レーティング:日本 4-0 タイ《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.28 21:37 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節のタイ代表戦を埼玉スタジアム2002で行い、4-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽日本代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 川島永嗣 7.0
集中力を維持し、前半終了間際と後半序盤にビッグセーブ。さらにPKストップ

DF
19 酒井宏樹 5.5
良い攻め上がりも見せたが、パスミスなど軽いプレーがいくつかあった

22 吉田麻也 6.0
相手FWに制空権を譲らず、終盤にCKからチーム4点目を記録

6 森重真人 5.5
好フィードで先制点の起点となるも、ビルドアップで危険なミスも

5 長友佑都 4.5
PK献上だけでなく、守備で裏を取られるなど後手を踏む場面が多く、攻撃面でも見せ場なし

MF
21 酒井高徳 5.5
中盤の底で機動力を見せたが、攻守に少しバタついた

16 山口蛍 5.5
中盤中央のスペース管理に集中。平均的なパフォーマンス

10 香川真司 6.5
ゴール前で冷静さを見せて、早い時間帯に先制弾を記録。アクセントを付けた

(→13 清武弘嗣 5.5)
精度の高いCKから吉田のゴールを演出した

FW
14 久保裕也 7.5
UAE戦に続くゴール。さらに、2アシストの圧巻パフォーマンス

(→11 宇佐美貴史 -)

9 岡崎慎司 6.5
らしい飛び込みからのヘディングシュートで日本代表通算50得点目。相手最終ラインとの駆け引きを続けた

8 原口元気 5.5
攻撃時は幅広く動きながらも、守備時は自サイド深くまで戻って長友をサポート

(→4 本田圭佑 5.5)
しっかりとボールに関与し、惜しいシュートも

監督
ハリルホジッチ 6.5
個々のパフォーマンスによる部分も大きいが、4発完勝。予選3連勝と結果を出す


▽タイ代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 タムサチャナン 5.0
好守もあったが4失点

DF
19 ドゥ 5.5
守備に集中。前半は踏ん張るも、後半はやや崩れた

5 プロムラク 5.5
日本攻撃陣に出し抜かれて失点も、最低限の対応を見せた

15 ナムウィセット 5.0
ソリッドさを欠いた

2 ノテチャイヤ 5.0
対面の久保を抑えることができなかった

MF
10 ティーラシン 5.5
前半終了間際にゴールに近づくも、川島に阻まれる。PK獲得も、失敗

22 プライヌム 5.5
中盤の底で守備に奔走した

17 タナブーン・ケサラット 5.0
好守において平凡な出来だった

8 チャットーン 5.5
自サイドで守備に追われながらも、前に出る姿勢を見せた

FW
9 クライソーン 5.0
前線で起点になることができなかった

18 ソングラシン 5.5
前半は沈黙も、後半は積極性を見せて際どいシュートも

監督
キャティサッ・セナムアン 5.5
個人のスキルの差が出たが、点差ほど内容は悪くなかった


★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
久保裕也(日本)
▽1ゴール2アシストと躍動。仕掛けにキレがあり、クロスの質も良く、試合を通じてプレー精度が高かった。

日本 4-0 タイ
【日本】
香川真司(前8)
岡崎慎司(前19)
久保裕也(後12)
吉田麻也(後38)

コメント

関連ニュース

thumb

決勝点アシストの本田圭佑、過去3大会の得点関与数がすごい

▽日本代表FW本田圭佑のワールドカップ(W杯)を舞台にした得点関与数がすごい。 ▽日本代表は19日、ロシアW杯グループH第1節でコロンビア代表と対戦。ベンチスタートのFW本田圭佑は70分にMF香川真司との交代でピッチ入ると、73分に左CKからFW大迫勇也の勝ち越しゴールを演出した。 ▽『Opta(@OptaJoe)』が伝えたところによれば、これにより、本田のW杯における成績は3得点3アシスト。今大会を合わせた過去3大会におけるチームの総得点8得点に対して、6得点に関与しているという。 ▽なお、日本代表は南米の強豪コロンビア代表を相手に2-1の勝利を飾り、今大会を白星スタート。24日に行われる次戦はセネガル代表と対戦する。 ◆本田圭佑の過去W杯3大会成績 2010年:南アフリカ大会/4試合、2得点1アシスト 2014年:ブラジル大会/3試合、1得点1アシスト 2018年:ロシア大会/1試合、1アシスト 2018.06.19 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫大車輪の活躍でサムライブルーが下馬評覆しコロンビアに大勝利!《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節、コロンビア代表vs日本代表が19日にモルドヴィア・アリーナで行われ、2-1で日本が勝利した。 ▽コロンビア、セネガル、ポーランド、そして日本が同居したグループH。日本代表にとって4年前のブラジル大会の最後の試合はコロンビアだった。その試合では1-4で敗戦。1勝もできなかった前回大会の雪辱を晴らすべくこの初戦に臨んだ。 ▽FIFAランク16位のコロンビアはこの試合では[4-2-3-1]の布陣を採用。GKオスピナやダビンソン・サンチェス、クアドラード、ファルカオが先発出場となった一方で、ハメス・ロドリゲスはケガの影響によりベンチスタートとなった。 ▽対する日本はこちらも同じく[4-2-3-1]のフォーメーションを基本に、GK川島、ディフェンスラインは右から酒井宏、吉田、昌子、長友。中盤の底には長谷部と柴崎が務め、2列目には右から原口、香川、乾の3人。ワントップに大迫が起用された。 ▽試合はいきなり思わぬ展開となる。3分、自陣からの縦パスに反応した大迫がダビンソン・サンチェスとの競り合いに勝ちゴール前へ侵攻。大迫のシュートはGKオスピナに弾かれるもののこぼれ球を詰めていた香川のシュートがC・サンチェスの腕に当たり日本がPKを獲得。さらにこのプレーでC・サンチェスが一発退場となった。そして、このPKを香川が真ん中へ度胸満点のキックを蹴り込んで先制に成功した。 ▽大きなアドバンテージを得た日本だが、12分にクアドラードを倒しFKを与えると、このFKにファルカオが反応。シュートはGK川島が収めたがコロンビアの虎“ティグレ”が徐々に目を覚まし始める。 ▽15分には日本のショートカウンターから、香川のラストパスを受けた乾がボックス左からダイレクトで狙いに行くが、イージーミスを犯してしまい上手くミートできず。さらに32分にも大迫が同じような場所からゴールを狙うがこちらも枠を捉えることが出来なかった。 ▽1人少ないコロンビアはクアドラードを下げてボランチにバリオスを投入。34分にはキンテーロのパスから再びファルカオがゴールに迫る。すると39分、そのファルカオが長谷部に倒され、ボックス手前右の絶好の位置でFKを獲得。キッカーのキンテーロは、日本の壁の下を抜く見事なゴールを沈めて、コロンビアを同点に導いた。 ▽迎えた後半、日本は54分に香川のパスを受けた大迫が相手を背にしながら素早い反転からシュートを放つ。ボックス左の角度の小さい位置からのシュートだっただけにGKにコースを読まれてしまった。その直後には、今度は乾が得意の角度から狙うがGKオスピナにファインセーブされてしまう。 ▽コロンビアは59分、ついに前回大会の得点王、ハメス・ロドリゲスをキンテーロに代えてピッチに送り込む。それでも流れは日本に。70分に香川を下げて本田を投入すると、その本田が絡んで酒井宏がゴールに迫る。 ▽28分、そのプレーから得た左CKの場面。キッカー本田のクロスを大迫が相手に挟まれながらも上手く頭で合わせて2点目を決めた。 ▽再び勝ち越した日本は85分に大迫を下げて、ケガの具合が心配された岡崎を投入する。その後、後半アディショナルタイムに突入。終盤のコロンビアの猛攻も振り切り、日本が2-1で勝利。2010年の南アフリカワールドカップ以来の初戦勝利を手にした。 2018.06.19 22:54 Tue
twitterfacebook
thumb

開始2分56秒で退場…カルロス・サンチェス、W杯史上2番目の早さ

▽コロンビア代表MFカルロス・サンチェスの退場劇はワールドカップ(W杯)史上2番目に早い記録だったことがわかった。 ▽コロンビア代表は19日、ロシアW杯グループH第2戦で日本代表と対戦。開始3分にFW大迫勇也に許したシュートこそGKがブロックしたものの、次の対応をボックス内のカルロス・サンチェスが誤った。こぼれ球に反応したMF香川真司のシュートを手で弾いてしまい、一発退場に。このプレーでPKのチャンスを手にした日本代表は、香川が落ち着いて決め切り、先制に成功している。 ▽『Opta(@OptaJoe)』が伝えたところによれば、カルロス・サンチェスの退場劇に要した時間は、キックオフからわずか2分56秒。1986年に行われたメキシコW杯のメキシコ代表戦でウルグアイ代表のホセ・バティスタ氏がマークした開始56秒に次ぐスピードだという。なお、カルロス・サンチェスはロシアW杯における初の退場者となる。 2018.06.19 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

メキシコ代表FW、ドイツ撃破の翌日に祖父が死去「おじいちゃん…勝利を見ていただろ?」

メキシコ代表FWカルロス・ベラは自身のSNSで、18日に祖父が他界したことを発表した。<br><br>ベラは17日、ロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦ドイツ戦に出場。前回大会王者から金星を挙げたチームに貢献した。<br><br>後半13分で途中交代したものの、試合後にフアン・カルロス・オソリオ監督はベラを絶賛していた。<br><br>「彼は今日のベストプレーヤーの一人だ。カルロスは何度もファイナルサードへラストパスを出してくれていた。彼の役割は60分間で全てを出し尽くすことだったんだ。素晴らしい仕事をしたよ」<br><br>しかし、指揮官から絶賛されたベラの下に悲しい知らせが届いた。なんと試合の翌日に祖父が亡くなったのだ。<br><br>勝利の歓喜から一転、悲しみに包まれたベラは、ドイツ戦の勝利を見届けてから他界した祖父へのメッセージをインスタグラム上に投稿した。<br><br>「おじいちゃん、あの勝利を見ていたんだろ? 僕のことを誇りに思ってくれたことを願っているよ」<br><br>提供:goal.com 2018.06.19 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ハメスはベンチスタート、対コロンビア戦の日本代表スタメン《ロシアW杯》

▽本日19日21時にキックオフを迎えるロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節のコロンビア代表vs日本代表(@モルドヴィア・アリーナ/サランスク)のスターティングメンバ―が発表された。 ▽6大会連続6回目のW杯出場となる日本代表。本大会開幕前に突然の監督交代で激震が走ったが、過去最高位ベスト16超えの挑戦がいよいよ幕を開ける。西野朗監督は、本番前最後となる調整試合のパラグアイ代表戦から先発を6名変更した。 ▽守護神をGK川島永嗣が務め、最終ラインにDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF昌子源、DF長友佑都。ボランチにMF長谷部誠とMF柴崎岳を置き、1トップを務めるFW大迫勇也の背後にMF原口元気、MF香川真司、MF乾貴士を起用した。 ▽なお、対戦相手のコロンビア代表は、ケガを抱えるMFハメス・ロドリゲスがベンチスタート。主砲のFWラダメル・ファルカオがスターティングメンバー入りを果たした。 ◆vsコロンビアの日本代表スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180619_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:川島永嗣 DF:酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都 MF:長谷部誠、柴崎岳、原口元気、香川真司、乾貴士 FW:大迫勇也 2018.06.19 20:15 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース