ブッフォン代理人、過去にバルセロナ移籍へと近づいたことを暴露!!2017.03.21 09:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、過去にバルセロナ移籍に近づいていたようだ。スペイン『マルカ』が同選手の代理人のコメントを伝えている。

▽1991年にパルマでプロキャリアを歩み始めたブッフォンは、2001年からユベントスに加入。現在まで15シーズンを過ごし、絶対的な守護神としてセリエAを7回、コッパ・イタリアを2回、スーペル・コッパを5回優勝するなど数々のタイトル獲得に貢献した。

▽現在はユベントスでキャプテンも務めるブッフォンダが、代理人であるシルバーノ・マルチナ氏はパルマからユベントスに移籍する直前にバルセロナに加入する可能性があったことを認めた。

「バルセロナとの契約は間近となっていた。正直に言えば、パルマとバルセロナはクラブ間で合意していたよ。しかしブッフォン自身がユベントスを選択したんだ」

▽またマルチナ氏は今年で39歳を迎えたブッフォンの今後についても言及した。

「彼がいつ引退するかなんてわからないよ。40歳までプレーするかもしれないね。どちらにせよ、彼が引退するタイミングは彼自身が決めるものだ」

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第25節プレビュー】9連勝懸かるユーベが日曜のランチタイムにトリノとダービー

▽前節はナポリがラツィオとの上位対決を制して首位をキープし、2位ユベントスがフィオレンティーナを下してナポリと共に8連勝とし、1ポイント差が維持された。そして、インテルがトンネルを抜け出して9戦ぶりの勝利を飾り、ローマも2連勝としてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上している。迎える第25節、ユベントスがトリノとのダービーマッチを日曜のランチタイムに戦う。 ▽前節フィオレンティーナ戦をベルナルデスキの古巣弾とイグアインの連発弾で競り勝った2位ユベントス(勝ち点62)は、火曜に行われたCL決勝トーナメント1回戦1stレグのトッテナム戦を2-2で引き分けた。2点を先行した中で追いつかれ、厳しいドローとなってベスト8進出に暗雲が垂れ込めた。ハードな戦いを強いられて消耗が予想される中、トッテナム戦ではPKこそ失敗したものの2ゴールを決めて公式戦5試合連続ゴール中の好調イグアインや、好プレーを続けているベルナルデスキにダービーでの活躍を期待したい。 ▽一方、前節ウディネーゼ戦を2-0と勝利し、リーグ戦7試合負けのない9位トリノ(勝ち点36)は、エースストライカーのベロッティがリーグ戦7試合ぶりにゴールを挙げ、ダービーに向けて上々の状態。万全の状態でユベントスの連勝を阻みにかかる。 ▽カジェホンの活躍とメルテンスの4戦連発弾でラツィオに逆転勝利して8連勝とした首位ナポリ(勝ち点63)は、ユベントスの結果を受けて18位SPAL(勝ち点17)とのホーム戦に臨む。 木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のライプツィヒ戦ではメルテンスを出場停止で欠いたことやインシーニェやジョルジーニョをベンチスタートとしたこともあって1-3と完敗。ベスト16進出が厳しくなった中、7戦勝利のないSPALを確実に下して首位キープとしたい。 ▽救世主カラモーの活躍で9戦ぶりの勝利を手にした3位インテル(勝ち点48)は、12位ジェノア(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。先発に抜擢された期待に見事応え、停滞気味だったチームの起爆剤になる可能性十分のカラモーだが、イカルディとペリシッチが負傷で欠場が決まったチームを再び救う働きができるかに注目だ。 ▽最下位ベネヴェントに先制されながらもジェンギズの2ゴール1アシストで逆転勝利した4位ローマ(勝ち点47)は、10位ウディネーゼ(勝ち点33)とのアウェイ戦に臨む。ジェンギズが覚醒しつつある中、1週間の調整期間を生かして3連勝とし、水曜日に控えるCLシャフタール戦に繋げたい。 ▽ナポリに逆転負けし、3連敗となってCL圏外の5位に後退したラツィオ(勝ち点46)は、月曜日に19位ヴェローナ(勝ち点16)とのホーム戦に臨む。ELのステアウア・ブカレスト戦も0-1で落とし、チームは絶不調だが、リーグ戦での連敗を止め、CL圏浮上となるか。 ▽最後にクトローネのドッピエッタで勝利を取り戻した7位ミラン(勝ち点38)は、6位と好位置に付けるサンプドリア(勝ち点41)とのホーム戦に臨む。ルドゴレツとのELではクトローネが1ゴールを決め、PKも獲得と活躍が続く。引き続き、20歳の若武者に期待が掛かる。 ◆セリエA第25節 ▽2/17(土) 《23:00》 ウディネーゼ vs ローマ 《26:00》 キエーボ vs カリアリ 《28:45》 ジェノア vs インテル ▽2/18(日) 《20:30》 トリノ vs ユベントス 《23:00》 ナポリ vs SPAL ボローニャ vs サッスオーロ ベネヴェント vs クロトーネ 《26:00》 アタランタ vs フィオレンティーナ 《28:45》 ミラン vs サンプドリア ▽2/19(月) 《28:45》 ラツィオ vs ヴェローナ 2018.02.17 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

なぜ? ブッフォン、泣くことのススメ「よく一人っきりで泣いている」

▽ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、自身の感情の表現方法について語った。『ESPN』が伝えた。 ▽フットボールの歴史上におけるレジェンドと言える実績を残し、現在も一線で活躍し続けるブッフォン。昨年のワールドカップ欧州予選プレーオフ、スウェーデンを前に敗退を喫した試合後にも涙していたブッフォンは、泣くことへのポジティブな持論を展開した。 「僕はよく、一人っきりで泣いている。泣くことは助けになるんだ。涙を流すことによって、自分の人間らしさを実感することができる」 「フットボールでは感動することがあるけど、泣いたりするのは単に負けたからということじゃない。それは、より複雑でロマンティックな何かなんだ」 2018.02.17 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

「なぜあれが許される?」。ユべントスの抗議をフィオレンティーナが非難

▽フィオレンティーナが、ユベントスの姿勢を非難している。ジーノ・サリカ副会長のコメントをイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽フィオレンティーナとユベントスは、9日に行われたセリエA第24節で対戦。フィオレンティーナが0-2で敗れていた。この試合でビデオアシスタントレフェリー(VAR)が用いられた際、ユベントスが激しく抗議をしている。 ▽フィオレンティーナ側は、ユベントスの選手たちがマルコ・グイーダ主審を囲んで抗議したことを問題視。同副会長は「このような抗議をするチームは限られており、受け入れられない」と語った。 ▽「イタリアサッカー界の信用が不十分であることは言われ続けている。事実として、我々はワールドカップ出場権を逃した。あの一件は誰もが見ていることだ。我々フィオレンティーナは、なぜこれが許されているのがを疑問に思っていた」。 ▽審判を囲むような行為は、イタリア国外でも問題視されている。連盟は対策を講じる予定があるのだろうか。 2018.02.16 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「引退したらブッフォンを…」。FIFA会長が“勧誘”

▽国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを“勧誘”するつもりだ。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューで語った。 ▽インファンティーノ会長は、両親がイタリア人でのちにスイスの市民権を得たため、スイスとイタリアの二重国籍である。同会長は「FIFAの会長となって初めてのW杯にイタリアがいないなんて、本当に悲しいよ」と嘆き、「ブッフォンにカップを手渡すことができたらよかった」と語った。 ▽同会長は、40歳のベテランGKの人間性も評価。「現役引退を決めたら、彼のところへ行きFIFAに誘う」と述べている。 ▽2016年からFIFA会長の職を務めるインファンティーノ氏。将来の右腕にブッフォンを雇うことはできるだろうか。 2018.02.15 19:24 Thu
twitterfacebook
thumb

英雄から一転…。「ソファで話すのは簡単」と苛立つイグアイン

▽ユベントスのFWゴンサロ・イグアインが、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのトッテナム戦を振り返った。周囲の声に、苛立ちを隠せない様子だ。 ▽イグアインは立ち上がりに2ゴールを決めて、チームに2点のアドバンテージをもたらした。しかし、前半アディショナルタイムのPKを失敗。これが響き、試合は2-2の引き分けに終わっている。 ▽2ゴールの活躍はあったものの、イグアインがPKを決めていれば、ベスト8入りをほぼ決められたのではないかという声も出ているところ。 ▽ユベントスのエースは自身のSNSで、「ソファやイスで話すのは簡単なことだ。2-0まで完璧だった。でも2-2になると、あっという間に評価は変わる。僕たちはそういった声に興味がないよ」と苛立ちを吐露。その上で「勝ち上がるためにロンドンへ行く」と2nd2ndレグに向けた意気込みを語った。 2018.02.14 22:45 Wed
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース