ハメス・ロドリゲスの1G1Aでコロンビアが10人のエクアドル撃破《ロシアW杯南米予選》2017.03.29 07:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の第14節エクアドル代表vsコロンビア代表が日本時間29日に行われ、0-2でコロンビアが勝利した。

▽5日前に行われた前節パラグアイ代表戦を1-2と敗れた5位エクアドル(勝ち点20)と、前節ボリビア代表戦を1-0と勝利した4位コロンビア(勝ち点21)の一戦。

▽4位までに与えられるW杯自動出場圏内のぎりぎりに位置する両国の対戦。立ち上がりはコロンビアが圧力をかけていくも、徐々に盛り返したエクアドルは17分、ゴール正面の位置で得たFKをE・バレンシアが直接狙ってゴールに迫る。

▽直後の18分、カルドナのシュートがネットを揺らすもオフサイドに阻まれたコロンビアは19分、W・アジョビの直接FKでゴールを脅かされたが、GKオスピナが好守で阻止。

▽すると20分、M・ボルハの左サイドからの右足アウトでの絶妙なクロスにハメス・ロドリゲスが身体ごと押し込んでコロンビアが先制する。さらに34分、左サイドからのハメス・ロドリゲスのクロスにクアドラードが詰めてリードを広げた。

▽迎えた後半、前がかるエクアドルをいなすコロンビアが主導権を握り続けると、57分にはボックス左へ抜け出したM・ボルハがGKに倒されるも、主審はノーファウルの判定を下す。それでも61分にはルイス・カイセドが危険なスライディングタックルを見舞って2枚目のイエローカードを受けて退場となり、数的優位となった。

▽そのまま3-0で危なげなく試合を終わらせたコロンビアがアルゼンチンをかわして暫定2位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

「高い質を兼ね備えたテクニカルなチーム」セネガル代表指揮官、激戦繰り広げた日本を称賛

▽セネガル代表を率いるアリウ・シッセ監督が、日本代表戦を振り返った。 ▽セネガルは24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節で日本代表と対戦。序盤から圧力をかけたセネガルは11分、ゴール前に詰めていたマネにGK川島の弾いたボールが当たってゴールに吸い込まれ、先制点を奪取。その後、34分に試合を振り出しに戻されたが、71分にワゲが左サイドからのクロスを蹴り込んで勝ち越しに成功した。それでも78分に途中出場の本田に同点ゴールを奪われてしまい、日本と2-2で引き分けた。 ▽試合後、シッセ監督は2度のリードを奪いながら勝ち切れなったことを悔やんだ。また、激戦を繰り広げた日本を称賛している。 「もちろん残念な気持ちがある。ポーランド戦と比べて、セネガルの偉大なパフォーマンスを見せることができなかった。素直に良くなかった。そして日本はより良いチームだった。それは事実だが、我々は2度リードしていたんだ。こちらが与えてしまった2得点については腹立たしいよ。日本は予想していた通りのプレーをしていた。高い質を兼ね備えたテクニカルなチームだった。最初は我々が良いプレッシャーをかけてミスを誘い、それを利用することができた。しかし、彼らに少しでもスペースを与えると、すぐに我々にとって試合を難しくさせた。ただ今はコロンビア戦に向けて良い方向に考えなくてはいけないね」 2018.06.25 08:44 Mon
twitterfacebook
thumb

【日本代表ターニングポイント】西野采配的中! システム変更&選手交代で勝ち点1奪取

▽日本代表は、24日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第2戦でセネガル代表と対戦。2点ずつを取り合い、2-2のドローに終わった。 ▽互いに初戦で勝利していた両国にとって、この試合は大きな意味を持っていた。敗れれば厳しい状況に、逆に勝利すればグループステージ突破の可能性もあった試合。両者の勝利への思いが、試合にも表れ、好ゲームとなった。 <span style="font-weight:700;">◆冷静に対応した日本</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽立ち上がり、セネガルは積極的に試合に入り、前線からのプレス、そしてボール奪取からの素早い攻撃を仕掛けた。しかし、初戦に勝っていたからか、日本は慌てることなく対応。一対一の局面では何度か突破されるシーンがあったものの、決定機を作らせるまでには至らなかった。 ▽しかし、耐える時間でもあった中、日本は残念な形で失点。正面のシュートをGK川島永嗣がパンチング。しかし、これがFWサディオ・マネに当たりゴールネットを揺らした。 ▽アンラッキーとも言える失点だったが、日本は冷静に対応した。攻撃時にはシステムを若干変更。MF長谷部誠を最終ラインへと入れ、3バックに。MF柴崎岳がアンカーのポジションに入り、両サイドバックが高い位置を取った。これが1つ目の“ターニングポイント”だ。 ▽柴崎がボールを持ち、周りを見る時間が増えた。そこから同点ゴールが生まれる。34分、柴崎のロングフィードにDF長友佑都が最終ラインの裏で反応。そこからボックスに侵入すると、ボールを失ったかに見えたが、持ちこたえ、こぼれ球を拾ったMF乾貴士がコースを狙ってネットを揺らした。 <span style="font-weight:700;">◆本田圭佑、岡崎慎司の投入</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽1-1で迎えた後半、またしてもセネガルにリードを許す。すると、西野朗監督は選手交代。FW岡崎慎司を準備していたが、MF本田圭佑に変更。その直後に岡崎を投入し、流れが変わった。 ▽ボックス手前でFW大迫勇也がボールを受けると、そのままキープしクロス。これに岡崎が飛び込むと、中央でGKと交錯して潰れる。流れたボールに反応した乾が、ライン際でマイナスのパスを送ると、岡崎が再び合わせに動き、最後は本田が蹴り込んで同点となった。 ▽本田は、コロンビア戦のアシストに続いて、決定的な仕事をこなし、自身3大会連続ゴールを記録。岡崎も、持ち前のボールへの執着心を見せ、陰ながらアシストした。 ▽西野監督の選手交代がズバり当たり、日本は2-2のドロー。第3戦でグループステージ突破を懸けて、敗退が決定したポーランド代表と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆選手、監督が持つ自信</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2試合で4ゴール。コロンビア戦は同点に追いつかれてからの勝ち越し、セネガル戦は2度リードを許してからの追い付きを見せた。下馬評が高くなかった日本にとっては、1勝1分けという結果は悪くない。そして、苦境に立たされても盛り返す力は、自信が大きいだろう。 ▽西野監督は、2試合続けて選手交代で流れを変えて結果を掴んだ。選手たちも、それぞれが持ち味を出し、それぞれの特徴を生かしてゴールを奪っている。試合を重ねるごとに増していく自信。過信にならなければ、2大会ぶりのベスト16は見えてくるはずだ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.06.25 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

日本がベスト16に進む条件は!? ポーランドに負けても可能性あり

▽24日、日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2戦でセネガル代表と対戦。2-2のドローに終わった。 ▽初戦を勝利で終えていた日本とセネガルは勝ち点4で並んでいる状況。そして、24日の27時から行われたポーランド代表vsコロンビア代表は0-3でコロンビアが勝利。この結果、ポーランドのグループステージ敗退が決定した。 ▽日本、セネガル、コロンビアの3カ国が2つの枠を争うグループH。最終戦で全てが決まるが、日本がベスト16に進出する条件を整理したい。 ■パターン①:日本勝利 ▽まずは日本が、ポーランド相手に勝利した場合だ。この場合、日本は勝ち点を7まで伸ばすこととなる。セネガルは勝ち点4、コロンビアは勝ち点3となっており、両国共に日本を上回ることが無いため、日本のラウンド16進出が決定する。 ■パターン②:日本引き分け ▽日本が引き分けた場合はどうだろうか。この場合、日本の勝ち点は5となる。仮に、セネガルが勝利した場合は、セネガルが勝ち点7となり、日本は2位でグループステージ突破が決まる。コロンビアが勝利した場合でも、コロンビアの勝ち点が6、日本は5のため、2位でのグループステージ突破となる。 ■パターン③:日本敗戦 ▽最後のパターンは日本がポーランドに敗れた場合だ。その場合、日本の勝ち点は「4」のままだ。この場合、日本が突破する条件は1つ。セネガルが勝利することだ。セネガルが勝利すれば、セネガルの勝ち点は「7」、コロンビアは「3」のまま。日本を勝ち点で抜くことができず、日本のグループステージ突破が決定する。 ▽ちなみに、引き分けに終わると、日本とコロンビアが勝ち点で並ぶが、コロンビアが得失点差で現状上回っているため、日本の3位転落となり、グループステージ敗退となる。 ▽つまり、日本はポーランド相手に引き分け以上の結果を残せば、自動的にベスト16入りが決定する。一方で、ポーランドに敗れた場合でも、セネガルがコロンビアに勝利すれば決定だ。運命の第3戦は28日(木)23時から行われる。 2018.06.25 06:55 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポーランド 0-3 コロンビア《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節、ポーランド代表vsコロンビア代表が24日にカザン・アリーナで行われ、0-3でコロンビアが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポーランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180625_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.0 好守なく3失点 DF 20 ピシュチェク 5.0 3バックの右では攻撃センスを発揮できず 5 ベドナレク 5.0 ラインを下げ過ぎてチームが間延びした 2 パズダン 5.5 自身のエリアに入ってきた選手に対してはタイトに潰した (→グリク -) MF 18 ベレシュインスキ 5.0 右サイドを攻略できず (→テオドルチク 5.0) ロングボール要員で前線に入るも打開できず 10 クリホヴィアク 5.0 ゲームを作れず。展開力がなかった 6 ゴラルスキ 5.0 キンテーロを止められず、攻撃面での貢献も皆無 13 リブス 4.5 クアドラードを止められず FW 19 ジエリンスキ 5.0 レヴァンドフスキをサポートできず 9 レヴァンドフスキ 5.0 初戦に続き孤立した 23 コフナツキ 5.0 ボールが入れば一定のキープ力を見せたが、脅威は与えられず (→グロシツキ 5.0) ドリブルでの打開はなかった 監督 ナヴァルカ 5.0 3バックに変更も効果なし。2戦連続低調な試合を演じ、あっけなく敗退 ▽コロンビア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180625_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 オスピナ 6.5 レヴァンドフスキとの一対一を止め、強烈なミドルシュートも止めた DF 4 S・アリアス 6.0 自身のサイドを破られることはなかった。絞る守備も良かった 13 ミナ 6.5 先制ゴールを決め、D・サンチェスと共にレヴァンドフスキを止めた 23 D・サンチェス 6.0 レヴァンドフスキにしっかり対応 17 モジカ 6.0 高い位置まで上がって攻撃の起点に MF 11 クアドラード 6.5 スピードに乗ったドリブルで違いを生む。ダメ押しゴールを挙げた 20 キンテーロ 6.5 ハメス・ロドリゲスと共にアイデア溢れるプレーで攻撃を牽引 (→レルマ -) 5 バリオス 6.0 中盤の底でボールを刈り取る 8 アギラール 5.5 負傷を抱えての出場。30分に負傷が再発して交代に (→ウリベ 6.0) すんなりと試合に入ってよく動き回った 10 ハメス・ロドリゲス 6.5 コンディションを上げている様子。左サイドから中に移動してボールに関与。チップキックパスとロングスルーパスで絶妙アシストを決めた FW 9 ファルカオ 6.5 前線でよく動いて起点に。そして追加点を挙げた (→バッカ -) 監督 ペケルマン 6.5 日本戦の痛恨の敗戦を払拭する快勝。実力を示した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! キンテーロ(コロンビア) ▽大半のコロンビアの選手のパフォーマンスが素晴らしかったが、とりわけキンテーロは創造性溢れるパスで違いを生んでいた。 ポーランド 0-3 コロンビア 【コロンビア】 ミナ(前40) ファルカオ(後25) クアドラード(後30) 2018.06.25 05:05 Mon
twitterfacebook
thumb

コロンビアが攻撃陣躍動で初勝利! 低調ポーランドは連敗で敗退が決定《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節、ポーランド代表vsコロンビア代表が24日にカザン・アリーナで行われ、0-3でコロンビアが快勝した。 ▽直前の試合で日本代表とセネガル代表が2-2で引き分けたグループH。初戦でセネガルに1-2と完敗したポーランドは、セネガル戦のスタメンから3選手を変更。ブワシュチコフスキ、グロシツキ、チアゴ・ランジェウに代えてコフナツキ、ベレシュインスキ、ベドナレクを起用し、システムを4バックから3バックに変更した。肩の負傷により守備の要グリクはベンチスタートとなった。 ▽一方、初戦で10人となったこともあって日本に1-2と競り負けたコロンビアは、日本戦のスタメンから4選手を変更。イスキエルド、レルマ、O・ムリージョ、退場したC・サンチェスに代えてハメス・ロドリゲス、アギラール、バリオス、ミナを起用した。 ▽立ち上がりはレヴァンドフスキが幅広く動いて起点となるポーランドが前に出ていく。しかし、徐々に自陣に引いたポーランドが守備ブロックを作り、コロンビアがボールを持つ展開に。 ▽コロンビアは左サイドから中に入ってくるハメス・ロドリゲスと、トップ下付近に位置するキンテーロがゲームを作っていくも、ポーランドも水際で凌いでシュートは打たせない。 ▽立ち上がりとは打って変わって膠着状態となると、30分にコロンビアにアクシデント。負傷を抱えていたアギラールがプレー続行不可能となって、ウリベが投入される。 ▽それでも、コロンビアが右サイドのクアドラードのドリブルを起点に仕掛けていくと、40分に先制する。右CKでショートコーナーを使い、キンテーロが意表を突いたスルーパスを送ると、ボックス右のハメス・ロドリゲスが絶妙なチップキックパス。これを長身のミナがヘッドで流し込んだ。 ▽立ち上がり以降、攻め手がなくなったポーランドはチャンスを生み出せずに前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半もコロンビアがよりゴールに迫る流れが続く中、劣勢のポーランドは57分にコフナツキに代えてグロシツキを投入。すると直後、ロングボールに抜け出したレヴァンドフスキに決定機。絶妙なトラップでボールを収めてシュートに持ち込んだが、GKオスピナの好飛び出しに阻まれる。 ▽その後、自陣に引いたコロンビアがポーランドにボールを持たせると、70分に勝負を決定付ける。キンテーロのスルーパスに反応してベドナレクのマークを外したファルカオがボックス内に侵入。右足アウトで確実にGKとの一対一を制した。 ▽さらに75分、ロングカウンターからコロンビアがとどめを刺す。左サイドのハメス・ロドリゲスから絶妙なロングスルーパスが送られると、ディフェンスライン裏へ独走したクアドラードがGKとの一対一を制した。 ▽意気消沈のポーランドはその後、CKからクリホヴィアクがゴール至近距離からシュートを狙うも、ゴールライン前でウリベにブロックされ、0-3のまま完敗。2連敗でグループステージ敗退となった。 ▽勝利して最終節に決勝トーナメント進出の可能性を残したコロンビアは最終節でセネガルと対戦する。 2018.06.25 05:04 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース