レーティング:日本 4-0 タイ《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.28 21:37 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節のタイ代表戦を埼玉スタジアム2002で行い、4-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽日本代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 川島永嗣 7.0
集中力を維持し、前半終了間際と後半序盤にビッグセーブ。さらにPKストップ

DF
19 酒井宏樹 5.5
良い攻め上がりも見せたが、パスミスなど軽いプレーがいくつかあった

22 吉田麻也 6.0
相手FWに制空権を譲らず、終盤にCKからチーム4点目を記録

6 森重真人 5.5
好フィードで先制点の起点となるも、ビルドアップで危険なミスも

5 長友佑都 4.5
PK献上だけでなく、守備で裏を取られるなど後手を踏む場面が多く、攻撃面でも見せ場なし

MF
21 酒井高徳 5.5
中盤の底で機動力を見せたが、攻守に少しバタついた

16 山口蛍 5.5
中盤中央のスペース管理に集中。平均的なパフォーマンス

10 香川真司 6.5
ゴール前で冷静さを見せて、早い時間帯に先制弾を記録。アクセントを付けた

(→13 清武弘嗣 5.5)
精度の高いCKから吉田のゴールを演出した

FW
14 久保裕也 7.5
UAE戦に続くゴール。さらに、2アシストの圧巻パフォーマンス

(→11 宇佐美貴史 -)

9 岡崎慎司 6.5
らしい飛び込みからのヘディングシュートで日本代表通算50得点目。相手最終ラインとの駆け引きを続けた

8 原口元気 5.5
攻撃時は幅広く動きながらも、守備時は自サイド深くまで戻って長友をサポート

(→4 本田圭佑 5.5)
しっかりとボールに関与し、惜しいシュートも

監督
ハリルホジッチ 6.5
個々のパフォーマンスによる部分も大きいが、4発完勝。予選3連勝と結果を出す


▽タイ代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 タムサチャナン 5.0
好守もあったが4失点

DF
19 ドゥ 5.5
守備に集中。前半は踏ん張るも、後半はやや崩れた

5 プロムラク 5.5
日本攻撃陣に出し抜かれて失点も、最低限の対応を見せた

15 ナムウィセット 5.0
ソリッドさを欠いた

2 ノテチャイヤ 5.0
対面の久保を抑えることができなかった

MF
10 ティーラシン 5.5
前半終了間際にゴールに近づくも、川島に阻まれる。PK獲得も、失敗

22 プライヌム 5.5
中盤の底で守備に奔走した

17 タナブーン・ケサラット 5.0
好守において平凡な出来だった

8 チャットーン 5.5
自サイドで守備に追われながらも、前に出る姿勢を見せた

FW
9 クライソーン 5.0
前線で起点になることができなかった

18 ソングラシン 5.5
前半は沈黙も、後半は積極性を見せて際どいシュートも

監督
キャティサッ・セナムアン 5.5
個人のスキルの差が出たが、点差ほど内容は悪くなかった


★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
久保裕也(日本)
▽1ゴール2アシストと躍動。仕掛けにキレがあり、クロスの質も良く、試合を通じてプレー精度が高かった。

日本 4-0 タイ
【日本】
香川真司(前8)
岡崎慎司(前19)
久保裕也(後12)
吉田麻也(後38)

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表、オーストラリア戦&サウジ戦でW杯出場決定なら10月はキリンチャレンジカップを2試合実施

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、10月の日本代表の活動について発表した。 ▽日本代表は現在ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦っており、8月31日のオーストラリア代表戦、9月5日のサウジアラビア代表戦で出場権の獲得を目指す。 ▽日本がこの2試合でロシアW杯出場を決定した場合には、10月にキリンチャレンジカップ2017を実施。10月6日(金)に愛知県・豊田スタジアムで、同10日(火)に神奈川県・日産スタジアムで実施される。対戦相手は現在未定だ。 ▽また、この2試合でロシアW杯出場が決定しなかった場合、日本はグループ3位となり、グループAの3位とアジアプレーオフを実施。10月5日(木)にアウェイで1stレグを、同10日(火)に埼玉スタジアム2002(予定)で2ndレグを戦う事となる。 ▽なお、アジアプレーオフに勝利した場合は、11月のインターナショナルウインドウで北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)予選4位とホーム・アンド・アウェイ方式で対戦。勝利するとロシアW杯出場権を獲得する事となる。 2017.07.14 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表、サウジアラビア代表とのW杯アジア最終予選の会場が決定!

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、9月5日(火)に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦の試合会場を発表した。 ▽グループ首位の日本代表は、サウジアラビア・ジッダの「キング・アブドゥラー・スポーツ・シティー」で同2位のサウジアラビアと対戦する。 ▽日本は現在勝ち点17でグループ首位に立つものの、8月31日に勝ち点16で3位につけるオーストラリア代表と埼玉スタジアム2002で対戦。勝てばロシアW杯出場が決定するものの、敗れればサウジアラビアとの対戦にW杯出場を懸けて戦う。 2017.07.04 18:42 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国代表新監督はシン・テヨン氏に決定…U-20やU-23韓国代表を指揮

▽韓国サッカー協会(KFA)は4日、韓国代表の新監督にシン・テヨン氏(46)が就任することを発表した。 ▽シン・テヨン氏は、現役時代に所属した城南FCで監督としてのキャリアをスタート。2014年1月から韓国代表のスタッフになると、2014年9月からウリ・シュティーリケ監督の下でアシスタントコーチに就任。2015年1月からはU-23韓国代表の監督も兼任し、今年1月からはU-20韓国代表の監督も務めU-20韓国代表を率いて、先日まで行われていたU-20ワールドカップに出場していた。 ▽韓国代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループAで現在3位。6月13日に行われたロシアW杯アジア最終予選第8節で最下位のカタール代表に2-3で敗れ、シュティーリケ監督を解任していた。 2017.07.04 15:12 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国代表が決断、シュティーリケ監督を解任

▽韓国サッカー協会(KFA)は15日、ウリ・シュティーリケ監督(62)を解任したことを発表した。 ▽シュティーリケ監督は過去にスイス代表やコートジボワールの指揮官を歴任。2014年9月から韓国代表を率い、2015年のアジアカップでチームを7大会ぶりの決勝進出に導くなど手腕が光った。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では苦戦中。現在、本大会ストレートインのグループA2位につけているものの、3位のウズベキスタン代表とわずか1ポイント差の2位と苦しんでいる。 ▽また、13日に行われたロシアW杯アジア最終予選第8節で最下位のカタール代表に2-3の敗北。33年ぶりの対カタール戦黒星により、国内で周囲から批判的な見方が強まっていた。 ▽なお、監督交代という苦渋の決断を下した韓国は、ロシアW杯アジア最終予選の残り2試合で、すでに本大会行きを決めた首位のイラン代表、3位につけるウズベキスタン代表と対戦する。 2017.06.15 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】結果はドローも、新世代のプレーに見えた光明

▽灼熱のピッチ、ケガ人に悩まされるスクランブル状態の中、日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨んだ。残り2試合の相手がオーストラリア代表(グループ3位)、サウジアラビア代表(グループ2位)ということを考えれば、勝ち点3を持ち帰りたかったはずだ。しかし、結果は1-1のドロー。最低限の勝ち点1を持ち帰るに留まった。 ▽この試合に向けては、7日に行われたシリア代表とのキリンチャレンジカップ2017で左肩を脱臼したMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)を始め、追加招集されたFW宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)が離脱。さらに、シリア戦で負傷したMF山口蛍(セレッソ大阪)が全体メニューをこなせないなど、ケガに悩まされた。 ▽その結果、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は3月のUAE代表戦やシリア戦で試した[4-3-3]ではなく、[4-2-3-1]を採用。システムの変更だけでなく、ダブルボランチにMF遠藤航(浦和レッズ)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)のリオ・デジャネイロ五輪コンビを起用。トップ下にFW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)を配置し、右にFW本田圭佑(ミラン/イタリア)、左にFW久保裕也(ヘント/ベルギー)、1トップにFW大迫勇也(ケルン/ドイツ)を配置した。 ▽厳しい環境に加え、新たな布陣を試した日本代表。試合中にも負傷者が続出するエクスキューズもあり、引き分けに終わったことは残念ではあるが、光明も見えたように思う。 <span style="font-weight:700;">◆本来のパフォーマンスを見せた昌子源</span> ▽シリア戦では久々の代表戦、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)との初コンビなど、イレギュラーな要素もあり不安定な立ち上がりとなったDF昌子源(鹿島アントラーズ)。しかし、イラク戦では鹿島で見せているパフォーマンスに近いものを発揮することができていた。 ▽持ち味である一対一の強さは試合中に何度も見せ、ロングボールで裏を狙ってくるイラクに対し、しっかりと対応していた。また、同サイドのDF長友佑都(インテル/イタリア)や久保、そしてボランチの遠藤、井手口に対しても試合中に声をかけ、ポジショニングの修正を図っていた。まだまだ代表キャップは少ないものの、今回招集外となったDF森重真人(FC東京)のポジションを脅かす存在になることは間違いないだろう。センターバックの序列が変わる可能性を感じさせた。 <span style="font-weight:700;">◆ダブルボランチを務めた遠藤航&井手口陽介のリオコンビ</span> ▽今回のメンバーには遠藤、井手口、さらにGK中村航輔(柏レイソル)、FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)とリオ五輪メンバーが招集。また、同世代のDF三浦弦太(ガンバ大阪)も招集されており、新たな世代がA代表に関わるようになった。 ▽遠藤は、2006年6月のキリンカップサッカーのボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦以来1年ぶりの出場。井手口はシリア戦に続き出場となり、初先発を果たしたが、両選手が見せたパフォーマンスは結果以上にポジティブに捉えても良いだろう。 ▽互いに守備を意識した入りとなり、遠藤は後方に構えてバランスを、井手口は豊富な運動量でボールを奪いにピッチを走り回った。序盤は2人のポジショニングが安定せず、バイタルエリアを空けてしまうシーンも見られたが、徐々にアジャスト。井手口が攻撃面でも良いプレーを見せ始めた矢先に、脳震とうで交代となってしまったことは残念だった。遠藤は失点シーンでパスを回されてしまった部分はあったものの、90分戦い切ったことは評価していいだろう。 ▽チームの安定剤だったMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)がケガで戦列を離れ、2番手だった山口も負傷欠場。MF今野泰幸(ガンバ大阪)も負傷離脱から復帰したばかりと、ボランチのポジションが手薄となっていた。そんな中での2人のプレーぶりは、世代交代を含めてこの先の日本代表にとっては光明と言えるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆2カ月半後の決戦へ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170614_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昌子、遠藤、井手口と新たな世代に起用の目処が立ったものの、残り2戦は総力戦で臨むことが必須だ。2カ月半後ともなれば、選手の状態やパフォーマンスなどは全く想像できない。海外組は移籍している選手も居るだろうし、国内組でも海外移籍を実現させている選手がいるかもしれない。ケガから復帰する選手もいれば、ケガをしている選手がいるかもしれない。どんな状況が待っているかは分からないが、新たな選手が計算できることはプラスだ。あとはハリルホジッチ監督がどの様な判断を下すのか。オーストラリア戦までの選手の状態を把握し、ロシアW杯出場権を掴むためにもしっかりとした決断を下してもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2017.06.14 19:15 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース