高倉監督就任後初の国内試合へ!! なでしこジャパンが初招集4名を含むメンバーを発表《キリンチャレンジカップ2017》2017.03.30 15:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は30日、来月9日に熊本県で開催されるキリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~でコスタリカ女子代表と対戦するなでしこジャパンのメンバーを発表した。

▽会見に出席した高倉麻子監督は「震災後初の国際試合を、私が就任して初めてとなる国内の試合として熊本でやれることを嬉しく思います」と今回の試合に向けたコメントを述べた。

▽今回のメンバーでは、アルガルベカップ2017に選出された選手を軸に、MF猶本光(浦和レッズレディース)やDF市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)らが加わり、MF石井咲希(バニーズ京都SC)、MF隅田凛(日テレ・ベレーザ)、FW大矢歩(愛媛FCレディース)、FW上野真実(愛媛FCレディース)が初招集となった。

▽一方で海外組のFW岩渕真奈(バイエルン)、DF川村優理(ノースカロライナ・カレッジ)がメンバー外となり、DF有吉佐織(日テレ・ベレーザ)らも今回は招集されていない。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆なでしこジャパンメンバー
GK
1.山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
18.池田咲紀子(浦和レッズレディース)
21.山下杏也加(日テレ・ベレーザ)


DF
3.鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)
4.熊谷紗希(リヨン/フランス)
5.中村楓(アルビレックス新潟レディース)
2.高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)
22.石井咲希(バニーズ京都SC)※
23.市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)

MF
10.阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)
6.宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ)
7.中島依美(INAC神戸レオネッサ)
8.佐々木繭(マイナビベガルタ仙台レディース)
12.猶本光(浦和レッズレディース)
14.中里優(日テレ・ベレーザ)
16.隅田凛(日テレ・ベレーザ)※
17.長谷川唯(日テレ・ベレーザ)

FW
9.横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)
11.田中美南(日テレ・ベレーザ)
20.大矢歩(愛媛FCレディース)※
13.増矢理花(INAC神戸レオネッサ)
15.籾木結花(日テレ・ベレーザ)
19.上野真実(愛媛FCレディース)※

※は初招集

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこ、中島&田中弾で雨中のスイス戦を制す《MS&ADカップ2017》

▽なでしこジャパンは22日、MS&ADカップ2017でスイス女子代表を長野Uスタジアムに迎え、2-0で勝利した。 ▽なでしこはGK池田に最終ラインは右から鮫島、熊谷、宇津木、万屋を並べる。中盤の底で阪口と中里が組み、2列目は右から櫨、長谷川、籾木を起用。ワントップには横山が入った。 ▽強い雨が降る中で始まった試合、なでしこジャパンは立ち上がりにCKから際どいヘディングシュートを浴びて冷や汗をかかされるも、徐々にポゼッションを高めて主導権を掌握していく。すると、最初の決定機は19分。ペナルティアーク手前から櫨が左足を振る。 強烈なブレ球のミドルシュートが枠を捉えたが、これはGKのセーブに遭う。 ▽ハーフタイムにかけては、なでしこジャパンがスイスを押し込む。しかし、雨で湿ったピッチでなかなか相手を崩しきる攻撃を見せることができず、試合はゴールレスのまま折り返した。 ▽なでしこジャパンはハーフタイム明け、籾木に代えて中島を投入。そのなでしこジャパンが後半も主導権を握る。50分にはバイタルエリアで仕掛けた横山がボックス手前でミドルシュート。しかし、これはわずかにバーの上へはずれる。 ▽それでも、69分にはなでしこジャパンが試合の均衡を破る。バイタルエリア付近の櫨が右サイドからボックス右に走り込んだ中島にパス。これを受けた中島のシュートは一度、GKに防がれるも、こぼれ球を自ら拾ってシュートを流し込み、なでしこジャパンが先行した。 ▽その後もなでしこジャパンはペースを相手に渡さない。87分には、バイタルエリアで田中からボールを受けた途中出場の岩渕が相手GKのファインセーブを強いる枠内シュートを放って2点目に迫る。 ▽さらに、なでしこジャパンはアディショナルタイム3分、相手が前がかりになったところで最終ライン裏のスペースを突いた田中がボックス右からシュートを決めて2点目。そのまま相手をシャットアウト勝ちし、雨中の一戦を制した。 2017.10.22 18:22 Sun
twitterfacebook
thumb

INAC神戸GK武仲麗依が離脱…追加招集で浦和レディースGK松本真未子がなでしこジャパン初選出!《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、なでしこジャパンからINAC神戸レオネッサのGK武仲麗依がケガにより離脱することを発表した。 ▽なでしこジャパンは、22日(日)に長野Uスタジアムで「MS&ADカップ2017」のスイス女子代表戦を行う。キックオフは16時30分。 ▽また、武仲に代わり、浦和レディースに所属するGK松本真未子を追加招集することも併せて発表。松本は、2014年のU-17女子ワールドカップの優勝メンバー。これがなでしこジャパン初招集となる。 2017.10.19 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンから浦和レディースDF北川ひかるが離脱…新潟レディースDF中村楓を追加招集《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、「MS&ADカップ2017」のスイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンから浦和レッズレディースDF北川ひかるがケガにより離脱することを発表した。 ▽また、アルビレックス新潟レディースに所属するDF中村楓を追加招集することも併せて発表している。 ▽なでしこジャパンは、22日(日)に長野Uスタジアムでスイス女子代表と対戦。キックオフは16時30分に迎える。 2017.10.13 16:41 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和レッズレディースGK池田咲紀子、強いフィジカルを持つスイス代表相手に「相手が引くくらいの強さを見せたい」《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、22日(日)に長野県で行われる「MS&ADカップ2017」で、スイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。 ▽メンバー発表会見に伴って行われた株式会社ビームスとのアパレルプロバイダー契約の発表会見に出席したMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は同会見後、メディア陣による囲み取材に応対。代表定着に向けて取り組んでいることやアピールしたいことについて言及した。また、スイス代表戦に向けて、ファーストコンタクトの部分で強さを見せていきたいと意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆GK池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">――今回の代表での立ち位置は</span> 「あまり自分が立ち位置かというのはわかってないですし、召集された最初の頃と変わらないです。確立されているポジションでもないですし、一つの枠しかないポジションなので、ボジション争いが激しい中で自分のできることを毎日やってアピールしながら、チームが勝てるようにという部分を意識していきたいです」 <span style="font-weight:700;">――コンディション面で意識していることは</span> 「ケガをしない体づくりはもちろんですけど、世界の選手とぶつかっても負けないパワーの部分で体づくりを意識しています。現に体重も目に見えて少しずつ増えて生きているので、そこは意識して取り組んでいます」 <span style="font-weight:700;">――今一番代表に貢献できると思う部分は</span> 「試合の中ではやはりコーチングの部分で貢献できると思っています。それは自分の強みとしている部分でもありますし、自信があります」 <span style="font-weight:700;">――スイス女子代表の印象は</span> 「私自身、まだ試合を観ていないのでなんとも言えないですけど、フィジカルが強いというのは情報として聞いています。力強いシュートも飛んでくると思います。ただ、ファーストコンタクトの部分で、自分が相手の選手とぶつかる場面があれば、相手が引くくらい一回目に強さを見せられたらと思います」 <span style="font-weight:700;">――国内で試合をする時の楽しさは</span> 「チームで戦っている時に応援してくださっている方々がスタジアムに来てくださったり、友人や家族も観に来れるので、たくさんの方が応援に来てくれるところが楽しみです」 <span style="font-weight:700;">――高倉監督の求めるGK像の一つにビルドアップを挙げているが、そのことについてどう思うか</span> 「前回、出場した試合の前にも私が攻撃の起点になるつもりで後ろから組み立てて欲しいとは高倉監督に言われましたし、そこは自分の特徴で一番求められている部分だと思っています。そこは積極的にやりながら、他のGKとは違う部分をアピールしていきたいです」 2017.10.11 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

日テレ・ベレーザMF長谷川唯、代表への生き残りへ「目に見える結果でアピールする」《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、22日(日)に長野県で行われる「MS&ADカップ2017」で、スイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンのメンバー23名を発表した。 ▽メンバー発表会見に伴って行われた株式会社ビームスとのアパレルプロバイダー契約の発表会見に出席したMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は同会見後、メディア陣による囲み取材に応対。スイス女子代表戦や今後のレギュラー争いについての意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">――スイス女子代表の印象は</span> 「あまりイメージがないです。試合もあまり観たことないですけど、一回ドイツに練習に参加した時にいた選手もいるので、そういう意味ではすごく楽しみです」 <span style="font-weight:700;">――この一戦で大事にしたい部分は</span> 「まずはチームとして勝たなくてはいけないです。前回のアメリカ遠征では内容もあまり良くなかったですし、結果も出ませんでした。そういう意味でも、日本でいろいろな人に見てもらうためには結果が必要なので、まずしっかりと勝つことが大事だと思っています」 <span style="font-weight:700;">――スイス戦が終われば、東アジア選手権、フランスワールドカップの予選が始まり、そこに向けてサバイバルも厳しくなるが</span> 「今はリーグ戦があって、所属クラブでアピールすることで呼ばれていると思います。これからはリーグ戦が終わって皇后杯だけになるので、そういう意味でも代表に行った時に結果を出さないと呼ばれないと思っています。得点やアシストという目に見える結果でアピールできればと思います」 <span style="font-weight:700;">――チームで求められていると思う部分は</span> 「高倉監督からは得点の部分を求められていると思います。ただ、自分の特徴は運動量なので、攻守にわたって運動量で負けないことが大事だと思います。今は一対一の守備も意識していて、サイドハーフをやっていますけど、自分のところでしっかりと奪い切るということを意識しています」 <span style="font-weight:700;">――今日はモデルを務めたが、普段はお洒落にこだわっているか</span> 「1つのブランドに絞るタイプですね(笑)」 <span style="font-weight:700;">――今回はFW岩渕真奈( INAC神戸レオネッサ)が選出されているが、プレーした機会は</span> 「代表で練習だけやったことはありますけど、試合とかではやったことないです」 <span style="font-weight:700;">――一緒にプレーするのに意識したいことは</span> 「結構、(岩渕選手は)ドリブルで仕掛けるイメージがありますし、自分はパスやアシストの部分を大切にしています。岩渕選手は、動き出しの部分やスピードが早いので、そこに自分が良いパスを出すことができれば、得点につながると思うので意識してみたいです」 2017.10.11 22:09 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース