ブッフォン代理人、過去にバルセロナ移籍へと近づいたことを暴露!!2017.03.21 09:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、過去にバルセロナ移籍に近づいていたようだ。スペイン『マルカ』が同選手の代理人のコメントを伝えている。

▽1991年にパルマでプロキャリアを歩み始めたブッフォンは、2001年からユベントスに加入。現在まで15シーズンを過ごし、絶対的な守護神としてセリエAを7回、コッパ・イタリアを2回、スーペル・コッパを5回優勝するなど数々のタイトル獲得に貢献した。

▽現在はユベントスでキャプテンも務めるブッフォンダが、代理人であるシルバーノ・マルチナ氏はパルマからユベントスに移籍する直前にバルセロナに加入する可能性があったことを認めた。

「バルセロナとの契約は間近となっていた。正直に言えば、パルマとバルセロナはクラブ間で合意していたよ。しかしブッフォン自身がユベントスを選択したんだ」

▽またマルチナ氏は今年で39歳を迎えたブッフォンの今後についても言及した。

「彼がいつ引退するかなんてわからないよ。40歳までプレーするかもしれないね。どちらにせよ、彼が引退するタイミングは彼自身が決めるものだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスがマノラスと個人間で合意報道

▽イタリア『SportItalia』は25日、ユベントスがローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)と個人間で合意に達していると報じた。 ▽ユベントスでは先日、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがミランへ電撃移籍しており、その穴を埋める存在を探している。 ▽一方、マノラスは今夏、ゼニトへの移籍が決まりかけていたものの、サラリーの面で合意に達せず破断に終わっていた。 ▽なお、マノラスの獲得にかかる移籍金は3000万ユーロ(約39億1000万円)と報じている。 2017.07.26 00:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、主力CB放出を拒否…アッレグリがボヌッチ後釜にリストアップも

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、DFソクラティス・パパスタソプロスのユベントス移籍を否定している。ドイツ『キッカー』が伝えた。<br><br>ソクラティスは今夏、「タイトルが欲しい」と語り、移籍市場でステップアップを模索する考えも示唆していた。ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はミランへ電撃移籍したレオナルド・ボヌッチの後釜として第一候補に考えていると伝えられたが、ドルトムント側が拒否の姿勢を示した。<br><br>プレミアリーグのチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているといううわさの29歳ギリシャ代表DFについてツォルクはこのように語っている。<br><br>「我々はパパを新シーズンの構想に含めている。このクオリティを持つ選手を失いたくはないね」<br><br>ソクラティスは昨シーズン、公式戦41試合に出場。自身のキャリア初となるDFBポカール制覇を経験している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 23:44 Tue
twitterfacebook
thumb

積極補強のミラン、クアドラード獲得を諦めず?

▽『TRANSFERmarketWEB』によると、ミランはユベントスのコロンビア代表FWフアン・クアドラード(29)の獲得を諦めていないようだ。 ▽中国人新オーナーの下、今夏の積極補強が目立つミランは、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチや、トルコ代表MFハカン・チャルハノール、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバなど、レンタル加入の選手も含めるとすでに10人もの新戦力を補充。その移籍金の総額はおよそ2億5000万ユーロ(約323億円)にまで昇る。 ▽すでに十分な戦力を整えたように思えるミラン。しかし『TRANSFERmarketWEB』が伝えるところによれば、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がフィオレンティーナ時代に師弟関係にあったクアドラードの獲得をクラブに求めているという。 ▽なお、ユベントスは今夏、バイエルンからブラジル代表FWドグラス・コスタ、イタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキを獲得。同じポジションのクアドラードは、今年6月にチェルシーから完全移籍したものの、すでに余剰戦力として数えられているようだ。 ▽ミランは、ユベントスと2020年までの契約を残しているクアドラードに対して2500万ユーロ(約32億3700万円)の移籍金を準備しているようだ。また、同選手に対してはアーセナルやパリ・サンジェルマンも興味を示していると『TRANSFERmarketWEB』は伝えている。 2017.07.25 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ボヌッチの後釜を探すユーベ、シティのマンガラ獲得に興味!!

▽センターバックの補強に動くユベントスが、マンチェスター・シティのフランス代表DFエリアキム・マンガラ(26)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽ユベントスは今夏の移籍市場で、守備の要だったイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを失った。新たなセンターバックの獲得に動いているユベントスは、シティで出場機会を失っているマンガラに白羽の矢を立てたようだ。 ▽2014-15シーズンにポルトからシティに加入したマンガラは、移籍初年度に公式戦31試合に出場。2015-16シーズンにも33試合でプレーするなど主力として活躍していた。 ▽しかしジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮官に就任した2016-17シーズンはバレンシアにレンタルで放出されている。そのバレンシアでは公式戦34試合2ゴールと活躍した。 ▽現在、マンガラはバレンシアとの契約期間を終えてシティに帰還。しかし以前、フランス『レキップ』でのインタビューで「僕は市場に出ている」とシティ退団を明言している。 ▽なお、シティはマンガラに対して移籍金を2000万ユーロ(約25億8800万円)に設定している。また、同選手に対してはセビージャも獲得に興味を示しているようで、今後は争奪戦が展開されそうだ。 2017.07.25 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスのU-21イタリア代表FWチェッリがペルージャへ買い取りOP付きのレンタルで移籍

▽セリエBのペルージャは24日、ユベントスのU-21イタリア代表FWアルベルト・チェッリ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽194cmの大型ストライカーであるチェッリは、2015年夏にパルマからユベントスに移籍。しかし、ユベントスでの出場記録はなく、これまでカリアリやSPAL、ペスカーラへレンタルに出されていた。2016-17シーズン後半はペスカーラでセリエA15試合に出場して1ゴール2アシストを記録していた。 ▽イタリア代表としてはU-16から選出され、6月にはU-21欧州選手権を戦ったイタリア代表に選出されていた。 2017.07.25 02:23 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース