超ワールドサッカー

【質疑応答】なでしこ高倉麻子監督、世界と戦う上で「もう一つ上の集中力を身に付けていきたい」《キリンチャレンジカップ2017》2017.03.30 17:02 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は30日、来月9日に熊本県で開催されるキリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~、コスタリカ女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバーを発表した。

▽会見に出席した高倉麻子監督は、メディア陣の質疑応答に応対。アルガルベカップで感じたチームの足りない部分や強化していきたい部分についてコメント。世界と戦う上で、もう一つ上の集中力を身に付けていきたいと強調した。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)

――選出したメンバーの中で各ポジションで核と考えている選手は
「誰が中心かということはあまり私の口からは言いたくないですけど、やはり経験を積んだ選手にはチームを引っ張っていってもらいたいと思っています。新しくキャプテンとなったDF熊谷紗希(リヨン/フランス)、中盤で言えば阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)あたりがチームの核となりながら、ゲームをコントロールしていってほしいと思っています」

――アルガルベカップで世界と戦う上で何が足りないと感じたか、これから強化していきたい部分は
「とにかくこの選手たちで大会に臨んだのが初めてでしたので、まず守備のところで約束事を決めながらプレーしていました。連動という面では非常にまだ足りない部分があるなと感じましたし、その強度というのも普段の強度だとやられてしまう部分もあるので、オフ明けというところもあり、0コンマ何秒かもしれないですけど、ちょっとした甘さが出てやられてしまっていたシーンもあったので、その部分はシーズンも始まってきましたし、もう一度しっかり確認をしていきたいと感じています」

「物足りなかったところで強化していきたい部分は、攻撃にかかった時に切り替えのスピードや周りのサポート、立ち位置、ファーストタッチなどの部分です。日本は技術的に高いと言われていますけど、甘さがあって、相手のプレスが速くなると技術がブレていますし、サポートも非常に遅いです。危機感を持ってやっていかないとパスサッカーとか言ってる段階ではないと感じています。自分たちのミスからの失点も多かったですし、もう一つ上の集中力を身に付けていかなくてはいけないなと思っています」

――就任後初の国内試合で熊本の復興支援というテーマもあるが、どのような戦いを見せていきたいか
「この間、1週間ほどチームで遠征をしてきた中で、最後のオランダ女子代表戦では数的優位になったにも関わらず、絶対にやってはいけない形で失点してしまってみんなが悔しい思いをして帰ってきました。チームとして試合をこなしながら、勝ち方であるとか集中力というのは上がってくるのかなとは感じているので、失敗を恐れずに勇気のあるプレー見せていきたいです。前線からはボールを奪いに行きたいですし、ひるんだ戦いはしたくないと思っています。選手一人ひとりが個性を発揮しながら、勇気あるゲームができればと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

「幸せな時間でした」千葉レディースGK山根恵里奈が退団…海外クラブへ挑戦

▽ジェフユナイテッド千葉レディースは23日、なでしこジャパンのGK山根恵里奈(26)が7月1日をもって退団することが決定したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、海外クラブへの挑戦による退団とのこと。移籍先の詳細は、決定次第お知らせするようだ。 ▽2012年に東京電力女子サッカー部マリーゼから入団した山根は今シーズンのなでしこリーグでここまで10試合に出場していた。山根はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、私はジェフレディースを離れ、新たなチャレンジのステージへと進むことを決意いたしました。歴史と伝統あるこのクラブの一員として、5年半という長い間プレーさせていただけたことは、本当に光栄であり、幸せな時間でした」 「私のサッカー人生に素晴らしい時間を与えてくださった、ジェフレディースの仲間やスタッフ、クラブスタッフの皆さま、スポンサー企業の皆さま、サポーターの皆さまをはじめ、クラブに関わる全てのジェフファミリーの皆さまに、心から感謝を申し上げます。突然のご報告である上に、現状、今後についての詳細をまだ皆さまへお伝えすることができないことは、本当に本当に申し訳なく思っております。全ての準備が整い次第、必ず改めてご報告させていただきます」 「明日の試合が、ジェフのユニフォームを着て戦う最後の試合となります。この試合もいつものように、ひたむきに、前向きに90分間ジェフレディースらしく戦い抜くことができるよう、微力ながらも全力でチームを支えたいと思います。どうか最後まで、応援をよろしくお願いいたします」 ▽なお、24日に行われる2017プレナスなでしこリーグカップ第5節の日テレ・ベレーザ戦が山根の千葉レディースでの最後の試合となる。 2017.06.23 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンFW岩渕真奈、新天地はINAC神戸レオネッサ 「沢山のタイトルを取れるように」

▽INAC神戸レオネッサは23日、なでしこジャパンのFW岩渕真奈(24)が7月1日より加入することを発表した。 ▽日テレ・メニーナ出身の岩渕は、日テレ・ベレーザでプレーすると、2013年から欧州に渡り、ホッフェンハイム、バイエルンに在籍。今年4月にバイエルンを退団し、無所属状態が続いていた。 ▽INAC神戸レオネッサでリスタートを切ることになった岩淵は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「INAC神戸レオネッサに入団することになりました岩渕真奈です。今は怪我でリハビリ中ですが、1日でも早くピッチに立ち、日々成長しながら、このチームで沢山のタイトルを取れるように努力したいと思います。チームの力になれるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽なお、INAC神戸レオネッサは岩渕に関して、ケガの治療で都内でリハビリ中のため、7月中旬ごろのチーム合流になることを併せて発表。7月15日にノエビアスタジアム神戸で行われるなでしこリーグカップ第8節のちふれASエルフェン埼玉にて、挨拶の場を設けるとのことだ。 2017.06.23 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

菅澤弾で先制も逃げ切り失敗のなでしこがベルギーとドロー! 欧州遠征を1勝1分けで終える《オランダ・ベルギー遠征》

▽なでしこジャパン(日本女子代表)は13日、スタジアム・デン・ドリーフ・ルーヴェンで行われた国際親善試合でベルギー女子代表と対戦し、1-1のドローに終わった。 ▽オランダ・ベルギー遠征の初戦となったオランダ戦を1-0で勝利したなでしこは、その試合から中3日で行われるこの試合でベルギーと対戦。オランダ戦からは先発6人を変更。GKには山根が入り、高倉体制初採用となった3バックには熊谷、高木、市瀬。中盤はボランチに阪口と中里、2列目に杉田、長谷川、中島、2トップに横山と田中が並んだ。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むなでしこは8分、熊谷からのロングフィードをボックス左に飛び出した阪口が頭で落とす。これを中央で拾った横山が右足を振り抜くが、この強烈なシュートはクロスバーを叩く。さらに11分には右CKの流れからボックス左の阪口が胸トラップから右足のシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れた。 ▽その後も主導権を握るなでしこは、トップ下の長谷川を起点に田中と横山の2トップが積極的に仕掛けるが、なかなか決定機まで持ち込めない。逆に、30分にはロングボールに抜け出したケイマンにボックス内で一対一を作られるが、ここはGK山根の勇敢な飛び出しで凌ぐ。その後は横山の直接FK、中島の強烈なミドルシュートでゴールに迫ったなでしこだったが、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、市瀬、田中、杉田を下げて鮫島、菅澤、佐々木をハーフタイム明けに投入したなでしこは、システムを[4-4-2]に変更。この交代で鮫島が左サイドバック、中島が右サイドバックに入った。 ▽後半に入って相手の圧力に苦戦するなでしこは55分、バックパスの処理をもたついたGK山根のキックミスからボックス内のケイマンに決定機を許すが、これは相手のシュートミスに救われる。 ▽時間の経過と共に押し返すなでしこは、前線で身体を張る菅澤がチャンスに絡み出す。さらに67分に横山を下げて籾木を投入すると、この直後に相手のミスから先制点が生まれる。相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーの籾木がクロスを入れると、ニアで相手DFがクリアし損ねたボールをゴール前の菅澤が冷静に蹴り込んだ。 ▽菅澤のゴールで均衡を破ったなでしこだったが、先制からわずか4分後に追いつかれる。72分、相手のロングフィードから右サイドで味方の落としを受けたケイマンに高精度のクロスを入れられると、DF中島の背後を取ったエルケ・ファン・ホルプに頭で流し込まれた。 ▽その後、大矢と猶本を投入して最後まで勝ち越しゴールを目指すなでしこだが、疲労の影響か、相手のスピードとフィジカルに苦戦。それでも、試合終了間際に迎えたボックス内でのピンチをGK山根の好守などで何とか凌ぎ、試合は1-1でタイムアップ。欧州遠征2連勝を逃したなでしこだったが、多くの収穫を得て日本に帰国することになった。 2017.06.14 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンからGK池田咲紀子とMF宇津木瑠美が負傷離脱《オランダ・ベルギー遠征》

▽日本サッカー協会は11日、オランダ・ベルギーに遠征しているなでしこジャパンからGK池田咲紀子(浦和レッズレディース)、MF宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ)が負傷離脱することを発表した。 ▽オランダ・ベルギー遠征を実施中のなでしこジャパンは9日、オランダ女子代表に1-0の勝利。13日にはベルギー女子代表との国際親善試合に臨む。なお、池田と宇津木に代わる選手の招集はない。 2017.06.11 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場のエースFW横山の豪快弾でなでしこがオランダに勝利!《オランダ・ベルギー遠征》

▽なでしこジャパン(日本女子代表)は9日、ラト・フェルレーフ・スタディオンで行われた国際親善試合でオランダ女子代表と対戦し、1-0で勝利した。 ▽オランダ・ベルギー遠征中のなでしこは、欧州予選初戦で女子ユーロ2017開催国であるオランダと対戦した。高倉監督は、今年3月に行われたアルガルベカップで敗れたオランダ撃破に向けて、これまでの主力と新戦力を織り交ぜたメンバー構成を採用。ウォーミングアップ中に負傷したGK池田に代えてGK山下が急遽ゴール先発に入り、最終ラインは右から大矢、熊谷、市瀬、鮫島。中盤は右から籾木、阪口、猶本、中島。2トップには菅澤と田中という並びとなった。 ▽開始4分、猶本のスルーパスに抜け出した中島がボックス内でいきなり決定機を迎えるが、ここは戻った相手DFに対応され、早々の先制点とはならず。さらに、相手の背後を積極的に狙うなでしこは、14分にフィードに抜けだした籾木がボックス左でループシュートを狙うが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。 ▽序盤の決定機を逸したなでしこは、15分に右サイドを突破したファン・デ・サンデンからパスを受けたミエデマに左足の強烈なシュートを浴びるが、枠の右隅を捉えたシュートはGK山下の好守で凌ぐ。その後は前線のスピードを活かした相手のシンプルなサイドアタックや、セットプレーに手を焼くが、粘り強い対応で決定機は許さない。 ▽前半30分を過ぎて攻勢を強めるなでしこは、鮫島のミドルシュートやボックス内での阪口、田中の立て続けのシュートでゴールに迫る。さらに背後を狙う菅澤に幾つか決定機が訪れるが、いずれもオフサイドにかかり、前半のうちにゴールを奪うことができない。それでも、前半終了間際にミエデマに許したミドルシュートをGK山下が冷静に防ぎ、無失点で前半を終えた。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、最初のチャンスはなでしこに訪れる。50分、右CKの場面で中島のクロスに反応した菅澤がニアに飛び込んでヘディングシュートを放つが、これは枠の右に外れる。 ▽攻勢を強めたい高倉監督は59分、猶本と菅澤を下げて中里と切り札のエースFW横山を同時投入。すると62分、そのエースがいきなり魅せる。バイタルエリア中央で阪口から縦パスを受けた横山が鋭い反転で前を向いて右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上隅に突き刺さった。 ▽横山のゴールで先制に成功したなでしこは、直後の65分にも中島のスルーパスに抜け出した田中に決定機が生まれるなど、畳みかける攻めを見せる。その後、69分に中島を下げて長谷川を投入したチームだが、71分にこの試合最大のピンチが訪れる。右サイドをえぐったファン・デ・サンデンにグラウンダーのクロスを許すと、これをニアに飛び込んだマルテンスにフリーで合わせられる。だが、この至近距離からのシュートをGK山下が圧巻の反応で枠外に弾き出す、見事なビッグセーブで凌いだ。 ▽試合終盤にかけて籾木と負傷した市瀬に代えて、隅田、高木を投入して逃げ切りを図るなでしこは、猛攻に出るオランダに押し込まれる展開となる。だが、相手の決定機をDF大矢の決死のブロックなどで最後まで凌ぎ切って、1-0の勝利。アルガルベカップで敗れたオランダ相手にリベンジを果たしたなでしこが、オランダ・ベルギー遠征の初陣を勝利で飾った。なお、ベルギー女子代表との試合は13日に行われる。 2017.06.10 03:28 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース