【記者会見】新戦力について語る高倉麻子監督「新しい風を期待している」《キリンチャレンジカップ2017》2017.03.30 16:42 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は30日、来月9日に熊本県で開催されるキリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~、コスタリカ女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバーを発表した。

▽会見に出席した高倉麻子監督は、初招集となった石井咲希(バニーズ京都SC)、隅田凛(日テレ・ベレーザ)、大矢歩(愛媛FCレディース)、上野真実(愛媛FCレディース)を招集した理由を説明。また、コスタリカ戦に向けて、選手たちの勇気あるプレーを被災地である熊本の人たちに見せたいと意気込みを語った。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)
「震災後初の国際試合、私が就任して初めての試合を熊本で行えることを非常に嬉しく思います。熊本でご尽力くださっている多くの方々にこの場を借りて御礼申し上げたいと思います。今、観ていただいた映像(会見前に放映した映像)は、1月のキャンプでも選手に見せたものなんですけど、新チームになって新しい選手もいる中でなかなか自分たちが背負っているものや日本代表として背負っている実感をうまくイメージできない選手がまだいます。映像を使ってなでしこの魂を引き継いでこれからやってほしいという想いをこめて道を示しました」

「今回のメンバー選考についてですが、先日のアルガルベカップに出場し、皆さんもご存じの通り、4試合やって2勝2敗。結果は6位でした。新しい選手がたくさんいる中で、選手の可能性を探りながら、組み合わせを試したりする中、私が想像したようなゲーム展開にはならず、結果としては非常に残念だなと感じています。また、新しく可能性を見せてくれた選手もいましたし、チャレンジしてやっていきたいと考えています」

「今回も新しい選手を招集しました。石井咲希(バニーズ京都SC)という選手が入っていますが、育成のところでずっと彼女を見ていました。非常にスピードがあって、ディフェンスだと真ん中とサイド、どこでもできる器用な選手。最大の魅力はスピードだと思います。未知数ではありますが、思い切って試したいなと思いまして、今回招集しました」

「隅田凛(日テレ・ベレーザ)に関しては、クラブでずっと阪口(夢穂)と組んで出ています。U-20の方でもずっとボランチのレギュラーとして出続けていて、テクニックが非常に高く、中盤でバランスの取れる選手。そういったところで、新しい風を期待して招集しました」

「大矢歩(愛媛FCレディース)に関しては、非常に良い指導者の下、女子の中ではなかなかいない個で突破できる珍しいタイプだと思います。身体も強く、U-23でも見ましたが外国人選手にも当たり負けすることなく個で突破を図れる面白い存在だなと感じています」

「上野真実(愛媛FCレディース)も愛媛からの招集ですが、彼女はU-20で得点王の選手。身体も大きく、まだまだ荒削りな部分はありますが、ファーストタッチからシュートのイメージが良く、スムーズに足を振れる。難しいシュートを簡単に決められる。彼女もまだ荒削りと言えばそうですが、今までにいないタイプで面白いと思い、選出しました」

「アルガルベで戦ってきて、日本の現在地と言いますか、まだまだこのままでは勝てないという危機感を選手とスタッフ共に思って帰ってきました。この熊本での試合がこの次の5試合目という感覚を持ちながら、前回守備の面でも連動やスライド、アプローチのスピードも含めて、なかなか出し切ることができなかったので、その辺はまた引き続きチャレンジしたいです。得点を様々な形で獲っていきたいという想いがあるので、選手の組み合わせや選手の自由な発想、ひらめきを含めてどんどん積極的にゴールに向かっていくという姿勢を見せれたらいいなと思います。熊本で選手たちの勇気あるプレーを皆さんにお見せすることができたらいいなと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

田中の2戦連発で中国撃破! 15日に東アジア制覇を懸けて北朝鮮と激突《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは11日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、1-0で勝利した。 ▽初戦の韓国女子代表戦を3-2で勝利して好スタートを切ったなでしこは、北朝鮮女子代表に0-2で敗れた中国と対戦。3大会ぶり3度目の東アジア制覇を目指すなでしこジャパンは、[4-1-4-1]を採用した。GKに池田、最終ラインには右から大矢、三宅、鮫島、万屋を並べた。アンカーに隅田、二列目に右から中里、阪口、猶本、中島を配置。ワントップは初戦で1ゴールを記録した田中が入った。 ▽連勝を飾りたいなでしこジャパンは3分、ボックス手前から阪口がミドルシュート。これがゴール左を捉えたが、GKジャオ・リーナーに弾かれる。11分にも中盤でのパスカットからボックス手前から田中が右足を振り抜くが、今度は枠を捉えることができない。 ▽序盤から積極的に敵陣へと迫るなでしこは20分、初戦に途中出場して流れを変えた中島が先制点を演出する。敵陣中央でパスを受けるとボックス手前まで持ち込んでスルーパス。ボックス中央に走り込んだ田中が冷静にGKジャオ・リーナーとの一対一を制した。 ▽先制点を奪取したなでしこだったがその後、自らのミスからピンチを招く不安定なディフェンスを見せる。それでも31分、細かなパスワークから最後は敵陣中央やや左から隅田がロングシュートを放つが、GKジャオ・リーナーにパンチングで逃げられる。 ▽前半終盤に差し掛かると、なでしこはボールを保持するものの攻めきれない時間帯が続く。すると37分、中国のワン・シャンシャンに敵陣でボールを奪われて一気に中央突破を許す。そのままボックス手前から右足を振り抜かれたが、ボールはゴールの上を通過して難を逃れた。41分にもシュ・イエンルーにボックス左への侵攻を許し、シュートでゴールを脅かされる嫌な展開が続いたが、相手のシュートミスにも助けられて試合を折り返す。 ▽1-0でリードして試合を折り返すと、前半終盤に押し込まれたなでしこは後半開始から猶本に代えて岩渕を投入する。 ▽ボールを保持して攻撃を展開したいなでしこと、少ない手数でシンプルに攻撃を仕掛ける中国という構図。61分には中国のワン・シュアンに左足を振り抜かれたが、GK池田が落ち着いて対応した。 ▽なでしこは63分、岩渕がドリブル突破で左サイドからボックス中央に切れ込み、ボックス内にスルーパス。走り込んだ田中が倒されたが、ここは笛がならず。直後にも岩渕が果敢なドリブルからゴールに迫り、攻撃を活性化させる。 ▽流れを引き寄せつつあるなでしこジャパン。しかし直後、中国のワン・シュアンに単独突破を許し、ボックス内でシュートフェイントを織り交ぜたドリブルに飜弄されてシュートを放たれるも、GK池田が左足でブロックしてチームの危機を救う。 ▽追加点が欲しいなでしこジャパンは80分、ボックス右外でパスを受けた大矢がダイレクトでクロス。これをボックス中央の岩渕がフリーでヘディングシュートを放つも、GKジャオ・リーナーの正面に飛んでしまう。 ▽試合終盤になると、疲労からか中国の攻勢が弱まる。対する日本は岩渕が一対一のチャンスを迎えるなど、最後まで攻撃を続けて試合を1-0で終わらせた。 ▽連勝を飾ったなでしこはこの結果、首位・北朝鮮と同勝ち点で2位をキープ。15日、東アジア制覇を懸けて北朝鮮と直接激突する。 2017.12.11 20:50 Mon
twitterfacebook
thumb

女子アジアカップの組み合わせ決定!なでしこジャパンはオーストラリア、韓国、ベトナムと同居《女子アジアカップ》

▽9日、AFC女子アジアカップヨルダン2018の組み合わせ抽選会が行われた。 ▽抽選会はヨルダンのアンマン郊外で行われた。前回大会優勝の日本は、グループBに入り、オーストラリア、韓国、ベトナムと同居。なお、グループAは、ヨルダン、中国、タイ、フィリピンが入っている。 ▽日本の初戦は、ベトナムとなり、韓国、オーストラリアの順に対戦。成績上位5カ国は、2019年に行われるFIFA女子ワールドカップフランス2019の出場権を獲得する。なでしこジャパンの高倉麻子監督は、今回の組み合わせ決定について日本サッカー協会(JFA)を通じてコメントしている。 「対戦相手が決まり、気持ちが引き締まる思いです。これで明確な強化プランを練られるということで、ひとつ区切りがついたなと思います。オーストラリア、韓国というFIFAランキングでも上位につける強豪国と、成長著しいベトナムと同じグループに入りましたが、今やどの国と対戦しても簡単な試合がないことはすでに多くの方がご存知のとおりです。ワールドカップ出場権獲得はもちろんのこと、アジア女王の座を守るべく、ここからの約4ヶ月という期間を最大限有効に使って、ベストな布陣とベストなコンディションで大会に臨めるよう準備していきたいと思います」 2017.12.10 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

MF長谷川唯がケガのためなでしこを離脱…追加招集はなし《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本サッカー協会(JFA)は9日、なでしこジャパンのMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)がケガのためにチームを離脱することを発表した。 ▽長谷川は8日に行われたEAFF E-1サッカー選手権の第1戦の韓国女子代表戦に先発で出場。前半は左サイドでプレーし、後半途中からはトップ下で起用されるなど、攻撃の起点として活躍し、75分までプレーして3-2の勝利に貢献していた。 ▽なお、JFAは長谷川に代わる選手の招集は行わないと発表。1人少ない状態で11日の中国女子代表戦、15日の北朝鮮女子代表戦を迎える。 2017.12.10 12:52 Sun
twitterfacebook
thumb

決勝弾のFW岩渕真奈、度重なるケガも「このチームでこのユニフォームを着たいという気持ちを強く持っていた」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは8日、EAFF E-1サッカー選手権の第1戦で韓国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、3-2で勝利した。 ▽試合後、決勝ゴールを記録したFW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、内容には満足していないと語るも「勝ち切ることでチームが成長する」と主張。また、度重なるケガに悩まされてきた中、「このチームでこのユニフォームを着たい」という気持ちが支えになっていたことを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆FW岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">──こぼれ球を押し込んで決勝点を記録したが</span> 「やけに落ち着いていたなと思います。(中島)依美がシュートを打ってくれての結果だったので、もっとチームとしてもシュート数を増やしていかなくてはいけないのかなと感じています」 <span style="font-weight:700;">──先に得点を奪うも追いつかれる展開に難しさを感じていたか</span> 「取って奪われてという状況でも主導権は握れていたと思います。どこかで決めたいなという気持ちありました。その中で良い時間帯に3点目を取ることができて良かったなと思います」 <span style="font-weight:700;">──こぼれ球は予測していたのか</span> 「そうですね。ただただこぼれ球を狙って走っていたら丁度良くこぼれてきたのでラッキーでした。チームでもこぼれ球にはしっかりと行こうねということを話していました。あそこで打ってくれるのが依美なので、狙い通りですね」 <span style="font-weight:700;">──やけに落ち着いてたと言ったが、そこは自身の成長した部分なのかたまたまなのか</span> 「たまたまという気持ちの方が強いです(笑) ただ、そういう部分でも成長したのかなと捉えるようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──ケガから復帰して多くの方に良い試合を観せたいという思いもあったと思うが</span> 「自分のケガがどうこうというよりかは、こうやって日本で開催してメディアの方にも多くきてもらっている中で、勝つか負けるかというのは大きな差だと思います。内容は良かったかと言われると正直そうは思いませんけど、勝ち切ることでチームが成長するのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──辛いリハビリ期間を過ごしたと思うが、支えになったものはあるか</span> 「やはりサッカーが好きだということが大前提です。このチームでこのユニフォームを着たいという気持ちは強く持っていました。そこに向けてしっかりやっていこうという気持ちが良いモチベーションになっていました」 2017.12.09 00:33 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場で勝利に導いたMF中島依美「流れを変えなくてはいけないと思っていた」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは8日、EAFF E-1サッカー選手権の第1戦で韓国女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、3-2で勝利した。 ▽試合後、途中出場で勝利に導いたMF中島依美(INAC神戸レオネッサ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。ピッチに入る際に「流れを変えなくてはいけない」と意識していたことを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆MF中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">──途中出場で1ゴール1アシストの活躍だが</span> 「途中から出場するからにはやはり流れを変えなくてはいけないと思っていました。ただ、それは自分だけの頑張りではなく、先発したメンバーたちの頑張りがあって勝利につながったと思います」 <span style="font-weight:700;">──ピッチに入る際はどのようなことを意識したか</span> 「サイドでの出場でしたけど、あまり中央に入りすぎずに外にいながら良いタイミングがあれば中に入ったり、相手が中に集まっているなら外で準備をしてそこから仕掛けることやシュートで終わるということを意識していました」 <span style="font-weight:700;">──ミドルシュートが3点目のきっかけとなったが</span> 「練習中からもミドルシュートは狙っています。そういったところでうまくゴールにつながってくれたのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──前半はボールを保持しているけど崩しきれない状況だったが</span> 「そういったところは自分たちの課題だと思います。練習の中で少しでも良くなるようにやっていきたいです」 2017.12.09 00:32 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース