【試合後会見】ハリルホジッチ「教訓を得られた試合」2017.03.28 23:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節のタイ代表戦を埼玉スタジアム2002で行い、4-0で勝利した。試合後、記者会見に臨んだ日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督のコメント全文は以下の通り。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
「素晴らしい勝利だった。しかし、不満を抱く点もあった。相手は非常に意欲的にプレーし、質の高いプレーをしてきた。我々は素晴らしいスタートを切って2-0としたが、その後プレーが止まってしまい、プレーをしなくなった。その時間帯に相手が隙を突き、たくさんのチャンスを作った。そして後半が始まり、また2ゴール決めることができたが、永嗣(川島)が素晴らしい功績を残してくれた。彼のことを思うと、喜ばしい。私は彼を信頼していたが、それを裏付けてくれた。だから彼にブラボーと言いたい。我々は今、良い位置に付けている。だが、最も難しいのはこれからだ」

──プレーが止まったと指摘していたが、単純なミスについてはどういう評価か
「嬉しくない点だ。少し気を抜いたのかと思う。フラストレーションを溜めるようなパスのクオリティーになった。今日の対戦相手がより高いレベルの相手だったら、全く違った展開になっていたかもしれない。こういったところからも教訓を得なければならない」

──コレクティブが強みだと昨日は言っていたが、今日は個の力に救われた面が大きかったのでは
「私は批判の元を昨日、提供してしまったのかもしれない(笑)。ただ、いずれにしても4-0で勝つことができた。もちろん、私の発言を批判の元に利用して構わない(笑)。選手たちを祝福するが、ハイレベルを求めた場合、集中力やハードワークが足りない試合でもあった。このような内容になってしまうと、躓くことがあるかもしれない。よって、今日の試合から教訓を得る必要がある。しかし、試合のほとんどの時間帯は選手を称えるべきものだったと思う。素晴らしいプレーがあったし、得点も素晴らしいプレーから生まれたものだった。もちろん、監督として私も集中力とハードワークを90分続けさせないといけないということを学んだ」

──デュエルの大切さを伝えてきたと思うが、今日は乏しかったのでは
「今日はパーフェクトな試合とは言えない。私は経験不足、コンディションに加え、ゲームマネジメントも欠けていたと思う。あまりにも簡単なミスパスがあった。タイはオーストラリアやサウジアラビア相手にもチャンスを作っていたから、タイの技術を侮ってはいけない。そして、今日は何人かの選手に疲れが見えていた。中盤ではボールコントロールが、攻撃のビルドアップ時には選手同士の距離感が悪かった。だからボールをつなぐことが困難だった。だが、今日の試合は教訓を得られた試合となった。今後の3試合はさらに難しい試合となる。よりコンディションを上げ、集中力を高めていかなければならない。選手によってはクラブでの状況を改善しなければならない。最終ストレートに入っているが、まずはアウェイでのイラク戦。難しい試合だ。しかし、しっかり準備して結果を残せればワールドカップへの道が切り拓けると思う」

──ストライカーがいないと言っていたが、久保は探していたストライカーになり得る資質があるか
「この2試合で久保は質の高さ、決定力の高さを示した。さらにアシストも記録した。私が彼を起用しようと思って使ったが、彼自身が裏付けてくれた。最後は消えかかっていたから、さらにフィジカルコンディションを上げるように要求している。この代表のサイドのポジションはアップダウンが激しいので、フィジカルコンディションが良くなければ役割を果たせないので要求した。進化し続けて欲しい。岡崎と真司(香川)が得点を取ったことも良かった。自信につながると思う」

──酒井高徳の評価について
「ハンブルガーSVで高徳はボランチでプレーしている。ただ、クラブでは守備的な役割でプレーしている。ただ、代表ではボールの回収とビルドアップの役割を担っている。今回、蛍(山口)とのコンビは初めてだった。蛍には攻撃面でさらに期待している。今日は簡単なミスパスが目立った。前半は恐れながらプレーしているようだった。後半は改善されたが。守備的MFでは長谷部や今野など、プレーできない選手がいる。もちろん、初めてのコンビだったから、すぐにハイレベルなプレーはできなかったかもしれないが、私は満足している」

──試合後に本田と何を話していた
「彼のことをしっかりサポートしていくと。クラブの中での彼の状況を改善して欲しいと。長い時間プレーして欲しいと。他にも色々話したが、後のことはここでは言うことができない。幾つかのアイデアを与えたが、それは私と彼の間だけの話だ」

──ハーフタイムで何を修正したか
「ハーフタイムにはたくさんの修正をした。ほぼ全ての選手に後半にやるべきことを伝えた。後半に入ってからは、より形もできていたし、コントロールできていたと思う。ただ、カウンターからPKを与えてしまった。それでも、技術的なミスが減り、試合をマネジメントできたと思う。ネガティブなことを言っているが、4-0で試合は勝っている。4-0でこのような発言をする監督は少ないと思う。選手たちには良い評価をしてあげて欲しい」

コメント

関連ニュース

thumb

ケイヒルやジェディナク、デゲネクら、シリア代表とのPOに向けたオーストラリア代表候補30名が発表!《ロシアW杯アジア予選PO》

▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は19日、シリア代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)アジア予選プレーオフに臨むオーストラリア代表候補メンバー30名を発表した。 ▽ロシアW杯アジア最終予選のグループBで日本代表と同居していたオーストラリアだったが、全日程を3位で終了。10月にグループA3位のシリアとのプレーオフ2試合を控えている。 ▽アンジ・ポステコグルー監督は、大一番に向けて主力を順当に選出。FWティム・ケイヒル(メルボルン・シティ)やMFミル・ジェディナク(アストン・ビラ)などに加え、横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクも招集した。 ▽オーストラリアは、1stレグとして中立地であるマレーシアにてシリアと対戦。その後、シドニーに戻りホームで2ndレグを迎える。今回発表されたオーストラリア代表候補メンバー30名は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆オーストラリア代表候補メンバー30名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">マーク・ビリギッティ</span>(NAC/オランダ) <span style="font-weight:700;">ミッチェル・ランゲラク</span>(レバンテ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マシュー・ライアン</span>(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダニエル・ヴコヴィッチ</span>(ヘンク/ベルギー) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アジズ・ベヒッチ</span>(ブルサシュポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ミロシュ・デゲネク</span>(横浜F・マリノス/日本) <span style="font-weight:700;">アレックス・ガーズバック</span>(ローゼンボリ/ノルウェー) <span style="font-weight:700;">クレイグ・グッドウィン</span>(スパルタ・ロッテルダム/オランダ) <span style="font-weight:700;">マシュー・ジャーマン</span>(水原三星ブルーウィングス/韓国) <span style="font-weight:700;">ライアン・マクゴーワン</span>(アル・シャールジャ/サウジアラビア) <span style="font-weight:700;">ジョシュ・リズドン</span>(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ) <span style="font-weight:700;">トレント・セインズベリー</span>(江蘇蘇寧/中国) <span style="font-weight:700;">ブラッド・スミス</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ベイリー・ライト</span>(ブリストル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ムスタファ・アミニ</span>(オーフスGF/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ジャクソン・アーバイン</span>(バートン・アルビオン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミル・ジェディナク</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・ジェッゴ</span>(シュトルム・グラーツ/オーストリア) <span style="font-weight:700;">マッシモ・ルオンゴ</span>(QPR/イングランド) <span style="font-weight:700;">アワー・メイビル</span>(パソス・デ・フェレイラ/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マーク・ミリガン</span>(メルボルン・ビクトリー) <span style="font-weight:700;">アーロン・ムーイ</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">トーマス・ロギッチ</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・トロイージ</span>(メルボルン・ビクトリー) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ティム・ケイヒル</span>(メルボルン・シティ) <span style="font-weight:700;">トミ・ユリッチ</span>(ルツェルン/スイス) <span style="font-weight:700;">ロビー・クルーズ</span>(ボーフム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マシュー・レッキー</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ジェイミー・マクラーレン</span>(ダルムシュタット/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ニキタ・ルカビジャ</span>(マッカビ・ハイファ/イスラエル) 2017.09.19 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯観戦チケット応募数が初日だけで50万超え! 決勝戦もすでに5万枚の予約が

▽来年に行われるロシアワールドカップ(W杯)のチケットが、販売期間が開始された14日の1日間ですでに多くの予約が殺到しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽現在、ホスト国のロシアの他、ブラジル、イラン、日本、メキシコ、ベルギー、韓国、サウジアラビア(出場決定順)の出場が決定しているロシアW杯。伝えられるところによると、14日から開始したチケット販売の初日だけで50万枚もの予約がされている模様。7月15日にモスクワのルジニキ・スタジアム(収容人数約84,745人)で行われる決勝戦についても、すでに5万枚以上の応募が集まっているようだ。 ▽また、購入者については現在、ホスト国であるロシア人が最多。続いてメキシコ人、アルゼンチン人、ブラジル人、中国人、アメリカ人、コロンビア人、ドイツ人の順で多いとのこと。 ▽チケットについては、モスクワ時間の14日12時(日本時間の14日18時)から、「FIFA.com/tickets」にて予約が開始されている。 ▽国際サッカー連盟(FIFA)によるとチケット販売期間は2段階分かれており、9月14日から10月12日までが第1期間となる。ファンはチケットの予約が可能となり、いつ予約しても差はつかないとのこと。応募が多かった場合には、抽選にて購入者が決定されるようだ。なお、11月16日までに当選が通知される。その後11月16日から28日までは、先着順に購入が可能となる。 ▽第2期間は、12月1日に行われるロシアW杯の組み合わせ抽選を受け、12月5日から2018年1月31日までとなる。この期間は抽選販売となり、2018年3月13日から4月3日の期間は、先着順で購入が可能となる。 ▽また、直前販売のラストチャンスも残されており、2018年4月18日から7月15日の期間、先着順でチケット購入が可能となる。 ▽なお、ロシア当局の要請を受け、ロシアW杯の入場時には、チケットの他にファンに発行される正式な身分証明書である「FAN ID」が必要とのこと。「FAN ID」は、ロシアへのビザなしでの入国や、都市間の無料送迎、試合日の公共交通機関の無料利用などの追加サービスが受けられることとなる。 2017.09.16 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯出場に王手のウルグアイ代表がスアレス&カバーニら国外組クラブ所属の26名を発表《ロシアW杯南米予選》

▽ウルグアイサッカー協会(AUF)は15日、来月行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のベネズエラ代表戦(10月5日)とボリビア代表戦(同10日)に向けた国外クラブ所属メンバー26名を発表した。 ▽今月行われたパラグアイ代表戦を2-1で勝利し、2位浮上を決めたウルグアイ代表は、FWルイス・スアレス(バルセロナ/スペイン)やFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)ら主力を順当に選出。また、MFロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア)とFWマキシ・ゴメス(セルタ/スペイン)が初招集されている。 ▽南米予選で現在2位につけるウルグアイは、次戦のベネズエラ代表戦に勝利すればW杯出場が決まる。今回招集された26名は以下の通り。 ◆<span style="font-weight:700;">ウルグアイ代表外国クラブ所属メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">フェルナンド・ムスレラ</span>(ガラタサライ/トルコ) <span style="font-weight:700;">マルティン・シルバ</span>(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">マルティン・カンパーニャ</span>(インディペンディエンテ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ガストン・シルバ</span>(インディペンディエンテ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">セバスティアン・コアテス</span>(スポルティング・リスボン/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マキシミリアーノ・ペレイラ</span>(ポルト/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マルティン・カセレス</span>(ヴェローナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">フェデリコ・リッカ</span>(マラガ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マウリシオ・レモス</span>(ラス・パルマス/スペイン) <span style="font-weight:700;">ホセ・ヒメネス</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ディエゴ・ゴディン</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ナヒタン・ナンデス</span>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">エヒディオ・アレバロ・リオス</span>(ラシン・クラブ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">ジョルジアン・デ・アラスカエタ</span>(クルゼイロ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">ニコラス・ロデイロ</span>(シアトル・サウンダース/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ジョナタン・ウレタビスカヤ</span>(パチューカ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">カルロス・サンチェス</span>(モンテレイ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ディエゴ・ラクサール</span>(ジェノア/イタリア) <span style="font-weight:700;">マティアス・ヴェシーノ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・ベンタンクール</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">フェデリコ・バルベルデ</span>(デポルティボ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・スアレス</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">クリスチャン・ストゥアーニ</span>(ジローナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マキシ・ゴメス</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">エディンソン・カバーニ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ガストン・ペレイロ</span>(PSV/オランダ) 2017.09.16 10:07 Sat
twitterfacebook
thumb

イグアインが再び招集外… アルゼンチン代表がメッシら国外組クラブ所属の21名を発表《ロシアW杯南米予選》

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は15日、来月行われる2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のペルー代表戦(10月5日)とエクアドル代表戦(同10日)に向けた国外クラブ所属メンバー21名を発表した。 ▽今月、行われたウルグアイ代表戦とベネズエラ代表戦を2分けで終え、ロシアW杯ストレートインとなる4位以内浮上のチャンスを逃した5位のアルゼンチンは、来月の予選2試合に向けて、エースのFWリオネル・メッシ(バルセロナ)や、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、ベネズエラ戦で負傷したMFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス) ら主力を順当に選出。 ▽一方でFWゴンサロ・イグアイン(ユベントス)は今回も招集外となっている。今回発表されたアルゼンチン代表メンバーは以下の通り。 ◆<span style="font-weight:700;">アルゼンチン代表外国クラブ所属メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ロメロ</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ナウエル・グスマン</span>(ティグレス/メキシコ) <span style="font-weight:700;"> アグティスン・マルチェシン</span>(クラブ・アメリカ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ハビエル・マスチェラーノ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;"> フェデリコ・ファシオ</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ジェルマン・ペッゼッラ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ニコラス・オタメンディ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ガブリエル・メルカド</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">エマヌエル・マンマナ</span>(ゼニト/ロシア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">アンヘル・ディ・マリア</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">エベル・バネガ</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルーカス・ビリア</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">アレハンドロ・ゴメス</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">エドゥアルド・サルビオ</span>(ベンフィカ/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マルコス・アクーニャ</span>(スポルティング・リスボン/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">レアンドロ・パレデス</span>(ゼニト/ロシア) <span style="font-weight:700;"> エミリアーノ・リゴーニ</span>(ゼニト/ロシア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・アグエロ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">パウロ・ディバラ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">マウロ・イカルディ</span>(インテル/イタリア) 2017.09.16 02:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・マルバイクが電撃辞任のサウジアラビア代表が元アルゼンチン代表監督のバウサ氏を招へい

▽サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は15日、サウジアラビア代表監督にエドガルド・バウサ氏(59)を招へいすることを発表した。 ▽バウサ氏は、現役時代もアルゼンチン代表としてプレー。引退後は南米のクラブで監督を務めると、2009年2月からサウジアラビアのアル・ナスルの監督に就任。その後は、再び南米に戻り、アルゼンチンのサン・ロレンソやサンパウロなどで指揮を執っていた。 ▽2016年8月からアルゼンチン代表監督に就任していたが、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選での成績不振から2017年4月に解任され、その後はフリーに。UAE代表監督就任も報じられたが、実現せずにいた。 ▽サウジアラビアは、日本代表とのロシアW杯アジア最終予選の最終戦で勝利し出場権を獲得したものの、ベルト・ファン・マルバイク監督が連盟との対立により辞任していた。 2017.09.15 20:18 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース