超ワールドサッカー

【質疑応答】なでしこ高倉麻子監督、世界と戦う上で「もう一つ上の集中力を身に付けていきたい」《キリンチャレンジカップ2017》2017.03.30 17:02 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は30日、来月9日に熊本県で開催されるキリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~、コスタリカ女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバーを発表した。

▽会見に出席した高倉麻子監督は、メディア陣の質疑応答に応対。アルガルベカップで感じたチームの足りない部分や強化していきたい部分についてコメント。世界と戦う上で、もう一つ上の集中力を身に付けていきたいと強調した。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)

――選出したメンバーの中で各ポジションで核と考えている選手は
「誰が中心かということはあまり私の口からは言いたくないですけど、やはり経験を積んだ選手にはチームを引っ張っていってもらいたいと思っています。新しくキャプテンとなったDF熊谷紗希(リヨン/フランス)、中盤で言えば阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)あたりがチームの核となりながら、ゲームをコントロールしていってほしいと思っています」

――アルガルベカップで世界と戦う上で何が足りないと感じたか、これから強化していきたい部分は
「とにかくこの選手たちで大会に臨んだのが初めてでしたので、まず守備のところで約束事を決めながらプレーしていました。連動という面では非常にまだ足りない部分があるなと感じましたし、その強度というのも普段の強度だとやられてしまう部分もあるので、オフ明けというところもあり、0コンマ何秒かもしれないですけど、ちょっとした甘さが出てやられてしまっていたシーンもあったので、その部分はシーズンも始まってきましたし、もう一度しっかり確認をしていきたいと感じています」

「物足りなかったところで強化していきたい部分は、攻撃にかかった時に切り替えのスピードや周りのサポート、立ち位置、ファーストタッチなどの部分です。日本は技術的に高いと言われていますけど、甘さがあって、相手のプレスが速くなると技術がブレていますし、サポートも非常に遅いです。危機感を持ってやっていかないとパスサッカーとか言ってる段階ではないと感じています。自分たちのミスからの失点も多かったですし、もう一つ上の集中力を身に付けていかなくてはいけないなと思っています」

――就任後初の国内試合で熊本の復興支援というテーマもあるが、どのような戦いを見せていきたいか
「この間、1週間ほどチームで遠征をしてきた中で、最後のオランダ女子代表戦では数的優位になったにも関わらず、絶対にやってはいけない形で失点してしまってみんなが悔しい思いをして帰ってきました。チームとして試合をこなしながら、勝ち方であるとか集中力というのは上がってくるのかなとは感じているので、失敗を恐れずに勇気のあるプレー見せていきたいです。前線からはボールを奪いに行きたいですし、ひるんだ戦いはしたくないと思っています。選手一人ひとりが個性を発揮しながら、勇気あるゲームができればと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこFW川澄が始球式で、岩隈が構えるミット目がけてノーバン投球!! イチローは同試合で今季初ホームラン!!

▽シアトル・レインのなでしこジャパンFW川澄奈穂美が、マリナーズvsマーリンズの始球式を行った。 ▽川澄は、19日にセーフコフィールドで行われたマリナーズvsマーリンズの始球式に登場。キャッチャーには、マリナーズの岩隈久志投手がつき、大きく首を振ってサインを拒む真似をするなど会場を沸かせ、ノーバウンドでミット目がけて投じた。 ▽なお、この試合に9番・ライトでスタメン出場を果たしたイチロー外野手は、4打席目にかつての本拠地で今季第1号となるソロホームランを放っている。 2017.04.20 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、MF阪口夢穂やFW横山久美ら4選手がチーム事情で離脱…11日まで熊本県でトレーニングキャンプ

▽日本サッカー協会(JFA)は10日、なでしこジャパンに招集されていたMF阪口夢穂、MF長谷川唯、FW田中美南、FW横山久美の4選手が所属チームの事情により、離脱することになったことを発表した。 ▽なでしこジャパンは、9日に熊本県で行われたキリンチャレンジカップ2017〜熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本〜のコスタリカ女子代表戦を3-0と快勝。試合翌日の10日から11日までトレーニングが予定されていた。 2017.04.10 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

高倉なでしこ、コスタリカに3発快勝! 熊本復興試合となった国内初陣で白星《キリンチャレンジカップ2017》

▽なでしこジャパンは9日、熊本県民総合運動公園陸上競技場で行われたキリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~のコスタリカ女子代表戦を戦い、3-0で勝利した。 ▽高倉体制初の国際大会となった先月のアルガルベカップ2017を2勝2敗の6位で終えたなでしこは、これまでの主力である熊谷、阪口、中島らをスタメンで起用。さらに同大会で活躍した長谷川は中盤に、横山は2トップの一角に名を連ねた。また、最終ラインでは19歳の市瀬がフル代表でのデビュー戦となった。 ▽高倉監督就任以降、初の国内試合となったこの一戦。なでしこが立ち上がりから攻勢に出ると4分、右サイドでボールを受けた中島がカットインから左足でシュート。13分には、中島の右CKからファーサイドで待ち構えていた熊谷が頭で押し込むも、枠を捉えることができない。 ▽好調な滑り出しを見せるなでしこのペースで試合が進むと、前半半ばにアルガルベ杯得点王の一振りでなでしこが均衡を破る。23分、横山がボックス手前で高木からパスを受けると、巧みに反転して左足を振り抜く。これがゴール右上隅を突き刺した。 ▽前半終盤に差し掛かると、先制に成功したなでしこが細かいパス回しでコスタリカを翻弄。左サイドに入った長谷川を経由したパスワークから幾度もゴールに迫ると、42分に長谷川が敵陣中央からロングシュートを放ち、積極的な姿勢を見せるなど順調な試合運びで試合を折り返す。 ▽後半に入ると、試合を優位に進めるなでしこがコスタリカを攻め立てる。60分、籾木と横山でボックス内に侵攻すると、ボックス左にラストパス。これを長谷川が右足インサイドでゴール右上を狙うも枠を捉えきれない。 ▽追加点を奪え切れないなでしこは後半半ば、一瞬の隙からコスタリカに決定機を作られる。65分、相手最終ラインからのロングボールでメリッサ・エレラに自陣ボックス右への侵攻を許すと、GKと一対一に。右足でシュートを打たれるも、GK池田の好守で同点ゴールを許さない。 ▽ピンチを脱したなでしこがリズムを取り戻すと、待望の追加点が生まれる。74分、長谷川のパスを受けた上野がボックス左外からクロスを供給。これに反応した田中が左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。さらに82分、左サイドを突破した長谷川がGKとDFの間にクロスを通すと、走り込んだ籾木がダイレクトで流し込んだ。 ▽リードを3点に広げたなでしこはその後、終盤まで攻勢を続けてコスタリカを圧倒。3発快勝で熊本復興試合となった国内初陣を白星で飾った。 2017.04.09 21:21 Sun
twitterfacebook
thumb

給与などの待遇改善にこぎ着けたアイルランド女子代表チームがストライキを回避

▽アイルランド女子代表チームが、労働条件を理由にストライキを起こすと発表していたが、アイルランドサッカー協会(FAI)との話し合いに決着がつき、条件の見直しで合意がされたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽アイルランドの女子代表チームは、試合給や勝利給などのボーナスの改善を求めていたとのこと。昨年までアーセナル・レディースでプレーしていたキャプテンを務めるGKエマ・バーンを中心にストライキを発表し、トレーニングを拒否する姿勢を見せていた。 ▽しかし、FAIとの話し合いの結果、交渉が成功したとのこと。両者が合意に至り、トレーニングに復帰することも決定。来週月曜日にスロバキア女子代表との試合を控えている。 ▽なお、アイルランド女子代表チームが要求したものは、試合給として300ユーロ(約3万5500円)、勝利給として150ユーロ(約1万7700円)のボーナスを要求。さらに、引き分けの場合は75ユーロ(約8800円)を求めていた。 ▽また着替えが空港のトイレであったり、チームウェアが共用であったことも明かされ、チームのためのジムの会員券やチームウェアの提供なども求めていたようだ。 2017.04.06 21:08 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンMF京川舞がケガのため出場辞退《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は6日、キリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチがんばるばい熊本~のコスタリカ女子代表と対戦するなでしこジャパンからINAC神戸レオネッサのMF京川舞が離脱することを発表した。 ▽JFAの発表によると京川は負傷により、代表チームを離脱するとのこと。また、京川にかわる選手の招集はないことも併せて発表している。 2017.04.06 17:54 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース