超ワールドサッカー

アヤックスが主将MFクラーセンの2発で内田欠場シャルケに先勝!《EL》2017.04.14 06:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽13日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのアヤックスvsシャルケがアムステルダム・アレナで行われ、2-0でアヤックスが先勝した。シャルケのDF内田篤人はケガのためベンチ入りしなかった。

▽ラウンド16でコペンハーゲン(デンマーク)に2戦合計3-2で逆転勝利したアヤックスは、その後のリーグ戦でも3勝1分けと好調を維持。直近のNEC戦では、トラオレの2発など大量5ゴールを奪い快勝した。そのアヤックスは、NEC戦からスタメンを3人変更。出場停止のシェーネやネレス、デ・リフトに代えてクライファート、ファン・デ・ビーク、シンクフラーフェンをスタメンで起用した。

▽一方、ボルシアMGとの同国対決となったラウンド16を2戦合計3-3という僅差の末にアウェイゴールの差で制したシャルケは、直近のヴォルフスブルク戦も4-1と快勝。シャルケはその試合から、チュポ=モティングに代えてシェプフをスタメンに復帰させた。古巣対戦となるフンテラールはベンチスタートとなった。

▽試合は立ち上がりからホームのアヤックスが優位にゲームを進める。すると5分、セットプレーからフィールヘーフェルがファーストシュートを放つ。さらに12分には、ユーネスのスルーパスで左サイドを突破したクラーセンがクロスを供給。カリジウリのクリアボールをペナルティアーク手前のファン・デ・ビークがダイレクトボレーでゴールを狙ったが、これはGKフェールマンの好セーブに阻まれた。

▽一進一退の攻防を続ける両チームだったが23分、ホームのアヤックスがスコアを動かす。左サイドからドリブルで仕掛けたユーネスがボックス左でシェプフに倒されPKを獲得。これをクラーセンがゴール右に突き刺し、先制に成功した。

▽なかなか決定機の作れないシャルケは44分、最終ラインからのロングフィードが相手DFのクリアミスを誘うと、ボックス左のカリジウリがジャンピングボレーを狙うもキックミス。しかし、このこぼれ球をに反応したヘヴェデスがオーバーヘッドで狙ったが、これはGKオナナに防がれた。

▽迎えた後半、リードするアヤックスはシンクフラーフェンを下げて、デ・リフトを投入した。そのアヤックスは53分、トラオレのパスを右サイドで受けたクライファートがドリブルで仕掛けると、ボックス右からクロス。これを中央でフリーのクラーセンがダイレクトでゴール右に流し込んだ。

▽リードを広げられたシャルケは71分、シェプフを下げてフンテラールを投入。すると、直後のプレーでボックス右のカリジウリに決定機が生まれたが、これはGKオナナのセーブに阻まれる。

▽リードするアヤックスは77分、左CKのセカンドボールをボックス中央右で拾ったファン・デ・ビークがシュート。これはGKフェールマンがわずかに触りクロスバーを直撃。さらに79分にも、左CKからフィールヘーフェルがヘディングシュートを放ったが、これはGKフェールマンの正面を突いてしまう。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。クラーセンの2ゴールにより、ホームのアヤックスが先勝した。

コメント

関連ニュース

thumb

元オランダ代表DFヘイティンガ氏がアヤックスU-19の監督に就任

▽アヤックスは17日、元オランダ代表DFヨン・ヘイティンガ氏(33)がアヤックスU-19の監督に就任したことを発表した。 ▽現役時代にセンターバックを主戦場にボランチやサイドバックで活躍したヘイティンガ氏。アヤックス下部組織出身の同氏は、2001年にトップチームデビューを飾ると、エールディビジを2度、KNVBカップを3度、ヨハン・クライフ・シャーレで4度のタイトルを獲得。 ▽その後、アトレティコ・マドリーやエバートン、フルアム、ヘルタ・ベルリンでのプレーを経て、2015年の夏にアヤックスに復帰。しかし、負傷の影響などでパフォーマンスの低下とともに先発の機会が減少。2016年2月に現役引退を発表した。 ▽引退後は、フランク・ペールボーム氏と共にアヤックスユースのコーチを務めていた。 2017.06.18 03:12 Sun
twitterfacebook
thumb

アヤックス、リザーブチームを率いていたカイザー監督を新指揮官に任命

▽アヤックスは17日、リザーブチームを指揮していたマルセル・カイザー監督(48)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年間となっている。 ▽アヤックスではヨーロッパリーグ準優勝に導いたピーター・ボス前監督がドルトムントに引き抜かれ、新指揮官を探していた。 ▽カイザー監督は2016年夏にアヤックスのリザーブチームの指揮官に就任。それ以前は現役時代を過ごしたカンブールなどで指揮を執っていた。 2017.06.18 00:27 Sun
twitterfacebook
thumb

積極補強のエバートン、GKピックフォードに続きアヤックスのキャプテン・クラーセンを獲得!!

▽エバートンは15日、アヤックスのオランダ代表MFダビ・クラーセン(24)を獲得したと発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によると契約期間は5年で移籍金は2360万ポンド(約33億3700万円)のようだ。 ▽2011年にアヤックスでプロデビューを果たしたクラーセンは、3年目となった2013-14シーズンから徐々に出場機会を得てリーグ戦では26試合10ゴールをマーク。以降はチームの主力としてプレーし、今シーズンはリーグ戦33試合でキャリアハイとなる14ゴールをマークした。アヤックスに在籍した6シーズンでは公式戦180試合55ゴールを記録している。 ▽また、各年代別のオランダ代表としても活躍しており、2014年3月に行われたフランス代表との国際親善試合でフル代表デビューを果たしている。 ▽エバートン加入が決定したクラーセンは、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「すでにトレーニング場を見学したよ。いろいろな人とも話したけれど、今は移籍が決まって気分が良いね。クーマンとも数週間前に話している。僕は実際にクラブを訪れて、移籍を決めたかった。初めてここに来た時から本当に素晴らしい環境だと思っている。まさにビッグクラブだ」 「そして監督と話した時に、期待されていると感じた。彼は正直な人間で、彼のプランを話してくれた。とても興奮できるものだったよ。アヤックスを離れることは悲しいけれど、適切なタイミングでの移籍だったと思う。この挑戦を楽しみにしているよ」 2017.06.16 08:49 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンが27億円でアヤックスMFクラーセン獲得に迫る? 早ければ10日以内に交渉成立か

▽エバートンは、アヤックスに所属するオランダ代表MFダビ・クラーセン(24)の10日以内での獲得を目指しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽アヤックスの下部組織出身のクラーセンは今シーズン、リーグ戦で33試合に出場し、14ゴール10アシストをマーク。フェイエノールトに勝ち点1差で優勝を譲ったものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内である2位の確保を支えた。また、ヨーロッパリーグ(EL)でも13試合で2ゴール2アシストを記録し、チームの25年ぶりとなる決勝進出に貢献した。 ▽伝えられるところによると、そんなクラーセンに対して、エバートンを率いるロナルド・クーマン監督が獲得を熱望しており、獲得リストの優先事項として急ピッチで交渉を進めているようだ。また、エバートンは現在、移籍金2000万ポンド(約27億8000万円)のオファーを提示し、これが合意に迫っているようで、10日以内での交渉成立を目指していることも併せて伝えている。 ▽クラーセンを視察したクーマン監督は「激しさが求められるイングランドでは、多くのテクニカルな選手やスキルフルな選手が苦労をする」とプレミアリーグの難しさを語りつつも、「クラーセンはとても進歩していた」と評価している。 ▽また、『デイリー・ミラー』は、今回の移籍がイングランド代表MFロス・バークリー(23)の去就に影響を与えると主張。同選手は残り1年となった契約の更新に合意しておらず、クーマン監督は「8月まで待つことはできない」と語るなど、去就の決定を急がせていた。同メディアは、仮にクラーセンがエバートンに加入した際、バークリーの残留は不確かになるとの見解を示している。 2017.06.13 15:23 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ドルトムント指揮官就任のボス監督の後任にレディングのスタム監督を招へいか?

▽今シーズンのヨーロッパリーグで準優勝を果たしたアヤックスは、ドルトムントの指揮官に就任したピーター・ボス監督の後任にレディングのヤープ・スタム監督を招へいする考えがあるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ドルトムントは、トーマス・トゥヘル監督を解任し、6日にボス監督の招へいを発表した。これにより指揮官を失うこととなったアヤックスは、後任監督探しに動いている。 ▽スタム監督は、レディングを率いてチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦い、プレミアリーグ昇格プレーオフ決勝に進出。しかし、ハダース・フィールドとの一戦はPK戦までもつれ込んだものの、敗戦を喫しプレミアリーグ昇格を逃していた。 ▽かつてオランダ代表でともに戦ったエドウィン・ファン・デル・サールCEO(最高経営責任者)が監督人事に関わっているといい、スタム氏の他、元レバークーゼン指揮官のロジャー・シュミット氏、アヤックスでもプレー経験がありミランでも指揮を執ったクラレンス・セードルフ氏、そして現在ユースで指揮を執っているマルセル・カイザー監督も候補に挙がっているようだ。 2017.06.07 17:55 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース