【アンケート結果】ユーザー選定MOMにFW久保裕也! DF長友佑都やFW本田圭佑に厳しい採点2017.03.29 16:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽超WS有料版で実施していた28日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。

▽試合は8分にMF香川真司、19分にFW岡崎慎司のゴールで日本が2点をリード。後半にもFW久保裕也、DF吉田麻也のゴールで加点し、同勝ち点のサウジアラビア代表を得失点差で交して首位に浮上しました。

▽ユーザー投票の結果を見ると、先のUAE代表戦に続くゴールと2アシストを記録したFW久保裕也が【7.5】の最高評価。最低はPK献上など精彩を欠いたDF長友佑都の【4.7】となりました。

◆タイ戦のユーザー採点結果
GK
川島永嗣 6.9

DF
酒井宏樹 5.3
吉田麻也 6
森重真人 5.1
長友佑都 4.7

MF
山口蛍 5.3
酒井高徳 5.2
香川真司 6.1
→清武弘嗣 5.6

FW
久保裕也 7.5
→宇佐美貴史 -
岡崎慎司 6.3
原口元気 5.6
→本田圭佑 4.8

監督
ハリルホジッチ 5.8

◆皆様の声(一部)
・久保選手、本当によくやった!! 今回のように若手にどんどん活躍していって欲しい。

・大勝したが、川島選手のおかげで助かった試合

・大きな前進

・PKストップの一点が大きい、川島は仕事しましたね

・勝てて当たり前、浮かれたらあかん!

・久保選手最高でした。今の代表に無くては成らない選手、他の選手の刺激されて、いい試合を見せて下さい。頑張れ日本代表

・最終予選では流れを変える選手が必ず現れる

・快勝なんだけど今後の相手を考えると今の守備だと不安

・残り全勝で

・タイ相手に流れの悪い時間が多過ぎ。次の試合からは守備の対策とらないと不安

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表のドローは順当か…元英代表MFのW杯セネガル戦評価とは?

元イングランド代表MFレオン・オズマンが、24日に行われた日本対セネガルを振り返った。『BBC』が報じた。<br><br>日本は、11分に川島永嗣のパンチングに対してゴール至近距離で反応したサディオ・マネに決められて先制されるも、34分にボックス左から乾貴士が決めて1-1とする。後半、日本はチャンスを得るも決めきれず、70分には逆にムサ・ワゲにネットを揺らされて失点。それでも、78分には本田圭佑が同点弾を奪い、勝ち点1を獲得した。<br><br>オズマンは、「どちらのチームも敗北にはふさわしくなかった」と話し、以下のように続けた。<br><br>「どちらのチームもうまくプレーしたね。守備面に関しては、どちらも弱さがあると思う。でも、攻撃面においてはどちらのチームも危険な仕掛けを見せていた。日本とセネガルがグループリーグ突破に近い2チームだと思う」<br><br>日本代表は今後、28日にロシアW杯グループH最終節でポーランドと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.25 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン監督、批判集中のイニエスタを擁護…しかしモロッコ戦で先発から外す可能性も

スペインを率いるフェルナンド・イエロ監督が、現在スペイン国内で批判を受けているMFアンドレス・イニエスタを擁護した。<br><br>ロシア・ワールドカップでもスペインの先発として出場しているイニエスタだが、これまでには考えられないボールロストや、フィジカルに衰えが見えると批判が集中している。だがスペイン『オンダ・セロ』のインタビューに応じたイエロ監督は、イニエスタがこれまでずっとスペインを代表する選手であったことを強調しながら、その重要性を説いている。<br><br>「私たちはずっとアンドレスと寄り添ってきた。彼がバロンドール(欧州最優秀選手賞)を獲得すべきとか、獲得していないのは不当だとか言いながらね」<br><br>しかしながらスペインメディアは、イエロ監督が25日に行われるグループB最終節モロッコ戦で、イニエスタを先発から外す可能性も指摘している。<br><br>ヘスス・ガジェゴ記者はラジオ局『カデナ・セール』の番組で、「思うにイニエスタ、またシルバは明日プレーしないだろう。モロッコはとてもよく走り、ポルトガルを自陣に押し込めていたしね」と発言。またWEBメディア『OKディアリオ』は、モロッコ戦で先発するかどうか分からない唯一の選手がイニエスタだとしている。<br><br>そうした報道に加えてスポーツ紙『アス』のアルフレド・レラーニョ編集長は、年齢や批判を浴びる状況に鑑みて、イニエスタを一度休ませるべきとの見解を示した。<br><br>「イニエスタが咎められないようにするためにも、彼に休みを与えるかどうかがモロッコ戦の疑問点となる。イラン戦のゴールが彼のパスから生まれたことは、誰も忘れてはならない。しかし彼のプレーは良くはなかった。彼は34歳で、休憩することを必要としている」<br><br>果たしてイエロ監督は、イニエスタを先発させるのか、それともベンチに置くのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.25 09:50 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、3大会連続得点&アシスト記録! ベッカム&ロッベンらに続く歴代6人目の達成者に!

▽日本代表MF本田圭佑が、W杯歴代6人目の偉業を成し遂げた。 ▽日本は24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節でセネガル代表と対戦。この日ベンチスタートだった本田は1-2のビハインドの状況で72分から途中出場を果たすと、78分にボックス左の乾の折り返しを押し込んで同点ゴールを奪った。 ▽試合はこのまま2-2の引き分けに終わったが、本田はこれで3大会連続で得点とアシストを記録。イギリス『BBC』によると、1966年大会以降、6人目の達成者となったようだ。 ▽本田は自身初出場となった2010年の南アフリカ大会で初戦のカメルーン代表戦で決勝点を記録。第3戦のデンマーク代表戦では直接FKでのゴールと、FW岡崎慎司へのアシストを記録していた。2014年のブラジル大会でも初戦のコートジボワール戦でゴールをマーク。第3戦のコロンビア代表戦で岡崎のヘディングシュートをクロスから演出した。 ▽今大会では初戦のコロンビア戦でFW大迫勇也のヘディングシュートを左CKからお膳立て。そして今回のセネガル戦でのゴールで3大会連続のゴール・アシスト達成者となった。1966年以降のこれまでの達成者は元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン、ガーナ代表FWアサモア・ギャンのほか、元ポーランド代表FWグジェゴシ・ラトー氏、元ドイツFWルディ・フェラー氏がいる。 2018.06.25 09:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「高い質を兼ね備えたテクニカルなチーム」セネガル代表指揮官、激戦繰り広げた日本を称賛

▽セネガル代表を率いるアリウ・シッセ監督が、日本代表戦を振り返った。 ▽セネガルは24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節で日本代表と対戦。序盤から圧力をかけたセネガルは11分、ゴール前に詰めていたマネにGK川島の弾いたボールが当たってゴールに吸い込まれ、先制点を奪取。その後、34分に試合を振り出しに戻されたが、71分にワゲが左サイドからのクロスを蹴り込んで勝ち越しに成功した。それでも78分に途中出場の本田に同点ゴールを奪われてしまい、日本と2-2で引き分けた。 ▽試合後、シッセ監督は2度のリードを奪いながら勝ち切れなったことを悔やんだ。また、激戦を繰り広げた日本を称賛している。 「もちろん残念な気持ちがある。ポーランド戦と比べて、セネガルの偉大なパフォーマンスを見せることができなかった。素直に良くなかった。そして日本はより良いチームだった。それは事実だが、我々は2度リードしていたんだ。こちらが与えてしまった2得点については腹立たしいよ。日本は予想していた通りのプレーをしていた。高い質を兼ね備えたテクニカルなチームだった。最初は我々が良いプレッシャーをかけてミスを誘い、それを利用することができた。しかし、彼らに少しでもスペースを与えると、すぐに我々にとって試合を難しくさせた。ただ今はコロンビア戦に向けて良い方向に考えなくてはいけないね」 2018.06.25 08:44 Mon
twitterfacebook
thumb

【日本代表ターニングポイント】西野采配的中! システム変更&選手交代で勝ち点1奪取

▽日本代表は、24日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第2戦でセネガル代表と対戦。2点ずつを取り合い、2-2のドローに終わった。 ▽互いに初戦で勝利していた両国にとって、この試合は大きな意味を持っていた。敗れれば厳しい状況に、逆に勝利すればグループステージ突破の可能性もあった試合。両者の勝利への思いが、試合にも表れ、好ゲームとなった。 <span style="font-weight:700;">◆冷静に対応した日本</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽立ち上がり、セネガルは積極的に試合に入り、前線からのプレス、そしてボール奪取からの素早い攻撃を仕掛けた。しかし、初戦に勝っていたからか、日本は慌てることなく対応。一対一の局面では何度か突破されるシーンがあったものの、決定機を作らせるまでには至らなかった。 ▽しかし、耐える時間でもあった中、日本は残念な形で失点。正面のシュートをGK川島永嗣がパンチング。しかし、これがFWサディオ・マネに当たりゴールネットを揺らした。 ▽アンラッキーとも言える失点だったが、日本は冷静に対応した。攻撃時にはシステムを若干変更。MF長谷部誠を最終ラインへと入れ、3バックに。MF柴崎岳がアンカーのポジションに入り、両サイドバックが高い位置を取った。これが1つ目の“ターニングポイント”だ。 ▽柴崎がボールを持ち、周りを見る時間が増えた。そこから同点ゴールが生まれる。34分、柴崎のロングフィードにDF長友佑都が最終ラインの裏で反応。そこからボックスに侵入すると、ボールを失ったかに見えたが、持ちこたえ、こぼれ球を拾ったMF乾貴士がコースを狙ってネットを揺らした。 <span style="font-weight:700;">◆本田圭佑、岡崎慎司の投入</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽1-1で迎えた後半、またしてもセネガルにリードを許す。すると、西野朗監督は選手交代。FW岡崎慎司を準備していたが、MF本田圭佑に変更。その直後に岡崎を投入し、流れが変わった。 ▽ボックス手前でFW大迫勇也がボールを受けると、そのままキープしクロス。これに岡崎が飛び込むと、中央でGKと交錯して潰れる。流れたボールに反応した乾が、ライン際でマイナスのパスを送ると、岡崎が再び合わせに動き、最後は本田が蹴り込んで同点となった。 ▽本田は、コロンビア戦のアシストに続いて、決定的な仕事をこなし、自身3大会連続ゴールを記録。岡崎も、持ち前のボールへの執着心を見せ、陰ながらアシストした。 ▽西野監督の選手交代がズバり当たり、日本は2-2のドロー。第3戦でグループステージ突破を懸けて、敗退が決定したポーランド代表と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆選手、監督が持つ自信</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2試合で4ゴール。コロンビア戦は同点に追いつかれてからの勝ち越し、セネガル戦は2度リードを許してからの追い付きを見せた。下馬評が高くなかった日本にとっては、1勝1分けという結果は悪くない。そして、苦境に立たされても盛り返す力は、自信が大きいだろう。 ▽西野監督は、2試合続けて選手交代で流れを変えて結果を掴んだ。選手たちも、それぞれが持ち味を出し、それぞれの特徴を生かしてゴールを奪っている。試合を重ねるごとに増していく自信。過信にならなければ、2大会ぶりのベスト16は見えてくるはずだ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.06.25 07:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース