サンチェス弾含む3発のチリがベネズエラ撃破《ロシアW杯南米予選》2017.03.29 09:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チリ代表は日本時間29日、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の第14節でベネズエラ代表とホームで対戦し、3-1で勝利した。

▽5日前に行われた前節アルゼンチン代表戦を0-1と敗れた6位チリ(勝ち点20)が、最下位ベネズエラ(勝ち点6)をホームに迎えた

▽試合は開始5分、ゴール正面の位置で得たFKをサンチェスが直接狙うと、枠の右角に当たったシュートがゴールに吸い込まれ、チリが先制した。

▽続く9分にはチリが追加点。サンチェスの絶妙なスルーパスに抜け出したボックス右のアランギスが中へ折り返し、フリーのパレデスが押し込んだ。

▽攻撃の手を緩めないチリは22分、右サイドのイスラがクロスを供給。ファーサイドのサンチェスがヘッドで折り返し、パレデスが頭でネットを揺らした。

▽反撃に出たいベネズエラは63分、敵陣中央のやや右寄りの位置で得たFKからロンドンのヘディングシュート。これで1点を返すと、その後も勢いづく。

▽そうした状況の中、チリは76分に左CKからボックス内でE・バルガスに対するフェルツチェルのホールディングでPKのチャンスを獲得。しかし、サンチェスが決めきれない。

▽それでも、チリがベネズエラの反撃を1点でシャットアウト。勝利で締めくくった。

コメント

関連ニュース

thumb

大会MVPはドイツ主将MFドラクスラー! 得点王はドイツFWヴェルナー《コンフェデレーションズカップ2017》

▽2日、ロシアで開催されていたコンフェデレーションズカップ2017の全日程が終了した。そして、決勝戦終了後に大会最優秀選手賞および大会得点王が発表された。 ▽ドイツ代表の初優勝で幕を閉じたコンフェデレーションズカップ2017で、大会最優秀選手に与えられるゴールデンボールに輝いたのは、キャプテンとしてドイツを初優勝に導いたMFユリアン・ドラクスラー。大会を欠場したGKマヌエル・ノイアーに代わって、控えメンバー中心のスカッドでキャプテンの大役を担ったドラクスラーは、5試合に出場して1ゴール1アシストを記録。また、見事な仕掛けやパスで攻撃をけん引し、数字以上のインパクトを残した。 ▽大会得点王に与えられるゴールデンブーツは、大会3ゴールのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが選出された。ヴェルナーは、同胞MFレオン・ゴレツカ、MFラース・シュティンドルと3ゴールで並んでいたものの、出場時間と2つのアシスト数で上回り、得点王に輝いた。 ▽また、大会最優秀GKに与えられるゴールデングローブは、準優勝のチリ代表からGKクラウディオ・ブラーボが選ばれた。グループB最初の2試合をケガで欠場したブラーボだったが、グループ最終節のオーストラリア代表戦で今大会初出場を果たすと、準決勝のポルトガル代表戦では再三のビッグセーブで120分間を無失点で凌ぐ。さらに、PK戦では圧巻の3連続ストップを披露し、チリの決勝進出の立役者となっていた。なお、コンフェデレーションズカップ2017の各賞受賞者は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ゴールデンボール(最優秀選手賞)</span> ドイツ代表MF:<span style="font-weight:700;">ユリアン・ドラクスラー</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">◆ゴールデンブーツ(大会得点王)</span> ドイツ代表FW:<span style="font-weight:700;">ティモ・ヴェルナー</span>(RBライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">◆ゴールデングローブ(大会最優秀GK)</span> チリ代表GK:<span style="font-weight:700;">クラウディオ・ブラーボ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) 2017.07.03 05:58 Mon
twitterfacebook
thumb

シュティンドル弾を守り抜いたドイツがチリをシャットアウトし初優勝《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017決勝、チリ代表vsドイツ代表が2日にサンクト・ペテルブルク・スタジアムで行われ、0-1でドイツが勝利し、初優勝を飾っている。 ▽4日前に行われたポルトガル代表戦を0-0で迎えた延長戦の末、GKブラーボの大活躍で決勝に進出したチリは、ポルトガル戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽一方、3日前に行われたメキシコ代表戦をゴレツカの2ゴールなどで4-1と圧勝したドイツは、メキシコ戦のスタメンからヘンリクスに代えてムスタフィのみを変更した。 ▽グループステージ第2節で対戦した際には1-1で引き分けた両国の一戦。アグレッシブな入りを見せたチリは開始5分に決定機。アランギスがボックス内へ侵入した流れから、ビダルが右足アウトでシュートに持ち込むも、GKテア・シュテーゲンにセーブされた。 ▽その後もハイプレスをかけるチリが主導権を握り、13分にはE・バルガスが枠内シュートを浴びせると、20分にも決定機。ビダルのミドルシュートがGKテア・シュテーゲンを強襲すると、ルーズボールをサンチェスがシュート。しかし、ミートしきれなかった。 ▽すると20分、ヴェルナーが敵陣でディアスからボールを奪うと、ボックス左へ侵入。GKブラーボを引き付けて丁寧に中へ折り返したクロスをシュティンドルが無人のゴールに流し込んだ。 ▽1チャンスを活かして先制したドイツは、ハーフタイムにかけて自陣に引きながら応戦。36分にはゴレツカがボックス右からシュートに持ち込めば、40分にもカウンターからドラクスラーが決定的なシュートを浴びせ、流れを引き寄せたまま後半へ折り返した。 ▽後半もドイツがカウンターでけん制すると、55分にドラクスラーがドリブルシュートで追加点に迫る。そして54分、ヴェルナーがハラにヒジ打ちを見舞われたものの、ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)はイエローカードの判定を下した。 ▽助かったチリはここから攻勢を強める。74分にE・バルガスが枠内シュートを浴びせると、直後にもビダルがゴール至近距離から決定的なシュートを放った。 ▽逃げ切りを図るドイツは79分、ヴェルナーに代えてカンを中盤に投入。シュティンドルを最前線に配置した。 ▽残り時間10分を切ってチリはサガルとプッチの両アタッカーを投入。すると84分にはサガルがプッチの折り返しをダイレクトで合わせる決定機を迎えるも、枠を捉えきれなかった。 ▽終盤にかけてもチリが猛攻に出ると、試合終了間際にはサンチェスが直接FKでゴールを脅かしたが、ドイツが5分の追加タイムをシャットアウトして逃げ切り勝利。コンフェデレーションズカップ初優勝を飾っている。 2017.07.03 05:02 Mon
twitterfacebook
thumb

チリ代表ブラーボがコンフェデ杯優勝を誓う「できなければ子供に怒られる」

チリ代表のクラウディオ・ブラーボがコンフェデレーションズカップ決勝への意気込みを語った。『OMNISPORT』が伝えている。<br><br>チリ代表は28日、コンフェデ杯の準決勝でポルトガル代表と対戦。PK戦の末に勝利し、決勝進出を決めた。PK戦で3本のシュートをストップする活躍を見せたブラーボは決勝戦に向けて以下のようなコメントを残している。<br><br>「活躍を期待されていることを理解しなければならない。僕は家に4人の子どもがいる。手ぶらで帰宅すれば末っ子は腹を立てて結果を要求するだろうね。だが、僕らは(準決勝において)自分たち自身で勝利を勝ち取ることができた。素晴らしいことだし、今後も同じように続いてほしい。ファンに喜びを与え続けたい。次は重要な一歩だ。決勝でも望みどおりの結果を手にして目標を達成したい」<br><br>チリは7月2日、準決勝のもう一つのカードでメキシコを4-1で下したドイツと決勝戦で対戦する。なお、両チームはグループリーグでも対戦しており、試合は1-1の引き分けに終わっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.30 15:06 Fri
twitterfacebook
thumb

驚異のPK3連続セーブを見せたチリ代表GKブラーボ、チームの精神力を称賛

チリ代表のGKクラウディオ・ブラーボとMFアルトゥーロ・ビダルがポルトガル代表を下して喜びのコメントを残した。<br><br>チリ代表は28日、コンフェデレーションズカップ準決勝でポルトガル代表と対戦。PK戦の末に勝利し、決勝進出を決めた。PK戦で3本のシュートをストップする活躍を見せたブラーボは以下のようなコメントを残している。<br><br>「素晴らしい。チームにおめでとうといいたい。信じられないくらい厳しい戦いだったけど、僕らは諦めなかった。それが僕らの良いところだ。だから勝利を掴むことができた」<br><br>また、ビダルは「僕らは狂人のように戦い抜いた。決勝ではドイツと対戦したいね。そして優勝したい」とチームのファイティングスピリットを称え、決勝戦へと目を向けた。<br><br>準決勝のもう1つのカードでは、29日にドイツ代表がメキシコ代表と対戦する。チリはこの試合の勝者と7月2日に決勝戦で戦う。<br><br>提供:goal.com 2017.06.29 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポルトガル 0-0(PK0-3) チリ《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017準決勝ポルトガルvsチリが28日にカザン・アリーナで行われ、0-0で90分を終了。延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に0-3としたチリが決勝へ進出した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルトガル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170629_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 R・パトリシオ 6.5 PK戦では止められなかったが、120分間の中で3つファインセーブを見せる DF 21 セドリック 6.0 攻撃参加を果敢に図る。守備面でもサンチェスを止めた 6 フォンテ 5.5 要所を締めた守備を続けた 2 ブルーノ・アウベス 5.5 ペペ不在のディフェンスラインを統率 19 エリセウ 6.0 攻守に質の高いプレーを見せた MF 10 ベルナルド・シウバ 5.5 持ち前のキープ力でタメを作った (→クアレスマ 5.0) アクセントを付けられず。PKも失敗 14 W・カルバーリョ 5.5 バイタルエリアをしっかり監視 23 アドリエン・シウバ 5.5 守備のバランスを保つ (→モウティーニョ 5.0) クアレスマ同様、試合に入れず。PK失敗 15 アンドレ・ゴメス 5.5 リスク管理を考えたポジショニングで攻守のバランスを取る (→ジェウソン・マルティンス -) FW 9 アンドレ・シウバ 5.0 幾つかあった決定機を仕留めたかった (→ナニ 5.0) PK失敗。流れの中でも仕事できず 7 C・ロナウド 5.5 左サイドに流れての仕掛けでシュートに持ち込んだ 監督 サントス 5.5 守備に追われる状況が続き、交代選手もハマらなかった ▽チリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170629_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブラーボ 7.0 7分のアンドレ・シウバの至近距離からのシュートをストップ。PK戦で無双 DF 4 イスラ 6.0 C・ロナウドをうまく封じる (→フエンサリダ -) 17 メデル 6.0 イスラとの連携でロナウドを止める 18 ハラ 6.0 安定感あるプレーぶり 15 ボセジュール 6.0 好クロスで好機演出。守備も及第点以上 MF 10 パブロ・エルナンデス 6.0 攻守のバランスを保った (→F・シルバ -) 8 ビダル 6.0 トップ下の位置でシュートシーンに絡んだ 21 ディアス 6.0 ビルドアップの中心。ボールロストなく前線にボールを配球 20 アランギス 5.5 前半に2つあった決定機を活かしたかった。2番手のキッカーとしてPK成功 FW 11 E・バルガス 5.5 難しい体勢からのシュートでゴールを脅かした (→マルティン・ロドリゲス 5.5) バー直撃のシュートがあった 7 サンチェス 5.5 1本、好スルーパスを供給も良い形でボールを受けられずシュートに持ち込めない状況が多かった 監督 ピッツィ 6.0 内容でポルトガルを上回り、PK戦を制した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ブラーボ(チリ) ▽満場一致でブラーボを選出。マンチェスター・シティでの不安定なプレーから一転、バルセロナ時代の輝きを取り戻したかのような躍動ぶりだった。 チリ 0-0(PK3-0) ポルトガル 1.ビダル 〇 × クアレスマ 2.アランギス 〇 × モウティーニョ 3.サンチェス 〇 × ナニ 2017.06.29 05:56 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース