アヤックスが主将MFクラーセンの2発で内田欠場シャルケに先勝!《EL》2017.04.14 06:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽13日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのアヤックスvsシャルケがアムステルダム・アレナで行われ、2-0でアヤックスが先勝した。シャルケのDF内田篤人はケガのためベンチ入りしなかった。

▽ラウンド16でコペンハーゲン(デンマーク)に2戦合計3-2で逆転勝利したアヤックスは、その後のリーグ戦でも3勝1分けと好調を維持。直近のNEC戦では、トラオレの2発など大量5ゴールを奪い快勝した。そのアヤックスは、NEC戦からスタメンを3人変更。出場停止のシェーネやネレス、デ・リフトに代えてクライファート、ファン・デ・ビーク、シンクフラーフェンをスタメンで起用した。

▽一方、ボルシアMGとの同国対決となったラウンド16を2戦合計3-3という僅差の末にアウェイゴールの差で制したシャルケは、直近のヴォルフスブルク戦も4-1と快勝。シャルケはその試合から、チュポ=モティングに代えてシェプフをスタメンに復帰させた。古巣対戦となるフンテラールはベンチスタートとなった。

▽試合は立ち上がりからホームのアヤックスが優位にゲームを進める。すると5分、セットプレーからフィールヘーフェルがファーストシュートを放つ。さらに12分には、ユーネスのスルーパスで左サイドを突破したクラーセンがクロスを供給。カリジウリのクリアボールをペナルティアーク手前のファン・デ・ビークがダイレクトボレーでゴールを狙ったが、これはGKフェールマンの好セーブに阻まれた。

▽一進一退の攻防を続ける両チームだったが23分、ホームのアヤックスがスコアを動かす。左サイドからドリブルで仕掛けたユーネスがボックス左でシェプフに倒されPKを獲得。これをクラーセンがゴール右に突き刺し、先制に成功した。

▽なかなか決定機の作れないシャルケは44分、最終ラインからのロングフィードが相手DFのクリアミスを誘うと、ボックス左のカリジウリがジャンピングボレーを狙うもキックミス。しかし、このこぼれ球をに反応したヘヴェデスがオーバーヘッドで狙ったが、これはGKオナナに防がれた。

▽迎えた後半、リードするアヤックスはシンクフラーフェンを下げて、デ・リフトを投入した。そのアヤックスは53分、トラオレのパスを右サイドで受けたクライファートがドリブルで仕掛けると、ボックス右からクロス。これを中央でフリーのクラーセンがダイレクトでゴール右に流し込んだ。

▽リードを広げられたシャルケは71分、シェプフを下げてフンテラールを投入。すると、直後のプレーでボックス右のカリジウリに決定機が生まれたが、これはGKオナナのセーブに阻まれる。

▽リードするアヤックスは77分、左CKのセカンドボールをボックス中央右で拾ったファン・デ・ビークがシュート。これはGKフェールマンがわずかに触りクロスバーを直撃。さらに79分にも、左CKからフィールヘーフェルがヘディングシュートを放ったが、これはGKフェールマンの正面を突いてしまう。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。クラーセンの2ゴールにより、ホームのアヤックスが先勝した。

コメント

関連ニュース

thumb

オランダの至宝、クライファートJrのローマ移籍がついに決定!!

▽ローマは22日、アヤックスからオランダ代表FWユースティン・クライファート(19)を獲得したことを発表した。契約は2023年6月30日までの5年契約となる。 ▽バルセロナのレジェンドであるパトリック・クライファート氏を父に持つユースティン・クライファート。今シーズンの公式戦36試合で11ゴール5アシストを記録したが、5月にクラブとの軋轢が明らかとなり、数多くのクラブによる争奪戦の様相を呈していた。 ▽すでにローマ入りが報じられ、正式発表は間もなくとみられていたクライファートは、クラブの公式サイトで「素晴らしい気分だ」とコメント。以下のように続けている。 「僕は信じられないクラブにいる。スタートが待ち遠しいよ」 「僕にとってローマは偉大なクラブだ。彼らは僕をより成長させてくれるだろう。ここでベストを尽くしたい」 ▽ローマの発表によると、移籍金は1725万ユーロ(約22億円)に加え、最大で150万ユーロ(1億9000万円)のボーナスが付加されるという。また、ローマから移籍する際、移籍金2500万ユーロ(約32億円)以上であれば、そのうち10%(最大400万ユーロ)がアヤックスに支払われる契約となっているようだ。 2018.06.23 02:05 Sat
twitterfacebook
thumb

クライファートJrがローマ移籍へ…11日に現地入り、推定移籍金26億円

▽アヤックスに所属するオランダ代表FWジャスティン・クライファート(19)のローマ移籍が決定的になった。 ▽バルセロナのレジェンドであるパトリック・クライファート氏を父に持つジャスティン・クライファート。今シーズンの公式戦36試合で11ゴール5アシストを記録したが、5月にクラブとの軋轢が明らかとなり、数多くのクラブによる争奪戦の様相を呈していた。 ▽そうした中、ジャスティン・クライファートは11日、ローマに到着。『フットボール・イタリア』によれば、12日にもローマ入りに向け、メディカルチェックを受ける予定とみられる。 ▽なお、ローマとアヤックスは、移籍金1800万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額2000万ユーロ(約25億9000万円)で合意。選手とは年俸200万ユーロ(約2億5000万円)の5年契約が結ばれたという。 2018.06.12 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クライファート氏、息子のアヤックス退団を認める「残留したほうがいいと思うが…」

パトリック・クライファート氏は、息子であるアヤックスFWジャスティン・クライファートが移籍する可能性が高いことを『ESPN』に明かした。<br><br>J・クライファートは今季リーグ戦で10ゴール5アシストを記録。元オランダ代表ストライカー氏を父に持つ19歳の若きオランダ代表FWには多くのビッグクラブが興味を示していると言われている。<br><br>移籍金1800万ユーロ(約23億円)でのローマ移籍が合意間近との報道もある中、父であるP・クライファート氏が息子のアヤックス退団は決定的であると語った。<br><br>「個人的にはもう1年アヤックスに残ったほうがいいと思うと彼には伝えたよ。19歳とまだ若いが、自分で決断する権利がある。父親としては彼の決断を尊重しなくてはいけない。アヤックスを去ることになりそうだ。90%の確率で移籍することになると思うよ」<br><br>しかしイタリアのACミランでプレー経験があるP・クライファート氏は、息子が海外でプレーすることに不安があるようだ。<br><br>「彼が退団した方いいと思ったのなら、そうするしかないさ。しかし、将来何が待ち受けているのかを知る必要があるんだ。19歳で外国に行くというのは難しいことさ。簡単ではないよ。慎重にクラブを選んで、将来についてしっかり話し合う必要がある」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.11 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、アヤックス逸材DFデ・リフト獲得に70億のオファー準備! D・サンチェスと再タッグへ?

▽トッテナムがアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(18)獲得に向けて5500万ユーロ(約70億8000万円)のオファーを準備しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 ▽トッテナムでは契約延長交渉が停滞しているベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)に今夏の退団の可能性が伝えられており、仮に同選手が移籍する場合、後釜の確保が急務となる。 ▽そして、同クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督はアルデルヴァイレルトの後釜としてアヤックスの逸材獲得を希望しているようだ。 ▽『Tuttomercatoweb』が伝えるところによれば、トッテナムはデ・リフト獲得に向けて昨夏アヤックスからコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを獲得する際に支払った、クラブ史上最高額の3660万ポンド(約54億円)を大きく上回る、5500万ユーロのオファーを用意しているという。 ▽なお、デ・リフトに関してはユベントスやバイエルン、マンチェスター・シティ、バルセロナと錚々たるビッグクラブが獲得に関心を示しているが、ここまでは具体的な動きを見せていない。 ▽2016年に17歳でアヤックスのトップチームデビューを飾ったデ・リフトは、187cmの恵まれたサイズに加え、スピードにも優れた万能型のセンターバック。加えて、足下の技術や積極的な持ち上がりなど、攻撃面の貢献も著しい逸材。今季はリーグ戦33試合に出場し3ゴール2アシストの数字を残していた。 2018.06.06 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがエールディビジ最高の魔術師ジイェフ獲得に迫る! アヤックスからクライファートJr.とのダブル獲りか

▽ローマがアヤックスのモロッコ代表MFハキム・ジイェフ(25)の獲得に迫っているようだ。オランダ『テレグラフ』が伝えている。 ▽モロッコ人両親の下、オランダで生まれ育ったジイェフは、2012年にヘーレンフェーンでトップチームデビュー。その後、トゥベンテで完全覚醒したモロッコ代表MFは、2016年にアヤックスに完全移籍で加入した。 ▽卓越した左足のテクニックと創造性を武器に、“エールディビジ最高のテクニシャン”と評されるジイェフは、今シーズンのリーグ戦全試合に出場し9ゴール17アシストを記録した。また、2015年にデビューしたモロッコ代表では15試合で8ゴールを記録しており、ロシア・ワールドカップの登録メンバー入りも果たしている。 ▽『テレグラフ』が伝えるところによれば、昨夏獲得に動いたレスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズと酷似したプレースタイルを持つジイェフの大ファンであるローマのモンチSD(スポーツ・ディレクター)は、同選手の代理人との交渉の中で5年契約での大筋合意を取り付けたようだ。 ▽さらに、クラブ間の交渉では3000万ユーロ(約38億4000万円)ほどの金額での交渉成立を目指しているようだ。 ▽なお、ローマとアヤックスの間ではオランダ代表FWユースティン・クライファート(20)の交渉も進んでおり、先日には個人間での合意も報じられた。現在はクラブ間合意に向けて2500万ユーロ(約32億円)程度のオファーを準備しているようだ。 2018.06.04 18:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース