【質疑応答】なでしこ高倉麻子監督、世界と戦う上で「もう一つ上の集中力を身に付けていきたい」《キリンチャレンジカップ2017》2017.03.30 17:02 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は30日、来月9日に熊本県で開催されるキリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~、コスタリカ女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバーを発表した。

▽会見に出席した高倉麻子監督は、メディア陣の質疑応答に応対。アルガルベカップで感じたチームの足りない部分や強化していきたい部分についてコメント。世界と戦う上で、もう一つ上の集中力を身に付けていきたいと強調した。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)

――選出したメンバーの中で各ポジションで核と考えている選手は
「誰が中心かということはあまり私の口からは言いたくないですけど、やはり経験を積んだ選手にはチームを引っ張っていってもらいたいと思っています。新しくキャプテンとなったDF熊谷紗希(リヨン/フランス)、中盤で言えば阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)あたりがチームの核となりながら、ゲームをコントロールしていってほしいと思っています」

――アルガルベカップで世界と戦う上で何が足りないと感じたか、これから強化していきたい部分は
「とにかくこの選手たちで大会に臨んだのが初めてでしたので、まず守備のところで約束事を決めながらプレーしていました。連動という面では非常にまだ足りない部分があるなと感じましたし、その強度というのも普段の強度だとやられてしまう部分もあるので、オフ明けというところもあり、0コンマ何秒かもしれないですけど、ちょっとした甘さが出てやられてしまっていたシーンもあったので、その部分はシーズンも始まってきましたし、もう一度しっかり確認をしていきたいと感じています」

「物足りなかったところで強化していきたい部分は、攻撃にかかった時に切り替えのスピードや周りのサポート、立ち位置、ファーストタッチなどの部分です。日本は技術的に高いと言われていますけど、甘さがあって、相手のプレスが速くなると技術がブレていますし、サポートも非常に遅いです。危機感を持ってやっていかないとパスサッカーとか言ってる段階ではないと感じています。自分たちのミスからの失点も多かったですし、もう一つ上の集中力を身に付けていかなくてはいけないなと思っています」

――就任後初の国内試合で熊本の復興支援というテーマもあるが、どのような戦いを見せていきたいか
「この間、1週間ほどチームで遠征をしてきた中で、最後のオランダ女子代表戦では数的優位になったにも関わらず、絶対にやってはいけない形で失点してしまってみんなが悔しい思いをして帰ってきました。チームとして試合をこなしながら、勝ち方であるとか集中力というのは上がってくるのかなとは感じているので、失敗を恐れずに勇気のあるプレー見せていきたいです。前線からはボールを奪いに行きたいですし、ひるんだ戦いはしたくないと思っています。選手一人ひとりが個性を発揮しながら、勇気あるゲームができればと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

浦和レディースの日本女子代表MF猶本光がドイツ1部フライブルクへ完全移籍「やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できた」

▽浦和レッズレディースは10日、日本女子代表MF猶本光(24)がドイツ1部のフライブルクに完全移籍することを発表した。 ▽福岡県出身の猶本は、2012年に福岡J・アンクラスから浦和レッズレディースに加入。浦和レッズレディースでは在籍6年半でリーグ戦137試合に出場し、9得点を記録。また、各年代の日本女子代表に選出されてきた猶本は、2014年5月になでしこジャパンに初招集されると、これまで18試合に出場していた。猶本はクラブを通じてコメントしている。 「7月から女子ブンデスリーガ1部のSCフライブルクに移籍することになりました。レッズレディースでは2012シーズンから6年半の長い期間、お世話になりました」 「レッズの環境、クラブの大きさ、ファン・サポーターの数、熱い応援、すべてに圧倒され、こんなクラブでプレーできるのか、とすごくワクワクしたのを覚えています。地元福岡から出て、初めての1人暮らし、初めての移籍、初めての大学生活など、新しい環境に慣れることは大変でした。そんな1年目から今まで、たくさんの方に支えられてきました。日本一熱いファン・サポーターの方々はどんな時も温かく見守ってくれました」 「クラブスタッフ、監督、コーチ、そしてチームメートたちと過ごした時間は本当に大切な宝物です。色々な経験をさせてもらい、多くのことを学びました。もちろんうまくいくことばかりではなかったですが、みんなで乗り越えてきた経験は私の大きな財産です。練習したことを試合で発揮し、結果が出た時の、みんなで成し遂げることができたといううれしさは格別でした。本当にみんなに感謝しています。そして、1つみんなでご褒美を掴みとりました。2014シーズンなでしこリーグ優勝。レッズレディースのユニフォームに星を1つ刻めたこと、すごくうれしく思います」 「2012年U-20女子ワールドカップでドイツと対戦した時、世界とのレベルの差に衝撃を受けました。その時のことを忘れることなく、今までトレーニングや試合に臨んできました。そして6年半経った今、やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できたので、このタイミングで移籍を決断しました。しかし、世界と戦える選手になるためには、まだまだ成長しなくてはならないことに変わりありません。新天地から良いニュースを日本に届けることができるよう、がんばってきます。そして、更に成長した姿を、みなさんにお見せできる日が来ることを楽しみにしています」 「レッズレディースの選手としてプレーできる試合がまだ残っています。残りの試合もチームの勝利のために精一杯プレーしますので、今までと変わらず応援よろしくお願いします」 ▽なお、猶本の浦和でのラストマッチは7月8日に行われる2018プレナスなでしこリーグカップ1部Aグループ第9節の日テレ・ベレーザ戦になることを併せて発表している。 2018.06.12 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、猶本光がケガのため遠征不参加…三浦成美を初招集《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、ニュージーランド遠征に臨むなでしこジャパンのメンバー変更を発表した。 ▽MF猶本光(浦和レッズレディース)がケガのため不参加。代わりにMF三浦成美(日テレ・ベレーザ)が新たに招集された。また、背番号は12番。三浦は今回が初招集となる。 ▽ニュージーランド遠征は4日から11日まで実施。6月10日にニュージーランド女子代表と国際親善試合で対戦する。 2018.06.04 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、岩渕真奈がコンディション不良で遠征不参加…中里優を追加招集《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は3日、ニュージーランド遠征に臨むなでしこジャパンのメンバー変更を発表した。 ▽FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)がコンディション不良を理由に不参加。代わりに、MF中里優(日テレ・ベレーザ)が新たに招集された。 ▽ニュージーランド遠征は4〜11日まで実施。6月10日にニュージーランド女子代表と国際親善試合で対戦する。 2018.06.03 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

熊谷紗希のリヨン、史上初の3年連続欧州女王に!《女子CL》

▽なでしこジャパンのDF熊谷紗希が前人未到の女子チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献した。 ▽熊谷擁するリヨンは、24日にキエフで行われた決勝でヴォルフスブルクと対戦。熊谷は守備的MFとして先発し、延長前半5分までプレーした。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防が続き、ゴールレスのまま延長戦に。リヨンはその延長前半3分に一瞬の隙を突かれ、リードを許してしまう。 ▽だが、同5分にはヴォルフスブルクに退場者が出て、リヨンが数的優位に。すると、同8分から5分間で3ゴールを挙げ、一気に流れを引き寄せる。 ▽結局、延長後半1分にダメ押しゴールが生まれたリヨンが4-1で勝利。史上初の3連覇を成し遂げ、5度目のヨーロッパ女王の座に輝いている。 2018.05.25 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

4連覇目指す日テレ・ベレーザに激震! 3年連続MVPのMF阪口夢穂がヒザ負傷で最大8カ月の離脱…来年開催の女子W杯に影響も

▽プレナスなでしこリーグ1部に所属する日テレ・ベレーザは23日、女子日本代表MF阪口夢穂が右ヒザ前十字じん帯損傷および内側半月板損傷と診断されたことを発表した。全治には6~8ヶ月を要する見込みだ。 ▽阪口は4月28日に行われた2018プレナスなでしこリーグ1部第3節アルビレックス新潟レディース戦で右ヒザを負傷していた。 ▽今シーズンから永田雅人新監督の下でなでしこリーグ4連覇を目指すベレーザにとって、3年連続リーグMVPの阪口の離脱は大きな痛手となりそうだ。 ▽また、なでしこジャパンは来年6月にフランスで行われる2019 FIFA女子ワールドカップへの出場を決めており、背番号10を背負う大黒柱の長期離脱は大きな懸念材料だ。 2018.05.23 15:26 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース