉がニアサイドでヘディングシュートを放つが、これは右ポストに直撃。チャンスをモノにできない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、スコアが動く。53分、立ち上がりから攻勢に出た札幌は左サイドの兵藤が左足でクロス。ゴール前のヘイスがニアサイドで大岩の前に潜り込み、頭で合わせる。これが決まり、札幌が均衡を破る。 ▽ヘイスのシーズン4得点目でリードした札幌。追う仙台は、奥埜、クリスラン、古林を立て続けに途中起用するが、相手の身体を張った守備を崩せない。結局、逃げ切った札幌がシーズン4度目の零封で5試合ぶりの白星を手にした。 2017.08.26 15:52 Sat
twitterfacebook
thumb

中村&小林弾で札幌撃破! 川崎Fが3連勝で暫定3位浮上!《J1》

▽19日に明治安田生命J1リーグ第21節の川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が等々力陸上競技場で行われ、2-1で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで12勝6分け4敗で4位につける川崎Fが、5勝5分け12敗で15位につける札幌をホームに迎えた。前節の鹿島アントラーズ戦を3-1で勝利し、連勝を飾った川崎Fはその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。登里に代えて小林を起用した。 ▽一方、前節のヴァンフォーレ甲府戦を1-1のドローで終え、3試合白星がない札幌はその一戦から先発メンバーを2人変更。菅に代えて石川、ヘイスに代えて出場停止明けの都倉を起用した。 ▽元札幌の奈良、元川崎Fの福森と都倉の古巣対決となった一戦。試合は立ち上がりからホームの川崎Fが積極的に敵陣へと侵攻する。2分、ボックス手前からの細かいパス回しから小林が左足でシュート。しかし、これはGKク・ソンユンにパンチングで逃げられる。 ▽対する札幌は11分、敵陣中央左でFKを獲得。これをキッカーの福森がゴール前へのクロスを選択すると、これにジェイが飛び込んだが、GKチョン・ソンリョンの好守に阻まれてしまう。 ▽ヒヤリとする場面を作られた川崎Fは動じず、落ち着いてボールを保持。すると13分に先制する。ボックス手前でパスを受けた大島がボックス左に浮き球を供給。これを走り込んだ家長が左足で合わせ、GKク・ソンユンのパンチングを誘い、こぼれ球を中村がプッシュした。 ▽先制に成功した川崎Fは17分にエドゥアルド・ネット、18分にも中村がミドルシュートを放ち、先制した勢いそのままに札幌ゴールを脅かす。 ▽その後も試合を優位に進める川崎Fは28分、小林の右サイドからのクロスを上げると、エウシーニョがボックス中央でフリーに。しかし、ボレーシュートはミートせず、ゴール上を通過した。 ▽追加点欲しい川崎Fは41分、右サイドの家長からパスを受けたボックス手前の大島がスルーパス。これをボックス左で受けた車屋が左足を振り抜くが、枠を捉えきれず。さらに直後、エドゥアルド・ネットのスルーパスに反応した阿部がGKとの一対一を制したが、今度はオフサイドの判定が下される。 ▽1-0で試合を折り返すと、川崎Fが前半同様に試合のペースを握る。56分、家長のスルーパスに反応した大島がボックス左からクロスを供給。これを小林が頭で合わせたが、GKク・ソンユンに防がれる。 ▽追いつきたい札幌は、福森のセットプレーから川崎Fゴールに迫るが、脅威を与えることができない。 ▽前半半ばに差し掛かると、札幌にやや押し込まれる時間帯が続いた川崎F。それでも75分、待望の追加点が生まれる。家長のスルーパスに反応した登里がボックス左へ侵攻。そのままグラウンダーのクロスを供給し、走り込んだ小林がニアサイドで合わせた。 ▽点差を広げられた札幌は攻勢を強めるが、川崎ディフェンスにことごとく跳ね返されてしまう。それでも80分、ハーフウェイライン付近でヘイスが谷口のパスをブロックすると、ボールは敵陣中央へと転がる。これを飛び出したGKチョン・ソンリョンがスリッピィなピッチに目測を誤って後逸。これを見逃さなかったヘイスが無人のゴールへ流し込んだ。 ▽1点差にまで詰め寄った札幌は86分、菊地に代えて内村を投入。前線の枚数を増やしてパワープレーへと移行する。すると88分、ヘイスがボックス右からクロスを供給。これをジェイが頭で合わせるも、GKチョン・ソンリョンの正面に飛んでしまい、同点のチャンスを不意にしてしまう。その後も札幌は川崎Fゴールへと迫ったが、同点弾は生まれず。川崎Fが3連勝で暫定3位浮上を決めた。 2017.08.19 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌FWジェイが運転する車が自転車と接触事故

▽北海道コンサドーレ札幌は15日、FWジェイが13日に交通事故を起こしていたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、ジェイが車を運転中、札幌市内の交差点を青信号で右折したところ、自転車に乗った18歳の女性と接触。速やかに警察へ届出をし、事故処理を行ったようだ。なお、女性は病院で右足の脛の打撲と診断され、治療を受けて無事に帰宅したとのこと。 ▽札幌は今回の件に関して、以下のようにコメントを残している。 「怪我をされた方の一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げると ともに、多大なご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。また弊クラブでは、ジェイ選手に厳重注意を行うとともに、今回の件を真摯に受け止め、全選手、及びクラブ関係者に安全運転の取り組みを再徹底致します」 2017.08.16 19:28 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース