超ワールドサッカー

札幌がU-18所属のU-17日本代表MF井川空を2種登録2017.04.14 18:34 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽北海道コンサドーレ札幌は14日、U-18所属のMF井川空(17)をトップチームに2種登録したことを発表した。

▽井川はブログレッソ十勝U-12、U-15を経て、札幌U-18に加入。U-17日本代表やU-17Jリーグ選抜などに選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

アウェイで逆転勝利を収めた仙台が首位キープ! 札幌は最終節に3位入りを目指す《YBCルヴァンカップ》

▽24日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第6節の北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台が札幌ドームで行われ、1-2で仙台が勝利を収めた。 ▽ここまで4試合を消化し、2勝1分け1敗で勝ち点7の4位につける札幌と、5試合を消化し3勝1分け1敗の勝ち点10で首位に立つ仙台の一戦。札幌はマセードが約2カ月ぶりの復帰となり、仙台は好調のクリスランが1トップに入った。 4分、ジュリーニヨガ左サイドへ展開すると、石井がボックス内左からクロス。これをフリーの上原がどんぴしゃヘッドで叩き込み、札幌が先制する。 ▽先制した札幌はジュリーニョを中心に攻撃を組み立てる。12分にはジュリーニョが高い位置でボールを奪うと、左サイドまでドリブルで持ち上がりクロス。しかし、上原が合わせたシュートは枠を捉えられない。 ▽すると17分、仙台がチャンスをものにする。西村からのパスを受けたクリスランがボックス中央ではたいたボールを、佐々木が巧みなターンでDFをかわし、そのままシュート。これがネットを揺らし、仙台が同点に追いつく。 ▽勢いづく仙台は20分、右サイドでFKを獲得すると、三田がゴール前にクロス。これをボックス中央で石川が頭で合わせ、仙台が逆転に成功する。 ▽仙台は前半アディショナルタイム1分にもチャンス。小島ががアーリークロスを送るも、菊地が何とかクリアし試合終了。1-2と仙台が1点をリードして前半を終える。 ▽1点ビハインドの札幌は後半開始から、攻撃の中心だったジュリーニョに代えて菅を投入。攻撃の活性化を図る。菅の投入で推進力を得た札幌は、セットプレーのチャンスを多く創出。小野が幾度となくクロスを送るも、味方に合わずゴールを奪えない。 ▽リードしている仙台はリスクを犯して攻め込むことはなく、しっかりをブロックを作って対応。荒野に代えて宮澤、小野に代えて都倉を投入し、勝負に出る。 ▽76分にはその都倉が決定機。上原がドリブルで仕掛け都倉にパスを送ると、ボックス手前からシュート。しかし、これはGK関がセーブする。 ▽防戦が続く仙台は、両サイドを使って攻撃を仕掛けるも、クロスが味方に合わない。その後も攻め込む札幌、守る仙台の構図が続くが、最後までゴールは生まれず。仙台が1-2で札幌を下し首位をキープした。一方の札幌は、最終節に3位浮上を目指す。 2017.05.24 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

呂比須ワグナー新監督初陣の新潟が5試合ぶり勝利! ホニ弾で札幌退け昨年8月以来のホーム白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節のアルビレックス新潟vsコンサドーレ札幌が20日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、1-0で新潟が勝利した。ホームでは、2016年8月20日に行われたJ1・2ndステージ第9節のアビスパ福岡戦以来の勝利となっている。 ▽ここまで1勝2分け8敗で最下位に低迷している新潟と、3勝3分け5敗で15位と苦しむ札幌が相まみえた。呂比須ワグナー新監督の初陣となる新潟は、1-6と大敗した前節の浦和レッズ戦から、大野と加藤に代えて堀米とホニを先発起用。対する札幌は、0-2で敗れた前節のガンバ大阪戦と同様のスタメンで、金園と都倉の2トップで試合に臨んだ。 ▽序盤、先に決定機を迎えたのは新潟だった。7分、左サイドでディフェンスライン裏に抜け出した山崎が早めにグラウンダークロスを入れると、これに正面の鈴木が合わせる。しかし、このニアサイドを狙ったシュートは枠を捉えることができない。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となる。札幌はペナルティアーク付近から早坂がループ気味に放ったミドルシュートが枠を捉える場面もあったが、これは新潟GK大谷のファインセーブに遭う。結局、前半はゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。新潟は58分、正面のロメロ・フランクがミドルシュートでゴールを狙う。しかし、これは枠の左にはずれる。 ▽それでも、新潟は65分にカウンターから試合の均衡を破る。自陣から富澤が出したスルーパスに抜け出したホニがボックス左に進入。そのままGKク・ソンユンの牙城を崩し、新潟がリードを手にした。 ▽終盤は、荒野と菅を下げて小野とジュリーニョを投入し、徐々にリスクを冒し始める札幌に対して、新潟が縦に速いカウンターで牽制する。86分には新潟がそのカウンターから決定機。チアゴ・ガリャルドのスルーパスでディフェンスライン裏に抜けた鈴木がボックス内に進入してシュートを放つが、GKク・ソンユンのセーブに遭って一対一を決めきれない。 ▽それでも、新潟は最後まで1点リードを保って逃げ切り。公式戦連敗を6試合で止めるとともにリーグ戦5試合ぶりで今季ホーム白星を手にした。 2017.05.20 16:02 Sat
twitterfacebook
thumb

藤本が芸術的な移籍後初ゴール! G大阪が札幌撃破で2位浮上《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節のコンサドーレ札幌vsガンバ大阪が14日に札幌ドームで行われ、0-2でG大阪が勝利した。 ▽ここまで3勝3分け4敗で15位の札幌と、5勝4分け1敗で3位のG大阪が激突した。札幌は、1-0で勝利した前節の大宮アルディージャ戦から河合に代えて横山を起用する1点を変更。対するG大阪は、1-1で引き分けた前節の清水エスパルス戦から、堂安とアデミウソンに代えて遠藤と赤崎を起用した。 ▽開始数十秒で赤崎がフィニッシュまで持ち込むも、これが枠を外れると、その後は拮抗した展開に。ポゼッション率を高めたのはG大阪だが、札幌も集中した守備で対抗。機を見て縦に速い仕掛けを繰り出し、G大阪をけん制する。 ▽ハーフタイムにかけても一進一退の攻防が続く。そんな中、前半終了間際のチャンスを生かしたのはG大阪だった。45分、右サイドから長沢とのワンツーで仕掛けた藤本が、前に出ていたGKク・ソンユンの位置を見てボックス右手前でループシュート。これがGKの頭上を越えて見事にネットに収まり、藤本の移籍後初ゴールでG大阪が先行した。 ▽G大阪リードで迎えた後半、札幌は51分に同点のチャンス。ボックス右から都倉が折り返しのボールを入れると、これに対応したG大阪DF三浦が処理をミス。三浦からボールを掻っ攫った菅がゴール右にシュートを放つも、ライン上にカバーに入っていたファビオのブロックに阻まれる。 ▽札幌が62分に早坂に代えてマセードを投入した一方、G大阪は65分に赤崎を下げてアデミウソンを送り出す。直後には、そのアデミウソンにチャンスが訪れる。藤本からのボールでボックス右に抜け出すと、DFをはずして左足でシュート。しっかりと枠を捉えたが、GKク・ソンユンのビッグセーブに遭い、追加点とはならない。 ▽一方、都倉を中心とした攻撃で同点弾を狙う札幌は、69分に金園を下げてジュリーニョ、そして75分に荒野に代えて小野を投入する。77分にはマセードのクロスに頭で合わせた都倉がネットを揺らすも、これはオフサイドでゴールが認められない。 ▽すると、次にスコアを動かしたのはG大阪だった。89分、アデミウソンからのスルーパスを受けた泉澤がゴール正面から冷静にゴールを陥れ、2-0とした。 ▽その後、G大阪は札幌の反撃をシャットアウト。今季アウェイ4勝目を挙げたG大阪が、首位の浦和レッズと同勝ち点の2位に浮上した。 2017.05.14 20:57 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌、今季初完封で4試合ぶり白星…宮澤の今季初弾で大宮撃破《J1》

▽6日に札幌ドームで行われた明治安田生命J1リーグ第10節の北海道コンサドーレ札幌vs大宮アルディージャは、ホームの札幌が1-0で勝利した。 ▽ドローに終わった前節のジュビロ磐田戦含むリーグ3戦未勝利で15位の札幌と、前節の浦和レッズ戦(1-0)で今シーズン初白星を手にした最下位の大宮が激突した。札幌は、大宮から期限付き加入の横山が契約上の理由で欠場。負傷離脱から復帰のジュリーニョがベンチ入りした。対する大宮は河本、大前がメンバー外。前節欠場のムルジャとネイツ・ペチュニク、マテウスがベンチに控えた。 ▽試合は序盤からボールポゼッションで上回った札幌優勢の展開となる。しかし、渡部、山越、金澤、高山、和田の5バックで立ち上がった大宮もカウンターで応戦。互いに攻め手を探り合い、動きの少ない展開で進んでいく。そういった戦況の中、大宮に27分、ロングフィードに反応した江坂の落としから瀬川に先制機。最終ラインのスペースにこぼれたボールに左足ダイレクトで合わせるが、惜しくもGKの正面を突く。 ▽対する札幌は41分、味方とのパスワークからボックス右の都倉が深く切り返して左足のシュートを放つ。しかし、これは惜しくもゴール右のサイドネットを揺らすにとどまった。ゴールレスで迎えた後半も比較的ペースを握った札幌は、58分に左CKのチャンス。福森のクロスに合わせた金園のヘディングシュートは左ポストを叩くが、ゴール前の混戦から宮澤がこぼれ球を押し込んだ。 ▽失点した大宮は、63分に茨田に代えてマテウス、69分に長谷川アーリアジャスールを諦めてネイツ・ペチュニクを投入。さらに、金澤を一列前に上げて、[4-4-2]のシステム変更を施すが、効力を発揮するには至らない。終盤にかけても勝ち点獲得を目指して反撃に転じた大宮だったが、迫力を欠いた攻撃に終始。今シーズン初のクリーンシートで大宮を退けた札幌が、リーグ4試合ぶり勝利を手にした。 2017.05.06 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

15歳久保がトップデビュー! 圧倒したFC東京が永井の移籍後初ゴールで札幌を下す《YBCルヴァンカップ》

▽3日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第4節のFC東京vs北海道コンサドーレ札幌が味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽FC東京は2試合を消化して1勝1敗の4位、対する札幌は3試合を消化して2勝1分けで首位に立っている。FC東京は、U-20日本代表に飛び級で招集された久保がベンチ入り。大久保嘉人や前田はメンバー外となり、ピーター・ウタカが初先発となった。一方の札幌は小野が先発出場。2種登録の藤村が初出場を果たした。 ▽序盤からペースを握ったのはFC東京。5分、中島が前線へ浮き球のパス。永井の落としをピーター・ウタカがシュート。しかし、枠を外してしまう。11分にはピーター・ウタカがドリブル突破。しかし、シュートはGKがキャッチする。15分には田邉がシュートを放つが、これも枠外。フィニッシュの精度を欠いてしまう。 ▽それでも攻め手を緩めないFC東京は31分、左サイドを中島がドリブル突破。マイナスのクロスを送ると、長いがペナルティアーク付近でシュート。これが右隅に決まり、FC東京が先制する。 ▽先制された札幌だったが、なかなかギアが上がらない。逆に勢いに乗るFC東京は43分に高萩、阿部が連続シュートも、DFに対応されてしまう。 ▽FC東京は、リードして迎えた後半も主導権を握る。50分、室屋がロングフィードを送るが、永井には惜しくもつながらない。54分には中島がGK金山のパスをカット。これを繋ぎ、ピーター・ウタカがドリブルからシュート。これを永井が触れるも、オフサイドの判定でノーゴールとなる。 ▽FC東京は56分、フィードをピーター・ウタカが頭ですらすと、阿部がトラップからドリブル突破。そのままシュートも、クロスバーに嫌われる。 ▽流れを変えたいFC東京は66分、先制ゴールの永井に代えて久保を投入。トップチームデビューを果たす。札幌はなかなかチャンスを作ることができず、防戦一方の展開に。77分に迎えた決定機も、上原がシュートを打てず、のがしてしまう。 ▽すると86分、ドリブルを仕掛けた久保が倒されボックス手前でFKを獲得。これを、久保が左足で直接狙うも、シュートは枠を外してしまう。 ▽結局その後もFC東京が主導権を握り試合終了。1-0でFC東京が勝利した。札幌は攻撃が全く機能せず、シュート0本という不名誉な結果に終わった。 2017.05.03 17:16 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース