超ワールドサッカー

【セリエA第32節プレビュー】EL出場権を争うミラノ・ダービー2017.04.14 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントス、2位ローマが順当に勝利し、6ポイント差で維持された。そしてチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ナポリが4位ラツィオに完勝し、7ポイント差に広げている。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を争うミラノ勢ではインテルが2連敗となった一方、ミランが勝利したことで順位が入れ替わっている。迎える第32節ではそのインテルとミランによるミラノ・ダービーが土曜日のランチタイムにキックオフされる。

▽前節クロトーネ戦では降格圏に沈むクラブを相手に試合の入りを失敗して1-2と敗れ、2連敗となって7位に後退したインテル(勝ち点55)。コッパ・イタリア決勝に残っているのが首位ユベントスと4位ラツィオであることから6位にもEL出場権が与えられる可能性が高い状況だが、インテルとしては最低限6位以内でのフィニッシュを目指したいところ。ここに来て攻守のバランスが崩れてきているが、ダービーで立て直しを図れるか。

▽一方、前節パレルモ戦をスソの1ゴール1アシストの活躍もあって4-0と快勝したミラン(勝ち点57)は、6位に浮上。前節ゴールを決めたパシャリッチが出場停止となる点はやや痛いが、スソ、バッカ、デウロフェウの3トップの破壊力はパレルモ戦を見る限りリーグ屈指。先手を取ってカウンターを狙える展開に持ち込みたい。

▽首位ユベントス(勝ち点77)は最下位ペスカーラ(勝ち点14)とのアウェイ戦に臨む。前節キエーボ戦をイグアインのドッピエッタで勝利したユベントスは火曜日に行われたCLバルセロナ戦ではディバラのドッピエッタなどで3-0と快勝。好調を維持するチームはボヌッチが出場停止となり、翌水曜日にバルセロナとの2ndレグを控える中、ここ2試合引き分けているものの残留が絶望的なペスカーラを順当に下せるか。

▽2位ローマ(勝ち点71)は5位アタランタ(勝ち点59)との上位対決に臨む。前節ボローニャ戦をゼコの4試合連続ゴールなどで4連勝としたローマは、今季の1stマッチで1-2と敗れている相手にリベンジし、ユベントス追走といきたい。攻撃の核であるアレハンドロ・ゴメスの出場停止は、ローマにとって追い風となりそうだ。

▽その他、3位を堅守したナポリ(勝ち点67)は、ここ5試合負けのない11位ウディネーゼ(勝ち点40)に対しベストメンバーで撃破にかかり、CLが遠のいた4位ラツィオ(勝ち点60)は、4連敗中の16位ジェノア(勝ち点29)とのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。

◆セリエA第32節
▽4/15(土)
《19:30》
インテル vs ミラン
《22:00》
ローマ vs アタランタ
ペスカーラ vs ユベントス
パレルモ vs ボローニャ
トリノ vs クロトーネ
フィオレンティーナ vs エンポリ
カリアリ vs キエーボ
ジェノア vs ラツィオ
《25:00》
サッスオーロ vs サンプドリア
《27:45》
ナポリ vs ウディネーゼ

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン本田圭佑の新天地はやはりMLSか…シアトル・サウンダース移籍説か再浮上

▽ミランに所属する日本代表FW本田圭佑(30)の新天地は、やはりメジャーリーグ・サッカー(MLS)なのかもしれない。イタリア『トゥットメルカート』が今夏のシアトル・サウンダース移籍を改めて報じている。 ▽本田は今シーズンのここまで、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下で出場機会が減少。レギュラーポジションはおろか、プレー時間の確保にも苦しむ現況を受けて、以前から移籍の可能性こそ取り沙汰されてきたが、実現に至っていなかった。 ▽その本田を巡っては、これまでトッテナムやサンダーランドの他、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーといったクラブ移籍の可能性が浮上。今年2月には、シアトル・サウンダーズ移籍間近とも伝えられていた。 2017.04.28 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルが興味のユナイテッドDFダルミアン獲得レースにミランも参戦か

▽ミランとインテルの両ミラノ勢がマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(27)の獲得に興味を抱いているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ダルミアンの獲得に関しては、インテルがかねてより獲得に興味を示していたが、ここに来てミランも獲得に動くとのこと。どうやら、イタリア代表DFマッティア・デ・シリオが今夏に移籍する可能性が浮上したことが原因のようだ。 ▽ダルミアンは、2015年にトリノからユナイテッドへと移籍。しかし、今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の下、プレミアリーグで12試合の出場に留まっており、イタリア代表でコンスタントにプレーするためにも移籍を望んでいるという。 ▽ミランは、ダルミアンが下部組織時代を過ごしたクラブでもあり、インテルより本人が希望する可能性もある。果たして、古巣なのか、同じ街のライバルなのか。ダルミアンの去就に注目だ。 2017.04.26 19:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン下部組織育ちの24歳デ・シリオが退団を希望?ユベントスが獲得に興味も

ミランのDFマッティア・デ・シリオが退団を検討していると、イタリアメディア『スカイスポーツ』が24日に報じている。<br><br>デ・シリオとの契約は2018年6月までと期限まで残り1年ほどになり、ミラン側は契約の更新へ向けて動いている。24日には、ミランのスポーツディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏がデ・シリオと面談を行い、選手の意向を確認した。ところがデ・シリオ本人は、他クラブからオファーがあった場合、移籍を希望していることを明らかにした。<br><br>デ・シリオには、ユヴェントスが数カ月前から獲得に興味を示している。昨年5月に行われたコッパ・イタリア決勝、ミランvsユベントス戦の席で、マッシミリアーノ・アッレグリはすれ違ったデ・シリオに対し、直接オファーを出したとも報じられている。<br><br>一方でサポーターとの確執もデ・シリオをミランから遠ざける要因となっている。23日のエンポリ戦(2-1でエンポリが勝利)では、デ・シリオが途中交代してピッチを去る際、厳しいブーイングが浴びせられた。試合終了後には、駐車場に現れたデ・シリオをサポーターが取り囲み一触即発の状態となる事態も発生した。<br><br>ユベントスはデ・シリオの獲得に1000万ユーロ(約12億円)前後のオファーを準備しているとも伝えられている。以前、生涯ミラン一筋を貫いたレジェンド、パオロ・マルディーニ氏を「目標としている」と話していたミラン生え抜きのデ・シリオだが、退団が現実的となるのか今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン指揮官、格下に取りこぼしを悔やむ…クロトーネ戦に向け選手の士気高める

23日のセリエA第33節で格下のエンポリと対戦するも1-2で敗れたことで、ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は24日、選手を集めて熱く持論を語った。<br><br>シルヴィオ・ベルルスコーニ体制から中国資本の傘下に移行して初めての試合となった15日のミラノダービーでは、インテルに2点のリードを許す展開ながらも試合終了間際に劇的な同点ゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を賭けて戦うライバルから貴重な勝ち点1ポイントをもぎ取ったことで、ミランは勢いに乗っていたのだが、降格争いの最中の格下エンポリに2点を献上してしまう。後半、FWカルロス・バッカ、FWルーカス・オカンポスそしてリーグ戦で17試合ぶりとなるMF本田圭佑をピッチに送り込んで逆転を狙うも同点にすら届かず、3ポイントを取りこぼした。<br><br>モンテッラは次戦以降に向けて気を引き締めるべく、練習の前に選手を集めてミーティングを行った。エンポリ戦では残留に向けて必死にポイントの獲得を狙う相手に対し、誤った試合へのアプローチが見られた。EL出場権を逃さないためにも士気を高め試合に挑むよう指揮官は選手に奮起を求めた。<br><br>30日に行われる次節で対戦するクロトーネも現在18位と、残留圏内となる17位浮上を目指して全力で体当たりしてくるはずだ。エンポリ戦のような気の緩みは許されない。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

伊メディア、ミラン本田圭佑の17試合ぶり出場に一定評価「チャンス作った」

23日に行われたセリエA第33節のミランvsエンポリ(1-2)で17試合ぶりのリーグ戦出場を果たした日本代表のMF本田圭佑について23日、イタリアメディア『ユーロスポーツ』は一定の評価を与えた。<br><br>本田に4か月ぶりの出場チャンスが巡ってきた。本田は格下のエンポリを1-2で追う展開で88分、FWスソに代わりピッチに登場した。本田の出場は1月25日のコッパ・イタリアのユベントス戦以来で、リーグ戦となると、昨年12月12日のローマ戦以来で、17試合ぶりとなった。<br><br>本田の出場は試合終盤の数分間だったため、採点なしだが「モンテッラの最後のカード。日本人選手のチャンスは少なかったが、それでも1度は良いチャンスを作った」との寸評を掲載し、本田が相手からボールを奪い、MFマリオ・パシャリッチへパスを演出したシーンを評価している。<br><br>なおチーム内の最高点は18歳GKジャンルイジ・ドンナルンマの「7」で、「ゴール前でできる限りのことはした。だが少なくとも1ポイントを持ち帰るためには彼のセーブだけでは足りなかった。前半(オマル)エル・カドゥリに対し2度決定的な対処をしたほか、アディショナルタイムには(マッシモ)マッカローネや(マメ・ババ)ティアムに対し奇跡的なセーブを見せるがミランは1-2で敗れた」として、素晴らしいセービングを称えた。一方、最低点は2失点に絡んだDFクリスティアン・サパタで「4」と酷評されている。<br><br>提供:goal.com 2017.04.24 12:10 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース