【試合後会見】ハリルホジッチ「教訓を得られた試合」2017.03.28 23:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節のタイ代表戦を埼玉スタジアム2002で行い、4-0で勝利した。試合後、記者会見に臨んだ日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督のコメント全文は以下の通り。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
「素晴らしい勝利だった。しかし、不満を抱く点もあった。相手は非常に意欲的にプレーし、質の高いプレーをしてきた。我々は素晴らしいスタートを切って2-0としたが、その後プレーが止まってしまい、プレーをしなくなった。その時間帯に相手が隙を突き、たくさんのチャンスを作った。そして後半が始まり、また2ゴール決めることができたが、永嗣(川島)が素晴らしい功績を残してくれた。彼のことを思うと、喜ばしい。私は彼を信頼していたが、それを裏付けてくれた。だから彼にブラボーと言いたい。我々は今、良い位置に付けている。だが、最も難しいのはこれからだ」

──プレーが止まったと指摘していたが、単純なミスについてはどういう評価か
「嬉しくない点だ。少し気を抜いたのかと思う。フラストレーションを溜めるようなパスのクオリティーになった。今日の対戦相手がより高いレベルの相手だったら、全く違った展開になっていたかもしれない。こういったところからも教訓を得なければならない」

──コレクティブが強みだと昨日は言っていたが、今日は個の力に救われた面が大きかったのでは
「私は批判の元を昨日、提供してしまったのかもしれない(笑)。ただ、いずれにしても4-0で勝つことができた。もちろん、私の発言を批判の元に利用して構わない(笑)。選手たちを祝福するが、ハイレベルを求めた場合、集中力やハードワークが足りない試合でもあった。このような内容になってしまうと、躓くことがあるかもしれない。よって、今日の試合から教訓を得る必要がある。しかし、試合のほとんどの時間帯は選手を称えるべきものだったと思う。素晴らしいプレーがあったし、得点も素晴らしいプレーから生まれたものだった。もちろん、監督として私も集中力とハードワークを90分続けさせないといけないということを学んだ」

──デュエルの大切さを伝えてきたと思うが、今日は乏しかったのでは
「今日はパーフェクトな試合とは言えない。私は経験不足、コンディションに加え、ゲームマネジメントも欠けていたと思う。あまりにも簡単なミスパスがあった。タイはオーストラリアやサウジアラビア相手にもチャンスを作っていたから、タイの技術を侮ってはいけない。そして、今日は何人かの選手に疲れが見えていた。中盤ではボールコントロールが、攻撃のビルドアップ時には選手同士の距離感が悪かった。だからボールをつなぐことが困難だった。だが、今日の試合は教訓を得られた試合となった。今後の3試合はさらに難しい試合となる。よりコンディションを上げ、集中力を高めていかなければならない。選手によってはクラブでの状況を改善しなければならない。最終ストレートに入っているが、まずはアウェイでのイラク戦。難しい試合だ。しかし、しっかり準備して結果を残せればワールドカップへの道が切り拓けると思う」

──ストライカーがいないと言っていたが、久保は探していたストライカーになり得る資質があるか
「この2試合で久保は質の高さ、決定力の高さを示した。さらにアシストも記録した。私が彼を起用しようと思って使ったが、彼自身が裏付けてくれた。最後は消えかかっていたから、さらにフィジカルコンディションを上げるように要求している。この代表のサイドのポジションはアップダウンが激しいので、フィジカルコンディションが良くなければ役割を果たせないので要求した。進化し続けて欲しい。岡崎と真司(香川)が得点を取ったことも良かった。自信につながると思う」

──酒井高徳の評価について
「ハンブルガーSVで高徳はボランチでプレーしている。ただ、クラブでは守備的な役割でプレーしている。ただ、代表ではボールの回収とビルドアップの役割を担っている。今回、蛍(山口)とのコンビは初めてだった。蛍には攻撃面でさらに期待している。今日は簡単なミスパスが目立った。前半は恐れながらプレーしているようだった。後半は改善されたが。守備的MFでは長谷部や今野など、プレーできない選手がいる。もちろん、初めてのコンビだったから、すぐにハイレベルなプレーはできなかったかもしれないが、私は満足している」

──試合後に本田と何を話していた
「彼のことをしっかりサポートしていくと。クラブの中での彼の状況を改善して欲しいと。長い時間プレーして欲しいと。他にも色々話したが、後のことはここでは言うことができない。幾つかのアイデアを与えたが、それは私と彼の間だけの話だ」

──ハーフタイムで何を修正したか
「ハーフタイムにはたくさんの修正をした。ほぼ全ての選手に後半にやるべきことを伝えた。後半に入ってからは、より形もできていたし、コントロールできていたと思う。ただ、カウンターからPKを与えてしまった。それでも、技術的なミスが減り、試合をマネジメントできたと思う。ネガティブなことを言っているが、4-0で試合は勝っている。4-0でこのような発言をする監督は少ないと思う。選手たちには良い評価をしてあげて欲しい」

コメント

関連ニュース

thumb

アルゼンチン代表OB「メッシはバルサではなくW杯に集中すべき」

▽アルゼンチン代表OBのオスカル・ルジェリ氏が、バルセロナの同国代表FWリオネル・メッシに対して、代表戦にのみ集中すべきだと主張した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナは今シーズン、チャンピオンズリーグでは準々決勝でローマと対戦して敗退に追い込まれたものの、コパ・デル・レイでは決勝に進出。また、リーガエスパニョーラでは無敗で首位に立ち、残り5試合となった第33節終了時点で勝ち点を「83」にまで伸ばし、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差を「12」までに広げている。 ▽そういった状況を踏まえつつ、代表OBのルジェリ氏は4月21日のコパ決勝セビージャ戦を除き、メッシがバルセロナで全力を出すべきではないと語った。 「メッシがこれ以上プレーしなかったとして、バルセロナはリーガエスパニョーラを逃すと思うかい? 」 「メッシならバルセロナの会長に電話をかけて、『次は僕のワールドカップだ。自分自身を代表チームに捧げることにする』と言うこともできるんじゃないかな」 「彼は代表監督にも電話をかけて、完全にワールドカップに集中すると伝えなければならない」 ▽アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏との比較で、ワールドカップ(W杯)での優勝が欠けている点を指摘されるメッシ。あらゆる栄光に彩られているアルゼンチンの救世主は、未だ手にしていない最大のトロフィーをロシアの地で掲げることができるのだろうか。 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ前日本代表監督、27日に都内で会見を実施

▽日本記者クラブは20日、27日にヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が会見を実施することを発表した。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任としてJFA技術委員長を務めていた西野朗氏が就任した。 ▽しかし、フランス『レキップ』は、ハリルホジッチ前監督が今回の決定に関して不満を示しており、契約解除に向けた正式な書類へのサインはしていないと報道。現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末にJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めていることが伝えられていた。 ▽そんな中、ハリルホジッチ前監督の会見は、27日16時から日本記者クラブの10階ホール(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル)にて開催。会見には1時間が設けられているが、何が語られるのだろうか。 2018.04.20 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、間も無く復帰か? ついに全体練習に合流

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が全体練習に復帰したようだ。 ▽香川は2月中旬に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で左足首を負傷。当初は3月中での復帰の可能性が伝えられていたが、ここまで戦列からは放れていた。 ▽そんな中、12日に地元紙『ルールナハリヒテン』は、香川が10日にドルトムントの練習場を訪れて、ランニングメニューなどの個人トレーニングを再開したことを伝えていた。すると迎えた20日、香川がついに全体練習に合流した模様。ドルトムント公式ツイッター(@BVB)は、香川の練習している写真と共に「おかえり!」とツイート。多くのファンから歓迎のリプライも集まっている。 ▽戦列復帰へ大きな一歩を踏み出した香川。シーズン中での復帰、そしてロシア・ワールドカップ出場を目指す日本の10番の復帰はもう間も無くだ。 2018.04.20 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ズラタン不在で問題なし? スウェーデン代表GK「W杯に連れて行くかどうかは監督が決めることだけど…」

▽ギャンガンに所属するスウェーデン代表GKカール=ヨハン・ヨハンソンは、代表復帰を示唆するロサンゼルス・ギャラクシーのFWズラタン・イブラヒモビッチがいなくてもロシア・ワールドカップで十分戦えると主張している。『the Score』が伝えた。 ▽今冬にLAギャラクシーに加入し、新天地でもストライカーとして活躍し続けるイブラヒモビッチ。2016年6月に代表から退いている同選手だが、最近「俺がワールドカップ(W杯)でプレーする可能性が急上昇している」と自身のツイッター(@Ibra_official)で明かしたり、アメリカの放送局『ABC』の番組で「俺はW杯に行くだろう。俺のいないW杯は、W杯ではない」と語るなど、3大会ぶり12度目のW杯出場となるスウェーデン代表への復帰を示唆している。 ▽そんな中、ロシアW杯欧州予選のメンバーに選出されていたK・ヨハンソンは、イブラヒモビッチ不在の代表でも欧州予選を勝ち抜けたことを主張し、同選手の代表復帰がなくても本大会で通用するとコメントしている。 「僕らはチームとして選手たち全員でコレクティブにプレーしている。ズラタン(・イブラヒモビッチ)は、人としても選手としても個人主義者だ。プレーが彼中心になる。今は彼がいなくなり、僕らはチームで結束してプレーしているんだ」 「彼をW杯に連れて行くかどうかは監督が決めることだ。それでも僕らは彼がいなくても欧州予選を突破して、W杯出場を決めたんだ。本大会でも彼なしでうまく戦えると思っているよ」 「もちろん、さっきも言ったように彼をチームに入れるかどうかは監督が決めること。もし代表に加わるなら、彼は良いプレーをするだろう。彼がしたいプレーのためにシステムを変えなくてはいけない。そんな大きな変更を監督が望んでいるかどうかは分からないけどね」 2018.04.20 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロ、ヒザを手術…ロシアW杯に間に合うか

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが手術を受けた。 ▽プレミアリーグ21ゴールをマークする活躍でリーグ制覇に貢献したアグエロ。だが、3月中旬に負傷したヒザの状況が芳しくなく、先発メンバーから外れており、ピッチに立っても途中出場という状況が続いている。 ▽そのアグエロは、7日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦でイングランド代表MFアシュリー・ヤングのタックルを受けて程度が悪化したため、手術に踏み切ったとみられている。 ▽アグエロは17日、自身のツイッター(@aguerosergiokun)を更新。「ヒザの関節鏡手術を受けて回復を待っているところだ。すぐにピッチに戻りたいというモチベーションに満ち溢れているよ」とつぶやいている。 ▽これを取り上げたイギリス『FourFourTwo』によれば、同術後の一般的な全治は1カ月程度。ロシア・ワールドカップは6月14日に開幕し、アルゼンチン代表は17日にグループステージ初戦のアイスランド代表戦を迎える。 2018.04.18 12:15 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース