超ワールドサッカー

【セリエA第32節プレビュー】EL出場権を争うミラノ・ダービー2017.04.14 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントス、2位ローマが順当に勝利し、6ポイント差で維持された。そしてチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ナポリが4位ラツィオに完勝し、7ポイント差に広げている。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を争うミラノ勢ではインテルが2連敗となった一方、ミランが勝利したことで順位が入れ替わっている。迎える第32節ではそのインテルとミランによるミラノ・ダービーが土曜日のランチタイムにキックオフされる。

▽前節クロトーネ戦では降格圏に沈むクラブを相手に試合の入りを失敗して1-2と敗れ、2連敗となって7位に後退したインテル(勝ち点55)。コッパ・イタリア決勝に残っているのが首位ユベントスと4位ラツィオであることから6位にもEL出場権が与えられる可能性が高い状況だが、インテルとしては最低限6位以内でのフィニッシュを目指したいところ。ここに来て攻守のバランスが崩れてきているが、ダービーで立て直しを図れるか。

▽一方、前節パレルモ戦をスソの1ゴール1アシストの活躍もあって4-0と快勝したミラン(勝ち点57)は、6位に浮上。前節ゴールを決めたパシャリッチが出場停止となる点はやや痛いが、スソ、バッカ、デウロフェウの3トップの破壊力はパレルモ戦を見る限りリーグ屈指。先手を取ってカウンターを狙える展開に持ち込みたい。

▽首位ユベントス(勝ち点77)は最下位ペスカーラ(勝ち点14)とのアウェイ戦に臨む。前節キエーボ戦をイグアインのドッピエッタで勝利したユベントスは火曜日に行われたCLバルセロナ戦ではディバラのドッピエッタなどで3-0と快勝。好調を維持するチームはボヌッチが出場停止となり、翌水曜日にバルセロナとの2ndレグを控える中、ここ2試合引き分けているものの残留が絶望的なペスカーラを順当に下せるか。

▽2位ローマ(勝ち点71)は5位アタランタ(勝ち点59)との上位対決に臨む。前節ボローニャ戦をゼコの4試合連続ゴールなどで4連勝としたローマは、今季の1stマッチで1-2と敗れている相手にリベンジし、ユベントス追走といきたい。攻撃の核であるアレハンドロ・ゴメスの出場停止は、ローマにとって追い風となりそうだ。

▽その他、3位を堅守したナポリ(勝ち点67)は、ここ5試合負けのない11位ウディネーゼ(勝ち点40)に対しベストメンバーで撃破にかかり、CLが遠のいた4位ラツィオ(勝ち点60)は、4連敗中の16位ジェノア(勝ち点29)とのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。

◆セリエA第32節
▽4/15(土)
《19:30》
インテル vs ミラン
《22:00》
ローマ vs アタランタ
ペスカーラ vs ユベントス
パレルモ vs ボローニャ
トリノ vs クロトーネ
フィオレンティーナ vs エンポリ
カリアリ vs キエーボ
ジェノア vs ラツィオ
《25:00》
サッスオーロ vs サンプドリア
《27:45》
ナポリ vs ウディネーゼ

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、サンダーランドからボリーニ獲得へ

▽ミランが、サンダーランドからイタリア代表FWファビオ・ボリーニ(26)を獲得したようだ。29日にもメディカルチェックに臨む可能性があると、イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽チェルシーの下部組織出身のボリーニはパルマやローマ、リバプールなどを渡り歩き、2015年夏にサンダーランドに完全移籍。これまであまり印象的なシーズンを送ることができなかったものの、サンダーランドでは右ウイングをはじめ、前線の幅広いポジションでコンスタントに起用された。公式戦93試合に出場し、17ゴール6アシストをマークした。 ▽伝えられるところによると、ミランはボリーニを600万ユーロ(7億6000万円)程度の移籍金で獲得に迫っている模様。木曜日にもミラノに渡り、メディカルチェックを受ける予定のようだ。この移籍が実現すれば自身2度目となる母国での挑戦となる。戦い慣れた地でインパクトを残すことができるのだろうか。 2017.06.28 20:32 Wed
twitterfacebook
thumb

マルディーニのプロテニスデビュー戦はストレート負け…49歳のバースデー翌日に白星で祝えず

▽ミランのレジェンドであり、イタリア代表としても活躍したパオロ・マルディーニ氏(49)が、27日にプロテニスプレーヤーとしてデビューを飾った。イギリス『タイムズ』が伝えている。 ▽今月26日、49歳の誕生日を迎えたマルディーニ氏は、その翌日にミラノのアスプリア・テニスカップに出場した。 ▽ワイルドカード(主催者推薦)で元プロテニスプレーヤーのステファノ・ランドニオ氏(45)とのダブルスに出場した同氏は、オランダ人プレーヤーのダビド・ペルと、ポーランド人プレーヤーのトマシュ・ベドナレクのコンビ相手のデビュー戦に臨んだ。しかし、ミラン時代の同僚である元オランダ代表MFクラーレンス・セードルフ氏も激励に訪れていた42分間のデビュー戦は、1-6、1-6のスコアで0-2のストレート負けとなった。 ▽なお、『タイムズ』が伝えるところによれば、デビュー戦を落としたマルディーニ氏は、ATP男子世界ランキングで2074位にランクインしたようだ。 ▽サッカー選手としてはミラン一筋で、チャンピオンズリーグで5回、セリエAで7回優勝するなど、26個のタイトルを獲得し、世界最高のディフェンダーとして長らく活躍したマルディーニ氏だが、49歳という年齢もありテニス選手としては厳しい船出となった。 2017.06.28 03:10 Wed
twitterfacebook
thumb

契約拒否・SNS削除で渦中のドンナルンマ、自らの意思で会見出席「結論は大会後に」

ミランの18歳GKジャンルイジ・ドンナルンマが26日、U-21欧州選手権準決勝スペインvsイタリア前日の記者会見に出席した。<br><br>ミランの下部組織で育ち、ミラン愛をアピールし続けてきたドンナルンマは先日、ミランとの契約更新を拒否したことで注目を集めた。またSNS上でミランサポーターを刺激する発言をしたり、交渉再開を示唆するメッセージを掲載したりしたが、その後「アカウントが乗っ取られた」として、インスタグラムの公式アカウントを削除した。このため、より一層ファンの間で様々な憶測を呼ぶこととなった。<br><br>その最中にドンナルンマ本人が記者会見に出席したことについて、U-21イタリア代表のルイジ・ディ・ビアージョ監督は「ここへは連れてきたくなかった。だが彼が話をしたいと強く望んだ」と説明し、渦中のドンナルンマをメディアの前に晒すことを望まなかったものの、本人の意思であったことを伝えた。またドンナルンマ本人も同様に「この場でどうしても話がしたかった。今はアズーリのために戦っているので、僕の事で騒動を引き起こしてしまい、正直、残念に思う」と強調した。またミランでの去就については、「今後のことは代表戦での任務が終わってから決めることになる」と述べ、結論を急がず、大会終了後まで保留すると説明した。<br><br>提供:goal.com 2017.06.27 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「ドンナルンマはミランに欠かせない」モンテッラ監督が守護神の残留を期待

ミランのヴィンツェンツォ・モンテッラ監督は、現在退団のうわさが浮上している守護神ジャンルイジ・ドンナルンマの残留を願っていると明かした。モンテッラ監督は『スカイスポーツ・イタリア』の取材で、次のように発言している。<br><br>「私はドンナルンマの家族ともいい関係を築いている。彼らは私をコーヒーの席に招いてくれて、和やかな雰囲気で談笑した。喜んで受け入れてくれたよ」<br><br>「彼はこの後もミランでプレーし続けることを決意してくれると願っている。ドンナルンマはミランにとって欠かせない存在だからね」<br><br>また、ミランのスポーツディレクター(SD)、マッシミリアーノ・ミラベッリは「私たちには幸せな結末が待っていると信じている。彼がここにいてくれるために仕事をしているからね。ドンナルンマはU-21欧州選手権の後に、これからどうすべきか話し合う必要がある」と語った。<br><br>現在18歳、ドンナルンマとミランの契約は2018年までとなっているが、先日ドンナルンマはミランとの契約交渉の場を拒否したとされている。同選手にはレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントスなど、複数のビッグクラブが獲得に名乗りを挙げていた。<br><br>提供:goal.com 2017.06.27 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

かつての神童・パトがマドリー加入の可能性があったと明言!! 去就に揺れるドンナルンマにエールも

▽中国スーパーリーグの天津権健でプレーする元ブラジル代表FWアレッシャンドレ・パトが、過去の移籍を振り返ってレアル・マドリー加入に迫ったことがあったと明かした。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽2006年にブラジルのインテルナシオナルでプロキャリアを歩み始めたパトは2007年にミランに加入。2012-13シーズン途中にコリンチャンスに移籍するまで公式戦150試合63ゴールをマークした。その後はサンパウロ、チェルシーへとレンタルで加入し、2016年にビジャレアルに加入。2017年からは天津権健に移籍した。 ▽27歳になるパトは10年前、海を渡った際にミランではなくマドリーに加入する可能性があったことを明かした。 「17歳だったころ、本当はマドリーに加入する可能性があったんだ。でも僕はミランを選んだ。当時のミランはすべてに勝利していたクラブだったからね。残念ながら今のミランは少し変わってしまったよ」 ▽若くして海外移籍を果たしたパトは、現在ミランとの契約延長交渉を中断しているイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)についてもコメントしている。 「まざ18歳の若者だけれど、大器の片りんを見せているね。そして素晴らしい代理人が彼を導いている。ミランと契約延長することになれば、それなりの理由があるのだろう」 「昔、アンチェロッティが良いプレーヤーは良いプレーヤーとプレーしなければいけないと言っていた。実際に僕は17歳ながらもセードルフ、ピルロ、マルディーニ、そしてカカとプレーしたんだ」 2017.06.27 08:41 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース