【試合後会見】ハリルホジッチ「教訓を得られた試合」2017.03.28 23:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節のタイ代表戦を埼玉スタジアム2002で行い、4-0で勝利した。試合後、記者会見に臨んだ日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督のコメント全文は以下の通り。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
「素晴らしい勝利だった。しかし、不満を抱く点もあった。相手は非常に意欲的にプレーし、質の高いプレーをしてきた。我々は素晴らしいスタートを切って2-0としたが、その後プレーが止まってしまい、プレーをしなくなった。その時間帯に相手が隙を突き、たくさんのチャンスを作った。そして後半が始まり、また2ゴール決めることができたが、永嗣(川島)が素晴らしい功績を残してくれた。彼のことを思うと、喜ばしい。私は彼を信頼していたが、それを裏付けてくれた。だから彼にブラボーと言いたい。我々は今、良い位置に付けている。だが、最も難しいのはこれからだ」

──プレーが止まったと指摘していたが、単純なミスについてはどういう評価か
「嬉しくない点だ。少し気を抜いたのかと思う。フラストレーションを溜めるようなパスのクオリティーになった。今日の対戦相手がより高いレベルの相手だったら、全く違った展開になっていたかもしれない。こういったところからも教訓を得なければならない」

──コレクティブが強みだと昨日は言っていたが、今日は個の力に救われた面が大きかったのでは
「私は批判の元を昨日、提供してしまったのかもしれない(笑)。ただ、いずれにしても4-0で勝つことができた。もちろん、私の発言を批判の元に利用して構わない(笑)。選手たちを祝福するが、ハイレベルを求めた場合、集中力やハードワークが足りない試合でもあった。このような内容になってしまうと、躓くことがあるかもしれない。よって、今日の試合から教訓を得る必要がある。しかし、試合のほとんどの時間帯は選手を称えるべきものだったと思う。素晴らしいプレーがあったし、得点も素晴らしいプレーから生まれたものだった。もちろん、監督として私も集中力とハードワークを90分続けさせないといけないということを学んだ」

──デュエルの大切さを伝えてきたと思うが、今日は乏しかったのでは
「今日はパーフェクトな試合とは言えない。私は経験不足、コンディションに加え、ゲームマネジメントも欠けていたと思う。あまりにも簡単なミスパスがあった。タイはオーストラリアやサウジアラビア相手にもチャンスを作っていたから、タイの技術を侮ってはいけない。そして、今日は何人かの選手に疲れが見えていた。中盤ではボールコントロールが、攻撃のビルドアップ時には選手同士の距離感が悪かった。だからボールをつなぐことが困難だった。だが、今日の試合は教訓を得られた試合となった。今後の3試合はさらに難しい試合となる。よりコンディションを上げ、集中力を高めていかなければならない。選手によってはクラブでの状況を改善しなければならない。最終ストレートに入っているが、まずはアウェイでのイラク戦。難しい試合だ。しかし、しっかり準備して結果を残せればワールドカップへの道が切り拓けると思う」

──ストライカーがいないと言っていたが、久保は探していたストライカーになり得る資質があるか
「この2試合で久保は質の高さ、決定力の高さを示した。さらにアシストも記録した。私が彼を起用しようと思って使ったが、彼自身が裏付けてくれた。最後は消えかかっていたから、さらにフィジカルコンディションを上げるように要求している。この代表のサイドのポジションはアップダウンが激しいので、フィジカルコンディションが良くなければ役割を果たせないので要求した。進化し続けて欲しい。岡崎と真司(香川)が得点を取ったことも良かった。自信につながると思う」

──酒井高徳の評価について
「ハンブルガーSVで高徳はボランチでプレーしている。ただ、クラブでは守備的な役割でプレーしている。ただ、代表ではボールの回収とビルドアップの役割を担っている。今回、蛍(山口)とのコンビは初めてだった。蛍には攻撃面でさらに期待している。今日は簡単なミスパスが目立った。前半は恐れながらプレーしているようだった。後半は改善されたが。守備的MFでは長谷部や今野など、プレーできない選手がいる。もちろん、初めてのコンビだったから、すぐにハイレベルなプレーはできなかったかもしれないが、私は満足している」

──試合後に本田と何を話していた
「彼のことをしっかりサポートしていくと。クラブの中での彼の状況を改善して欲しいと。長い時間プレーして欲しいと。他にも色々話したが、後のことはここでは言うことができない。幾つかのアイデアを与えたが、それは私と彼の間だけの話だ」

──ハーフタイムで何を修正したか
「ハーフタイムにはたくさんの修正をした。ほぼ全ての選手に後半にやるべきことを伝えた。後半に入ってからは、より形もできていたし、コントロールできていたと思う。ただ、カウンターからPKを与えてしまった。それでも、技術的なミスが減り、試合をマネジメントできたと思う。ネガティブなことを言っているが、4-0で試合は勝っている。4-0でこのような発言をする監督は少ないと思う。選手たちには良い評価をしてあげて欲しい」

コメント

関連ニュース

thumb

英紙がロシアW杯出場国格付け…日本は27位、「ビッグネーム不在」

▽2018年のロシア・ワールドカップに出場する全32カ国が決定した。これを受けて、イギリス高級紙『ガーディアン』が出場国の格付けを行った。 ▽6大会連続6度目の出場となるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表は、27位にランクイン。『ガーディアン』の寸評は次のとおり。 「日本はブラジルに惨敗したものの、続くベルギー戦でパフォーマンスを改善。敗れたものの、接戦を演じて見せた。チームは、2015年から指揮を執るボスニア・ヘルツェゴビナ人のヴァイッド・ハリルホジッチ監督から与えられたチャンスを生かせずにいる。今や周囲からもグループステージ突破という希望より厳しい圧力の方が勝っている。チームには数名の欧州組がいるが、ビッグネームがいない」 ▽なお、上位陣には上からドイツ代表、ブラジル代表、スペイン代表、フランス代表、ベルギー代表がランクイン。アジア最上位は26位のイラン代表となっている。 ◆ロシアW杯出場国格付けランキング 1位:ドイツ 2位:ブラジル 3位:スペイン 4位:フランス 5位:ベルギー 6位:ポルトガル 7位:ナイジェリア 8位:ポーランド 9位:アルゼンチン 10位:ウルグアイ 11位:メキシコ 12位:アイスランド 13位:クロアチア 14位:イングランド 15位:セネガル 16位:スウェーデン 17位:デンマーク 18位:モロッコ 19位:セルビア 20位:コロンビア 21位:エジプト 22位:スイス 23位:ペルー 24位:ロシア 25位:コスタリア 26位:イラン 27位:日本 28位:チュニジア 29位:韓国 30位:パナマ 31位:サウジアラビア 32位:オーストラリア 2017.11.17 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ペルーが36年ぶりW杯行きを決めた試合中に大地震発生?! だが実は…

▽現地時間15日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、ペルー代表vsニュージーランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。この結果、2戦合計スコア2-0としたペルーが9大会ぶり5度目のワールドカップ出場を決めた。この試合中、スタジアムの熱狂ぶりが思わぬ誤報を招いていた。イギリス『イブニング・スタンダード』などが伝えている。 ▽ペルーは27分にMFジェファルソン・ファルファンが先制点を記録した。この際に、地震を探知して警告するアプリ『Sismo Detector』が作動。しかし、実際は地震ではなかった。ファンファンのゴールで盛り上がるスタジアムの振動が誤作動を招いたようだ。 ▽『Sismo Detector』に関連するツイッターアカウントは後に、「ニュージーランド戦のペルーのゴールセレブレーションの影響でリマ地区でのSismo Detectorのアラートを作動させた」と伝えている。 ▽36年ぶりとなるW杯出場に向けてサポーターの並々ならぬ熱狂ぶりをうかがわせた今回の一件。見事に期待に応えたペルー代表は本大会でも結果を残せるだろうか。 2017.11.16 21:09 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯最後の椅子を手にしたペルー、翌日が休日に!

▽現地時間15日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、ペルー代表vsニュージーランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。この結果、2戦合計スコア2-0としたペルーが9大会ぶり5度目のワールドカップ出場を決めた。 ▽ペルーの雇用政策・促進を決定する委員会は14日の時点でニュージランドに勝利してW杯出場を決めれば試合翌日の16日を休日とすることを発表していた。これにより、見事に1982年以来36年ぶりとなるW杯出場を決めて歓喜に沸く国民は、15日の夜と翌日を存分に祝えることになった。 ▽なお、10月10日に初のW杯出場を決めたパナマも、翌日を祝日としていた。 2017.11.16 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

最後の1枠はペルーに決定! NZを2発撃破で9大会ぶり5度目の本大会出場《ロシアW杯大陸間プレーオフ》

▽16日にロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、ペルー代表vsニュージーランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。 ▽南米予選5位のペルーと、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランドの一戦。1982年のスペイン大会以来となる9大会ぶりの出場を目指すペルーは、ドーピング検査に引っかかったキャプテンのゲレーロが出場停止。ロコモティフ・モスクワのファルファンが先発に名を連ね、ベンフィカのカリージョはベンチスタートとなった。対する、2010年の南アフリカ大会以来となる3度目の出場を目指すニュージーランドは、1stレグと同様にウェストハムのリードを先発起用。一方で、バーンリーのクリス・ウッドは、サブに控えた。 ▽ニュージーランドのホームで行われた1stレグをゴールレスドローで終えた両者。試合はホームのペルーがいきなりゴールを脅かす。3分、ボックス右手前でパスを受けたアドビンクラが中央に切れ込み、左足でシュートを放つ。しかし、これがクロスバーに直撃する。 ▽その後も攻勢を続けるペルー。すると28分、味方のパスに反応して左サイドを突破したクエバがボックス右外でタメを作り、ボックス左手前にパスを送る。ファルファンがワントラップから右足を振り抜いて、GKマリノビッチの頭上を射抜いた。 ▽先制に成功したペルーは41分、敵陣中央左でパスを受けたトラウコが左足で強烈なシュート。GKの手前でバウンドするボールがGKマリノビッチのパンチングを誘い、こぼれ球をファルファンが押し込んだが、GKマリノビッチが倒れながらも懸命なディフェンスを見せて追加点を許さない。 ▽後半に入ると、ペルーが追加点を奪取。65分、クエバの右CKがボックス中央に落ちて混戦に。これをC・ラモスが右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽リードを2点差に広げたペルーはその後、ニュージーランドにサイド攻撃からゴールに迫られるが、最後のところでしっかりと寄せてシュートを枠に飛ばさせず、そのまま試合終了。2-0で勝利したペルーが9大会ぶり5度目のワールドカップ出場を決めた。 2017.11.16 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯ポット振り分けが確定、日本は最下層のポット4に《ロシアW杯》

▽2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する全32カ国が決まり、4つのポット振り分けも確定した。 ▽ロシアW杯出場国は、15日時点で31カ国の顔ぶれが決定。残る2枠は大陸間プレーオフで争われ、オーストラリア代表とペルー代表がそれぞれ本大会行きの切符を獲得した。 ▽これにより、FIFAランキング10位のペルーがポット2位に、デンマーク代表がポット3に、セルビア代表がポット4に組み込まれた。 ▽本大会のグループステージ組み合わせ抽選会は、12月1日に開催国ロシアのモスクワで開催。グループA〜Hの8つのグループに振り分けられる。 ◆ロシアW杯出場国のポット振り分け一覧 【ポット1】 ロシア(開催国)/2大会連続11回目/65位 ドイツ/17大会連続19回目/1位 ブラジル/21大会連続21回目/2位 ポルトガル/5大会連続7回目/3位 アルゼンチン/12大会連続17回目/4位 ベルギー/2大会連続13回目/5位 ポーランド/3大会ぶり8回目/6位 フランス/6大会連続15回目/7位 【ポット2】 スペイン/11大会連続15回目/8位 ペルー/9大会ぶり5回目/10位 スイス/4大会連続11回目/11位 イングランド/6大会連続15回目/12位 コロンビア/2大会連続6回目/13位 メキシコ/7大会連続16回目/16位 ウルグアイ/3大会連続13回目/17位 クロアチア/2大会連続5回目/18位 【ポット3】 デンマーク/2大会ぶり5回目/19位 アイスランド/初出場/21位 コスタリカ/2大会連続5回目/22位 スウェーデン/3大会ぶり12回目/25位 チュニジア/3大会ぶり5回目/28位 エジプト/7大会ぶり3回目/30位 セネガル/4大会ぶり2回目/32位 イラン/2大会連続5回目/34位 【ポット4】 セルビア/2大会ぶり12回目/38位 ナイジェリア/3大会連続6回目/41位 オーストラリア/4大会連続5回目/43位 日本/6大会連続6回目/44位 モロッコ/5大会ぶり5回目/48位 パナマ/初出場/49位 韓国/9大会連続10回目/62位 サウジアラビア/3大会ぶり5回目/63位 2017.11.16 13:00 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース