スコットランド、試合終了間際の劇的弾で難敵オブラクを攻略! スロバキアがグループF2位に浮上《ロシアW杯欧州予選》2017.03.27 06:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節、スコットランド代表vsスロベニア代表が26日に行われ、ホームのスコットランドが1-0で勝利した。

▽W杯欧州予選グループFで首位イングランド代表(勝ち点10)に次ぐ2位に位置するスロベニア(勝ち点8)が、5位に低迷するスコットランド(勝ち点4)のホームに乗り込んだ一戦。

▽試合は戦前の予想に反して、ホームのスコットランドが一方的に押し込む展開に。開始7分にはCKからラッセル・マーティンがヘディングシュートでゴールネットを揺らすが、ここは競り合いの場面でオフェンスファウルを取られ、ゴールは認められず。

▽その後も攻勢を続けるスコットランドは、厚みのある攻めで決定機を作り出していく。だが、35分過ぎにグリフィスの決定的なシュートがクロスバーと右ポストを続けて叩くなど、スロベニア守護神オブラクの牙城をあと一歩のところで崩せない。

▽ゴールレスで迎えた後半は、スロベニアが攻守に盛り返してきたことで、前半以上にオープンな展開に。それでも、ホームの歓声を後押しに勢いづくスコットランドは、74分に途中出場のアニャがボックス内に抜け出すが、右足のシュートはGKオブラクにセーブされる。

▽何とかホームで勝ち切りたいスコットランドは、試合終盤にかけても猛攻を仕掛けると、試合終了間際に劇的なゴールが生まれる。88分、ボックス左でアームストロングから斜めのパスを足元で受けたクリス・マーティンがすかさず左足を振り抜くと、味方のスライディングがブラインドとなり、反応が遅れたGKオブラクの左足を掠めたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。そして、この決勝点を守り抜いたスコットランドが、2位スロバキアと勝ち点2差の4位に浮上した。

▽また、同日行われた最下位マルタ代表(勝ち点0)と3位スロバキア代表(勝ち点6)の一戦は、アウェイのスロバキアが3-1で勝利した。

▽エースのハムシクをベンチスタートにするなど、格下相手に余裕の試合運びが予想されたスロバキアだったが、バイスの先制点直後に同点ゴールを許すなど、思わぬ苦戦を強いられた。その後、グレグシュのゴールで前半のうちに勝ち越しに成功したが、なかなか3点目を奪えない。その後、79分の相手の退場をキッカケに攻勢を強めたスロバキアは、84分にネメクのゴールで勝負を決めたが、試合終了間際にそのネメクが退場となるなど、格下相手に後味の悪い勝利となった。

▽それでも、勝ち点を9ポイントに積み上げたスロバキアが、この日敗れたスロベニアを抜き2位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

若き“スーパーイーグルス”ナイジェリア代表のドキュメンタリームービーが公開

▽斬新なデザインのユニフォームが世界中で話題となっているナイジェリア代表。ナイキは22日、そのナイジェリア代表のフットボール文化を追ったドキュメンタリームービーをを公開した。 ▽ナイジェリアのフットボールに対する自由かつ楽観的で自信にあふれる姿勢を、2006年に”The African Game”を出版したフィルムメーカーのアンドリュー・ドスンムが撮影した。 ▽500以上の民族からなる多様な国であるナイジェリア、どこを旅行しても、フットボールが共通言語・結合組織のように国を一つに繋げ、国民の心、想いや情熱を熱くすることが伝わるムービーとなっている。 ▽ムービーには、日本代表の岡崎慎司のチームメイトであるウィルフレッド・エンディディ(レスター・シティ)をはじめ、オディオン・イガロ(長春亜泰)、オジェニ・オナジ(トラブゾンシュポル)、ウィリアム・エコング(ブルサシュポル)といった現役代表選手も登場する。 ▽熱気にあふれ混沌としたラゴスから灌木の茂るアベオクタのサバンナに至るまで、フットボールはストリート、クラブ、マーケットやピッチなど、あらゆる場所の日々の生活のリズムを生み出し、セグン・オデバミ(1980年ナイジェリアで行われたアフリカネイションズカップのスター選手の一人)や、現役代表のインタビューも盛り込まれ、スーパーイーグルズ(ナイジェリア代表の愛称)が“ナイジャ”を世界的存在にする使命を実現するみちのりが表現されている。 <div id="cws_ad">◆This is Naija: A Nigerian Football Story</div> <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/ixMZZicONDs" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> 2018.06.23 01:35 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:ブラジル 2-0 コスタリカ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節、ブラジル代表vsコスタリカ代表が22日にサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、2-0でブラジルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ブラジル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180622_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.5 好飛び出しで未然にピンチを防ぐ DF 22 ファグネル 5.5 高い位置を取るも効果的な攻撃参加は少なかった 2 チアゴ・シウバ 6.0 好インターセプトを続けた 3 ミランダ 5.5 難しい対応に迫られることはなかった 12 マルセロ 5.5 積極的にシュートを狙っていたが、ネイマールをうまくサポートできず MF 15 パウリーニョ 5.5 何度か良い形で攻撃に絡んだ (→フィルミノ 5.5) なかなか試合に入れなかったが、コウチーニョのゴールに絡んだ 5 カゼミロ 5.5 相手の攻撃の芽を摘む。ネイマールのゴールを演出 11 コウチーニョ 6.5 スイス戦に続くゴールでチームを勝利に導いた FW 19 ウィリアン 5.0 個で打開できず (→ドグラス・コスタ 5.5) スペースがなくスピードが生きなかったが、最後にネイマールのゴールをアシスト 9 ガブリエウ・ジェズス 5.5 タイトなマークに苦戦。シュートがバーを直撃するなど不運もあったが、コウチーニョのゴールに絡んだ (→フェルナンジーニョ -) 10 ネイマール 6.0 対面のガンボアを突破しきれず。VARでPKが覆り、良いところなしかと思われたが最後にゴール 監督 チッチ 6.0 難しい試合を追加タイム弾で勝ち切った ▽コスタリカ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180622_36_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 6.0 最終的には2失点もネイマールのシュートをビッグセーブで阻むなど壁となった DF 16 ガンボア 6.0 ネイマールをうまく封じた (→カルボ -) 2 アコスタ 6.0 ガンボアと共にネイマールを止めた 3 G・ゴンサレス 6.0 守備の要として最終ラインに君臨 6 ドゥアルテ 6.0 オビエドと共に自陣左サイドをケア 8 オビエド 6.0 コウチーニョ、ドグラス・コスタをうまく抑える MF 5 ボルヘス 6.0 的確な配球でチームを落ち着かせる 20 グズマン 6.0 しっかりスライドしてスペースを埋める (→テヘダ -) FW 11 ヴェネガス 5.5 守備に力を割かれた 21 ウレニャ 5.5 ボールホルダーによくプレスをかけた (→ボラーニョス 5.5) まずまずボールに絡んだ 10 ルイス 5.5 一定のキープ力を見せた 監督 ラミレス 6.0 ブラジルを大いに苦しめる鉄壁の守備を築いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コウチーニョ(ブラジル) ▽ナバスの前に大いに苦しんだブラジル攻撃陣だったが、コウチーニョが救世主となった。スペースのない中、タイミング良くゴール前に絡んで決勝ゴール。 ブラジル 2-0 コスタリカ 【ブラジル】 コウチーニョ(後46) ネイマール(後52) 2018.06.22 23:06 Fri
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ&ネイマールのAT弾で大苦戦したブラジルが初勝利《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節、ブラジル代表vsコスタリカ代表が22日にサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、2-0でブラジルが勝利した。 ▽初戦でスイス代表に1-1の引き分けに持ち込まれたブラジルは、スイス戦のスタメンからダニーロに代えてファグネルのみを変更した。 ▽一方、第1節でセルビアに0-1と惜敗したコスタリカは、セルビア戦のスタメンからカルボに代えてオビエドのみを変更した。 ▽5バックを敷くコスタリカに対し、ブラジルが押し込む展開で立ち上がっていく。しかし13分、コスタリカに決定機。右サイド深くまでえぐったガンボアのクロスにボックス中央でフリーとなっていたボルヘスがダイレクトでシュート。だが、枠の左に外してしまった。 ▽コスタリカのタイトな守備に苦戦してシュートに持ち込めないブラジルは、27分にようやくチャンス。浮き球パスに反応したネイマールがオフサイドラインぎりぎりで抜け出すも、GKナバスの好飛び出しに阻まれる。 ▽前半半ば以降もブラジルが押し込む展開が続いたが、やはり攻めあぐねる状況が続く。そんな中41分、マルセロが右足ミドルを狙うも、GKナバスの正面を突き、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半からウィリアンに代えてドグラス・コスタをそのまま右サイドに投入したブラジルは、開始4分に決定機。右サイドからのクロスにジェズスがヘディングで合わせたシュートがバーを直撃。さらにルーズボールを拾った流れからコウチーニョがシュートに持ち込むもゴールライン前のガンボアにカットされてしまう。 ▽攻勢に出るブラジルは56分にも決定機。右サイドからのクロスをネイマールがダイレクトでシュート。だが、枠を捉えていたシュートはGKナバスのビッグセーブに阻まれた。 ▽その後、やや勢いがトーンダウンしたブラジルは、68分にパウリーニョに代えてフィルミノを投入して攻撃の枚数を増やす。そのブラジルがCKからカゼミロのヘディングシュートでゴールに迫ると、72分にビッグチャンス。敵陣でインターセプトしたネイマールがそのままボックス手前からコントロールシュートを浴びせたが、わずかに枠の右上に外れてしまった。 ▽そして78分、ネイマールがボックス左でG・ゴンサレスに手をかけられて倒れると、主審はPKと判定。しかし、VARの末にネイマールのシミュレーションを取り、PKは取り消された。 ▽終盤にかけてブラジルが攻めあぐねる中、それでも6分の追加タイムが与えられた同1分にブラジルが押し切る。左クロスをファーサイドのフィルミノがヘッドで折り返すと、ゴール前のジェズスが受け、ルーズとなったボールを走り込んできたコウチーニョがシュート。これがGKナバスの股間を抜き、ゴールネットを揺らした。 ▽さらに試合終了間際、カウンターからカゼミロ、ドグラス・コスタとつなぐと、最後はネイマールが押し込んで勝負あり。苦しんだブラジルが終盤の2ゴールでナバスの牙城を崩し、初勝利を飾った。 ▽勝利したブラジルは最終節でセルビアと、2連敗のコスタリカはスイスと対戦する。 2018.06.22 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】今週の日本一不幸なJリーグファンって!? の巻

▽今週、メッチャ不幸なJリーグファンがいま〜す。それって、たぶん当事者はもう気づいてると思うんです。他のチームの人はわかってないけど。もしかして日本のサッカーファンのすべての不幸を背負い込んでるんじゃないでしょうか。新潟サポーターって。 ▽いえー、20日にホームで甲府に1-5って大敗したからじゃありません。だってそりゃ19日のコロンビア戦を見ちゃったらみんな興奮してたんじゃないですかね、選手も。それがいいほうに働くこともあれば、悪い方に作用することもあったんじゃないかなって。何よりリーグ戦が長いと、こんな試合って時々あるんですよ。 ▽問題なのは24日の夜のセネガル戦でしょ! 日本時間の夜0時キックオフ!! ところが町田vs新潟って、その日の18時スタートなんですよ!! ▽試合が終わって20時。果たしてそこから帰って0時までに新潟にたどり着けるか?! 今週はそんな人たちのために親切なデータを用意しました。だって、おかしなことに町田ゼルビアの公式サイトには行きの交通手段は書いてあっても、帰りは書いてない! いろいろ聞くところによると、帰りのバスは1時間待ちが普通的な! ▽で、逆算して考えてみましょう。まず新潟へ0時前にたどり着くには、東京駅を21時40分の上越新幹線に乗らなきゃだめ。では東京駅に行くにはどうしたらいいか。野津田公園からの行き先は、やっぱり町田に出るってのがJRも小田急も使えてよさそうなんですね。 ▽町田駅から東京駅に出るためには、小田急を使った場合、町田駅を20時39分発のロマンスカーに乗って新宿駅へ。新宿駅で今度はJRの21時16分発東京行きに乗り換えると、東京駅21時29分だからなんとか新幹線に間に合うんです。 ▽町田駅からJRを使った場合、町田駅発20時42分の東神奈川行きに乗り、新横浜で21時12分発の新幹線に乗り換えて東京駅到着が21時30分。ロマンスカーに乗れない! と思ったらダッシュで小田急の駅からJRの駅まで行かないと間に合わないんですけど。 ▽さて問題は。要は町田駅に20時30分ぐらいまでにたどり着かないと無理ってことですよ。スタジアムから町田駅までは距離にして8キロないぐらい。ってことは、混んでなければだいたい20分。忙しいメディアの人がやってるみたいに、スタジアムにタクシーさんに横付けしておいてもらって、試合が終わったら一目散!! ああ! 何とかなるかも!! でもどう考えても現実的には無理かも!! ▽この間に合いそうで間に合わないところが、新潟の不幸って感じがしませんか。やっぱり24日はホテルに泊まって試合を見て、翌朝6時8分の始発で新潟駅8時13分着ってのが、一番まともなのかなぁ。社会人の人は、新潟と日本代表のユニフォームと、スーツ持って出かけましょうね。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.06.22 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン紙がサンパオリ電撃解任報道も財政面に障害か

▽アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督に、解任報道が噴出している。スペイン『アス』が、アルゼンチン各紙の報道を基に伝えた。 ▽サンパオリ監督は、昨年夏にアルゼンチン指揮官に就任。2015年にチリ代表を率いてのコパ・アメリカ優勝、2016-17シーズンにセビージャをリーガエスパニョーラ4位に導くなどの手腕が評価されて5年契約を締結した。 ▽しかし、辛くもロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選を勝ち上がったアルゼンチンは、本大会でここまで1分け1敗。特に21日に行われた第2節では、最低でも引き分け以上の結果を求められながらも0-3の完敗を喫しており、アルゼンチン各紙からは最終節ナイジェリア代表戦前の解任報道が浮上している。 ▽報道によると、サンパオリ監督が解任された場合は同チームのゼネラルマネージャーを務めるホルヘ・ブルルチャガ氏が采配を振るうことになるという。しかし、『アス』は財政的な問題でアルゼンチンサッカー協会(AFA)が解任に踏み切るのは難しいだろうと指摘している。 ▽伝えられるところでは、2016年にヘラルド・マルティーノ元監督を、2017年にエドガルド・バウサ前監督を解任しているAFAは、既に合計で2000万ユーロ(約25億7000万円)を契約解除金として支払っているとのこと。サンパオリ監督を解任する場合にはさらに2000万ユーロ(約25億7000万円)の契約解除金が必要となるため、AFAにとっては無視できない金額だ。もし監督を交代するとすれば双方合意の形となるだろう、と『アス』は推測している。 2018.06.22 19:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース