超ワールドサッカー

アヤックスが主将MFクラーセンの2発で内田欠場シャルケに先勝!《EL》2017.04.14 06:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽13日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのアヤックスvsシャルケがアムステルダム・アレナで行われ、2-0でアヤックスが先勝した。シャルケのDF内田篤人はケガのためベンチ入りしなかった。

▽ラウンド16でコペンハーゲン(デンマーク)に2戦合計3-2で逆転勝利したアヤックスは、その後のリーグ戦でも3勝1分けと好調を維持。直近のNEC戦では、トラオレの2発など大量5ゴールを奪い快勝した。そのアヤックスは、NEC戦からスタメンを3人変更。出場停止のシェーネやネレス、デ・リフトに代えてクライファート、ファン・デ・ビーク、シンクフラーフェンをスタメンで起用した。

▽一方、ボルシアMGとの同国対決となったラウンド16を2戦合計3-3という僅差の末にアウェイゴールの差で制したシャルケは、直近のヴォルフスブルク戦も4-1と快勝。シャルケはその試合から、チュポ=モティングに代えてシェプフをスタメンに復帰させた。古巣対戦となるフンテラールはベンチスタートとなった。

▽試合は立ち上がりからホームのアヤックスが優位にゲームを進める。すると5分、セットプレーからフィールヘーフェルがファーストシュートを放つ。さらに12分には、ユーネスのスルーパスで左サイドを突破したクラーセンがクロスを供給。カリジウリのクリアボールをペナルティアーク手前のファン・デ・ビークがダイレクトボレーでゴールを狙ったが、これはGKフェールマンの好セーブに阻まれた。

▽一進一退の攻防を続ける両チームだったが23分、ホームのアヤックスがスコアを動かす。左サイドからドリブルで仕掛けたユーネスがボックス左でシェプフに倒されPKを獲得。これをクラーセンがゴール右に突き刺し、先制に成功した。

▽なかなか決定機の作れないシャルケは44分、最終ラインからのロングフィードが相手DFのクリアミスを誘うと、ボックス左のカリジウリがジャンピングボレーを狙うもキックミス。しかし、このこぼれ球をに反応したヘヴェデスがオーバーヘッドで狙ったが、これはGKオナナに防がれた。

▽迎えた後半、リードするアヤックスはシンクフラーフェンを下げて、デ・リフトを投入した。そのアヤックスは53分、トラオレのパスを右サイドで受けたクライファートがドリブルで仕掛けると、ボックス右からクロス。これを中央でフリーのクラーセンがダイレクトでゴール右に流し込んだ。

▽リードを広げられたシャルケは71分、シェプフを下げてフンテラールを投入。すると、直後のプレーでボックス右のカリジウリに決定機が生まれたが、これはGKオナナのセーブに阻まれる。

▽リードするアヤックスは77分、左CKのセカンドボールをボックス中央右で拾ったファン・デ・ビークがシュート。これはGKフェールマンがわずかに触りクロスバーを直撃。さらに79分にも、左CKからフィールヘーフェルがヘディングシュートを放ったが、これはGKフェールマンの正面を突いてしまう。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。クラーセンの2ゴールにより、ホームのアヤックスが先勝した。

コメント

関連ニュース

thumb

マンチェスターの夜、平和を祈るベッカム

▽ヨーロッパリーグ(EL)の決勝後、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏は、先日のマンチェスターのテロでの被害者や遺族の方へのメッセージを送った。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽ユナイテッドがアヤックスに勝利し、ELで優勝した24日。マンチェスターでの凄惨なテロのあった日から、2日間しか経っていなかった。延期という案もあった試合だが、マンチェスターの警察は“心を打つ”試合を行うことが正しいと信じて、決行を後押しした。 ▽試合後、ベッカムは、優勝の喜びよりも重要なことを伝えたかったようだ。自身の『インスタグラム』で、イギリス国旗にユナイテッドのロゴを重ねた写真を投稿し、以下のように記した。 「今夜は、スポーツを越えて、重要な日だった。ユナイテッドのファンにとっても大切な夜だったが、我々の国、都市にとっては、より重要な意味を持つ」 「最愛の人々を失った隣人が深く悲しんでいる時、困難な時を過ごす中でも、スポーツは我々にささやかな幸せをもたらしてくれる」 「我々は常に平和を祈っている」 2017.05.25 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックス主将、「長いボール蹴って、ラッキーな2点が入っただけ」とEL制覇のユナイテッドに苦言

アヤックスのキャプテン、デイヴィ・クラーセンは、ヨーロッパリーグ(EL)決勝戦の後、マンチェスター・ユナイテッドは自陣に引いて、ロングボールばかり放り込んできたと『RTL 7』で敗戦の理由を語っている。<br><br>24日にストックホルムで行われたEL決勝で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦したアヤックスは、ポール・ポグバとヘンリク・ムヒタリアンに得点を許し、0-2で敗れている。アヤックスはボール支配率を69%としながらも、枠内シュートは3本にとどまり、準決勝のリヨン戦や準々決勝のシャルケ戦のように得点を奪うことはできなかった。<br><br>この敗戦を受け、クラーセンは「確かに僕たちは十分ではなかった。あのようなチームを相手に戦うことは非常に難しい。彼らは僕たちの出方をうかがって、長いボールを蹴っていただけだ。そして彼らは幸運な2ゴールを奪った」と、フラストレーションの溜まる試合展開であったことを認めている。<br><br>続けて「試合の入り方が良くなかった。15分から20分ぐらいたってからポゼッションを高められた。しかし彼らは待っていただけで、2ゴールともラッキーなものだった。彼らにはチャンスらしいチャンスはなかったと思う。いつものプレーを心掛けたが、勝つためには不十分だった。この舞台で何をすべきか彼らは熟知していた。試合に勝てなかったことは非常に受け入れがたいものだ」と、ELのタイトルを逃した悔しさを滲ませていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.25 09:40 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:アヤックス 0-2 マンチェスター・ユナイテッド《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、アヤックスvsマンチェスター・ユナイテッドが24日にストックホルムのフレンズ・アレーナで開催され、ユナイテッドが2-0で勝利した。この結果、ユナイテッドの大会初優勝及び、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アヤックス採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170525_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 24 オナナ 5.5 失点はノーチャンス。ただ、飛び出しの判断やコーチングの部分で甘さも見えた DF 3 フェルトマン 5.5 中央に絞っての空中戦など、守備では堅実さを見せたが、ビルドアップの場面で貢献したかった 5 D・サンチェス 6.0 自身に当たったボールが失点となったが、出足鋭い対応や強靭なフィジカルで守備を締める 36 デ・リフト 5.5 17歳とは思えない落ち着きをみせ、ビルドアップの場面で積極的な持ち出しから変化を加えようとしていた 4 リードウォルド 5.0 自陣でのスローインをカットされて失点の一因に。幾つか際どいクロスは見せた (→F・デ・ヨング -) MF 10 クラーセン 5.0 ポグバとのマッチアップで完敗…フィジカル能力の差を埋める工夫がほしかった 20 シェーネ 4.5 フェライーニのマンマークに苦しみ、求められたパス回しの起点になれず (→ファン・デ・ビーク 5.0) 無難にパスを捌くも、仕掛けのパスが出せなかった 22 ジイェフ 5.5 エレーラとのマッチアップで幾つか局面を打開するプレーを見せた FW 9 トラオレ 6.0 相手のマンマーク戦術にチームが苦しんだ中、積極的な仕掛けで貴重な攻め手となった 25 ドルベア 4.0 パスコースを限定されたうえ、相手2センターバックの徹底監視に遭い、試合から完全に消された。サイドに流れるなど、臨機応変なプレーが必要だった (→ネレス 5.5) 期待された局面を打開するプレーはほとんどなかった 11 ユーネス 5.0 バレンシアのソリッドな対応に苦しみ、持ち味の突破力は影を潜めた 監督 ボス 5.0 個の力の差を見せ付けられ、完敗。惜しむらくは硬かった試合の入りと、セットプレーから喫した2失点目 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170525_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 20 ロメロ 5.5 難しい枠内シュートは少なかった。冷静に味方を動かした DF 25 バレンシア 6.5 ユーネスを完封し、要所で良い攻撃参加を披露 12 スモーリング 6.5 2点目をアシスト。ブリントとうまくコミュニケーションを取り、ドルベアに仕事をさせず 17 ブリント 6.5 気の利いた対応を随所にみせ、古巣の可愛い後輩の前に立ちはだかった 36 ダルミアン 6.0 トラオレの対応に手を焼くが、最後の場面で集中した対応を続けた MF 8 マタ 6.5 ムヒタリャンと共に守備の局面ではフリーマンとして味方をサポートし、攻撃でもきっちりチャンスに絡んだ (→ルーニー -) 21 エレーラ 6.5 ジイェフをマンマークで抑え込み、繋ぎの場面でも正確だった 27 フェライーニ 7.0 攻守に躍動。守備では屈強なフィジカルで相手の起点を潰し、攻撃では空中戦の強さとシンプルな繋ぎで1アシストも記録 6 ポグバ 6.5 やや幸運な形だったが、値千金の先制点を奪取。攻守にダイナミズムを発揮 22 ムヒタリャン 6.5 アクロバティックなフィニッシュで1ゴール。守備ではファウルを辞さない泥臭い対応でチームを助けた (→リンガード 5.5) 3点目のチャンスを逸したが、守備で貢献 FW 19 ラッシュフォード 5.5 前線で相手センターバックにプレッシャーをかけつつ、愚直にカウンターチャンスを狙った (→マルシャル -) 監督 モウリーニョ 6.5 持ち味の組織的な守備で完全に相手のストロングを消し去り完勝。自身2度目のEL制覇で最低限のノルマである来季CL出場権を獲得 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フェライーニ(マンチェスター・ユナイテッド) ▽指揮官のプランを完璧に遂行したチームの勝利だったが、攻守に抜群の存在感を放った偉丈夫をMOMに選出。今季批判を浴びることが多かった中、最後に値千金の仕事ぶりを見せた。 アヤックス 0-2 マンチェスター・ユナイテッド 【マンチェスター・ユナイテッド】 ポグバ(前18) ムヒタリャン(後3) 2017.05.25 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ヤング・アヤックスに完勝のユナイテッドがEL初制覇! 来季CLストレートインを勝ち取る!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、アヤックスvsマンチェスター・ユナイテッドが24日にストックホルムのフレンズ・アレーナで開催され、ユナイテッドが2-0で勝利した。この結果、ユナイテッドの大会初優勝及び、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。 ▽UEFAカップ時代の1992年以来、2度目のEL制覇を目指すアヤックスは、準決勝でリヨンを2戦合計5-4で破り、25年ぶりの決勝進出を果たした。国内リーグでは、14日に行われたエールディビジ最終節のウィレムⅡ戦に勝利も、勝ち点1差の首位フェイエノールトにあと一歩及ばず、3年ぶりのリーグ制覇を逃した。それでも、今回の決勝を前に10日の準備期間を得たチームは、出場停止のフィルヘーフェルの代役にリードウォルドを左サイドバックに起用した以外、ベストメンバーを揃えてきた。 ▽一方、数々の栄光に彩られながらも唯一手にしていない欧州タイトル獲得を目指すユナイテッドは、準決勝でセルタを2戦合計2-1で破り、初の決勝進出を果たした。今季のプレミアリーグを最終的に6位で終え、2年連続のトップ4フィニッシュに失敗したモウリーニョ監督率いるチームは、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて勝利が絶対条件となる中、直近のクリスタル・パレス戦で温存した主力を揃って先発に復帰させ、出場停止のバイリーの代役にはスモーリングを起用。また、GKにはデ・ヘアではなくロメロが起用された。 ▽試合前、22日にマンチェスターで起きた自爆テロ事件の犠牲者への黙祷が捧げられた中、スタートした今シーズンのELファイナル。開始直後にボックス手前でルーズボールに反応したポグバが際どいボレーシュートを放つなど、地力に勝るユナイテッドが優勢な入りを見せる。 ▽中盤の3選手、両サイドバックがマンマークで相手を掴み、最前線のドルベアを2センターバックで見る形でアヤックスのパスワークを完全に封じたユナイテッドは、10分にボックス左ライン際でボールを受けたマタの高速クロスにフェライーニが飛び込む決定機を作るなど、試合をコントロール。すると18分、相手陣内右サイドでアヤックスのスローインを奪ってフェライーニがボックス手前中央のポグバに横パスを送ると、ポグバの左足のシュートがゴール前のDFデビンソン・サンチェスに当たって大きくコースが変わり、GKオナナの逆を突く形でゴール中央に決まった。 ▽決勝戦の重圧からか、硬さが目立つ中で先制を許したアヤックスは、その後も相手の老獪な守備に苦戦し、なかなか攻撃の形を作れない。とりわけ、中央で強靭なフィジカルを発揮するポグバとフェライーニ相手に一対一のデュエルでことごとく敗れ、良い形で前線にボールを運べない。 ▽それでも、前半半ばから終盤にかけては硬さが取れて攻守に躍動感が戻ってきたアヤックスが、トラオレの個人技や相手のマンマークを外すポジションチェンジなどで、高い位置でのプレーを増やしていく。この流れの中でトラオレがゴール前に持ち込むプレーを見せるが、最後の場面で集中した守備を見せる相手の堅守を崩し切れない。結局、攻守両面で経験値の差を見せ付けたユナイテッドが1点リードで試合を折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ユナイテッドが得意のセットプレーからいきなり追加点を奪う。48分、右CKの場面でブリントが入れたクロスを中央で競り勝ったスモーリングのヘディングがDFに当たってゴール前にこぼれると、これをムヒタリャンが倒れ込みながらのアクロバティックな右足シュートで流し込んだ。 ▽最高の時間帯に先制点を奪ったユナイテッドは、ここから重心をより後方に下げて相手にボールを持たせながらゲームをコントロールする。自陣内に進入を許すものの、コンパクトな守備ブロックで中央への仕掛けを許さず、相手の攻撃を可能性が低いミドルシュートで終わらせる見事な守備を見せる。 ▽一方、流れを変えたいボス監督は、70分までに精彩を欠いたドルベアやシェーネを下げて、ネレス、ファン・デ・ビーク。82分にはDFを1枚削り、中盤のフランキー・デ・ヨングをピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。 ▽完璧な試合運びで巧みに時間を進めるユナイテッドは、75分を過ぎてリンガード、マルシャル、ルーニーを次々に投入して試合を締めにかかる。84分には完璧なロングカウンターから相手陣内を独走したリンガードに3点目のチャンスも、ここは必死の戻りを見せたDFサンチェスに阻まれた。それでも、最後まで気を緩めずに相手の反撃を凌ぎ切ったユナイテッドが、ヤングアヤックスに格の違いを見せつける快勝でクラブ史上初のEL制覇を成し遂げた。なお、この優勝によってユナイテッドは、来季のCLストレートインを決めた。 2017.05.25 05:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ヨーロッパリーグ決勝戦を制すのは?アヤックスのボス監督は経験の差を警戒

24日、ストックホルムのフレンズ・アレナでヨーロッパリーグ決勝戦が行われ、アヤックスとマンチェスター・ユナイテッドが対戦する。ELの頂点に輝き、来季チャンピオンズリーグ出場権を獲得するのはどちらのクラブになるのだろうか。<br><br>アヤックスのペーター・ボス監督は試合前記者会見で「緊張していない選手がいたら、医者のところに行かせるよ。彼らにとっては初めての決勝。緊張するのはごく自然なことだ。監督としては緊張をほぐしてやる必要がある。自分たちのサッカーができればマンチェスター・ユナイテッドを倒すことも不可能ではない。(うちの選手たちが)若いことはわかっているので、うまく準備してやらなければならない。これは監督にとって興味深い仕事だよ」と、経験の差をフォローできるかどうかが勝負の鍵と語った。<br><br>一方のユナイテッドはマンチェスターで起きたテロ事件を受けて会見をキャンセル。クラブはモウリーニョ監督による以下のようなコメントを発表している。<br><br>「昨夜の悲劇にみな心を痛めている。被害に遭われた方々のご遺族のことが頭と心から離れない。我々にはやるべき仕事がある。それを完遂するために我々はスウェーデンへと向かう。いつもの遠征の時のように、満たされた気分で旅立つことができないのは残念なことだ。マンチェスターに来てそう長くはない自分でもわかる。マンチェスターの人々は、一致団結して立ち向かう」<br><br>アヤックスが勝てば22年ぶりとなる欧州カップ戦での戴冠となり、マンチェスター・Uが勝利を収めればクラブに欠けている唯一のタイトルを手に入れることになる。<br><br>提供:goal.com 2017.05.24 18:50 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース