【セリエA第32節プレビュー】EL出場権を争うミラノ・ダービー2017.04.14 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントス、2位ローマが順当に勝利し、6ポイント差で維持された。そしてチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ナポリが4位ラツィオに完勝し、7ポイント差に広げている。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を争うミラノ勢ではインテルが2連敗となった一方、ミランが勝利したことで順位が入れ替わっている。迎える第32節ではそのインテルとミランによるミラノ・ダービーが土曜日のランチタイムにキックオフされる。

▽前節クロトーネ戦では降格圏に沈むクラブを相手に試合の入りを失敗して1-2と敗れ、2連敗となって7位に後退したインテル(勝ち点55)。コッパ・イタリア決勝に残っているのが首位ユベントスと4位ラツィオであることから6位にもEL出場権が与えられる可能性が高い状況だが、インテルとしては最低限6位以内でのフィニッシュを目指したいところ。ここに来て攻守のバランスが崩れてきているが、ダービーで立て直しを図れるか。

▽一方、前節パレルモ戦をスソの1ゴール1アシストの活躍もあって4-0と快勝したミラン(勝ち点57)は、6位に浮上。前節ゴールを決めたパシャリッチが出場停止となる点はやや痛いが、スソ、バッカ、デウロフェウの3トップの破壊力はパレルモ戦を見る限りリーグ屈指。先手を取ってカウンターを狙える展開に持ち込みたい。

▽首位ユベントス(勝ち点77)は最下位ペスカーラ(勝ち点14)とのアウェイ戦に臨む。前節キエーボ戦をイグアインのドッピエッタで勝利したユベントスは火曜日に行われたCLバルセロナ戦ではディバラのドッピエッタなどで3-0と快勝。好調を維持するチームはボヌッチが出場停止となり、翌水曜日にバルセロナとの2ndレグを控える中、ここ2試合引き分けているものの残留が絶望的なペスカーラを順当に下せるか。

▽2位ローマ(勝ち点71)は5位アタランタ(勝ち点59)との上位対決に臨む。前節ボローニャ戦をゼコの4試合連続ゴールなどで4連勝としたローマは、今季の1stマッチで1-2と敗れている相手にリベンジし、ユベントス追走といきたい。攻撃の核であるアレハンドロ・ゴメスの出場停止は、ローマにとって追い風となりそうだ。

▽その他、3位を堅守したナポリ(勝ち点67)は、ここ5試合負けのない11位ウディネーゼ(勝ち点40)に対しベストメンバーで撃破にかかり、CLが遠のいた4位ラツィオ(勝ち点60)は、4連敗中の16位ジェノア(勝ち点29)とのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。

◆セリエA第32節
▽4/15(土)
《19:30》
インテル vs ミラン
《22:00》
ローマ vs アタランタ
ペスカーラ vs ユベントス
パレルモ vs ボローニャ
トリノ vs クロトーネ
フィオレンティーナ vs エンポリ
カリアリ vs キエーボ
ジェノア vs ラツィオ
《25:00》
サッスオーロ vs サンプドリア
《27:45》
ナポリ vs ウディネーゼ

コメント

関連ニュース

thumb

ジェノア戦で愚行のボヌッチ、古巣ユベントス戦を含む2試合の出場停止処分が決定!

▽セリエAを管轄するレガ・セリエAは23日、ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチに対し、セリエA2試合の出場停止処分を科した。レガ・セリエAの公式サイトで発表している。 ▽ボヌッチは、22日に行われたセリエA第9節のジェノア戦に先発出場したが25分、攻撃時のセットプレーで相手MFロージに対してヒジ打ちを見舞うと、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末に一発退場となった。 ▽レガ・セリエAは、今回の行為が反スポーツマン的行動として、同選手にリーグ戦2試合の出場停止処分を科した。 ▽今夏、4200万ユーロ(約56億円)の高額な移籍金でユベントスからミランへ電撃移籍を果たしたボヌッチは、選手登録が認められて以降の公式戦14試合全てに出場してきた。だが、ここまでは新主将に相応しくないイージーミスを連発するなど、その移籍金に見合った働きを見せられていない。 ▽また、今回の出場停止処分により、25日のキエーボ戦、28日にホームで行われる古巣ユベントスとの重要な2試合を欠場することになった。 2017.10.24 01:23 Tue
twitterfacebook
thumb

11位転落でモンテッラ解任の危機、ミラン後任候補はソウザやマッツァーリ

開幕から9試合を消化し、11位と低迷するミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラが解任の危機に瀕していると、イタリア紙『レプブリカ』が23日、伝えている。<br><br>4月にオーナーが交代したミランは今夏、2億ユーロ(約267億円)以上を投資し、ユベントスからイタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチを引き抜くなど大型補強を行った。数多くのトップ選手が加わったことで、ファンの期待は高まり、チケットもかつてないほどの爆発的な売れ行きだった。しかしセリエAでは9月24日のサンプドリア戦以来3連敗。結果が求められた22日のジェノア戦でも主将が一発退場となった挙句、スコアレスドローに終わった。2位につけるライバルのインテルとは対照的に、順位を11位まで落とし、目標とするチャンピオンズリーグ出場圏内は遠ざかるばかりとなった。<br><br>先週、ミランのマッシミリアーノ・ミラベッリSD(スポーツディレクター)は「偉大な監督、偉大な幹部でも1年では結果を得られないことがある。リーグ戦はあと30試合残っている」と述べ、指揮官の続投を示唆した。しかしジェノア戦で白星を取り逃したことで、モンテッラが解任まであと一歩に迫っていると報じられている。<br><br>後任候補としては、昨シーズンまで2年間、フィオレンティーナの指揮官を務めたパウロ・ソウザが挙げられている。すでにミラン幹部との接触もあったとの指摘もある。一方、『コリエレ・デロ・スポルト』は、過去にインテルやナポリを指揮したヴァルテル・マッツァーリの可能性を伝えている。そして 現実的には厳しい&ldquo;夢&rdquo;ではあるものの、ファンが最も歓迎する選択肢として、『Goal』の現地編集部は元バイエルン・ミュンヘンの指揮官カルロ・アンチェロッティの復帰を願った。<br><br>25日にはキエーボ、28日にはユベントスとの対戦が控えている。モンテッラにとって自身の進退を懸けた正念場となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

政治家転身のカラーゼ氏がトビリシ市の市長に当選!!

▽かつてミランで黄金時代を築いた元ジョージア代表DFカハ・カラーゼ氏(39)が、トビリシ市の市長選に当選した。イギリス『BBC』など複数のメディアが伝えている。 ▽1993-94シーズンにディナモ・トビリシでプロキャリアを歩み始めたカラーゼ氏は、1998-99シーズンにディナモ・キエフに加入。さらに2001年冬の移籍市場でミランに加入すると、10シーズンで公式戦284試合13ゴールをマークした。 ▽そのミランでは、DFパオロ・マルディーニ、DFアレッサンドロ・ネスタ、DFカフーらと共に強固なディフェンスラインを形成。2003-04シーズンにはセリエAを制し、2003年と2007年にはチャンピオンズリーグを制覇した。2010-11シーズンからはジェノアに移籍し2シーズンプレーした後に現役を退いている。 ▽2001年に実の弟が誘拐され殺害された事件を受けて、現役時代から母国の政治に関心を寄せていたカラーゼ氏。2012年に初の選挙で当選し、エネルギー相の大臣に就任していた。 ▽しかしカラーゼ氏は今年7月に議員を辞任。トビリシ市の市長選に立候補していた。『BBC』によると、同氏は今回の選挙で51%の投票率を達成し、選挙戦に勝利。市長に就任することが決定したという。 2017.10.23 08:17 Mon
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ愚行退場のミラン、連敗を3で止めるも不調のジェノアにゴールレスドロー《セリエA》

▽ミランは22日、セリエA第9節でジェノアをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節インテルとのミラノ・ダービーを2-3と惜敗して3連敗となった9位ミラン(勝ち点12)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のAEKアテネ戦を低調なゴールレスドローで終えた。そのAEKアテネ戦のスタメンから5選手を変更。アンドレ・シウバやクトローネ、ムサッキオらがベンチスタートとなり、カリニッチやケシエ、ビリアにボリーニら主力がスタメンに戻った。 ▽前節カリアリ戦で初勝利を挙げた17位ジェノア(勝ち点5)に対し、[3-4-2-1]で臨んだミランは1トップにカリニッチ、2シャドーにスソとチャルハノール、左センターバックにR・ロドリゲスを配した。 ▽1トップのガラビノフを除いて自陣に引くジェノアに対し、開始2分にカリニッチが際どいヘディングシュートを浴びせたミランが攻め込むと、6分にはボリーニがミドルシュートでゴールに迫るも、GKペリンの好守に阻止された。 ▽その後もハーフコートで試合を進めたミランだったが、シュートに持ち込めずにいると25分、主将の愚行によって数的不利となる。攻撃時のセットプレーでボヌッチがロージに対してヒジ打ちを見舞うと、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末に一発退場となった。 ▽この退場によってチャルハノールに代えてロマニョーリを投入したミランは、ボリーニを右サイドバックに配す[4-4-1]で対応。ジェノアの圧力を受けながらも引き続きボールを保持していたが、追加タイム1分にピンチ。ガラビノフの右クロスにターラブトが頭で合わせたシュートが枠に飛んだが、GKドンナルンマがファインセーブで凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、一進一退の攻防が続いた中、52分にジェノアが2枚替えを敢行。ガラビノフとロージに代えて、ラゾビッチと昨季ミランに所属していたラパドゥーラを投入した。すると56分、ジェノアに決定機。ボックス中央に侵入していたベルトラッチの下にボールがこぼれ、右足でシュート。しかし、わずかに枠の右上に外れた。 ▽続く60分にヴェローゾが可能性のあるミドルシュートを浴びせたジェノアに対し、65分にロングカウンターからケシエがシュートに持ち込んだミランだったが、終盤にかけては思うように攻撃を仕掛けられず苦しい展開に。 ▽結局、83分にスソの放ったミドルシュートはGKの正面を突いてゴールレスで終了。連敗を3で止めたものの、不調のチームを相手に勝ち点1を得るにとどまった。 2017.10.23 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

カカがミランに電撃復帰か

▽オーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)にミラン電撃復帰の可能性が急浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽サンパウロやミラン、レアル・マドリーで一時代を築いたカカは2015年、同年からメジャーリーグ・サッカー(MLS)に新規参入のオーランド・シティに移籍。主将としてだけでなく、シンボルプレーヤーとしても活躍してきたが、今月11日に今シーズン限りでの退団が発表された。 ▽そのカカを巡っては、自身の口から現役引退をほのめかすなど様々な憶測を呼んだが、そのほかにも母国ブラジルでのプレーや、キャリア最高の時期を過ごしたミラン復帰も選択肢に含んでいるという。 ▽カカは、2003〜2009年と2013〜2014年までミランでプレー。その間、2度のセリエA制覇やチャンピオンズリーグ優勝を経験したほか、個人としても2007年にバロンドールを受賞するなど、数々の栄光を手にしていた。 2017.10.20 16:30 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース